アンパワー水上マーケットの観光は夜からがおすすめ。

アムパワー01

アンパワーはバンコクから90キロ近く離れた場所にある運河で、近くにあるダムヌンサドゥアックに次いで人気の水上マーケットです。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットが外国人観光客向けに整備された場所なら、アンパワーはタイ人観光客向けの場所と言えるでしょう。

日本でもタイでも、thetaで撮影する時は周囲の視線を痛いほど感じるw #Thailand #Bangkok #タイ #バンコク #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


(アンパワーの様子。タイ人が多い)

英語こそ通じにくいですが、チャーターするボート代金も屋台のご飯やお土産も全て現地人価格なので安上がりなうえ、クルーズ中に何度も土産物屋に立ち寄るというわずらわしさもありません。

特に嬉しいのが、夕方から夜にかけて観光ができることです。

ダムヌンサドゥアックは最も賑わう時間が午前中の早い時間なので、バンコクから日帰りで観光するには早起きしなければいけません。

短い旅行だと夜中まで飲み遊ぶこともありますし、もし早朝発のツアーを組んでいたら起きるのが苦痛で仕方ないでしょう。

自分が初めてタイに行った時もそうでした。

前日は夜中の3時まで遊んでいたのに、翌日は朝7時起き。一緒に行った友人とは「今度はもっとゆっくりしたいね。」と話したものです。

ダムヌンサドゥアク水上マーケット01

(ダムヌンサドゥアック水上マーケット。外国人観光客で賑わっている。)

ダムヌンサドゥアック水上マーケット。バンコクからの観光方法まとめ。
ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、タイで最も有名な水上マーケットです。タイには地方都市も含めるといくつもの水上マーケットが存在していますが、タイ旅行において「水上マーケット」と言えば、多くの場合ダムヌンサドゥアックのことを指します。それほどポピュラーな...

今回は、アンパワーの夜からの観光を紹介します。

水上マーケット自体が初めての人や、ダムヌンサドゥアックにしか行ったことのない方には、きっと興味を持ってもらえるでしょう。

アンパワーとは

アムパワー03

アンパワーは、大きな運河の上を多数の商売船が行き来している町です。

丁度運河の合流地点になっている為、17世紀頃から通商の拠点として発達しました。

その重要な役割は現在では陸上の交通機関にとって代わられていますが、それでも古い良きタイの風情を感じられる場所として、バンコクを中心とした多くのタイ人に愛されています。

夜のアンパワー観光

アムパワーの看板

日が暮れてくると人の賑わいが昼間より増し、周辺の露店に灯が灯され、昔のタイの風情を感じられる町並みは、より一層エキゾチックになります。

自分が到着したのは18時頃で、昼と比べて風が涼しくて気持ち良かったです。

運河の両岸には海鮮系の食材を使った食堂がたくさんあるので、ボートに乗る前に腹ごしらえなんてどうでしょう。

アムパワー06

(運河の岸の様子。昭和を思わせる作りの家が並んでいる。「オールウェイズ3丁目の夕日」のよう。)

イカ焼き 貝焼き

(イカ焼きと貝焼き。どちらも50TB前後。ビールに合う。)

ボートクルーズ

アムパワー07

一番の目玉であるボートクルーズ。1時間くらいかけて運河の周辺をぐるっと回ります。

ボート乗り場は、上写真のように岸に停留しているボートが目印となるのですぐにわかるでしょう。

料金はわずか60TB。(約220円)ダムヌンサドゥアック水上マーケットのボートが一人約1,000TBなのに比べると、随分経済的です。

18時半頃から乗るのがおすすめです

ちょうど日が落ちて、岸沿いの商店の光やライトアップされたお寺が、より一層幻想的な雰囲気を作り出します。

 

