キンプトン マーライ バンコク宿泊レビュー。東南アジア初進出のラグジュアリーホテルはスカイバーが特に良い。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のアイキャッチ画像

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)は、2020年10月に開業予定の五つ星ホテルです。

場所は、BTSチットロム(Chit Lom)から徒歩約10分程度。

バンコクに存在する五つ星ホテルの中では、面白い特徴を多々兼ね備えているホテルです。コロナが終わってタイ旅行が解禁したら泊まってみて欲しいです。

 

特徴
  • 1泊18,000〜20,000円前後
  • ペット宿泊可能
  • 40階に南国風の人気スカイバー「バーヤード」あり
  • 1階には緑多いガーデンテラス
  • 高層階からの夜景が良い

特にホテル40階にあるスカイバー「バーヤード」はおすすめの場所です。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)40階のバーヤード1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)40階のバーヤード2

「トロピカル」をテーマにしています。景色が良いのはもちろん、南国風の演出が良いです。

宿泊客以外の利用も可能(要予約)なので、バーヤードだけでも足を運んでみる価値ありです。

 

今回は、ホテル客室・施設の他、レジデンス(長期滞在用の部屋)も見学させてもらったので詳しくレビューします。

公式https://www.kimptonmaalaibangkok.com/

備考
  • 全館禁煙(バルコニーでも喫煙不可。喫煙は1階の喫煙所で)
  • ベビーベッド追加無料
  • ペットとの宿泊可能(追加料金無し)
  • チェックイン15:00〜 / チェックアウト12:00まで

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の外観

(ホテルの外観)

キンプトン マーライ バンコクは、米国発のラグジュアリーブティックホテルのブランドです。

世界43都市にホテルを展開していますが、東南アジアへの進出は、この度のバンコクが初。

ホテル全体の雰囲気を一言で表すと「モダン」。

派手すぎない色具合でまとめられていて、至る所にアートや職人手作りのインテリアが自然と溶け込んでいます。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のチェックインロビー1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のチェックインロビー2

チェックインカウンター。

チェックインするだけの場所なのに洒落すぎている。この時点で心を掴まれました。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のチェックインロビーにあるオブジェ1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のチェックインロビーにあるオブジェ2

ロビーにあるオブジェ。

上品なホテルです。全体的に派手さが無い落ち着いた配色だからでしょうか。

大人っぽいと言うか知的っぽいと言うか。個人的にはかなり好き。

 

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)1階のガーデン1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)1階のガーデン2

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)1階のガーデンにある蓮池

1階ガーデンテラスは特に雰囲気が良い。朝にガーデンへ出ると空気は美味しいし、癒しの空間です。

また、ホテル全体がペットルフレンドリーなので、ペットを連れた人を多々見かけます。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)1階のガーデンを散歩中の犬

(散歩中のワンコに癒されることもある。言っては何だが、やっぱり野良犬より可愛い)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1階にあるバー「クラフト(Craft)」)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1階にあるバー「クラフト(Craft)」)で飲んだビール

1階には洒落たバーレストラン「クラフト(CRAFT)」もあります。

しっぽりと飲める場所です。

ドラフトビール190バーツ。

 

他の五つ星ホテルに比べると18,000円前後の宿泊料金はやや高めに感じるかと思います。

しかし、この豪華なファシリティを体験すれば納得。

ホテル客室(3種類紹介)

1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室2

今回、筆者が宿泊した客室タイプは1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)。バルコニー付き

本来は長期滞在用の部屋ですが、1泊からのホテル利用も可能です。

他にも複数の客室を見学させて頂きましたが、個人的にはこの1ベッドルーム レジデンスが一番おすすめ。

 

まず、何と言っても部屋が広い(55平米)。しかもリビングとベッドルームに別れているので余計に広く感じます。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室3

ふかふかソファーとインテリアにも1日で愛着が湧きました。住みたい。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室に備えられている乾燥機能付き洗濯機と冷蔵庫とキッチン

