今すぐチェック!バンコクのおすすめホテルガイド

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)。2022年に開業したカオサンで一番洗練されたホテル。

このページのURLをコピーする

この記事には広告を含む場合があります。広告の場合は、紹介している「商品の購入」「サービスの利用」によって、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のアイキャッチ画像

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel Bangkok)は、カオサン通りから2本横の「タニ通り(Tani Road)」にて、2022年に開業したホテルです。

カオサン通りまでの距離は、徒歩たったの4分(距離約400m)。

筆者はこれまでカオサン通りのおすすめホテル記事で紹介しているように、カオサンエリアでは様々なホテルに宿泊しましたが、1泊1万円以下かつカオサンから徒歩圏内で最も洗練されたおすすめホテルはどこか?と聞かれたら、このザ エンバー ホテルを1番おすすめします。

ホテルの特徴
  • 築浅なので施設全体が綺麗
  • 部屋も共用部分もお洒落なデザイン
  • カオサンから2本離れた通りに位置しているので騒音が届かない
  • ルーフトップバー設備
  • 1泊6,000円台と手頃な料金
  • 客室タイプによってはバルコニー付き

以前紹介したカサ ビマヤ リバーサイドも、川沿いかつバスタブ付きなのでおすすめですが、お洒落で洗練されたホテルをカオサンエリアで探している人は、ザ エンバー ホテルに泊まってみてはいかがでしょうか。

1人旅にもカップル旅行にも最適です。

MEMO
  • チェックイン開始時間 / 14:00
  • チェックイン最終時間 / 23:00
  • チェックアウト最終時間 / 12:00

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel Bangkok)

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の外観

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の入り口

(ホテルの入り口)

ホテル周辺はコンビニや飲食店、露店やマッサージ店など、旅行中に必要なものが全て揃っています。

また、カオサン周辺なので夜中でも人通りが多いのもメリット。

女性一人旅で夜遅くまでカオサンで飲んで、千鳥足の状態でも安全に帰れる環境です。

 

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のチェックインロビー

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のチェックインロビー2

ホテル内に入ると、少し薄暗いチェックインカウンター通路が伸びています。

中では耳あたりのよい四つ打ちのハウス・ミュージックが流れていて、まるでバーのような雰囲気。洒落ています。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のホテル内通路

ホテル内の通路はこんな感じ。通路内でもエアコンが効いていて、涼しいのが良い。

また、小ぢんまりとしたホテルでありながらエレベーターが2台設備されているのも良かったです。

小さなことですが、こういったことで快適度が増し、結果ホテル滞在の満足度が上がります。

ウェルカムドリンクでアルコールが貰えるのもGOOD

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクは、併設レストランもしくは後述するルーフトップバーで飲めます。

普通のジュースも飲めますが、カクテルもあったのが良かったです。筆者達は2人で滞在していたので、一人がレストランで1杯、もう1杯をルーフトップバーで飲みました。

デラックスルーム(Deluxe Room)

今回、筆者が宿泊した客室タイプはデラックス ルーム(Deluxe Room)。広さは20平米です。

1人旅用の広さですが、寝るだけなら2人でもぎりぎり大丈夫かな?といった広さ。実際、筆者は彼女と2人で滞在できました。

 

ただ、20平米なのでくつろげるスペースはないです。あくまで寝るだけ。

しかし、客室は綺麗で洗練されていて雰囲気は良いです。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)1

部屋に入って正面にラゲージラック、冷蔵庫、ハンガー、ガウン、セーフティボックスなどを備えた棚があります。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)2

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)3

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)4

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)デラックス ルーム(Deluxe Room)のベッド脇コンセント

ベッド脇には照明スイッチとコンセントあり

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のデラックス ルーム(Deluxe Room)5

少々変わったレイアウトですが、特に不便はありません。

強いて言えばバルコニーとパソコン作業できるデスクがあればもっと良かったかな…と思ったくらいです。

 

ただ、ベッドはふかふかですし、なにより築浅なだけあって部屋全体が綺麗なのが良い。

部屋には電子ケトルや無料の水、コーヒーも完備しています。

シャワールーム

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)デラックス ルーム(Deluxe Room)のシャワールーム1

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)デラックス ルーム(Deluxe Room)のシャワールーム2

水周りもピカピカです。お湯の出具合も問題なし。シャワーブースにレインシャワーヘッドが付いているのも良いです。

 

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のアメニティ

アメニティ
  • 歯ブラシセット
  • くし
  • 綿棒
  • サニタリーバッグ
  • シャワーキャップ

アメニティで不足していたのは、男性目線だと髭剃りくらいです。髭剃りは持参するか近くのセブンイレブンで購入しましょう。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付けの物を使います。

ドライヤーも完備。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)デラックス ルーム(Deluxe Room)のシャワールーム2

