パタヤ・チョンブリーのおすすめインスタ映えカフェ6選。海沿い、象が遊びに来る面白いカフェなど。

パタヤのインスタ映えカフェアイキャッチ画像

最近、パタヤが位置するチョンブリー県では、いわゆるインスタ映えを狙った面白いカフェが続々とオープンしています。

海沿いの町なので立地を活かしたオーシャンビューのカフェが多いですが、中には飛行機を改装したカフェやエレファントヴィレッジの中にあるカフェなど、海とは関係ない面白いカフェも開業しています。

 

今回は、チョンブリーに存在するおすすめのインスタ映えカフェ6店舗を厳選しました。

いずれもタイ人に大人気のカフェです。FACEBOOKやインスタグラムで話題になっています。

ただ、パタヤビーチから歩いてアクセスできるカフェはありません。いずれもパタヤビーチからのアクセスには、車なりバイクなどの足が必要です。

写真好きな人、面白いカフェが好きな人は是非。

紹介するカフェの地図

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
混雑する時間帯

全てのカフェは、共通して土日祝の昼時・夕方は混雑しやすいです。

状況によっては入場に待ち時間が発生したり、客が多すぎてスタッフのオペレーションがグダグダになることもあります。

平日の昼時・夕方以外に訪れるのがベター。

※全てのカフェに駐車場があります。

❶ スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)から見える海3

パタヤビーチから車で約10分、小高い丘の上に立つカフェ。

場所はパタヤビーチとジョムティエンビーチの中間あたり。この記事で紹介するカフェの中では一番パタヤビーチに近いです。

そのためタイ人のみならず外国人観光客にも人気。

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)から見える海

丘の上に位置しているため、海の見え方が一番綺麗。席の目の前に広々としたパタヤ湾が広がっています。

開放感も素晴らしい。写真云々抜きにしても行ってみる価値があるカフェです。

特に日没は海の見え方がすこぶる良い。夕日のグラデーションが美しいです。

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)のソファー席

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)のソファー席2

客席は寝転がってリラックスできるタイプの席が多いです。ポーズを取っての撮影がしやすい。

そして海を眺めながらゆったりと過ごせます。テーブルに置いてあるランプなどオブジェも可愛くて、楽しく食事できるカフェです。

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)の客席

ただ、以下で紹介する他のカフェに比べると、奇抜な点は少ないです。とにかく海の見え方がダイレクトなので、夕日をバックに写真を撮りたい人などにおすすめできます。

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)で注文したケーキとコーヒー

メニューはコーヒーやデザートの他、タイ料理・洋食メニューもあり。普通に食事する感覚で訪れて大丈夫です。

上写真の一番左はブルーベリーチーズケーキ(Blue Berry Cheese Cake/175バーツ)、一番右がムード オブ ラヴ(Mood of Love)。ストロベリーアイスを乗っけたシャーベットです。185バーツ。

スカイギャラリー(The Sky Gallery Pattaya)の食事メニュー

その他にもピザやポテトなどの洋食、定番タイ料理、ブレックファーストもメニューにあるため、食事も可能。朝昼晩利用できます。

料理は1品160バーツ〜225バーツ程度。

一般的な観光客向けレストランと同じ値段です。

 

