ダムヌンサドゥアック水上マーケット。タイで一番人気の水上マーケットへ行こう。

ダムヌンサドゥアック水上マーケット ボートツアーの様子1

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、タイで最も有名な水上マーケットです。

タイには地方都市も含めるといくつもの水上マーケットが存在していますが、タイ旅行において「水上マーケット」と言えば、多くの場合ダムヌンサドゥアックのことを指します。

それほどポピュラーな観光地であり、ガイドブックなどを含めた多くのメディアで一番目に紹介されています。

ただ、マーケットが一番賑わう時間が午前中のため、早朝に起きて向かわなければならないという点や、観光地化しすぎているため押し売りのように商売船がやってくるというデメリットもあります。

しかし、見た目のインパクトや、タイの伝統文化のあり方がすぐに把握できるわかりやすさは随一です。

面白さは他の水上マーケットを大きくしのぎますし、忘れられない光景を目にすることができます。

タイに来たら一度は足を運んでみる価値のある場所だと言えるでしょう。

 

この記事では、観光前に知っておきたいダムヌンサドゥアックの詳細や、バンコクからのアクセス方法を紹介しているので、旅程を組む前に是非参考にして頂ければと思います。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットとは

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの入り口

(ダムヌンサドゥアック水上マーケットの入り口)

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、タイの首都バンコクから西に約90km離れたラチャブリー県内に位置しています。

バンコクからのアクセス方法は車のみとなり、片道およそ1時間30分で行くことができます。

そのため、日帰りで観光するのが一般的です。

バンコクからダムヌンサドゥアック水上マーケットまでの地図

(バンコクからダムヌンサドゥアック水上マーケットまでの距離)

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの観光

ボートツアーで乗るボート

(マーケット内を周るボート)

ダムヌンサドゥアック水上マーケットで目玉となるのは、1時間程度のボートツアーです。

ボートツアーでは、船主が操船する6人〜8人乗りのボートに乗り、さながら市場のように商売船が集まる運河を見て周ります。

水上マーケットの様子2

商売船には果物や飲み物が積まれていて、観光客は商売船を止めてその場で買い物ができます。

中には調理器具が積まれている商売船もあり、船に乗ったままバミーやクイティアオといったタイの麺料理を食べることも可能です。

調理器具を積んだ商売船

(調理器具を積んだ商船)

運河を行き交う商船から買い物をしたり、市場のような運河の様子を見て楽しむのが水上マーケットの醍醐味です。

また、運河上には商船以外にも高床式家屋の店がたくさん並んでいて、店に寄ってお土産を買うこともできます。

高床式の店

(高床式家屋の店)

ただし、水上マーケット内で売られている物はバンコク市内でも買える物ばかりです。

その上、観光地価格ということもあって、料金はバンコク市内で買うよりも若干高い。

また、ボートツアー中にお土産を買ってもかさばってしまうので、水上マーケットでは食べ物や飲み物以外を買うことは正直おすすめできません

他の観光客を観察していても、値段交渉をしている人は多かったですが、結局何も買わず終いという人がほとんどでした。

 

水上マーケットで見かけた物は、バンコクのプラチナムファッションモール近辺の露店やチャトゥチャックウィークエンドマーケットでも購入できます。

どちらの場所もバンコク市内にありアクセスは容易なので、時間がある人はどちらかに行ってみるのをおすすめします。

水上マーケットはタイの伝統文化

タイという国が近代化へのターニングポイントを迎える1860年頃(日本は丁度その頃幕末)まで、タイにおける街づくりは周囲を運河で仕切り、「島」のような市街の中で都市計画を図るのが主流でした。

これは、日本で言うところの城を掘で囲むことと同じ発想だと言われています。防衛力を高め、外敵の侵入を難しくしていたのです。

次々と運河を整備していく過程で、当時は今ほどに陸地が整備されていなかったこともあり、人々にとっての移動の足は水上交通が主になっていきます。

こうして、商人達は自身の船に売り物を積み、各場所で売り渡ることを覚え生計を立てるようになったのです。

 

