【たったの1,100円前後〜】バンコクの空港から市内ホテルまで荷物を配送できるサービス。

バンコクにある二つの空港(スワンナプームとドンムアン)には、手荷物をバンコク市内の指定ホテルへ配送してくれる「ベルラック(Bellugg)」という便利なサービスが存在します。

例えば下記時間においての空港到着時、貴重品以外の荷物をホテルへ配送して、身軽な状態になれます。

  • 早朝・深夜着
  • ホテルチェックイン時間前
    (バンコクのホテルチェックイン開始は大抵14時から)

荷物を配送依頼して、身軽な状態になれば、空港からそのまま観光や食事にり出せます。

重い荷物を持ち運び・管理する必要がありません。

早朝・深夜着や、ホテルチェックイン時間前に到着しても、バンコク滞在の時間を有意義に使えるのがベルラック配送サービスのメリットです。

ベルラックの配送時間
  • 0:00〜11:59までのお預かり / 17:00までにホテルへお届け
  • 12:00〜15:59までのお預かり / 21:00までにホテルへお届け
  • 16:00以降のお預かり / 翌日17:00までにホテルへお届け

そして、ベルラックの配送は1荷物につき1,100円前後で利用できるというリーズナブルな点が最大の魅力。

「たったの1,100円前後で重い荷物を管理するわずらわしさを解消できるのであれば、使わない手はない!」

というわけで今回、筆者は昼の12時にドンムアン空港に到着したため、ベルラックの配送サービスを利用してみました。

 

荷物の配送依頼後は、その足で観光や食事に行きました。

これは本当に便利。

ホテルにチェックインしたのは17時頃。

シャワーを浴びて一息ついた18時頃、良いタイミングで荷物が届きました。

ベルラックでは、従来の配送サービス同様にトラッキング(配達状況追跡)を確認できるため、安心感もあります。

ベルラックの配達状況追跡画面

(配達状況の追跡画面)

配送完了までの流れは至って単純。以下の通りです。

  1. 予約する
  2. 空港内ベルラックのカウンターで以下3点を提示する
    予約バウチャー
    パスポート
    ホテルの予約バウチャー(ホテルの住所が記載されていると良い)」
  3. 荷物を預ける
  4. ホテルに荷物が到着する

ゴルフバッグや大きなスーツケースなど、重い荷物がある人は是非利用してみましょう。

今回の記事では

  • 予約画面の入力方法
  • 配送依頼時に持参する物
  • ドンムアン空港・スワンナプーム空港内にあるベルラックカウンターの場所

について詳しく解説します。

ベルラック(Bellugg)の予約方法

まず、下記旅行代理店のリンクより、会員登録(無料)を済ませます。

会員登録を済ませた後、プランと利用日を選択します。

ベルラックのプラン選択画面

(プラン選択画面。ちなみに、逆にホテルから各空港への配送依頼も可能)

今回は「ドンムアン空港(DMK)からバンコク市内ホテルへお届け」を選択してみます。

ベルラックのプラン選択画面2

  • 配送する荷物の個数
  • 料金

を確認したら、「予約する」を選択しましょう。

「到着情報」「送迎情報」の入力内容

「予約する」を選択すると、

  • 予約者情報
  • 旅行者情報

を入力するページに移ります。

予約者情報と旅行者情報は、ご自身の氏名・パスポート番号等を入力するだけなので、疑問点はないでしょう。

分かりにくいのが、次の「到着情報」と「送迎情報」の入力内容。

ベルラックの「到着情報」と「送迎情報」の入力画面

まず、「到着情報」にある「ターミナル」に関しては以下を参考にTerminal番号を入力して下さい。

到着場所
  • ドンムアン空港の国際線 / Terminal 1
  • ドンムアン空港の国内線 / Terminal 2
  • スワンナプーム空港 / 国内・国際いずれもTerminal 1で良い

スワンナプーム空港のターミナルは一つしかありません。スワンナプーム空港到着予定の人は「Terminal 1」とだけ入力すればOK。

 

続いて、「送迎情報」にある「下車地点」

「下車地点」には、配送先のホテル名を入力すればOKです。

 

残りの情報を入力したら、支払いへ進みます。

支払い完了後、バウチャーが届く

KKdayのベルラック予約バウチャー

予約完了後、上写真のバウチャーが届きます。

バウチャーに記載されているURLより、トラッキング(配達情報追跡)情報も確認できるようになります。

当日、ベルラックのカウンターに持参する物

当日、空港内ベルラックカウンターで配送依頼するにあたって、以下の3点を持参しましょう。

  • ベルラックの予約バウチャー(上述)
  • ホテルの予約バウチャー(住所が記載されていると良い)
  • パスポート

ベルラックの予約バウチャーは、上述した物をプリントアウトもしくはスマホにPDF保存しておけばOKです。

ホテルの予約バウチャーは、カウンターのスタッフが確実に配送先を把握できるよう、住所が記載されたものをプリントアウトもしくはPDF保存しておきましょう。

筆者の場合はアゴダでホテル予約したので、ホテル予約後に発行される以下の住所付きPDFを持参しました。

アゴダのホテル予約バウチャー

(アゴダのホテル予約バウチャー。英語・タイ語でホテル名と住所が記載されている)

