シャングリラ ホテル バンコク。ホライゾンクルーズも楽しめるリバーサイドの高級ホテル。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の夜のプール

シャングリラ ホテル バンコク(Shangri La Hotel Bangkok)は、バンコク旧市街を南北に縦断するように流れるチャオプラヤー川沿い(通称リバーサイド)にある五つ星ホテルです。

バンコクにおいて抜群に知名度が高いホテルの一つなので、初めてのバンコク旅行の滞在先にシャングリラを検討している人も多いでしょう。

 

シャングリラ ホテル バンコクは、リバーサイドエリアのホテルの中では最もBTS サパーンタクシンに近いです。
(敷地内からBTSへ直接行ける。詳細は後述)

シャングリラ ホテル バンコクの地図

そのため、立地重視で選ぶのならおすすめのホテルと言えます。

客層は家族連れが6割を占めていて、日本人も多く見かけました。

プールなどホテル施設が充実しているので、子連れ旅行には特におすすめです。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のプール

 

今回の記事は、シャングリラ ホテル バンコクの宿泊レポートです。

シャングリラ ホテルが運営する大人気ディナークルーズ『ホライゾン』の様子や予約方法についても詳しく記載しています。

ホライゾンディナークルーズ

(シャングリラ ホテルが運営する人気ディナークルーズ『ホライゾン号』)

シャングリラ ホテルに宿泊する人は、是非ホライゾンのディナークルーズにも参加してみて欲しいです。

1泊の宿泊料金は18,000円前後です(シーズンによって変動あり)。サービスの質も高いので贅沢にタイ旅行を満喫できるでしょう。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の外観

(シャングリラ ホテル バンコクの外観)

シャングリラ ホテルは香港を拠点に置くシャングリ・ラ ホテルズ & リゾーツという世界的ホテルチェーンのブランドです。

同じくリバーサイドにあるヒルトンやシェラトンなどと言った高級ホテルとよく比較されていますが、個人的にはいずれのもホテルも五分五分といったところ。

  • 客室からチャオプラヤー川が望める
  • ホテル内でリゾート気分を味わえる充実した施設(レストランやバー、プールなど)
  • ホテルからアジアティークやサトーン船着場への無料送迎がある

上記のようなリバーサイドホテルならではのポイントは共通しています。

 

ただ、シャングリラには他のリバーサイドホテルより勝っている点もあって

  • ホテル敷地内から直接BTS サパーンタクシンに行ける
  • 人気ディナークルーズ『ホライゾン』の船着場がホテル内にある
  • 常駐ではないが日本人スタッフがいる
  • 部屋から日本語対応の電話が24時間可能

というメリットもあります。

海外旅行に慣れていない人にとっては過ごしやすいホテルです。

以下でホテル客室や設備を含めて詳しく紹介していきます。

客室

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室1

写真の客室タイプはデラックス(Deluxe)。広さは36平米です。

絨毯張りの室内に木製家具、「ザ・五つ星」と言ったいかにもな造りです。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のダブルベッド

ダブルベッド

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の窓

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室から見えるチャオプラヤー川

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室から見える夜景

客室の窓からはバッチリとチャオプラヤー川が望めます。夜景も素敵です。

一つ「失敗したな」と思ったのは、バルコニーがないこと。ホテル内は完全禁煙なので、タバコを吸うには1階まで降りなければいけません

喫煙者はバルコニー付きの部屋を予約すると良いです。バルコニー付きの宿泊料金は28,000円前後(シーズンにもよる)ですが、喫煙の度に1階まで降りる煩わしさを感じるよりマシです。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のバルコニー

(バルコニーからも景色を楽しめる)

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツにはバナナ、リンゴ、ンゴ(ランブータン)の3種類。

ンゴは初めて見たとき、ちょっと見た目がグロテクスだと感じましたが、食べてみると美味しいです。フルーツ好きは是非。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室2

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の作業デスク

大きな特徴はないですが、コンパクトにまとまっていて機能的な部屋です。

ちなみに、テレビで日本の番組はNHKのみ視聴可能です。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のホットライン

電話機には日本語のホットラインもあり。これは海外旅行に慣れていない人にとっては安心できます。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のクローゼット

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のセーフティボックス

アイロン台、アイロン、ガウン、セーフティボックスなど必要な物は一通り完備。

客室を360度見渡せるパノラマ写真

シャングリラ ホテル バンコクの客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

特別広いというわけではありませんが、十分な広さです。

バスルーム

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のバスルーム1

バスルームも広々していて使いやすかったのですが、個人的に良かったと思うのはアメニティ。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のアメニティ

日本人の宿泊客が多いからか、ちゃんと歯ブラシも完備しています。しかも、1本1本の色が違います。

ホテルの歯ブラシってどれも見た目が一緒で、誰が誰の歯ブラシか分からなくなることってないでしょうか。シャングリラの歯ブラシはそんな心配不要です。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のバスタブ

