バンコクのリバーサイドで絶対に泊まるべきおすすめホテル9選。格安〜高級まで。

チャオプラヤー川と夕日

バンコクにおける『リバーサイド』とは、バンコク市街を縦断するように流れるチャオプラヤー川沿いのことを指します。

リバーサイドを含めたバンコクの地図

(ピンク色で記している部分がリバーサイド)

リバーサイドエリアは、近くに「チャイナタウン」「王宮エリア」があり、由緒正しい寺院や趣のある町並みが集中する場所です。

ワット・プラケオをはじめとしたバンコクを代表する観光地へ容易にアクセスできます。

 

また、リバーサイドは世界的に有名な外資系五つ星ホテルが集中する高級ホテルエリアでもあります。

「シェラトン」「シャングリラ」「ヒルトン」など、日本でも名前を聞くホテルブランドが連なっているのが特徴です。

いずれのホテルも、客室からチャオプラヤー川の雄大な景色が望める上に、プールやレストランなどのホテル施設が豪華

ホテルにリゾート感を求める人におすすめの滞在エリアです。

 

今回の記事では、リバーサイドのホテルを探している人に向けて

  • リバーサイドエリアの地図
  • 人気の高級ホテル
  • あまり知られていない隠れ家ホテル
  • 格安ホテル

を紹介します。

個人的にリバーサイドに滞在するのであれば、五つ星の高級人気ホテルに滞在するのが絶対におすすめ

五つ星ホテルは、施設の造りが豪華であることに加え、ホテルによっては日本人スタッフがいます。海外旅行に慣れていない人でも快適に滞在できるサービスレベルが保たれています。

思い出に残したいバンコク旅行に是非。

バンコク・リバーサイドホテルの地図

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • 人気ホテル ❶,❷,❸,❹,❺,❻,❼
  • 隠れ家ホテル
  • 格安ホテル
  • 青色の電車マークBTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)です。

MAP左下の + と  で拡大・縮小して見ると、より分かりやすく位置を把握できます。

下記リンクからも、それぞれのホテルの宿泊料金詳細・予約確認が可能です。

宿泊料金にかんしては、シーズンによって変動するおそれがあるのでご注意下さい。

また、旅行当日に近ければ近いほど、料金が値上がりする傾向があるので、早めに予約する方が良いです。

ホテル内の船着場からBTSサパーンタクシン行きの無料シャトルボートが出ている

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の無料送迎ボート

(チャトリウム ホテル リバーサイド バンコクの無料送迎ボート乗り場)

リバーサイドにおいて、電車移動の起点となる最寄り駅はBTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)です。

しかし、以下4軒の高級ホテルは、BTSサパーンタクシンに歩いてアクセスできる距離にありません(徒歩だと20分以上かかる)。

  • ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)
  • ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)
  • チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)
  • ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)

そのため、上記4ホテルでは、ホテル内に設置されている船着場より、BTSサパーンタクシンへ行く無料の送迎ボートが運航しています

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の無料送迎ボート時刻表

(いずれのホテルも、客室内や船乗り場に上記のような時刻表が置いてある。ホテルによって始発と最終便の時間、間隔は異なるが、大抵6:00頃〜0:00まで10分〜15分に1便が運航している

BTSサパーンタクシンの船着場(BTSの2番出口を降りた先にある)にも、各ホテルへ向かう無料送迎ボートの船着場が存在します。

BTSサパーンタクシンにあるリバーサイドホテル行きの船着場

(BTSサパーンタクシンの2番出口。各ホテルの名前と共に船着場の方向を示す案内板がある)

リバーサイドのホテルは、BTSが遠いため電車を使っての観光に不便と考えられがちです。しかし、無料のシャトルボートが存在するため、実は大した不便は感じません。

ホテル⇔BTSサパーンタクシンへのシャトルボート所要時間は、片道10分程度。BTSを使っての観光スケジュールも十分予定に組み込めます。

❸,❹,❺のホテルについては、BTSサパーンタクシンへ徒歩でアクセスできるため、BTS行きへの船着場はありません。

のホテルはBTSから遠いですが、ホテル内に船着場が無いので要注意。タクシーやトゥクトゥクでの移動が主となります。

バンコク三大寺院へのアクセスも楽

BTSサパーンタクシンの船着場からは、ワットプラケオをはじめとしたバンコク三大寺院へアクセスできるチャオプラヤー・エクスプレスボートも運航しています。

BTSサパーンタクシンから三大寺院への行き方詳細は、以下記事を参考にどうぞ。
バンコク三大寺院への行き方。ワット・プラケオ、ワット・アルン、ワット・ポー。

人気のおすすめ高級ホテル

リバーサイドの中でも最も人気な7軒のホテル。

ヒルトンやシェラトンなどと言った名だたる外資系ホテルが中心です。大手外資系国際ブランドだけにサービスに安定と信頼があります。

1泊10,000円〜18,000円と想像より高くない料金で宿泊できるのも魅力。いずれのもホテルも概ね満足な体験ができたので、「これでもか」というくらい褒め倒しています。

