スワンナプームのトランジットホテルと早朝・深夜便に使える空港近くのおすすめホテル。

スワンナプーム国際空港のオブジェ

(スワンナプーム国際空港コンコース内にある乳海攪拌にゅうかいかくはんの彫刻)

スワンナプーム国際空港の3階には24時間営業のレストランやカフェ、ファーストフード店や日本の新聞を扱う書店があります。

そのため、2時間〜3時間程度の待ち時間ならあっさりと過ごせるでしょう。

仮にトランジットが長時間であっても、昼間なら市内を観光できます。

 

しかし、トランジット時間が深夜かつ半日以上ともなると、空港内だけで時間を潰すのは少々きついです。

空港のベンチを確保して本でも読んで時間を潰せる人なら大丈夫ですが、例えば子連れの方など人によってはトランジットホテルを使う方が良い場合もあるでしょう。

空港内にはベンチの他にリクライニングチェアーが数台置いてありますが、常に先客がいて座れたためしがありません。空港内での野宿は難しいです。

スワンナプームのリクライニングチェアー

(空港内のリクライニングチェアー。座れたとしても隣に見知らぬ外国人がいて居心地は良くない)

また、バンコク旅行の初日に深夜到着した方や、翌早朝にバンコクを発つ方の中には、空港近くのホテルで1晩過ごしたい方もいるでしょう。

そこで今回の記事では、上記のような状況での利用におすすめの

  • スワンナプーム国際空港直結のトランジットホテル
  • 国際線コンコースにあるトランジットホテル(タイ入国不要)
  • 空港からタクシーで10分以内のおすすめホテル
  • 空港から5駅でアクセスできるエアポートレールリンク近くにあるホテル

の詳細を紹介していきます。

トランジットで長時間スワンナプーム国際空港に滞在する予定の方、バンコク旅行初日や帰国前日に空港近くに滞在したい方は宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

各ホテルの詳細は以下のリンクからも確認できるので、合わせて参考にして頂ければと思います。

スワンナプーム国際空港直結のトランジットホテル

空港直結のホテルへは、いずれも空港地下1階(エアポートレールリンク乗り場があるフロア)からアクセス可能です。

以下でホテルの詳細とアクセス方法について詳しく解説します。

ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート(Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport)

ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート(Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport)の外観

ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート(Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport)は、スワンナプーム国際空港に最も近いエアポートホテルです。

ホテル施設は豪華ですが、周辺には何もなく観光要素は皆無なので、寝るだけのホテルと考えておいた方が良いでしょう。

1泊の宿泊料金は15,000円前後。寝るだけの利用にしては少々高いのが欠点ですが、世界規模で展開するホテルチェーン「アコーホテルズ」が運営するブランドだけあってサービスや設備面における信頼性と安心感が高いです。

早朝発の人のために朝食ビュッフェがAM3:00から開始されるのも特徴的。

空港でコーヒーや朝食のための余分なタイバーツを使わずに済みます。

ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート(Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport)の客室

(ルームタイプ:スーペリアルーム キングベッド)

客室は1部屋35㎡ほどの大きさがあるので、1人〜2人滞在、また子連れでの滞在にも十分な広さです。

ホテル内にはプールやジム、キッズスペースも完備されているので、時間つぶしに困ることはありません。無料WiFiもあり。

ロビーなど含め、ホテル内設備には過不足がないため、不便なく滞在できます。ただ、やはりネックとなるのは高級五つ星ホテル顔負けの宿泊料金。

バンコク市内では1万5,000円も出せば、ヒルトンなどの高級ホテルに宿泊してもお釣りがきます。

そう考えると、個人的には割高かなという印象。

とは言え、空港直結でホテルらしいホテルは、ノボテル バンコク スワンナプーム エアポートのみです。

空港直結ゆえに、万一にも搭乗時間に遅れることがないので安心。地下通路で繋がっているので、雨が降っていても傘不要です。

利便性と安心感を優先する人にはおすすめのホテルですが、料金があまりにも高すぎると感じる人は、以下で紹介するカプセルホテルや空港周辺のホテルへの宿泊を検討してみても良いかもしれません。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ボクステル@スワンナプーム エアポート(Boxtel@Suvarnabhumi Airport)

