スクンビットのおすすめゲストハウス・格安ホテルを元バックパッカーが厳選してみた。

スクンビット

(スクンビット通り)

バンコクのゲストハウス・格安ホテル街といえば、カオサン通りルンピニーなどが有名ですが、最近はスクンビット通りにもゲストハウス・格安ホテルが目立ちます。

スクンビット通りはBTSが走っている上に、名だたるショッピングモールが立ち並び、夜遊びエリアも豊富でバンコク一利便性の高いエリアです。

バンコク=スクンビットをイメージしている人も少なくないかと思います。

ナナ付近 スクンビット

(特に夜のアソーク〜ナナ間は、あらゆる人種と欲望が入り乱れていて、歩くだけでも面白い。www.flickr.com

バンコク滞在の目的にもよりますが、スクンビット周辺に滞在して不便を感じる旅行者はいないでしょう。

近年はバックパッカー達も、カオサンなどの有名ゲストハウス街に滞在した後、スクンビットに移る人が増えているようです。

スクンビット沿いでバックパックを背負った旅人を見かけるのは珍しくありません。

 

今回の記事では、スクンビットでゲストハウス・格安ホテルを探している人に向けて、何度もスクンビットの安宿に滞在した自分がおすすめの場所を紹介していきます。

いずれの宿もスクンビット沿いまたはスクンビット沿いから徒歩でアクセスできる立地にあるので、利便性は高いです。

スクンビットの安宿事情

スクンビットにあるゲストハウスのベッド

スクンビットのゲストハウス・安宿は、カオサン等のゲストハウスと比べて利便性は高いですが、同時に宿泊費も高いです。

宿泊する部屋のグレードにもよりますが、有名安宿街と比べ1泊あたり1,000円〜1,500円程度高いと思っておいた方が良いでしょう。

スクンビット沿いにも、中にはとんでもなく安いゲストハウスもあります。しかし、その多くはとんでもなく騒音が響くだとか、虫が出る、異臭がする、水シャワーのみなど、我々日本人旅行者が泊まるには少々難儀な宿ばかりです。

そのため、スクンビットは立地条件を優先したい人向けのエリアと言えるでしょう。

例えば外こもりのように、ひたすら節約してできるだけ長期間タイに滞在するのが目的の人には向いてないエリアと言えます。

 

ゲストハウス・安宿とはいえ、スクンビットで快適な宿に泊まるのであれば安くても1泊2,000円以上は見ておいた方が良いです。1泊3,000円前後の宿もあります。

ただし、その他の安宿街より少々高いだけあって、客室内装や設備は上出来です。

また、後述にて詳細は記載していますが、中にはJF(ジョイナーフィー)無料の宿もあります。とことん宿泊費を削って夜遊びに専念したい方にとっても便利でしょう。

他のゲストハウス街のゲストハウスより客室が広いので、友達同士でシェアして一緒に泊まるという使い方も大いにありです。

2人で泊まれば一人当たりの宿泊料金はそこまで高くありません。

おすすめのゲストハウス・安宿

スクンビットと行っても範囲が広いので、今回の記事ではとりわけて旅行者に需要があるアソーク(Asok)、プロンポン(Phrom Phong)、トンロー(Thong Lo)、エカマイ(Ekkamai)、プラカノン(Phra Khanong)、オンヌット(On nut)の7つの駅周辺を中心に紹介します。

紹介する宿は全て以下MAPに記載しています。

上MAPでは、各ゲストハウス・安宿を1〜8の番号で記しています。

また、BTS アソーク〜BTS オンヌットの各駅を青色の電車マークで記しています。

各ゲストハウス・安宿の詳細は、以下のリンクからも確認可能です。

  1. ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)【最寄り:BTS アソーク】
  2. レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)【最寄り:BTS アソーク】
  3. ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)【最寄り:BTS プロンポン】
  4. MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)【最寄り:BTS プロンポン】
  5. パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)【最寄り:BTS トンロー】
  6. ナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)【最寄り:BTS エカマイ】
  7. リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)【最寄り:BTS プラカノン】
  8. K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)【最寄り:BTS オンヌット】

