アジアティーク ザ リバーフロントへ初めて行く人が知っておくべきこと。

アジアティークの入り口

今回は、アジアティーク ザ リバーフロントについての記事です。

バンコクでおすすめの観光地と言われているわけですが、どんな場所なんでしょう。

アジアティーク ザ リバー フロントとは

アジアティーク(Asiatique The River Front)とは、今までのナイトマーケットとは一線を画す、バンコクで話題の複合エンターテインメント施設です。

アジア最大規模のライフスタイルプロジェクト」「最もトレンディーなランドマーク」を理念として、2012年にオープンしました。

海から見たアジアティーク

www.flickr.com

東京ドーム約2.5個分の敷地内に、1,500店舗の土産物屋とファッション、アクセサリー、家具などの小売店、バービアや大手外食チェーンのレストランが40店舗程並んでいます。

ニューハーフショーの老舗と言われたカリプソキャバレーが観れることも話題となり、連日多くのタイ人と観光客で賑わっている、バンコク最新のテーマパークなのです。

洗練されすぎた施設ゆえ批判の声も…

しかし、そのあまりにも最先端を行き過ぎた雰囲気が、多くの人が愛している「タイらしさ」を全く感じさせない場所にしました

舗装され広々とした道路には清潔感があり、タイの醍醐味とも言える屋台から漂うおいしそうな匂いは、ガラスケースに収められた食品サンプルに取って代わられています。

アジアティーク内の通路

(アジアティーク敷地内の路上。伸び伸びとしている。)

チャオプラヤー川沿いという立地に目をつけ、元々有用木材を海外へ輸出する為の船着き場だった場所を改装したアジアティーク。

ラーマ5世のチャクリ革命と共に、明治維新さながらの「世界の国々と並んで近代化を図った、当時の活気ある様子を再現」というコンセプトによって作られたわけですが、我々日本人からすると少々西洋化しすぎているのかもしれませんね…

自分が初めて行った時の感想も、確かに楽しかったのですが「横浜の赤レンガ倉庫」や「東京のお台場」「福岡のマリノアシティ」に似てるなというものでした。

それでもタイ人からすれば、今までにない最先端のエンターテインメント施設であって、新鮮なのでしょう。

ナイトマーケットと思って楽しむべし

小物屋

多くのナイトマーケット同様、「暇だからぶらつく」「腹が減ったから何か食いに行く」程度の気持ちで、アジアティークへ行くのが良いのかもしれません。

安心・安全・清潔感に関しては、タイ国内では間違いなく一番なので、大きな期待は持たず、ゆったりと時間を過ごせば何か新しい発見があるかも。

個人的に、タイ人の彼女と落ち着いてデートをするには最適の場所でした。

一緒にリバーサイドに腰を下ろし、心地良く吹く風を感じながらチャオプラヤー川を眺めていると、音楽に時間を捧げた青春時代を少し取り戻せた気持ちになれたので。

リバーサイド地区の道

アジアティーク ザ リバー フロントの特徴

アジアティークのsoi

アジアティークは、スクンビットと同じように各通りにsoiの番号が付けられています。

また、敷地内は大きく分けて4つの地区に分かれており、それぞれの場所によって雰囲気が異なります。

アジアティークの図。

Directory

黄色のエリアがチャルンクルン地区

緑のエリアがタウンスクエア地区

オレンジのエリアが工場地区

水色のエリアがウォーターフロント地区

それぞれの地区の特徴も解説していきます。

チャルンクルン地区

1,000以上の小売店が並んでいるエリア。

お土産等を探すのであればここが良いでしょう。

入り口付近には日系のレストランもあります。また、ニューハーフショーの「カリプソキャバレー」があるのもこのエリアです。

ジャルンクルン地区の店

(カリプソキャバレーを含むアジアティーク観光の送迎・日本語ガイド付きツアーも行われている。タイ旅行初心者に人気。)

>>>【カリプソキャバレー】宿泊ホテルまでの送迎・日本語ガイド付きの格安ツアー

タウンスクエア地区

ビアガーデンや外国の美食料理があるエリア。

家族連れの人たちがワイワイしています。綺麗な時計塔は記念撮影スポットになっています。

時計塔。

時計塔

レストラン。

タウンスクエア地区のレストラン

工場地区

過去の労働者階級のライフスタイルから、最新の好みや嗜好に応えるために改装されたエリアです。

ファッション関係の店舗が500近く並んでいます。

可愛らしい女性用バッグの店。

工場地区の店

メルヘンチックな子供服のお店。

工場地区の子供用品店

ウォーターフロント地区

チャオプラヤー川沿いに300メートル程の遊歩道があり、ここでゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

