バンコクのバイヨークスカイ ホテル。宿泊完全レポート。

バイヨークの外観

バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel)

バンコクで一番存在感のある建物といえば、バイヨークスカイ ホテルを挙げる人は多いと思います。

バイヨークスカイ ホテルは1998年に建造されたホテルで、建物の高さはアンテナを加えると343.35mに及びます(ちなみに東京タワーは332.6m)。

バンコクに行ったことがある方なら、そびえ立つバイヨークを見て「なんだあの建物は?」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

遠くから見たバイヨークスカイホテル

(遠くから見たバイヨークスカイホテル。とてつもなく高い)

今回は、以前からいつかは泊まってみたいと思っていたバイヨークスカイホテルに宿泊してきましたので、実際のところどんなホテルなのかをレポートします。

バイヨークへの宿泊を検討している方は是非参考にして下さい。

バイヨークスカイホテル

階層

センターポイントプラトゥーナムの部屋から見える景色

(バイヨークスカイタワーの外観)

バイヨークスカイホテルの階層は以下のような構造になっています。

  • 64〜74階:客室 スペースゾーン(Space Zone)
  • 46〜63階:客室 スカイゾーン(Sky Zone)
  • 22〜45階:客室 スーペリアスタンダートゾーン(Superior Standard Zone)
  • 18〜21階:ヘルス&フィットネスクラブ
  • 17階:ミーティングルーム
  • 15〜16階:オフィス
  • 1〜14階:駐車場

客室があるのは22階〜74階の間です。

75階から最上階である85階までは展望台やレストランが入っています。

バイヨークのエレベーター

(バイヨークのエレベーター。階数が多い為、籠によって行ける階数が分けられていました)

客室

自分が泊まった部屋は38階のスーペリアスタンダートゾーン(朝食付き)です。

部屋の広さは32㎡でした

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel) ★★★★☆ http://www.agoda.com/ja-jp/baiyoke-sky-hotel/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 blog → https://runbkk.net youtube → https://goo.gl/pTxlGW #BaiyokeSkyHotel #rooftopbar #bangkok #thailand #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

書斎は部屋の奥にあります。

バイヨークスカイホテル。客室の書斎 バイヨーク。客室の作業机

執筆作業や旅程を練り込む時は、集中できるスペースになるでしょう。

 

中級以上のホテルで当たり前となっているサービスは全て揃っています。室内には無料の水2本とインスタントコーヒーなどが置いてありました。

バイヨークスカイホテルの無料サービス

 

下の戸棚には小型の冷蔵庫が収納されています。

バイヨークスカイホテルの冷蔵庫

 

クローゼットは書斎の横にあります。中にセキュリティボックスも設置されていますのでパスポートの管理は安心です。

バイヨークスカイホテルの部屋。クローゼット。 バイヨークのセキュリティボックス

バスルーム

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel) ★★★★☆ http://www.agoda.com/ja-jp/baiyoke-sky-hotel/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 blog → https://runbkk.net youtube → https://goo.gl/pTxlGW #BaiyokeSkyHotel #rooftopbar #bangkok #thailand #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

洗面台にシャンプー・リンス・ボディソープなどの基本的なアメニティ、歯ブラシと歯磨き粉も置いています。

バイヨークスカイホテルのアメニティ

 

シャワールームと浴槽は別々になっていました。

通常は浴槽にもシャワーヘッドが付いていることが多いですが、バイヨークの浴槽は完全にリラックスすることだけを目的とした作りなので、シャワーヘッドはついていません。

バイヨークのシャワールーム バイヨークのバスタブ

客室から見える景色

一番気になる部屋からの景色ですが、非常に素晴らしかったです。

バイヨークスカイホテルの客室から見える景色 バイヨークスカイホテル。客室から見える景色02

高所から街を見渡すというのはとても気持ちいいものです。ましてや巨大都市バンコクであればより一層気持ちが高ぶります。明日からまた頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

スカイゾーン、スペースゾーンの客室であれば更に素晴らしい景色を眺めることができるでしょう。

もっと高所からの景色を眺めたいという方には、後述する上階にあるスカイバーからもバンコクが一望できます。

バイヨークスカイホテル内の施設

施設内には屋外プールやマッサージを始め、ゴルフの打ちっぱなしやヘアサロンなど、あらゆる施設が併設されています。

youtubeチャンネル登録(subscuribe)→ https://goo.gl/pTxlGW バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel) ★★★★☆ http://www.agoda.com/ja-jp/baiyoke-sky-hotel/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 blog → https://runbkk.net #BaiyokeSkyHotel #rooftopbar #bangkok #thailand #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

(ホテル内。ロビー)

短い滞在期間でしたので、施設全ては利用しませんでした。

なので、自分が実際に見て回れた部分のみを紹介したいと思います。

バイヨークゴルフレンジ

バイヨークスカイホテルのゴルフ

受付がある18階にて併設されている練習場です。

30ヤードで座席は6席の小さめな練習場です。本格的に練習する場所というより、遊びで少し打つ場所です。

バイヨークのレンジ

18階と言えど、周辺には他に高層ビルがないので眺めは素敵でした。

同じ場所にカフェと喫煙所も併設されています。男性が打ちっ放しに集中している間、女性は美味しいカクテルを堪能して待つことができます。

バイヨークスカイホテルのカフェ

(カフェで注文したビール、サービスでポップコーンがついてくる。)

The roof top bar

バイヨークのスカイバー01

スカイバーはバイヨークスカイホテルの83階に併設されています。

こちらはルブアホテルのスカイバーとは異なり屋根付きのバーでした。(ルブアホテルのスカイバーについては「バンコクのスカイバー。ハングオーバー2に出てきたロケ地を紹介。」をご覧下さい。)

