コンラッドバンコクの宿泊レポート。プールにスパ、朝食・アフタヌーンティーの様子も詳しく紹介します。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のアイキャッチ画像

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)は、ヒルトン・ホテル系列のブランド「コンラッド・ホテルズ(Wiki)」が運営するバンコクの五つ星ホテルです。

バンコクの中心街であるBTS プルンチット(Phloen chit)から徒歩約10分の場所に位置しています。

 

コンラッドホテルズは、ヒルトン系列内での序列においてウォルドルフに次ぐ、第2位の上級ブランドです。

東京や大阪に存在するコンラッドであれば、1泊の宿泊料金は4万〜5万円が相場。

しかしバンコクであれば、同じコンラッドであるにも関わらず1泊15,000円前後で宿泊できます。

 

立地も程良く、1泊1,5000円でコンラッドに宿泊できる…さすがバンコク。ホテルのコスパが総じて高い。

ホテル巡りが趣味の筆者としては、一度は泊まっておくべきホテル。

と言うわけで、今回コンラッドバンコクに滞在してきました。

  • 客室の内容
  • プール・フィットネス施設
  • スパ
  • アフタヌーンティー
  • ホテル併設の日本食レストラン「Kisara」
  • 朝食

上記ホテルサービスを全て満喫してきたので、詳しくレポートします。

 

実際に宿泊した感想としては、まずホテル施設・サービスについては全て満足。

さすがは「スマートな贅沢」をコンセプトとしているコンラッドグループと言ったところでしょうか。

特にスタッフの洗練された対応には、ヒルトンに共通する親しみやすさと経験の豊かさを感じられました。

平均的な感覚を持ち合わせている日本人であれば、満足度の高い滞在になるでしょう。

 

強いて懸念を挙げるとすれば立地。最寄りBTSプルンチットから徒歩約10分の距離があります(無料のシャトルバスあり)。

とは言え、BTSプルンチットに直結しているオークラ(1泊約2万)やローズウッド(1泊3万〜4万)に比べると、施設・サービスに一切の見劣は無し。

少々BTSから離れていることを考慮した上で、五つ星ホテルの施設とサービスを安価に堪能したい人には強くおすすめできるホテルです。

公式conradhotels3.hilton.com

全室禁煙

喫煙所は1階のロビー外に設けられています。

JF無料

JF(ジョイナーフィー)は無料です。夜遊びで使う際には宿泊人数を「2人」にしておきましょう。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の外観

(コンラッド バンコクの外観)

コンラッド バンコクは2003年に開業した五つ星ホテルです。

続々とホテルが乱立するバンコクにおいて、2003年開業のホテルは新しい方はないです。

重箱の隅をつつくように欠点を探せば、少々の老朽化程度は見られるでしょう。

 

しかし、2019年に新装されていることもあり、数々のホテルを渡り歩いた筆者の感覚で言えば、新築ホテルと変わりない雰囲気と設備。

客室内カーペットやバスルーム等の水周りに、経年劣化は一切感じられませんでした。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のエントランスロビー

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のチェックインカウンター

中に入ると「さすが五つ星ホテル 」と思わずにはいられない、豪華で静けさのあるロビーが広がっています。

しかし、決しておごそかな雰囲気ではない。カジュアルな格好でゆったりとくつろげる雰囲気です。

 

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のエントランスロビーに置かれている日本の新聞

ロビーには日本の新聞があります。

また、ホテル施設内ではちょこちょこと日本語での案内書きがあります。

海外旅行に慣れていない人でも使いやすいホテルです。

チェックイン時のデポジット

チェックイン時には3,000バーツのデポジットもしくはクレジットカードの提示を求められます。

プレミアキング(Premier King)の客室

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室2

今回、筆者が宿泊した客室は24階のプレミアキング(Premier King)。広さは41平米です。

作業デスクやソファーもあり、ゆったりとくつろげました。

「シンプルモダン」という言葉が似合う客室です。ラグジュアリーホテルにありがちな、過度な調度品などは一切なし。クッションなどの柄も主張しすぎていない。

しかし、光沢のある生地で、それとなく高級感を感じられます。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室窓

