バンコクのチャイナタウン(ヤワラート)を100倍楽しむための基礎情報。

ヤワラート通り

(チャイナタウンの中心、ヤワラート通り)

バンコクのチャイナタウンと言えば、タイ旅行において定番の観光スポットとして挙げられる場所です。

中国語の看板が並ぶ町並みと、そこに住むパワフルな華人達を見ながら街を歩くると、ここがバンコクの中でも、ひときわ異質なにおいを発しているエリアであることに気づきます。

乱暴な運転マナーや異音に異臭、人でごった返す市場。

そんなやかましい環境に時折ストレスを感じつつも、たくましくも一度郷に従ってしまえば、不思議と町に対しての好奇心が高ぶってくるのがチャイナタウンの魅力と言えるでしょう。

バックパッカーにとっては、一昔前であれば「ジェライホテル(1995年秋に閉館)」、現在ならインドカレーが毎日無料で食べられるシーク教寺院がある為、今も昔も交流を持つ機会がある場所になっています。

チャイナタウンの簡単な歴史

チャイナタウンの歴史はアユタヤ時代に溯ります。

ビルマ軍によって、徹底的に破壊されたアユタヤ町の再起を諦めた当時の王タークシンは、アユタヤに次いで第2の都市であったバンコクを再建の地として選びました。

新たな王都(トンブリ王朝)は、チャオプラヤー川(下地図ではメナム川と表記)の西側、ちょうどワットアルンの付近に作られたと言われています。

ワットアルンの周り

(ワット・アルン周辺の図)

しかし、精神に異常をきたしてしまい、過度な奇行により国民の信頼を失ってしまったタークシンは、やがて王位の座を奪われ処刑されることになります。

その後、新たに王の座についたのが、現チャクリ王朝の初代ラーマ1世です。

ラーマ1世の像

(ラーマ1世の像)

ラーマ1世は、新たな王都をチャオプラヤー川の東側に再建しました(現在のワットプラケオ周辺)。

必然的にその地に住んでいた人達は、別の場所への移住を余儀なくされました。

それが、タークシン王と共にアユタヤからバンコクに移り住んだ華人達でした。

華人達が新たな移住地にて街を形成したことにより、現在のチャイナタウンが生まれたのです。

チャイナタウンの観光

主な見所となるお寺や市場は、ヤワラート通りの周辺に点在しています。

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。

チャイナタウンの観光は、MRT フアラムポーン駅(地図上の電車マーク)からクローントム市場(茶色の☆マーク)までの東側エリアと、チャオプラヤー川方面に点在する5ヶ所の寺院と市場がある西側エリアに分けて考えるとわかりやすいです。

東側エリアは主に日中の観光場所(ヤワラート通りは夜も観光できる)、西側はエリアは「パーフラット市場」と「シーク教寺院」を除いて、主に夕方から夜の観光場所となっています。

シーク教寺院は、基本的にバックパッカーなどの長期滞在者がタダ飯を貰いに行くだけの場所なので、観光という視点では面白い場所と言えません。

パーフラット市場も、あまり広くないエリアに、サリーやお香などを取り扱っている店と、インド料理レストランが何軒かあるだけです。ここで見られる物は他のエリアでも買えます。

インド料理も、NANA駅周辺のインド料理屋の方が俄然美味いしですし、種類も豊富です。つまり無理して行く必要のない場所と思われます。

なので、一日で回るのであれば、東と西の両エリアを(シーク寺院とパーフラット市場を除いて)、朝・夕の観光に分ければ効率よく回れるでしょう。

ワットトライミット(Wat Trimit)

チャイナタウンで一番人気の観光名所。黄金像は一見の価値あり。

ワットトライミットの黄金像

黄金象があるお堂を360度見渡せるパノラマ写真

チャイナタウンのワットトライミット(別角度から) #タイ #Thailand #バンコク #Bangkok #ワット・トライミット #Wat-Traimit #วัดไตรมิตรวิทยาราม #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ワットトライミットの外観。かなり立派です。

ワット トライミットの外観

サンペン市場(Sampheng Lane)

人の熱気と溢れ返す商品でごった返すサンペン市場。

これぞチャイナタウン!

