チャオプラヤー川の「格安」ディナークルーズ。1,000バーツでリッチな気分を味わえるプリンセス号。

チャオプラヤ・プリンセス号

(ディナークルーズ船。チャオプラヤープリンセス号)

バンコク市街を横断する巨大な川「チャオプラヤー川」は、交通の要路ようろであると同時に、観光客にとってのお馴染みのエリアです。

そんなチャオプラヤー川において、日が暮れてから存在感を放つのが、川を行き来するド派手なクルーズ船の数々です。

チャオプラヤー川を行き来するクルーズ船

夜にチャオプラヤー川沿いに訪れたことある方なら、一度は光り輝くクルーズ船を目にしたことがあるでしょう。

自分はクルーズ船を見かける度に、「いつかは必ず乗りたい」と思っていました。

そして今回は遂にチャオプラヤー川のクルーズに参加することができたので

  • クルーズの様子(ディナーの内容、クルーズ中の見所)
  • 予約方法と料金
  • クルーズ船乗り場の場所とアクセス方法

について詳しく記載していきます。

ちなみに、チャオプラヤー川のクルーズ船は複数種類存在しますが、いずれもディナークルーズです(デイクルーズはありません)。

クルーズ時間は約1時間30分。

クルーズを催行している会社の多くは、川沿いに建つ外国人向け高級ホテルやレストランなどの会社です。そのため、料理の味もしっかりしています。

今回、自分が乗船したのはチャオプラヤープリンセス号(Chao Phraya Princess)という、クルーズ船の中では最もメジャー且つ低価格(1人1,000バーツ)で乗れる船です。

ドレスコードはないです。カジュアルな雰囲気で気軽に参加できます。

夜のチャオプラヤー川からはライトアップされた寺院や高級ホテル群など、記憶に残る見所が満載。バンコク旅行のハイライトになるでしょう。

チャオプラヤー川クルーズの様子

船着き場に到着したチャオプラヤープリンセス号

(船着き場に到着したチャオプラヤープリンセス号。到着後、5分ほどのバンド演奏が始まった)

チャオプラヤー川クルーズで驚いたのが、乗船客の多さと演出の豪華さ。

自分が参加したのは木曜日でありオフシーズンの5月でしたが、それでもクルーズ船出航時刻前になると、船着き場は歩けなくなるほど大勢の人で混雑します。

ただ、詳細は後述していますが、基本的に予約制なので席確保の心配はありません。

 

クルーズ船が船着き場に到着すると、船員がワイ(合掌)して乗船客に挨拶。その後5分ほどのジャズバンド演奏が始まりました。

さすが、チャオプラヤー川のクルーズ。

これまでチェンマイ(ピン川)やナコンパノム(メコン川)といった地方でディナークルーズに参加してきましたが、ここまで乗船客が多くて豪華な演出はありませんでした。

一大イベント!という感じがして心が躍ります。

チャオプラヤープリンセス号の入り口

(いよいよクルーズ船に乗船。まずは船を記念撮影)

定員400人。アッパーデッキもある豪華客船

チャオプラヤー・プリンセス号の内部

自分が乗ったチャオプラヤープリンセス号の定員は400名(1階:160席・アッパーデッキ:240席)。

どちらのフロアにも空調設備があるので涼しい環境で食事できます。

ちなみに、座席場所の指定はできません。ランダムに決められます。とは言え、窓際の席でなくとも自由にデッキに出られるので、外の景色はバッチリ見えます。

チャオプラヤープリンセス号のデッキ

(チャオプラヤープリンセス号のデッキ。タバコはデッキで吸える)

確かにアッパーデッキで窓際の席が一番嬉しいですが、自由にデッキへ出られたので「別にどこの席でも良いかな」という感想でした。

 

1階からアッパーデッキに上がる階段

1階からアッパーデッキに上がる階段も派手。

 

チャオプラヤー・プリンセス号のテーブル席

テーブル席。ウェルカムドリンクとスナックがあり、食器類が綺麗に並べられていました。高級レストランのような雰囲気。

 

チャオプラヤープリンセス号のトイレ

船内のトイレ。高級デパート並みに綺麗。

ディナーは洋食中心のビュッフェ

チャオプラヤープリンセス号のビュッフェディナー

ディナーの内容はタイ料理と洋食中心のビュッフェ。味は可もなく不可もなく。どこのレストランでも食べられる味といったところ。大きな驚きはありません。

種類はチャーハンやスパゲティ、揚げ物や野菜炒め、フライドポテトや寿司もありました。

全ての料理は外国人向けに味付けされているので、問題なく食べられます。ただ、感動するほど美味しい!というわけではなく、街中のレストランなら400バーツ〜500バーツで食べられる内容でしょう。