個人的に気に入ったのは、め込み窓が大きいこと。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室窓から見える景色

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室窓から見えた夜景

(客室窓から見た昼と夜の景色)

コンラッド バンコクは全32階建て。より高層階の客室であれば、もっとダイナミックな景色がのぞめたでしょう。

予約の際は是非とも「高層階希望」のリクエストを出しておきましょう。

 

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)客室のエアコンパネル

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)客室のナイトパネル

高級ホテルなので当たり前ですが、エアコンやライトの操作パネルを設備。

また、ブラインドも枕元の操作パネルで開け閉めできます。

 

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)客室のクローゼット

クローゼット。

アイロン・アイロン台・ガウン・セーフティボックス・傘を完備。

 

大きな特徴こそありませんが、かと言って単純素朴でもなし。無意識に高級感を感じ取れて、かつくつろげる丁度良い加減の部屋でした。

↓↓客室を360度見渡せるパノラマ写真

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

バスルーム

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のバスルーム1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のバスルーム2

バスルーム

 

バスルームの良いポイントは2点。

  • トイレがウォシュレット付き
  • アメニティがラグジュアリーブランド『シャンハイ・タン』で統一されている

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)バスルームのウォシュレット付きトイレ

ウォシュレット付きトイレは日本人にとっては嬉しいです。

ちゃんと水圧も調整できます。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のアメニティ

そしてアメニティは、欧米セレブがこぞって利用している香港発のブランド「シャンハイ・タン」

ユニセックスな使い心地とでも言うのでしょうか。

シャンプーは男の筆者が使用しても、ハリとボリュームの出る仕上がりの良さ。ちょっと柑橘系で良い香り。

満足のいくバスルームでした。

↓↓バスルームを360度見渡せるパノラマ写真

コンラッドバンコクのバスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーに切り替え可能です。湯温量もバッチリ。

バスルームとベッドルーム間のガラスには、ちゃんとカーテンが設備されています。

プール・フィットネス施設

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のプール1

興奮したのはプール。

筆者が大好きなヤシの木が植えられている南国風の造りです。

物凄く広い!と言うわけではありません。しかし、写真を見て分かるように、他に数グループがいたとしても十分にプールサイドチェアーを使えます。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の子供用プール

水深が浅い子供用のプールもあります。

 

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のプールサイドにあるバー

泳ぎつかれたら、プールサイドにあるバーでマッタリと過ごせます。

このバーも雰囲気が良い。スタッフの愛想も良く、気持ちの良い伸び伸びと過ごせるプールです。

機材が多いフィットネスジム

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のフィットネスジム1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のフィットネスジム2

ランニングマシンやエアロバイク等の定番器具はもちろん、ベンチプレス・ケーブルマシン・レッグエクステンションなども完備。

ホテルのフィットネスジムにしては満足の行く台数と種類。

ホテルにしては安い!シーズンズスパでタイ式アロママッサージ

シーズンズスパ(SEASONS SPA)のマッサージルーム

(マッサージルーム)

筆者がコンラッドバンコク滞在において、最も楽しみとしていたイベントの一つ。

ホテル7階に併設されている「シーズンズスパ(SEASONS SPA)」でのマッサージです。

スパの予約

スパの予約は1階のレセプションもしくは7階のスパ受付で可能です。

大抵の五つ星ホテル併設のスパであれば、アロママッサージ60分で3,800バーツ、90分で4,600バーツ程度と言ったところ。

しかし、シーズンズスパのアロママッサージは、60分で2,900バーツ90分は3,900バーツ

また、その他に子供用のスパメニュー(1,500バーツ〜)もあり。

メニュー表はPDF(英語)にて確認できます。

 

