ルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)。バンコクで最高の景色が眺められる高層ホテル。

観光大国であるタイの首都バンコクには、世界的に有名な高級ホテルがいくつかあります。

これから紹介するルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)も、バンコクを代表する高級ホテルであり、映画の舞台にもなったことで一躍世界中で有名になりました。

 

これからバンコクへ行く人の中には、ルブア アット ステートタワーへの宿泊を検討している人も多いかと思います。

しかし、日本より物価が安いタイとはいえ、このクラスのホテルになると1泊の宿泊料金は1万円を超えます。

また、ホテルの予約会社が掲載している写真やレビューだけでは、宿泊料金に見合うだけの満足が得られるかは、実際のところ中々わかりにくいものです。

そのため、宿泊を検討している人は、予約すべきか慎重になるはずです。

 

そこで今回は、実際にルブア アット ステートタワーに宿泊してきたので、ホテルの客室や設備・サービス、ホテル周辺情報も合わせて、詳細を記載していきます。

個人的には、今回の旅をルブア アット ステートタワーで過ごして、大満足と言える気持ちで終えることができました。

一般的な金銭感覚を持つ日本人であれば、大きな満足感を得られるホテルでしょう。

 

宿泊料金は旅行シーズンによって上下することもあるので、先に料金をチェックしておきたい方は、以下より日付を入力して確認できます。

>>>タワー クラブ アット ルブア ホテル (Tower Club at Lebua Hotel)

ルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)

ルブア アット ステートタワーの正面玄関

(ルブア アット ステートタワーの正面玄関)

ルブア アット ステートタワーは、2006年にバンコクのシーロム通り沿いにてオープンした五つ星ホテルです。

建物の全長は244.3メートル。これは現在バンコク内に建つ全ての高層ビルの中で4番目の高さです(ちなみに去年まではバイヨークスカイ ホテルが1位でした)。

 

ホテルの階層は、全66階。

ホテル客室は、21階〜25階までの低層階と、51階〜59階の高層階に分けられています。

 

予約時に注意しておきたいのは、ホテル予約サイトでは低層階をルブア アット ステートタワー(lebua at State Tower)、高層階をタワークラブ アット ルブアホテル(Tower Club at Lebua Hotel)と分けて表記しています。

また、各予約ページはなぜか別々に作られています。

>>>【低層階】ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)

>>>【高層階】タワー クラブ アット ルブア ホテル (Tower Club at Lebua Hotel)

利用できる施設や客室のグレードに大きな違いはありませんが、低層階と高層階では部屋から見える景色が全く異なります。

多くの人が期待している絶景は、高層階の客室から眺められるものです。

もし低層階に泊まると、一番高くても25階の部屋です。なので、特別感動のある景色を眺めることはできません。

ルブア アット ステートタワーの高層階から見える景色

(57階の客室バルコニーから見えた景色は、圧倒的感動だった。)

低層階と高層階では、シーズンにもよりますが宿泊料金の違いは3,000円程度です。

そのため、せっかく宿泊するのであれば、高層階の客室での滞在を強くおすすめします。

 

ただ、高層階であっても低層階であっても、通常は「ルブア アット ステートタワー」と一括りに呼ばれています(本記事のタイトルもそういう理由であえてルブア アット ステートタワーと記載しました)。

そのため、高層階希望の人が、間違って低層階の客室を予約することが多いそうです

そのことをホテル側が知ってか知らずか、低層階を予約していても、部屋が空いていれば無料で高層階の客室にグレードアップしてくれることもあります

とはいえ、無料のグレードアップは絶対にしてもらえるわけではありません。最初から高層階の客室を予約しておく方が無難です。

客室の設備

ルブア アット ステートタワーのベッドルーム

今回宿泊した客室グレードは、タワークラブ リバービュースイート(リバービュー)。写真は2シングルベッドのベッドルーム。

客室全体の広さは66㎡。細長い形をしています。

入り口手前からリビングルーム、キッチン、バスルーム、奥に上写真のベッドルームがあり、バルコニーがチャオプラヤー川を向いて設置されています。

 

ルブア アット ステートタワーのリビングルーム ルブア アット ステートタワーのリビングルーム2

リビングルーム。ベッドルームとの間に引き戸式の仕切りがあります。仕切りは全身鏡になっていました。

 

リビングルームを360度見渡せるパノラマ写真

ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)のリビングルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

客室内は喫煙可なので、喫煙者でもゆったりとくつろげます。わざわざタバコを吸うたびに、バルコニーに出る必要がありません。

 

ルブア アット ステートタワーのキッチン

キッチン。シャープ製の電子レンジやサムスンの冷蔵庫など、名の通ったメーカーの家電製品を置いてところはさすが五つ星ホテル。

 

ルブア アット ステートタワー ベッドルームから見たリビングルーム

ベッドルームから見たリビングルーム側。左手にキッチン、右手にバスルームへの扉があります。

 