バー内にはダンスホールもあり、DJがEDM(エレクトロニック ダンス ミュージック)をかけています。

夜景のみを楽しむバーと言うより、夜景も楽しめるクラブと言う方が表現としては近いかもしれません。

youtubeチャンネル登録(subscuribe)→ https://goo.gl/pTxlGW バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel) ★★★★☆ http://www.agoda.com/ja-jp/baiyoke-sky-hotel/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 blog → https://runbkk.net #BaiyokeSkyHotel #rooftopbar #bangkok #thailand #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

肝心の夜景は、もちろん客室から見える光景より素晴らしかったです。

バイヨークのスカイバー03 ルーフトップバーから見える景色

 

ドリンクは1杯150バーツ程度です。夜景だけでも見に行く価値はあります。

バイヨークで飲んだドリンク

 

ただ、入場の際は以下のドレスコード3点に注意して下さい。

  • ハーフパンツ禁止
  • サンダル禁止
  • 過度に肌を露出した服装禁止

尚、スカイバーの営業時間は毎日18:00〜01:00までです。

朝食会場

朝食は78階と82階のレストランで食べられます。朝食会場からもバンコクを一望できるので、朝からワクワク感がとまりません。

バイヨーク。朝食会場

 

肝心の料理ですが、今まで宿泊したタイのホテルの中で一番種類が豊富でした。選びきれないほどです。

バイヨークの朝食会場02 バイヨークの朝食会場03 バイヨークのブレクファスト

朝食はビュッフェスタイルとなっています。タイ料理はもちろん、一般的な洋食、和食、中華などを選べました。

 

選びに選んで自分が食べたのは以下写真の料理です。

バイヨークの朝食01 バイヨークの朝食02

選択肢があまりにも多いと、人間最後は自分が普段から食べている料理に落ち着いてしまうものですね。

ショップ

受付がある18階にはお土産屋、ファミリーマート、果物屋などが併設されています。ホテル内にコンビニが併設されているのは非常に便利です。買い出しの為に外に行く必要がありません。宿泊中は何度も行っていました。

フルーツバフェット

(果物屋。美味しそうな果物とスイーツがたくさん並んでいるのでついつい食べたくなってしまいます。)

 

バイヨークスカイホテル ファミリーマート

(ホテル内にはファミリマートも併設されている)

バイヨークスカイホテルの場所

バイヨークスカイホテルの場所は、以下MAPの番号1です。

地図はフルスクリーンを押して(右上のカッコ)見るとわかりやすいです。

各アイコンをクリックすると各施設の詳細が表示されます。

スワンナプーム国際空港からバイヨークスカイホテルまでのアクセス

スワンナプーム空港からであればタクシーかエアポートレールリンクになります。

エアポートレールリンクであればラーチャプラロップ駅(Ratchaprarop)の1番出口を降りて下さい。

出口目の前の踏切を渡ります。

バイヨークまでの行き方

 

右側の歩道を200メートル程直進すると下写真の陸橋にあたりますので、ここを右折して下さい。

バイヨークまでの行き方02

 

右折後はまっすぐ直進すれば右手にバイヨークスカイホテルが見えます。

バイヨークへの行き方03

(周辺は観光バスなどがたくさん停車している)

 

空港からタクシーで行く場合、およその料金は250バーツです。

エアポートレールリンクを利用するより割高ですが、タクシーだと旅行カバンを持って歩く必要がありません。

スワンナプーム国際空港からタクシー・エアポートレールリンクを利用する際は以下の記事が参考になります。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方。【タクシーor電車で】

各交通機関の発着場所の記載と空港内で最もレートの良い両替所も紹介しています

 

ドンムアン空港からタクシー等でのアクセス方法については以下記事を参考にどうぞ。

ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。おすすめはタクシー。
ドンムアン空港からバンコク市内への距離は約30kmです。空港からバンコク市内へ行くには、以下いずれかの交通機関を利用することになります。各交通機関への乗り場は、いずれも空港1階、到着口のあるフロアにあります。到着口正面に各乗り場へのゲートがずらっと並んでいるとイ...

ホテルの予約・確認

今回の宿泊費はスーペリアスタンダート朝食付き(superior standard zone)で8,013円でした。

1万円をきったのは驚きです。このレベルのホテルが1万円をきるというのは日本ではありえないでしょう。

物価の安いタイだからこそ味わえる贅沢だと思います。

バンコクでバイヨーク以下のグレードのホテルに泊まる場合、ホテルにもよりますが料金の差額としては実際のところ2〜3,000円程度です。

であれば、少しくらい奮発してバイヨークに泊まるのは、素敵な思いをするために間違いない選択だったと言えます。

 

ホテルの予約・料金の確認は以下リンクより可能です。是非バンコク一の高層ホテルを堪能してみて下さい。

>>>バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel)

それでは素敵な旅行を楽しみましょう。

バイヨークスカイホテルを含めて、バンコクのエリア別おすすめホテルをまとめている以下の記事も参考にどうぞ。

バンコクで"絶対に"おすすめのホテルとは?エリアごとに人気のホテルを全て紹介。
(バンコクの街並み)バンコクを初めて訪れる旅行者が滞在を楽しめるエリアは、一般的に以下4つのエリアとされています。 高層ビルや日本食レストランが立ち並ぶ利便性の高いスクンビットエリア ショッピングモールが連なり買い物を楽しめるサイアム・プラトゥーナムエリア ...
バイヨークスカイホテルの外観

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です