【人気No.1】アジアティーク ザ リバーフロントの地図とおすすめエリア。ボートでの行き方についても詳しく解説。

アジアティークの看板

アジアティーク ザ リバーフロントは、バンコクにおいて最大規模かつ最も人気なナイトマーケットです。

従来のナイトマーケット同様に露店が多いことに加えて、ニューハーフショーなどのエンターテイメントも楽しめるのが特徴です。

マーケット内には観覧車やレストランバーもあり、ナイトマーケットと言うよりは巨大なオープンモールといった雰囲気。

今回の記事では、アジアティーク ザ リバーフロントの

  • 地図
  • 各エリアの特徴
  • おすすめのレストラン
  • 行き方
  • アジアティーク近くのおすすめホテル

を詳しく記載します。

デートスポット、家族連れが楽しめるスポットとしても最適です。バンコク滞在中には足を運んでみてはいかがでしょうか。

アジアティーク ザ リバーフロントとは

アジアティーク(Asiatique The River Front)とは、今までのナイトマーケットとは一線を画す、バンコクで話題の複合エンターテインメント施設です。

アジア最大規模のライフスタイルプロジェクト」「最もトレンディーなランドマーク」を理念として、2012年にオープンしました。

チャオプラヤー川から見たアジアティーク

東京ドーム約2.5個分の敷地内に、1,500店舗の土産物屋とファッション、アクセサリー、家具などの小売店、バービアや大手外食チェーンのレストランが40店舗程並んでいます。

ニューハーフショーの老舗と言われたカリプソキャバレーが観れることも話題となり、連日多くのタイ人と観光客で賑わっている、バンコク最新のテーマパークなのです。

洗練されすぎた施設ゆえ批判の声も…

しかし、そのあまりにも最先端を行き過ぎた雰囲気が、多くの人が愛している「タイらしさ」を全く感じさせない場所にしました。

舗装され広々とした道路には清潔感があり、タイの醍醐味とも言える屋台から漂うおいしそうな匂いは、ガラスケースに収められた食品サンプルに取って代わられています。

アジアティーク内の通路

(アジアティーク敷地内の路上。伸び伸びとしている。)

チャオプラヤー川沿いという立地に目をつけ、元々有用木材を海外へ輸出する為の船着き場だった場所を改装したアジアティーク。

ラーマ5世のチャクリ革命と共に、明治維新さながらの「世界の国々と並んで近代化を図った、当時の活気ある様子を再現」というコンセプトによって作られたわけですが、我々日本人からすると少々西洋化しすぎているのかもしれませんね…

 

自分が初めて行った時の感想も、確かに楽しかったのですが「横浜の赤レンガ倉庫」や「東京のお台場」「福岡のマリノアシティ」に似てるなというものでした。

それでもタイ人からすれば、今までにない最先端のエンターテインメント施設であって、新鮮なのでしょう。

ナイトマーケットと思って楽しむべし

小物屋

多くのナイトマーケット同様、「暇だからぶらつく」「腹が減ったから何か食いに行く」程度の気持ちで、アジアティークへ行くのが良いのかもしれません。

安心・安全・清潔感に関しては、タイ国内では間違いなく一番なので、大きな期待は持たず、ゆったりと時間を過ごせば何か新しい発見があるかも。

個人的に、タイ人の彼女と落ち着いてデートをするには最適の場所でした。

一緒にリバーサイドに腰を下ろし、心地良く吹く風を感じながらチャオプラヤー川を眺めていると、音楽に時間を捧げた青春時代を少し取り戻せた気持ちになれたので。

アジアティーク ウォーターフロント地区の遊歩道

(アジアティーク内。川沿いの遊歩道)

アジアティーク ザ リバーフロントの地図と各エリアの特徴

アジアティーク ザ リバー フロントの入り口

アジアティークは、スクンビットと同じように各通りにsoiの番号が付けられています。

また、敷地内は大きく分けて4つの地区に分かれており、それぞれの場所によって雰囲気が異なります。

アジアティークの地図。

アジアティーク ザ リバーフロントの地図

  1. 黄色のエリアがチャルンクルン地区。
  2. 緑のエリアがタウンスクエア地区。
  3. オレンジのエリアがファクトリー地区。
  4. 水色のエリアがウォーターフロント地区。

それぞれの地区の特徴も解説していきます。

チャルンクルン地区

1,000以上の小売店が並んでいるエリア。

お土産等を探すのであればここが良いでしょう。

入り口付近には日系のレストランもあります。また、ニューハーフショーの「カリプソキャバレー」があるのもこのエリアです。

アジアティークのカリプソキャバレー

アジアティークのカリプソキャバレー

(カリプソキャバレーを含むアジアティーク観光の送迎・日本語ガイド付きツアーも行われている。タイ旅行初心者に人気。)