また、アジアティークの顔とも言われている観覧車もこのエリアにあります。

遊歩道。

アジアティークの遊歩道

チャオプラヤー川をクルーズするボート。

チャオプラヤー川をクルーズする観光船

観覧車。料金は大人一人250TB。(約920円)

アジアティーク名物観覧車

アジアティーク ザ リバー フロントへの行き方

サパーンタクシン駅からアジアティークの地図

アジアティークはBTS サパーンタクシン駅から、南へ約2kmの場所にあります。

駅からタクシーを使うのもいいですが、駅の2番出口から無料のシャトルボートが出ています。

ボートで行くとワクワク感が随分違ってくるのでオススメですよ。

無料のボート乗り場

無料のシャトルボートは20分に一回ほど出ています。

時間帯によっては混雑している場合があるので要注意です。

アジアティークからの帰りもシャトルボートに乗って、ここまで無料で戻ってこれます。

アジアティークへの行き方・帰り方をわかりやすくまとめている動画があったので参考にして下さい。

〈アジアティーク・ザ・リバー・フロント〉

営業時間 毎日05:00PM〜0:00AM。

アジアティーク周辺のおすすめホテル「ルブア アット ステート タワー(lebua at State Tower)

ルブア アット ステート タワー バー

アジアティーク周辺での滞在先にはルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)がおすすめです。

ルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)は、上で挙げたBTS サパーンタクシンから約500m、徒歩5分程度の場所にあります。

バンコクに建つ全ての高層建築物の中で、なんと4番目に高い建物です(244.3メートル)。

また、映画「ハングオーバー2」の撮影場所として使われたことから、名実共に世界的に有名にもなりました。

ルブア アット ステートタワーの高層階から見える景色

(高層階の客室から見える景色は圧巻)

ホテルの屋上には、「世界一高い場所にあるルーフトップバー」であるスカイバー「シロッコ」が設置されています。

シロッコ1 シロッコ3

(屋上のスカイバー「シロッコ」)

バンコク旅行を余すことなく楽しむにはうってつけのホテルです。

駅近なので、他の観光地へのアクセスにも便利です。

ルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)については、以下で詳細を記載しています。是非バンコクのホテル選びの参考になればと思います。

ルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)。バンコクで最高の景色が眺められる高層ホテル。
www.flickr.com観光大国であるタイの首都バンコクには、世界的に有名な高級ホテルがいくつかあります。これから紹介するルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)も、バンコクを代表する高級ホテルであり、映画の舞台にもなったことで一躍世界中で有名になりまし...

まとめ

色々と批判も書きましたが、バンコクで話題のスポットという意味で、まず一度行ってみるのもありなのではないでしょうか。

>>>カリプソキャバレーを含んだアジアティーク観光の宿泊ホテルまでの送迎・日本語ガイド付きの格安ツアー

確かにタイらしい要素は少ないですが、家族連れやカップルで「安心・安全・清潔」を優先したい場合には一番楽しめる場所とも言えるからです。

ちなみに自分はまた行くと思います。今までも計5回程行きました。

彼女が一番好きなナイトマーケットが、アジアティークですので。

でも、一人でとなると…行かないかもしれませんね。

両親を連れてきたとしても行かないでしょう。長期旅行なら別ですが。

【関連記事】

ここだけは行くべき。バンコクで有名な3つのナイトマーケット。
(上:アジアティーク ザ リバーフロント左下:フアイクワン ナイトマーケット右下:タラート ロットファイ シーナカリン)バンコクでは、日が暮れると多くの屋台が出店し始めます。屋台が固まっているエリアはナイトマーケットと呼ばれ、買い物や食事を楽しむ多くのタイ人客で...

バンコクに来たら絶対行くべき有名観光地のまとめ。

バンコクの市内・郊外、日帰りで行けるおすすめ観光スポットを全てまとめてみた。
www.flickr.comバンコクは東京から西南に約4,600km離れているタイの首都です。年間を通して日本の夏なみに気温が高く、季節は雨季、乾季、暑季の三季が存在します。バンコクが旅行先として人気な理由には、日本から遠すぎない、物価が安いなどの理由が挙げられます。しかし、何...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です