欠点という欠点は、ほぼ無し。

ちなみに、全てのホテルでJF(ジョイナーフィー)は無料です。夜遊び目的で泊まる人は少ないかと思いますが、問題なくタイ人女性を連れ込めます。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の入り口

チャオプラヤー川ディナークルーズ船の出航場所であるリバーシティ(River City)真隣に位置する大型の五つ星ホテル。

全室がリバービューであり、どの客室からもチャオプラヤー川の景観をダイレクトに眺められるのが特徴。

ホテル内はシェラトンのエレガントな空間に伝統的なタイの要素を混合させた、タイならではの雰囲気づくりがなされています。

通常のプールに加え子供が楽しく遊べるガーデンプールもあり、川沿いテラスがあるレストランやカフェの数も多いです。

ホテル内には日本語での案内も多いため、海外旅行に慣れていない人でも不便なく滞在できるでしょう。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエントランスロビー1

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエントランスでキムを演奏しているスタッフ

ホテルのチェックインロビー。

カラフルな象のオブジェがあったり、タイの伝統楽器キムを演奏しているスタッフがいて豪華。入った瞬間からこれからの滞在をワクワクさせてくれます。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエントランスに併設されているダイニングバー

エントランスにはお洒落なダイニングバーもあり。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエレベーター

大型ホテルだけあってエレベーターの数が多く、混雑することなく使用できたのでストレスを感じません。

また、エレベーターはルームカードキーを挿さないと動かない仕様なので、防犯面も安心。エレベーターには日本語での案内表示もあります。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の客室2

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の客室3

写真の客室はツインデラックス リバービュー(Twin Deluxe River View)。広さは36平米。

この客室の良かった点は、作業デスクとソファーが丁度窓側を向いている点。座ってゆったりとしながらチャオプラヤー川の景色をダイレクトに楽しめます。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の客室から見える景色

客室から見える爽快なチャオプラヤー川の景色

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のクローゼット

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のコーヒーメーカーと電子ポッド

クローゼット内にはガウンの他にアイロンとアイロン台も完備。また、無料のコーヒーがスティック型粉末コーヒーではなく、コーヒーメーカーが完備されていました。

さすがシェラトン。味気のないスティック型粉末コーヒーよりも美味しいコーヒーが飲めます。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のバスルーム

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のうがい用の水

バスルームも広々。驚きだったのは、うがい用にボトルウォーターが置かれていたこと。

タイの水道水は飲めないので、うがい用にわざわざボトルウォーターを買う人も確かにいます。

神経質な人でも安心。

また、日本のホテルみたくアメニティには歯ブラシも完備されています。その他、シャンプーやリンスー、シャワーキャップはもちろん、ボディタオルまで完備。

日本人の感覚で安心して泊まれるホテルです。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のプール1

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のプール2

特に素晴らしかったのが、宿泊客の多くも高評価レビューしているプールです。

通常のプールに加えて、子供も楽しく遊べる雰囲気の良いガーデンプールまで完備されています。

また、プール横にはレストランバーもあり。

どちらのプールも広々しているので、他の宿泊客グループがいても気にせずのんびりと過ごせます。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の送迎ボート船着き場

ホテル敷地内の船着き場。ここからBTS サパーンタクシン⇔ホテルを行き来する無料送迎ボートが待機しています。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズはBTS サパーンタクシンから2km弱離れていますが、無料送迎ボートに乗れば7分〜8分程度で行き来できます。

BTSを使って繁華街へ行きたい場合は、送迎ボートを利用しましょう。BTS サパーンタクシンにも専用のホテル行き送迎ボート乗り場があります。

 

その他、リバークルーズ船が出航するリバーシティ(River City)がホテルの真隣に位置しています。せっかくシェラトンに滞在するのであれば、是非ディナークルーズにも参加したいです。