サンペン市場

サンペン市場を360度見渡せるパノラマ写真

バンコクのチャイナタウン #タイ #Thailand #バンコク #Bangkok #チャイナタウン #chainatown #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

時間帯によっては、まともに道が歩けないほど混雑します。

サンペン市場の様子

夥しい商品の数。個人旅行者であっても問屋価格で品物が買えます。

実際、色んな国のバイヤーが品定めをしています。

サンペン市場の様子02

サンペン市場の様子03

イサラーヌパープ通り(Itsaranuphap)

イサラーヌパープ通り

約200mの細い路地。両脇には野菜や魚などの生鮮食品、お茶の葉や煮物などの乾物、香辛料などの店がびっしりと連なっています。

観光客向けではなく、完全に庶民的な市場なのでローカル感を感じられて面白いです。この狭い通りをバイクが行き来する様子に東南アジアの風情が感じられます。

イサラーヌパープ通りで売られていた肉まん

イサラーヌパープ通りで売られていた杏仁ジュース

通りの中には肉まん(サラパオ)の店や杏仁ジュースの店などもあり(30バーツ〜40バーツ程度)、ちょっとした食べ歩きも可能。

杏仁ジュース片手に歩くと、よりチャイナタウン観光の気分が盛り上がります。

イサラーヌパープ通り2

「まさに東南アジア!」と言えるごちゃごちゃした空間。こういった雑多な雰囲気が好きな人は多いでしょう。

ワット・マンコーン(Wat Mangkon)

ワットマンコーンの外観

1871年に建てられた中国建築様式の寺院。外観はよくありがちな中国寺院といった見た目ですが、寺院内の迫力はものすごいです。

四天王の仏像

入り口。両脇には鎧を着た黄金の四天王像がデンと鎮座しています。

ワットマンコーン内1

ワットマンコーン内2

聖堂には三体の金色の仏像が。天井の装飾も煌びやか。

ワットマンコーンは、2月の春節祭(中国旧正月)イベントや10月の中国ベジタリアンフェスティバルを主催しているとのこ。チャイナタウンの中国寺院の中でも重要な位置づけにあると言えます。

ワットマンコーンの周りにある建物

(寺院周りの建物も、まさに中華寺院といった見た目で見応えがある)

ミットラパン(Mittraphan)

ミットラパン1

ヤワラート通りと7月22日ロータリーを繋ぐ長さ約350mほどの通り。

両脇には商人と思われる人達が、プラと呼ばれる小仏お守りやスマートフォンの本体などを並べて売っています。

複数の店で大勢のタイ人が何やらお宝を発見したかのように集まり、議論を交わしたりルーペで真剣に商品を見ている様子が伺えます。

ミットラパンの店

ただ、申し訳ないですが我々観光客からすると、どれも二束三文のガラクタにしか見えないので、特に行く必要のない場所かと思います。

時間があれば、雰囲気を楽しむために少し歩いてみるくらいでいいです。

バミージャップガン(Bami Japgang)

バミージャップガン

バミーが美味しいと話題の有名店「バミージャップガン」。

ここのバミーヘーンは他店より少し量が多く、それでいて麺に店独自の秘伝のタレが上手く絡んでいる為、思いの外ペロッと平らげてしまいます。

バミージャップガンのバミー

スープなしのバミーヘーン。35バーツ。

その他のエリアのおすすめのバミーは「【厳選レストラン5つ】バンコクでバミーが美味いと評判の店。」もご覧下さい。

クローントム市場(Khlong Thom)

クローントム市場

ありとあらゆる電化製品や、何につかうのかよくわからないパーツまで何でも売っています。一昔前の秋葉原のような場所です。

日本のDVDやCDも売っていましたが、殆どがコピー品です。

 

真剣な眼差しでエロDVDを物色するタイの紳士達。

タイの紳士達

こういう何でもござれな雰囲気もチャイナタウンならではですね。

クローントム市場の様子

クローントム市場の様子02

シーク教寺院(Gurdwara Sri Guru Singh Sabha)

