【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

チャトリウム バンコクはリバーサイドでナンバーワンのコスパの高さ。部屋が広いから家族連れにもおすすめ!

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の外観

(チャトリウム ホテル リバーサイド バンコクの外観)

バンコクのリバーサイドは、バンコク屈指の高級ホテルグループエリアです。

どのホテルも1泊1万円以上するだけあって、ファシリティに優れています。

筆者はリバーサイドでの滞在が最近のお気に入り。

外資系・タイ資本に拘らずリバーサイドの高級ホテルを巡っている筆者ですが、滞在したホテルの中で「これはコスパが良い!」と思ったのが、今回の記事で紹介するチャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)です。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(以下チャトリウムホテル)の大きな特徴は以下の5点。

  • 部屋が広い(最低でも60平米以上)
  • 全室バルコニー付き
  • プールが大きい(小学校のプールくらいの大きさはある)
  • ウェルカムドリンクを上階のスカイバーで飲める
  • 1泊1万3千円〜(シーズンによって変動あり)
    オフシーズンだと1万円以下

特筆すべきは部屋の広さ。

60平米なんて、他のリバーサイドホテルだとスイートルームクラス。1泊2万円以上はしてもおかしくありません。

その上、全部屋にバルコニー付き。

リバーサイドホテルのバルコニーは優れた空間です。リバービューを楽しめるのはもちろん、心地良い風を感じられます。

家族連れにはピッタリなホテルでしょう。

それでいて、1泊1万円前後はありえないくらいのコスパの高さです

今回、筆者は以下の2部屋に宿泊してきました。

  • グランドルーム リバービュー(Grand Room River View) / 一番安いスタンダードな部屋
  • グランドスイート 1ベッドルーム リバービュー(Grand Suite 1 Bedroom Riverview) / リビング付きで70平米の部屋

以下では、チャトリウム ホテルの宿泊レポートとして、客室やホテル施設の設備を詳しく紹介していきます。

    MEMO

    バルコニーで喫煙可能です。

    部屋タイプにはそれぞれ「シティビュー」と「リバービュー」の2種類があります。

    リバービューの部屋でないと部屋からチャオプラヤー川が見えません。必ず「リバービュー」と付いた部屋に泊まりましょう。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の入り口

    (ホテルの入り口)

    「チャトリウム」って名前、日本では聞かないホテルブランドですよね。

    それもそのはずで、チャトリウムホテルは外資系ではなくタイ資本のホテルグループです。近年はタイ国内のみならずミャンマーのヤンゴンにも進出しています。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のチェックインレセプション

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のエントランスロビー

    (チェックインカウンターとエントランスロビー)

    外資にも引けを取らない豪華施設

    タイ資本と言っても、「ヒルトン」や「シャングリラ」などの名だたる外資系に引けを取らない造りです。

    ホテル内施設にはプールの他

    • フィットネスジム
    • 屋上スカイバー兼クラブラウンジ
    • リバービューテラスがあるレストラン
    • セブンイレブン
    • スターバックス
    • 日本食レストラン
    • BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)へ出航するシャトルボート船着場

    があります。コンビニがあるのは本当に便利。

    部屋の高いミニバーのお酒を飲まずにすみます。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のリバービューレストラン

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のリバービューレストランテラス席

    (リバービューレストラン)

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)敷地内の手入れされた植物

    (敷地内に植えられた植物は綺麗に手入れされている)

    無料シャトルボート

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の無料送迎ボート

    (ホテル⇔BTSサパーンタクシンを行き来する無料シャトルボート)

    運行時間
    • ホテルからBTSサパーンタクシンへの船は、朝6:00〜23:40の間15分〜30分に1本
    • BTSサパーンタクシンからホテルへの船は、朝6:05〜23:45の間15分〜30分に1本

    ただ、時間帯によっては30分も待たなければいけないので要注意。

    さあ出かけるぞとテンション高めで船着場まで来たのはいいものの、待ち時間が長くてイライラすることもあります。

    客室内には各船便の正確な時間を記載したタイムスケジュールがあるので必ずチェックしておきましょう。

    広さ60平米!グランドルーム リバービュー

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のグランドルーム リバービュー1

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のグランドルーム リバービュー2

    写真の客室はグランドルーム リバービュー(Grande Room River View)。広さは60平米です。

    まず部屋に入って素敵だと思ったのが、2枚にわたる大きな窓。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のグランドルーム リバービューの窓から見える景色

