バンコクの粋なナイトマーケット。タラート ロットファイ シーナカリン。

タラートロットファイシーナカリンのメインゲート

バンコクの各所では、それぞれ特色を持った大規模なナイトマーケットが夜な夜な開催されています。

ナイトマーケットと言えば、小汚い露店や屋台が密集している場所で肩を寄せ合って食事をするタイ人たちが真っ先に浮かぶでしょう。

地元の人々が、日々の生活の為に利用する品々や食料品を並べた活気溢れる風情。

昔から、貧しい途上国でよく見られる光景は、文字通り、「市場」という言葉が一番相応しい。

 

しかし、近年のバンコクでは規模の拡大だけでなく、並んでいる商品やマーケット全体の雰囲気にアミューズメント性を富ませています。

時計塔

(時計塔や観覧車まで設置されているアジアティーク ザ リバーフロント

ナイトマーケットは、今や観光地となっています。

年を追って観光客の姿も増し、毎夜賑わいを見せているのです。

今回は、その中でも特に個性が強いタラート ロットファイ シーナカリン」というナイトマーケットを紹介します。

タラート ロットファイ シーナカリンとは?

タラート ロットファイ シーナカリンはバンコクのシーナカリンロードで開催されているナイトマーケットです。

元々はチャトゥチャックという地区でタイ国鉄の車庫を使用して開催されていたのですが、取り壊しの決定と同時に、2013年に現在の場所へ移転しました。

タラートは「市場」を意味し、ロットファイは「鉄道」を意味します。

名前の通り、マーケットのメインゲートは駅構内を思わせる作りになっています。

タラートロットファイシーナカリンの内部

テーマは「レトロ」と「アンティーク」

タラート ロットファイ シーナカリンには懐かしさを感じさせるアンティークや、骨董品が多く並んでいます。

まんだらけやおもちゃ倉庫のように、サブカル的な要素も持っているので見て歩くだけでも楽しめるでしょう。

中には、タイにしては高額なアンティークもありますが、雑貨や服などは現地人価格で購入できます。

 

レコード機器を扱う店。

レコードプレイヤー

日本アニメのフィギアを扱う店。

フィギアの店

路上にならぶ骨董品。

骨董品

古着屋では、日本と同じくあの独特の柔軟剤の臭いが。

古着屋

若いタイ人が客層に多く、この良い意味でタイらしくない雰囲気がウケています。

更に、タイ特有の雑多さも加わっていてとても賑やかです。

海外の市場のごちゃごちゃ感は最高ですね♪ #タイ #Thailand #バンコク #Bangkok #タロートロッファイ シーナカリン#talat-rotfai-srinakarin #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

テーマに合わせた店の雰囲気作りも要チェック

「レトロ」と「アンティーク」の両テーマはマーケット全体で掲げられています。

面白いのが、店に設置されたオブジェ達です。

アメリカンな臭いを漂わせています。

 

バーに置いてあるアメ車。

バーに置いてあるアメ車

ドラム缶でできたテーブルとイス。

ドラム缶でできた机

古着屋に置いてあったラジオのオブジェ。

古着屋に置いてあるオブジェ

両テーマはバーのBGMにも統一されていて、主に80年代後期から90年代にアメリカで流行った明るいポップやオルタナティヴロックが流れています。

経済の成長がバブル期といわんばかりに著しいタイと、この90年代のマッチョなアメリカの空気との相性が非常に良くて、底抜けに明るい気分にさせてくれました。

忘れてはいけない「食」もバッチリ抑えてる

タラートロットファイシーナカリンの屋台群

ナイトマーケットの醍醐味の一つである食にも随分力が入っています。

タラートロットファイシーナカリンのタイ料理

ナイトマーケットの屋台コーナー

こういった広い面積を持った敷地で開催されているナイトマーケットは、路上で開催されている場合と違い、デパートのように買い物のエリアとフードコーナーがきちんとわけられています。

屋台の料理は、海鮮素材を使用したタイ料理が中心ですが、寿司やラーメンなどの定番の日本食、食後につまみながら食べ歩きできそうなフルーツやフルーツシェイクも多かったです。