無料でカレーが食べられるということで、多くのバックパッカーが訪れるようになった寺院です。

シーク教寺院

タダ飯の時間になると日本人旅行者の姿がちらほら見えます。バックパッカー同士で交流を深めるには良い場所かもしれません。

ちなみに、無料でカレーが食べられるのは朝08:00〜10:30の間のみです。

サパーンプットナイトマーケット(Saphan Phut Night Market)

日本人よりは、若いタイ人やファラン(白人)をよく見かけるナイトマーケットです。

商品のラインナップなどは特に他のナイトマーケットと変わりません。

屋台が多いので、ブラブラ食べ歩きするのは面白いでしょう。

サパーンプットナイトマーケット

チャオプラヤー川沿いに、レストランバーがいくつかあります。クルーズするカラフルな船を、波風にあたりながら眺めるのも面白いです。

川沿いのレストランバー。

レストランバー

クルーズ中の観光船。

チャオプラヤをクルーズする観光船

パーククローン市場(Talat Pak Khlong)

お祈りに使うジャスミンの花や、ありとあらゆる花が売っている市場です。

バンコク内の寺院に置いてあるジャスミンは、殆どここが仕入れ先となっているとのこと。

パーククローン市場

大量のジャスミンの花。

ジャスミンの花

様々な種類の花が置いてあります。

パーククローン市場の様子

パーフラット市場(Talat Phahulat)

インド人街とも言われる場所にある市場です。

周囲はインド人だらけになります。

パーフラット市場

このエリアに来ると屋台においてある食べ物もカレーばかりです。

屋台のカレー。普通に美味しかったです。

パーフラット市場のカレー

レストランでは安い金額でラッシーも飲めます。

パーフラット市場のラッシー

ワットラーチャブーラナ(Wat Ratchaburana)

アユタヤ王朝時代に建設された寺院。

日本人の納骨堂があります。

ワットラーチャブーラナ

納骨堂。

ワットラーチャブーラナの日本人納骨堂

夜になるとライトアップされます。

サパーンプットナイトマーケットが近くにあるので、ついでに見にいってみるといいと思います。

ライトアップされたワットラーチャブーラナ

和成豊(フアセンホン)でフカヒレと燕の巣を食べるべし

フカヒレと燕の巣

チャイナタウンには様々な中華料理レストランが並んでいますが、その中でも特に目立つのがフカヒレと燕の巣を提供する店。

ありとあらゆる場所でフカヒレと燕の巣を食べられますが、特におすすめのレストランが「チャイナタウンNo.1」と言われる老舗「和成豊(フアセンホン/Hua Seng Hong)

フアセンホンの外観

(フアセンホンの外観。コックさんのキャラクターが目印)

値段が安い上に、チャイナタウンNo.1と言われるだけあって味も良いです。場所もヤワラート通りの中心にあるためアクセス良好。

フアセンホンのフカヒレ

フカヒレ(Shark’s fin with crab meat or chicken in red soup)。400バーツ

フカヒレ自体には味はありませんが、トロトロで濃厚なスープが美味しいです。フカヒレと絶妙に絡み合います。

フアセンホンの燕の巣

燕の巣(Bird’s nest hot/cold)。値段はhotが300バーツ、coldが500バーツ

ゼリーのような食感で、味付けは甘くてデザートのようです。

日本では中々食べられない高級食材なので、チャイナタウンで是非とも食べましょう。

ヤワラートでの食べ歩きは夜からが本番

夜のヤワラート通り

(夜のヤワラート通り)

ヤワラート周辺では昼間も食べ歩きできる屋台等のストリートフードが並んでいますが、夜18:00頃からは特に凄いです。

ヤワラートに面したイサラーヌパープ通り入り口から、中華門側に向かって約250mの道路一部が歩行者天国となり、昼間の何倍もの屋台が並び始めます。

地図で記すと以下水色で線を引いてあるエリアです。

歩行者天国になるエリア

18:00頃から徐々に屋台が並び、19:00〜22:00のピーク時には大勢のタイ人と外国人観光客で一杯になります。

ヤワラートの屋台エリア1

屋台の種類は様々ですが、中華屋台7割タイ料理屋台3割といったところ。

スナック類や餃子、肉まん、フカヒレ、燕の巣、中華のデザート類、シーフード、定番のタイ料理など。

餃子の屋台

(餃子の屋台。ビッグサイズの餃子5個入り1パックで40バーツ)