リバーサイドホテルの中では、設備が豪華なのにリーズナブル(1泊10,000円〜12,000円)なのがメリット。コスパ良く、お手軽にリバーサイドホテルを楽しみたい人におすすめ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)

チャオプラヤー川から見たミレニアム ヒルトン バンコク

上で紹介したロイヤル オーキッド シェラトンの対岸に建つ五つ星ホテル。

1泊の宿泊料金は1万円前後。

豪華な五つ星ホテルでありながら、それほど高くないリーズナブルな料金、上々のサービスやホテル施設を兼ね備えた世界のヒルトンがリバーサイド仕様になったホテルです。

 

全室リバービューであることに加え、プールや屋上のスカイバー、テラス付きのレストランなど、ホテル内のあらゆる場所からチャオプラヤー川を望めるのが特徴。

また、ホテル内の船着き場からはBTSサパーンタクシン行きの無料送迎ボートが出るほか、アジアティーク ザ リバーフロントへも無料で送迎してもらえます。

アジアティーク行きのシャトルボートから見える景色

(アジアティークへ向かうミレニアム ヒルトン バンコクの無料送迎ボート)

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のチェックインロビー2

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のチェックインロビー

ヒルトンらしいモダンな作りのレセプションロビー。

東京のヒルトンにも共通するように、レセプションではアロマの良い香りが漂っていました。気持ちが高揚します。

また、雨が降ると入り口におしぼりとタオルが用意されていました。さすがヒルトン。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)の客室1

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)の客室から見える景色1

客室の窓は横に長いため、広範囲に景色を楽しめます。

感動するほど素晴らしかったのがベッド。

これまで泊まってきたバンコクのホテルの中でも一位と言えるベッドのフカフカ度。包み込まれるような柔らかさでした。

普段寝付けが悪い人でも安眠できるでしょう。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)の客室から見える夜景

客室から見えるチャオプラヤー川の景色。

夜になるとクルーズ船が光り輝いて良い雰囲気。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のバスルーム2

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のバスルーム1

バスルーム。シャワーブースが独立しているタイプ。バスタブにもシャワーヘッドがあって使いやすいです。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のプール1

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のプール

ミレニアム ヒルトンでも高評価なのがプール。

ビーチチェアーがチャオプラヤー川方面に固定されていて、目の前はリバービュー。開放感があります。

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のプール2

更に、砂浜とコテージが設置されたビーチ風エリアもあり。

バンコクにいながらビーチリゾート気分も味わえます。ビーチエリアでゆったりとしながら飲むカクテルは最高です。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のスカイバー1

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のスカイバー

屋上31階にはスカイバーも併設されています。

うるさくない程度にお洒落なBGMが流れるスカイバーで、チャオプラヤー川を見ながら飲むお酒の味は別格。

スカイバーの飲み物代はビール100バーツ〜、カクテル類250バーツ〜なので、そこまで高くありません。ドレスコードもないので気兼ねなく足を運べるでしょう。

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のスカイバーから見える景色

街側の景色も抜群。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のレストラン

1階にはテラス席のあるレストランも併設されています。

ホテル内のあらゆる場所からチャオプラヤー川の景色を楽しめる造りになっています。リバーサイド滞在を120%満喫できるホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ルブア アット ステートタワー(Lebua at State Tower)

ルブア アット ステート タワー(lebua at State Tower)の入り口

ハングオーバー2の撮影場所としても知られる、世界一高い場所にあるスカイバー「シロッコ」がある五つ星ホテル。

川沿いに位置しているわけではありませんが、高層ホテルであるためチャオプラヤー川の景色はバッチリ。BTS サパーンタクシンへは徒歩でアクセスできる(徒歩5分)ので利便性も高いです。

客室は低層階と高層階に分けられているので、景色重視の方は高層階の「眺望:リバー」を選択するのがおすすめ

リバービューの夜景

(57階の客室から見えるチャオプラヤー川の景色。きらびやかなビル群も見える)

 

ルブア アット ステートタワーのリビングルーム

ルブア アット ステートタワーのリビングルーム2

客室は66平米なので広め。手前側にリビングルームがあって、奥にベッドルームがある作りです。

リビングとベッドルームの仕切りは大きな鏡になっています。

 

ルブア アット ステートタワーのベッドルーム

ルブア アット ステートタワーのベッド2

ベッドルーム

ルブア アット ステートタワーの高層階から見える景色

バルコニーから見える景色は爽快。高層階にあるので、川だけでなく周辺一帯を見渡せます。

ここまで素晴らしい景色を拝めるホテルは他にありません。料金以上の価値を感じました。プライスレス。

 

