初めての海外旅行はタイがおすすめの理由。

オンヌットの道

海外への旅行が決まった場合、渡航国も同時に決まっているパターンが殆どだと思います。

友人から話を聞いたり、テレビやインターネット等でその国に興味を抱いてから現地に行く事を決めた場合が多いのではないのでしょうか。

自分の場合は「なんとなく海外旅行をしてみたい」から始まりました。

なので特にタイに興味を持っていたわけではありませんし、バックパッカーの存在も知りませんでした。

タイ語も英語も全く話せないのに、ガイドブックすら持たずに行った初めての海外、タイ。

好奇心だけは旺盛だったので、ボッタクリや詐欺まがいの鴨になったのは良い思い出です。

それでも、初めて行った場所がタイで良かったと今でも思っています。

今回は、自分の様に海外には行ってみたいけれど、どこに行くかは決まってない人に向けて、初めての海外旅行にはタイがおすすめな理由を挙げていきます。

物価が安い

福沢諭吉

タイの物価は安いです。

近年では物価の上昇が起きているとは言われているものの、日本と比べるとその差は歴然です。

 

宿泊費

カオサンのホテルの部屋

タイには様々なグレードのホテルがあります。

宿泊費を極力抑えたい人達向けの安宿(ゲストハウス)や、プールやエグゼクティブラウンジ等が併設されている高級ホテルなど、それぞれの旅行スタイルによって幅広い選択肢があります。

ゲストハウス

ゲストハウスの部屋

主にバックパッカーなど、出来るだけ宿泊費を抑えたい人が、利用する施設がゲストハウスです。

1泊300TB(約1,000円)〜500TB(約1,800円)前後で泊まれます。

簡素なゲストハウスだと、部屋にベッドがポツンと置いてあるだけで、バスルームは共同使用の場合が多いです。

ゲストハウスの良い点は、予約の必要がなく、チェックイン前に部屋を自分の目で確認できるところです。

タイではゲストハウスが密集している場所がたくさんあるので、部屋を確認して気に入らなかったら別のゲストハウスにチェックインすることができます。

悪い点としては、安さ故清潔感に乏しい場所が多く、セキュリティーシステムもきちんとしていないので盗難被害の心配に苛まれる恐れがあります。

その為、ゲストハウスを利用する人の多くは自前の南京錠を用意しています

中級ホテル

中級ホテルの部屋

大体800TB(約2,800円)〜1,500TB(約5,000円)程度で泊まれます。

清潔感があり、ホットシャワーや大型のテレビ、セキュリティーボックスが完備されています。

場所によってはマンションのようにオートロックがついている場合もあるので、ほとんどの日本人が安心できる作りになっています。

レストランやスポーツジム(有料の場合有)が併設されている為、快適なホテルライフも堪能できます。

高級ホテル

センターポイントプラトゥナームホテルの室内

高級ホテルであっても6,000円〜7,000円で泊まれるのがタイのいいとろですね。

ファーストクラス級の設備やスタッフの対応を1万円以下で味わえます。

上の写真の部屋はセンターポイントプラトゥーナムというホテルです。

詳細は「バンコクでショッピングを120%楽しむのに便利なホテル。」をご覧下さい。

 

ホテルの予約サイトagoda.com

中級・高級ホテルはagoda.comからであれば安く予約することができます。

以前紹介した世界で1番高い場所にあるスカイバーが併設されているルブアホテルでさえもagodaであれば13,000円〜で宿泊できます。(バンコクのスカイバー。ハングオーバー2に出てきたロケ地を紹介。

割引率が高いサイトなので、ここで予約しておけばかなりお得感が増す旅行になるでしょう。

>>>タイのホテル予約サイト

食費

タイ料理

タイの料理は本当に美味しいです。日本人の口に合います。

いたる所に屋台やレストランがあるので、選択肢の幅が広いのは嬉しいですね。

割と簡単にお気に入りとなる料理や店に出会えます。

もちろん値段も安いです。屋台では一品30TB(約110円)程度から食べられます。

大型ショッピングモール内にある割と高級なレストランでも、ビール等のドリンクを含め一食に対して、予算は550TB〜830TB(約2,000円〜3,000円)程度で済みます。