そのため、料理に大きな期待はしない方がいいです。あくまでクルーズを楽しむための一要素。主役ではありません。

ちなみに、アルコールはクルーズ代金に含まれていません。注文の際は別途料金をその場で支払う必要があります。シンハビール小瓶が1本100バーツ。

クルーズ中の見所

チャオプラヤープリンセス号の歌手

(船内のステージでは若いタイ人歌手が洋楽のヒットナンバーを歌っている)

チャオプラヤー川沿いには、冒頭でも述べたようにタイを代表する寺院や豪華五つ星ホテルが並んでいます。

クルーズ中に船から川沿いを見ると、常に何かしらのきらびやかな建物が目を惹くでしょう。

その中でも、特に見応えがあるのが

  • ワット・アルン
  • ワット・プラケオ
  • ラマ8世橋

の三ヶ所。チャオプラヤー川沿いの建物の中でも取り分けてインパクト大なので、必ず見ておきたいです。

クルーズ船はリバーシティ(クルーズ開始地点)からラマ8世橋に向かって北上して、ラマ8世橋を越えた後、Uターンしてリバーシティへ戻ります。

ワット・アルン

クルーズ船から見えるワット・アルン1

クルーズ船から見えるワット・アルン2

昼間の観光で必ず訪れる場所。バンコクを代表する寺院の一つ。夜のライトアップされた姿は神秘的で、昼とは異なる印象を持ちます。

デッキでも船内でも、皆んな無言になって見とれていました。

ワット・プラケオ

チャオプラヤー川クルーズ中に見えるワット・プラケオ

ワット・プラケオもタイを代表する寺院のひとつ。ワット・アルンほどの迫力はありませんが、きらびやかで目を惹きます。

ラマ8世橋

チャオプラヤー川クルーズ中に見えるラマ8世橋

ピンクラオ地区へ繋がっている巨大な橋。

チャオプラヤー川には複数の橋が架かっていますが、その中でも圧倒的な存在感を放っています。

ライトアップされていて綺麗。真下をくぐるのは迫力があります。

チャオプラヤー川ディナークルーズの予約方法と料金

チャオプラヤー川のクルーズは予約制になっています。

先述した通り、自分が参加したオフシーズンでも人で一杯だったので、最低でも1週間前、できれば1ヶ月くらい前など早めに予約するのがベターです。

予約の方法はディナークルーズ会社やホテルのホームページやカウンターでも可能ですが、旅行代理店を通すのがおすすめ

例えばチャオプラヤープリンセス号だと、ディナークルーズ会社のホームページ(英語サイト)では1人1,500バーツと記載されていましたが、旅行代理店を通すと1人1,000バーツで参加できました。

>>>チャオプラヤープリンセス号ディナークルーズ【1名1,000バーツ】

上記旅行代理店であれば、催行会社へ日本語での問い合わせもできるので便利。

1,000バーツという格安の値段でリッチな気分が味わえるので、クルーズ参加は代理店を通す方が得です。

5歳〜12歳の子供は800バーツ、4歳までの子供は無料で参加できます。

ただし、先述したように座席の指定はできません。

 

予約後、登録したメールアドレスにバウチャーが届くので、スマートフォンに保存するかプリントアウトして現地へ持参するだけです。

予約バウチャー

(予約バウチャー)

ただ、ホテル⇔クルーズ船乗り場までは公共交通機関等を利用して自力で行くことになります。

クルーズ線乗り場までのアクセス方法は下記にて詳しく記載していますが、アクセスが心配な人や同行者に高齢者がいて送迎が必要な方は、以下の送迎付きツアーに参加するのがおすすめです。

>>>グランドパール号 or チャオプラヤープリンセス号クルーズツアー【日本語ガイド + ホテル送迎付き】

送迎付きであれば、ホテル⇔クルーズ船乗り場までのアクセス方法を確認しておく必要がありません。また、日本語ガイド付きなので、海外旅行に慣れていない方でも安心でしょう。

ツアーでは、以下写真のようなバンに乗ってガイドがホテルまで迎えに来てくれます。

チャオプラヤー川クルーズツアーの送迎バン

(ツアーの送迎バン)

