【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

バンコクからカンチャナブリーへの行き方【バスか鉄道が絶対におすすめ】

カンチャナブリーへの行き方アイキャッチ画像

バンコクからカンチャナブリーへ行くには、以下3つの方法があります。

  • 南バスターミナルからバスでアクセス
  • トンブリー駅から鉄道でアクセス
  • チャトゥチャックからミニバス(ロットゥー)でアクセス

いずれのアクセス方法も、カンチャナブリーまでの所要時間は約3時間を見ておくと良いです。

ただ、個人的にミニバス(ロットゥー)でのアクセスはおすすめしません。

なぜなら、ミニバスは乗り心地が悪い(すし詰め状態)うえに、運転が荒いです。事故も多発しているため、3時間も乗るのは結構しんどいです。

アユタヤのような1時間強でアクセスできる場所ならまだしも、カンチャナブリーへのアクセスにミニバス利用はおすすめしません。

そのため、この記事では3つ全てのアクセス方法を紹介してはいますが、タイトルにもあるようにバスもしくは鉄道でのアクセスを強くおすすめします。

以下は、各アクセス方法の乗り場・時刻表・料金です。

乗り場時刻表料金
❶バス南バスターミナル
  • 5:00〜20:00まで
  • 20〜30分に1本
110バーツ
❷鉄道トンブリー駅
  • 7:45発
  • 13:55発
100バーツ
❸ミニバス
(ロットゥー)
チャトゥチャック
ミニバスステーション
  • 5:00〜20:00まで
  • 約1時間に1本
120バーツ

以下は各交通機関の乗り場の場所を記したバンコクの地図です。

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • ❶ = 南バスターミナル
  • ❷ = トンブリー駅
  • ❸ = チャトゥチャックミニバスステーション

南バスターミナルからバスでアクセスする

バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)

(バンコク南バスターミナルの外観)

南バスターミナルからのバスでのアクセスは一番てっとり早くておすすめです。

バスの本数が多い上に、たったの110バーツでアクセスできます。また、バスにはトランクルームも設備されているため(ミニバスには無い)、泊まりの荷物を持っていても大丈夫です。

カンチャナブリー行きバスチケット購入場所

バンコク南バスターミナル(サイタイマイ)のチケットカウンター

南バスターミナルの2階に上がると、上写真のように各方面へのバスチケットカウンターがずらりと並んでいます。

ざっと見た感じ80以上ものカウンターが並んでいるため、自力で探すよりもインフォメーションカウンター(中央にある)で「カンチャナブリー?」と聞いた方が早いです。

カンチャナブリー行きバスチケットは、79番・80番のカウンターで購入できます。

バンコク南バスターミナルのカンチャナブリー行き80番カウンター

しかし、コロナの影響でバスチケットカウンターの増減や各カウンターが移動している可能性がないとも言えません。

なので、念の為インフォメーションカウンターでカンチャナブリー行きバスチケットカウンターの場所を聞きましょう。

チケット(110バーツ)を購入したら、係員がバス乗り場まで案内してくれます。

上述したように、カンチャナブリー行きのバスは5:00〜20:00まで、20〜30分間隔で1便が出発しています

カンチャナブリー行きのバス

カンチャナブリー行きのバス

バスはトランクルームが設備されています。泊まりで行く人の荷物を収納できます。

バス車内はエアコンが効いているため、羽織る物を必ず持っておきましょう(冷房ガンガンなので結構寒いです)。

カンチャナブリーまでの所要時間は約3時間です。バスターミナル内で軽食や飲み物を買っておくと良いです。

バス到着場所

南バスターミナルを出たバスは、約3時間で下Googlemapが記すカンチャナブリーバスターミナルに到着します。

バスターミナル周辺には側車付きのバイタクやトゥクトゥクが客待ちしています。バスターミナルに到着したら、これら交通機関を利用して目的地へと行きましょう。

カンチャナブリーバスターミナル周辺で客待ちしている側車付きのバイタク

(側車付きのバイクタクシー)