    部屋の中からでもチャオプラヤー川の景色がしっかりと見えます。

    チャトリム ホテルはチャオプラヤー川の湾曲部に建っているので、川の見え方がダイレクト。晴天の日なんかは青々した空も視界に入って清々しいことこの上なし。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのキングベッド

    フカフカのキングサイズベッド。大の字になって寝られます。

     

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのテレビ

    日本のテレビ番組はNHKのみ視聴可能。これで民放も視聴可能だったら最高でしたが。とは言え、NHKが見られるだけでも有難いです。

     

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のグランドルーム リバービュー3

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのキッチン

    コンドミニアム型のホテルなのでキッチンや電子レンジが設備されています(なぜか鍋やフライパンなどは完備されていない)。

    旅行中は特に使う機会はありませんが、自宅みたいな雰囲気で落ち着きました。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのミニバー

    ミニバー

     

    これだけ部屋が広いと、荷物を広げてもゆとりがあるのが嬉しいです。

    意外と高級ホテルでも一番ランクが低い部屋だと28平米くらいしかなくて、家族連れにはちょっと…というケースは珍しくありません。

    しかしチャトリウムは60平米。子供が少々走り回っても大丈夫なくらいの広さです。

     

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのバルコニー

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのバルコニーから見えるチャオプラヤー川

    バルコニーから見えるチャオプラヤー川の景色。風が気持ち良いのなんの。改めて抜群の立地と良い設計のホテルだなあと実感。

    バルコニーは、喫煙者にとっても有難いスペース。

    バスルーム

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのバスタブ

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのシャワーブース

    バスルームはシャワーブースが独立しているタイプ。特に不満はないのですが、強いて言えばバスタブにもシャワーヘッドがあると良かったかな。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューのシャワールーム洗面台

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のアメニティ

    アメニティは石鹸、シャンプー、ボディソープ、歯ブラシセット、シャワーキャップ、ボディーローションを完備。ドライヤーもあります。

    オフシーズンになると1泊7,000円台になることも

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドルーム リバービューの料金

    あくまでオフシーズン(4月中旬〜10月くらいまで)の料金ですが、驚くことに1泊7,000円台まで下がることもあります。

    これで7,000円台だったら即決して良いレベルです。1万円前後でも安いというのに。

    シンプルなデザインの部屋ですが、設備は上等です。

     

    ただ、次に紹介する「グランドスイート 1ベッドルーム リバービュー」は、もっと広いです。そしてお洒落。

    予算に余裕があるならグランドスイート 1ベッドルーム リバービューが絶対におすすめです。

    リビングもあるグランドスイート 1ベッドルーム リバービュー

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のグランドスイート 1ベッドルーム リバービュー

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のグランドスイート 1ベッドルーム リバービュー2

    こちらがグランドスイート 1ベッドルーム リバービューの客室。

    部屋に入ると広さ35平米ほどのリビングルームがあり、奥にベッドルームがある間取りです。

    リビングにはカラフルなクッションと絨毯、ソファーが完備されていてくつろげます。

    部屋全体の広さ自体は70平米です。

    上述したグランドリバービューより10平米広いだけですが、リビングとベッドルームに別れているからでしょうか、体感的には20平米ほど広く感じました。

    こちらの部屋も子供が走り回っても邪魔にならないくらい広々しています。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのソファーとテレビ

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのテーブルと椅子

    テーブルと椅子も完備。ゆったりと過ごせる造りの部屋です。

    ソファーに腰掛けて窓の方向に目をやると、やはりチャオプラヤー川の景色が見えます。

    広い部屋、ふかふかソファー、リバービュー。そして安い。

    これだけ揃っていたら不満は一つもありません。本当にいいこと尽くしのホテルです。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのキッチン

    グランドスイート 1ベッドルーム シティビューにもキッチンを完備しています。

    バルコニーでまったり

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのバルコニー

    バルコニーには椅子とテーブルを完備しています。

    川沿いで高層階だと虫が寄ってこないので、ここでビールを飲みながら何時間もまったり過ごせます。

    本当に景色が爽快。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのバルコニーから見えるチャオプラヤー川

    (バルコニーから見えるチャオプラヤー川)

