アジアティークへのボートでの行き方やおすすめエリア・買える物を詳しく解説【バンコク定番のカップル・子連れスポット】

チャオプラヤー川から見たアジアティーク

(チャオプラヤー川から見たアジアティーク )

アジアティーク ザ リバーフロントは、チャオプラヤー川沿いに位置する複合商業施設です。

広義にはナイトマーケットとして認識されていますが、イメージとしては「福岡のマリノアシティ」「横浜のレンガ倉庫」「お台場」に近い、買い物も楽しめるデートスポットです。

主に飲食施設、衣類・雑貨等の物販施設、娯楽施設で構成されています。

バンコクでは年々、新しい商業施設が開業していますが、アジアティークは「未だ閑散を知らない」人気スポットです。

アジアティーク ザ リバー フロントの入り口

(いつ行っても人が多い)

その理由は、一言で言えばバランスが良いからに尽きるでしょう。

飲食店や雑貨屋は、タイ人ローカル価格の店もあれば、外国人観光客向けの高級店もあります。

娯楽施設は、子供用の観覧車やゴーカート乗り場に加え、タイカルチャーの一つと言える「ニューハーフショー」があります。

また、川沿い景色が望めるエリアもあれば、カップル用の写真スポットも設置されています。

男一人で行くことはおすすめできませんが、カップルや家族でのバンコク旅行では足を運んでみて欲しいです。

今回の記事では、アジアティーク ザ リバーフロントの観光ガイドとして

  • 各エリアの特徴
  • ニューハーフショー「カリプソ」のチケット予約方法
  • 行き方
  • 営業時間

を詳しく記載しています。

アジアティーク ザ リバーフロント(Asiatique The Riverfront)

アジアティーク(Asiatique The Riverfront)は「アジア最大規模のライフスタイルプロジェクト」「最もトレンディーなランドマーク」を理念として、2012年にオープンしました。

アジアティークの時計塔

敷地の広さは東京ドーム約2.5個分

この広大な敷地内に、1,500店舗もの小売店、40店舗近いバービアや大手外食チェーンのレストランが並んでいます。

 

もともと、アジアティークは有用木材を海外へ輸出する為の船着き場を改装して作られました。

そのため、敷地内の至る所に錨やエンジンギアなど船にまつわるオブジュが配置されています。

アジアティーク内にある船のエンジンギアオブジェ

こうした背景も意識してオブジェにも目を配ると、より散策を楽しめます。

デートスポットとして最適

アジアティークのウォーターフロントエリア1

(アジアティーク内の川沿い遊歩道)

アジアティークは良くも悪くも、「タイらしさ」を感じられない場所です。

舗装され広々とした道路には清潔感があり、タイの醍醐味とも言える屋台から漂うおいしそうな匂いは、ガラスケースに収められた食品サンプルに取って代わられています。

しかし、安心・安全・清潔感に関しては、タイ国内では間違いなく一番です。

アジアティーク内の通路

なので、デートスポットとしては最適です。

地図と各おすすめエリアの特徴

アジアティーク内は、以下地図に記している4ヶ所のエリアに分けられています。

アジアティークの地図

  • ❶黄土色 = チャルンクルン エリア(雑貨屋が多い)
  • ❷緑色 = タウンスクエア エリア(写真スポットと飲食店が多い)
  • ❸オレンジ = ファクトリー エリア(洋服店が多い)
  • ❹水色 = ウォーターフロント エリア(レストランとバーが多い)

また、上の地図にて黒丸の番号で記しているように、カリプソキャバレーや観覧車などの見どころが点在しています。

以下で各エリアの特徴とエリア内にある見どころを紹介します。

チャルンクルン・エリア【お土産はここで!】

アジアティークのチャルンクルンエリア1

1,000以上の小売店が並んでいるエリア。

お土産等を探すのに一番おすすめの場所です。

ニューハーフショー「カリプソキャバレー」もあります。

雑貨・洋服

アジアティーク チャルンクルンエリアのTシャツショップ

「タイ」をデザインに取り入れたエスニック柄のパンツやTシャツ(1点100バーツ前後)、プチプラコスメグッズ(バスソルト、バスオイル、マッサージオイル、スクラブなど/1点100バーツ前後)、