その他のクルーズ船の予約

この記事で紹介したチャオプラヤープリンセス号以外にも、川沿いに建つ五つ星ホテルが催行するディナークルーズなど複数のクルーズ船が存在します。

クルーズ船によって船の雰囲気や料理の内容は多少異なりますが、大きな流れはほぼ同じです。

いずれも出発地点であるリバーシティ(クルーズ船によっては催行するホテルから出発)からラマ8世橋へ北上、その後Uターンして戻る1時間30分程度のクルーズです。

ただ、他のクルーズ船は、料金は高いですが料理が豪華だったり、乗船人数が少なくて静かという特徴もあります。

関連記事

シャングリラ ホテルが運営するホライゾン号ディナークルーズについてはこちら
シャングリラ運営の『ホライゾン』チャオプラヤー川ディナークルーズ

チャオプラヤープリンセス号は、最もリーズナブルでスタンダードな船といったイメージ。

特にこだわりがなければチャオプラヤープリンセス号に乗るのが一番無難かなという印象です。

チャオプラヤープリンセス号を含め、全てのチャオプラヤー川ディナークルーズのチケットは以下より確認可能です。

>>>チャオプラヤー川ディナークルーズのチケット一覧

クルーズ船乗り場「リバーシティ」への行き方

リバーシティの外観

(上写真左側の建物がリバーシティ)

チャオプラヤープリンセス号を含め、多くのクルーズ船がチャオプラヤー川沿いにある「リバーシティ(River City)」というショッピングモールから出航します。

以下はリバーシティーの場所を記したMAP

リバーシティの最寄り駅は、BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)MRT フアランポーン(Hua Lamphong)です。

いずれの駅からも距離は2km程度。ホテルからアクセスしやすい方の駅で降りて、最寄り駅からはタクシーで向かうと良いでしょう。

BTS サパーンタクシンとMRT フアランポーンのどちらから乗っても、タクシー料金は50バーツ前後です。

BTSサパーンタクシンとMRTフアランポーンの位置

(上路線図にて、ピンクの四角で囲んでいる駅がBTSサパーンタクシンとMRTフアランポーン)

リバーシティから両最寄り駅までは2kmもありませんが、夕方〜夜の時間帯は混雑が激しいので、クルーズチェックイン時間の30分前には最寄り駅に到着してタクシーを拾えるようにしておきたいです。

リバーシティ内のクルーズチェックインカウンター

チャオプラヤープリンセス号のチェックインカウンター

(チャオプラヤープリンセス号のチェックインカウンター)

リバーシティ内には、各クルーズ船のチェックインカウンターが個別に存在します。

自身が乗るクルーズ船のカウンターへ行き、バウチャーを見せて乗船券を発行してもらうという流れです。

チャオプラヤープリンセス号含め、多くのクルーズ船チェックインカウンターが1FのTHE COFFEE CLUB横に併設されています。

リバーシティのTHE COFFEE CLUB

該当のクルーズ船カウンターへ行き、バウチャーを見せてチケットを発券してもらいましょう。

クルーズ船によってはチェックインカウンターが2階に設置されていることもあるので、リバーシティ内の案内板も参考にして、カウンターを見つけましょう。

チャオプラヤープリンセス号の乗船チケット

(乗船チケット。座席番号が書かれている)

クルーズ船乗り場の場所は係員が案内してくれます。クルーズ船が到着したら、チケットに書いてある座席番号を探して座ります。

 

クルーズ終了後はリバーシティ付近を多くのタクシーやソンテウが客待ちしているので、最寄り駅までの足確保の心配は不要です。

チャオプラヤーを120%楽しめる川沿いのおすすめホテル

チャオプラヤー川沿いの豪華五つ星ホテル

チャオプラヤー川沿いは、名だたる五つ星ホテルが並ぶツーリストエリアでもあります。

「リバーサイド」と呼ばれる川沿いエリアには、世界のヒルトンをはじめ、諸外国でも聞いたことのあるブランドのホテルがたくさん。

これらリバーサイドのホテルで優雅な一時を過ごすため、日本人をはじめとした外国人観光客が多く滞在しています。

殆どの高級ホテルはリバービューになっていて、ホテル内の施設も豪華。クルーズ船出航場所であるリバーシティにも近くて便利です。

チャオプラヤー川を120%満喫したい人にとっておすすめの滞在エリアです。

以下ではリバーサイドのホテルで特におすすめの2軒を紹介しているので、チャオプラヤー川沿いに興味がある人は、是非滞在してみてはいかがでしょうか。

いずれも日本人にも馴染みがあるホテルブランドなので安心感があります。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の外観

クルーズ船乗り場リバーシティの真隣にある五つ星ホテル。

1泊の宿泊料金は、シーズンにもよりますが1泊13,000円前後。全室リバービューである上に、ホテル内施設には所々日本語での案内があって日本人に優しい。

エントランスの作りが豪華で「ああ、五つ星ホテルに来たなあ〜」という優雅な気持ちになれます。

プールやレストランなどのホテル内施設も充実。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエントランス

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエントランスでキムを演奏しているスタッフ

エントランス。

カラフルな象のオブジェがあったり、琴のようなタイの伝統楽器キムを演奏しているスタッフがいて、タイのエスニックな雰囲気とシェラトンのエレガントさが上手く融合しています。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のエントランスに併設されているダイニングバー