アジアティーク チャルンクルン地区の雑貨屋

チャルンクルン地区には1着・1点100バーツ前後で買える安い洋服や雑貨の店が所狭しと並んでいます。

一番ナイトマーケットらしさを感じられるエリアでもあります。

タウンスクエア地区

ビアガーデンや外国の美食料理があるエリア。

家族連れの人たちがワイワイしています。綺麗な時計塔は記念撮影スポットになっています。

アジアティークの時計塔

時計塔

アジアティーク ジュリエットラブガーデン

時計塔横にあるジュリエット ラブガーデン。カップルの撮影スポットになっています。

男一人だとめちゃくちゃ入りにくいです。

 

タイ料理が安価で食べられる屋台風の店も多いです。探さずとも見つかります。

アジアティークの屋台風レストラン

クンチェーナンプラー

(シーフード料理も豊富。写真はタイの代表的な生エビ料理「クンチェーナンプラー(กุ้งแช่น้ำปลา)」甘エビの刺身だけどタレがタイ風。ちょっぴり辛いがビールによく合う。150バーツ)

ファクトリー地区

アジアティーク ファクトリー地区の写真1

過去の労働者階級のライフスタイルから、最新の好みや嗜好に応えるために改装されたエリアです。

ファッション関係の店舗が500近く並んでいます。

アジアティークのセンスの良い女性物洋服店

センスの良いブティック。

工場地区の子供用品店

メルヘンチックな子供服のお店。

 

アジアティーク ファクトリー地区の洋服屋

日本でも長年使えそうなハイソな商品を探すのであればこのエリアが良いでしょう。ファッション性を意識した店が多いです。

 

ファクトリー地区にはレートの高い両替所も存在します。

アジアティークのスーパーリッチ

(スーパーリッチ タイランド「SUPERRICH THAILAND」。街中と変わらないレートで両替可能。日によっては街中より高い時もある。両替するならここがおすすめ)

両替所の営業時間
  • 月〜木/17:00〜21:30
  • 金〜日/17:00〜22:00

ウォーターフロント地区

チャオプラヤー川沿いに300メートル程の遊歩道があり、ここでゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

また、アジアティークの顔とも言われている観覧車もこのエリアにあります。

アジアティークの遊歩道

遊歩道。

チャオプラヤー川をクルーズする観光船

チャオプラヤー川をクルーズするボート。

観覧車。料金は大人一人250バーツ。観覧車の下には子供用の乗り物もあります。

アジアティークの観覧車

子供用ゴーカート乗り場

子供用のゴーカートエリアもあって、世界各国の子供達が楽しそうに遊んでいるのは微笑ましい光景です。

世界共通語は「笑顔」とはよく言ったもので、言葉が分からなくても笑顔で会話できる子供達。素晴らしいです。

アジアティークのおすすめレストラン『バーン カニタ(Baan Khanitha)』で食す最高級タイ料理

アジアティークにはレストランが多々点在していますが、その中でも最もおすすめしたいのが、ウォーターフロント地区にある高級タイ料理レストラン「バーン・カニタ(Baan khanitha)」です。

アジアティーク ウォーターフロント地区のバーンカニタ

(バーン・カニタ)

バーンカニタの場所

(バーン・カニタの場所)

バーンカニタはミシュランガイドを受賞したり、タイ国内において「最高級」と言われ続けている有名なレストランです。

少々料金がお高いですが、味は本物。

自家農場にて天然肥料だけで育てた有機野菜やハーブを使い、店内は一軒家風で良い雰囲気です。

アジアティークのバーンカニタ

(意外とタイ人のお客さんも多い)

バーンカニタの料理1

タイ風のサラダ「プラー ドゥック フー(Pla Dook Foo)」320バーツ

バーンカニタの料理2

バーンカニタのマッサマンカレー

マッサマンカレーは290バーツ。

結構マイルドで食べやすいです。

メニューは英語表記に加えて写真も付いてます(一部メニューには写真がない)。かなり外国人を意識した味なので、日本人でも食べやすいです。

バーンカニタはガイドブック等では定番中の定番タイ料理レストランとして知られているので、タイ料理初心者でも抵抗なく食べられるでしょう。

ビール等も飲んだら、一人あたりの予算は600バーツ前後といったところ。

アジアティークにあるレストランの中では最も高級ですが、味も最高級なので是非。

アジアティーク ザ リバーフロントへの行き方と営業時間

アジアティーク ザ リバー フロントへ行くには、以下2つの方法が一般的です。

  • タクシーで向かう
  • BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)から無料のシャトルボートに乗る