各ゲストハウス・安宿は予約をしなくても空室があれば泊まれますが、飛び込みだと予約するより確実に高くなります

中にはネットで予約するより500バーツも高くなるホテルもあるので、事前に予約しておくことを強くおすすめします

<MAP上番号1>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の外観

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)は、BTS アソークから300mとの場所ある格安ホテルです。

1階にはカフェが併設されていて外見がお洒落。スクンビット道路沿いに面しているので見つけやすいです。

1泊の宿泊料金は2,500円前後です。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の客室1 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の客室2

写真の客室はスーペリア (Superior)。窓はありませんが、広さが21㎡とそれなりにあるので狭苦しい感覚はありません。

収納棚やセキュリティーボックス、小型冷蔵庫が完備してあり、ベッド足側の扉がシャワールームというシンプルな設計の部屋です。

特に良かったのはコンセントがベッドから手の届く範囲にあるという点。

寝ながらスマホをいじれます。安宿の中にはベッド周辺にコンセントがなくて、スマホ世代の我々からすると意外に不便に感じることもあります。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の収納 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の冷蔵庫

セキュリティーボックスは収納の中にあります。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のドライヤー

ドライヤーと無料のボトルウォーター2本も完備。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)のシャワールーム ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のシャワールーム1

シャワールーム。湯温量共に調子が良く突然水シャワーになるようなことはありませんでした。

また、シャンプーとボディソープも完備してあるので安宿にしては快適です。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のエントランス

レセプションはこじんまりとしています。

深夜になると受付の人はソファーで横たわって寝ていますが、起こせば対応してくれます。

スクンビット通りに面していますが特別騒音が響くこともなく、駅近なのでとても快適に過ごせた安宿の一つです。

レビューを見る限りでは、部屋によってはBTSが走る音がするそうですが、BTSは深夜0時頃には終電なので寝るのに心配はいらないでしょう。

ホテルの隣にはコンビニもあるので利便性も良いです。JFは無料です。寝るだけで使用する人が多いかと思いますが一応連れ込めます。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

<MAP上番号2>レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)

レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の外観

レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)は、BTS アソークから約600mの場所に位置する格安ホテルです。

丁度BTS アソークとBTS プロンポンの中間にあります。

1泊の宿泊料金は3,500円前後。格安ホテルの中では高めの宿泊費ですが、ホテル中庭にプールがあり都会の中心にいながらちょっとしたリゾート感が味わえます。

 

ベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)のプール

中庭のプール

 

 レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の客室1  レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の客室2

写真の客室はベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)。広さは25㎡です。

収納や机、湯沸かしポッドなどは一通り揃っています。

タブルベッド1台かシングルベッド2台のどちらかを選択可能なので、友達同士での宿泊にも使えます。

宿泊料金はシーズンにもよりますが、1泊3,000円前後。2人で泊まれば一人当たり1,500円で済むのでリーズナブルに感じるでしょう。

 

レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)のシャワールーム1 レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)のシャワールーム2

シャワールーム。シャンプーとボディソープは完備。

 

スクンビットのゲストハウス・格安ホテルなのにプールがあるのがメリットのホテルです。

また、上述したようにシングルベッド2台の部屋を選択すれば友達同士での宿泊もできます。

BTS アソークとBTS プロンポンの丁度中間という立地も人によっては好都合でしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)

<MAP上番号3>ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)の外観

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)は、BTS プロンポンからわずか150mほどの場所にある格安ホテルです。

BTS プロンポン目の前を伸びるSoi 37に入り、突き当りにあるワット・ポーマッサージを左折した場所にあります。

soi 37の突き当たり

 

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)は、バンコクを中心に展開するホテルチェーン「ナントラグループ」のプロンポン店です。

