ソイカウボーイに近いJF無料のおすすめホテル6軒を紹介。夜遊びを網羅しよう。

ソイカウボーイ

ソイカウボーイ周辺は、バンコクにおけるショッピングスポットにもあたる場所なので、多くの旅行者向けホテルが点在しています。

その中で、ジョイナーフィー(JF ※宿泊客以外の女性を連れ込む際のチャージ料)が発生しない夜遊び向けと言えるホテルの宿泊料金は、一番安くて3,000円程度〜高級ホテルで10,000円前後します。

ジョイナーフィーの発生有無に目をつむれば、ホテルの選択技は限りなく広くなりますが、女性を連れてくる際に毎度チャージ料を取られると出費がかさんでしまいます。

そのため、ジョイナーフィー無料のホテルに宿泊しておく方が良いです。

 

今回は、ソイカウボーイから徒歩でアクセスできるジョイナーフィー無料のホテルを、格安〜高級の順番で6軒に絞って紹介します。

是非参考にどうぞ。

ソイカウボーイ周辺のホテル

この記事で紹介するホテルは、以下地図の番号14〜8の場所にあります。

<地図の使い方>

  • 地図を大画面で見るには、右上の「」を押します
  • 地図を縮小・拡大するには、右下の+と−を押します
  • ソイカウボーイは緑色のラインです
  • 本記事で紹介するホテルは番号1番号4〜8の6軒です
  • 赤の買い物カゴマークはターミナル21です
  • その他は周辺のレストラン等です

<本記事で紹介するホテル>

下記リンクからも、それぞれのホテルの宿泊料金詳細・予約確認が可能です。

宿泊料金にかんしては、シーズンによって変動するおそれがあるのでご注意下さい。

また、旅行当日に近ければ近いほど、料金が値上がりする傾向があるので、早めに予約する方が良いです。

以下で格安〜高級の順にホテルを紹介していきます。

ジョイナーフィー(JF)とは

ジョイナーフィーとは、冒頭で少し触れましたが、宿泊客以外の女性を連れ込む際に発生するチャージ料です。詳細は以下を参考にどうぞ。

バンコク内にある多くのホテルでは、予約している宿泊客以外の人を自室に連れ込む際に、ジョイナーフィー(JF)というチャージ料が発生する場合があります。

これは、常識的に考えれば日本でも当たり前ですが、ホテル側が宿泊客以外の人を素通りするのを認めるわけにはいかないからです。

その為、女性をホテルへ連れ込んだ際は、女性はフロントにて身分証を提出しコピーを取られます。そして、男性はジョイナーフィーを支払うのが一般的です。

通常、ジョイナーフィーは500〜1000バーツ程度ですが、中には2000バーツも請求するホテルもあります。

 

ただ、今回紹介するホテルは、全てジョイナーフィーが発生しないホテルです。

しかし、予約時には宿泊者数を念押しして「大人2名」にしておくのがおすすめです

大人2名

2名にしておけば、間違ってもジョイナーフィーが発生することはありません。

おすすめの格安ホテル

<番号4>ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のエントランス

(ウェルネス レジデンスのエントランス)

ソイカウボーイ入り口(アソーク交差点側)の目と鼻の先にある格安ホテル。ソイカウボーイ入り口から徒歩で1分です。

格安且つ立地が良いので、シーズンによっては1ヶ月先でも予約で埋まっていることもあります。気に入ったら早めに予約するのがおすすめです。

決してホテルライフを楽しめる作りではありませんが、寝る・夜遊びのみが目的の方であれば気にならないレベルです。

 

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)の客室1 ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)の客室2

写真の客室タイプはスーペリア (Superior)。客室の広さは25㎡。客室に窓はありませんが、狭苦しくない広さです。

作業机やテレビ、大きめのクローゼットと冷蔵庫を完備しています。

 

スーペリアの客室なら、シーズンにもよりますが、宿泊料金は1泊3,000円程度です。

窓付きの部屋がいい方は、ワンランク上のタイ スーぺリア (Thai Superior)に宿泊すると良いです。300円〜500円しか上がりませんが、窓付きで10㎡広くなります。

 

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のベッド

ベッド。寝心地は良かったです。

 

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のクローゼット

収納は広めです。スーツケースや街歩きバッグが余裕で入ります。

セーフィティボックスも付いています。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

ウェルネス レジデンス 客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

 

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のシャワールーム1 ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のシャワールーム3

シャンプー・バスジェル類は一通り揃っています。歯ブラシだけ持参もしくは購入すれば問題ありません。

お湯は問題なく出ます。シャワーを浴びるのに不便はないですが、近くにある便座は濡れていました。

水周りに特に不衛生さは感じませんでした。

 