ボクステル@スワンナプーム エアポート(Boxtel@Suvarnabhumi Airport)の外観

エアポートレールリンクの改札がある地下1階にある、寝ることだけに特化したカプセルホテル。

カプセルホテルなので、部屋にはベッドとコンセント、あと小さな机があるのみ。3時間〜4時間程度の仮眠を取るだけなら十分といった作り。

ボクステル@スワンナプーム エアポート(Boxtel@Suvarnabhumi Airport)のベッドルーム

安宿での宿泊経験がある人なら問題なく寝られるでしょう。人通りが少ない廊下にカプセルが並んでいるので騒音の心配もありません。

ただ、欠点としてはシャワールームがないこと(トイレは空港内トイレを使用できる)。そのため、ボディシートを持参しておくと良いです。

[amazonjs asin=”B01MUF0GJD” locale=”JP” title=”メンズビオレ 薬用デオドラントボディシート 清潔感のある石けんの香り 32枚”]

 

チェックインフロント横には、ちょっとした休憩スペースもあり。

ボクステル@スワンナプーム エアポート(Boxtel@Suvarnabhumi Airport)の休憩スペース

休憩スペースにもコンセントがあるので、パソコン作業可能です。

1泊の宿泊料金は4,000円前後。こちらも街中のゲストハウスやドミトリーに比べると高い料金ですが、空港内にあるという利便性を考えると許容できる範囲。

ただ、滞在時間は最大で4時間という制限付きなので要注意(20:00〜0:00、0:00〜4:00、4:00〜8:00というように滞在可能時間が分けられている)。

トランジット時間が5時間や6時間などの中途半端な時に利用すると良いでしょう。荷物置き場として使って、手ぶらで空港内を散策するのもあり。

ちなみに、基本的に1室1名ですが、身長100cm未満・年齢12歳以下の子供であれば同じ部屋に宿泊できます。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

空港内ホテルへの行き方

上記2軒のホテルは、いずれもターミナル地下1階に位置しています。両ホテルへ行くには、一旦タイへ入国する必要があります。

スワンナプーム国際空港内の案内板

タイ入国後、エスカレーターを降りてターミナルの地下1階へ行きます。空港内の案内板には、上写真のように「Airport Hotel」と書かれているので、すぐに分かるでしょう。

スワンナプーム国際空港内 エアポートホテルへの案内板

地下1階へ降りた後も、案内板が示す方向へ沿って歩くだけです。

 

エアポートレールリンクの改札近くまで歩くと、上で紹介したボクステル@スワンナプーム エアポートが見えます。

更に奥へ進むと、最初に紹介したノボテル バンコク スワンナプーム エアポートへ続く連絡通路の方向を示す案内板も見えます。

ノボテル バンコク スワンナプーム エアポート(Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airport)へ続く案内板

(ノボテル バンコク スワンナプーム エアポートの直結通路を示す案内板)

国際線コンコース内にあるトランジットホテル(タイ入国不要)

ミラクル トランジット ホテル(Miracle Transit Hotel)

ミラクル トランジット ホテル(Miracle Transit Hotel)のロビー

国際線コンコースG内にあるため、国際線⇔国際線乗り換え時にタイ入国することなく宿泊できる便利なホテル。

ただ、あくまで国際線コンコース内にあるので、国際線乗り換えの人専用です。

ホテル自体は寝るだけの質素な作りですが、1泊の宿泊料金が1万円を超えるので、国際線コンコース内に位置していることに余程のメリットを感じる人向けと言えるでしょう。

例えば、入国・出国審査の待ち時間が惜しいという人。

スワンナプーム国際空港はアセアンを代表するハブ空港だけあって、時間帯や日によっては入国・出国審査場にて大勢の外国人が並んでいます。

入国・出国するだけで1時間近くかかる場合もあるので、審査にかかる時間が惜しい人にとっては確かに便利と言えます。

コンコース内にあるので、ホテルを出て数分で搭乗口まで行けるメリットも大きいです。

その他、同行者に子供や高齢者がいて、空港内で負担なく寝泊まりしたい人なら利用価値があるでしょう。

ミラクル トランジット ホテル(Miracle Transit Hotel)の客室

(ルームタイプ:スーペリアルーム)

客室自体は普通のホテル。シャワールームや冷蔵庫、電子ポッド+無料のコーヒー類、朝食スペースなど最低限の設備はあります。

もう少し料金が安ければ良いのですが、上で述べたようなメリットを重要視する人なら満足できるでしょう。

 