レジデンス客室なので乾燥機能付き洗濯機やキッチンも完備。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室のベッドルーム

ベッドルーム。

 

レジデンス客室なのでセキュリティボックスやミニバーが備えられていないのが残念。

良くも悪くも長期滞在用の部屋です。

もう少しホテルらしい客室に滞在したい人は、後述するデラックスルームやエグゼクティブスイートに宿泊すると良いです。

 

ただ、個人的にこれまでタイで200軒以上のホテルに宿泊してきた筆者の感覚で言えば、このレジデンスルームのコスパはかなり高い。

「外資系ブランド」「立地良し」「客室50平米以上」「新築」で、1泊20,000円前後で宿泊できる部屋はそうそうないです。

 

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室のバスルーム1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室のバスルーム2

バスルームも広々。バスローブが謎にド派手で上流階級感が出ているのが好き。

 

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室のアメニティ

シャンプー・コンディショナー・ボディソープはタイの高級スパブランド「HARNN(ハーン)」。

 

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の1ベッドルーム レジデンス(One Bed Room Residence)客室から見える夜景

筆者が宿泊した客室の階数は26階。周辺には景色をさえぎる建物がないため、良い夜景が望めました。

26階でこれだけ景色が良いのですから、高層階の部屋の景色はもっと良いでしょう。

予約時には「高層階希望」のリクエストを出しておきましょう。

デラックスルーム(Deluxe Room)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のデラックスルーム1

他の客室の様子も気になっていたので見せてもらいました。まず、こちらはデラックスルーム(Deluxe Room)。一番スタンダードな部屋です。広さは48平米。

上述したレジデンスルームとの主な違いは、以下3点。

  • ミニバーとセキュリボックスがある
  • バルコニーがない
  • 絨毯張り

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のデラックスルームの窓

(大きな嵌め込み窓。オフィス街のような景色)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)デラックスルームのミニバー

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)デラックスルームのバスルーム

うん、良い部屋です。デラックスルームのバスタブも広々しています。

ただ、デラックスルームの宿泊料金は1泊18,000円前後。

であれば、個人的にはあと2,000円出してレジデンスルームに泊まる方が良いです。

とは言え、ミニバーが必要な人や(ちなみに筆者は都心のホテル滞在でミニバーは利用しない)、セキュリティボックスが必要な人はデラックスルームでも良いでしょう。

本気で凄い。エグゼクティブスイート(Executive Suite)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のエグゼクティブスイート(Executive Suite)のベッドルーム

せっかくなのでエグゼクティブスイートの部屋も見せてもらいました。1泊の宿泊料金はなんと34,000円前後。(バルコニー付き

ペニンシュラローズウッドバンコク並みの高さです。

ただ、キンプトンの方が凄いです。なんせ客室の広さが124平米もあります。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のエグゼクティブスイート(Executive Suite)のリビングルーム

客室に入ると広々としたリビングルームがお出迎え。これだけ広いのですから、子連れでの滞在もOK。

バルコニーもあってゆったりしています。

 

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のエグゼクティブスイート(Executive Suite)のバスルーム1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のエグゼクティブスイート(Executive Suite)のバスルーム2

バスルームだけでも格安ホテルの部屋くらいの広さがあります。

「こんなに広くて意味あるの?」と思われた方。是非一度泊まってみて欲しいです。

この無駄なほどに贅沢な空間が心に余裕を与えてくれます。贅沢な体験ほど、人の心に厚みと深みを与えてくれるものです。高級ホテルの醍醐味じゃありませんか。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のエグゼクティブスイート(Executive Suite)のバスタブ

バスタブ。ブラインドを開けて景色を見ながら湯船に浸かりたい。

 