ルブア アット ステートタワー バスルーム1

ルブア アット ステートタワーのバスルーム2

バスルームも広い作りです。アメニティの種類も豊富。シャンプーやリンスー、ボディソープなどの基本的な種類の他に、歯ブラシやクシ、ボディタオルなど必要な物は全て揃っています。

ルブア アット ステートタワーのアメニティ2

ルブア アット ステートタワーのアメニティ1

アメニティ類は、全て「シャンハイタン」という香港のブランドで統一されています。どちらかというと日本人より欧米セレブに愛用されている高級ブランド。

思わず持って帰りたくなります。

 

シロッコ2

ルブア アット ステートタワー最大のハイライトが、屋上のスカイバー「シロッコ」

なんと、高さ約247メートル。言葉では言い表せないくらいのとてつもない高さです。もちろん、リバー側の景色もバッチリ。

リバーサイド一帯で景色を求めるのであればナンバーワンのホテルといっても過言ではないでしょう。

特別なバンコク旅行の滞在先として是非。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

 

ルブア アット ステート タワーの詳細や周辺の観光地、アクセス方法などについては以下の記事も参考にどうぞ。

タワークラブアットルブアの外観
ルブア アット ステートタワー。バンコクで最高の景色が眺められる高層ホテル。

シャングリラ ホテル バンコク(Shangri La Hotel Bangkok)

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の夜のプール

シャングリラ ホテル バンコクはBTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)から距離約500m、徒歩にして6分の場所にある高級ホテルです。

ホテル敷地内にある表示板を見ながらBTS サパーンタクシンまで一直線に行けます

BTSを使っての市内観光には最も便利なリバーサイドホテルです。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)内にあるBTSへの案内板

(ホテル内の至る所にBTSの場所を示す案内板がある)

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のロビー4

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のチェックインロビー

豪華なエントランスロビー。常駐ではありませんが日本人スタッフがいるため、英語やタイ語に不安がある人でも安心。

客室の電話機には24時間利用できる日本語対応可能のホットラインもあります。同行者に高齢者がいる家族連れ旅行でも安心して滞在できるでしょう。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室1

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のダブルベッド

デラックス(Deluxe)の客室。広さは36平米。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツにはバナナ、リンゴ、タイのフルーツ「ンゴ(ランブータン)」

このランブータン、馴染みのない人が多いかと思いますが、甘くて美味しいので是非お試しを。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室から見えるチャオプラヤー川

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の客室から見える夜景

客室からのチャオプラヤー川の眺めもバッチリ。

特に夜景はBTSから近いこともあり、周辺の高層ビルや建物が一層キラキラしていてロマンチックでした。

 

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のプール

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のビーチェア

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)のプールサイドマッサージ

ヤシの木などの南国植物に囲まれてリゾート感溢れるプール。

シャングリラ ホテル バンコクのプールサイドではマッサージも受けられる(1時間300バーツ)ため、かなりリラックスできました。

天気の良い日にプールサイドでマッサージを受けながらカクテルを飲むのは至福の時間。

日本人スタッフがいるためか日本人の家族連れ旅行者も多く、プールで子供達がはしゃいでいたのも微笑ましかったです。温かい気持ちになれました。

 

ホライゾンディナークルーズ

ホライゾンの客席

シャングリラ ホテル バンコク最大の特徴は、シャングリラが運営するチャオプラヤー川ディナークルーズ『ホライゾン』です。

ホテル敷地内に船着場があります。

ディナークルーズは要予約で、料金は1人2,200バーツ。

>>>【シャングリラ運営】『ホライゾン』ディナークルーズの格安予約ページ

ホライゾンのデッキ

ライトアップされたワット・アルン

クルーズではビュッフェ形式の料理を楽しみながら、ライトアップされたワット・アルンやワット・プラケオ、ラマ8世橋などのキラキラ輝く観光地を回ります。

このホライゾンディナークルーズはシャングリラ ホテル滞在のハイライト。

是非、シャングリラに宿泊する際はホライゾンディナークルーズにも参加しましょう。

 

ホライゾンディナークルーズを含め、シャングリラ ホテル バンコクの詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の夜のプール
シャングリラ ホテル バンコク。ホライゾンクルーズも楽しめるリバーサイドの高級ホテル。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)の入り口

