【厳選】バンコクのおすすめホテルガイド

バンコクのおすすめホテル35選!人気8エリア別、観光に便利な立地で厳選

このページのURLをコピーする

この記事には広告を含む場合があります。広告の場合は、紹介している「商品の購入」「サービスの利用」によって、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

バンコクのおすすめホテルアイキャッチ画像

バンコクでホテルを選ぶ際、最も重視すべき点は「立地」です。魅力的な雰囲気や手頃な価格のホテルを見つけることも大切ですが、立地が悪ければ、観光の移動が不便で時間を無駄にしたり、治安の悪いエリアに泊まってしまうリスクもあります

バンコクはタイで最も発展している都市ですが、依然として公共交通機関が届かない不便なエリアも存在します。したがって、まずは滞在するエリアをしっかりと選んだ上で、そのエリア内で自分の好みや予算に合ったホテルを選ぶことが大切です

この記事では、バンコクでの滞在におすすめの8つのエリアの特徴と、それぞれのエリアでおすすめのホテルを紹介しています。

各ホテルは駅から近く、コンビニ、飲食店、ショッピングモールが周辺に充実しており、観光地へのアクセスも良好です。加えて、筆者自身が実際に宿泊し、その快適さを体験したホテルだけを厳選しています。

バンコクおすすめの滞在エリア8ヶ所の特徴

バンコクには観光客が快適に滞在できる8つの主要エリアがあります。それぞれのエリアの特徴を詳しく見ていきましょう。

バンコクのホテルエリア地図

  • スクンビット:バンコクの中心部に位置し、日本人居住区や多くのエンターテイメント施設があります。ショッピングモール、レストラン、ナイトライフが充実しており、BTS(スカイトレイン)のアソーク駅やナナ駅があります。
  • シーロム:ビジネス地区としても知られ、夜はパブやバーで賑わいます。BTSのサラデーン駅やMRTのシーロム駅からアクセス可能です。
  • サイアム・プラトゥーナム:ショッピングの中心地で、東京の渋谷のような活気を感じることができます。BTSのサイアム駅やチットロム駅が近く、多数のショッピングモールがあります。
  • リバーサイド:チャオプラヤ川沿いに位置し、ラグジュアリーホテルが並ぶ落ち着いたエリアです。フェリーを利用して簡単に市内を巡ることができます。
  • チャイナタウン:バンコク最大の中華街で、活気あふれる市場や屋台が特徴のグルメ街です。MRTのワット・マンコン駅からアクセスできます。
  • 王宮周辺(旧市街):歴史的な寺院が多く、文化的な体験ができる静かなエリアです。夜は閑散としており、落ち着いた雰囲気が楽しめます。
  • カオサン通り:バックパッカーに人気のエリアで、安価な宿泊施設が多く、夜通し楽しめるバーやクラブがあります。
  • 空港近く:スワンナプーム空港やドンムアン空港に近く、トランジットの利用や旅行の最終日に便利です。公共交通機関で市内中心部にも簡単にアクセスできます。

以下は、バンコクの各エリアの位置関係を示す最新の路線図です。この地図を使えば、バンコク内の移動が一目で理解でき、滞在計画を簡単に立てることができます。

バンコクの路線図に記したおすすめ滞在エリア

>>バンコクの路線図【最新版】はこちら

バンコクで安心できる滞在エリア。初心者にはスクンビットとシーロムがおすすめ

特にバンコク旅行が初めての方には、多くの日本人が住む「スクンビット」またはビジネスとエンターテイメントが融合する「シーロム」をおすすめします。

スクンビット通りのアソーク交差点

スクンビット

シーロムのタニヤ通り

シーロム

上記2ヶ所のエリアは、以下のような便利な特徴があります

  • 言語の利便性:多くの施設で簡単な英語や日本語が通じるため、言葉の壁に悩まされることが少ないです。
  • ショッピングと飲食:日本食レストラン、コンビニ、スーパーマーケットが豊富にあります。
  • 安全性とアクセス:夜中でも人通りが多く、公共交通機関へのアクセスが良好で、タクシーも捕まりやすいです。
  • コストパフォーマンス:リーズナブルで質の高いホテルが多いです。

以下でその他のエリアの特徴も紹介していますが、特にバンコク初心者の方には「スクンビット」または「シーロム」での滞在をおすすめします。これらのエリアはバンコクの中心部に位置し、生活の利便性が高く、どなたが訪れても日常生活に困ることはありません。また、治安も比較的良好で安心して過ごせます

筆者自身、日本から来た友人を何度もバンコクで案内してきましたが、彼らが安心して滞在できるよう、常にスクンビットかシーロムのホテルへの滞在を推奨しています。

紹介するホテルを記載したバンコクの地図

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • スクンビットのホテル ❶〜⓫
  • シーロムのホテル ❶〜❺
  • サイアム・プラトゥーナムのホテル ❶,❷,❸
  • リバーサイドのホテル ❶〜❹
  • チャイナタウンのホテル
  • 王宮周辺(旧市街)のホテル ❶〜❸
  • カオサン通りのホテル ❶〜❹
  • 空港近くのホテル ❶,❷

スクンビットのおすすめホテル11選

バンコク・スクンビットエリアのアソーク駅前交差点

スクンビットエリアは、バンコクで最も活気ある幹線道路、スクンビット通り(Sukhumvit Road)に沿って広がっています。

一般に「スクンビットエリア」とは、BTS高架鉄道のトンロー駅からプルンチット駅にかけての区間で知られていて、多様なショッピングモール、著名なタイ料理店、そして日本人が多く住む居住区としての顔を持っています。

バンコクの路線図(スクンビットエリア)

ピンク色の四角で囲んでいる6駅がスクンビットエリア

スクンビットには目立った観光地こそ少ないものの、日本人向けの施設が充実しており、日本語表記のメニューを提供するマッサージ店や飲食店が多いため、海外旅行が初めての人にとって非常に便利です。さらに、歓楽街の近くに位置しているため、夜のエンターテイメントも楽しむことができます

バンコクのソイカウボーイ

スクンビット・アソークの歓楽街「ソイカウボーイ」

また、スクンビットエリアには、ウォシュレット付きのトイレや日本のテレビ番組を視聴できる設備が備わっているなど、日本人旅行者に配慮した快適なホテルが多いです。

スクンビットは、都会的な雰囲気と伝統的なタイ文化が融合するユニークな魅力を持つエリアであり、現代的な生活と昔ながらのタイ料理食堂が共存しているため、一般の庶民の生活も垣間見ることができるのも魅力です。

スクンビット通りのショッピングモール

スクンビット通りにある昔ながらのタイ料理食堂

(近代的な雰囲気がある一方で、昔ながらのタイ料理食堂なども多々あり一般庶民の生活が垣間見える)

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)の外観

ホテル 日航 バンコクは、2019年1月16日に開業した、BTSトンロー駅から徒歩わずか3分の便利な立地に位置するホテルです。日系ホテルブランド「日航・ホテルズ・インターナショナル」によって運営されており、そのサービスはまるで日本にいるかのような錯覚におちいるほど

主な特徴
  • 客室のテレビで日本の番組を視聴可能
  • 日本人スタッフが4名いる
  • トイレがウォシュレット付き
  • 朝食に日本食あり

上記の通り、海外旅行に慣れていない人でも安心できる特徴を兼ね備えているため、初めてのバンコク旅行や出張でバンコクに来た人からも満足度が高いホテルです。

1泊の宿泊料金は13,000円前後。駅近の五つ星ホテルにしてはリーズナブルな宿泊料金です。

客室設備

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)の客室1

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)の客室2

写真の客室はスタンダート ダブルルーム(Standard Double Room)。広さは36平米です。

日本人向けのホテルだけあり、清掃が隅々まで行き届いています。特に水回りが綺麗。

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)のバスルーム

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)のアメニティ

全室バスタブ付き。しかもアメニティがタイの高級コスメブランド『パンピューリ』で統一されている)

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)のトイレ

また、タイのホテルにしては珍しくトイレとバスルームがセパレートです。このあたりもさすが日本人向けホテル。タイは高級ホテルでもユニットバスが多いですからね。セパレート派にとってはこれだけでもかなり好印象。

また、トイレは暖房便座でウォシュレットと温風乾燥機能を完備しているため、日本の高級ホテル同様の感覚で利用できます。

日本人向けサービス

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)のエントランスにある日本語対応のカウンター

(レセプションには日本語サービスのカウンターもある。筆者が宿泊した時は日本人スタッフが対応してくれました)

ホテル内の説明書きは全て日本語です。なので、不便を感じることはありません。困ったことがあれば室内電話を使って日本人スタッフに何でも聞けます。

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)の朝食会場

朝食会場

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)の朝食ビュッフェ

朝食は納豆や味噌汁、佃煮、卵焼き、肉じゃがなど「朝食べたい日本食」のオールスターが揃っています。

その他にも定番タイ料理やパン類、デザートなどの一般的なブレックファーストもあります。日本食40%:その他の料理60%と言った比率でしょうか。日本人宿泊客も意識した品揃えです。

ファシリティと周辺環境

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)のプール

ホテル 日航 バンコク(Hotel Nikko Bangkok)のプール2

プールは広くてジャグジーエリアも完備しています。ビーチベッドの数も多いです。さすが五つ星ホテル。とても快適に過ごせます。

 

トンローの日本食居酒屋

ホテル周辺には滞在中に必要な施設は全て揃っています。タイ料理食堂、日本食屋、マッサージ、両替など。立地的にも設備的にも日本人の出張者を狙っていますですが、旅行での滞在も強くおすすめできます。

 

海外に慣れていない人、タイは好きだけどタイ料理は合わない、と言った人なら満足度の高い立地です。出張、家族旅行、ひとり旅など、日本人であればどのような目的であっても満足できるでしょう。

落ち度のない、オールマイティに素晴らしいホテルです。

MEMO

喫煙部屋(フロア)あり。予約時にリクエストしておきましょう
喫煙部屋は以下タイプの部屋のみ。

  • スーペリアキング
  • スーペリアツイン
  • プレミアキング
  • プレミアコーナーキング
  • プレミアコーナーツイン

ホテル日航バンコクの詳細については、以下の宿泊レポートを参考にどうぞ。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)の外観

バンコク マリオットホテル スクンビットはBTSトンロー駅から徒歩約3分の場所に位置し、上述した日航ホテル同様に、特にアクセスの良いホテルの一つです。

1泊の宿泊料金は15,000円前後と五つ星ホテルにしては手頃な価格が魅力です(料金はシーズンによって変動する可能性あり)。

ホテル内には洒落たエントランスロビーや、タイ在住日本人に人気のスカイバーを設けているため、旅行者からも比較的人気。

トンロー界隈では日航(上述ホテル)かマリオットの二択」と言われるほど、安定した人気を誇っています。個人的にも強くおすすめできるホテルです。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のラウンジ

エントランスロビーは洒落たデザインで、天井が高く、ゴージャスな雰囲気を演出しています。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)の日本語での案内書

日本人宿泊客が多いホテルなので、ホテル施設の案内は全て日本語。タイ語や英語が苦手な旅行者でも安心です。

客室の魅力

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)の客室1

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)の客室2

写真の客室タイプ「デラックス シティビュールーム キングベッド」は、広さ34平米で、赤色をアクセントにしたおしゃれな内装が特徴です。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)の客室バスルーム

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)客室のバスタブ

特にバスルームは見どころで、大きな窓からバンコクの景色を眺めながらバスタブに浸かることができます。この贅沢な体験は、特に女性客に好評です。

バスルームには電動カーテンレールを備えているので、スイッチを押すだけで外からの視界を遮ることができます。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)の客室から見える夜景

(客室から見える夜景も悪くない。せっかくなので予約の際には「高層階希望」のリクエストを出しておくのがおすすめ)

必見のスカイバー「オクターブ」

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のオクターブ2

ホテルの45階にあるルーフトップバー「オクターブ」は、その壮大な夜景で知られ、宿泊客だけでなく地元の人々や他の外国人にも人気です。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のオクターブ3

人気のスカイバーですが、席数は多いため21:00頃に行っても座れました。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のオクターブで飲んだビール

飲み物の価格はビールが250バーツ、カクテルが380バーツ前後となっており、入場料は無料です。

飲み物は少々高いですが、場所代込みと考えれば許容できる範囲の金額です。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のオクターブから見える夜景

この素晴らしい夜景は一度は目にしておきたいです。

オクターブの営業時間

毎日17:00〜24:00

客室の雰囲気も良く、スカイバーも楽しめるため、かなり満足度の高いホテルでした。

日本人宿泊客からのレビューも総じて評価が高いです。これで1泊1万円を切っていたら即決して良いレベル

喫煙部屋の有無

喫煙部屋はあるようですが、恐らく少なめ。

筆者はリクエストを出しましたが、閑散期にも関わらず禁煙ルームを割り当てられました。

喫煙場所は1階やプールがあるフロアに設けられています。

バンコク マリオットホテル スクンビットの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の外観

2023年7月に開業したホテル JAL シティ バンコクは、日航ホテルバンコクの真横に位置し、オークラ・ニッコー・ホテルズが運営する中級のビジネスホテルです。BTSトンロー駅から徒歩約3分という絶好の立地にあります。

主な特徴
  • 全室浴槽付き:すべての客室にバスタブを完備。バスタブが必要な方には理想的なホテルです。
  • コインランドリー設備:1階には30バーツで利用可能なコイン式洗濯機と乾燥機があり、長期滞在者には特に便利です。
  • 価格:1泊約5,000円からという手頃な価格で提供されており、観光やビジネスでの滞在に最適です。
ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)のコインランドリー