シーズンズスパ(SEASONS SPA)の待合室

シーズンズスパ(SEASONS SPA)のウェルカムドリンク

まずはほのかにアロマの香りが漂う待合室で、ウェルカムドリンクを頂きます。

シーズンズスパ(SEASONS SPA)のマッサージ問診票

続いて、スタッフの丁寧な案内のもと、日本語で記載された問診票を記入していきます。

ここで問診票が日本語なのはありがたいです。

どこを重点的にほぐしてほしいか、どのくらいの強さが良いのか、英語が分からなくてもリクエストできます。

 

シーズンズスパ(SEASONS SPA)の更衣室

シーズンズスパ(SEASONS SPA)のタイマッサージ服

各マッサージルームに備えられた更衣室で着替え、さっそくマッサージ。

シーズンズスパ(SEASONS SPA)でのタイ式マッサージ

施術師さんは物凄く丁寧な方で献身的な対応をしてくれました。

マッサージの強さ、部屋の温度、さらにはBGMの音量まで気遣ってくれる。本当にVIP待遇。

シーズンズスパ(SEASONS SPA)のマッサージルーム2

ベッドの寝心地も抜群。

その辺の安マッサージとは大違いです。ちょっと贅沢な気分を味わいたい人には本当におすすめ。

筆者は90分のタイマッサージを受けましたが(料金は3,200バーツ)、これがもう本当に気持ち良くて気持ち良くて…気が付いたら寝てしまっていました。

 

シーズンズスパ(SEASONS SPA)の休憩室

マッサージ後は、良い感じで薄暗い照明の部屋で温かいお茶を飲みながらリラックス…

感動です。文句ありません。

実は筆者、五つ星ホテルでのスパを受けたのは人生初ですが、良いものですね。これは癖になりそう。

シーズンズスパの営業時間

毎日9:00〜22:00まで

午後はアフタヌーンティーでのんびりと

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のアフタヌーンティー会場

ホテル1階にあるDIPLOMAT BARでは毎日14:30〜16:30の間、アフタヌーンティーを楽しめます。

多くの人は日中は観光に出かけるでしょう。

しかし例えば、旅行最終日のチェックアウト後、飛行機の搭乗時間まで余裕がある場合に時間潰しとして利用するのに便利。

アフタヌーンティーは1人430バーツ2人なら790バーツで利用できます。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のアフタヌーンティーのアフタヌーンティーで食べたスイーツ1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のアフタヌーンティーのアフタヌーンティーで食べたスイーツ2

スイーツの内容は、マカロン・マンダリンオレンジ・ブラックカラントのスコーン・パンプキンマフィン・サンドウィッチなど。

基本的に甘いものがメイン。

思ったよりも量が多くて持て余してしまいましたが(2人でも完食できなかった)、同行者とスイーツをつまみコーヒーを飲みながらダラダラと時間を過ごすには最適。

上述したようにコンラッドバンコクには日本語の新聞もあるので、新聞を読みながらマッタリするのもあり。

観光予定がない日の休憩利用にも最適です。

料金と営業時間
  • 料金 / 1人430バーツ・2人なら790バーツ
  • アフタヌーンティータイム / 毎日14:30〜16:30

ホテル併設の日本食レストラン「きさら」で最高級の和食を堪能する

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)併設日本食レストランKisara

「タイ旅行中でも本格的な日本食が食べたい!」

そんな人におすすめなのが、コンラッドホテルの3階に併設されている日本食レストラン「きさら(Kisara)

日本人の料理長が作る本格的な和食を堪能できます。

寿司・刺身・せいろ蒸し・紙鍋・しゃぶしゃぶ・すき焼き・釜飯など、書いてるだけでお腹が空いてくる美味しい料理を食べられます。

 

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のきさら(Kisara)で食べたキングサーモン石狩風紙鍋1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のきさら(Kisara)で食べたキングサーモン石狩風紙鍋1