BTS サパーンタクシンから距離約150m、徒歩2分程度の場所にある準高級ホテル。

1泊の宿泊料金が9,000円前後(シーズンにもよる)でありながら、客室は45平米という驚きの広さ。

それでいて、ドラム式洗濯乾燥機付き大きなバスタブ付きバルコニー付き、横にはショッピングモール併設と言った申し分ない造りです。

コスパの高さで言えば最もおすすめ。個人的にも「当たり」だと思っているホテルです。

 

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)の客室1

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のベッド

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)の客室2

写真の客室はデラックス(Deluxe)。

高級ホテルほどの「豪華さ」こそないものの、一般的な感覚を持つ人ならば十分満足できる客室。

 

何より嬉しかったのはドラム式洗濯乾燥機の存在。

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のドラム式洗濯乾燥機

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のドラム式洗濯乾燥機の説明書と洗剤

ちゃんと洗剤に加えて日本語の説明書も完備されています。

帰国前日に洗濯物は全て洗濯・乾燥させておけば、帰国後の洗濯地獄から解放されます。

 

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のバルコニー

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)の客室から見える景色1

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)の客室から見える景色2

植物も置いてあって居心地の良いバルコニー。

バルコニーは横に長いので、リバー側の景色もシティ側の景色も望めます。

リバービューも素晴らしいですが、シティ側の景色も良いです。BTS サパーンタクシン周辺の寺院や道路を行き来する車。バンコクらしい風景が垣間見えます。

 

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のバスルーム

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のトイレウォシュレット

バスルームはバスタブとシャワーブースが分かれているタイプ。

バスタブにもシャワーヘッドがあって使い勝手が良いです。

そして驚くべきはウォシュレット。他の高級ホテルにはウォシュレットがなかったのに、このホテルのトイレはウォシュレットが付いています。これには感動。

1泊1万円以下でここまで設備の整ったホテルは中々ありません。

満足度が高いホテルです。

 

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のプール

プールは少し小さめ。大きな期待はできないです。

センター ポイント シーロム リバー ビュー ホテル (Centre Point Silom River View Hotel.)のキッズスペース

キッズスペースなどの施設も充実。

エントランスロビーには日本語の新聞が用意されています。

リバーサイドにあるホテルの中では、驚きのコスパの高さを感じられるホテルと言えるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

 チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク(Chatrium Hotel Riverside Bangkok)

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の入り口

タイ国内やお隣ミャンマーのヤンゴンにて展開する、タイ資本の高級ホテル。

このホテルの素晴らしい点は、

  • 全ての部屋にバルコニーがある
  • とにかく部屋が広い。一番安い部屋で60平米もの広さがある
  • ウェルカムドリンクを最上階クラブラウンジがあるスカイバーで飲める
  • プールが大きい。小学校のプールくらいの広さがある

という4点。最安値の部屋でもバルコニーがあるので、チャオプラヤー川の景色に加えて心地よい風も感じられます。

ホテル敷地内にはセブンイレブンやスターバックス、日本食レストランもあって便利。リバーサイドホテルの中でも日本人のリピーターがとりわけ多いホテルです。

どこを見てもゆとりがあるので、シニア世代の旅行にもおすすめ。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の客室1

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の客室2

写真の客室はグランドルーム リバービュー(Grand Room River View)。広さは60平米。

ベッドルームの二面にわたる大きな窓が素敵でした。部屋からでもチャオプラヤー川がワイドに見えます。

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のキッチン側

客室は高級マンションのような造りです。キッチンや調理用具も完備されているのが特徴。

二人で滞在しましたが、十分すぎる広さでした。のんびりできます。マンション風の造りなので落ち着くのもポイント。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のバルコニー1

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のバルコニー2

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のバルコニーから見えるチャオプラヤー川

そしてハイライトがこのバルコニー。

川はもちろん、雲や高層ビル群の見え方が豪快。清々しいです。

チャオプラヤー川が、一番”絵”になる位置に立っているホテルと言えるでしょう。他のホテルで撮影したチャオプラヤー川よりも写真映えしています。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のバスルーム1

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のバスルーム2

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のアメニティ

バスルーム。シャワーブースが独立しているタイプ。アメニティには歯ブラシも付いています。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のスカイバー

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のスカイバーから見えるチャオプラヤー川の夜景

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクは最上階にあるレストラン兼スカイバーにて、美味しいグァバジュースとパイナップルジュースを頂きました。

ただウェルカムドリンクを飲みに来ただけなのに、景色が良く見える席に案内してくれたり、写真を撮らせてくれて気持ちの良い対応をしてくれるスタッフが多かったです。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のプール1