シャワールームを360度見渡せるパノラマ写真。

ウェルネス レジデンス シャワールーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)の共用部1 ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のエレベーター

共用部とエレベーター。客室を含めホテル全体には清潔感があり、サッパリとした雰囲気。

 

ソイカウボーイ入り口からウェルネス レジデンスまでの距離

ホテルはソイカウボーイからアソーク交差点側(シティバンクがある側)に出て、50m程度の場所にあります。

ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)のセブンイレブン

入り口横にはセブンイレブンが併設されています。

この時は外観の塗り替え作業が行われていたため、足場が組まれていました。今は作業も完了して綺麗になっています。

 

ソイカウボーイから歩いて帰れるので、ショートでも使えるのは楽でした。

個人的には、さすがに窓くらいは付いている方が幾分快適に過ごせるので、タイ スーぺリア (Thai Superior)タイプに宿泊するのをおすすめします。

タイ スーぺリア (Thai Superior)であっても、ソイカウボーイ周辺では特別安いJF無料ホテルなので、宿泊費を限りなく抑えたい方は是非。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)

<番号8>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の外観

ソイカウボーイをsoi 23方面に出て(クレイジーハウスがある方向)、スクンビット通りを向かい側に渡った場所にある格安ホテル。

一番安いスーペリアルームだと1泊約3,000円です。

時期によっては料金が2,500円近くまで落ちます。更に予算を絞りたい人は料金を一度確認してみて下さい。

格安なので、帰国日の搭乗時間までの間に使う荷物置き場としても使えます。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の客室1 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の客室2

写真の客室はスーペリア (Superior)。広さは21㎡

入り口から正面にベッド、右手にシャワールームがあります。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の収納 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の冷蔵庫

クローゼット、小型冷蔵庫、セーフィティボックスなどは完備。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)のシャワールーム ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のシャワールーム1

シャワールーム

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の廊下 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のエントランス

共用部やエントランスはとても簡素な作り。

受付の人が深夜になるとソファーで寝ていることがあるので、用がある時は起こさなくてはいけませんでした。

普通のホテルでは考えられない対応ですが、格安ホテルならではと思える懐を持っておくのが大事なのかもしれませんね。

ただ、愛想は良かったので、対応に不快感はありませんでした。

窓無しの部屋だったせいか、スクンビット通りの騒音が届きませんでした。

 

料金を確認してみて、値段が落ちていれば泊まってみるのもありです。

>>>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

おすすめの中級ホテル

<番号5>タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)

タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)の外観

1泊4,500円〜5,000円程度の宿泊料金で、ソイカウボーイから歩いて3分程度という立地の安定したホテル。

ソイカウボーイ周辺の中では日本人宿泊客が多く、夜遊び旅行者に割と人気です。

ただ、中国人団体客が泊まっていることもあり、エレベーターで一緒になることがあります。気にしない方におすすめします。

この点を除けば、コストパフォーマンスが高く魅力的です。

 

タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)の客室1 タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)の客室2

写真の客室はデラックス (Deluxe)。広さは38㎡

タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)の客室は、シングルベッド2台のスーペリアか、ダブルベッド1台のデラックスの2種類です。夜遊びが目的ならデラックスの方が良いでしょう。

部屋は五つ星ホテル程大きいわけではありませんが、場所を取らない程度に家具が配置されているため広々と感じます。

 

 タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)のソファー

ソファーと作業机。禁煙なのは惜しいですが、ソファーがある分くつろげるのはありがたい。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

タイパン ホテル 客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

中級ホテルでこの広さとゆとりは中々。部屋に入るまでは期待していなかっただけに、良い意味で裏切られました。

 

タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)の冷蔵庫 タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)のクローゼット

冷蔵庫とクローゼット

 

タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)のバスルーム1 タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)のバスルーム2

バスタブ付き。写真だと見えにくいですが、二人で浸かれる広さです。バスタブでイチャイチャするのも楽しいです。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

タイパン ホテル バスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

シャンプーや石鹸は完備しています。

 

タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)のエントランス1 タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)のエントランス2

エントランス。朝食会場も1階に併設されています。

ホテル受付のスタッフは、中国人の団体客に疲れていたのか愛想は良くありませんでした。また、チェックイン時間によっては中国人団体客とかぶり、30分ほど待つこともあるのが難点。

こうした中国人絡みの点を除けば、値段の割に部屋が広くて、ソイカウボーイへの抜群のアクセスには魅力を感じました。

日本人の夜遊び観光客からも人気が高く、リピーターが多いのにも納得です。

そこそこの予算で、良い部屋に泊まりたい方は是非。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)