1階のコインランドリー。長期滞在者や荷物を少なくしたい人にはありがたい

エントランスロビーとサービス

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)のエントランスロビー

エントランスロビー。ちなみに日系のホテルではあるものの、現時点で日本人スタッフはいません(これから増える可能性はあり)。

とは言え兄弟ホテルの日航バンコクが真横にあるため、なにか日本語で対応してほしいことがあれば、日航バンコクの日本人スタッフに尋ねましょう。

客室タイプ「スイート キング」

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の客室1

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の客室2

写真の客室タイプは「スイート キング(Suite King)」。広さは56平米です。

部屋が広くて清潔なのも日本人向けで素晴らしいですが、さすがビジネス滞在を主目的としたホテルだけあって、デスク周りの設備も完璧。

テーブルが広く、コンセントも十分にあるためパソコン作業できます。WiFiのスピードは計測したら70Mbps。十分な速さです。

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)客室のバスタブ

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)のアメニティ

(広めのバスタブに加え、アメニティは日航同様にタイの高級スパブランド「パンピューリ」を採用しているのは流石)

しかもトイレはウォシュレット付きなのもおすすめのポイントです。

朝食サービス

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の朝食会場

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の朝食1

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の朝食2

ホテル JAL シティ バンコク(Hotel JAL City Bangkok)の朝食3

朝食はごく普通の中級ホテルの内容。目玉焼きやソーセージ、パン類、ちょっとしたタイ料理があります。日本食は味噌汁と日本米のみ。

朝食は普通なので、朝食なしプランで宿泊しても良いと思います。ホテル周辺には朝から営業している食堂やカフェがいくらでもあるので。

喫煙部屋の有無

スタンダードルーム(スタンダードキング、スタンダードツイン)のみ喫煙部屋が用意されています(喫煙フロアは8階)。

その他の部屋タイプには喫煙部屋がないので要注意(正確には、あるにはありますが、1部屋のみなのでリクエストしても割り当てられない可能性が高いです)。

スタンダードルームであっても喫煙部屋への割り当ては確約はできません。あくまでもリクエストが通ればということになります。

日航ホテルのプール利用

ホテルJALシティ バンコクにはプールが設備されていません

しかし、ホテルJALシティ バンコクの宿泊客は、隣の日航ホテルバンコクのプールを利用できます。ただし、滞在している部屋によって有料・無料が異なります。

  • 無料でプールを利用できる部屋タイプ
    プレミアルーム(プレミアキング、もしくはツイン)
    スイートキング(予約サイトによっては「J–Residence」と記載されている)
  • その他の部屋に宿泊の場合、プール利用料金が1日650バーツ発生します

ホテルJALシティバンコクの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

トンローのおすすめホテルまとめ

その他、以下の記事ではトンローのおすすめホテルを格安〜高級までまとめて紹介しています。
>>>トンローのおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介。バンコク初心者向けのホテルが多い便利なエリア。

ブレス レジデンス(Bless Residence)

ブレス レジデンス(Bless Residence)の外観

BTSプロンポン駅から徒歩約5分の位置にあるブレス レジデンスは、手頃な価格で快適な宿泊が楽しめるサービスアパートメント型ホテルです。1泊の宿泊料金は5,000円前後と非常にリーズナブルなうえ、オフシーズンには一泊3,000円から4,000円というさらにお得な料金で宿泊できます。

スクンビットエリアで最もコストパフォーマンスに優れたホテルです

プールやフィットネスジムなどの設備は豪華ではありませんが、そこそこの値段で良い立地かつ綺麗なホテルに泊まりたい人におすすめです。

主な特徴
  • 立地の利便性:駅近でアクセスが便利、観光やビジネスの拠点として最適です。
  • 部屋の設備:2020年にリノベーションされたことで、清潔感のある部屋が提供されています。
  • サービス:日本人慣れした親切なスタッフが滞在をサポート。

プレミアルーム(Premier Room)

ブレス レジデンス(Bless Residence)の客室1

ブレス レジデンス(Bless Residence)の客室2

写真の客室タイプはプレミアルーム(Premier Room)。広さは30平米です。2020年に新装されているため、とても綺麗な部屋でした。

特に景観はありませんが、ソファーや作業用デスクなどの必要な物は全て揃っています。

これで駅近であることを考えると、1泊5,000円前後はかなり安いです。

ブレス レジデンス(Bless Residence)のバスルーム

ブレス レジデンス(Bless Residence)のバスルームにあるシャワーブース

リーズナブルなホテルでありながらも、しっかりとバスタブも完備。ここまで良い条件が揃っているホテルはバンコクには中々存在しません。

ホテルの予算を1泊5,000円前後で考えている人には強くおすすめします。

デラックス1ベッドルーム

また、6,000〜7,000円前後出せば、広さ65平米もあるデラックス1ベッドルームに宿泊できます。

ブレス レジデンス (Bless Residence)のデラックス1ベッドルーム1

ブレス レジデンス (Bless Residence)のデラックス1ベッドルーム2

ブレス レジデンス (Bless Residence)のデラックス1ベッドルーム3

デラックス1ベッドルーム。

リビングルームとベッドルームにわかれている広い部屋です。サービスアパート系ホテルなのでキッチンや大きな冷蔵庫も完備。

ファシリティと周辺環境

ブレス レジデンス(Bless Residence)のプール

プールはラグジュアリーホテルに比べると大きくはありません。

しかし、観光メインでバンコクを楽しみたい人なら、プールを利用する機会は少ないかと思うので問題ないでしょう。

ホテルの真横にはセブンイレブンや日本式ラーメン屋七星をはじめ、タイ料理食堂やマッサージなど滞在中に必要な施設は全て揃っています。

かなり穴場なホテルです。

ブレスレジデンスの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

プロンポンのおすすめホテルまとめ

その他、以下ではプロンポンのおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介しています。
>>>プロンポン周辺のおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介します。

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)の外観

グランドセンターポイントホテルターミナル21は、BTSアソーク駅およびターミナル21ショッピングモールに直結しており、観光やショッピングに最適な立地です。その上、1泊12,000円前後というコストパフォーマンスの高さも魅力的です

立地とアクセスの便利さ

まず立地ですが、ホテルと直結しているBTSアソークがとにかく観光に便利

BTSアソークはバンコク観光における要所と言っても過言ではありません。

下記に記している各鉄板観光地の、丁度中間あたりに位置してます。

BTSアソークと周辺の観光地を記した路線図

また、BTSアソークはMRT(地下鉄)スクンビット駅に連結しています。ホテルから各観光地へ行く際、BTSとMRTどちらもすぐに利用できるのです。

それでいて、ホテルから徒歩3分の場所には、バンコク随一の歓楽街「ソイカウボーイ」もあります。

ソイカウボーイ

(ゴーゴーバーがひしめき合うソイカウボーイ)

ホテルの部屋は高層階にあるので、歓楽街からの騒音は届きません。

  • ショッピングモール直結
  • BTS直結
  • MRTも利用できる
  • 歓楽街もある

というパーフェクトなホテル。

立地もさることながら、ホテル施設もさすが五つ星と納得できるレベルです。

ホテル設備

ホテルには、広々したプールや充実したフィットネス設備が整っています。

おこもりステイも満喫できます。

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)のプール

(広々とした屋外プール)

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)のジャグジープール

(ジャグジープールもある)

 

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)の客室1

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)の客室2

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)の客室3

写真の客室タイプは、デラックスプレミアルーム(Deluxe Premier Room)。

設備も配色もシンプルなせいか、清潔感があるように感じます。オフィスのようなサッパリとした雰囲気です。

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)のバスルーム

バスルーム。全室バスタブ付きでシャワーブースもあります。

また、トイレはウォシュレット付き。

 

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)の乾燥機能付き洗濯機

客室には乾燥機能付きの洗濯機を完備しています。日本語の説明書もあり。さらに、毎日無料で洗剤を補充してくれます。

洗濯するつもりで荷物を少なめにできます。荷物をLCCの機内持ち込み手荷物範囲内におさえることもできるでしょう。

洗濯機はかなり重宝します。

 

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)の客室から見える夜景

高層ホテルなので、夜景が綺麗なのも素晴らしいです。

宿泊予約の際は、より綺麗な景色が望めるよう「高層階希望」のリクエストを出しておきましょう。

 

グランドセンターポイントホテルターミナル21(Grande Centre Point Hotel Terminal 21)のエントランスロビー

エントランスロビーもゴージャスな造りです。

スタッフの対応も素晴らしいです。丁寧かつゆっくりな英語で、分かりやすくホテル各設備について説明してくれます。

エントランロビーには日本語の新聞があったり、飲み放題の無料コーヒーがあったりと、細かい点でのサービスも良いです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙部屋なし。喫煙エリアはホテル1階かプールがある17階のみです。

洗濯機設備は、以下グレードの部屋のみです。

  • デラックス プレミアルーム(Deluxe Premier Room)
  • グランドデラックスルーム(Grande Deluxe Room)
  • グランドスイート(Grande Suite)
  • エグゼクティブスイート(Exective Suite)

グランドセンターポイントホテルターミナル21の詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のプール

上述したグランデセンターポイント・ターミナル21同様に、BTSアソーク(Asok)に直結している利便性の高いホテル。

1泊の宿泊料金は23,000円前後と少々高めではありますが、五つ星どころか六つ星の評価を与えても良いのではないか?と思えるほど素晴らしいホテルです。

ホテルの主な特徴は、以下のとおりです。

  • 都会の真ん中とは思えないリゾートチックなプールを完備
  • 日本人スタッフが3〜4名いる
  • 全館禁煙(喫煙はホテル外にある喫煙所のみで可能)

特に南国リゾートのようなプールは必見。プールでゆっくり遊びたい人に強くおすすめします。

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)の入り口にある大階段

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のホテルレセプション

ホテル入り口。結婚式の演出で使われそうな、豪華な階段がお出迎え。

レセプションでパスポートを出すと、日本人のスタッフが対応してくださいます。

バンコクとは思えない!南国風のプール

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のプール2

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のプール3

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のプール4

とにかく凄いのが、この南国風プール。

大都会の真ん中に位置するホテルでありながら、プールには緑が一杯。まるでここは離島のビーチリゾート?と思わせてくれる演出です。

早朝一番、誰もいない時間に是非プールへ遊びに行ってみて欲しいです。「タイに来た〜」という高揚感を存分に味わえます。

ラグジュアリー スイートの客室

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のラグジュアリー スイート 1ベッドルーム スイート 1キング(Luxury Suite, 1 Bedroom Suite, 1 King)3

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のラグジュアリー スイート 1ベッドルーム スイート 1キング(Luxury Suite, 1 Bedroom Suite, 1 King)2

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のラグジュアリー スイート 1ベッドルーム スイート 1キング(Luxury Suite, 1 Bedroom Suite, 1 King)4

写真の客室タイプは、ラグジュアリー スイート 1ベッドルーム スイート 1キング(Luxury Suite, 1 Bedroom Suite, 1 King)。なんと広さ70平米!!めちゃくちゃ広いです。

1人滞在だと広すぎに感じてしまいますが、子連れや2人旅であれば丁度良いです。

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)ラグジュアリー スイート 1ベッドルーム スイート 1キング(Luxury Suite, 1 Bedroom Suite, 1 King)のバスルーム

バスルームも広々。

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)の客室内にある内線電話

また、客室の内線電話を使って日本人スタッフと会話が可能です。

何か部屋でトラブルが起きた際、水を持ってきて欲しいなどのちょっとした対応の際、英語・タイ語が話せなくても安心です。

ミシュランガイド掲載のイタリアンレストラン「ロッシーニ」

シェラトン グランデ スクンビット(Sheraton Grande Sukhumvit)のロッシーニ(Rossini's)入り口

ロッシーニ(Rossini's)で食べたパスタ2

さすが五つ星ホテルだけあって、ホテル内にはミシュランガイドに掲載された超有名イタリアンレストラン「ロッシーニ(Rossini’s)」も入居しています。

観光にいかずともホテルステイだけでも十分楽しめる素晴らしいホテルです。

満足度ナンバーワン。最高のタイ旅行になります。

シェラトン グランデ スクンビットの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)女性一人旅におすすめ!