写真は「キングサーモン石狩風紙鍋(880バーツ)」

サーモンの中でも特に脂がのった、世界最高に美味しいと言われるニュージランド産のキングサーモン。

脂のボリュームたっぷり。

柔らかくて口の中に入れた瞬間ほぐれます。とろとろ口の中で泳ぐ感覚。

筆者は「マグロの大トロより美味しいサーモンが世の中に存在するとは…」と思いました。それほど美味しかったです。

 

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のきさら(Kisara)で食べた飛騨牛の朴葉焼き1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)のきさら(Kisara)で食べた飛騨牛の朴葉焼き2

続いては「黒毛和牛 飛騨牛 朴葉焼き(2,500バーツ)」

飛騨牛のブランド名だけで、食べる前から美味しいと分かっている一品。

口に入れた時の、しつくない脂身と風味、繊維な味わい…モニュっとした食感…

美味しいと分かっていても、改めて「美味しい!」と発してしまいます。そんな幸せな瞬間を与えてくれた一品。

ちなみに、タイ人は信仰の理由から牛を食べない人が多いです。

しかし料理長いわく、そんなタイ人でも「和牛は別」と言ってバクバク食べる人もいるんだと。

 

その他、メニューには

  • 釜飯 / 880〜1,080バーツ
  • 七輪料理 / 880〜1,380バーツ
  • 海鮮しゃぶしゃぶ / 1,980バーツ
  • 鉄板焼きコース / 2,240バーツ
  • せいろ蒸し / 820バーツ
  • うどん / 220バーツ
  • 刺身3種盛り合わせ / 870バーツ〜

メニューの詳細PDF(日本語)

など、様々な日本食あり。

滞在中、日本食が食べたくなったら足を運んでみてはいかがでしょうか。

きさら(Kisara)の料理は本当に美味しいです。極上の和食を味わえます。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)きさら(Kisara)の座敷席

(レストランには座敷席もあるので、のんびりと食事できる)

きさら(Kisara)の営業時間
  • ランチ / 11:30〜14:30
  • ディナー / 18:00〜22:30

朝食

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の朝食会場

朝食は洋食とタイ料理中心のビュッフェスタイル。

種類は取り分けて多いわけではありませんが、メインディッシュ・サラダ・スープ物・フルーツ・デザートと満足できるくらいに揃っています。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の朝食ビュッフェ1

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の朝食ビュッフェ2

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の朝食ビュッフェ3

また、ほんの一部ですが寿司・刺身・茶碗蒸し・味噌汁といった日本食もあります

他のホテル紹介記事でも何度も述べていますが、個人的に味噌汁があるのは本当にありがたいです。

筆者は朝一番に味噌汁を飲まないと気持ちが引き締まらないタイプなので。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)で食べた朝食

朝食も文句なし。満足できる内容でした。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)への行き方

コンラッドバンコクの最寄り駅はBTSプルンチット(Phloen Chit)です。

バンコクの路線図(BTSプルンチット)

(ピンク色の四角で囲んでいる駅がBTSプルンチット)

以下は、BTSプルンチットからコンラッドバンコクへの道のりを記したGoogleMap

BTSプルンチットからホテルへの距離は、徒歩約10分。

以下で上述したシャトルバスの利用方法も含め、アクセス方法を記載します。

BTSプルンチットからホテルへのシャトルバス(乗り場と時刻表)

BTSプルンチットの2番出口を降りた場所にあるバス停より、毎日7:00〜21:00の間、ホテル行きの無料シャトルバスを利用できます。

BTSプルンチットの2番出口を降りたら、即Uターン。50mも歩くとバス停があります。

BTSプルンチットの2番出口

BTSプルンチット2番出口下のバス停

(バス停)

バス停にて、以下写真のホテル行きバスを待ちます(普通の路線バスも来るので乗り間違えないよう注意)。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)行きの無料シャトルバス1

(無料シャトルバス。方向幕に”Conrad Hotel”と記載あり)