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のアメニティ

ゆったりとしたバスタブ。シャンプーやボディーソープ、コンディショナー、ドライヤーも全て完備しています。

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真

シャングリラ ホテル バンコクのバスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ピカピカで水周りは清潔。

大きなプール

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のプール2

やはり五つ星ホテルに期待したいのはプール。

シャングリラ ホテル バンコクのプールは南国チックです。広々していて、周りにはヤシの木も植えられていて雰囲気は抜群。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のプール3

ホテルを囲むように高層ビルも何棟か建っているのも見えます。まるで都会のオアシスですね。

自分が泊まった時は日本人の家族連れが多く、子供がキャッキャッとはしゃいでいたのが微笑ましかったです。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のビーチェア

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のプールサイドマッサージ

チャオプラヤー川向きに設置されたビーチチェアーがあったり、プールサイドマッサージもあってリラックスできる場所です。

カクテルやドリンクの注文もできます。

サラティップでタイ舞踊を鑑賞しながら食事

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のサラティップ

プール近くにはタイ舞踊を見ながら食事できる有名レストラン「サラティップ(Salathip)」が併設されています。

サラティップのメニューは、ヤムソムオー(ยำส้มโอ/柑橘のタイ風サラダ)やマッサマンカレーなどの代表的なタイ料理が中心です。

サラティップのメニュー

メニュー詳細は公式サイトも参考に⇒サラティップのメニュー(英語サイト)

このサラティップは日本人宿泊客からとても評判が高く、シャングリラ以外に宿泊している人もわざわざ食べにくるほど。

席数が決まっているので要予約です。せっかくシャングリラに宿泊するのであればタイ舞踊を見ながらのディナーも楽しんでみてはいかがでしょうか。

予約は以下より可能です。

>>>サラティップの口コミ・予約ページ

さすが五つ星の豪華なロビー。BTS サパーンタクシンへ繋がる通路がある

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のチェックインロビー

ロビーも豪華。入った瞬間からテンションが高まります。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のロビー4

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のロビー2

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のロビー3

花も飾ってあって気持ち良いです。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のBTSサパーンタクシンへ繋がる通路

ロビーの複数ヶ所にはBTSサパーンタクシンへの方向を示す案内板があります。

案内板に沿って歩けば、ホテルからBTSサパーンタクシンへの所要時間は約5分。BTSサパーンタクシンはリバーサイドにある唯一のBTSです。

スクンビット方面をはじめとした繁華街へ行けるので、滞在中はBTSを効率的に活用して観光しましょう。

シャングリラ運営の『ホライゾン』チャオプラヤー川ディナークルーズ

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のホライゾンディナークルーズ2

シャングリラホテルが人気の理由の一つでもあるのが、『ホライゾン(Horizon)」という名の船でのディナークルーズ。

1時間30分ほどのビュッフェ形式ディナークルーズで、シャングリラ ホテル バンコク敷地内にある船着場を出発した後、チャオプラヤー川を北上します。

ワット・アルンワット・プラケオラマ8世橋といった見応えあるスポットを通って、シャングリラへ戻ります。

ホライゾン号のクルーズコース

ホライゾンは要予約ですが、乗客がそれほど多くなくてゴミゴミしていません。

各グループのテーブルが近くないので、自分達だけの世界の中でゆったりとクルーズを楽しめるのがメリット。

料理も美味しくて、デッキに出て景色を楽しむことも可能です。何より出発地点と到着地点がシャングリラの敷地内なので楽。

 

以下でクルーズの様子や予約方法も詳しく解説します(予約は1人2,200バーツ)。

シャングリラに宿泊するなら絶対に参加すべきと言える楽しいクルーズです。

ディナークルーズ

ホライゾンの乗り口

ホライゾンの船着場はプールの近くにあります。

ロビーや周辺にはホライゾンの船着場の場所を示す案内板があるので迷うことなる行けるでしょう。

 

ホライゾンの客席

ホライゾンのテーブル席

船内。予約時に席の指定はできませんが、そもそもの席数が多くないので、どのグループも必ず窓側に座れます。

自分達が座ったのは1階でしたが、デッキに出なくとも外の景色を思う存分楽しめました。

ホライゾンの2階席

2階の席はこんな感じ。

他グループとのテーブル間隔が近くないのが嬉しい点です。周りを気にせず楽しめます。

ホライゾンのウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクで乾杯

 

ホライゾンのビュッフェ1

ホライゾンのビュッフェ2

ホライゾンのビュッフェ3

料理はタイ料理、洋食、寿司・刺身、サラダなどが中心。

タイ料理はパッキーマオやガパオ、マッサマンカレー、トムヤムクンなど日本人にもお馴染みで食べやすい物が中心。

洋食はポテトや牛シチューなど。基本的に全て甘い味付けなので食べやすいです。「めちゃくちゃ美味い!信じられん!」というほどではありませんが、観光客向けレストランと同等の味。