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのバルコニーから見える夜景

    もちろん夜景も素敵です。キラキラしています。

    ハイライトはベッドルーム

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのベッドルーム1

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのベッドルームから見えるチャオプラヤー川

    ベッドルームもお洒落。

    大きなガラスがはめ込まれていて、カーテンを開けると目の前にチャオプラヤー川が広がっています。

    朝、目が覚めてカーテンを開けた時の爽快感は素晴らしいです。

    コーヒーを沸かし、ベッドルームの作業デスクもしくはバルコニーで、のんびり飲むコーヒーの味は格別。

    この部屋にはタイ人の彼女と二人で泊まりましたが、とてもテンションが上がりました。

    バスルーム

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのバスルーム

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)グランドスイート 1ベッドルーム リバービューのバスタブ

    バスルームは、シャワーブースとバスタブが別れているタイプ。

    もちろんバスタブは足を伸ばして湯船に浸かれる広さです。

    リバービューを堪能して、以下で紹介するホテル施設も堪能して、最後に湯船で疲れを取る。

    最高のホテルステイです。

    巨大なインフィニティプール

    五つ星ホテルの楽しみの一つと言えばプール。

    チャトリウムのホテルのプールは、南国チックでもなければ高層階にあるわけでもありません。

    しかし、大きいです。そしてインフィニティになっています。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のインフィニティプール1

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のインフィニティプール2

    長さ25メートルはあります。小学校のプールと同じくらいの大きさ。

    とにかく広々としていて、他の旅行者グループがいても気にならないのが良いです。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のインフィニティプールから見えるチャオプラヤー川

    しかも目の前にはチャオプラヤー川が見えます。

    先端がインフィニティプールのようになっていて、プールからだと水平線がチャオプラヤー川に溶け込んでいるように見える造り。爽快です。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のプールサイドバー

    プールサイドにはバーもあり。

     

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の子供用プール

    子供用の底が浅いプールも完備。

    大陸国の団体客を見かけることもなく、結構落ち着いた雰囲気でのんびりと過ごせるプールでした。

     

    ストイックにクロールでプールを往復して、疲れたらビーチチェアーで景色を楽しみながらカクテルを飲んで。リゾート気分を満喫。

    これぞ五つ星ホテルにだけ許される贅沢な時間です。

     

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のフィットネスジム

    プールがあるフロアにはフィットネスジムもあります。

    ウェルカムドリンクをスカイバーで贅沢に飲む

    チャトリウムホテルのウェルカムドリンクは変わっていて、チェックイン時に出されるのではなく

    • エントラスロビーのレストラン(7:00〜23:00)
    • ホテルのプールサイドバー(8:00〜19:30)
    • 最上階のスカイバー兼クラブラウンジ(17:00〜20:00)

    のいずれか一ヶ所で使える無料のドリンク券を貰えるというシステムです。

    どれにしようか迷いましたが、チェックインロビーのスタッフが最上階から見える景色が良いと教えてくれたので、自分達はスカイバー兼ラウンジで飲むことにしました。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のスカイバー1

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のスカイバー2

    屋上スカイバー兼クラブラウンジ。

    ルーフトップではありませんが、バルコニーに出られます。

     

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のウェルカムドリンク

    無料のドリンクを飲みに来ただけの自分達にも、スタッフは丁寧に対応してくれました。スナックも出してくれて良い気分。

    無料なのに夜景が綺麗なスカイバー兼クラブラウンジを利用できるなんて、なんと素晴らしいサービスでしょう。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のスカイバーから見えるチャオプラヤー川と夜景

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のスカイバーから見えるチャオプラヤー川と夜景2

    屋上からのチャオプラヤー川の景色。いやあ、素晴らしい。

    リバーサイドと高級ホテルの組み合わせは、バンコクで最高の贅沢だと改めて実感する瞬間です。

    最上階スカイバーは利用時間が短く、人によっては都合が合わないかと思いますが、是非ともウェルカムドリンクはスカイバーで飲んでみることをおすすめします。

    これだけの景色を楽しみながら、無料でジュース飲めるなんて本当に感謝。

    チャトリウム ホテルの立地はどうなの?