<番号6>レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)の外観

ソイカウボーイから徒歩5分、Soi14という通りの中にある中級ホテル。

清潔感のあるシンプルでコンパクトな客室が特徴です。

日本人の方が出張での滞在に使っていることも多く、自分が宿泊した時もスーツ姿の日本人サラリーマンを3名ほど見かけました。

1泊3,000円〜4,000円という手頃な宿泊料金が魅力。

 

レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)の客室1 レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)の客室2

写真の客室はスタンダード ツイン (Standard Twin)。広さは14㎡です。

同じ料金でダブルベッド1台のスタンダート ダブルもあります。夜遊び目的の方はスタンダート ダブルに宿泊するのが良いでしょう。

どちらの部屋タイプでも部屋の広さは一緒です。

 

スタンダード ダブルまたはツイン (Standard Double or Twin)の客室3

冷蔵庫を除いて、セーフィティボックス、作業机、WiFi、薄型テレビなどは全て完備。快適に過ごせました。

 

スタンダード ダブルまたはツイン (Standard Double or Twin)のシャワールーム1 スタンダード ダブルまたはツイン (Standard Double or Twin)のシャワールーム2

シャワールーム

 

スタンダード ダブルまたはツイン (Standard Double or Twin)のエントランス1 スタンダード ダブルまたはツイン (Standard Double or Twin)のエントランス2

エントランスは若者受けしそうな現代風の作りです。

スタッフの対応は概ね良く、帰りに空港までのタクシーを頼んだらすぐに呼んでくれました。

ある程度の清潔感があって手頃な料金のホテルに泊まりたい方に向いていると思います。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

おすすめの高級ホテル

<番号1>マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の外観

ソイカウボーイから徒歩5分、Soi18という通りの中にある高級ホテル。

ホテル目の前には数軒のマッサージ、レストランがあります。朝になると屋台も出店するので、ちょっとした食べ歩きや休憩に困らない環境です。

1泊7,000円〜8,000円と少々値は張りますが、金額に見合った満足感を得られました。

高層階からは景色がのぞめるので、宿泊の際は高層階希望にチェックを入れておくのがおすすめです。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の客室3 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のソファー

写真の客室はスタジオ スタンダード (studio standard)。広さは34㎡

入り口から手前にキッチンとシャワールーム、奥にベッドルームがあるというシンプルな設計です。

客室には上写真のようなソファーがあり、ここでくつろいだりお気に入りの子とイチャイチャできます。

 

スタジオ スタンダード (studio standard)のベッド

キングベッド

 

スタジオ スタンダード (studio standard)の客室4

ベッドルームから向かって右側にキッチン、左側にシャワールーム。シャワールームの前には全身鏡もあります。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のシャワールーム1 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のシャワールーム2

スタジオ スタンダートはバスタブ無しです。浴槽が欲しい人はスタジオ スーペリア以上のクラスに宿泊するとバスタブ有りになります。

スタジオ スタンダートとスタジオ スーペリアの料金差は300バーツ程度です。入浴タイムを楽しみたい人は、是非スタジオ スーペリアを。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の朝食会場 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のプール マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のトレーニングジム

朝食会場、プール、トレーニングジム。高級ホテルだけあってホテル内の設備は中々良いです。

ホテルライフも楽しみたい人は、充実した時間を過ごせるでしょう。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18は、エントランスとエレベーターホールが別々の場所にあるため、IDのチェックをしません。

IDチェックは、連れてきた女性が万が一盗難などの犯罪を起こさないよう抑止力にもなっています。

ただ、ホテル内の通路やエレベーターの中には監視カメラもあります。

そのため、店に勤めている子を連れてくるのに心配はいらないですが、路上にいる子を連れてくるのは注意が必要かと思います。

非常にゆったりとした時間を過ごせるホテルですが、上記の点だけは気を緩めず滞在しましょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>マイトリア ホテル スクンビット 18 (Maitria Hotel Sukhumvit 18)

<番号7>ジャスミン シティ ホテル (Jasmine City Hotel)

ジャスミンシティホテルの入り口

ソイカウボーイからSoi23方向(クレイジーハウスがある方向)を出て、目の前の大型高級ホテル。

ソイカウボーイで働く女の子の間でも有名で、連れてくると喜ばれます。

シーズンを外せば1泊7,000円〜8,000円で宿泊できるので、予算が合う方には是非おすすめしたいです。

ホテルの入り口にはラーメン屋、イタリアンレストラン、スターバックスなどのチェーン店が併設されています。また、BTS アソークから徒歩1分程度の立地にあるので利便性が高いです。