ホライゾンのシャンパン

ドリンクは別会計です。

シンハビールやAsahiビールは1本250バーツ、ワイン各種(グラス)400バーツ前後、ソフトドリンク160バーツ前後、カクテル各種(グラス)300バーツ前後、シャンパン1杯800バーツなど。

自分達は4人でシャンパンもビールも飲んだので、お酒代だけで6,000バーツほどしましたが、ビールやカクテルを食事の合間に少し飲むくらいなら、ドリンク代の予算は1人1,000バーツ以内で済むでしょう。

ディナークルーズはシチュエーションが最高なのでお酒が進みます。

クルーズ中の見所。ライトアップされたワット・アルンは見逃すことなかれ

ホライゾンのデッキ

クルーズ中はワット・アルンやワット・プラケオ等の見所が近くなると、英語でのアナウンスが入ります。

席からでも見所を見ることはできますが、料理を食べ終えていたらデッキに出て見るのもありです。

ライトアップされたワット・アルン

ライトアップされたワット・アルン。幻想的です。

夜のワット・プラケオ

夜のワット・プラケオ。黄金に輝いています。

ウィチャイ・プラシット砦

ウィチャイ・プラシット砦

夜のラマ8世橋

最後にラマ8世橋を越えた後、Uターンしてシャングリラ ホテルへ戻ります。

トイレと喫煙スペース

ホライゾンのトイレ

ホライゾンの喫煙スペース

綺麗なトイレと狭いですが喫煙スペースもあります。結構快適に過ごせるディナークルーズです。

ホライゾンの予約方法

ホライゾン号のディナークルーズは、ホテルでも予約可能ですが、旅行代理店を通して予約しておくのがおすすめ。

なぜなら、ホテルでの予約だと1人2,400バーツですが、旅行代理店を通せば2,200バーツで予約できるからです。

>>>ホライゾンのディナークルーズ予約ページ

予約後は、メールにて送付される以下バウチャーのPDFを持参するだけです。

ホライゾンの予約バウチャー

旅行代理店を通せば、催行会社への緊急連絡も日本語で可能です。海外旅行に慣れていない人であれば、ますます安心でしょう。

シャングリラ ホテル バンコクへの行き方

シャングリラ ホテル バンコクの最寄り駅はBTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)です。

BTS サパーンタクシン

(丸で囲んでいるのがBTS サパーンタクシン)

BTS サパーンタクシンからシャングリラ ホテル バンコクへの距離は約500m、徒歩にして6分ほどです。

BTS サパーンタクシンからアクセスする場合、まず3番出口を出ます。

BTS サパーンタクシン駅の3番出口

駅を降りると目の前に通り(チャルンクルン通り)があるので左折します。

チャルンクルン通り

チャルンクルン通りを200mほど直進すると、左手にチャルンクルン Soi 44(Charoen Krung 44 Alley)という通りが伸びています。

チャルンクルン Soi 44へ入ると、前方にシャングリラ ホテル バンコクが見えます。

チャルンクルン Soi44から見えるシャングリラ ホテル バンコク

チャルンクルン Soi44を含め、シャングリラ ホテル バンコクの周辺にはマッサージ屋やローカルな安食堂も多いです。散策してみると安い金額でくつろげる場所が結構あります。

以下はBTS サパーンタクシンからシャングリラ ホテル バンコクへの行き方を記した地図

BTS サパーンタクシンからシャングリラホテルへの行き方

 

ちなみに、シャングリラ ホテル バンコクの入り口では、空港のような手荷物検査があります。

変に疑われるような怪しい物は持ち込まないよう要注意。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)入り口の手荷物検査

タクシー等で行く場合は「シャングリラ ホテル」とだけ伝えればOK

バンコクにシャングリラ系列のホテルはシャングリラ ホテル バンコクしかありません。

また、シャングリラ ホテル バンコクは1986年から運営していてそこそこに歴史もあるため有名です。

昨日今日タクシードライバーを始めたような新人でもない限り、「シャングリラ ホテル」とだけ伝えれば必ず理解してもらえます。

自分がカオサンやスクンビット界隈からタクシーを捕まえた時も、「シャングリラ ホテル」と言うだけで十分行き先を理解してもらえました。

毎日が楽しいリバーサイドホテル

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室から見えるプール

シャングリラ ホテル バンコクはリゾート感のある大きなプールがあったりホライゾンディナークルーズへ気軽に参加できたりで、毎日を楽しく過ごせるホテルでした。

BTS サパーンタクシンから近く、BTSを使っての観光にも便利です。

リバーサイドホテルの中ではかなり海外旅行初心者に優しいホテルなので、バンコクに慣れていなくて且つリバーサイドでの滞在を検討している人にはおすすめと言えるでしょう。

滞在の際は是非ホライゾンのディナークルーズも合わせて楽しんで頂ければと思います。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

 

その他のおすすめリバーサイドホテルについては、以下の記事も参考にどうぞ。

チャオプラヤー川と夕日
バンコクのリバーサイドで絶対に泊まるべきおすすめホテル9選。格安〜高級まで。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。