インテリアグッズでおすすめのコットンボールライトなど、「これぞタイ」と言える雑貨店がいくつも並んでいます。

アジアティークのチャルンクルンエリアにあるコットンボールライトの店

(コットンボールライトの店。1点100バーツ前後。電圧220v電球の商品が多いため、日本でも使える110v電球の製品がないか確認して購入しよう

アジアティークにあるカレン族シルバーアクセサリーの店

タイ北部で生活する山岳民族「カレン族」が伝統的な手法で制作したシルバーアクセサリーショップ「Silver Corner Thailand」もあります。

カレン族伝統の護身符や装飾品をモチーフにしたセンスあるアクセサリーが多いです。

安くて150バーツの物や、高い物で1,000バーツ程度。

エスニックかつセンスの良いアクセサリーを探している人は是非。

 

アジアティークのチャルンクルンエリアにあるタイ雑貨店

その他、エスニックらしい刺繍・フリンジ入りのアイテム、タイシルク店など、タイならではのアイテムを扱う店は全てチャルンクルンエリア内に位置しています。

洋服系のアイテムは、夏物ばかりではなく春先まで使用できる薄手アイテムも多いです。

しかも、どれもがローカル価格。日本の雑貨屋や通販で買うより安いです。

買い物目当ての人は必ず足を運ぶべきエリアでしょう。

ニューハーフショー「カリプソ」のチケット予約

アジアティークのカリプソキャバレー

「カリプソキャバレー」とは、タイ人ニューハーフのダンサー達による演劇ステージです。

日本やアメリカ、中国、韓国などの外国のカルチャーを背景にした舞台が、5分程度に次から次へと変わり、各舞台と音楽に合わせてダンサー達が歌(口パクですが)と踊りを披露します。

各舞台は短くてテンポが良い上に、日本を背景にした舞台もあるので、「あるある」を感じられるのが面白いところ。

また、ニューハーフ達は「元男」とは思えないほどの美人揃いです。

アジアティークのカリプソキャバレー

脇役の役者の中には「男っぽさ」が残っている人もいますが、主演級の方々は、男の自分から見て完全に「付き合える」レベル。

言葉が分からなくても視覚だけで楽しめるショーです。

「タイ・ナンバーワン」の老舗・レベルが高いニューハーフショーなので、お土産話のためにも一度は見ておきたいです。

公演時間は約1時間15分。

カリプソキャバレーは予約なしでも入れますが、必ず予約して行きましょう。なぜなら、予約なしだとステージが見えづらい後方席に回される可能性が高いからです。

ショー開始時刻は19:15です。

タウンスクエア・エリア【写真撮影はここで!】

アジアティークのタウンスクエアエリアにある時計台

時計台等のカップル向けの写真スポットや、屋台街・レストラン街などがある一番テーマパークらしさを感じられるエリア。

アジアティークのランドマークである観覧車もタウンスクエア・エリアにあります。

チャルンクルンエリアと合わせて、アジアティークでは必ず足を運びたいです。

カップル用の写真スポット「ジュリエット・ラブガーデン」

アジアティークのタウンスクエアエリアにあるジュリエットラブガーデン

アジアティーク内で最もカップルに人気のエリア。

ここでは、ガーデン前にある工房でカップルの名前が入った錠前を購入して、錠前をガーデンのフェンスにロックして鍵を噴水に投げ込むことで「二人の愛を永遠に誓う」と言われています。

湘南平にある某デートスポットに似ていますね。

非日常に包まれた海外のデートスポットで愛を誓うと気分が高揚します。

とても面白い演出なので、カップルでアジアティークに行く方は、是非愛を誓いましょう。

南京錠はガーデン目の前の工房にいるスタッフに作ってもらえます。

南京錠売り場

(ガーデン目の前の南京錠売り場)

観覧車

アジアティークの観覧車

観覧車の周りは、子供用の乗り物があるキッズエリアにもなっています。

日によっては着ぐるみのピカチュウ(許可を取っているかは不明だが)が歩いていたり、子連れが楽しめるエリアです。

アジアティークの観覧車2

(観覧車。料金は大人400バーツ/子供250バーツ)

アジアティークのメリーゴーランド

(メリーゴーランドもある)

