このブログを書いている人

りーのプロフィール画像

初めまして。

【結論】タイ一択。運営者の ri-りー です。

▶︎ Twitterのページを見る。

▶︎ facebookのプロフィールを見る。

このページでは、自己紹介当ブログの方向性を簡単に書いています。

初めてタイに行ったのは、忘れもしない2013年2月。

当時はフリーターとして生計を立てながら、全ての情熱を音楽に捧げる日々を送っていました。

そんな自分が友人に連れられ、なんとなく行ってみたタイ。

初めての海外旅行で自分の五感という五感全てが引き出され、新しい自分を発見したのを今でも鮮明に覚えています。

今まで知らなかった自分の一面を教えてくれた、愛すべきタイランド。

いつかはタイに関するブログを書こうと思い、2015年6月に当ブログをスタートしました。

バンコクの渋滞

経歴

19yy年

九州は大分で生まれ、福岡で育つ。

2002年

Japanese HipHop界最大の大御所であるキングギドラの2ndアルバム「最終兵器」に感化されDJを始める。

20yy年

親の仕事の都合で上京。昼は学校、夕方はバイト、夜はクラブに出歩く日々を繰り返し、バイト代の全てをレコードに使いながら、なんとか高校を卒業。

卒業後

東京で様々な業種の仕事を経験するが、都会での人間関係に疲れ20yy年に故郷である福岡に戻る。

2013年

初めて行ったタイで衝撃を受け、東南アジアでバックパッカーをする為、英語を勉強しながらお金を貯めて、1年間の旅にでる。

渡航先はタイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、インド。

2014年

1年間のバックパッカーライフを終え帰国。

2015年06月

当ブログ【結論】タイ一択。の運営をスタート。

2017年以降

1年の半分をタイで過ごし半分を日本で過ごすという生活をしています。

このブログについて

自分のように

  • タイ旅行に興味がある人
  • タイの魅力に取りつかれた人
  • 旅に出たくてしょうがないバックパッカーの人

そういった方々に、現地の観光地情報やおすすめの店、タイのカルチャーなどを発信していきます。

また、自分自身がバックパッカーや留学資金を貯めたリゾートバイトについての記事も最近加えています。

ブログ名の【結論】タイ一択。ですが

Twitterで交流があるフォロワー様と、タイの良さを語っていた際によく使っていたセリフを勝手に使わせて頂きました。


自分自身は、タイに完全移住する予定ですので、ゆくゆくはその事に関する記事も書いていきます。

当ブログが、少しでもあなたの旅行の役に立って頂ければ幸いです。

お互いタイを楽しみましょう!

マルディ

【結論】タイ一択。runbkk.net

タイ一択。を購読する。

当ブログは以下のサービスから購読できます。特に更新情報をリアルタイムでプッシュ通知してくれる Push7での購読がおすすめです。