    以下はチャトリウム ホテルの場所を記したGoogle Map

    チャトリウム ホテルの立地ですが、リバーサイドエリアの中では少々中途半端な位置にあります。

    BTSサパーンタクシンまではホテルからの無料送迎ボートに乗れるので、BTSの利用に不便は感じないです。

    最悪、ボートの利用が面倒な場合は入り口のスタッフがメーター利用のタクシーを捕まえてくれます。

     

    チャトリウムホテル周辺にある有名観光スポットと言えばアジアティーク ザ リバーフロントですが、距離約1.6km。徒歩にして20分。

    タイで1.5km以上歩くのは暑さもあるので間違いなく疲れます。

    ミレニアム ヒルトンなんかは、ホテルからアジアティークへの無料送迎ボートも出ているのですが、チャトリウムは出ていません。

    なので、ボートだけでアジアティークへ行くとなると、まずBTSサパーンタクシンへ行って、サパーンタクシンからアジアティークへのボートに乗り換えるという二度手間になっていしまいます。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)周辺の地図

    この行程は結構怠いです。

    なので、アジアティークへのアクセスはタクシーのみになるでしょう。

    気合いがあれば徒歩でのアクセスも可能ですが。

    その他の場所へのアクセスは特に問題ないです。

    滞在中は、無料シャトルボートでBTSサパーンタクシンへ⇒BTSで繁華街へ。という流れが多くなります。

    ただし、上述したようにボートは30分に1本の時間帯もあるので、他のリバーサイドホテルよりもタクシー利用の機会は多くなるでしょう。

    シャトルボートの本数を増やす、アジアティークへのシャトルボートも出航される等対応してくれたら、もっと利便性が高まるのになあとは思いました。

    チャトリウムホテルへの行き方

    チャトリウムホテルへ行くには、以下2つの方法があります。

    • BTSサパーンタクシンから無料の送迎ボートを利用する
    • タクシーで行く

    バンコクの空港からのアクセスにはタクシー利用が絶対に良いです。

    旅行カバン等を持ってBTSを乗り換え無料の送迎ボートを利用するのはかなり疲れます。

    もし、例えばスワンナプーム空港からBTSと無料シャトルボートを利用してアクセスする場合、以下のような順序になります。

    1. スワンナプーム空港のエアポートレールリンクでパヤータイ(Phaya Thai)へ / 約35分
    2. パヤータイでBTSに乗り換えてBTSサイアム(Siam)へ / 約4分
    3. BTSサイアムでシーロム線に乗り換えてBTSサパーンタクシンへ / 約12分
    4. BTSサパーンタクシンからホテルへの送迎ボートを利用する

    スワンナプーム空港からBTSサパーンタクシンへの行き方を記したバンコク路線図

    旅行カバンを持ちながら、これだけ移動したり乗り換えするのは疲れるでしょう。

    そのため、空港からのアクセスは絶対にタクシーです。

    スワンナプーム、ドンムアンそれぞれのタクシー乗り場の場所については、以下の記事を参考にどうぞ。

    スワンナプーム空港から市内へのアクセス方法アイキャッチ
    スワンナプーム空港からバンコク市内への行き方は【タクシーか電車がおすすめ】
    ドンムアン空港から市内への行き方アイキャッチ画像
    ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。【結論】おすすめはタクシー。

    BTSサパーンタクシンから無料のシャトルボートを利用する

    上述したように、BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)に併設されている船着場(サトーンピア / Saton Pier)からはホテルへ行く無料のシャトルバスが以下時刻に出ています。

    朝6:05〜23:45の間15分〜30分に1本

    BTSを利用しての観光後、ホテルに帰る時は積極的にシャトルボートを利用すると良いです。

     

    BTSサパーンタクシンのシャトルボート乗り場へは、以下のようにアクセスします。

    まず、BTSサパーンタクシンの2番出口を出ます。

    BTSサパーンタクシン2番出口の写真

    2番出口。看板にシャトルボートを利用できるリバーサイドホテルの名前が記載されています。

    もちろんチャトリウム ホテル リバーサイド バンコクの名前も記載されています。

     

    2番出口を降りたら直進しましょう。すると、サトーンピアという船着場に到着します。

    サトーンピア

    (サトーンピア)

    サトーンピアに入ると、右手にホテル専用のシャトルバス待合所があります。

    サトーンピアのホテル専用待合所

    待合所。ここで係員にチャトリウム ホテル リバーサイド バンコクへ行きたい旨を伝えましょう。

    するとシャトルボートが来たら教えてくれます。

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコクの住所

    タクシーでホテルへアクセスする際、発音等の違いから「チャトリウム リバーサイド ホテル」と言ってもタクシー運転手が行き先を理解してくれない時もあります。

    その時は、以下の英語・タイ語表記のホテル名と住所を見せると良いです。

    英語
    • Chatrium Hotel Riverside Bangkok
    • 28 Charoenkrung Road Soi 70, Bangkholame , Bangkok Riverside, Bangkok, Thailand, 10120
    タイ語
    • โรงแรมชาเทรียม ริเวอร์ไซด์ กรุงเทพ
    • 28 ถ. เจริญกรุง, บางคอแหลม, ริมแม่น้ำเจ้าพระยา, กรุงเทพ, ประเทศไทย, 10120