ナントラグループはその他にも、後述するナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)や、シーロムにあるナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)が有名です。

1泊3,000円以下という安価な宿泊料金ながらも、それなりに清潔で広々した客室なので低予算旅行者には定番のホテルとなっています。

 

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)の客室1 ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)の客室2 ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)のテレビ

写真の客室はデラックス(朝食付き) (Deluxe With Breakfast)。広さは23㎡です。

シンプルで小綺麗な部屋でした。こちらもシングルベッド2台にして、友達同士で宿泊するという使い方ができます。

 

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)のシャワールーム1 ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)のホットシャワー2

シャワールーム。シャンプーとボディソープ完備。

 

これといった特徴のないシンプルなホテルですが、水回り含めて清潔感はあるので安ホテルにしては快適に過ごせます。

また、ホテル周辺は「イムちゃん」などの比較的安価な食堂もあるので、滞在においての出費はそこまで高くつかないでしょう。

イムチャン

(イムちゃん。お腹いっぱい食べても200バーツ程度で済む食堂。タイ料理が中心)

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)周辺の観光情報については、以下の記事も参考にして頂ければと思います。

BTS プロンポン周辺の観光情報。バンコク最大の日本人街。
(BTS プロンポン)BTS プロンポン(Phrom Phong)は、バンコク都内を走る高架鉄道BTSのスクンビット線上にある駅です。BTS プロンポンがある大きな道路(上写真)は「スクンビット(Sukhumvit)通り」と名付けられています。このスクンビット通りに沿って西側に進むとBTS アソ...

BTS プロンポン目の前ということで、コンビニなどもありますし利便性は高いです。ちなみにJFは無料です。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)

<MAP上番号4>MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)の外観

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)はBTS プロンポンから約400m、徒歩5分程度の場所にあるゲストハウスです。

一見民家の玄関にも見えますが、中に入るとバーのような姿をしたエントランスになっています。

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)のエントランス

エントランス。宿泊客は西洋人バックパッカーが多かったのですが、こうした作りが気に入られているからかもしれません。

 

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)の客室1 MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)の客室2

写真の客室はダブル (Double)。広さは22㎡です。

いかにもゲストハウスといった作りで、カオサン辺りでの滞在経験がある人にとっては落ち着く客室でしょう。

宿泊料金は1泊2,600円ほど。テレビ、エアコン、収納などは一通り完備されています。

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)のシーリングファン

シーリングファン付きでちょっとお洒落です。

 

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)のベッド

ベッド

 

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)のシャワールーム

シャワールームは、トイレとシャワーブースに仕切りがあるのでトイレ側が水浸しになりません。

アメニティーは置いてないので近くのコンビニで買い揃える必要があります。

WiFi感度、シャワー湯温量共に調子は良いので滞在自体は快適です。

スタッフの対応も良く概ね満足できるゲストハウスでした。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)

<MAP上番号5>パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)の外観

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)は、BTS トンローのほぼ目の前を伸びるsoi53にある小さなゲストハウスです。

駅の目の前という立地が魅力的。

レセプションや共用通路などの内部もこじんまりとしていますが、部屋は普通のゲストハウス並みで1人滞在なら十分な広さです。

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)の客室から見える風景

(ゲストハウス客室の窓からはBTS トンローが見える。このくらい近い場所にある)

 

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)の客室1 パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)の客室2

写真のルームタイプはスーペリア ダブル (Superior Double)。広さは20㎡です。

決して広くはないですが、テーブルや椅子が置いてありゲストハウスにしてはのびのびと滞在できます。

 

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)の冷蔵庫

小型冷蔵庫、湯沸かしポッド、コーヒーなど完備。

 

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)のベッド

ベッド

 

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)のシャワールーム1 パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)のシャワールーム2

シャワールーム。ホットシャワーが出ます。アメニティはシャンプーとボディソープのみです。

 