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)のプール

BTSアソークから徒歩約5分の中級ホテル。1泊の宿泊料金は5,500円前後

女性専用フロアが設けられているため、女性一人旅(あるいは女子旅)におすすめです

初めての女性一人海外旅だと、不安に感じることは多いでしょう。しかし、女性専用フロアであれば、まず治安の面に関しての心配は全くありません。

また、「アソーク周辺のホテルあるある」のタイ人女性を連れた男性買春ツーリストに遭遇することもありません。

男性の買春ツーリストを見かけるだけで不快になる人もいるでしょう。そういった方はホテル クローバー アソークの女性専用フロアに宿泊するのがおすすめ。

レディールーム – 女性用フロア

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)の女性専用フロア

女性専用フロア。筆者は男ですが、この時はホテルマネージャー同行のもと、特別に女性専用フロアを見せてもらいました。

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)の女性専用客室1

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)の女性専用客室2

写真の客室タイプは、レディールーム 女性用フロア(Lady Room – Female Floor)。

広さは23平米です。客室内のカラーや装飾も女性向けらしく可愛らしいです。

ちなみに、2ベッドルームもあります。

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)の女性専用客室3

2ベッドルームの女性専用客室。

ルーフトップバーと朝食会場

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)の屋上にあるバー

ホテル クローバー アソーク(Hotel Clover Asoke)の朝食会場

屋上にあるルーフトップバーと朝食会場。モダンなデザインです。

綺麗、立地良し、安い、安心できる、可愛いデザインといった完全に女性向けのホテル。

女子旅、女子一人旅に是非。

MEMO

全室禁煙。喫煙は1階外と屋上のみで可能。

ホテル クローバー アソークの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

アソークのおすすめホテルまとめ

その他、以下の記事ではアソークのおすすめホテルを格安〜高級までまとめて紹介しています。
>>>アソークのおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介。

 ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)の外観

BTSナナ(NANA)から徒歩5分(距離約400m)の場所に位置する日本人向けホテル。

2017年に開業しました。比較的新しいホテルなので、建物全体が綺麗です。

1泊7,000円前後でリビングルームとバルコニー付きの広い部屋(52平米)に宿泊できます。

バンコク最大の歓楽街「ナナプラザ」から徒歩10分程度の場所に位置しているため、夜遊び目的の男性旅行者におすすめです。

バンコクのナナプラザ

バンコク最大の歓楽街「ナナプラザ」

 

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)のエントランスロビー

エントランスロビー。

夜遊び目的の旅行者も滞在しているとは言え、ホテル自体は清潔感があって爽やかな雰囲気。

ロビーには無料のコーヒーがあったり、昼過ぎになると無料のスナックも置いてあります。

サービスはしっかりしている印象です。

スタッフの態度も良いです。チェックイン時には笑顔で対応して頂き、きちんとベルボーイが荷物を部屋まで運んでくれました。

客室と設備

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)の1ベッドルームスイート客室

(洗濯機付き)

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)の1ベッドルームスイート客室2

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)の1ベッドルームスイート客室3

写真の客室タイプは、1ベッドルーム スイート(1 Bed Room Suite)。

派手派手しさがなくて落ち着く雰囲気。

リビングルームとベッドルームに分かれているのも良いです。部屋が広く感じられます。

ちなみに、喫煙はバルコニーで可能です。

 

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)のプール

ホープランド ホテル アンド レジデンス スクンビット 8(HopeLand Hotel Sukhumvit 8)のフィットネスジム

広くはないですが、小綺麗なプールとフィットネスジムを完備。

ラグジュアリーホテルほどのスイート感はありませんが、夜遊びで使うホテルとしては上出来かと思います。

このグレードで1泊7,000円で泊まれるなら十分コスパが高いです。

バンコク男の一人旅に是非。

その他、BTS ナナ・ナナプラザ周辺にあるおすすめの夜遊びホテルは、以下の記事にまとめています。参考にどうぞ。

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)の外観

BTSプルンチット(Phloen Chit)に直結している、株式会社ホテルオークラの海外チェーンホテル。

1泊の宿泊料金は20,000円前後。上述した日航ホテルバンコクとコンセプトは似ています。

  • 日本食の朝食
  • 日本語のテレビ番組視聴可能
  • 日本人スタッフがいる
  • トイレはウォシュレット付き

上記のとおり日本人向けの設備が充実しています。ただ、若干オークラの方が高級感は上です。

黒とブラウン基調のロビーには重厚感があり、枯山水のインテリアが本格的な和を感じさせる雰囲気。より日本らしさを求める人であればオークラの方が落ち着くでしょう。

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)のエントランスロビー

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)のチェックインロビーに生けられている花

エレガントであり和洋折衷わようせっちゅう漂うホテルです。

 

スタッフの対応も良いです。ベルボーイやドアマンがとにかくテキパキしています。荷物を持ってウロウロしていると、すぐに荷物を運んでくれたり「預かりましょうか?」と声をかけてくれました。

女性スタッフの中には着物を着用している人もいて、雰囲気が良いです。

さすが、オークラのコンセプトである「古くからの伝統と現代的な品質を融合させた上での安心感」はタイでも健在です。ホテルスタッフの質については、間違いなく一番上質でした。

子連れやシニア世代の日本人宿泊客が多かったですが、納得しました。

客室:デラックス(Deluxe)

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)の客室1

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)の客室2

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)の客室3

写真の客室タイプはデラックス(Deluxe)。広さは43平米です。

さすが日系のチェーンホテル。チリ一つ落ちていない綺麗な部屋です。家具の端っこなど細かい部分を見ても汚れ一つありません。

そのためか、全体的に高級感が漂っています。

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)のお茶

個人的に好きだったのは、客室に完備しているお茶のセット。

ちゃんとお茶っ葉と急須きゅうすがあります。筆者は寝る前に温かいお茶を飲みたいのでありがたい。

 

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)の客室から見える夜景

(客室から見える夜景も良い)

客室の清掃においても、適当に置いていた洋服が綺麗に畳んでありました。

レビューを見てもオークラホテルにはリピーターが多いのが見て取れましたが、納得です。このホテルには、日本のおもてなしがあります。

インフィニティプールと和食の朝食

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)のプール

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)のプール2

インフィニティ風のプール。眺めも良し。リラックスできます。

ジ オークラ プレステージ バンコク(The Okura Prestige Bangkok)の朝食

朝食は本格的な和食です。

「タイに来てまで和食はいらない」と思う人もいるかもしれません。しかし、和食以外にもタイ料理や洋食のビュッフェがあります。

個人的には朝一番は味噌汁を飲んで気持ちを引き締めたいので、和食を食べられるのはありがたいです。

 

1泊20,000円は少々高いですが、料金以上の満足感を与えてくれるホテルです。

海外旅行に慣れていない人であれば安心感を得られるでしょう。

MEMO

喫煙部屋あり。予約時にリクエストを出しておきましょう。

オークラ プレステージ バンコクの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の外観

2019年3月に開業した五つ星ホテル。こちらもBTSプルンチットに直結しています。

遠くからでも見える、タイの伝統的な挨拶「ワイ」の形をした外観が特徴的です。

BTS側の客室の窓は建物の形に沿ってはめ込まれていて、客室がちょっと宇宙船のような形になっているのが面白い。

1泊の宿泊料金は35,000円〜40,000円と、バンコクの中でもかなり高いほうですが、それだけに非日常空間の演出はさすがのもの。

予算に余裕がある人には、是非宿泊してみてほしいおすすめホテルです。

ホテル内の設備

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)のプール

ホテル内のプール。BTSに面していて、ジャグジーに浸かりながら街並みを見渡せる造りになっています。

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)のジャグジープールから見える景色

また、奥の壁が吹き抜けになっていて、上階から滝のように水が流れています。レインシャワーのような感じ。上から降って来る水に当たりながら泳ぐと気持ち良いです。

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)のビーチチェア

プールサイドの植物は綺麗に手入れされていて清々しいです。都会の真ん中にいながらリゾート気分を味わえます。

また、スタッフ対応も素晴らしいです。

ビーチチェアに座ると、すぐにバスタオルを持って来てれて、ついでにドリンクの注文を取ってくれました。

 

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)のエレベーターホール

ホテル内のエレベーターホール。ローズウッドという名前の通り、通路ではほのかにバラの甘い香りが漂っていました。アロマか何かでしょうか?

また、廊下を歩いても物音一つ聞こえません。さすが超高級ホテル。

景色をダイレクトに堪能できる客室

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の客室

写真の客室タイプはプレミアキング(Premier King)。広さは50平米です。

壁全面が窓です。今までにないデザインの部屋。開放的な眺めが贅沢な気分を味あわせてくれます。

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の客室2

ベッドもぐったりと安眠できるくらいフカフカ。

 

また、客室全体のインテリアにこだわりが見られます。

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の客室インテリア

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の客室インテリア2

山あいリゾートにも海沿いリゾートにもない、温度を感じない無垢むく感もないスタイリッシュな色合いです。

モダンという言葉が良く似合います。センスが良い。

 

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の客室から見える景色

客室窓から見える景色は爽快です。

BTSのラインと、左右に建つ高層ビル群がまるで谷のように見えます。

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)の洗面台

ローズウッド バンコク(Rosewood Bangkok)のバスルーム2

バスルームも広々。

 

宿泊料金は高いですが、例えばバンコク旅行最終日に思い出として、1泊だけ泊まるという利用方法もありです。

ラグジュアリーホテルが好きな人なら、わざわざ1泊だけでも泊まる価値があります。予算に余裕がある人は是非。

MEMO

全室禁煙。喫煙エリアは1階と7階の2ヶ所のみ。

ローズウッドバンコクの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のプール

BTSプルンチットから徒歩約10分の場所に位置する、ヒルトン系列の上級ブランド「コンラッド」。BTSから徒歩10分離れているという若干のデメリットがあるものの、他に関してはバンコクでも屈指と言えるほどおすすめのホテル

広い南国風プール、日本なら1泊3〜4万円はしてもおかしくない高級感あふれる部屋、バンコクの中でも群を抜いて美味しい日本食レストランなどの施設を設備しながら、1泊たったの15,000円前後というコスパの高さがおすすめのポイント。

また、2003年開業で決して新しくはないものの、ホテル内は新築のように綺麗。このホテルは誰が泊まっても絶対満足できる!と言い切れるくらい素晴らしいホテルです。個人的にも大好き。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のエントランスロビー

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のエントランスロビー2

高級感あふれるエントランスロビー。入った瞬間から「おお〜、さすが五つ星ホテル…」と思わせてくれます。豪華ではあるものの、カジュアルな服装でゆったりくつろげる雰囲気。

客室

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室2

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室窓

高級感あふれる絨毯張りの部屋。そして重厚なインテリア。さらに窓はとてもワイドで景色が抜群。え…この高クオリティの部屋で本当に1泊15,000円前後…?と疑ってしまうほど居心地の良い部屋です。

入った瞬間に日常の疲れが飛び、旅行という非日常の世界に引き込まれる。そんな素晴らしい部屋。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室窓から見えた夜景

客室の窓から見える夜景

部屋から見える夜景も素晴らしく、「ここに泊まって本当に良かった」と思わせてくれます。

ファシリティ

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のプール2

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のプール3

また、大都会の真ん中に位置するホテルでありながらも、ヤシの木が植えられた南国風プールが素敵。日当たりも抜群に良く、思い切りプールで泳いだあとは、プールサイドのビーチベッドで横になり贅沢な時間を過ごせました。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)併設日本食レストランKisara

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のきさら(Kisara)で食べたキングサーモン石狩風紙鍋1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のきさら(Kisara)で食べたキングサーモン石狩風紙鍋2

予算に余裕がある人に是非ともおすすめしたいのが、ホテル内のレストラン「きさら(Kisara)」での食事。

せっかくのタイ旅行でわざわざ日本食を食べたいと思う人は少ないため、どちらかと言えば旅行者よりも在住者の接待の場所として使用されることが多いレストランですが、Kisaraの日本食の美味しさはバンコクに存在する日本食レストランの中でも5本の指に入ると言えるほど美味しいです。

食べて絶対に後悔はなし。「タイでこんなに美味しい日本食が食べられるの!?」とびっくりするでしょう。

シーズンズスパ(SEASONS SPA)のマッサージルーム

ホテル内マッサージも腕が良くてめちゃくちゃおすすめ

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の朝食会場

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の朝食ビュッフェ2

マッサージや朝食もクオリティが高く、繰り返しになりますが、どう考えても1泊15,000円前後とは思えないハイクオリティなホテルです。ここまでコスパの高いホテルはバンコク中を探してもそう簡単には見つからないでしょう。

予約サイトにある日本人からのレビュー・口コミもめちゃくちゃ高い!それはそうでしょう。これだけ安心感があって、しかも安くて。。。「おすすめホテルが多すぎてどのホテルに泊まればいいのか迷う!」という人は、とりあえずコンラッドバンコクに泊まっておけば間違い無いです。

コンラッドバンコクの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。客室以外の施設の様子を詳しく記載しています。

シーロムのおすすめホテル5選

バンコクのシーロムエリア

シーロムの特徴
  • 駅周辺に露店・ナイトマーケット・パブが集中して賑やか
  • 日本食の店が多い
  • 公共交通機関が充実している

シーロムはオフィス街や歓楽街が入り混じる都会エリアです。

バンコク路線図MAPで言えば、下に記してある2駅。BTSサラデーン(Sala Daeng)MRT シーロム(Silom)が交わる場所です。

バンコクの路線図(シーロムエリア)

上述したスクンビットエリア同様に、シーロムも海外旅行初心者の滞在拠点としては便利な環境です。

夜遊びできる歓楽街はじめ、マッサージ屋やコンビニ、ショッピングモールや日本食チェーン店が豊富。

きらびやかな夜のシーロム通り

(人通りが多くて、夜も賑やか)

BTSサラデーン駅前のパッポンナイトマーケット

駅前には昔ながらのナイトマーケットがある

タニヤ通りに並ぶ日本食店

(大阪王将、すき家、日本式居酒屋、焼肉屋などの日本食が多く並んでいる)

加えて、BTSもMRTも使えるので観光にも便利。スクンビットと並んで、海外旅行初心者が安心して滞在できるエリアです。

 クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)の外観

BTSサラデーンから徒歩4分(MRTシーロムから徒歩2分)の場所に位置する日本人向けの大型ホテル。駅近である上に、「日本人贔屓びいき」と言っても過言ではないほど、日本人向けの対応に優れています。

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のチェックインロビー

(チェックインロビー)

ホテルの主な特徴は、以下の7点。

  • 日本人スタッフがいる(毎日6:30〜23:00まで)
  • タイ人スタッフも簡単な日本語を話せる
    (流暢に日本語を話せるタイ人スタッフもいる)
  • 日本食のレストランあり
  • 客室テレビで日本語のテレビ番組視聴可能
    (NHK、フジ、テレビ東京、朝日、TBS)
  • 朝食に若干の日本食あり
  • BTSにもMRTにも近くて、どこへ行くにも便利
  • タニヤ通り、パッポン通りまでも徒歩5分程度。夜遊びに便利

客室・プール・フィットネス・レストラン設備も「さすが五つ星ホテル」と思える、落ち着いた雰囲気でした。

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のレストラン「パノラマ(PANORAMA)」

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のレストラン「パノラマ(PANORAMA)」で飲んだビール

(ホテル内のラウンジやレストラン・バーがモダンで洒落ている)

日本人からのレビューも高評価のオンパレード。筆者は3泊しましたが、確かにレビューどおり居心地良く滞在できます。

 

まず、何と言っても日本人スタッフの方々の対応が物凄く親身です。チェックイン時、喫煙ルームのリクエストを忘れていた筆者ですが、お願いしたらこころよく喫煙ルームをおさえてくれました。