ちなみに、カンチャナブリーバスターミナルからエラワンの滝へ行くバスも出ています。そのままエラワンの滝行きバスへ乗り換えることもできます。

詳細は以下の記事を参考にどうぞ。

エラワンの滝
エラワンの滝。タイで最も美しい滝の水遊びポイントと行き方を紹介します。

バンコク南バスターミナルへはタクシーでアクセスしよう

南バスターミナルはバンコク中心部から若干距離が離れています。

アソーク(Asok)やシーロム(Silom)からは、車で約30分、カオサン通り周辺からは車で約20分です。

南バスターミナル周辺には鉄道が走っていません。そのため、利用できるアクセス方法はバスかタクシーのみです。

街中からタクシーに乗ってもせいぜい200バーツ前後でアクセスできるので、タクシーでのアクセスがベストです。

南バスターミナルの最寄り鉄道はです。バーンワーからであればタクシーで80バーツ程度でアクセスできます。

タクシー運転手に行き先を伝えるさい、「サウスバスターミナル」と言っても伝わらないことが多いので、「サイタイマイ」と言うか、もしくはタイ語表記「สายใต้ใหม่」を見せると良いです。

トンブリー駅から鉄道でアクセスする

トンブリー駅

(トンブリー駅)

トンブリー駅からのアクセスは、車窓からの景色を楽しみたい人、鉄道での旅が好きな人におすすめの行き方です。

注意

ただし、鉄道は本数が少ない(1日2本しかない)ので少々使い勝手が悪いです。

カンチャナブリー行き鉄道の時刻表

以下はトンブリー駅発、カンチャナブリー駅着の時刻表です。

トンブリー発
(Thon Buri)
カンチャナブリー着
(Kanchanaburi)
7:4510:25
13:5516:24
MEMO

正確な時刻表については、以下のサイトでも確認をどうぞ。

>>>タイ国有鉄道公式サイト(時刻表)

上記サイトにて、左側に「Thon Buri」、右側に「Kanchanaburi」と入力して検索をかけると、正確な時刻表が表示されます。

鉄道のチケットは100バーツです。トンブリー駅内にあるチケットカウンターで「カンチャナブリー」と伝えれば購入できます。

車窓からの景色を楽しむ

カンチャナブリー行き鉄道の中

(カンチャナブリー行き鉄道の中)

カンチャナブリー駅までは、長閑のどかな田舎町の風景が続きます。

車内にはトイレが設置されています。また、荷物棚も設置されているので、泊まりで行く予定の人でも乗車して大丈夫です。

のんびりと田舎の風景を楽しみましょう。

鉄道の到着場所(カンチャナブリー駅)

トンブリー駅を出発した鉄道は、下GoogleMapにて記しているカンチャナブリー駅に到着します。

上述したバスターミナル同様、カンチャナブリー駅周辺には客待ちのトゥクトゥクや側車付きのバイクタクシーが待機しています。

到着後は、これら交通機関を利用して目的地へと行きましょう。

カンチャナブリーを越えナムトックまで戦場にかける橋を見に行く

トンブリー駅からナムトック駅までの路線図

カンチャナブリー駅を越え、そのまま終点のナムトック駅を目指すと、「戦場にかける橋」で有名になった「クウェー川鉄道橋」の他、「チョンカイの切り通し」や「アルヒル桟道橋(タム・クラセー橋)」を見ることができます。

泰緬鉄道の見所MAP

クウェー川鉄道橋

(クウェー川鉄道橋)

チョンカイの切り通し

(チョンカイの切り通し)

列車から見たアルヒル桟道橋

(アルヒル桟道橋)

泊まりでカンチャナブリーを観光する予定の人は、翌日以降、カンチャナブリー駅からナムトック駅方面の鉄道に乗り、これらカンチャナブリー観光のハイライトを見学しに行くと良いです。