タイのカレー

高級なタイの宮廷料理を堪能したい方はバンコクの宮廷料理レストランの記事をご覧下さい。

交通費

BTSのホーム

タクシーや電車、都市間での移動に使うミニバスの料金も非常に安いです。

タクシーは初乗り35TB(約125円)。ミニバスは2時間程度の距離の都市間であれば100TB(約360円)程度で利用できます。

短期でも長期でも、どちらの旅行者にとっても交通費が安いのはありがたいことですね。

変わった乗り物 ソンテウ

ソンテウ

街中でよく見かける興味深い乗り物、ソンテウ。

窓がないので、開放感があり気持ち良い風を感じられます。

料金も一律8TB(約30円)と、懐に優しいので是非乗ってみてほしいです。

見応えのある観光地が多い

ワットトライミットの黄金像

黄金に輝く仏陀像や寺院などを始め、水上マーケットのようなアトラクション要素のある市場、アユタヤー遺跡などの世界遺産。とにかくタイには観光名所が多いです。

毎年、世界中から多くの観光客が押し寄せているのも頷けます。

また殆どの観光地へのアクセスが容易です。その為、ツアーでも個人でも旅程を立てやすいです。

タイの有名観光地

以下にこれまで当ブログで紹介した、バンコク近郊の代表的な観光地をいくつか載せるので、興味があれば是非行ってみて下さい。

・幻想的なクルージング。アンパワー

アムパワー

線路上の市場。メークローンマーケット

メークローンマーケット

ダムヌンサドゥアック水上マーケット

水上マーケット

・黄金の巨大涅槃仏。ワット・ポー(※現在執筆中)

ワットポーの寝釈迦

夜も遊べるナイトマーケット

ナイトマーケットの様子

タイでは、日夜様々なマーケットが開催されています。

特にナイトマーケットは、日本人にあまり馴染みがないと思うので楽しめるでしょう。

出店店舗数が多いので、お土産を探すのに適しているしナイトマーケットがある場所は、決まって美味しい屋台もあります。

何と言っても夜賑やかな場所というのは得体の知れないワクワクが湧き出てきますよね。

おすすめのナイトマーケット

ナイトマーケットは場所によってそれぞれの特徴があります。

客層や営業時間が異なる為、誰と行くかによってオススメする場所が変わります。

このブログで紹介したナイトマーケットは、今のところ以下の3ヶ所。

・女性向け。深夜営業のフワイクワーンナイトマーケット

フワイクワーンナイトマーケットの様子01

・老若男女問わずオールマイティーに楽しめる。バラエティー豊かなアジアティーク

アジアティークの入り口

・若者向け。ビンテージ品やレトロな世界観を楽しめるタラート ロットファイ シーナカリン

タラートロットファイシーナカリンのメインゲート

上記の観光地やナイトマーケットの他、数えきれない程に見所があります。

昼も夜もバラエティー豊かな遊び場があるので、自分のようにタイ旅行にハマってしまうリピーターは多い。

程よいカルチャーショックと緊張感を味わえる

タイのドナルド

身構えなくていい程度のカルチャーショックを味わえるのも、タイ旅行の大きな魅力でしょう。

時には、子供の物乞いや体の一部を失った物乞いを見て何かを考え込むことがあるかもしれません。

しかし、1日2日経てば次第に慣れてきます。

日本の標準的な環境で育った人でも、肩肘張らず尚かつ外国に来た感触を十分に味わえるので、街を歩くだけで常に新鮮感を感じることができるでしょう。

また観光大国なだけあって、チャイナタウンやアラブ人街などで様々な人種が交差する模様を見ることもできます。

アラブ人街

(バンコクのアラブ人街。アラビア語の看板が目立ち、二カーブを被った女性やカンドゥーラを着た男性のアラブ人達をよく見かける。)

注意は要るけど心配はいらない

確かに日本に比べたら治安は悪いので、最低限の注意と警戒は必要でしょう。

とは言っても、日本で普段心がけている程度の警戒心があれば問題ないです。

知らない人を信用しない、夜道を一人で歩かないなど、当たり前の警戒心さえもてばトラブルを避けて旅行を満喫できます。

日本文化も不安解消要素になる

やよい軒のメニュー

タイは割と親日的な国なので、日本文化の要素を様々な場面で見られます。

最悪タイの空気が合わなかったら日本文化に逃げ込めます。バンコクのような大都会であれば可能でしょう。

その他の地方都市でも、有名な観光地であれば欧米人旅行者用の施設があるので、タイらしい雰囲気を感じなくて済みます。

まとめ

タイ旅行はそれぞれのスタイルや予算に合わせた旅程を組みやすいです。

大きなカルチャーショックや人種差別を受けないので、気兼ねなく外国の雰囲気を味わえるます。

最悪、日本文化にも逃げ込める。不快感は容易に回避できるます。

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さい。

カオサンロード

【関連記事】

バンコクの魅力あふれるおすすめ観光地を全て紹介していくよ。
www.flickr.comバンコクは東京から南西に約4,600km離れているタイの首都です。年間を通して日本の夏なみに気温が高く、季節は雨季、乾季、暑季の三季が存在します。バンコクが旅行先として人気な理由には、日本から遠すぎない、物価が安いなどの理由が挙げられます。しかし、...
ザ ウェスティン グランデ スクンビット ホテル バルコニー

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です