雰囲気は上述したデラックスルームやレジデンスの部屋と変わりありません。ただ、倍以上の広さがあります。

広い部屋でのんびり滞在したい人におすすめ。同じような条件で他のホテルだったら確実に1泊4〜5万円はする部屋。

そう考えるとリーズナブル。

スカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」1

キンプトン マーライ バンコクのハイライトはホテル40階にあるスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」

近年、バンコクでは続々とスカイバーが登場していますが、それでもこのバーヤードには一度は足を運ぶ価値あり。

間違いなく、今後バンコクで日本人にも人気のスポットになるであろうバー。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」2

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」3

バンコクには大人な空間だったり高級感を売りにしているスカイバーが多いです。

しかし、バーヤードは南国感あふれるトロピカルな雰囲気を売りにしています。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」3

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」4

花に例えるとブーゲンビリアみたいな、輝く夏をイメージできるバーです。

インテリアの配色も良いのなんの。黄色のソファーや、バー内にある綺麗な花の色が合っています。

統一感があります。趣向が凝らされているのがよく分かる。この雰囲気は他のスカイバーにはありません。

スカイバーですがサメット島のビーチにあってもおかしくない雰囲気です。真夏の暑い日にデートで使いたい。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」にいるDJ

(DJもいる)

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」で食べた料理

提供している料理は、メキシカンとタイのフュージョン料理が中心。重くないタコスがトロピカルな雰囲気に合う合う。よく考えていらっしゃる。そして美味しいです。日本人が食べやすい味付けです。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」で飲んだビール

ビールもグイッと頂きます。幸せ。言うことなし。

メニューと料金
  • カクテル / 各280〜380バーツ
  • ドラフトビール / 各280〜390バーツ
  • モクテル(ノンアルコールカクテル)/ 各105〜188バーツ
  • その他ワインなどもあり

その他、料理も含めたメニューの詳細については、バーヤードの公式PDFを参考にどうぞ。

夜景が素敵な夜に行くのがおすすめ

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」の夜1

昼間の雰囲気も良いですが、バーと言えばやはり夜。夜になると、先述した南国感にロマンチックな雰囲気も加わります。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」の夜2

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のスカイバー「バーヤード(Bar.Yard)」から見える夜景

この夜景は特別。時間の都合が合えば、是非とも夜に訪れましょう。

バーヤード(Bar.Yard)の営業時間と予約について

  • 営業時間 / 火曜〜日曜の16:00〜0:00まで
  • 月曜は定休日
予約必須

筆者が訪れたのは平日でしたが、それでも予約しないと座れない状態でした。

そのため、曜日に関係なく予約必須と考えておいた方が良いです。

ホテルの宿泊者であっても予約必須です。ホテル宿泊者はフロント等でスタッフに席を確保してもらうと良いでしょう。

バーのみを利用する方は、バーヤード(Bar.Yard)の公式ページより連絡して予約をどうぞ。

バーヤードの更に詳しい様子については、以下の個別記事も参考にどうぞ。本当に素晴らしいバーです。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のルーフトップバー「バーヤード」1
バーヤード(Bar.Yard)はバンコク初のトロピカルをテーマにしたスカイバー。南国雰囲気が好きなら一見の価値あり。

プールとフィットネス

プールとフィットネスは3階にあります。

このホテルはフィットネスも凄いです。充実しています。フィットネスを滞在中に使う人は少ないでしょうが参考までに。

インフィニティプール

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のプール1

まずはプール。さすがキンプトン。インフィニティプールです。

ガーデンの緑が見えて良い景観。そこまで広くはありませんが、他グループがいても気にならない程度には広い。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のプール2

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のプールから見える景色

大型の高級ホテルで見かけるようなウォータースライダーやらジャグジーはありません。

シンプルなプール。でも、このシンプルさがかえって良いです。ガヤガヤしていない、やかましくない大人用のプールと言った雰囲気。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のプールにあるビーチチェア

まったりできるビーチチェア

フィットネスジム

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のフィットネスジム1

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のフィットネスジム2

ホテルのフィットネスにしては機材が充実しています。何より広々としているのが良い!