エントランスにはお洒落なダイニングバーもあり。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の客室1

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の客室2

写真の客室はツイン デラックス リバービュー(Twin Deluxe River View)。広さは36平米。

この客室の良かった点は、作業デスクとソファーが丁度窓側を向いている点。座ってゆったりとしながらチャオプラヤー川の景色をダイレクトに楽しめます。

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)の客室から見える景色

客室の窓から見える爽快なチャオプラヤー川の景色

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のコーヒーメーカーと電子ポッド

客室内には電子ポッドの他に無料のボトルウォーターはもちろん、なんとタイのホテルには珍しいコーヒーメーカーまで備えられていました。

味気ないスティック型粉末コーヒーより美味しいコーヒーを飲めます。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のバスルーム

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のうがい用の水

バスルーム。びっくりだったのが、うがい用のボトルウォーターまで置いてあった点。初めて見ました。日本人の宿泊客が多いからでしょうか。

確かにタイの水は飲めないので、うがい用の水をコンビニでわざわざ買う人も中にはいます。しかし、まさか無料でホテルに置いてあるとは。

水以外にもドライヤー、歯ブラシ、シャンプー、ボディソープ、ボディローション、シャワーキャップ、ボディタオルまで完備していました。アメニティのラインナップも日本人向け。

バスタブも広々して快適。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のプール1

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)のプール2

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズの施設にて、特に素晴らしかったのが宿泊客の多くも高評価レビューしているプールです。

通常のプールに加えて、子供も楽しく遊べる雰囲気の良いガーデンプールまで完備されています。

また、プール横にはレストランバーもあり。

どちらのプールも広々しているので、他の宿泊客グループがいても気にせずのんびりと過ごせます。

 

ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ(Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers)内にある川沿いのレストラン

ホテル敷地内の川沿い側にはカフェやレストランが多数併設されています。川沿いで一息つくのに良い場所。

また、ホテル⇔BTS サパーンタクシンを行き来するホテル専用の無料送迎ボートも出ているので、BTSを使っての市内観光も楽です。

ホテル設備やアメニティなど、日本人目線で「良い」と思えるクオリティなので、満足度の高いリバーサイド滞在となるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)

チャオプラヤー川から見たミレニアム ヒルトン バンコク

上で紹介したロイヤルオーキッドシェラトンの丁度向かい側に位置するホテル。

ヒルトンと言えば、高級感を手頃な価格で味わえる上に、サービスやホテル内施設の評判も上々な”最も親近感のある外資系ホテル”。

ミレニアム ヒルトン バンコクも、1泊10,000円程度(シーズンによって異なる場合もある)で五つ星の滞在を堪能できます。

ホテルの大きな特徴は、客室はもちろんプールや屋上のスカイバーなど、ホテルのあらゆる場所からチャオプラヤー川の景色を楽しめる点です。

コンビニやローカルな市場も近くにあるので、周辺環境も便利。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)の客室1

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)の客室から見える景色1

客室の窓は横長にワイドな作り。

ミレニアム ヒルトン バンコクの客室も全室リバービューです。窓からはチャオプラヤー川を爽快に見晴らせます。

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)の客室から見える景色1

客室から見えるチャオプラヤー川の景色。今にも船の汽笛が聞こえてきそうな距離感。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のプール

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のスカイバー

リバービューの魅力を全面に出したプールとスカイバー。

特にプールは快適です。チャオプラヤー川方面を向いているビーチチェアーがあったり、プールエリアの中には砂浜とコテージ風のビーチチェアがあったりと、演出が面白いです。

屋上のスカイバーはビール100バーツ〜、カクテル250バーツなど良心的な値段で楽しめます。

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)のスカイバーから見える景色

スカイバーからはシティ側の景色もバッチリ。お酒がグイグイ進む素敵な光景。

 

ミレニアム ヒルトン バンコク(Millennium Hilton Bangkok)1階のレストラン

1階には川沿いに面したテラス席もある多国籍レストランが併設。スパやお土産屋も併設されています。

さすがヒルトンと言ったところでしょうか。ホテルから一歩も出ずに快適に滞在できます。

また、ヒルトンにも無料の送迎ボートがあり、BTSサパーンタクシンとアジアティーク ザ リバーフロントのどちらへも無料でアクセス可能です。

1泊10,000円前後の宿泊料金も魅力的。リバーサイドで最もコストパフォーマンスに優れたホテルと言えるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

 

チャオプラヤーディナークルーズを含めた、バンコクで行くべきおすすめ観光地と市内での移動方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコク旅行者は必見。

ワット・プラケオ
バンコク観光の完全ガイド。市内と郊外のおすすめ観光地【全26ヶ所】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です