おすすめなのはBTS サパーンタクシンからの無料シャトルボートです。ボートで行くとワクワク感が随分違ってくるので楽しいです。

以下で、タクシーで行く方法と無料シャトルボートで行く方法を詳しく説明しています。

日本語ガイド付きツアー

自力での行き帰りに不安がある人、海外旅行に慣れていない人は日本語ガイド付き + 往復送迎付きツアーを利用するのもあり。

>>>アジアティーク散策 + 夕食 + カリプソキャバレー【日本語ガイド + 送迎付き】

タクシーで行く

サパーンタクシン駅からアジアティークの地図

アジアティークの最寄り駅はBTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)です。

BTS サパーンタクシンからアジアティークまでの距離は約2km。所要時間7分程度なので、一番手っ取り早い方法と言えます。

BTS サパーンタクシンからタクシーを利用する場合は、40バーツ前後を見ておくと良いです。

 

スクンビット(BTS アソーク周辺)からであれば、距離は約15km。所要時間は混み具合にもよりますが25分〜30分前後。料金は100バーツ前後を見ておくと良いです。

カオサンロード周辺からであれば、距離は約12km。所要時間は25分前後。料金は同じく100バーツ前後です。

BTS サパーンタクシンから無料のシャトルボートで行く

無料のシャトルボートはBTS サパーンタクシン⇔アジアティーク間を毎日16:00〜23:30の間、約20分に一回ほど行き来しています。

シャトルボート乗り場への行き方は、以下の通り。

まず、BTS サパーンタクシンの2番出口を降ります。

BTS サパーンタクシンの2番出口

(2番出口前の案内板には「ASIATIQUE The Riverfront」と書かれている)

2番出口を降りて道なりに進むと、船着き場に到着します。

BTS サパーンタクシンの船着き場

船着き場奥にアジアティーク行き専用の乗り場があります。外国人が大勢並んでいるので分かりやすいでしょう。船が来たら、係員の指示のもと乗り込むだけです。

アジアティーク行きの船乗り場

(アジアティーク行き船乗り場。赤い看板が目印)

アジアティーク行きの無料シャトルボート1

(アジアティーク行きの船)

チャオプラヤー川の景色を5分も楽しんでるとアジアティークが見えてきます。

アジアティーク行きのシャトルボートから見える景色

ちなみに、船が到着するのはウォーターフロント地区です。以下は到着場所を示したMAP。

船で来た場合のアジアティーク到着場所

帰りのBTS サパーンタクシン行きの船乗り場も同じ場所にあるので、覚えておきましょう。

アジアティークからBTS サパーンタクシン行きの最終便は23:30です。

BTSサパーンタクシン行きの船乗り場1

BTS サパーンタクシン行きの船乗り場

(「BTS SAPHAN TAKSIN」と書かれている場所に並んで船を待つ)

アジアティークの営業時間

毎日17:00〜24:00

帰りのタクシーは流しを捕まえるのがベター

アジアティークからホテルへ帰る場合は、チャルンクルン地区から一旦道路に出て流しのタクシーを捕まえるのがベターです。

帰るのタクシーを捕まえられる場所

道路近辺にはアジアティークが設置しているタクシーカウンターもありますが、利用しない方が良いです。

アジアティークのタクシーカウンター

(アジアティーク内のタクシーカウンター)

アジアティークのカウンターで乗るタクシーはメーターを使ってくれないことが多いです(ドライバーにもよるが)。

また、時間帯によっては多くの観光客がタクシーカウンターに並んでいます。

その他、チャルンクルン地区側の道路にて客待ちしている多くのタクシーやトゥクトゥクも同様で、メーターを使用せず相場より高い料金をふっかけてくるでしょう。

 

そのため、自分がタクシーで帰る場合は、いつも一旦道路に出てから少し歩いて、メーターを使ってくれる流しのタクシーを捕まえています。

アジアティーク近くのおすすめホテル

アジアティーク周辺はバンコクにおける「リバーサイド」であり、客室からチャオプラヤー川が見える「リバービュー」を売りにしたホテルが多いです。

客室からの景色が良く、アジアティークに近いので観光にも便利。

以下ではアジアティークの目の前にある2軒のホテルを紹介しています。

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の外観

アジアティークの目の前に位置する格安ホテル。

ホテルを出て目の前がアジアティークの駐車場なので、アジアティークまでは5分足らずでアクセスできます。

1泊の宿泊料金は4,500円前後。一般的なエコノミーホテルと同等の作りでホテル自体にこれと言った特徴はありませんが、客室からアジアティークの観覧車が望めます

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室から見えるアジアティークの観覧車

(ホテル客室から見えるアジアティークの観覧車)

ロマンチックな眺めを楽しめるので、カップルや女子旅におすすめ。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のロビー1