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)のプール2

プールは小学校のプールと同じくらいの広さがあってのんびりできます。

先端はインフィニティプールのような造りになっていて、プールの水面がチャオプラヤー川の水平線に溶け込むように造られているのがお洒落。

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の子供用プール

脇には子供用の浅いプールも完備されています。

 

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコクは、リバーサイドの中でも”絶景”と言えるほどチャオプラヤー川の景色が良かったです。個人的にも印象深くてお気に入りのホテル。

宿泊料金もそこそこに安いので、「部屋が広い」「大きいプール」「良い景色」の三つを求める人には最適です。

チャトリウム ホテル リバーサイド バンコク (Chatrium Hotel Riverside Bangkok)の中庭

(手入れされた中庭もあり、敷地内を歩くだけでも清々しい)

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の外観

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイドは、アジアティーク ザ リバーフロントの真隣に位置しています。

アジアティーク観光を計画している人にとっては便利な立地のホテルです。

 

BTS サパーンタクシンへは約3km。タクシーなら10分程度。

上述したように、ホテル内の船着場からBTS サパーンタクシン行きの無料送迎ボートが運航しています。観光に不便は感じません。

シーズンによってはスイートルームが1万2,000円程度で宿泊できるのが魅力。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のエントランスロビー1

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のエントランスロビー2

豪華なロビー

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のラウンジ

スイートルーム宿泊なので、ラウンジに案内されチェックイン。

フカフカのソファーがあって居心地の良いラウンジです。

スタッフの方も終始笑顔で気持ちの良い対応をしてくれる方ばかりでした。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室1

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室2

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のベッドルーム1

写真の客室はダブル プラザ リバービュースイート(Double Plaza River View Suite)。広さは56平米。

ベッドルームとリビングルームが分かれているタイプの大部屋です。

なんとこのスイートルームで1泊の宿泊料金が1万2,000円程度。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室から見える景色

ベッドルームとリビングルームの両方に大きめの窓がついています。窓からはチャオプラヤー川の景色がバッチリ。

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の客室から見える夜景

客室から夜景を見ながら飲むビールは、控えめに言っても最高です。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のバスタブ

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のアメニティ

バスルーム。唯一の欠点を挙げるならアメニティが五つ星ホテルらしくないところでしょうか。

大抵の五つ星ホテルはアメニティが何かしらのブランドで統一されていて、持って帰りたくなる物ばかりです。

ただ、ラマダ プラザに関しては中級ホテルと同じようなラインナップでした。

とは言え、宿泊費が安いことを考慮すれば許容範囲です。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)のプール

大きめのプール。

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の遊歩道

ホテル敷地内には川沿いに遊歩道もあります。この遊歩道は広々して風当たりも良くて気持ちいいです。

天気の良い日に散歩したくなる場所。

 

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の船着場1

ラマダ プラザ バンコク メナム リバーサイド (Ramada Plaza Bangkok Menam Riverside)の船着場2

ホテルの船着場からはBTS サパーンタクシンを行き来する無料送迎ボートが出ている他、ボートタクシーサービスの利用も可能です。

ボートタクシーはワット・プラケオをはじめとした三大寺院まで230バーツで利用できます。

自力で行くのが面倒な人には便利なサービス。

 

ラマダ プラザをおすすめできる人は

  • アジアティークに行く予定の人
  • リバーサイドのスイートルームに安価で泊まりたい人

と言えるでしょう。

実際、スイートルームにここまで安く宿泊できるのはラマダ プラザだけです。

日本人宿泊客のレビュー評価が概ね高いのにも納得できるホテルでした。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

あまり知られていない秘密の隠れ家

上記で紹介してきた高級ホテル群とは異なり、非現実感のある一軒家調のホテル。

ホテル内のテラスが川にせり出していて、足を川に投げ出して座れます。チャオプラヤー川の魅力が五感に響く世にも珍しい体験ができます。

立地が良くないため知名度こそ低いものの、隠れた人気があるホテルです。

 ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の1階テラス

バンコクの中華街であるヤワラートから距離約500m、徒歩6分程度。

築100年以上の建物を改装して2011年にオープンした一軒家スタイルのホテル。所謂ゲストハウスのような雰囲気で、共同玄関、共同テラス、共同ロビーがあり、宿泊者用の部屋は合計7部屋。