奇抜な特徴は少ないものの、過ごしやすさにおいては、この記事で紹介するカフェの中ではナンバーワン。

あからさまにインスタ映えを狙ったオブジェがあるわけではないので上品にも見えます。

また、海の見え方も一番綺麗です。パタヤビーチから比較的近く、アクセスしやすいのも良し。

雰囲気の良い場所でのんびりと海を眺めたい人におすすめ。

場所・営業時間

・場所⇒GoogleMap

パタヤビーチから近いのでソンテウやグラブタクシー(使い方)でアクセスするのもあり。グラブタクシーだと片道250バーツ前後で行けます。

・営業時間 / 毎日8:00〜22:00

混雑しやすい時間帯に行く予定の人は席を予約しておくのがおすすめ。スカイギャラリーのホームページより予約可能です(英語可)。

❷ モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の席1

モンチャーンカフェは、パタヤのエレファントビレッジ内にて、2020年の8月にオープンしたカフェです。

自然に囲まれたエレファントビレッジらしく、草木生い茂るエリア内にカフェが立っています。

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の席から見える自然

目の前には池。しかも、写真では小さくて写っていませんが、池の中央にある出島にはテナガザルがいます。ジャングルのような雰囲気。

モンチャーンカフェは写真映えスポットが多々用意されています。まさにインスタ映えのために作られたカフェです。

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の写真撮影スポット1

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の写真撮影スポット2

鳥の巣をモチーフにして作られた撮影スポット。他のカフェでもたまに見ます。タイでは人気の撮影用オブジェ。

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の写真撮影スポット3

茂みの中に設置されたチェアベッド。この発想は斬新。

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の写真撮影スポット4

木製のハンモック。

 

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の象

さらに驚きなのは、なんとたまにカフェに象が遊びに来ること。さすがエレファントビレッジ内にあるカフェだからこそ実現する面白さ。

カフェは世界中どこにでも溢れているとは言え、象が遊びに来るカフェなんてそう存在しないでしょう。

内容が濃すぎるカフェです。

モンチャーンカフェ(Mongchang Cafe)の席

パタヤ・チョンブリーは海沿いの町であるため多くのカフェはオーシャンビューの景観を活かした工夫を凝らしています。

しかし、モンチャーンカフェは真逆と言える森林豊かな景観を活かしているのが気に入りました。

映える撮影スポットも多くて良し。

また、象が遊びに来るという子供も大喜びなイベントがあるのも良い。そういうわけで、筆者が訪れたのは日曜日ということもあり、タイ人の子連れ客やカップルで一杯でした。席に座れないほど。

今後、間違いなくパタヤで注目されるスポットになるでしょう。

場所と営業時間

・場所⇒GoogleMap

パタヤビーチから車で約25分。グラブタクシーの利用がおすすめ。

エレファントビレッジ内に位置していますが、入場料金は取られません。

・営業時間 / 毎日10:00〜19:00

❸ チュチュビーチ(Tutu Beach)

チュチュビーチ(Tutu Beach)の客席1

チュチュビーチは、パタヤビーチから車で約30分の場所に位置するビーチ沿いのカフェです。

チュチュビーチ(Tutu Beach)の客席2

客席ソファーとビーチパラソルも全て真っピンク。これでもかと言うほどピンク一色で染められているカフェです。男一人だと絶対に入れない世界観。林家ペーパー子もびっくり。

ビーチにピンク色のソファーとパラソルが並んでいるだけで単純。とは言え、斬新です。

ビーチ沿いの施設と言えば、南国をイメージする黄色や緑や青の配色が多いですが、そんな中ピンク一色で染める発想がSNS好きに響いているのでしょう。

チュチュビーチ(Tutu Beach)の客席3

この『ピンク × 海』という意外な組み合わせ、思ったより良いです。

ビーチの爽快さとピンクの柔軟で優しい色が相まって、明るい気分にさせてくれます。正直、行くまでは「男が行って楽しめるのだろうか?」と思っていましたが、いざ行ってみると1時間はくつろげました。

チュチュビーチ(Tutu Beach)のドリンク

(可愛い南国風容器のデザートもある)

チュチュビーチ(Tutu Beach)の海小屋

オーダーはビーチ奥にある海小屋内で行います。オーダー後は呼び出しベルも受け取り、注文した物が出来上がるとベルが鳴る仕組みです。

チュチュビーチ(Tutu Beach)で食べたパスタとコーヒー

主なメニュー
  • パスタ類/各200バーツ前後
  • カオパッド/各120バーツ〜160バーツ程
  • ガパオライス/各120バーツ〜140バーツ
  • オムライス/120バーツ
  • 焼きエビ/590バーツ
  • カニ/690バーツ
  • サーモンサラダ/250バーツ
  • カクテル/各160バーツ〜220バーツ
  • フラッペ/各160バーツ
  • アイスティー/各160バーツ
  • ソーダ/各160バーツ