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のタクシーカード

また、フロントにてタクシーを呼ぶ際は、日本語で書かれたタクシーカードをもらい、希望する行き先にチェックを付けるだけでメータータクシーを呼んでくれます。

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)入り口のタクシーカウンター

タイ旅行が初めての人でも安心。きちんとメーターを使ってくれるタクシーを呼んでくれるのも嬉しいところ。

客室:ジュニアスイートルンピニー(Junior Suite Lumpini)

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)の客室1

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)の客室2

筆者が宿泊した客室タイプは、ジュニアスイートルンピニー(Junior Suite Lumpini)。広さは53平米です。1泊の宿泊料金は15,000円前後

リビングルームとベッドルームに別れているので広く感じました。また、2019年に新装されたばかりなので、新築みたいとはまでは言いませんが綺麗です。

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のジュニアスイートルームから見える景色

(部屋からの眺めも良い。緑緑りょくりょくしいルンピニー公園が見える)

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のWifi接続画面

ちなみに、WiFiはYoutube動画をサクサク見られるくらい爆速。かつ、接続画面の案内も日本語です。

海外旅行が初めてという人でも何一つ不便を感じないです。

 

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)ジュニアスイートルームのバスルーム1

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のジュニアスイートルーム2

バスルームも広いです。

 

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のウォシュレット付きトイレ

(トイレはウォシュレット付き。さすが日本人を意識したホテル)

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のアメニティ

アメニティは、

  • 歯ブラシ
  • シャワーキャップ
  • 髭剃りセット
  • 綿棒
  • 裁縫セット
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • ボディローション
  • 固形石鹸

の10点。不足なく揃っている印象。特に持参・購入するべき物はありません。もちろん、ドライヤーやガウン、室内スリッパも完備。

ホテルファシリティ

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のプール

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)のプール2

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)の温水ジャグジー

プールは温水ジャグジー付き。例えば子連れ旅行なら子供をプールで遊ばせたあと、親はのんびりと温水ジャグジーで過ごせます。

ビーチチェアの数も多くてのんびりできます。宮殿のような雰囲気で「これぞ高級ホテル」と思えるプールです。

 

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)併設の日本食レストラン水琴の入り口

個人的に、特に良かったのがホテル22階に併設されている日本食レストラン「水琴(SUIKIN)」。寿司や刺身、天ぷらやソバなどの定番日本食をホテル内で食べられます。

クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク(Crowne Plaza Bangkok Lumpini Park)併設の日本食レストラン水琴で食べた寿司セット

(寿司おまかせセット。490バーツ)

定番の日本食(うどん・ソバ・サーモン丼・天ぷら)などは200〜300バーツ程度。

高級ホテルのレストランにしては安い料金です。そして、水琴のタイ人スタッフさんの対応も素晴らしい。

「こちらサービスです」と、流暢な日本語で味噌汁をくれたり、食器を下げるタイミングなどが抜群。かなり教育されているのが伺えます。

ホテル宿泊中、日本食が恋しくなったら是非水琴へ足を運んでみましょう。

水琴の営業時間
  • ランチ / 11:30〜13:45
  • ディナー / 18:00〜21:45

 

日本人なら絶対に高い満足度を得られるであろう素晴らしいホテルでした。とことん日本人に寄り添ったホテルなので、とにかく安心感があります。

タイ旅行が初めての人、海外旅行に慣れていない人には特におすすめのホテルです。

MEMO

喫煙部屋あり。予約時にリクエストしておきましょう。

バンコク マリオット スリウォン(Bangkok Marriott Hotel The Surawongse)

バンコク マリオット スリウォンの外観

BTSサラデーン(Sala Daeng)から距離約1.5km、徒歩15分の場所にある五つ星ホテル。

2018年に開業した比較的新しいホテルなので、ホテル内はどこもピカピカ。

加えて、下記の設備が整っています。

  • 景色が良いインフィニティ風プール
  • スカイバー

バンコク マリオット スリウォンのプール

(プール。景色も日当たりも良い)

バンコク マリオット スリウォン(Bangkok Marriott Hotel The Surawongse)のスカイバー

バンコク マリオット スリウォンのスカイバーから見える夜景

(スカイバーの夜景も素敵)

都会の中心に位置していながら、リゾート気分も味わえるホテルです。

 

また、世界的に有名なホテルチェーン「マリオット・グループ」のホテルだけあって、スタッフの対応も素晴らしい。

バンコク マリオット スリウォンのウェルカムドリンク

チェックイン時にウェルカムドリンクに加えて花飾りをくれたり、英語・タイ語が話せなくても翻訳機を使って丁寧に対応してくれます。

BTSから若干の距離があるというデメリットを踏まえてもおすすめです。

デラックス ルーム キングベッド(Deluxe Room King Bed)

バンコク マリオット スリウォンの客室1

バンコク マリオット スリウォンの客室2

バンコク マリオット スリウォンの客室に描かれている壁画風のデザイン

写真の客室タイプはデラックス ルーム キングベッド(Deluxe Room King Bed)。広さは37平米です。

客室は近年のシティホテルに多いモダンな造り。

しかし、壁には古いタイの伝統的な絵画が飾ってありのがGOOD!一流ホテルチェーンは、世界水準の高級感をベースに、こうしたタイらしい演出も忘れてないから好きです。

テンションを高めてくれます。

 

バンコク マリオット スリウォン(Bangkok Marriott Hotel The Surawongse)の客室から見える景色

客室からの景色も素晴らしいく、バンコクの都会っぷりを一望できます。

部屋から良い景色が眺められるよう、予約時には「高層階希望」を出しておきましょう。

高級感のあるホテル内

バンコク マリオット スリウォンのレストラン

バンコク マリオット スリウォンのラウンジ

ホテル施設内は、どこを見回してもゴージャス。

さすが五つ星ホテルです。やはり外資系の高級ホテルチェーンは安心感と安定感があります。

1泊の宿泊料金は15,000円前後。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙部屋なし。喫煙エリアは1階、スカイバー、プールがあるフロアのみ

バンコク マリオット ホテル ザ スラウォンの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の中庭

MRTルンピニー(Lumphini)から徒歩約10分の場所に位置するホテル。

ホテル名にある「スコータイ」とは、タイ北部の世界遺産遺跡がある町のスコータイから来ています。

名前のとおり、スコータイをイメージし再現した様々なオブジェがあります。

また、ホテル敷地内中央には美しい緑と蓮池が広がる庭園があるのが特徴。独特の不思議な空間を生み出している面白いホテルです。

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)内に展示されている仏像のオブジェ

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)のホテル内にある遺跡レリーフの調度品

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)のレセプションロビー

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の中庭にある蓮池

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の中庭と蓮池

どこを見ても絵になります。また、中庭の蓮池ガーデンは本当に癒される。

ホテル内の敷地が広く、外の喧騒が全く聞こえないのも良いです。都会のオアシスと言っても過言ではありません。

若い人よりも子連れやシニア世代に最適なホテルと言えるでしょう。

客室:エグゼクティブスイート(Executive Suite)

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の客室1

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の客室3

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の客室4

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の客室にある調度品

写真の客室タイプは、エグゼクティブスイート(Executive Suite)。広さは78平米です。

広い上に、まるで会社の応接間のような造り。

家具含め部屋全体に木が多用され、間接照明や調度品が確かにスコータイらしい柔らかかつ重厚な印象を与えてくれます。

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の客室から見える中庭

そして客室の大きな嵌め込み窓からは、蓮池のガーデンが見晴らせます。

 

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)のバスルーム

中級ホテルの部屋くらいに広いバスルーム。

洗面台は2つ完備しているため、家族旅行の際は使い勝手が良いです。

ホテル設備

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)のプール

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)のプールサイドにあるビーチチェア

プールも開放感があって広々としています。

都心に近い立地でありながらも、都会の喧騒を逃れて優雅にのんびりと過ごしたい人向けのホテルです。

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)の朝食会場

ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)で食べた朝食

(朝食の種類も多い)

ホテル内の至る所にある遺跡オブジェも素晴らしく、非常にタイらしいホテル。

「このホテルを好きにならない人はいないだろう」とまで断言できる素敵なホテルです。

詳しい宿泊レビューは以下の記事も参考にどうぞ。

「いつでも賑やかな繁華街に行きたい」「でもホテルは喧騒から逃れたオアシスのような場所が良い」と思うシニア世代や子連れ旅行者には強くおすすめできます。

喫煙部屋の有無

喫煙部屋あり。筆者が宿泊したエグゼクティブスイートは喫煙部屋がありました。

しかし、改めてホテルにメールで問い合わせたところ、喫煙できるのはクラブルーム(バルコニー付き)のバルコニーのみという返事を頂きました。

喫煙できるのはクラブルームのバルコニーのみと考えた方が良いです。

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)

ホテルの外観

MRTルンピニー(Lumphini)目の前にたたずむ、シーロム随一のお洒落デザイナーズホテル。各客室は「メタル(Metal)」「ウッド(Wood)」「アース(Earth)」「ウォーター(Water)」の4つのエレメンツから成り立っていて、エレメントにちなんだデザインがほどこされています。

EARTHエレメントの客室

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)の客室1

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)の客室2

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)の客室から見えるルンピニー公園

筆者が宿泊した客室「SO カンフィー パークビュー ダブルルーム(SO Comfy Park View Double Room)」のEARTHエレメント。

どの部屋も他にホテルにはない独自のデザインと世界観でとてもお洒落。写真好きやお洒落なホテルに泊まるのが好きな人にはマストです。

ホテルのファシリティ

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)のアフタヌーンティー会場

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)のアフタヌーンティー

アフタヌーンティー会場とアフタヌーンティー。観覧車の形をした可愛い食器でアフタヌーンティーを楽しめる。

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)のプール1

SOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)のプール2

ライトアップされた夜のSOソフィテル バンコク(SO Sofitel Bangkok)のプール

プールはとても広く、それでいて景色も抜群のインフィニティです。プールから目の前のルンピニー公園の緑緑しい緑が望めます。また、ライトアップされた夜のプールの雰囲気はムーディー。

大人向け、お洒落、他のホテルにはないデザイン、写真好き、インスタ映え。これらのキーワードに引っかかる人におすすめのホテルです。

ホテル周辺にはスーパーやコンビニあり。MRTも目の前なので観光にも便利。

MEMO

喫煙部屋なし。喫煙エリアは1階、プールがあるフロアのみ

ホテルの詳細については、以下の宿泊記も参考にどうぞ。

W バンコク(W Bangkok)

Wバンコクホテル(W Bangkok)の外観とロビー

BTSサラデーンから1駅離れた「BTSチョンノンシー(Chong Nonsi)」のほぼ目の前に位置するホテル。

マリオット・インターナショナルが手がけるブランド「Wホテル」が運営しています。

このホテルは20〜30代の若年層に大人気。人気の理由はホテルのコンセプト。「デザイン、ファッションなどを組み合わせたスタイリッシュな滞在」をコンセプトにしていて、若者好みな派手でお洒落なデザインが随所ずいしょほどこされています。

客室

Wバンコクホテル(W Bangkok)の客室

デザインにこだわりがあるだけではなく、もちろん機能面でも優れていると感じる部分が多いです。
例えばベッド横にあるタブレットで部屋の照明やハウスキーピングの必要不要を選択できたり、また客室からの景色も抜群。

インテリアの高級かげん、ベッドの柔らかさなど、居心地の良さを重視した部屋造りです。

ファシリティ

Wバンコクホテル(W Bangkok)のプール

Wバンコクホテル(W Bangkok)のレストラン

プールやレストランも、他のホテルにはない独特のデザイン。広くゆとりのあるプール、そして食事がおいしく雰囲気も抜群の邸宅風レストランを設備。

完璧!素晴らしいホテルでした。デザインもスタッフ対応も立地の利便性も、全てにおいて旅行者が楽しめるホテルです。

さすが安定のマリオット系列ホテルだと感じさせられます。初めてのバンコク旅行でも高い満足度を得れられること間違いなし。

ホテルの詳細については、以下の宿泊レビューも参考にどうぞ。

シーロムのおすすめホテルまとめ

その他、以下の記事ではシーロムのおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介しています。
>>>シーロムのおすすめホテル。格安〜高級まで健全旅行者向けに紹介します。

サイアム・プラトゥーナムのおすすめホテル3選

バンコクのサイアムパラゴン

サイアム・プラトゥーナムの特徴
  • ファッション系のショッピングモールが多い
  • 東京で言えば渋谷・原宿のようなエリア
  • ローカルを味わえる屋台や食堂は少ない

サイアム・プラトゥーナムエリアは、BTSチットロム(Chit Lom)BTS サイアム(Siam)の2駅周辺を指します。

BTSのMAPで言えば、下に記してある2駅です。

バンコクの路線図(チットロムとサイアム)

上で紹介したスクンビットエリアから近い場所にあります。

 

サイアム・プラトゥーナムエリアは、バンコク随一のショッピング街です。バンコクにある巨大ショッピングモールの多くが、サイアム・プラトゥーナムエリアに集結しています。

バンコクのサイアム・プラトゥーナムエリアにあるショッピングモール

(日本で言うと渋谷や新宿のような雰囲気)

そのため、買い物目的でバンコクを旅行する人にとっては、最も利便性の高いエリアです。

ただ、多くのショッピングモールが22:00頃までには閉店するため、夜は意外にも閑散としています。

夜11時頃のサイアムエリア

(屋台・食堂・パブないため、夜は静か)

夜の繁華街の活気を味わいたい若者には少々物足りないエリアです。どちらかと言えば、昼間の活動が中心となる人、夜出歩かない子連れ旅行者におすすめです

サイアムエリアのマッサージショップ

(コンビニやマッサージ屋は多々あるため不便ではない)

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)の外観

BTS サイアム(Siam)から1駅のBTSナショナルスタジアム(National Stadium)より、距離約180m・徒歩2分程度の場所に位置するデザインホテル。