時刻表

毎日7:00〜21:00の間、5分〜15分間隔で運行しています。

月〜土曜
7:00〜9:005分毎
9:15〜11:3015分毎
11:35〜13:005分毎
13:15〜16:3015分毎
16:35〜19:005分毎
19:15〜21:0015分毎
日曜・祝日
7:00〜21:0015分毎

バスはホテル目の前に到着します。

また、ホテルからBTSプルンチットへ行くシャトルバスの時刻表も上に同じです。

ホテル入り口にいるスタッフに、シャトルバスに乗る旨を伝えましょう。バスが来たら教えてくれます。

BTSプルンチットから徒歩でアクセスする

BTSプルンチットからの徒歩アクセス方法は以下の通り。

まず、BTSプルンチットの4番出口を出ます。

BTSプルンチットの4番出口

4番出口の階段を降りたら即Uターンします。

BTSプルンチット4番出口の階段

Uターンして最初に見える横断歩道から左折します。

BTSプルンチットからコンラッド バンコク(Conrad Bangkok)へ行く道路

左折後、約450m直進すると、右手にコンラッド バンコクの敷地が見えます。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の敷地内

敷地の中へ入りましょう。敷地に入り、突き当たりを左折します。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の敷地内2

左折後、道なりに歩くとホテルの入り口が見えます。

空港からのアクセスはタクシーがおすすめ

空港からアクセスする場合、エアポートレールリンク・エアポートバス・BTSを乗り継いでホテルの最寄駅BTSプルンチットまでアクセスできます。

しかし、BTSプルンチットからホテルまで重い荷物を持って10分の徒歩、またはシャトルバスに乗り換えるのが面倒な人もいるでしょう。

そういった人は、空港からのアクセスはタクシー利用がおすすめ

スワンナプーム空港・ドンムアン空港のどちらからであっても、タクシー運賃は250〜300バーツ程度を見ておくと良いです。

コンラッドバンコクは有名なホテルなので、タクシー運転手には「コンラッドバンコク」と言うだけで大抵は伝わります。

万が一伝わらなかった時は、以下の住所を見せると良いです。

コンラッドバンコクの住所と電話番号
  • 英語 / 87 Wireless Road, Phatumwan, Bangkok, 10330, Thailand
  • タイ語 / 87 ถนนวิทยุ ปทุมวัน กรุงเทพฯ 10330 ประเทศไทย
  • 電話番号 / 02 690 9999
空港からタクシーの乗り方

空港のタクシー乗り場およびタクシーの乗り方については、以下の記事を参考にどうぞ。

初めてのバンコク旅行でも安心して泊まれる高級ホテル

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)客室のベッド

バンコクのおすすめホテル』記事でも述べているように、コンラッドバンコクが位置するBTSプルンチット周辺は、バンコクの中でも日本人向けのエリアです。

確かにBTSからは徒歩約10分という距離こそあります。

しかし、その分BTS直結のホテルに比べると同等レベルの施設クオリティでありながら、料金が安いのも確か。

たかだか徒歩10分なので、バンコク旅行が初めての人にも十分おすすめできるホテルです。

また、コンラッドバンコクの敷地内にはセブンイレブンやスターバックスがあり、ホテル周辺には安マッサージや洋食レストラン・タイ料理レストランなど滞在時に必要な施設は全て揃っています。

コンラッド バンコク(Conrad Bangkok)の敷地内にあるセブンイレブン

海外旅行に慣れていない人でも何不自由なく過ごせるでしょう。

コスパの高い五つ星ホテルに滞在したい人は、是非宿泊先として検討してみてはいかがでしょうか。

公式conradhotels3.hilton.com

その他、バンコクの五つ星ホテルを探している人は、以下の記事も参考にどうぞ。

バンコクおすすめの五つ星ホテル10選
バンコク最強の五つ星ホテルランキング。1泊10万円の超高級ホテル〜1泊1万円前後のコスパホテルまで【全12軒】

バンコクに存在するおすすめ五つ星ホテルをランキング順に紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。