ルブア アット ステートタワー バスルーム1 ルブア アット ステートタワーのバスルーム2

バスルームも広々していて心地良かったです。

バスアメニティは「シャンハイタン」という香港ブランドで統一しています。シャンハイタンはどちらかというと、日本人より欧米セレブなどに愛用されているブランドです。

ルブア アット ステートタワーのアメニティ1 ルブア アット ステートタワーのアメニティ2

アメニティは、歯ブラシやくしなどを含め一通り揃っています。高級ブランドのアメニティは、余ったら宿泊後に持って帰って使うという楽しみ方もできますね。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真

ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower) 浴室01 #ルブアアットステートタワー #lebuaatStateTower #bangkok #thailand #バンコク #タイ #taroimopanda #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

ルブア アット ステートタワーのベッド1 ルブア アット ステートタワーのベッド2

ベッド

 

ルブア アット ステートタワーのベッドルーム3

作業机

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真

ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower) 客室03 #ルブアアットステートタワー #lebuaatStateTower #bangkok #thailand #バンコク #タイ #taroimopanda #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

バルコニーから見える景色。おすすめはリバービュー

ルブア アット ステートタワーの客室から見える景色

(リバービューの景色)

タワー クラブ アット ルブア ホテルとルブア アット ステートタワーのどちらも、客室を選ぶ際の「眺望」欄に、「リバー」か「シティ」のいずれかが記載されています。

ルブア アット ステートタワー 客室の選択

これは、バルコニーから見える景色の選択です。個人的にはチャオプラヤー側を見晴らせるリバービューの方がおすすめです

もちろんシティビューも魅力的ですが、バンコクのシンボルとも言えるチャオプラヤー川を高層階から見晴らせる方が、バンコクに来たという感覚になれます。

 

リバービューからも、もちろん大都会のビル群が眺められますし、夜景も非常に綺麗です。

リバービューの夜景

せっかく宿泊するのであれば、客室からチャオプラヤー川を眺めてみてはいかがでしょうか。

ホテル内の設備

ルブア アット ステートタワーのプール1

(プール)

ホテル内にあるプールやフィットネスジム、レストランといった設備も、五つ星ホテルらしく落ち着いて高級な雰囲気が出ていました。

滞在中はホテルライフも満喫したいという人でも、満足できる設備でしょう。

 

プールサイド プールサイドのレストラン

プールサイドにはレストランもあります。涼しみながら食事ができます。

 

ルブア アット ステートタワーのフィットネスジム

フィットネスジム。サウナも併設されています。

世界一高いルーフトップバー「シロッコ」から絶景を楽しもう

シロッコ1

ルブア アット ステートタワーの名が世界で有名となるキッカケになったのが、屋上に併設されている世界一高いルーフトップスカイバーのシロッコです。

映画「ハングオーバー2」の撮影ロケ地として使われたことで一躍有名となり、宿泊客以外もスカイバーから見える夜景を目的に訪れます。

 

247メートルの高さから見るバンコクの夜景はまさに絶景。

ルブア アット ステートタワーに宿泊したら是非とも行きたいバーです。

シロッコ2 シロッコ3

ルーフトップバーの入場料は無料です。また、宿泊客でなくても利用できます。

ただし、バーで売られているカクテルは地上の数倍という値段であることに加え、入場の際はドレスコードのチェックがあります。

シロッコに関しては、注意事項も含め以下の記事に詳細を記載しているので、興味のある方は是非参考にどうぞ。

バンコクのスカイバー。ハングオーバー2に出てきたロケ地を紹介。
Photo: Steve Jurvetson先日、ハングオーバー2という映画を見ました。内容は、巨大都市バンコクの裏の部分を全うに表現しながらも(ちょっと誇張もしている)、はちゃめちゃなストーリー展開と馬鹿男達の友情が笑...

ホテル周辺の観光地

ルブア アット ステートタワーの周辺MAP

ルブア アット ステートタワーの場所は、上地図の通り、シーロム・パッポン・タニヤエリアの近くです。

チットロム・プラトゥーナム・サイアムエリアアソーク・ナナエリアシーロム・パッポン・タニヤエリアなど、ホテルから右側のエリアへは、ホテルから徒歩5分の場所にあるBTS サパーンタクシン駅(Saphan Taksin)より電車でアクセスできます。

また、ホテルから左側にあるチャイナタウン・ヤワラートエリアへも電車でのアクセスが可能です。

ただ、王宮エリアとカオサンロードには電車が走っていないため、タクシーもしくはチャオプラヤーエクスプレスボートを使ってアクセスします。

いずれのエリアへも、公共の交通機関を使ってアクセスできるので、観光における利便性は悪くありません。

ホテル周り(徒歩圏)のMAP

ルブア アット ステートタワー周辺(徒歩圏)のMAP。赤い星マークの場所がルブア アット ステートタワー。

BTS サパーンタクシンは水色の電車マーク。

ホテル徒歩圏の範囲には、レストランや寺院などの観光地もあるので、ホテル周辺の街歩きも十分に楽しめます。

ルブア アット ステートタワー徒歩圏の観光スポットについては、下の記事でまとめているので、是非参考にして頂ければと思います。

半日で周れるBTSサパーンタクシン周辺の観光名所を紹介します。
BTS サパーンタクシン駅(Saphan Taksin)は、バンコクの主要交通機関である高架鉄道、BTS(スカイトレイン)のシーロム線上にあります。カオサンロードやワットポーへ容易にアクセスできる運河交通、「チャオプ...