「アートが溢れるお洒落な空間」「各ショッピングモールに近い立地」の2点を兼ね備えています。

1泊の宿泊料金は8,000円〜9,000円(シーズンによっては7,000円前後まで下がることもある)。

比較的リーズナブルな料金、かつ芸術家による洒落たアートが施されていることから、女性のグループ旅行での滞在地として人気です。

アートあふれるホテル内デザイン

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)入り口のアート

ホテル入り口にあるアート。バンコクをテーマに作成されていて、青や赤、黄色の線はバンコク市内を走るBTSをモチーフにしています。

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)のレセプションロビー天井の装飾

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)のレセプションロビー

さすがデザインホテルと言うべきか、エントランスロビーなどの共用部は右も左もアートだらけ。

うるさくない程度にアートが散りばめられています。

また、ホテル全体にアロマの香りが漂っていて好感が持てます。女性一人旅でも安心できる雰囲気です。

ホテル設備

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)の客室1

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)の客室2

写真の客室タイプはスーペリアルーム(Superior Room)。広さは30平米です。

ソファーも完備しているので、のんびりと過ごせます。

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)の客室バスルーム

バスタブは足を伸ばして湯船に浸かれる大きさ。

 

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)のプール

サイアム アット サイアム デザイン ホテル バンコク(Siam @ Siam Design Hotel Bangkok)のプール2

プールの造りもお洒落。

プールからは周囲の高層ビル群が見えて気持ち良いです。

アートが散りばめられたデザインホテルが好きな人は是非。

バイヨーク スカイ ホテル(Baiyoke Sky Hotel)

バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel)の外観

プラトゥーナムエリアに佇む、高さ309mの超高層ホテル。

周辺を歩いていると「あの建物は一体なんだ?」と必ず目につくほど目立っています。

超高層ホテルだけあって、屋上には展望台やスカイバーを併設しているのが特徴です。

客室からの景色も素晴らしいです。

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)の客室から見える景色

客室から望む景色。バンコクの都会っぷりを一望できます。

何より素晴らしいのは、高層ホテルでありながら1泊の宿泊料金が7,000円前後という信じられないほどリーズナブルな点。

ホテル設備

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)の客室1

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)のバスルーム

客室の造りは若干古いものの(シャワーが固定式、エアコン調節がダイヤル式など)、滞在には全く不便を感じません。

また、客室の広さは43平米。十分な広さです。

デザインはモダンとは言えませんが、「デザインなんて二の次」と思う人にとっては素晴らしいコストパフォーマンスを発揮するでしょう。

 

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)17階併設のファミリーマート

ホテル内には24時間営業のファミリーマートが併設されています。

高層ホテルではエレベーター乗車時間が必然的に長くなるため、ちょっとコンビニに行くために外出するのが面倒に感じられるもの。

しかし、バイヨークスカイホテルでは、ホテル内にコンビニがあるので心配不要です。

 

また、ホテル内には日本人スタッフと日本語を話せるタイ人スタッフがいます

大きなホテルですが、日本語での施設案内があるため、ホテル内のどこに何があるのか迷うこともありません。

朝食開始時間や朝食会場の場所も分かりやすく記載されています。

 

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)84階の回転展望デッキ

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)のスカイバー1

バイヨークスカイホテル(Baiyoke Sky Hotel)のスカイバーから見えるバンコクの夜景

屋上には展望台やスカイバーなど、宿泊者が楽しめる施設もあり。

間違いなく思い出に残るホテルです。個人的にもお気に入りです。

ホテルからの景色を求める人は是非。

MEMO

喫煙部屋あり。予約時にリクエストしましょう。

バイヨークスカイホテルの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

シンドーン ケンピンスキー ホテル(Sindhorn Kempinski)

シンドーン ケンピンスキー ホテル(Sindhorn Kempinski)の外観

BTSチットロム(Chitlom)から徒歩約10分の場所の位置する、1泊30,000円ちかくする高級ハイソホテル。

ホテルの中に一歩踏み込みと、そこにはバンコクの喧騒からはかけ離れたブルジョアの世界が広がっています。また、客室は高級レジデンス風で居心地抜群。

かなり予算がある人なら是非とも宿泊してみてほしいホテルです。

シンドーン ケンピンスキー ホテル バンコク(Sindhorn Kempinski Hotel Bangkok)のロビーラウンジ1

シンドーン ケンピンスキー ホテル バンコク(Sindhorn Kempinski Hotel Bangkok)のロビーラウンジ2

シンドーン ケンピンスキー ホテル(Sindhorn Kempinski)のロビーラウンジ3

シンドーン ケンピンスキー ホテル(Sindhorn Kempinski)のロビーラウンジで演奏中のアーティスト

ホテルのロビーラウンジ。どこを撮っても絵になる美しいデザイン。ロビー内では盲目のピアニストとプロのアーティストがライブ演奏を行っています。

レジデンス風!最高級ホテル設備

シンドーン ケンピンスキー ホテル バンコク(Sindhorn Kempinski Hotel Bangkok)のグランド プレミア キングルーム(Grand Premier King Room)1

シンドーン ケンピンスキー ホテル バンコク(Sindhorn Kempinski Hotel Bangkok)のグランド プレミア キングルーム(Grand Premier King Room)2

シンドーン ケンピンスキー ホテル バンコク(Sindhorn Kempinski Hotel Bangkok)グランド プレミア キングルーム(Grand Premier King Room)のベッドルーム1

シンドーン ケンピンスキー ホテル(Sindhorn Kempinski)の客室4

客室は高級家具に囲まれていて、まるで富裕層のような暮らしを体験できます。

ふかふかのソファー、重厚感のあるテーブルと椅子。これぞ高級ホテル。

 

シンドーン ケンピンスキー ホテル(Sindhorn Kempinski)のプール

また、プールは広く眺めも抜群。子供向け用の底が浅いエリアもあるので、子連れ旅行で遊ぶのにもおすすめです。

少々料金が高いホテルではありますが、ロビーの写真からもわかるように、雰囲気も対応も超一流。一流のホテルのおもてなしと雰囲気が好きな人は是非。

喫煙可否

部屋の中での喫煙は不可ですが、部屋のバルコニーで喫煙可能です。全ての部屋にバルコニーを完備しています。

洗濯乾燥機の有無

以下の部屋タイプには乾燥機能付きの洗濯機を完備しています。

  • グランド プレミア ルーム(Grand Premier Room)
  • 2ベッドルーム プレミアスイート(2-Bedroom Premier Suite)

シンドーン ケンピンスキー ホテルの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

リバーサイドのおすすめホテル4選

バンコクのリバーサイド

リバーサイドの特徴
  • ホテル客室からチャオプラヤー川が望める
  • ホテル施設が豪華
  • ホテルからBTSまでシャトルボートで移動できる

リバーサイドとは、バンコク市内を南北に走るチャオプラヤー川沿いのエリアを指します。

バンコク・リバーサイドエリア周辺の路線図

チャオプラヤー川という大きな川が流れているゆえに、移動の際にはホテル専用のシャトルボートを都度利用する必要があるのが欠点。

そのため、ホテルで多くの時間を過ごす「ホテルライフ好き」におすすめのエリアです。

 

以下で紹介する❷〜❹のホテル敷地内には、専用の船着場が設備されています。

ホテルからBTSへ行く際は専用のシャトルボートに乗って、BTSサパーンタクシンに併設されている船着場「サトーンピア(Sathon Pier)」へ移動できます。

バンコクリバーサイドの地図

上地図のように、シャトルボートがサトーンピアと各ホテルを往復しています。

バンコクリバーサイドホテルのシャトルボート

(ホテルのシャトルボート)

多くのリバーサイドホテル周辺にはBTSやMRTなどの鉄道が存在しないため、便宜べんぎをはかってシャトルボートを運用しているというわけです。

なので、他エリアに比べると移動がやや面倒ではありますが、一応BTSは利用できます。

大した不便は感じません。

各シャトルボートは、10分〜15分に1本が出航しています。

MEMO

いずれのホテルでも、チェックイン時に船着場の場所やシャトルボートの時刻表を案内してくれます。

のホテルに関しては川沿いではないため、徒歩でBTSへの移動が可能です。

 

リバーサイドのホテルはホテルライフ好きに向けたホテルが多いため、ホテル内にリバービューのレストランや巨大な南国風プールを設備しています。

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)のリバービューレストラン

アヴァニ リバーサイド バンコク ホテル(Avani Riverside Bangkok Hotel)のインフィニティプール2

宿泊料金は他エリアよりも高めですが、ホテル施設の内容はバンコクで一番ゴージャス。

ホテルでゆったりとしたい人は、リバーサイドエリアでの滞在が良いでしょう。

ルブア アット ステート タワー(lebua at State Tower)

ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)の外観

BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)から約500m、徒歩5分程度の場所にある世界的に有名なホテル。

このホテルが世界的に有名である理由は、ホテル屋上に設置されている世界一高いスカイバー「シロッコ」が、映画「ハングオーバー2」の撮影現場として使われたからです。

スカイバー

(ホテル屋上にあるスカイバー「シロッコ」。高さはなんと247メートル。しかも屋根がないので開放感が凄まじい)

スカイバーから見える景色の迫力もさることながら、客室からもチャオプラヤー川や美しい夜景が見えます。

そのため、常に世界中の観光客からの人気宿泊先となっています。

宿泊料金は(シーズンにもよりますが)1泊15,000円前後。

上で紹介してきたホテルより少々値は張りますが、「まさに非日常」と思える豪快な景観を楽しめます。

素晴らしい思い出を作れるので、決して高くない金額です。

 

ルブア アット ステートタワーのリビングルーム

客室は、ベッドルームとリビングルームに分かれています。

ベッドルーム奥のバルコニーからは、チャオプラヤー川を含めた壮大なバンコクの景色を楽しめます。

 

ルブア アット ステートタワーの客室から見える景色

バルコニーから見えるチャオプラヤー川の景色

 

ルブア アット ステートタワー バスルーム1

ルブア アット ステートタワーのバスルーム2

バスルームも広々としていて、バスタブとシャワーブースが仕切りで分けられています。

 

プールサイド

プールサイドのレストラン

プールやジムなどの施設も充実しています。快適なホテルライフを送れるでしょう。

何もかもがダイナミックな有名ホテルで過ごす夜は、感動の連続です。

シロッコ(Sirocco)

ルブア アット ステートタワーのスカイバー

(スカイバー「シロッコ」には絶対に足を運びたい)

海外旅行に特別な思いを寄せている人には、是非一度ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)で、日本では絶対に味わえない衝撃を受けてみてほしいと思います。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙部屋あり。予約時にリクエストしましょう。

ルブア アット ステート タワーの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)の外観

チャオプラヤー川沿いに佇む39階建ての大型ホテル。

建物が「W」の形になっていて、全室がリバービュー。客室の窓からはチャオプラヤー川とバンコクの街並みが見渡せます。

また、ペニンシュラホテルグループは「その国の文化をホテル造りに取り込む」ことを特徴としていて、タイらしい調度品にあふれつつ重厚で高級感あるデザインです。

非日常かつ快適で心地よい空間が広がっています。

  • 客室からのリバービュー景色が素晴らしい
  • 非日常を感じられるプール施設
  • スタッフの質が良い(ホテル勤務歴15年以上のベテランスタッフが多い)
  • 豪華な客室設備
  • 1泊の宿泊料金は26,000円前後

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)のスタッフ

まず、最初に驚かされるのはホテルスタッフの質の高さ。

ペニンシュラバンコクで働くホテルスタッフ770人のうち、なんと100人以上がホテル勤務歴15年以上のベテランです。

接客レベルが素晴らしい。

常に「ここぞ」というタイミングで”May I help you ?”と声をかけてくれたり、迎えのタクシーのドアを開けるタイミングなんかも完璧。献身的とはこのことを言うのでしょう。

また、程よくフレンドリーな所も好感が持てます。

 

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)1階のレストラン

ホテル内はアンティークな家具や調度品に囲まれています。

植物が綺麗に手入れされた中庭もあって、歩いているだけで清々しいです。

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)の中庭から望むチャオプラヤー川

ホテル敷地内からはチャオプラヤー川を間近に見られます。波の音に癒されます。

 

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)の客室1

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)の客室2

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)のバスルーム

(日本人好みの大きなバスタブ)

写真の客室タイプはダブルデラックス(Double Deluxe)。広さは45平米です。

高級感あるアンティーク調な家具に囲まれた部屋。

室内スリッパやガウンはふかふか、ベッドの弾力性も寝心地良し、洗面台はダブルシンクなので使い勝手が良いです。

細かい点もパーフェクトです。

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)の客室から見えるチャオプラヤー川の景色

客室から望むチャオプラヤー川の景色も、また素晴らしい。

筆者が宿泊した部屋は17階でしたが、高層階の方がもっと素晴らしい景色が望めるでしょう。

予約時には「高層階希望」を出しておくことをおすすめします。

 

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)のプール

ザ ペニンシュラ バンコク(The Peninsula Bangkok)の川沿いレストラン

ホテル内には3層に分かれた巨大なプールや、川沿いにリバービューレストランもあります。

どちらもチャオプラヤー川の景色を見ながらまったりと過ごせます。ここで飲むお酒の味は格別。

日常を忘れて過ごすには最高の設備でした。

ホテルステイを楽しみたい人には絶対におすすめ。のんびりした休暇を過ごせます。

MEMO

喫煙部屋なし。喫煙エリアは1階のみ。
バルコニー付きの部屋であれば、バルコニーで喫煙可能

ザ・ペニンシュラバンコクの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)の外観

全客室がリバービューであり、タイの伝統的なスタイルと現代的なモダンなデザインを掛け合わせた”シェラトンならでは”の美しいホテル

1泊の宿泊料金は15,000〜20,000円前後。

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)のエントランスロビー1

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)のエントランスロビー2

タイの伝統的スタイルと現代的なモダンさが融合したロビー

客室

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)の1キングベッド リバービュールーム(1 King, River view)1