フカヒレの屋台

(フカヒレの屋台。路上でプライパンを振り回しながら豪快に料理している)

食べ歩きできる軽食や持ち帰り飯以外にも、テーブル席ありの屋台もたくさん出ます。

夜ご飯をガッツリと食べることも可能です。

夜のヤワラート 屋台

夜のヤワラート 屋台

ヤワラートで食べる夜ご飯というシチュエーションも面白いですし、バンコクにあるその他の屋台エリアとは料理のラインナップが全く異なるので興味深いです。

何を食べようか迷うほど美味しそうな料理が並んでいるので、ヤワラート近辺に滞在予定の人は夜も足を運んでみましょう。

屋台に対する規制が年々厳しくなるバンコクでは、もはやこうした屋台通りは貴重な存在です。もしかしたら、来年にはなくなる可能性も0とは言えないので、行くなら今です。

屋台の出店と盛り上がりのピークは19:00〜22:00頃までで、0:00頃から徐々に閉店し始めます。

チャイナタウン観光の注意点

基本的に治安は悪くないです。大通りであれば、夜でも人が多いので最低限の注意さえ払っておけば問題はなさそうですね。

ただ、7月22日ロータリーの付近は日が暮れてからは近寄らない方がいいと言われています。

この付近は昼間から立ちんぼがウロウロしているエリアで、かなりダーティーな雰囲気を醸し出しているからです。

7月22日ロータリーの近く

(椅子に座って客待ちしている立ちんぼ)

危険と言われているエリアなら行かなければいいだけで、観光においてどちらかと言うと注意しておきたいのは交通です。

特にヤワラート通りですが、かなり交通量が激しく、ドライバー達の運転も荒いです。

こちらがいつ渡ろうか様子を伺っていても、誰も止まってくれません。

なので、最初の方は横断歩道の向こう側へ行くのが一仕事になるでしょう。

少し面倒ですが、最初は現地の人が渡るのを待って合わせてついていけば、次第にタイミングが掴めてきます。

このタイミングをいかに早く掴めるかが、チャイナタウンを観光する上でのキーポイントになると言っても過言ではありません。

それほどチャイナタウンには信号付きの横断歩道が少なく、車の往来が止まることがないのです。

 

もう一つ注意しておきたいのが、サンペン市場やイサラーヌパープ通りでのスリです。

サンペン市場とイサラーヌパープ通りは、時間帯と場所によっては歩くのが困難なほど人だらけになります。

タイ人でも、そういう時はバッグを前に掛けるなど目の届く位置で背負っているので、真似しておいた方がいいでしょう。

beware your pocketの看板

(サンペン市場やイサラーヌパープ通りでは「BEWARE YOUR POCKET」と書かれた幕がかけられている)

以上の事項さえ注意していれば安心して観光を楽しめるでしょう。

ヤワラートのおすすめホテル

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの外観

>>>ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウン

チャイナタウンに滞在する上で最もおすすめのホテルが、ヤワラート通りのほぼ中心に位置するホテル ロイヤル バンコク チャイナタウン(Hotel Royal Bangkok China Town)です。

上述した夜からの歩行者天国 & 屋台出店通りの目の前に位置していることもあり、昼も夜もチャイナタウン散策を楽しむのに絶好の立地にあります。

また、ホテルにスカイバーやレストランといった施設も充実しているので過ごしやすいです。ホテルの真横にはセブンイレブンもあり。

 

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのエントランス

エントランス・チェックインロビー。ローカル色強いチャイナタウンと思えないほどしっかりとした作りで高級感も清潔感もあります。

ツアーデスクも用意されていて、スタッフは英語が堪能。

9:00〜21:00の間は、「MRT フアランポーン駅」「サンペン市場」「ワット・トライミット」「ワット・マンコーン」への無料トゥクトゥク送迎サービスもあり。

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのエレベーターホール

(エレベーターホール)