 

ジャスミンシティホテルの客室1 ジャスミンシティホテルの客室2

写真の客室はスーペリア スタジオ (Superior Studio)。広さは34㎡です。客室内の配色や家具に高級感と落ち着きがあります。リラックスできる雰囲気でした。

ジャスミン シティ ホテルも高層階から良い景色が見えるので、予約の際は高層階希望にチェックを入れておくのがおすすめです。

ジャスミンシティホテル 客室8

(客室からはアソークの街並みとBTSが見えた)

 

ジャスミンシティホテル 客室4

客室の構成は、入り口から右側にシャワールーム、左に簡易キッチン、奥にベッドルームがあります。

談話スペースもあります。コーヒーを飲みながらリラックスできました。

ジャスミンシティホテル 客室5

談話スペース

 

ジャスミンシティホテル シャワールーム1 ジャスミンシティホテル シャワールーム2

バスルーム。バスタブはもちろん二人で浸かれる広さ。しかもジャグジー付きでした。

 

BTS アソークからジャスミン シティ ホテルへのアクセスは非常に簡単です。バンコク自体が初めての人でも迷うことなく行けます。

具体的なアクセス方法については、以下の順路を参考にどうぞ。

まず、BTS アソークの6番出口方向を目指します。

BTS アソーク 6番出口

駅の連結通路を直進します。

BTS アソークの連結通路

突き当たりまで直進したら、左手の階段を降りてBTS プロンポン方面へ直進します。

BTS アソークからジャスミンシティホテルへの道

100mほど直進すると、左手にジャスミン シティ ホテルが見えます。

ジャスミンシティホテルの外観

ホテルのエントランスは1階の奥にあります。中に入ると、エントランスまでの案内板があるので突き進みましょう。

 

ホテルスタッフには日本人もいるので、英語・タイ語が話せない人でもあまり心配いらないです。

朝食は美味しく、まるで日本の高級ホテルに滞在しているかのようなクオリティを味わえました。

一つだけ懸念なのは、人気が高いため料金の変動が激しいという点です。

数ヶ月先の予約であれば最低価格で泊まれますが、数週間あるいは1ヶ月程度先の予約だと、場合によっては通常よりやや高めになる可能性があります。

そのため、予約は早めに取っておく方が良いです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ジャスミン シティ ホテル (Jasmine City Hotel)

ソイカウボーイとナナプラザの中間にあるホテル

ソイカウボーイで遊ぶことが目的の人の中には、ナナプラザへ遊びに行く人も多いかと思います。

上記6軒のホテルは、ナナプラザへのアクセスも約1km(徒歩12〜3分程度)なので、ナナプラザで遊びたい人でもアクセスに不便を感じることはありません。

しかし、さらにフットワークを軽くしたい人や、両方に近い場所に泊まりたいという人には、ソイカウボーイとナナプラザの中間にあるホテルに泊まるのもありです。

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の外観

以前も紹介したガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)というホテルは、丁度両遊び場の中間にあります。上記に当てはまる人には利便性の高いホテルです。

ガリレア10周辺

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の場所。

東にソイカウボーイ、西にナナプラザ、北にテーメーカフェがあり丁度トライアングルの頂点の場所に位置しています。

いずれの場所も夜遊び目的の旅行者には欠かせない場所なので、これらの場所を包括して遊び倒すには便利な滞在先です。

 

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの客室1

(雰囲気は若者受けしやすいデザインホテル)

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの詳細についても、以下記事で詳しくレビューしているので、こちらも是非ホテル選びの参考にどうぞ。

>>>ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)

アソークのおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介していくよ。
(ターミナル21)アソーク(Asok)とはアソーク(Asok)とは、バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)アソーク駅と、MRT(地下鉄)スクンビット駅周辺一帯のエリアを指します。(ピンクの丸で囲まれている部分がアソーク駅とスクンビット駅。両駅は隣り合わせにある...

