【最新版】バンコクの路線図。旅行者に需要がある路線だけをピックアップ【BTS・MRT・エアポートレールリンク】

バンコクの路線図

各路線の運行時間と運賃
BTSスクンビットライン
(Sukhumvit Line)
・6:00〜24:00
・4〜8分間隔に1本
・15〜52バーツ
BTSシーロムライン
(Silom Line)
・6:00〜24:00
・4〜8分間隔に1本
・15〜52バーツ
MRTブルーライン
(Blue Line)
・6:00〜24:00
・5〜10分間隔に1本
・16〜42バーツ
MRTパープルライン
(Purple Line)
・5:30〜24:00(平日)
・6:00〜24:00(土日祝)
・5〜10分間隔に1本
・14〜70バーツ
エアポートレールリンク
(Airport Rail Link)
・5:30〜24:00
・10〜15分間隔に1本
・15〜45バーツ

2019年最新版のバンコク路線図を作成しました。

これからバンコクを旅行する方は、どうぞ保存して下さい。

移動やスケジュール組み立ての参考にして頂ければと思います。

 

ただ、上記路線図の中には試験運行中の駅も含まれています。

試験運行中の駅は稼働時間が短いです。

下記で、補足として試験運行中の駅や稼働時間の詳細を記載しています。

記事後半では、有名観光地の最寄駅も説明しています。

タイ旅行の参考になれば幸いです。

試験運行中の駅

バンコクの路線図(試験運行中の駅)

試験運行中の駅と稼働時間

以下の合計6駅が試験運行を行なっています。

2019年7月29日(月)〜9月28日(土曜)まで、

  • MRT ワットマンコン(Wat Mangkon)
  • MRT サムヨード(Sam Yot)
  • MRT サナームチャイ(Sanam Chai)
  • MRT イサラパープ(Itsaraphap)
  • MRT タープラ(Tha Phra)

2019年8月9日(金)〜正式な期間は不明

BTS ハーイェーク ラープラオ(Ha Yaek Lat Phrao)

試験運行中の稼働時間と運賃

MRT ワットマンコン(Wat Mangkon)〜MRT タープラまでの5駅間の稼働時間と運賃は以下の通り。

  • 稼働時間/8月12日まで10:00〜16:00・8月13日(火)からは7:00〜21:00
  • 運賃/上記5駅間内であれば無料。MRTファランポーン(Hua Lampong)からの乗車は16バーツ

 

BTS ハーイェーク ラープラオ(Ha Yaek Lat Phrao)の運行時間と運賃は以下の通り。

  • 運行時間は6:00〜24:00まで
  • BTS モーチット(Mochit)〜BTS ハーイェーク ラープラオ(Ha Yaek Lat Phrao)間は無料

ただし、曜日や時間帯によって、BTS ハーイェーク ラープラオへ行くにはBTSモーチットで乗り換えが必要になります。

平日のラッシュ時(7:00〜9:00/16:30〜20:00)は、BTSモーチット(Mochit)からBTSサムローン(Samrong)までのみ直通運転です。

そのため、平日ラッシュ時にBTS ハーイェーク ラープラオへ行くには、BTSモーチットで一度乗り換えの必要があります。

それ以外の時間帯(平日ラッシュ時以外の時間帯、土日祝)は、BTS ハーイェーク ラープラオからBTSケーハ(Kheha)までの全線直通運転です。

BTS ハーイェーク ラープラオへ行くのに乗り換えの必要はありません。

MRTバンパイ(Bang Phai)とMRTバンワー(Bang Wa)の2駅は未開通

MRTバンパイ(Bang Phai)とMRTバンワー(Bang Wa)の2駅に関しては、路線図には記載していますが、2019年8月時点では未開通です。

開通予定は2019年9月とされていますが、詳細は今のところ不明。

試験運行期間中のMRT・BTSにおいて注目すべき駅

試験運行中の6駅において、旅行者が注目しておきたい駅が

  • MRT ワットマンコン(Wat Mangkon)
  • MRT サナームチャイ(Sanam Chai)

の2駅。

上記2駅はバンコクの有名観光地「ヤワラート通り(チャイナタウン)」「三大寺院」目の前に位置しています。

ヤワラート通り周辺の地図

(MRTワットマンコンとヤワラート通り周辺の地図)

MRTサナームチャイからワットポーへの地図

(MRTサナームチャイと三大寺院周辺の地図)

ヤワラート通りも三大寺院も、バンコク観光において必ず足を運ぶべきと言える名所です。

バンコクに滞在する人は、是非上記MRTを観光に利用しましょう。

各観光地の見所や詳しいアクセス方法は、以下の記事を参考にどうぞ。

ヤワラート通り
バンコクのチャイナタウン(ヤワラート)を100倍楽しむための基礎情報。
バンコク三大寺院
バンコク三大寺院への行き方。ワットプラケオ、ワットアルン、ワットポー。

2020年以降に新設・延伸する予定の路線図

2020年以降、上路線図の通り、バンコクの鉄道網はバンコクだけに収まらず近隣の県にもまたがって新設・延伸される予定です。

中でも旅行者が特に注目しておきたい路線が、2019年試験運行予定、2021年に正式開通予定のSRT ダークレッドライン(Dark Red Line)です。

SRT ダークレッドラインは、MRTバンスー(Bang Sue)と接続、北はドンムアン空港へ伸びていきます。

そのため、SRT ダークレッドラインが開通したら、バンコク市内から鉄道だけでドンムアン空港へ簡単に行けるようになるということですね。

 

現在、ドンムアン空港からバンコク市内への行き方は、タクシーやエアポートバスが主です。

ドンムアン空港のアイキャッチ画像
ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。おすすめはタクシー。

しかし、タクシーやエアポートバスは、渋滞によって大幅に時間を消費することが多々ありました。

SRTダークレッドラインが開通したら、渋滞の不安が無くなります。

殆どのLCCがドンムアン空港を発着するので、鉄道の開通は嬉しいかぎりです。

当ブログでも、SRTダークレッドラインが開通次第、記事を更新します。

今後の開発・見所の発掘が楽しみ

新路線が開通したら、新しい駅周辺の開発が進むと同時に、駅周辺の見所も発見されることでしょう。

もちろん筆者も、新しい駅周辺の見所を分かりやすくまとめて当ブログやSNSにて発信していきます。

これからバンコクは益々発展していくので、どうなるのか楽しみですね。

久しぶりに旅行へ行く方も、発展具合に驚きと興奮を覚えると思います。

 

以下記事では、冒頭の路線図を用いてバンコクの主要観光地の特徴を分かりやすく説明しています。

バンコク旅行を計画している方は、是非参考に。

バンコクのおすすめ観光地アイキャッチ画像
バンコク観光の完全ガイド。市内の地図・見どころ・日帰りおすすめスポットを全て紹介【移動方法も】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)