トイレ側はこんな感じ。

ルーフトップバーでライブ演奏を楽しむ

屋上(6階)では毎日17時からサンセットライブが行われています。

 

カオサンには賑やかなレストランやライブバーが多いため、大音量で音楽を楽しみたいのであればホテルのルーフトップバーよりもカオサンのライブバーに行く方が楽しめるでしょう。

しかし、上述したウェルカムドリンクをルーフトップバーでも飲めるので、せっかくならルーフトップで無料のカクテルを片手に音楽を嗜むたしなのがおすすめです。

筆者達もルーフトップバーでカクテルのウェルカムドリンクを頂きました。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のルーフトップバー

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のルーフトップバー2

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のルーフトップバーでライブ中のアーティスト

ルーフトップバー。結構お客さんが多いです。

同行者と普通に会話できるくらいの、ほどよい音量でのライブ演奏なのが良かったです。

カオサンで音楽が流れているレストランやバーは、同行者と会話できないくらい大音量ですからね。。。

 

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のルーフトップバーで飲んだウェルカムカクテルとビール

ウェルカムドリンク。筆者はチェックイン時に1杯貰ったので、ビールを注文。

ライブ演奏を聴きながらしっぽりと飲むアルコールは最高ですね。ザ エンバー ホテルに宿泊した際は、是非ルーフトップバーでウェルカムカクテルを飲みましょう。

フィットネスジム

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のフィットネスジム

旅行中に利用する人は少ないかと思いますが、一応フィットネスジムも設備されているので紹介します。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)のフィットネスジム2

かなり小さなジムです。

完備しているのは、有酸素マシンが2台、ダンベルベンチ1台、ダンベル各種のみ。

 

その他、タオルや無料の水があります。

ジム自体が小さいですし、マシンの数も全然ないので、ジムには期待しない方が良いです。

朝食が美味しい!

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食会場1

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食会場2

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食会場3

(朝食会場もお洒落)

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食アラカルトメニュー

朝食はアラカルト。6種類もあるので滞在中に朝食に飽きることはないでしょう。

ここの朝食は美味しいので、朝食付きで予約するのも良し。

 

その他、サラダやトースト類はセルフになっています。

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食ビュッフェ1

ムーピン(豚串焼き)

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食ビュッフェ2

クロワッサンやトースト類

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食ビュッフェ3

サラダ

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食で飲んだホットラテ

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の朝食

今回、筆者が食べたのは「TANI BIG BREAKFAST」。まあ普通のアメリカンブレックファーストです。

味は中々よし。特筆するような朝食ではありませんが、朝食付きで予約しても全然良いでしょう。

なにより朝食会場の雰囲気がお洒落で良いので、朝から楽しい気分で1日をスタートできます。

ザ エンバー ホテルの場所

以下は、ザ エンバー ホテルの場所を記したGoogleMap。

ホテルの住所
  • 英語 / 19 Tani Road Talat Yot, Pha Nakhon, Khaosan, Bangkok, Thailand, 10200
  • タイ語 / 19 ถนนตานี ตลาดยอด พระนคร ข้าวสาร กรุงเทพ ไทย 10200

上述したように、カオサン通りまでは徒歩わずか4分です。

空港からホテルへのアクセス

バンコクの2つの空港「ドンムアン空港」「スワンナプーム空港」からは、それぞれカオサン通り行きのバスが出ています。

空港からのアクセスはバスを利用すると良いです。タクシーでもOKですが、バスの方が断然安いです。

(タクシーだと300〜350バーツほど。バスだと50〜180バーツ。)

バスはカオサン通りのほぼ目の前に到着します。到着場所からホテルまでは上述したように徒歩たったの4分なので、重いスーツケースがあっても無理なくホテルまでアクセスできるでしょう。

空港からカオサン通りへのアクセス方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

手頃でお洒落なホテル。一人旅に最適

ザ エンバー ホテル(The Ember Hotel)の客室

強いて残念な部分を挙げるとすれば、「バスタブがない」「プールがない」という2点です。

もし、同じくらいの値段でカオサンにて、バスタブ付きとプールがあるホテルを探しているのであればカサ ビマヤ リバーサイドの方がおすすめです。

部屋はコンパクトでも良し、モダンなデザインでカオサン近くで滞在したい人なら、ザ エンバー ホテルはかなりおすすめできます。

部屋の広さから言って、一人旅なら特に最適でしょう。

次回のバンコク旅行でカオサンに滞在する予定の人は、是非ザ エンバー ホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか。

その他、カオサン通りにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。エリアごとの特徴紹介とあわせて、コスパの高いホテルを厳選して紹介しています。

カオサンで食べたいおすすめグルメ・飲食店については、以下の記事を参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です