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の外観

ソイカウボーイとナナプラザの中間と言えば、テーメーカフェが有名ですね。

そのテーメーカフェの上にあるホテルがルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)です。立地と宿泊料金を考慮すると、実はかなりコストパフォーマンスに優れています。

宿泊料金はシーズンにもよりますが、1泊なんと3,000円〜4,000円程度。ホテルの作りがやや古いのは否めませんが、JF無料ですので、コストを抑えるには最適なホテルの一つです。

 

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の客室1

デラックスルーム (Deluxe Room)の客室。広さは23㎡。WiFiの繋がりがたまに悪くなるのが気になりましたが、タイでスマートフォンを使う方法でも書いたSIMカードやレンタルWiFiを使用すれば問題ないです。

清潔度は普通です。不快感はありません。

きちんと清掃はしているようで、都会にある安ホテルなのに虫が出たり水漏れがないのも良い点と言えます(通常、バンコクの安ホテルは都心になるほど清潔さに欠ける)。

 

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の客室2

湯沸かしポッドや冷蔵庫の備え付けもあります。

 

スタジオルーム (Studio Room)のシャワールーム1 スタジオルーム (Studio Room)のシャワールーム2

シャワールーム

 

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)のエントランス

エントランス。スタッフは愛想が良くて、程より距離感を保ってくれます。

夜遊び目的の男性客が多いのをスタッフは理解しているので、女性を連れていくのに恥ずかしがることはありません。

 

一番安いグレードの部屋でスタジオルーム (Studio Room)があり、宿泊料金は1泊3,000円程度で泊まれます。

ただ、スタジオルーム (Studio Room)は、広さがゲストハウスとほぼ変わらないのと、時間利用の際に使う部屋なので、人によっては気分があまり良くないかと思います。

そのため、できればデラックスルーム (Deluxe Room)に泊まる方が良いでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)

紹介したホテルのまとめ

今回紹介したホテルのまとめです。

<番号4>ウェルネス レジデンス (Wellness Residence)

ウェルネス レジデンス 客室1
  • ソイカウボーイから最も近い(徒歩2分もかからない)場所にあるホテル
  • 夜遊び旅行者のためのホテル
  • 便利な立地にあるうえ、宿泊料金が安いのが魅力

<番号8>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の外観
  • ソイカウボーイ付近、スクンビット道路沿いにある格安ホテル
  • シーズンによっては2,500円程度で宿泊できるのが魅力
  • 帰国日の搭乗時間までの荷物置き場としても使える

<番号5>タイパン ホテル (Tai-Pan Hotel)

タイパン ホテル 客室1
  • ソイカウボーイから200m(徒歩3〜4分)の場所にあるホテル
  • 夜遊びを抜きにしても概ね満足出来るグレードの客室なのが魅力
  • 宿泊料金と比較すると大変満足できる

<番号6>レッド プラネット ホテル アソーク バンコク (Red Planet Hotel Asoke Bangkok)

レッドプラネットホテルアソーク 客室1
  • コンパクトだが清潔感があるお洒落なビジネス風ホテル
  • ホテルのデザインにも凝る人におすすめ
  • アソーク駅目の前なので他エリアへのアクセスも便利

<番号1>マイトリア ホテル スクンビット 18 (Maitria Hotel Sukhumvit 18)

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の客室2
  • ホテル目の前の並びにマッサージやレストランが連なっている
  • トレーニングジムやプールなどのホテル内設備も整っていてホテルライフそのものを楽しめる
  • IDチェックがないのでお店の子以外を連れてくる時は注意しておこう

<番号7>ジャスミン シティ ホテル (Jasmine City Hotel)

ジャスミンシティホテルの入り口
  • ソイカウボーイで働く女の子からも人気の大型高級ホテル
  • ホテル1階にレストランやスターバックスもあり利便性が高い
  • クレイジーハウスから近距離にあるので、徹底して夜遊びを楽しめる

 

【関連記事】

その他の夜遊びエリアのおすすめホテルは、以下の記事も参考にどうぞ。

ナナプラザ周辺のJF無料のおすすめホテル。

タニヤ通り・パッポン通り近くのJF無料のおすすめホテル。

タニヤ通り・パッポン通り近くで夜遊びに使えるおすすめホテル(JF無料)を紹介するよ。
(タニヤ通り。日本語で書かれた看板がたくさん)タニヤ通りとパッポンは、バンコクを代表する夜遊びスポットです。二つのエリアはBTS サラデーン(と、MRT シーロム)から徒歩1〜5分程度でアクセスできる場所にあります。周辺のホテルに滞在しておけば、タニヤ通りにもパッポ...

プロンポン周辺のJF無料のおすすめホテル。

プロンポン周辺のおすすめホテルをJF無料から家族連れ、カップル向けまで幅広く紹介。
(プロンポン soi 33/1。日本語名の飲食店が連なる通り)プロンポンのホテルは、繁華街のホテルよりも宿泊費が若干安いです。またプロンポンはナナやアソークといった繁華街から近く、ショッピングモールやレストランも多いので、滞在に便利なエリアです。バンコク旅行の経験が...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です