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)のエントランス

レセプションではタンタンとスノーウィーがお出迎え。

 

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)は、レセプションの業務が23:00で終了してしまいます。

23:00以降にチェックインする場合は、レセプションに書いてある電話番号に電話してフロントスタッフに来てもらうという流れになるので要注意です。

23:00以前にチェックインできる方は特に気にすることではありませんが、飛行機が遅れてチェックインが23:00以降になる可能性がある人は注意してください。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)

<MAP上番号6>ナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)

ナントラ エカマイ ホテルの外観

ナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)は、上で紹介したナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)のエカマイ支店です。

ホテル内部の作りと宿泊料金はほぼ同じです。ナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)は、東バスターミナルに近いので、例えば翌日パタヤ行きを控えている人などには良い立地でしょう。

BTS エカマイから400m、徒歩5分程度の場所に位置しています。

 

ナントラ エカマイ ホテル 客室1 ナントラ エカマイ ホテル 客室2

写真のルームタイプはスタンダード ダブルベッド (Standard Double Bed)。広さは22㎡です。

小型冷蔵庫、テレビ、セキュリティーボックスなどは完備。

 

ナントラ エカマイ ホテル 洗面台 ナントラ エカマイ ホテル シャワールーム

シャワールーム

 

ナントラ エカマイ ホテル エントランス ナントラ エカマイ ホテル 朝食 ナントラエカマイホテル 朝食

レセプションは朝食会場にもなります。

朝食は毎日同じメニュー(トーストとコーンフレーク)ですが、節約旅行者にとってはないよりマシです。

オレンジジュースやコーヒーも無料で飲めるのでありがたいです。

周辺にはバスターミナルの他にゲートウェイエカマイなどの日本食を食べられる場所もあるので、環境的には良いです。

東バスターミナルから他の都市へ移動する計画がある人は是非。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)

<MAP上番号7>リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)の外観

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)は、BTS プラカノンから300m、徒歩4分程度の場所にある格安ホテルです。

1階がレセプション兼カフェになっています。カフェの営業自体は夜に終わるのですが、スペースは利用できるのでWiFiを繋いでパソコン作業する人に便利です。

客室自体も清潔でそこそこの広さがあるので格安ホテルの中では良い方です。

 

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)の客室1 リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)の客室2

写真のルームタイプはスタンダード ダブル (Standard Double)。広さは18㎡です。

ベッドの周りに机、洋服掛けなどがあるだけのコンパクトでシンプルな客室。

セキュリティーボックスも完備しています。

 

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)のベッド

ベッド。クッションがカラフルで可愛い。

 

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)の作業机 リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)の水

無料のボトルウォーター2本と湯沸かしポッドも完備。

 

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)のシャワールーム2 リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)のシャワールーム1

安ホテルですが水周りに清潔感があり、湯温量共に調子良いです。

シャンプーとボディソープも完備しています。

 

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)のカフェ2 リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)のカフェスペース2 リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)のレセプション

1階のセレプション兼カフェ。WiFiの感度がサクサク速いので、夜通しパソコン作業をする人にとっては良い滞在先となるでしょう。

実際、外国人のノマドワーカーのような人が何人か深夜までパソコンを触っていました。

ちなみにJFは無料です。自分が連れてきた時はIDチェックすらされませんでした。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)

<MAP上番号8>K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)

k79-room-hostel-photoの外観

K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)は、BTS オンヌットから180m、徒歩2分程度の場所にあるゲストハウスです。

隣にはバンコクでおすすめの両替所の記事でも紹介した「K79 Exchange」が併設されています。

たまにバンコクの中でもTOP3に入るほどレートの良い日があるのでおすすめの両替所です。

周辺にはコンビニやラーメン屋「七星」、またBIG Cやテスコロータス(中にフードコートあり)もあり、非常に利便性の良い立地と言えます。

 

K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)の客室1 K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)の客室2 K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)のシャワールーム