ただ、住所付きのバウチャーは最悪用意できなくても大丈夫です。

ホテル名とある程度の場所さえ分かっていれば、カウンターの係員がGoogle Mapを用いて一緒にホテルの場所を確認してくれます。

 

また、パスポートの提示も必要なので忘れずに。

スワンナプーム空港内ベルラック荷物配送カウンターの場所

スワンナプーム空港内のベルラックカウンターは、空港内地下1階、エアポートレールリンク(ARL)乗り場の近くにあります。

スワンナプーム空港のフロア案内板

「B FL」と記載のある地下1階へ降りましょう。

案内板には「Airport Rail Link」との記載があります。

スワンナプーム空港地下1階のエアポートレールリンク方向を示す案内板

地下1階に降りたら、電車マーク(エアポートレールリンク方向を示す)の案内板に従って進みましょう。

100mも歩くと、右手側に複数の両替所が並んでいます。

両替所が並んでいるエリアをさらに直進して抜けると、左手にベルラックのカウンターがあります。

スワンナプーム空港地下1階にあるベルラック(Bellugg)のカウンター

(ベルラックのカウンター。緑色の象のアイコンと「bellugg」の文字が記載されている)

カウンターで上述した持参物3点を提示しましょう。

係員と配送先のホテルを確認した上で荷物を預け、手続きは終わりです。

ドンムアン空港内ベルラック荷物配送カウンターの場所

ドンムアン空港内のベルラック荷物配送カウンターの場所は、少し分かりにくいです。

ドンムアン空港の2階、国際線(ターミナル1)と国内線(ターミナル1)の連絡通路内にあります。

注意しておきたいのは、ドンムアン空港内のベルラックカウンターは、スワンナプームと違ってベルラックのロゴやアイコンが記載されていないという点。

そのため、パッと見はベルラックの配送サービスを承っているかが分かりにくいです。

以下で場所を詳しく解説します。

 

ドンムアン空港1階(到着フロア)から行く場合、7番出口近くのエスカレーターを使って2階へ上がります。

ドンムアン空港1階の地図

(7番出口手前に2階へ上がるエスカレーターがある)

2階へ上がったら、右手に見える連絡通路を進みましょう。

連絡通路を約50m直進すると、左手にカウンターが見えます。

ドンムアン空港2階にあるベルラック荷物配送サービスのカウンター

(ベルラックのカウンター。「Left Baggage」との記載がある)

カウンターにはベルラックの表記はありませんが、スタッフにバウチャーを見せれば手続きしてくれます。

上述した持参物3点を提示し、後は荷物を預けるだけ。

後に、荷物がホテルに届きます。

ホテルによっては荷物が到着したことを知らせてくれない場合もあり

ベルラックの荷物配送サービスを利用してホテルに届いた筆者の荷物

(ホテルに届いた筆者の荷物。綺麗に梱包されていて傷一つ付いていなかった)

到着した荷物は、ホテルの受付スタッフが受け取ります。

ホテルスタッフが気の利いた人であれば、チェックイン時に(すでにチェックインしているなら客室に内線電話で)知らせてくれますが、知らせてくれないこともあるでしょう。

そのため、自身で上述したトラッキング(配達状況追跡)を見て、すでにホテルに到着しているか確認すると良いです。

ベルラックのトラッキング(配達状況追跡)画面2

配達状況追跡が「Ariived」になっていたら、すでに荷物がホテルへ届いているということ。

ホテルスタッフに確認して荷物を受け取りましょう。

パスポートなどの貴重品は預けないように!

万が一、盗難などに備えて、貴重品やパスポートは預けずに自分で持っておきましょう。

また、観光中にお金が足りない、ホテルチェックインしようとしたらパスポートがない…そんな状況になると面倒です。

ベルラックで配送を依頼するのは、あくまで衣類やゴルフバッグなどの貴重品以外の荷物にしておきましょう。

空港からホテルへの配送サービスは本当に便利!

(ベルラックのマスコットキャラクター「トンチャイ」)

バンコクには何度も来ていますが、こうした荷物配送サービスを利用したのは今回が初めて。

使ってみた感想としては、とにかく便利!

そして、何よりもたったの1,100円前後で配送できるという格安の料金。

本当に得した気分になれました。

早朝・深夜着、ホテルチェックインまで時間がある人なら使わない手はありません。

是非、荷物はホテルに配送して、その足でバンコク観光の時間を有意義に使ってみてはいかがでしょうか。

 

バンコクの各空港から市内へ行く交通手段については、以下の記事を参考にどうぞ。

スワンナプーム空港から市内へのアクセス方法アイキャッチ
スワンナプーム空港からバンコク市内への行き方は【タクシーか電車がおすすめ】
ドンムアン空港から市内への行き方アイキャッチ画像
ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。【結論】おすすめはタクシー。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)