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のロビー2

チェックインロビー

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室1

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室2

写真の客室はスーペリア リバービュー(Superior River View)。広さは30平米。

ザ サンレノ サービスド アパートメントの客室には「シティビュー」と「リバービュー」の2種類が存在しますが、客室からアジアティークの観覧車が望めるのはリバービューのみです。

せっかく宿泊するのであればリバービューの部屋がおすすめ。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室2

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のセーフティボックス

決して豪華ではありませんが、1人〜2人滞在には十分な広さ。セーフティボックスやコーヒー用の湯沸かし機、アメニティなどは一通り完備しています。

贅沢さを求めないのであれば問題なく滞在できるホテルです。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のバルコニー

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室から見えるアジアティーク2

小さいながらもバルコニーもあり。

そして客室の窓からはアジアティークの観覧車、奥にはチャオプラヤー川がひっそりと見えます。

上写真は午後4時頃のアジアティーク。既に駐車場は車で一杯。さすが、人気のナイトマーケットです。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のシャワールーム1

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のシャワールーム2

シャワーの湯温量も問題なし。ドライヤーも完備していて、使い勝手は良いです。

 

アジアティーク近くで安いホテルを探している人には最もおすすめ。

ホテル周辺にはセブンイレブンやマッサージ、レストランもあって滞在に不便を感じることはありません。

日本人からの宿泊レビュー評価も高く、スタッフ対応も良いです。アジアティークを十二分に満喫できるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の外観

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイドは、アジアティーク ザ リバーフロントの真隣に位置する大型の五つ星ホテルです。

特徴はプールなどのホテル施設が豪華であり、客室からはチャオプラヤー川の景色が望めること。

1泊の宿泊料金は1万円前後。さすが高級ホテルの料金ですが、ジュニアスイートの客室でも1万2,000円前後で宿泊できます

贅沢をしたい人におすすめのホテルです。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のエントランスロビー1

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のエントランスロビー2

チェックインロビー。さすが五つ星ホテル。豪華な造りです。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のプール

大きなプール。ビーチチェアが多くてのんびりできます。子供用水泳スペースもあり。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室2

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のベッドルーム1

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のベッドルーム2

写真の客室はダブル プラザ リバービュースイート(Double Plaza River View Suite)。広さは56平米。

ベッドルームとリビングルームが分かれているタイプの大部屋です。

なんとこのスイートルームで1泊の宿泊料金が1万2,000円程度。

他のリバーサイドホテルではありえない安さです。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室から見える景色

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室から見える夜景

客室から望めるチャオプラヤー川の景色もバッチリ。お酒がぐいぐい進む素晴らしい景色です。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のバスタブ

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のアメニティ

足を伸ばして浸かれるくらいの広々としたバスタブ。

一点、気になったのはアメニティが五つ星ホテルの割には貧相だという点。大抵の五つ星ホテルでは、アメニティはブランド品です。しかし、ラマダ プラザでは知らない物を使っていました。

とは言え、宿泊料金の安さを考えると許容範囲です。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の無料コーヒー

無料のコーヒー類、コーヒーメーカーなども全て完備しています。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の船着場1

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の船着場2

ホテル内にはホテル⇔BTS サパーンタクシンを往復送迎する無料ボート乗り場もあり。

更にボートタクシー(1回230バーツ)と言って、プライベートでワット・プラケオ等の寺院を回るサービスも利用できます。

 

アジアティークに近い便利な立地でありながら、スイートルームが1万2,000円前後というのはコスパ高いです。

アジアティーク周辺にて優雅に過ごしたい人にはおすすめのホテルと言えるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

まとめ

色々と批判も書きましたが、バンコクで話題のスポットという意味で、まず一度行ってみるのもありなのではないでしょうか。

確かにタイらしい要素は少ないですが、家族連れやカップルで「安心・安全・清潔」を優先したい場合には一番楽しめる場所とも言えるからです。

ちなみに自分はまた行くと思います。今までも計5回程行きました。

彼女が一番好きなナイトマーケットが、アジアティークですので。

でも、一人でとなると…行かないかもしれませんね。

両親を連れてきたとしても行かないでしょう。長期旅行なら別ですが。

 

バンコクでは、アジアティーク以外にも各所にて大規模なナイトマーケットが開催されています。

アジアティークを含め、バンコクにある人気ナイトマーケット7ヶ所については、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクナイトマーケットのアイキャッチ画像
バンコクのおすすめナイトマーケット7ヶ所。異なる特徴を持つ楽しい夜市。

バンコクの市内・郊外を含めた全てのおすすめ観光地については、以下の記事を参考にどうぞ。

ワット・プラケオ
バンコク観光の完全ガイド。市内と郊外のおすすめ観光地【全26ヶ所】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。