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)の1キングベッド リバービュールーム(1 King, River view)2

このホテルは、どの部屋からもチャオプラヤー川の素晴らしい景色を楽しむことができ、それが他の多くの高級ホテルと異なる大きな特徴です。客室は広々としており、モダンながらもタイの伝統的なデザイン要素が取り入れられています。

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)の1キングベッド リバービュールーム(1 King, River view)から見える夜景

夜景も素晴らしい

ファシリティ

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)の大人用プール

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)の子供も遊べるプール

ホテルには二つのプールがあり、一つは大人専用でリバービューが望めるプール、もう一つは子供が遊べる浅いエリアも備えたファミリーフレンドリーなプールです。

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)のスパルーム

また、高級スパ「マンダラ・スパ」では、リバービューを背景にリラクゼーションマッサージを受けることができます。

ダイニング

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)のレストラン「Thara Thong」でのタイ舞踊

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel and Towers)のレストラン「Thara Thong」で食べたカオチェー

ホテル内のレストラン「タラトン(Thara Thong)」では、手彫りのチーク材で装飾された伝統的なタイスタイルの空間で、タイ舞踊を鑑賞しながら食事を楽しむことができます。料理は本格的なタイ料理で、視覚だけでなく味覚でもタイの文化を体験できます。

 

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズは、その立地、設備、サービスの質から、バンコクでの滞在に最適なホテルと言えるでしょう。リバーサイドでの優雅な時間を過ごしたい方におすすめです。

ロイヤルオーキッドシェラトン ホテル アンド タワーズの詳細については、以下の宿泊レビュー記事も参考にどうぞ。

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の入り口

リバーサイドにある高級ホテル群の中でも抜群のコスパの高さを誇るホテル。

 

筆者が宿泊した部屋はスイートルームにも関わらず1泊の宿泊料金が13,000円前後

60平米もの広い客室でバルコニー付き。

加えて屋上ルーフトップバーや、学校のプール並みに大きいプールも完備しています。

また、ホテルはアジアティークに近いです(約1.2km。徒歩で15分程度)。

ニューハーフショーやナイトマーケットを目的としている人には便利な立地。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の客室1

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の客室2

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の客室3

筆者が宿泊した客室は、グランドスイート 1ベッドルーム リバービュー。

広々としたリビング付きで、ベッドルームからはリバービューが望める最高の設計。

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の客室バルコニー

特に良かったのはバルコニー。

1泊13,000円前後でリバービューが望めるバルコニー付きホテルは、バンコクではここだけ。

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のバルコニーから見える景色

バルコニーから見える爽快なチャオプラヤー川の景色。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のプール

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のプール2

大きなプール。先端はインフィニティプール設計になっています。

プールに入りながらチャオプラヤー川が望めて気持ち良いです。

 

宿泊費が安いので「もしかして何か問題があるのでは?」と思いながら泊まりましたが、快適すぎる素敵なホテルでした。

広い部屋でのんびりとリバービューを楽しみたい人におすすめ。

2ベッドルーム等の家族向けルームもあるので、子連れ旅行にもどうぞ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙はバルコニーで可能

チャトリウム ホテル リバーサイドの詳細については、以下の宿泊レビューも参考にどうぞ。

リバーサイドのおすすめホテルまとめ

その他、以下記事では他にもあるリバーサイドのラグジュアリーなおすすめホテルをまとめて紹介しています。
>>>景色良し!バンコクのリバーサイドでおすすめのホテル8軒。川沿いで優雅なホテルステイ。

チャイナタウン(ヤワラート)のおすすめホテル

バンコクのチャイナタウン

チャイナタウンの特徴
  • 市場や屋台など東南アジアらしい光景が広がっている
  • ヤワラート通りを中心に観光名所が多々ある

チャイナタウンとは、MRT ワットマンコン(Wat Mangkon)MRT ファランポーン(Hua Lampong)周辺に広がる中華街を指します。

バンコク内で最も癖の強いエリアです。

バンコクでは消えつつある路上屋台が多く並び、路地裏には香辛料や発酵食品の匂いが鼻をつく市場が広がっています。

イサラーヌパープ通り

東南アジアの雑多な雰囲気が好きな人であれば、これだよこれと言いたくなる味のあるエリアです。

面白い場所ではありますが、交通マナーが悪かったり道端で頻繁に鼻を突く香辛料の香りがするという欠点もあります。なので、海外旅行慣れしている人や、変わった場所が好きな人におすすめです。

夜のヤワラート通り

(夜は多数の中華料理・タイ料理屋台が並ぶ。屋台料理が好きな人にもおすすめ)

シャンハイ マンション バンコク(Shanghai Mansion Bangkok)

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の外観

チャイナタウンの中心に佇むデザイナーズホテル。

一見ホテルとは思えない見た目。外観も内装も全て中華世界をモチーフとしています。

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の吹き抜けロビー

ホテル中央の吹き抜けロビー。中国のランタン風ライトがきらびやか。

こうした中華圏の文化に惹かれやすい西洋人からは「インスタ映え」ホテルとして知られ、英語圏の旅行雑誌では度々紹介されています。

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の客室入り口

各客室には「好運」「財富」と言った、見るからに縁起の良さそう名前が付けられています。

壁が黄色で派手というのも中国文化らしい。

 

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の客室1

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の客室2

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)のバスタブ

更に驚きなのは客室内。真っ赤なソファー、仕切りのない場所に置かれたバスタブ。

ちょっと見方を変えるとラブホテルにも思えますが、下品さは皆無なので過ごしやすいです。

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の無料中国茶

客室内にはコーヒーの他、中国茶も完備されていて雰囲気抜群。

 

シャンハイ マンション バンコク (Shanghai Mansion Bangkok)の入り口にあるライブバー

夜からは1階のバーで生演奏ライブを楽しめます。

ウェルカムドリンクにワインをくれたり、スタッフ対応も良いです。

ホテル周辺は屋台通りなので、十分に風情を感じられます。

ちょっと変わったデザインのホテルに泊まりたい人におすすめです。

MEMO

禁煙部屋のみ。喫煙は1階で可能

シャンハイ マンション バンコクの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

王宮周辺(旧市街)のおすすめホテル3選

バンコクの旧市街

王宮周辺の特徴
  • 観光名所が多い
  • 屋台や露店も多い
  • パブやショッピングモールは殆どない
  • 昼は観光客が多いが、夜は閑散としている

旧市街は、バンコクで最も有名な観光地の三大寺院(ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン)や、現タイ王朝の王宮などが並ぶ格式の高い場所です。

日本で例えると皇居周辺

 

都会的要素は極めて少ないです。夜は閑散としています。ショッピングモールやマッサージ、コンビニは7エリアの中で一番少ないです。

夜に出歩かない人におすすめのエリアと言えるでしょう。

バンコク旧市街のお土産ショップ

(観光客向けのカフェやお土産ショップはある。19時くらいまでは人通りは多い)

ただ、ライトアップされた巨大な仏塔や街中に溶け込む豪華絢爛ごうかけんらんな寺院など、「タイならでは」の光景を見られます。

ライトアップされた夜のワットアルン

(ホテル客室から見えるライトアップされたワットアルン)

また、仏具店や寺院が多いです。最もタイらしい景観を形成しています。

ワットスタットの巨大ブランコ

地元民が利用する食堂・屋台、川辺に連なる高床式住居など、どこを見てもタイらしい文化を感じられます。都会的な場所よりも、タイの文化を感じられる場所に滞在したい人におすすめです。

リヴァ アルン バンコク(Riva Arun Bangkok)

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)の外観

バンコク観光を代表するワットアルンの対岸にある小ぢんまりとしたラグジュアリーホテル。

客室はもちろん、バルコニーにあるジャグジー風呂や屋上レストランからライトアップされたワットアルンが望めるのが特徴です。


リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)の屋上レストラン

(屋上レストラン。対岸に見えるワットアルンが輝く神秘的な光景)

リヴァ アルンバンコクは、旧市街で最もおすすめのホテルです。

2016年に開業したばかりなので、施設全体が綺麗。加えて、スタッフは外資系の高級五つ星ホテル並みに英語が堪能で対応も素晴らしいです。

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)で貰った手書きのメッセージカード

(チェックアウト後には手書きのメッセージカードを頂いた。こういった対応は本当に嬉しい)

 

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)のリビング

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)のジェットバスから見えるワットアルン

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)の客室テラスにあるジェットバス

筆者が宿泊した客室タイプはプレミアム ジェットバス スイート。

 

特筆すべき点は、バルコニーに設置されたジャグジーバスと、バルコニーから見えるライトアップされたワットアルン。

ジャグジーバスに浸かりながら望むワットアルン…

まるでワットアルンを独り占めしているかのような感覚で、どんな素晴らしい夜景よりもロマンチックな気持ちになれます。

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)のジャグジー風呂に備えられているキャンドル

ジャグジー風呂にはキャンドルも備えられています。ここでのんびりと風呂に浸かりながらビールを飲むのは至福の時間。

個人的に、自分が両親にバンコク旅行をプレゼントするなら、絶対にリヴァ アルン バンコクに滞在してもらうでしょう。

それほど素晴らしい時間を過ごせました。

 

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)のベッドルーム

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)のベッドルームから見えるライトアップされたワットプラケオ

また、ベッドルームからはワットプラケオも望めます。

ワットアルンとワットプラケオの両寺院を望めるのはリヴァ アルンバンコクだけ。

 

リヴァ アルン バンコク (Riva Arun Bangkok)の屋上レストランで飲んだカクテル

ラバンコクには様々なホテルが存在しますが「タイでしかできない演出のホテル」を望むのであれば、リヴァ アルンバンコクが絶対におすすめ。

タイ文化とラグジュアリーホテルが融合した最高のホテルです。

 

上述したように旧市街はスクンビットやシーロムと比べて都会的要素は少ないです。しかし、だからこそワットアルンやワットプラケオが映えます。

個人的にも強く印象に残ったホテルとなりました。宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙はバルコニーで可能

注意

客室からワットアルンが望めるのは「眺望:リバー」の部屋のみです。

「眺望:シティー」だと部屋からワットアルンが望めないので、せっかくなら「眺望:リバー」の部屋を予約しましょう。

アルン レジデンス(Arun Residence)

アルン レジデンス(Arun Residence)の外観

上述したリヴァ アルンバンコク同様に、客室からライトアップされたワットアルンが望めるホテル。

アルン レジデンスは、リヴァ アルン バンコクに比べリーズナブルです(スイートでも1泊13,000円前後)。

リヴァ アルン バンコクに比べるとホテル設備は劣るものの、安価な料金でワットアルンビューを楽しみたい人向け。

アンティーク家具に囲まれたホテルなので味があります。

 

アルン レジデンス(Arun Residence)の客室から見えるライトアップされたワットアルン

アルン レジデンス(Arun Residence)のベッドルーム

筆者が宿泊した客室はヴィラ スイート キングベッド(Villa Suite Kingbed)。

キッチンとリビング、ベッドルームがそれぞれ独立している大きな部屋です(広さは63平米)。

アルン レジデンス(Arun Residence)のリビングルーム

アルン レジデンス(Arun Residence)の時計

面白いのは客室に備えられているアンティーク調の家具達。シティホテルにはない可愛らしい雰囲気です。

 

こう見えて意外と実用的な面もあります。

テーブルやベッドの枕元近くには必ずコンセントがあり、パソコン作業や寝ながらのスマホ操作にストレスを感じません。

アルン レジデンス(Arun Residence)のバスルーム1

 

アルン レジデンス(Arun Residence)のバスルーム2

バスルーム

 

アルン レジデンス(Arun Residence)のバルコニーから見えるチャオプラヤー川

アルン レジデンス(Arun Residence)のバルコニーから見えるワットアルン

広々としたバルコニー目の前にはチャオプラヤー川が広がっています。

チャオプラヤー川から吹く暖かい風に当たりながらワットアルンを眺めるのは気持ち良いです。

 

アルン レジデンス(Arun Residence)併設のレストラン「ザ・デッキ」

夜はホテル併設の人気レストラン兼朝食会場の「ザ・デッキ(The Deck)」で、これまたワットアルンを眺めながら優雅に食事。

一般的なシティホテルに飽きた方や、リーズナブルな価格でワットアルンビューを楽しみたい人におすすめです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙はバルコニーで可能

注意

ワットアルンが望める客室タイプは

  • スイート(Suite)
  • ヴィラ スイート キング ベッド(Villa Suite King Bed)

の2種類のみです。せっかくならワットアルンが望める客室に宿泊するのがおすすめ。

上記2ホテルの詳細、アクセス方法等については、以下の記事も参考にどうぞ。

ザ・ナイト・ハウス・バンコク(The Knight House Bangkok)

ナイトハウスバンコク(The Knight House Bangkok)の外観

ナイトハウスバンコクは、バンコク旧市街の有名観光寺院「ワット・プラケオ」から徒歩約10分の場所に位置する、たった2部屋のみのブティックホテルです。

ラーマ5世時代(在位 / 1868年10月1日 – 1910年10月23日)から存在していたバーバーショップをホテルに改装しています。現在は1階がホテル宿泊者以外も利用できるカフェになっていて、2階と3階にそれぞれ1部屋ずつがある構造。

このホテル、なにが素晴らしいかと言うと、まず旧市街の寺院観光が非常に便利な立地である点。

バンコク旧市街の街並み

(ホテルからはバンコクの有名寺院「サオチンチャー」が見える)

また、たった2部屋の個人経営ブティックホテルにしては、ホスピタリティも客室のレベルも高いです。五つ星そのものと考えて良いくらい居心地が良いです。

ナイトハウスバンコク(The Knight House Bangkok)の客室1

ナイトハウスバンコク(The Knight House Bangkok)の客室バスルーム

ホテルの客室。洋風と伝統的なタイの蓮デザインが混じり合っていて、独特な雰囲気。ベッドはふかふかで寝心地抜群。

ナイトハウスバンコク(The Knight House Bangkok)の朝食

朝食もボリュームたっぷりで大満足

朝食はボリュームがあるうえに、とても美味しい!