当時は、交通の便が良い運河沿いに家を建てる人も多かったことでしょう。

ボートツアー中に運河沿いの岸を注目していると、こうした歴史の名残とも取れる家屋を多々拝見できます。

岸沿いに建てられている家屋

(岸沿いに建てられている一般家屋。普通に人が住んでいる)

しかし、タイが近代化を図り西洋文明を取り入れていく過程で、陸地には次々と道が作られていきました。

当然、水路網や水上マーケットの需要は徐々に少なくなり、衰退の一途をたどることになります。

そこで、タイ政府はタイの伝統文化を保護し、水上マーケットを観光地として盛り上げるために、運河を改めて整備しました。

こうして観光地として復活した水上マーケットの代表が、ダムヌンサドゥアック水上マーケットです。

ボートツアーを楽しむ

タイ人学生達

(ボートツアーには学生と思わしきタイ人達も参加している)

ボートツアーには1時間と2時間のコースがあります。

ボートのチャーター料金は1隻1時間1,000バーツ

バンコクからアクセスできるその他の水上マーケット「アンパワー水上マーケット」や「タリンチャン水上マーケット」だと、乗船料金がわずか60バーツなのに対し信じられない程高いです。

しかし、ダムヌンサドゥアックは両水上マーケットに比べ、圧倒的に外国人が多いですし、観光用として整備もされているので、料金が高いのは致し方ないようにも思えます。

 

個人的には、ボートツアーの時間は1時間で丁度良いと思います。

なぜなら、いくら観光用に整備されているとはいえ、2時間もボートに乗っていると、風景があまり代わり映えしないように思えて後半は退屈に感じるからです。

また、観光用に整備されて観光客が多いということだけあって、ツアー中は幾度となく商船が寄ってきてセールスを始めたり、岸にある土産物屋にも寄ります。

乗客が自分一人か身内だけなら、船主に「先へ行ってくれ」とお願いできますが、他人も乗船していたら気を使って中々言い出せません。

興味もないお土産を見ながら店主のセールスを断り続けるのは、意外とストレスになります。

 

運河を行き交う商船

しかしそれでも、たくさんの商船が行き交い、運河上で物を売り買いしている光景はとても新鮮で心に大きなインパクトを残してくれます。必見の価値ありです。

こうした光景を日本で見ることは絶対にできませんし、タイの他の水上マーケットにはダムヌンサドゥアックほどの活気や雑多さはありません。

確かに、料金が高いとかボッタクリと思うことは多々ありますが、これは観光地だからある程度は仕方ないと思って、純粋に風景や雰囲気を楽しめる懐を持っておけば良いと思います。

観光は午前中の早い時間に行きたい

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの営業時間は7:00頃〜14:00頃までです。

ただ、マーケットが最も賑わって活気が見られるのは、午前中の早い時間8:00〜10:00頃がピークです

午後になってもマーケット自体は開いていますが、人気が少なく商売船や店主もどことなく疲れ気味になっていて味気がありません。

ダムヌンサドゥアック水上マーケット 午前中の様子

(午前中の様子。船が多く、東南アジア特有の雑多さが加わった雰囲気で活気がある)

ダムヌンサドゥアック水上マーケット 午後の様子

(午後の様子。まばらには人はいるが、静かで寂しげ)

そのため、せっかく観光するのであれば、8:00〜10:00の間には必ず着くように行きたいです。

バンコクからのアクセス方法は後述していますが、片道約1時間30分かかるので、遅くても8:30頃にはバンコクを出るのがベストです

従って、ダムヌンサドゥアック水上マーケットを観光する日は、早起きできるよう前日の予定を調整しておきたいです。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの営業時間

毎日07:00〜14:00/休業日:なし

ダムヌンサドゥアック水上マーケットへの行き方

バンコクからダムヌンサドゥアック水上マーケットへ行くには、「ロットゥー」と呼ばれるミニバンを利用します。

ダムヌンサドゥアック行きのロットゥー

(ロットゥー。12人〜13人程度が乗れるミニバンのことを指す)

ダムヌンサドゥアック行きのロットゥーは、バンコク中心街から北西の場所にある「旧南バスターミナル(サーイ・タイ・ガオ/タイ語:สายใต้ เก่า)」より発着しています。