ホテルが位置するコンコースGへは、コンコース内にあるフロア地図を参考に向かいます。

スワンナプーム国際空港 フロア地図1

スワンナプーム国際空港 フロア地図2

上写真は、ホテル最寄りに立つフロア地図の写真。

ホテルに隣接している大型ラウンジ「Miracle Lounge」の裏手にホテル入り口は位置しています。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

空港近くのおすすめホテル(タクシーで約10分)

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の外観

スワンナプーム スイートは、スワンナプーム国際空港から約6km、タクシーで10分以内の距離にある中級ホテルです。

空港から一度外に出る必要はありますが、宿泊料金や設備面を考慮すると、空港内外を含めて個人的に最もおすすめのホテル。

1泊の宿泊料金は3,000円〜5,000円前後。それほど高くない上に、客室は2人滞在までなら十分な広さがあります。

また、ホテル周辺には居酒屋やナイトマーケット、レストランなどの店舗数も充実しているため、空港近くとは言えタイ文化を感じられる環境です。

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の周辺道路

(ホテル周辺の道路。空港近くだが殺伐としておらず、人通りも多い)

ホテル屋上のレストランからは、スワンナプーム国際空港を発着する飛行機が眺められるのも良い。

 

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)のベッド

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の客室1

客室はごく普通の中級ホテルと言った作りですが、広さも十分にあり(28平米)、清潔。市街の同価格のホテルと比べても適正料金と言える内容です。

セーフティボックスなど、ホテル滞在に必要な物は一通り完備。WiFiも良好でサクサクYouTubeを見られました。

 

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)のシャワールーム

シャワールーム。歯ブラシ以外のアメニティは揃っています。水周りも清潔です。

 

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の屋上テラス

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の屋上テラスから見える景色

自分がこのホテルを気に入った最大の理由は、屋上のレストランテラスです。

空港近くだけあって、周辺には高層ビルなどが存在しません。そのため、屋上テラスからは空がバッチリ見えます。

また、スワンナプーム国際空港を発着する飛行機も眺められるのも良かったです。空港近くのホテルならではの光景。

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の屋上レストランで食べたご飯

屋上レストランで食べたご飯。メニューはタイ料理や洋食が中心です。

1品100バーツ前後。観光客向けの料金ですが、景色が良いので申し分ありません。

 

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)敷地内にあるオブジェ1

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)のプール

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の鯉池

その他、ホテル敷地内には広くはないですがプール設備もあり。鯉の池もあって雰囲気が良いです。

また、オーナーの趣味で様々なアニメや映画キャラクターのオブジェが置かれているのも面白い。

 

空港近くには「寝るだけ」のホテルが殆どですが、スワンナプーム スイートは数少ない空港近くでもタイ滞在時間を楽しめるホテルです。

宿泊プランの中にはホテル⇔空港の送迎サービスもが含まれている客室もあるので、タイが初めての人でも空港までのアクセスは安心でしょう。

スワンナプーム スイート(Suvarnabhumi Suite)の予約ページ

(往復空港送迎込と記載がある)

 

タクシーでホテルまで向かう場合は、スワンナプーム国際空港1階の7番出口を出て右にあるタクシー乗り場より24時間タクシーを利用できます。

スワンナプーム国際空港のタクシー乗り場

スワンナプーム国際空港のタクシー乗り場には、以下3つのレーンが存在します。

  • LARGE TAXI
  • REGULAR TAXI
  • SHORT DISTANCE(近距離専用)

スワンナプーム スイートは空港から6km程度なので、タクシーで向かう場合は「SHORT DISTANCE(近距離専用)」のレーンを利用しましょう。

空港からホテルまでの所要時間は10分程度。乗車料金は70バーツ〜80バーツです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

エアポートレールリンク「マッカサン駅」近くのホテル

エアポートレールリンク(ARL)とは、スワンナプーム国際空港とバンコク市街を繋ぐ高架鉄道です。

6:00〜24:30までの間、15分〜20分間隔で運行していて、空港⇔市街までは最大でも30分程度程度でアクセスできます。

乗車料金は距離によって異なりますが、最大でも45バーツ。

バンコク市街での観光を楽しみながらも、空港に近い場所に滞在したいという方は、エアポートレールリンクの駅近くに滞在するのがおすすめです。

バンコク路線地図

エアポートレールリンクの駅は、終点のパヤータイまで全部で7駅存在しますが、中でもおすすめの滞在地がマッカサン(Makkasan)周辺。

マッカサンはMRT(地下鉄)ペッチャブリー(Phetchaburi)駅への乗り換えが可能であることに加え、ペッチャブリー駅から繁華街であるアソーク/スクンビット(Asok/Sukhumvit)駅までは一駅でアクセスできます。