1泊の宿泊料金はシーズンにもよりますが、7,000円〜1万円前後。

宿泊料金が高すぎでは?と思えるでしょう。しかし、ロイラロンホテルはバンコク在住者やバンコク旅行リピーターから絶大な支持を得ている超人気ホテルです。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の共同玄関

(ロイラロンホテルの共同玄関。ホテル内には軽食やお酒を出すバーが併設されている)

ロイラロンホテルが人気な理由は、以下3点。

  • 文字通り、チャオプラヤー川の上に浮かんでいる
  • チャオプラヤー川にせり出したテラスから至近距離で景観を楽しめる
  • ホテル内のインテリアに拘りがあり、まるで別世界。秘密の隠れ家

自分も泊まってみて驚いたのですが、文字通りチャオプラヤー川に浮かんでいます。1階の床下は川です。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の1階床

(1階床の隙間から床下を覗いてみると川が。アメイジングとしか言いようがない)

そんなわけで、時折聞こえる波の音に心が癒されます。バンコク中を探してもここまでチャオプラヤー川をダイレクトに味わえるホテルはないでしょう。

 

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の1階テラスでくつろぐオーストラリア人カップル

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)のテラスから見える夕暮れのチャオプラヤー川

1階と2階にはチャオプラヤー川にせり出したテラスがあります。ここで夕日を見ながら飲むビールは控えめに言って最高。

全7室しかないホテルなので、他旅行者がテラスを利用していて順番待ち…なんてことになりません。

チャオプラヤー川を独り占めしているようで贅沢な気分になれます。

この静寂とうっとりする綺麗な景色、心地よい風。木のぬくもり。システマチックな大手ホテルチェーンには絶対に真似できません。

ロイラロンホテルでしか味わえない時間。

 

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の客室1

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)のシャワールーム

写真の客室はダブル クラシック(Double Classic)。広さは20平米。

まるで屋根裏の隠れ家のような客室。ビンテージ物の家具で囲まれています。

使い辛い部屋を想像していたのですが、意外とコンセントの数は多かったり、シャワーはお湯が問題なく使えます。ゲストハウス宿泊経験者であれば問題なく滞在できるでしょう。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の客室2

屋根裏部分にもスペース。童心に返ってワクワクする空間です。

セーフティボックスやシャンプー、リンスー、ボディソープ、ドライヤーは完備されています。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)客室のバルコニー

客室にもバルコニーがあり。もちろんチャオプラヤー川の景色がバッチリ。

 

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の1階と2階の間にある共有スペース

(共有スペース。ホテル内にはくつろげる空間が多い)

 

個人的にも太鼓判を押すほどおすすめするロイラロンホテルですが、以下のような注意点もあります。

  • 立地が悪い。バンコクが初めての人だと観光に不便
  • 人気すぎるので予約は早めに

まず、立地がよくありません。ホテルはヤワラート近くのワット・パトゥム・コンカー・ラーチャウォラリハーン (Wat Patumkongka Ratchaworawihan/タイ語:วัด ปทุมคงคาราชวรวิหาร)という寺院の敷地内に位置しています。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の地図

以下写真は寺院の入り口

ワット・パトゥム・コンカー・ラーチャウォラリハーンの入り口

寺院に入ったら、突き当たりまで真っ直ぐ進みます。

寺院からロイラロンホテルまでの道

突き当たりまで進み左に曲がると、右手に民家と寺院が見えます。

寺院からロイラロンホテルまでの道2

民家と寺院の間にある小道に入ると、目の前にロイラロンホテルの入り口があります。

ロイラロンホテル(Loy La Long Hotel)の入り口

(ロイラロンホテルの入り口)

バンコクが初めての人であれば、探すのは難しいでしょう。また、一番近いMRTの駅フアランポーンから徒歩で10分近くかかるのも少々ネック。

もちろん、周辺にはタクシーがいくらでも走っているので問題ないと言えば問題ありませんが。ヤワラート中心の観光をしたい人にとっても便利な立地ではあります。

ただ、サイアムスクエアなどの都会に行きたい人にとっては少々不便。

 

また、とにかく予約が取り辛いです。日本人に限らず外国人からも人気な上に、たったの7部屋しかないので、オフシーズンであっても常に予約が埋まっています。

自分は前々から何度も予約しようとしていたのですが、常に予約が埋まっていたため「このホテルは本当に営業しているのか?」と疑ったほど。

1部屋空いていたので、スケジュールを確認して翌日に予約しようとしたら、すでに予約されていたこともありました。

宿泊希望の人は早めに予約することを強くおすすめします。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

この記事では書くのに収まりきらなかったロイラロンホテルの更なる魅力やアクセス方法の詳細については、以下の記事も参考にどうぞ。

ロイ ラ ロン ホテル (Loy La Long Hotel)1階のテラスから見える夕暮れのチャオプラヤー川
ロイラロンホテル。チャオプラヤー川に浮かぶ秘密の隠れ家。