など

可愛さと爽快さが合わさった面白いカフェでした。言わずもがな男一人での訪問は厳しいですが、カップルやグループでの訪問なら楽しめます。

場所と営業時間
  • 場所⇒GoogleMap
  • 営業時間 / 毎日10:00〜19:00

❹ パパビーチ(Papa Beach Pattaya)

パパビーチ(PapaBeach)の入り口

パタヤから車で約30分の場所に位置するビーチ沿いのカフェ。カフェ全体にバリ風のデザインを施しているのが特徴です。

派手さはありませんがエキゾチック。「落ち着いた大人の空間」と言った雰囲気です。

パパビーチ(PapaBeach)のカフェカウンターと客席

パパビーチ(PapaBeach)のソファー席

パパビーチ(PapaBeach)の客席から見える海2

所々に自然素材が束ねられた店内。南国風情が漂います。全席オーシャンビューなので開放感もあります。

 

パパビーチ(PapaBeach)のインスタ映え撮影スポット2

パパビーチ(PapaBeach)にあるプール

上述したモンチャーンカフェにもあった鳥の巣オブジェや、建物から突き出たハンモック、その他ビーチクラブみたいにプールまで併設しています(泳いでいる人はいませんが。撮影用プールです)。

この記事で紹介するカフェの中では一番大人っぽい雰囲気のカフェです。

ただ、メニューの料金が若干高いのが残念

パパビーチ(PapaBeach)で食べたパスタとステーキ

主なメニュー
  • サラダ / 各180〜380バーツ
  • パスタ / 各260〜290バーツ
  • フライドポテト / 140バーツ
  • チキンウイング / 220バーツ
  • ステーキ / 各320〜690バーツ
  • ハンバーガー / 各280〜380バーツ
  • ソムタム / 160バーツ
  • ガパオライス / 260バーツ
  • ブルークラブのサラダ / 320バーツ
  • ソフトドリンク / 各80バーツ(水は40バーツ)
  • フルーツジュース / 各120〜140バーツ
  • コーヒー / 各120〜140バーツ
  • カクテル / 各160〜280バーツ
  • ビール / 各160バーツ

などなど。

う〜ん、他のカフェより1.2倍〜1.3倍は高いなという印象。

ただ、雰囲気は落ち着いていてとても良い。個人的にバリ風のデザインが好きなので高評価です。派手派手しさは皆無なので落ち着いた雰囲気のカフェが好きな人におすすめ。

場所・営業時間
  • 場所⇒GoogleMap
  • 営業時間 / 毎日9:30〜19:00

❺ ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)

ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)の外観

Pierという名前がの通り、桟橋さんばしを改装して作った面白いカフェ。パタヤビーチからは車で約40分の場所に位置しています。

外観のとおり店内は小ぢんまりとしていますが、これまで行った海沿いカフェの中では一番面白い。そしてスリルがあります。

ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)の店内1

ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)のソファー席1

ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)のソファー席2

なんと仕切りも無しに海に向かって突き出たソファー席がいくつもあります。もちろん足を滑らせたら海にドボン。

しかし、このスリルと引き換えにソファーで横たれば、いかなる他の海沿い施設では絶対に得られない開放感に包まれます。船の甲板に立つよりも清々しいです。

そしてダイレクトどころではない、海と一体になった感覚も得られます。

ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)のテーブル席

(普通のテーブル席もある。桟橋を改装しているカフェなので、もちろん全席オーシャンビュー)

ケプト ピア カフェ(Kept Pier Cafe)のハンモック

(ハンモック。落ちないと分かっていても乗るのを躊躇してしまう)

