ラン島への行き方。フェリーの時刻表・到着場所についても詳しく解説。

ラン島行きフェリーの様子1

(ラン島行きフェリーの様子。多くの人が備え付けの救命胴衣を着用している)

パタヤからラン島へ行くには、以下2通りの方法があります。

  1. バリハイ桟橋さんばしからフェリーに乗る(乗船料金は1人30バーツ/所要時間約40分
  2. バリハイ桟橋からスピードボートに乗る(乗船料金は1人400バーツ/所要時間約20分

最もおすすめの行き方は、30バーツで乗船できるフェリーに乗ることです。

乗船する時刻によって到着地が変わるものの(詳細は後述)、料金が安い上に乗船中の揺れが少ないので船酔いを心配する必要がありません。

一方のスピードボートは、指定した好きな場所に到着できるものの、料金が高い上に揺れが激しいです。自分が乗った時は、乗客15人中3人が船酔いで嘔吐したほどなので、船酔いしない自信がある人でなければ乗るべきではないでしょう。

ラン島行きのスピードボート1

(ラン島行きスピードボート。20分程度で到着するが、常にジェットスキー並みに船体が激しく上下する

 

ラン島までフェリー、スピードボートのどちらでアクセスするにしても、まずはウォーキングストリートの南側に位置するバリハイ浅橋さんばし(Bali Hai Pier)へ行きます。

いずれも乗船にあたってチケットを予約したり、他所に設けられているチケット売り場等に足を運ぶ必要もありません。

フェリーにせよスピードボートにせよ、料金は乗船の際係員に直接支払います。ラン島からパタヤへ帰る時もしかり。

ラン島へは、行きたい時に気軽に行けると考えておいて良いです。

ラン島行きフェリーの係員

(ラン島行きフェリー前にいる係員に料金を支払って乗船する。小さいお金を用意しておこう)

今回の記事では、これからラン島へ行く予定の人に向けて

  • バリハイ桟橋の場所・行き方
  • フェリー・スピードボート乗り場の場所
  • フェリーの時刻表とラン島到着場所
  • ラン島からパタヤへの帰り方

を詳しく記載していきます。

尚、ラン島はバンコクから日帰りで遊びに来る人も多いです。

バンコク⇔パタヤ間は2時間30分程度でアクセスできます。バンコクからラン島へは、バンコク→パタヤ→ラン島の順で、諸々合計3時間30分もあればアクセス可能です。

早朝にバンコクを発てば、4時間〜5時間はビーチでのんびりできます。マリンスポーツを楽しむには十分な時間でしょう。

バンコクからパタヤへの行き方については、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクからパタヤ Google map
バンコクからパタヤへの行き方を、初めてパタヤに行く人に向けてまとめてみた。

バリハイ桟橋の場所と行き方

バリハイ桟橋の入り口

(バリハイ桟橋)

バリハイ桟橋とは、パタヤ・ウォーキングストリートの南側に位置する係留施設です。

パタヤビーチ周辺からバリハイ桟橋へ行くには、ソンテウあるいはバイクタクシーを利用します。

ソンテウ・バイクタクシーの料金は乗る場所にもよりますが、50バーツ〜100バーツくらいを見ておくと良いです。

バリハイ桟橋の場所

バリハイ桟橋の場所を記したMAP

運転手には「バリハイ、コ・ラーン(ラン島の意)」と告げれば行き先を理解してくれます。

 

なお、ビーチロードとセカンドロードを走っている流しの乗り合いソンテウを利用すれば10バーツでバリハイ桟橋へアクセスできます

パタヤのソンテオ

(パタヤのソンテウ。乗る時は手を挙げ止めて乗り込むだけ。降りる時は車内のブザーを押す。降車時に10バーツを運転手に渡す)

流し乗り合いソンテウの多くは、ビーチロードとセカンドロードをぐるぐると循環しています。

パタヤソンテオの巡回ルート

(ビーチロードとセカンドロードを走る流しのソンテウの多くは、両通りをグルグル循環している)

乗り合いソンテウに乗ってウォーキングストリート入り口前で降車しましょう。ウォーキングストリート入り口からバリハイ桟橋までは、徒歩でアクセスすることが可能です。

昼間のウォーキングストリート入り口

(ウォーキングストリート入り口。真っ直ぐ1.2km進むと右手にバリハイ桟橋がある。徒歩で所要時間15分程度)

 

バリハイ桟橋への目印は、ウォーキングストリートを抜けた後に右手に見える「Any-Time Cafe」というカフェです。

カフェの脇道を進むとバリハイ桟橋入り口に到着します。

Any-Time Cafe

(右側の茶色の建物がAny-Time Cafe。脇道がバリハイ桟橋へ続く)