旧南バスターミナルの場所

バンコクの中心街から旧南バスターミナルへはBTSやMRTなどの電車が走っていません。

そのため、旧南バスターミナルへのアクセスには路線バスかタクシーを利用します。

しかし、一介の旅行に路線バスの乗り場や利用方法はわかり難いかと思いますので、旧南バスターミナルへはタクシーで向かうのがおすすめです。

BTS ヴィクトリーモニュメントからタクシーに乗れば100バーツ程度でアクセスできます。

タクシー運転手に行き先を告げる際、カタカナ読みでサーイ・タイ・ガオと言っても発音の違いから通じないことが多いです。そのため、運転手には旧南バスターミナルのタイ語表記「สายใต้ เก่า」を直接見せる方が良いです。

旧南バスターミナルへの所要時間は25分程度です。

 

旧南バスターミナル

(旧南バスターミナル)

旧南バスターミナルへ着いたら、バスターミナル中に入ります。

バスターミナル中には、多数のロットゥーチケット売り場が並んでいます。

旧南バスターミナル ロットゥーチケット売り場

ダムヌンサドゥアック行きのロットゥーチケット売り場は、左列の手前側にあります。

メークロン市場行きチケット売り場

(チケット売り場。メークロン市場アンパワー行きのロットゥーチケットもここで購入できる)

ロットゥーのチケットは一人80バーツです。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットまでの所要時間は1時間30分程度です。また、チケット購入後30分以内にはロットゥーは発車するので、8:00くらいまでに旧南バスターミナルに到着すれば、丁度良い時間に水上マーケットを観光できます。

 

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの入り口2

ロットゥーは水上マーケットの入り口前に到着します。

入り口にはボートツアーのチケット売り場があるので、降りたらすぐにボートツアーを開始できます。

 

ボートツアー終了後、ボートは入り口に再び戻ってきます。

入り口にはバンコク行きのロットゥー乗り場があり、入り口でロットゥーチケットを購入できます。ボートツアーが終わったらすぐにバンコクへ帰ることができるのです

ただ、帰りのロットゥーチケット料金はなぜか150バーツ。行きよりも少し高いです。

バンコクの滞在期間が短い人はツアーを利用するのがおすすめ

ダムヌンサドゥアク水上マーケット01

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの観光時間は、移動時間などを含めるとなんだかんだで半日以上かかります。

また、ロットゥー乗り場へ行く際、朝早くBTSを利用すると猛烈な通勤ラッシュに見舞われ、ストレスを感じることも少なくありません。

もし、バンコクの滞在時間が長い人であれば、こうした公共交通機関を利用しながら、1観光地に1日ちかくを使ってゆっくりと観光するのも良いかと思います。

しかし、3泊4日の旅行などでタイトなスケジュールを立てている人は、なるべく効率よく他の観光地も巡った方が良いでしょう。

そこで、滞在期間が短い人は、ダムヌンサドゥアック + 他の有名な観光地を1日で周るツアーを利用するのがおすすめです。

通常、公共交通機関を利用して自力で周る場合は2日間にわけて観光するしかない場所でも、ツアーなら送迎バンが効率よく1日でまとめて周ってくれます。

 

ダムヌンサドゥアック + 他の観光地を1日で周るおすすめのツアーには、以下のようなプランがあります。

その他のダムヌンサドゥアック水上マーケットと他の有名観光地を組み合わせたパッケージは、以下を参考にどうぞ。

>>>ダムヌンサドゥアック水上マーケットツアーの一覧

まとめ

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、タイで最もインパクトがあり目玉となる観光地です。

これからタイへ旅行に行く人は是非とも一度を足を運んでみてほしいです。

タイと日本の異なる異文化を体感してタイ旅行を満喫しましょう。

【関連記事】

一度は行くべし!バンコクから個人が自力で行ける水上マーケット。おすすめの3ヶ所を紹介。
タイの有名観光地には、必ずと言っていいほど水上マーケットが挙げられます。水上マーケットとは、品物を乗せた商売船が水路を行き交い、岸にいる客と売り買いするという、日本では見られないタイの伝統文化です。現在、バンコクから容易にアクセスできる有名な水上マーケット...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
ダムヌンサドゥアック水上マーケット ボートツアーの様子1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です