その他、ゴーカートやバスケットのフリースロー台などの大人も楽しめるアトラクションがあります。

ちょっとした遊園地のようなので、子連れ旅行者の方は行ってみると良いです。

ファクトリー・エリア

アジアティークのセンスの良い女性物洋服店

ブランド物のブティックが連なるエリア。

最初に紹介したチャルンクルンエリアとは異なり、ローカル価格の雑貨店はありません。

割と高め(1点500バーツ〜1,000バーツ以上)の「タイではハイソ」と認識されるような(準)高級ブランドのテンポを多々見かけます。

一般的な旅行者にとっては、あまり興味をそそられないエリアかもしれません。

どちらかと言えば、高級志向なタイ人の買い物客が多いです。

アジアティーク ファクトリー地区の洋服屋

(日本でも見かけそうなアイテムが多いので個人的にもそこまで惹かれなかった)

時間がない人は、わざわざ立ち寄らなくてもよさそうなエリアです。

ウォーターフロント・エリア【デートはここで!】

アジアティークのウォーターフロントエリアにある遊歩道

チャオプラヤー川に沿った遊歩道や、BTSサパーンタクシンからのシャトルボート到着場所(後述)があるエリア。

また、川沿いレストランやバー(やや高級)が連なっているため、雰囲気重視で食事を楽しみたい人は、ウォーターフロントエリアで食べるのがおすすめです。

アジアティーク ウォーターフロント地区の路面店カフェ風の軽食店

(川沿いのレストランバー)

食後は遊歩道で川の風を感じながら、思い思いにふけりましょう。

ウォーターフロントエリアにあるアジアティークの看板

(記念撮影スポットになっているアジアティークの看板もある)

食事に関しては、以下で紹介する「バーンカニタ」が個人的には一押し。

おすすめレストラン「バーンカニタ」

アジアティークのバーンカニタの外観

バーンカニタはミシュランガイドを受賞したり、タイ国内において「最高級」と言われ続けている有名なレストランです。

少々料金がお高いですが、味は本物。

料理は、自家農場にて天然肥料だけで育てた有機野菜やハーブを使っているのが特徴です。

また、一軒家スタイルの店構えなので雰囲気も良いです。

バーンカニタの料理1

タイ風のサラダ「プラー ドゥック フー(Pla Dook Foo)」320バーツ

バーンカニタの料理2

バーンカニタのマッサマンカレー

マッサマンカレーは290バーツ。

 

メニューは英語表記に加えて写真も付いてます(一部メニューには写真がない)。かなり外国人を意識した味なので、日本人でも食べやすいです。

バーンカニタはガイドブック等では定番中の定番タイ料理レストランとして知られているので、タイ料理初心者でも抵抗なく食べられるでしょう。

予算は、ビール等も飲んだら一人あたり600バーツ前後といったところ。

アジアティークにあるレストランの中では最も高級ですが、味も最高級なので是非。

屋台で食べるより、確実に思い出に残ります。

アジアティーク ザ リバーフロントへの行き方

アジアティーク ザ リバー フロントへ行くには、以下3つの方法が一般的です。

  • タクシーで向かう
  • BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)から無料のシャトルボートに乗る
  • ツアーを利用する(日本語ガイド・宿泊ホテル送迎付きツアーあり)

おすすめなのはBTS サパーンタクシンからの無料シャトルボートです。ボートで行くとワクワク感が随分違ってくるので楽しいです。

以下で、各アクセス方法について詳しく解説します。

タクシーで行く

サパーンタクシン駅からアジアティークの地図

アジアティークの最寄り駅はBTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)です。

BTS路線図 サパーンタクシン

(ピンク色の四角で囲んでいる駅がBTSサパーンタクシン)

BTS サパーンタクシンからアジアティークまでの距離は約2km。所要時間7分程度なので、一番手っ取り早い方法と言えます。

BTS サパーンタクシンからタクシーを利用する場合は、40バーツ前後を見ておくと良いです。

 

スクンビット(BTS アソーク周辺)からであれば、距離は約15km。
所要時間は混み具合にもよりますが25分〜30分前後。料金は100バーツ前後を見ておくと良いです。