また、2部屋しかないだけに宿泊客が少ない、そのためホテルスタッフはいい加減な対応を絶対にしません。例えば夜20時になったら部屋に就寝前のミルクを持ってきてくれたり、朝は希望すれば朝食を部屋まで持ってきてくれたり。至れり尽くせりです。

 

クルアアプソン(Krua apsorn)で食べたカニオムレツ(カイフープー)

(バンコク旧市街の名物タイ料理店「クルア・アプソン」)

さらにホテル周辺には、バンコク旧市街でしか味わえない人気のタイ料理食堂が多々点在しています。

せっかくだから都会的な要素はそこそこに、昔ながらのバンコクの良さを満喫したい人におすすめのホテルです。

ホテルの詳細については、以下の宿泊記も参考にどうぞ。

カオサン通りのおすすめホテル4選

バンコクのカオサンロード

カオサン通りの特徴
  • 外国人向けの雑貨屋や飲食店などが密集している
  • クラブやパブも多い
  • バンコクで一番外国人が多い。多国籍化している
  • 夜はとても騒がしい

カオサン通りはバンコクで最も国際的な雰囲気を味わえる場所の一つで、世界中からのバックパッカーや旅行者が集まります。

昼間はお土産店やレストランが並び、節約志向の長期バックパッカーから短期旅行者までを魅了しています。一方、夜にはクラブやバーから大音量でダンスミュージックが流れ、ストリートは活気に満ち溢れ、旅行者たちは夜通し踊り明かします

カオサンロードで踊る人達

夜のカオサンは熱気が凄まじい。道端がクラブのような状態になり大音量の中踊り狂う旅行者で溢れる

また、虫料理屋台・バー・タトゥーショップ・パチモノばかりのお土産屋があったり、山岳民族の売り子が歩いていたり、どこを見回しても外国人ウケする物で溢れています。

カオサン通りの雑貨屋

路地裏に入っても雑貨屋がびっしり

また、夜は特にそのエネルギーが増し、治安に少し注意が必要な場合もありますが、日本人旅行者には比較的安全な場所とされています。刺激的な体験を求める若者や異文化交流を楽しみたい旅行者には特におすすめのエリアです。

 

カオサン通りはBTSやMRTの駅から離れており、タクシーの利用が主となりますが、メーターを使わない運転手も多く注意が必要です

カオサンに滞在する人は、明瞭会計でタクシーを配車できるグラブ(使い方はこちら)を必ずダウンロードしておきましょう。

❶ ダン ドゥーム ホテル(Dang Derm Hotel)

ダン ドゥーム ホテルの外観

カオサンに点在するホテルの中でも、宿泊料金、ホテル雰囲気、清潔感、スタッフ対応など総合的に一番おすすめできるホテル。

ホテルの建物が大きいため、初めてカオサンに来た人でも簡単にホテルを見つけられます。

ホテルの入り口はカオサン通りに面していますが、客室は奥まった場所にあるため騒音はそれほど届きません。

ただ、客室の位置によってはかなりの騒音が響くことも予想されるため、予約時のリクエストには”I’d like a quiet room(静かな部屋がいいです)”の一言を入れておきましょう。

空きがあれば静かな部屋を案内してもらえます。

 

ダン ドゥーム ホテルの客室1

ダン ドゥーム ホテルの客室2

ベッドではなく、タイの民家風に木の床にマットが置いてある粋な作り。

ホテルとも旅館とも言えない雰囲気で、タイの新鮮さを感じられます。バルコニー付きなので喫煙者にはありがたいです。

 

ダン ドゥーム ホテルのバルコニー

バルコニー

 

ダン ドゥーム ホテルのシャワールーム1

シャワールーム。

シャワーブースとトイレの間に仕切りはありませんが、シャワールームは広いのでシャワーを浴びてトイレが水浸しになることはありません。

 

ダン ドゥーム ホテルのプール

ダン ドゥーム ホテル屋上からの景色

ホテル屋上にはプールが設置されています。

プールは他の旅行者グループがいても気にならないくらいの広さ。ビーチチェアーの数が多いので日光浴もバッチリ。

また、屋上からはカオサンの眺めも楽しめます。

カオサンの熱気を120%堪能するのに最適なホテルと言えるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

喫煙はバルコニーで可能

❷ バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)

バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)の外観

カオサン通りから約100mの場所にある中級ホテル。

カオサンから歩いてアクセスできる距離(徒歩1分程度)にありますが、カオサン周辺では最も高級であるため、バックパッカー等の節約旅行者がいません。

良い意味で安っぽさがないホテルです。

バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)のウェルカムドリンク

1泊の宿泊料金は5,000円前後。

外国人に対する対応が適当なスタッフも多いカオサンですが、バーンチャートホテルのスタッフは別です。

ちゃんとウェルカムドリンクを出してくれたり、空港までの帰りのタクシーは、メーターを使ってくれるタクシーが捕まるまでドライバーに交渉してくれました。

 

バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)の客室

バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)のクローゼット

写真の客室はダブルルーム(Double Room)。広さは25平米です。

洋風の落ち着いた部屋。特別広くはありませんが、セーフティボックスやガウン、クローゼット等の設備は全て揃っています。

1泊5,000円程度で泊まれるなら十分満足できる客室。

 

バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)のレストラン

バーン チャート ホテル(Baan Chart Hotel)併設レストランの生バンド

夜はホテル内のスペースがレストランになるのもこのホテルの良い所。

カオサンでは爆音のクラブミュージックを流すレストランが多いですが、バーンチャートホテルのレストランは大人向け。

生楽器の落ち着いた演奏を聴きながら、のんびりとお酒を飲めます。

 

バーンチャートホテルは本当にスタッフ教育が良くできていて、ホテル敷地内に入る怪しい外国人には声かけをしています。

そのため、外国人の多いカオサンですが盗難等の心配をすることなく過ごせました。

カオサンで安全に過ごしたい人におすすめ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MEMO

禁煙部屋のみ。喫煙は客室前の通路にて可能

❸ カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)のエントランスロビー

カオサン通りから徒歩約6分の場所に位置する静かなホテル。

カオサンから約500m離れているため、カオサンの騒音が一切届きません

それでいて、川沿いなので雰囲気が良い。また、ホテル周辺にはコンビニなどがあり人通りが多いです。

部屋タイプによってはリバービュー(バルコニー付き)で、バスタブも完備しているのもおすすめできるポイントです。

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)のデラックス リバービュールーム キングベッド (Deluxe River View Room King)1

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)の客室バルコニー

写真の客室タイプは、デラックス リバービュールーム キングベッド(Deluxe River View Room King)。広さは28平米です。

1泊の宿泊料金は6,000円前後

割と広々としているので一人旅には十分。それでいてバルコニーが付いているので開放感があります。

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)の客室バルコニーから見える景色

バルコニー。

 

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)のバスルーム2

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)のバスルーム

1泊6,000円というそこそこにリーズナブルな金額でありながら、独立したシャワーブースとバスタブが付いているのも嬉しいです。

 

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)のプール2

屋上のプール。広々としているので、他宿泊客が泳いでいても気になりません。日当たりも良く、天気が良い日に泳ぐと気持ち良いです。

カサ ビマヤ リバーサイド(CASA VIMAYA RIVERSIDE)の朝食会場1

朝食会場もリバーサイドにあるため、朝から気持ち良い気分で1日をスタートできます。

 

カオサン近くに滞在したいけど、騒音は勘弁…。静かな場所でゆったり過ごしたいという人におすすめのホテルです。

MEMO

部屋の中では禁煙。喫煙はバルコニーか1階の外で可能です。

カサ ビマヤ リバーサイドの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

❹ ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel Bangkok)

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の外観

カオサン通りから2本となりの「タニ通り(Tani Road)」にて、2022年に開業したホテル。

ホテルは中規模でプールはありません。ただ、カオサンから若干離れている(とは言え徒歩たったの4分)ため、上述したカサ ビマヤ リバーサイド同様に、カオサンからの騒音は一切届きません。

このホテルは部屋が比較的小さいため(広さ20平米程度)、どちらかと言えばカオサン一人旅におすすめのホテルです。

ただ、ホテル全体の雰囲気がモダンで、カオサンの中では一番洗練された雰囲気です。一人旅なら高い満足度を得られます。

1泊の宿泊料金が6,000円台とお手頃なのも魅力。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のチェックインロビー

チェックインロビー。四つ打ちのハウスが小音量で流れていて、お洒落な店みたいな雰囲気。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)1

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)2

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)3

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)デラックス ルーム(Deluxe Room)のシャワールーム

20平米の客室なのでお世辞にも広いとは言えません。日本のビジネスホテルに少しゆとりがあるくらいの部屋をイメージしてください。

ただ、やはりベッドも水周りも綺麗。居心地は良いです。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のルーフトップバー

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のルーフトップバーでライブ中のアーティスト

夜はルーフトップバーでアーティストの生ライブを聴きながらウェルカムカクテルを飲めます。

上述したカサ ビマヤ リバーサイドと比べると甲乙つけ難いくらい素晴らしいですが、モダンなデザインのホテルが好きならエンバーホテルがおすすめです。

ホテルの詳細については、以下の宿泊記も参考にどうぞ。

カオサンのおすすめホテルまとめ

その他、カオサン通りにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。
>>>カオサンロードで日本人におすすめのホテル。徒歩圏にある人気ホテルも合わせて紹介。

バンコクの空港近くのおすすめホテル2選

バンコクのスワンナプーム国際空港

スワンナプーム空港

バンコクにある2つの空港「スワンナプーム」と「ドンムアン」近くにあるおすすめホテルを紹介します。

両空港とも市街から遠いので観光や街歩きには不便ですが、トランジットでの滞在や、早朝に帰国する前日泊での利用におすすめです。

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)の外観

スワンナプーム空港から距離約8.5km。タクシーで8分程度で空港までアクセスできる立地のホテル。

1泊の宿泊料金は5,000円程度の、ごく普通の中級ホテル。ただ、ホテルにルーフトップバーが併設されていて、お酒を飲みながら出航する飛行機を眺められるのがおすすめのポイント。

空港周りには寂しいホテルが多い中、このホテルでは賑やかな雰囲気を味わえます。旅行最終日のいい思い出になるでしょう。

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)のルーフトップバーから見える飛行機

(スワンナプーム空港から出航する飛行機を見て、旅行の思い出にふけったり、ちょっと寂しくなったり…。)

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)のルーフトップバーでの生演奏

ルーフトップバーでは生演奏も行われます。旅行最終日の夜を賑やかに迎えられて、楽しい気分で帰国できるでしょう。

 

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)の客室1

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)の客室2

部屋はごく普通の中級ホテルの雰囲気。ただ、寝るだけの利用が主になるかと思うので、普通の部屋で問題ないでしょう。客室にはバルコニーを完備。喫煙可能です。

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)のプール

スワンナプーム ヴィル エアポート ホテル(Suvarnabhumi Ville Airport Hotel)のフィットネスジム

ホテル内にはプールとフィットネスジム、サウナも完備。1泊5,000円程度の中級ホテルにしては、上々の設備でしょう。寝るだけの宿とは言え暇をしません。

その他、スワンナプーム空港近くにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。空港直結のホテルや、簡易な睡眠スペース的なホテルも紹介しています。

アマリ ドンムアン エアポート ホテル(Amari Donmuang Airport Hotel)空港直結

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル(Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)の入り口

ドンムアン空港の1階から直結している空港ホテル。ドンムアン空港といえば、国外線以外にも、多くのタイ国内線路線が発着している空港です。そのため、帰国日前日の利用はもちろん、例えばバンコクから飛行機でチェンマイなどの他都市へ行く前日泊に利用するのもおすすめ

ホテル設備はごく普通の4つ星レベルですが、広いプールやフィットネスジムを完備。また、ドンムアン空港内に24時間営業のフードコートやコンビニもあるため不便は感じません。

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル(Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)の客室1

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル(Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)の客室2

写真の客室タイプは「デラックス ツイン(Deluxe Twin)」。

 

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル(Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)のプール

アマリ ドンムアン エアポート バンコクホテル(Amari Don Muang Airport Bangkok Hotel)のフィットネスジム

大きめのプールとフィットネスジムを完備しているため、移動の前日泊とはいえ、暇せずに過ごせます。

空港直結、プール等の設備が整っていながら1泊6,000円前後というコスパの高さもおすすめのポイント。

ドンムアン空港近くに滞在するならアマリ ドンムアン一択でしょう。

その他、ドンムアン空港近くにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。少し場所は離れますが、もっと安いホテルも紹介しています。

写真好き必見。インスタ映えホテル2選

最後に紹介するのは、少々不便な立地にありながらも、バンコク屈指のインスタ映えホテルとして一部のマニアに人気のホテル2軒。まだあまり日本人には知られていない秘密の隠れ家です。

バンコク旅行リピーターで、一風変わった写真映えホテルに泊まりたい人におすすめです。

注意

ただし下記のホテルは2軒とも少々不便な立地にあります。あくまでバンコクの地理を把握しているリピーター向けホテルです。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)。チャオプラヤー川に浮かぶ秘密の隠れ家

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の川沿いテラス

ロイラロンホテルは、バンコクの中華街・ヤワラート通りより徒歩約10分(距離約850m)離れたチャオプラヤー川沿いに位置する古民家風のゲストハウスです。

ロイラロンホテルは一部のバンコクマニア・旅行リピーターのみぞ知る隠れ家的ホテルとして密かに人気です。

人気の理由は、下記の他ホテル・ゲストハウスにはない素敵な特徴を備えているから。

  • 築100年以上の建物を改装してつくられた
  • ホテル内がアンティークの家具や調度品で囲まれている
  • チャオプラヤー川に浮いている
  • とても静かで、ただ川の流れを感じながら我が家のようにゆったりできる