おすすめの格安ホテル

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の外観

アジアティーク ザ リバーフロントの目の前にある1泊4,500円前後の格安サービスアパートメント。

サービスアパートメントと記載されていますが、仕様はホテルと全く同じと考えて大丈夫です。

ホテル営業と同時に長期滞在者の受け入れもしているのでサービスアパートメントと記載されています。

 

リバービューの客室からはアジアティークの綺麗な観覧車が見えるのが特徴。

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室から見えるアジアティーク

この眺めはこのホテルならでは。アジアティーク観光を予定している人にはおすすめです。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室1

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室2

写真の客室はスーペリア リバービュー(Superior River View)。広さは30平米です。

一般的なタイのアパートメントと同様の作り、ごくごく普通の中級ホテルといった雰囲気です。

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のバルコニー

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のテーブル

安ホテルながらもバルコニーやテーブルが完備されてあって便利。

テーブル近くにはコンセントもあって、パソコン作業もできました。WiFiもYoutubeをサクサク見られるくらい問題なく使えます。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)の客室から見えるアジアティーク2

客室から見える午後4時くらいのアジアティーク。すでに駐車場は車が一杯。

さすが人気のナイトマーケットですね。

奥にはチャオプラヤー川が若干見えます。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のセーフティボックス

アパートメントとは言っても、ホテル用客室にはセーフティボックスなど必要な物は全て完備されています。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のシャワールーム1

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)のシャワールーム2

シャワールーム

アメニティはシャンプー、ボディソープ、コンディショナーのみです。

 

ザ サンレノ サービスド アパートメント (The Sunreno Serviced Apartment)周辺の道路

ホテル周辺は静かな雰囲気ですが、セブンイレブンや商店、レストラン、マッサージ屋など滞在中に行くような店は一通り揃っています。

バンコクが初めての方でも、特に不便は感じないでしょう。

アジアティークが近いだけに、夜は人通りも多いです。

リバーサイドエリアで格安かつ景色が良いホテルを探している人におすすめ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

リバービューの客室を予約しよう

リバーサイドのホテルには全室リバービューの部屋もあれば、眺望:シティの部屋があるホテルも存在します

せっかくリバーサイドに滞在するのであれば、リバービューの部屋に滞在してチャオプラヤー川の景色を心ゆくまで楽しみたいところ。

そのため、ホテルを予約する際は、必ず眺望が「リバー」なのか「シティ」なのかを確認しておきましょう。

ルブア アット ステートタワー 客室の選択

リバーサイドに滞在するのに、眺望がシティだと魅力が半減します。

是非、リバービューに滞在してバンコク旅行を満喫してください。

 

この記事で紹介した以外のバンコク・リバーサイドのホテルについては、以下より一覧で確認可能です。

 

リバーサイドを含め、バンコク全エリアのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコク
バンコクで”絶対に”おすすめのホテルとは?エリアごとに人気のホテルを全て紹介。

2 Comments

sawa

はじめまして
リヴァアルン バンコク 検索で訪問いたしました。

7月、バンコクに旅行するのですが、その際リヴァアルンに宿泊したいと考えているのですが、空港からの移動で二の足を踏んでいます。
タクシーに不安があり、出来るだけ利用しない方法を考えており、
空港からエアポートレイル、MRT等で移動してフアラムポーン駅からタクシーでホテルに向かいたと考えているのですが
安全面等でフアラムポーン駅からタクシーを拾うのはどんな感じかご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

返信する
ri-(りー)

>>>sawa様
フアランポーンからでも空港からでもタクシーに乗ることに安全面を損なう要素は殆どないです。
心配する必要はないでしょう。
フアランポーンは各都市に繋がる場所だけあって外国人が多いです。そのため、メーターを使わないタクシーも多いです。
なので、個人的には空港からタクシー1本で向かうのが体力的にも楽かとは思います。
フアランポーンでタクシーを捕まえるのであれば、客待ちしているタクシーではなく、流しのタクシーであればメーターを使ってくれるでしょう。
女性一人旅かつ深夜到着で不安要素が大きければ、最も安心できるのは、送迎バンの予約です。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。