ライトアップされた寺院。

アムパワー08

クルージングの様子。

ジブリの映画に出てきそうな感じの雰囲気です。

3月上旬頃に行くと川沿いで光る蛍の群れを見ることもできます

これがまたロマンティックでよかったです。

何枚か写真で撮ってみましたが、光が小さすぎて全然写っていなかったのが残念でしたが。

ちなみに、タイの蛍は日本の蛍と違って一定時間光っているのではなくて、常に光を点滅させています。

蛍は外部からの刺激(写真のフラッシュなど)を与えると光を閉ざしてしまうので気をつけて下さい。

おかまいなしにフラッシュをたきまくっていた中国人観光客が、他の乗客から不満を買っていました。

アンパワーへの行き方と営業時間

行き方

アンパワーへはバンコクのBTS ヴィクトリーモニュメント駅(Victory Monument)からロットゥー(ミニバス)で行けます。

 

ロットゥー乗り場への行き方。

まずヴィクトリーモニュメント駅の2番出口を出ます。

ヴィクトリーモニュメント2番出口

出たら、すぐUターン。次駅のBTSサナームパオ(Sanam Pao)方面へ直進して下さい。

5分ほど歩くと右手にバス乗り場があります。

入り口には、アンパワー行きのボードが出ているのですぐにわかるでしょう。

バス乗り場のボード

中に入ったらチケットカウンターへ行きましょう。

アンパワー行きのチケットを発行しているカウンターの下にも上写真と同じボードが貼られています。

チケットカウンター

チケットの料金は80TB(約290円)。特に予約などは必要ないです。行ってチケットを買うだけです。

バスは06:00AM〜20:00PMの間で、人が一杯になり次第発車します。大体30分も待てば発車しますが、運が悪いと一時間近く待つ場合もあります。時間には余裕を持っておきたいです。

アンパワーまでの所有時間は大体1時間30分なので、16:00くらいにバスに乗れば余裕を持って観光を楽しめるでしょう。

チケットを買った後は、バスの発車まで席で待つだけです。

バス乗り場

アンパワーに到着したら、降りていくタイ人乗客についていけばすぐに運河までたどり着けます。歩いて10分くらいです。

帰りも、同じ到着バス停からバンコク行きのバスが出ています。

アンパワーからバンコクへの最終バスは21:00PM頃です。アムパワーに到着したら、予め帰りのチケットを先に買っておくのがいいでしょう。料金は同じく80TBです。

営業時間

営業時間は15:00〜21:00の間で、金土日曜日の週末のみです。

まとめ

昼の観光が有名ですが、夜も違った魅力を放つアンパワー。

特に3月上旬は、蛍が見学できるので見逃したくないです。

なにより「涼しい」というのは、タイでは魅力的なキーワードです。

絶対思い出に残る素敵な観光地だと思いますので、夜も是非行ってみてください。

>>>【アンパワーホタル鑑賞】宿泊ホテルまでの送迎・日本語ガイド付きの格安ツアー

 

アンワパーの近くにあるインパクトのある観光地「メークロン市場」もおすすめ。

線路上にある市場を列車が通り抜けていく様子が見られます。

メークロン市場という線路の上にある市場。バンコクからの観光方法まとめ。
Photo:Christine Olsonメークロン市場(線路脇で売られている野菜)メークロン市場は、バンコクから70キロ程離れたサムットソンクラーム県にある、タイ国有鉄道メークロン線の終点、メークロン駅の前にて開催されています。バンコクからのアクセスは1時間以上かかりますが、日...

【関連記事】

一度は行くべし!バンコクから自力で行ける水上マーケット。おすすめの3ヶ所を紹介。
タイの有名観光地には、必ずと言っていいほど水上マーケットが挙げられます。水上マーケットとは、品物を乗せた商売船が水路を行き交い、岸にいる客と売り買いするという、日本では見られないタイの伝統文化です。現在、バンコクから容易にアクセスできる有名な水上マーケット...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で購読するのがおすすめです。
Push7で


タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。