エレベーターはルームカードキーをかざさないと階ボタンを押せない仕様なので、防犯面も安心です。

 

ホテルロイヤル バンコク チャイナタウンの客室1

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの客室2

写真の客室はスーペリアルーム。広さは28㎡です。

部屋の構成はかなりシンプルですが、コンセントが多く、作業机やテレビをはじめ、家具家電設備が全てピカピカなので気持ちよく過ごせます。

床が絨毯張りで高級感があるのも良い。最近できたばかりというわけではありませんが、一度リノベーションされたそう。そのためか新築ホテルのような清潔感があります。

1泊の宿泊料金は、シーズンにもよりますが5,000円〜5,500円。

 

ボテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのベッド

枕元にはコンセントあり。寝る前に充電しながらのスマホ操作可能です。目覚まし時計も置いてあります。

また、作業机周りには二つのコンセントと二つのUSBポートも備えられています。

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの無料のコーヒー類

(無料のウォーター、コーヒー類)

客室を360度見渡せるパノラマ写真

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

スクンビット界隈であれば7,000円前後はするクオリティです。

 

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのシャワールーム1

シャワールームはシャワーとトイレがそれぞれブースで仕切られているタイプ。

アメニティはシャンプー、ボディソープ、歯ブラシがついています。ドライヤーもあり。

シャワールームを360度見渡せるパノラマ写真

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのシャワールーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

水周りも安心できるくらい清潔感あり。

 

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの屋上プール1

特に良かったのが開放感のある屋上プール。景色が素晴らしいのはもちろん、夜はスカイバーとして営業するので、綺麗な夜景が望めます。

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの屋上プールから見える景色

屋上プールから見える景色。奥にはチャオプラヤー川も見えます。

 

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのスカイバー1

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンのスカイバー2

夜はバー営業。ビーチチェアーに座ってお酒を飲むと気持ち良いです。

 

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの屋上から見える夜景

ホテル ロイヤル バンコク チャイナタウンの屋上から見える夜景2

スカイバーからはキラキラしたヤワラート通りが見えます。上の写真は、上述した一部の歩行者天国 & 屋台出店が行われている時間です。

 

5,000円前後の値段で客室もホテル施設もそれなりに充実していて、ヤワラートのど真ん中という立地も素晴らしいです。

チャイナタウンでコスパの高いホテルを拠点に旅行を楽しみたいにおすすめでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

MRT フアラムポーン駅からヤワラート通りへの行き方

まず、駅の1番出口を出ます。

フアラムポーン駅

正面を道なりに進み、横断歩道を渡ります。

横断歩道

横断歩道を渡りきった先の小道に入ります。

小道

小道に入り、次の通りを左折します。

チャイナタウンへの行き方

そのまま直進すると右手にワットトライミットの入り口が見えます。

さらに直進を続けると前方にチャイナタウンの入り口である、中華門があります。

ヤワラートは中華門の右手に伸びています。

チャイナタウンの中華門

(中華門)

MRT フアランポーンからヤワラートまでのMAP

MRTフアランポーンからチャイナタウンまでのMAP

海外旅行に慣れていない人はツアーを利用するのもあり

チャイナタウンは上記で紹介したように自力で行くことができますが、ツアーを利用して観光する方法もあります。

>>>チャイナタウン + パーククローン市場 + カオサンロード観光ツアー【日本語ガイド付き】

ツアーであれば日本語ガイドが付くので、英語に自身のない人や海外旅行に慣れていない人でも安心です。

また、上記ツアーではチャイナタウンの他にもカオサンロードというバックパッカーの聖地も一緒に回ります。

徐々に人が集まり始めるカオサン

(カオサンロード)

1日でチャイナタウンとカオサンロードを観光できるので、バンコク滞在が2日や3日など短い人にはツアー参加もおすすめです。

 

チャイナタウンを含め、バンコクで行くべきおすすめ観光地と市内での移動方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコク旅行者は必見。

ワット・プラケオ
バンコク観光の完全ガイド。市内と郊外のおすすめ観光地【全26ヶ所】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です