宿泊料金はシーズンにもよりますが1泊2,700円程度。

写真の客室はスタンダード ツインルーム (Standard Twin Room)ですが、その他にドミトリーもあります。

ドミトリーは1泊1,200円前後なので、極力宿泊費を浮かせたいバックパッカーなどはドミトリーに泊まるのがおすすめです。

 

オンヌットは所謂ベッドタウンなので、観光地みたく派手な建物はありませんが、タイ人の生活を垣間見れる風情溢れる地域です。

普通の旅行では垣間見れない光景を見てみる旅も面白いかもしれません。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)

まとめ

今回紹介したゲストハウス・格安ホテルのまとめです。

▽ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の外観
  • BTS アソークから300m
  • 無料のボトルウォーターやドライヤーまで完備している使い勝手の良い格安ホテル
  • JF無料

▽レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)

レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の外観
  • BTS アソークとBTS プロンポンの丁度中間にある格安ホテル
  • 中庭にプールがあり、都会にいながらリゾート気分が味わえる
  • 友達と2人でシェアするという使い方もおすすめ

▽ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)

ナントラ スクンビット 39 ホテル (Nantra Sukhumvit 39 Hotel)の外観
  • BTS プロンポンからわずか150mの場所にある格安ホテル
  • 23㎡と格安ホテルにしては広々した客室
  • JF無料

▽MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)

MHC ゲスト ハウス (MHC Guest House)の外観
  • BTS プロンポンから400mの場所にあるゲストハウス
  • レセプションがバーのような作りになっていてお洒落
  • 一般的なゲストハウスと同じような作りで清潔感がある

▽パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)

パディ マディ ブティック ゲスト ハウス (Padi Madi Boutique Guest House)の外観
  • BTS トンロー目の前にあるゲストハウス
  • 客室からBTS トンローが見えるくらい近い
  • 23:00以降のチェックインはレセプションに書いてある番号に連絡してスタッフを呼ぶ必要があるので注意

▽ナントラ エカマイ ホテル (Nantra Ekamai Hotel)

ナントラ エカマイ ホテルの外観
  • BTS エカマイから400mの場所にある格安ホテル
  • 東バスターミナルが近いので、翌朝にパタヤへ行く時などに宿泊すると便利
  • ゲートウェイエカマイなど日本食を食べられるモールも近くにある

▽リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)

リトル コーナー ホテル (Little Corner Hotel)の外観
  • BTS プラカノンから300mの場所にある格安ホテル
  • 1階のカフェスペースは24時間使えるのでパソコン作業をしたい人にとっては便利
  • JF無料。IDチェックなし

▽K79 ルーム ホステル (K79 Room Hostel)

k79-room-hostel-photoの外観
  • BTS オンヌットから180メートルの場所にあるゲストハウス
  • 周辺にはセブンイレブン、ラーメン屋、BIG C、テスコロータス、両替所などが揃っているので不便はない
  • ドミトリーもあるので節約旅行者も使える

【関連記事】

バンコクのおすすめゲストハウス街まとめ。

バンコクでゲストハウスが集まる場所を全て紹介するよ。
(左上:ルンピニー。右上:チャイナタウン。左下:カオサンロード。:右下:ソイカセムサン)タイの首都バンコクは、世界の中で最も外国人渡航者が多い都市です。クレジットカードの大手である米マスターカードが実地した調査によると、2015年のバンコクの外国人宿泊客数は219...

バンコクの格安ホテルの中でも、JF無料で快適に過ごせるホテルのみをまとめました。

バンコクの格安ホテル。JF無料でコスパの高いホテルだけを厳選して紹介。
夜遊び目的でバンコクへ行く人の中には、ホテル代を出来るだけ安くして、その分のお金を他のことに回したい人も多いと思います。ただ、格安ホテルとなると、どうしても部屋が狭すぎたり汚かったり、また立地があまりにも悪かったりで「あちらを立てればこちらが立たず」状態に...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です