小規模の市営体育館なんかよりは使い心地が全然良いです。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のフィットネスジムにあるジョギングマシーン

ジョギングマシーン

 

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のフィットネスジムにあるサンドバッグ

サンドバッグとグローブもある

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)のフィットネスジムにいるトレーナー

マッチョなイケメントレーナーから指導もしてもらえる。

本格的なジムでびっくりしました。広くて居心地の良いジムでした。

キンプトン マーライ バンコクへの行き方と場所

以下はキンプトン マーライ バンコクの場所を記したGoogleMap

最寄りBTSのチットロム(Chit Lom)からの距離は約800m。徒歩10分程度。

歩けない距離ではありませんが、実際にスーツケースを持って歩いてみると、結構な汗をかきました。

また、交通量が多い割には所々歩道がない部分もあるので、スーツケースを持っての徒歩はおすすめしません。

そのため、空港からアクセスする場合はタクシーの利用がおすすめ

タクシー運転手には、「キンプトンマーライ」と言えば通じるかと思いますが、万が一通じなかった場合は、以下のホテル住所を見せると良いです。

住所
  • タイ語 / 78 ซอยต้นสน แขวงลุมพินี เขตปทุมวัน กรุงเทพฯ ประเทศไทย 10330
  • 英語 / 78 Soi Ton Son, Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok 10330
ホテルの電話番号

BTSチットロムから徒歩でアクセスする

BTSチットロムから徒歩でアクセスする場合。まず、BTSチットロムの4番出口を降ります。

BTSチットロムの4番出口

4番出口の階段を降りたら即Uターン。

BTSチットロムの4番出口の階段

Uターン後、直進して最初の信号を左折します。

最初の信号

左折後、約700m直進すると、左手にキンプトンマーライ バンコクの入り口が見えます。

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)の看板

(看板がある)

ペットとの宿泊は追加料金無し

旅行でタイに来る人にとっては殆ど関係ありませんが、タイに住んでいる人でペットと宿泊したい場合。

スタッフに話を伺ったところ、まず追加料金は発生しないとのこと。

ペットのサイズについては、基本的にはエレベーターに入るサイズであれば可能とのこと。ということはほぼ全てのペットがOKだと考えて良いでしょう。

ただ、念のため予約前にEメールもしくは電話で、可否の確認はしておいた方が良いかと思います。

詳細は公式サイトのペットフレンドリー(英語サイト)も参考にどうぞ。

バンコクのラグジュアリーブティックホテル

キンプトン マーライ バンコク(Kimpton Maa-Lai Bangkok)1階のガーデン3

(ホテル1階のガーデンテラス)

さすが宿泊料金が高いだけあって、施設や客室に関しては文句なしのホテルでした。

繰り返しになりますが、特に40階のスカイバーは最高。宿泊しない人も、スカイバーだけでも遊びに行ってみて欲しいです。

唯一の欠点は最寄りBTSから徒歩10分の距離があることくらい。とは言え、ホテル周辺にはモーターサイ(バイクタクシー)もいればタクシーの交通量もそこそこにあります。

滞在中に交通の面で不便は感じませんでした。グラブタクシー(使い方)も使えば問題なし。

また、ホテル周辺にはコンビニやレストランもあります。タイ旅行が初めての人でも不便ない環境です。

この記事を書いている2020年9月現在はコロナのせいでタイ旅行はできませんが、解禁したら高級ホテルが好きな人は是非。

この洗練された雰囲気は、ホテル好きなら絶対満足できます。さすがのキンプトンでした。

公式https://www.kimptonmaalaibangkok.com/

 

その他、バンコクにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事も参考にどうぞ。

エリアごとにコスパの高いホテルを紹介しています。

ペニンシュラバンコクのプール
バンコクで絶対におすすめのホテル。人気の7エリアから利便性が高いホテルだけを紹介。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。