アソーク駅目の前にはレストランやマッサージ、ショッピングモールが多いので市内散策を楽しめるでしょう。

ターミナル21の外観

(アソークを代表するショッピングモール「ターミナル21」)

以下で紹介するFX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)は、マッカサン駅目の前に位置する中級ホテルです。

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)の外観

FX ホテル メトロリンク マッカサンは、エアポートレールリンクのマッカサン駅から徒歩2分の場所にある中級ホテルです。

1泊の宿泊料金は3,000円〜4,000円程度。

スワンナプーム国際空港への翌早朝便の搭乗を予定している人や、トランジット時間が長くてタイ滞在中に市内散策を楽しみたい人に利用されています。

ホテルの作りは日本のビジネスホテルとさほど変わりはなく、これと言った特徴はありません。しかし、小綺麗で過ごしやすいです。

なにより、エアポートレールリンクが目の前で、空港へも市街へも短時間でアクセスできるのがメリット。

 

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)の客室1

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)の客室2

写真の客室タイプはスーペリア(Superior)。広さは22平米です。

ベッドルームにクローゼットや作業デスク、冷蔵庫やテレビがあるだけのシンプルな部屋。

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)のクローゼット

クローゼット内にはガウンや室内スリッパ、ドライヤーの備えもあり。

 

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)のシャワールーム

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)のアメニティ

シャワールーム。シャンプーや石鹸、ボディーソープは完備。歯ブラシは持参するかホテル近くのコンビニで購入しましょう。

 

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)のカフェ

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)のプール

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)のジム

ホテル設備も日本のビジネスホテルとさほど変わりはありません。

1階にあるレストランカフェではPC作業が可能です。プールとジムに関しては、写真の通り小さくて狭いので大きな期待はできないでしょう。

実際、プールとジムを利用している人は一人もいませんでした。

やはりこのホテルは、エアポートレールリンクに近いというのが最大のメリットと言えます。

 

スワンナプーム国際空港からエアポートレールリンクを使ってマッカサン駅へ行くには、まず空港の地下1階へ行きます。

エアポートレールリンク乗り場の看板

空港内にはエアポートレールリンク(Airport Rail Link)の方向を示す案内板があらゆる場所に設置されているので、簡単に見つけられるでしょう。

 

地下1階のエアポートレールリンク乗り場には、英語表記の販売機があるので、行き先(Makkasan)を選択してチケットを購入するだけです。

シティラインの発券機画面

日本の電車と要領は同じなので困ることはないでしょう。

ホテル最寄りのマッカサンからペッチャブリー駅やアソーク/スクンビット駅へ乗り換えるのも、日本の電車と要領は全く同じです。

駅構内には、あらゆる場所に乗り換え場所を示す案内板があるので、案内板に沿って歩けば楽に乗り換えできます。

ペッチャブリ駅の方向を示す看板1

(MRT ペッチャブリー駅への乗り換え場所を示す案内板)

先述したように、エアポートレールリンクの稼働時間は6:00〜24:30までなので、空港に深夜到着する人や、ホテルを深夜にチェックアウトする人はタクシーを利用することになります。

そうなるとエアポートレールリンク近くというメリットを活かせられないので、深夜到着・深夜チェックアウトを予定している人は、上で紹介したホテルいずれかへの宿泊がおすすめ。

 

FX ホテル メトロリンク マッカサン(FX Hotel Metrolink Makkasan)の宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

スワンナプーム空港周辺のその他のホテル

スワンナプーム国際空港周辺には、上記で紹介した以外にもホテルが存在しています。

基本的には中級ホテルが多いですが、いずれも「寝るだけ」と割り切って利用するのが良いでしょう。

また、これはバンコクのホテル全般に言えることですが、予約なしの飛び込みで宿泊しようとすると、予約するより割高になることが多いので、必ず予約しておくことをおすすめします。

スワンナプーム周辺のホテル一覧は、以下より日付を入力して確認できるので参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です