ちなみに、バンコクから列車に乗って日帰りで上記の見どころを見て帰ることもできます。

詳細は以下の記事を参考にどうぞ。

アルヒル桟道橋を通る列車から身を乗り出して景色を見ている観光客
バンコクから日帰り泰緬鉄道への行き方。乗り方、時刻表、見どころも解説。

ミニバス(ロットゥー)でカンチャナブリーへ行く

個人的にはおすすめしませんが、念のためミニバス(ロットゥー)でのアクセス方法も紹介しておきます。

MEMO

ロットゥーとは、タイ全土で日常的に利用されている13人乗り程度のミニバンです。はっきり言って乗り心地は悪いです。アユタヤなどの近場へ行くなら乗るのもあり。

ロットゥーの車内

(ロットゥーの車内)

チャトゥチャックミニバスステーション

ただ、ロットゥー乗り場はこの記事で紹介しているカンチャナブリー行き公共交通機関3ヶ所の中で、一番バンコク市街から近い場所に位置しています

そういう意味では使い勝手は良いです。

カンチャナブリー行きのロットゥーには、チャトゥチャックミニバスステーションから乗車できます。

チャトゥチャックミニバスステーションの外観

(チャトゥチャック ミニバスステーション)

以下は、チャトゥチャックミニバスステーションの場所を記したGoogleMap

チャトゥチャック ミニバスステーションの最寄りはBTSモーチット(Mo Chit)です。

モーチットからタクシーもしくはバイクタクシー(モタサイ)で5分程度でアクセスできます。

運賃は20〜40バーツ程度。

MEMO

運転手に行き先「チャトゥチャック ミニバスステーション」を伝える際は、タイ語表記「รถโดยสารขนาดเล็ก จตุจักร」を見せると良いです。

カンチャナブリー行きチケット売り場

チャトゥチャックミニバスステーション内は、A棟〜D棟の4つの棟に分かれています。

カンチャナブリー行きロットゥー乗り場はD棟です

チャトゥチャック ミニバスステーションのD棟

(D棟)

D棟の8番カウンターでカンチャナブリー行きロットゥーのチケットを購入できます。

チャトゥチャックミニバスステーションD棟の8番カウンター

ロットゥーのチケットは120バーツです。

ロットゥーは5:00〜20:00まで、約1時間に1便が出発しています。

(ただし、基本的にロットゥーは乗客が定員に達し次第発車するので、場合によっては1時間以上待つ、もしくは1時間も待たずに出発する可能性もあり。)

ロットゥー利用の注意点

ロットゥーはバスや鉄道と異なり、トランクルームや戸棚が設置されていません。後部に少しの荷物スペースがあるだけです。

そのため、他の乗客の荷物で荷物スペースが一杯になっている場合は、2席分のチケットを購入して、空いた席に荷物を積むことになります。

その場合、荷物分の席と合わせて合計240バーツ支払う必要があります

こうした理由も含め、個人的にロットゥーの利用はおすすめしていません。

ロットゥーの到着場所

ロットゥーの到着場所もバス同様にカンチャナブリーバスターミナルです。

到着後は、バスターミナル周辺で客待ちしている側車付きのバイタクやトゥクトゥク等で目的地へと行きましょう。

まとめ

個人的には最もおすすめの方法はバスです。安い上に便数が多いので一番使い勝手が良い交通手段と言えるでしょう。

多くの人も大抵は南バスターミナルからバスを利用してカンチャナブリーにアクセスしています。

車窓からの景色を楽しみたい人は、鉄道で行くのもありですね。

カンチャナブリー旅行を計画している人の参考になれば幸いです。

カンチャナブリーのおすすめ観光地まとめについては、以下の記事を参考にどうぞ。観光完全ガイドです。

クウェー川鉄橋(戦場にかける橋)を走る列車
カンチャナブリー観光の完全ガイド。安い旅費でたっぷり観光できる!バックパッカーにもおすすめの都市。

カンチャナブリーのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。デザイン、立地共に優れたコスパの良いホテルだけを紹介しています。

インチャントリードゥープール(inchantreedoopool)の屋上プール
カンチャナブリーのおすすめホテル。立地が良くてコスパ高い!デザインも素敵な格安ホテル〜高級ホテルまで。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。