焼かれている魚 焼かれている海老

フルーツの屋台とフルーツシェイク。

シェイクは30TB。(約108円)

フルーツ屋さん

フルーツシェイク

タラート ロットファイ シーナカリンへのアクセス

行き方は、BTSオンヌット(On Nut)からタクシーかソンテウで行く方法があります。

旅行者はタクシーで行く方がわかりやすいでしょう。

 

まずオンヌット1番出口を出ます。

オンヌット駅1番出口

駅を出たらすぐにUターンして下さい。

そのままBTS プラカノン(Phra Khanong)方面へ道なりに5分〜7分ほど直進しますと、オンヌットロードという大きな通りにぶつかります。

ビッグCという大きなスーパーがあるのですぐにわかるでしょう。

ビッグCを正面に見て、左方面の道がタラート ロットファイ シーナカリンへ続いています。

オンヌット通りのビッグC

(オンヌット通りのビッグC)

ここからであれば、タクシーで約30分。80〜90TB(約290〜325円)で行けます。

オンヌット通りは非常に渋滞率が高い通りなので、場合によっては乗車拒否されますが、そういった場合は根気よくタクシーを捕まえ続けましょう。行ってくれるドライバーに巡り会えるはずです。

BTSオンヌットからタラート ロットファイ シーナカリンへの地図↓

googlemap上で表記されているように、タイ人の間ではTrain Night Mraket(トレインナイトマーケット)という通称で認識している人もいます。

なので「タラート ロットファイ シーナカリン」か「トレインマーケット」と言えば大体のドライバーはわかってくれるますが、それでもわからない人には「シーコンスクエア」と伝えましょう。

シーコンスクエアはタラート ロットファイ シーナカリンの横にある巨大ショッピングモールで、駐車場がマーケット内へ直結しています。

駐車場内にあるタラート ロットファイ シーナカリンの看板。

タラートロットファイシーナカリンの看板

 

ソンテウで行く場合もビッグCの向かい側から乗ることができます。

4番のソンテウに乗りましょう。シーコンスクエアまで行けます。

4番のソンテウ

ただ、ソンテウの場合は4番がくるまで待たなければいけないのと、前述したとおりオンヌット通りは渋滞が激しく、乗客の乗り降りも多いです。

場合によっては到着までに50分〜1時間は見ておいたほうがいいでしょう。

料金に関しては8TBなので、タクシーにと比べると経済的ですが、それでも手間とストレスを考えるとおすすめはできないです。

営業時間

金〜日曜の15:00から24:00まで。

夕方頃までは人が少なくて寂しい感じがするので、一番人が賑わっている20:00PM頃がおすすめです。

2時間〜3時間あれば買い物も夕食も満足に楽しめるでしょう。

BTSの終電は0:00頃なので、帰る時間には気をつけて下さい。

BTS オンヌット付近でのおすすめホテル

タラート ロットファイ シーナカリンは都心部からかなり離れている為、マーケット周辺での宿泊はおすすめできません。

ただ、一番最寄りのBTS Onnutであれば周辺には低価格でそれなりのグレードのホテルが数軒あります。

グリーンベルズホステルの外観

(ザ グリーン ベルズ ホテル)

もしオンヌット駅付近の手頃なホテルに宿泊したいのであれば、以下の記事を参考にどうぞ。

オンヌットにあるおすすめホテル。長期滞在や外こもりにもおすすめ。
(オンヌット)オンヌット(BTS Onnut)周辺はバンコクにおいてのベッドタウンにあたる場所です。近年は相次ぐコンドミニアムやアパートの建設によって、バンコクへ出稼ぎにきた地方出身者のタイ人や在住外国人向...

オンヌット駅付近でおすすめできる安いホテルを4軒紹介しています。

まとめ

最近は、シーコンスクエア付近の大型ホテルに宿泊する中国人ツアー客がすごい勢いで増えてきました。

日本人はあまり見かけませんが、これだけ個性が強くて規模が大きなナイトマーケットであれば、定番の観光スポットとして今後定着していくでしょう。

確かに立地はよくないですが、とても面白い場所なので、手間暇かけて行ってみるのを是非、是非、是非!!!!おすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です