メニューの種類は少ないです。飲み物は

  • コーヒー / 各90〜150バーツ
  • お茶 / 各100〜130バーツ
  • ジュース / 各120〜150バーツ
  • ソフトドリンク / 各50〜60バーツ
  • ビール / 各120バーツ前後

食事はピザのみ(300〜400バーツ前後)。

これも日本だと絶対に考えられない面白いカフェ。海の町チョンブリーならではです。パタヤビーチからは少々遠いですが、足があるなら是非。

場所・営業時間
  • 場所⇒GoogleMap
  • 営業時間 / 毎日10:00〜21:00

❻ Coffe War 331Station

Coffee War @ 331 Stationの外観

最後に紹介するカフェは、チョンブリーの中でも最も特徴的。タイ国際航空の国内線で実際に使用されていた飛行機を改装したカフェです。

Coffee War @ 331 Stationのエコノミーシート2

Coffee War @ 331 Stationの機内ビジネスクラス席

カフェなので機内は飛行機であったことを感じさせないくらい改装しているかと思いきや、むしろほぼ飛行機のまま。

エコノミークラスはもちろん、ビジネスクラスのシートもそのままです。

極めつきの映え要素は、なんとコクピットにも立ち入れる点。

Coffee War @ 331 Stationの機内コクピット

このアナログ計器、所狭しと配置されたスイッチ…

子供の頃に憧れたパイロットの面影がよみがえります。男の子の憧れですよね。

Coffee War @ 331 Stationのカフェカウンター

オーダーと受け取りは、機内中央にあるカフェカウンターにて。

1杯60バーツ〜注文できます。主なメニュー以下の通り。

  • エスプレッソ / 60バーツ
  • カプチーノ / 60バーツ
  • ラテ / 60バーツ
  • キャラメルマキアート / 60バーツ
  • モカ / 60バーツ
  • アメリカーノ / 60バーツ
  • お茶 / 各種60バーツ
  • スムージー / 各種80バーツ

など。観光客向けカフェにしては良心的な値段ではないです。

Coffee War @ 331 Stationに展示されている攻撃ヘリコプター

Coffee War @ 331 Stationに展示されている米軍のビンテージスクールバス

カフェの敷地内には、軍用ヘリコプター・軍用車、アメリカ兵の人形も展示されています。

なかなか趣向を凝らしたカフェです。

ここはツイッターでも多くの反応を得られた面白い場所です。

上ツイートでも述べているように、パタヤから車で40分もかかるため、わざわざタクシー等を利用して行く価値があるかは微妙です。しかし、車やレンタルバイクなど足がある人ならおすすめ。

場所と営業時間

詳細は以下の記事も参考にどうぞ。詳しくレポートしています。

Coffee War @ 331 Stationのアイキャッチ画像
Coffee War @ 331 Station。飛行機をカフェに改造!チョンブリーの新インスタ映えスポット。

夜の街だけではないパタヤの魅力

カオプラタムナックから見るパタヤビーチ

パタヤと言えば夜の娯楽がメインですが、やはりビーチリゾートだけあって健全な観光客向けのスポットも多々存在します。

バンコクやチェンマイにも面白いカフェは沢山ありますが、今回の記事で紹介したカフェは、いずれも他の地域では見られないパタヤならではの面白い場所です。

パタヤビーチから若干の距離があるのが残念なところですが、昼間の暇な時間に足を運んでみる価値はあります。

カフェが好きな人、景観の良い場所に行きたい人は是非足を運んでみて下さい。

 

その他、パタヤにあるオーシャンビューのおすすめレストランについては、以下の記事を参考にどうぞ。

パタヤのおすすめレストラン
【12選】パタヤのおすすめレストラン。海沿いオーシャンビューで雰囲気が良い場所を紹介します。

パタヤのおすすめ観光地一覧については、以下の記事を参考にどうぞ。

パタヤのおすすめ観光地アイキャッチ画像
パタヤ観光の完全ガイド。女子旅でも楽しめるタイのビーチ【おすすめスポット・地図も解説】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。