ホテルから2kmの場所にあるアジアティーク ザ リバーフロントも要チェック!!

バンコク最新のナイトマーケット「アジアティーク ザ リバーフロント」も近場にあるので、是非足を運んでみてほしいです。

BTS サパーンタクシンから出ている、無料のエクスプレスボートを使ってアクセスできます。

 

アジアティークは、バンコクにあるナイトマーケットの中で、最も規模が大きくエンターテイメント性に溢れている話題のナイトマーケットです。

ニューハーフショーで有名なカリプソキャバレーもあり、その規模や安全性から老若男女関わらず楽しめる観光地の一つと言えます。

アジアティーク ザ リバーフロントの詳細や行き方については、以下記事で詳しく書いているので、こちらも是非参考にどうぞ。

アジアティーク ザ リバーフロントへ初めて行く人が知っておくべきこと。
今回は、アジアティーク ザ リバーフロントについての記事です。バンコクでおすすめの観光地と言われているわけですが、どんな場所なんでしょう。アジアティーク ザ リバー フロントとはアジアティーク(Asiatiqu...

BTS サパーンタクシンからルブア アット ステートタワーへの行き方

BTS サパーンタクシンからルブア アット ステートタワーへ行くには、まず駅の3番出口を降ります。

BTS サパーンタクシン駅の3番出口

駅を降りると目の前に通り(チャルンクルン通り)があるので左折します。

チャルンクルン通り

左折すると右正面にルブア アット ステートタワーが見えます。

チャルンクルン通りから見えるルブア アット ステートタワー

そのまま右側の歩道を直進すると、ルブア アット ステートタワーの入り口に到着します。

ルブア アット ステートタワーの入り口

入り口。貫禄がある。

 

スワンナプーム空港、もしくはドンムアン空港からアクセスする際は、タクシーを使って直接ホテルへ行くか、エアポートレールリンクを乗り継ぎしてBTS サパーンタクシンまでアクセスします。

両空港のタクシー乗り場等は以下の2つの記事で詳細を記載しているので、参考にどうぞ。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方。【タクシーor電車で】
www.flickr.comスワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行くには、基本的に以下3つの内、いずれかの交通機関を利用することになります。 タクシー エアポートレールリンク(電車) 路線バス最も多くの旅行...
ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。おすすめはタクシー。
ドンムアン空港からバンコク市内への距離は約30kmです。空港からバンコク市内へ行くには、以下いずれかの交通機関を利用することになります。各交通機関への乗り場は、いずれも空港1階、到着口のあるフロアにあり...

バンコクでおすすめの高層ホテル

海外旅行では、高層ホテルに宿泊して、客室から眺められる都市の景色を楽しみたい人も多いと思います。

上階から見える大都市の景色は、街歩きだけでは気づかない都市の表情を見ることができます。

また、その場でもSNSなどのインターネット上でも、大都市の素晴らしい景色を誰かと共有すると、思い出はより深まります。忘れられない光景となるでしょう。

 

是非とも宿泊しなければ見ることのできない素晴らしい景色と、快適な客室でのホテルライフを同時に堪能してみてはいかがでしょうか。

自分自身、バンコクへの訪問は30回以上にもなりますが、やっと泊まれて良かった、今まで見ることのできなかった新しいバンコクの表情を見られて満足です。

ホテル設備やスタッフの対応もさすが五つ星ホテルということで、特に不満点はありませんでした。

ちなみに、JF(ジョイナーフィー)は無料です。夜遊び目的の人でも、お気に入りの女の子と一緒にうっとりする夜景を楽しんでみてほしいです。女の子はとても喜んでくれるし、最高の気分と雰囲気を味わえます。

 

ルブア アット ステートタワーは、有名映画のロケ地にもなったこともあり、名実ともにバンコクでおすすめの高層ホテルと言えるでしょう。

>>>タワー クラブ アット ルブア ホテル (Tower Club at Lebua Hotel)【高層階】

>>>ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)【低層階】

【関連記事】

バンコクのおすすめホテルまとめ。旅行者にとって便利なエリアのみに絞って、快適なホテルのみをまとめました。

バンコクで"絶対に"おすすめのホテルとは?エリアごとに人気のホテルを全て紹介。
(バンコクの街並み)バンコクを初めて訪れる旅行者が滞在を楽しめるエリアは、一般的に以下4つのエリアとされています。 高層ビルや日本食レストランが立ち並ぶ利便性の高いスクンビットエリア ショッピングモ...
ルブア アット ステートタワーの外観

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です