ゲストハウスの川沿いテラスはチャオプラやー川に突き出していて、今にも川にダイブできるくらいの近さで静寂に包まれたチャオプラヤー川の波の音を感じられます。その他のホテルでは絶対に味わえない体験ができます。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の入り口

ホテルの入り口

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の客室入り口

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)のアンティーク家具

お洒落な家具に囲まれたホテル内

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の川沿いテラス2

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の川沿いテラスから外に突き出した足

ロイラロン ホテルのハイライトは川に付きでたテラス。足を放り投げられるくらいチャオプラヤー川が目の前。チャオプラヤー川の波打つ音を聴きながら、ゆったりと我が家のようにくつろげます。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の客室1

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の客室2

客室数はたったの全7室。それぞれの客室にブルー、オレンジ、グリーン、レッド、ホワイトなどのテーマカラーが決められていて、テーマカラーと同じ色で家具や調度品がまとめられています。

とてもお洒落な部屋。

なにより素晴らしいのは部屋から間近に見えるチャオプラヤー川の景色。高級リバーサイドホテルでも、ここまで間近でチャオプラヤー川を眺められるホテルは存在しません。

大手チェーンには真似できない、古民家ゲストハウスだからこその唯一無二のシチュエーション。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)2階のテラスから見える夕陽

ホテルは2階建で、2階のテラスからも雄大なチャオプラヤー川と美しい夕陽がのぞめます。

ビール片手にテラスから夕陽を眺めていると、日頃の嫌なことを全て忘れてリフレッシュできます。

普通のホテルに飽き飽きした人、その土地ならではの変わったホテルに泊まりたい人には是非ともおすすしたい一軒です。普通の旅行にはない特別な思い出になるでしょう。

ロイラロンホテルの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

タイでここだけ!話題の「刑務所ホテル」スーク ステーション(Sook Station)

スークステーション(sook station)のマグショット

スークステーション(Sook Station)は、BTSウドムスック(Udom Suk)から徒歩5分の場所に位置する監獄風ホテルです。内装がリアルに監獄に似ているため、はっきり言ってホテルとしての実用性は低いです。あくまでもインスタやSNSでの話題目的で泊まる用のホテル。

居心地もそこまでよくないため、旅行全日程で利用するよりも、1泊だけネタとして泊まりにいくといった利用方法がおすすめです。

ただ、珍スポットや面白いホテルが好きな人ならテンションが上がること間違いなし。写真だけを見ると本物の雑居房にしか見えないリアルな監獄部屋で1日を過ごせます。

スークステーション(sook station)の客室入り口

客室の入り口には金網が張ってあり、この先が雑居房である旨が記載されています。もちろん演出ですが、中々にリアル…。

スークステーション(sook station)の視察窓付きの入り口

スークステーション(sook station)の視察窓

客室の入り口は、これまた演出で寂れたドアに視察窓付き…。いや、なんで金を払ってまでこんなところに泊まっているんだ自分は!と思ってしまうくらいリアルな牢獄。

スークステーション(sook station)の客室

そして驚いたのが部屋!わずか10平米の広さの部屋に2段ベッドと簡易的な椅子・机があるだけ。。。

もちろんホテルなのでベッドは綺麗ですが、それにしてもここまで牢獄に似せているとは。

言うまでもなく、ホテルとしての快適度は0です。ただ、例えばYoutubeをやっている人がネタとして泊まったりするぶんにはかなり面白いでしょう。

部屋がありまにも狭いので、本当に寝るだけですが、一晩でも囚人の気分を味わえるのは面白いです。

ちなみにシャワーやトイレは共同です。もちろん本当の刑務所とは異なり綺麗なシャワーとトイレなのでご安心を。

スークステーション(sook station)の共用シャワールーム

共用のシャワールーム

珍スポット好き限定ではありますが、おすすめできるホテルです。面白い写真を撮りたい人は是非囚人になって宿泊してみてはいかがでしょうか。

スーク ステーションの詳細については、以下の宿泊レポートも参考にどうぞ。

その他、写真映えするお洒落なホテルが好きな人は、以下の記事も参考にどうぞ。インスタ映え必須のホテルをまとめて紹介しています

バンコク旅行のおすすめホテルまとめ

繰り返しになりますが、バンコクでのホテル選びでは、まず何と言ってもエリアが重要です。

いいホテルに泊まっても、不便な場所に滞在してしまうと、せっかくの旅行でストレスを感じることが多くなるでしょう。

バンコクは一年中日本の夏くらいの暑さなので、ホテルの場所が悪くて無駄に歩き回ったり、立地が悪ければ治安の心配をする羽目になることも考えられます。なので立地は重要です。

そのため、まずは「エリア」、次に「予算 & ホテルの雰囲気」を考慮してホテル選びをするのがおすすめです。

今回紹介した全てのホテルは、立地的に全て便利かつ人通りが多い場所にあるので、街歩きや治安において不便を感じることはありません。

是非、気に入ったホテルがあれば、予算と照らし合わせて宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

バンコクにあるすべてのホテルの詳細については、以下の各ホテル予約サイトから検索できます。

喫煙者必見!1泊5,000〜10,000円に限定して、バンコクの「喫煙可能ホテル」「バルコニー付きのホテル」を以下の記事で紹介しています。喫煙する人は是非参考にどうぞ。

格安ホテルを探している人必見!便利な立地で1泊2,000〜5,000円程度で宿泊できるコスパ最強のホテルをまとめて紹介しています。

バンコクにある空港「スワンナプーム」と「ドンムアン」から、滞在先のホテルまでのアクセス方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコク観光の完全ガイド。初めての旅行で行きたいマストスポットをまとめました。

バンコク観光のモデルコース。2泊や3泊の旅行を計画している人は、以下の記事も参考にどうぞ。

バンコクのインスタ映えスポットまとめ。写真好きな人に是非行ってみて欲しいスポットをまとめました。

14 COMMENTS

ペルシッカ

ri-様
初めまして。通りすがりのペルシッカという者です。
ri−様のとても的確なホテルのアドバイスの数々に驚き、そして感謝です。
私は来月家族4人(夫婦、大学生、高校生)で初めてのタイ旅行に急遽行くことになり、ろくに調べもせずにコートヤードマリオットバンコクを予約しました。
ri-様のサイトを拝見し、コートヤードよりもリーズナブルで利便性の良いホテルが沢山あるんだと、めちゃくちゃ勉強になりました。そして、ショック。
予約前にri−様のサイトを見つけることが出来なかった私のバカバカ…!と言う感じです。

ちなみにri−様、コートヤードマリオットバンコクに宿泊されたことがおありでしょうか?もし、おありでしたらスペシャリストとしてのご感想、宿泊時のアドバイスなど頂けましたら嬉しいです。
いきなりのお願い、どうかお許しください。

2回目のタイ旅行の際は、
ri−様のサイトをガン見してホテル選びをすると心に誓ったペルシッカより

ri-(りー)

>>>ペルシッカ様
コメントありがとうございます!スペシャリストだなんてとんでもない!でも、褒めて頂いて素直に嬉しいです。また、記事が少しでも参考になったも本当に嬉しいかぎりです。こちらこそありがとうございます!

コートヤードマリオットには宿泊したことはありませんが、地図を見るとBTSラチャダムリー(Ratchadamri)やBTSチットロム(Chit Lom)に近いため、交通の便はとても良いです。
また、この辺りは記事に書いているように都会かつ買い物に便利なエリアなので、町歩きも楽しいですよ。
マリオット系列のホテルなので、スタッフの対応も洗練されていると思います。

詳しいアドバイスが出来ず申し訳ないですが、心配は不要な良いホテルだと思います。
楽しんで下さい!

ブルーノ

こんにちは
はじめまして
今年のソンクラーン行こうと思ってます。
ソンクラーン期間中に泊まるおススメの格安でいいホテルなどありましたら教えてください。

ri-(りー)

>>>ブルーノさん
格安ホテルなら、BTSプラカノンから徒歩5分の場所にあるS44 ルーム (S44ROOM)は結構おすすめです。2017開業で比較的新しく、1泊2,000円前後でバルコニーが付いています。

あと、次に自分も泊まる予定ですが、BTSサラデーン(Sala Daeng)から徒歩5分の場所にあるシーロム ステュディオス (Silom Studios)も結構おすすめです。
2018年開業で比較的新しく、バルコニー付き1泊4,000円前後で泊まれます。雰囲気も洒落ていて落ち着きます。

スクンビットのおすすめゲストハウス・格安ホテルを元バックパッカーが厳選してみた。』に、駅から徒歩5分以内のおすすめ格安ホテルをまとめているので、こちらも是非参考にしてみてください。

ボンビーガール

これまでに宿泊したホテルで、りーさんが思い入れのあるホテルを教えてもらえますか。できれば、高級、中級、格安それぞれお聞きしたいです。よろしくお願いします。

ri-(りー)

>>>ボンビーガールさん
はじめまして。思い入れのあるホテルは
高級ホテル⇒パタヤのヒルトンパタヤです。ここは最初、高いだけで大したホテルではないだろうと思っていたのですが、インフィニティプールも素晴らしくて料金以上に満足の良いホテルでした。
中級ホテル⇒バンコクのロイラロンホテルです。中々予約が取れないホテルだったのと、目の前がチャオプラヤ川というロケーションが最高でした。
格安ホテル⇒ナコンパノムのおすすめホテルで紹介しているフォーチュン リバー ビュー ホテル ナコーン パノムです。4つ星ホテルですが1泊3,500円前後、かつメコン川ビューで凄い良かったです。

多分、自分はオーシャンビューとかリバービューのホテルが好きなんだと思います。

ボンビーガール

どれも素敵なホテルですね。自由に行き来きできるようになったらロイラロンホテル予約してみます。
せっかく思い入れのあるホテルをご紹介いただいたのですが、ごめんなさい。言葉足らずでした。お手を煩わせますが、思い入れのあるバンコクのホテルでお願いできますか?
ごめんなさい。

ri-(りー)

>>>ボンビーガールさん
是非。とても良いホテルですよ。

バンコクのホテルでしたか!バンコク限定だと
格安…オンヌットにあるクロントンマンションです。ただの安マンションなのですが、タイで長期滞在を始めた最初の頃、このマンションを拠点にしていました。
まだ何もかもが新鮮に見えていた時期です。ソンテウに乗るだけで興奮して写真を撮りまくっていました笑。なので、ここでの生活は鮮明に覚えています。

中級…この記事でも紹介しているバイヨークスカイホテルです。初めてタイに旅行で来た時、名前は忘れましたがバイヨークスカイホテルの近くにある小さなホテルに泊まりました。タイに来るまでは、「タイという国はいわゆる途上国で特に何もない」というイメージしかなかったのですが、いざ来てみて、どでかいバイヨークスカイホテルを目の当たりにして、バンコクが私の故郷福岡よりも大都会なのに度肝を抜かれた思い出があります。

高級…やはりリバービューのホテルになりますが、リバーサイドのおすすめホテルで紹介しているロイヤル オーキッド シェラトン ホテルです。
ここはタイで初めて泊まった五つ星ホテルで、緊張しながらチェックインしたのを覚えています笑。また、リバービューの部屋に凄く感動しました。それまで高級ホテルにはあまり興味がなかったのですが、ここに泊まったことで、タイの高級ホテルは素晴らしいものだなと魅力に気づけました。

思い入れがありすぎて長くなりましたが、上記3ホテルは今でも外観を見ただけで思い出が蘇ります。
良かったら、ボンビーガールさんのバンコクで思い入れがあるホテルも是非教えて下さい( ^ω^ )

ボンビーガール

こんばんは。たくさんの思い入れのあるホテルをありがとございます。
私の思い入れのあるホテルですか。まだ二回しか行ったことないですが。
そうですね、ツアーで行ったのですが初めてのバンコクで初めての五つ星だったシャングリラホテルが素敵でした。
チャオプラヤー川のゆっくりとした流れを見ながら朝食をいただいている時間は、暑さを忘れるほど満足できた時間でした。
夜は川に流れるキラキラした客船をみながら、自室で美味しくお酒をいただきぐっすり眠ることができました。
コロナ前のように、海外旅行に行ける環境が整ったらまた泊まりたいホテルです。

ri-(りー)

>>>ボンビーガールさん
シャングリラホテルは素敵ですよね。自分も泊まった時はリバービューの眺めに感動しました。
シャングリラホテルが運営しているホライゾン号のディナークルーズも素晴らしいです。宿泊者以外でも乗船できるので機会があれば是非乗ってみて欲しいです。
コロナが早く収まると良いですよね。その時は、お互いタイを楽しみましょう。

ボンビーガール

ディナークルーズですね。次回訪タイ時に必ず乗船してみます。
前回は、客室からディナークルーズを眺めながらお酒を飲むだけでしたが、自身が乗船するとなると段々とワクワクしてきました。
いろいろと、りーさんのお話が聞けて楽しかったです。ありがとうございました。

ママチャリパート主婦

こんにちは。以前にもコメントしたものです。今年の夏休みこちらを参考にしてチャトリウムに泊まってきました。とてもイイホテルでした。ありがとうございます。年明けにまたバンコクを考えているのですが緑の多いリゾートっぽいホテルを探しています。シェラトンかシャングリラあたりでしょうか?
少し中心地から離れてもいいのでおススメなどありましたらお願いします。

リーさん

>>ママチャリパート主婦さん
覚えてますよ!ご無沙汰です。そうですね、シャングリラはプールエリアに緑があって南国感を味わえると思います。あとはリゾートと言うより邸宅ホテルという感じですがアリヤソムヴィラは雰囲気抜群でおすすめです。あとはコンラッドバンコクシェラトングランデスクンビットもプールエリアに限りますが緑があって雰囲気良いです^ ^

ママチャリパート主婦さん

ありがとうございます!参考にさせていただきます。バンコクはステキなホテルが多くて迷いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です