カオサンロード周辺からであれば、距離は約12km。所要時間は25分前後。料金は同じく100バーツ前後です。

ただ、夜のバンコクは渋滞の可能性が非常に高いので、タクシーに乗るなら最寄りのBTSサパーンタクシンからの利用がベター。

BTS サパーンタクシンから無料のシャトルボートで行く

無料のシャトルボートはBTS サパーンタクシン⇔アジアティーク間を毎日16:00〜23:30の間、約20分に一回ほど行き来しています。

シャトルボート乗り場への行き方は、以下の通り。

まず、BTS サパーンタクシンの2番出口を降ります。

BTS サパーンタクシンの2番出口

(2番出口前の案内板には「ASIATIQUE The Riverfront」と書かれている)

2番出口を降りて道なりに進むと、船着き場に到着します。

BTS サパーンタクシンの船着き場

船着き場奥にアジアティーク行き専用の乗り場があります。外国人が大勢並んでいるので分かりやすいでしょう。船が来たら、係員の指示のもと乗り込むだけです。

アジアティーク行きの船乗り場

(アジアティーク行き船乗り場。赤い看板が目印)

アジアティーク行きの無料シャトルボート1

(アジアティーク行きの船)

チャオプラヤー川の景色を5分も楽しんでるとアジアティークが見えてきます。

アジアティーク行きのシャトルボートから見える景色

ちなみに、船が到着する場所はウォーターフロントエリアです。以下の地図で言うと黒丸❹の場所。

アジアティークの地図

帰りのBTS サパーンタクシン行きの船乗り場も同じ場所にあるので、覚えておきましょう。

アジアティークからBTS サパーンタクシン行きの最終便は23:30です。

BTSサパーンタクシン行きの船乗り場1

BTS サパーンタクシン行きの船乗り場

(「BTS SAPHAN TAKSIN」と書かれている場所に並んで船を待つ)

ツアーを利用する(日本語ガイド・ホテル送迎付きあり)

自力での行き帰りに不安がある人、海外旅行に慣れていない人は日本語ガイド付き + 宿泊ホテル送迎付きツアーを利用すると良いです。

>>>ニューハーフショー「カリプソキャバレー」 + アジアティーク散策【日本語ガイド + 宿泊ホテル送迎付き】

上記ツアーであれば、アジアティーク散策に加えてカリプソキャバレーの鑑賞もできます。

英語とタイ語が話せなくても、ガイドの案内でショーの客席場所を把握できたり、自分が買いたい物がある店も案内してもらえます。

宿泊ホテルへの送迎付きなので、アクセス方法を考えてなくて良いのもメリット。

タクシーで帰る人は流しを捕まえよう

アジアティークからホテルへ帰る場合は、チャルンクルン地区から一旦道路に出て流しのタクシーを捕まえるのがベターです。

帰るのタクシーを捕まえられる場所

道路近辺にはアジアティークが設置しているタクシーカウンターもありますが、利用しない方が良いです。

アジアティークのタクシーカウンター

(アジアティーク内のタクシーカウンター)

アジアティークのカウンターで乗るタクシーはメーターを使ってくれないことが多いです(ドライバーにもよるが)。

また、時間帯によっては多くの観光客がタクシーカウンターに並んでいます。

その他、チャルンクルン地区側の道路にて客待ちしている多くのタクシーやトゥクトゥクも同様で、メーターを使用せず相場より高い料金をふっかけてくるでしょう。

 

そのため、自分がタクシーで帰る場合は、いつも一旦道路に出てから少し歩いて、メーターを使ってくれる流しのタクシーを捕まえています。

アジアティークの営業時間

毎日17:00〜24:00

お土産購入もOKなカップル・子連れスポット

アジアティークの雑貨屋

バンコクには有名なナイトマーケットが複数存在しますが、カップル・子連れ向けに特化したナイトマーケットに行くならアジアティークがおすすめです。

「行けば何かがある」と思わせてくれるほど規模が大きく、店の数が多いので、是非足を運んでみて欲しいです。

全体の雰囲気としては、そこまでのローカルは感じられませんが、タイ旅行が初めての人にとってはとっつきやすく、ストレスなく観光できるでしょう。

 

その他、バンコクにある全てのおすすめナイトマーケットに関しては、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクナイトマーケットのアイキャッチ画像
バンコクのおすすめナイトマーケット7ヶ所。屋台料理と雑貨が豊富なタイの夜市。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。