    リバーサイドでナンバーワンのコスパホテル

    チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のレセプリョンロビーにあるカフェ

    チャトリウムホテルの部屋には派手派手しさや非日常感こそ強調はされていないものの、リゾート感があって満足度の高いホテルでした。

    巨大なインフィニティプール、無料で飲めるスカイバーでのウェルカムドリンク、広くてチャオプラヤー川が見渡せる部屋。

    これだけで大満足です。しかもホテル敷地内にはコンビニもあります。一切の不便は無し。

    何よりこれだけ広い部屋で1泊15,000円以下というのはやはり嬉しいところ。

    オフシーズンで1万円以下になった時は即決して間違いないでしょう。

    コスパの高さに関して言えば、リバーサイドでは今のところ文句なしの1位です。

    ホテル選びにおいて部屋が広いって正義だなあと、改めて感じた次第です。

    一人なら贅沢に、家族連れやシニア世代ならゆとりをもって過ごせる。やはり、部屋とベッドは広いに限ります。

    外資系ブランドのホテルの影に隠れがちなホテルですが、結構穴場なホテルです。

    リバーサイドに滞在予定の方は是非宿泊を検討してみてはいかがでしょうか。

      チャトリウムを含め、ヒルトンやシェラトン、シャングリラなども含めたリバーサイドにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

      アヴァニ リバーサイド バンコク ホテル(Avani Riverside Bangkok Hotel)のインフィニティプール2
      景色良し!バンコクのリバーサイドでおすすめのホテル8軒。川沿いで優雅なホテルステイ。

      バンコクの全エリアにあるおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

      バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のラウンジ
      バンコクで絶対におすすめのホテル。人気の7エリアから利便性が高いホテルだけを紹介。

      4 COMMENTS

      地井寛

      グランドスイート1ベッドルーム・リバービューに来春3月、滞在しようと考えていて、どうしようかと悩んでいましたが、このサイトを見て決定しました。元旅行業ですが、元プロが見ても、大変参考になりました。ありがとうございました。また見させていただきます。

      返信する
      ri-(りー)

      >>>地井寛さん
      コメントありがとうございます。記事が参考になって良かったです。
      「元プロが見ても、大変参考になりました。」
      とても嬉しいお言葉ありがとうざいます。読者の方に分かりやすく伝えることを常々心がけているので、とても自信に繋がりました。ありがとうざいます!

      返信する
      おのだ

      いい記事でした!
      今度ここのホテルに泊まろうと思ってます!
      スワンナプーム空港からはどうやってアクセスすればよいでしょうか?

      返信する
      ri-(りー)

      >>>おのだ様
      コメントありがとうございます。
      スワンナプーム空港からのアクセスは、2つ方法があります。

      1、タクシー ⇒ 40分から50分でアクセスできます。料金はおよそですが、300〜400バーツです。
      2、ARL(エアポートレールリンク)とBTS(高架鉄道)、送迎ボートを乗り継いで行く方法
      (1)スワンナプーム国際空港地下1階にあるエアポートレールリンクより、パヤータイ駅(Phaya Thai)まで行きます。
      (2)パヤータイ駅からBTSに乗り換えてBTSサイアム(Siam)まで行きます。
      (3)BTSサイアムからBTSサパンタクシン(Saphan Taksin)まで行きます。
      (4)BTSサパンタクシン2番出口を出た所にあるホテル専用の無料送迎ボートに乗ってホテルまで行きます(無料送迎ボートは午前6時頃〜午後23時頃くらいまで。10分に1船)

      以下はそれぞれの電車の駅を記した路線図です。
      チャトリウム リバーサイドまでの路線図

      スワンナプーム空港からARL(エアポートレールリンク)やタクシーを利用して市内へ行く方法は、以下記事にて詳しく記載しているので参考になると思います。
      スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方。【タクシーor電車で】

      ただ、エアポートレールリンクやBTSを使ってのアクセスは乗り換えが多く、荷物を持っての移動は結構疲れるかと思うので、空港からのアクセスはタクシーの方が個人的には絶対におすすめです。

      参考になれば幸いです。

      返信する

      コメントを残す

      メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
      ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。