バリハイ桟橋周辺

バリハイ桟橋周辺に到着すると、ラン島を目指す多くの外国人がいるので、すぐに場所を把握できるでしょう。

フェリー・スピードボート乗り場の場所

フェリーとスピードボード乗り場の案内板

バリハイ桟橋の入り口には、上写真の案内板が立っています。

フェリーを利用する場合は、Aポイントを目指してバリハイ桟橋を歩きましょう。

9割の観光客がAポイントに向かうので、他の観光客について行くだけで大丈夫です。

遠くからでもフェリーが見えます。

バリハイ桟橋のAポイント

(Aポイントのフェリー乗り場。すでに上半身裸で泳ぐ気満々の人もいるので分かりやすい)

 

スピードボートを利用する場合も、乗り場は1〜6まで存在しますが特に意識する必要はありません。

スタッフが乗り場まで案内してくれます。

尚、スピードボートを利用する場合、チケットを売っている人はバリハイ桟橋の入り口近辺にて売り込みをしています。料金を交渉してみましょう。

スピードボート料金の言い値は1人400バーツです。

バリハイ桟橋のスピードボード乗り場

(スピードボート乗り場。この時は1番乗り場から乗った)

フェリーの時刻表とラン島到着場所

スピードボートであれば、ラン島の指定した場所どこにでも行ってくれます。また、自分のタイミングで乗ることが可能です。

一方のフェリーは時刻表が決まっていて、7:00〜18:30の間、およそ1時間に1そうが出航します

ただ、フェリーは乗船する時間によってラン島での到着場所が違うので、自分の乗るフェリーの到着場所だけは把握しておいた方が良いでしょう。

バリハイ桟橋からラン島行きのフェリーにはナーバーン埠頭行きタワエン埠頭行きの2種類が存在します。

フェリーの時刻表とラン島の到着場所

フェリー出航時間ラン島到着場所
07:00ナーバーン埠頭
08:00タワエン埠頭
09:00タワエン埠頭 
10:00ナーバーン埠頭
11:00タワエン埠頭
12:00ナーバーン埠頭
13:00タワエン埠頭
14:00ナーバーン埠頭
15:30ナーバーン埠頭
17:00ナーバーン埠頭
18:30ナーバーン埠頭

ラン島には全部で7ヶ所のビーチが存在します(タワエン、サンワン、サマエ、ヌアン、ティエン、トンラン、タヤイ)。

(各ビーチの特徴についてはラン島の人気マリンスポーツと各ビーチの特徴。パタヤから40分で行ける離島の観光。を参考にどうぞ。)

ナーバーン埠頭とタワエン埠頭の位置関係

ナーバーン埠頭とタワエン埠頭のどちらに到着しても、ソンテウやバイクタクシーで全てのビーチへ移動可能です。

ただ、タワエンビーチで泳ぐ予定の人は、最初からタワエン埠頭行きフェリーに乗った方が効率が良いです。

ナーバーン埠頭付近にはレンタルバイク屋やセブンイレブンがあります。何か買い出ししたり、レンタルバイクで島内を回りたい人は、最初からナーバーン埠頭行きフェリーに乗る方が効率が良いでしょう。

タワエン埠頭に到着後、ビーチまでの移動

タワエン埠頭周辺のMAP

タワエン埠頭はタワエンビーチとサンワンビーチの目の前です。

300mも歩けばすぐにビーチ。タワエン埠頭からは帰りのバリハイ桟橋行きフェリーが出航するので、最も便利な到着場所と言えます。

上から見たタワエンビーチ

タワエン埠頭

タワエン埠頭を出て左に行けばタワエンビーチ、右へ行けばサンワンビーチです。

 

タワエンビーチ

タワエンビーチ。ラン島で最も大きなビーチであり、レストラン・出店の数やマリンスポーツも豊富。

一番人が多くて賑やか。「これぞビーチ!」と言った明るい雰囲気です。

初めてラン島に行く人でも抵抗なく楽しめるビーチです。

 

タワエンビーチ近くのソンテウ乗り場

上MAPにて茶色で記してあるソンテウ・バイクタクシー待機所から、他のビーチへの移動が可能。料金は40バーツ〜50バーツ。

ナーバーン埠頭に到着後、ビーチまでの移動

ナーバーン埠頭

(ナーバーン埠頭)

ナーバーン埠頭に到着したら、バイクタクシーもしくはソンテウが待機しています。

ナーバーン埠頭から各ビーチへの料金は決まっています。以下の通りです。

ナーバーン埠頭から各ビーチへの料金表

各ビーチへの料金は40バーツ〜50バーツ。

タヤイビーチ(Tayai Beach)とトンランビーチ(Thonglang Beach)へ行く人は、バイクをレンタルする方が無難です。

なぜなら、両ビーチにはバイクタクシー・ソンテウの待機所がありません。

そのため、両ビーチからナーバーン埠頭へ帰るには、客を乗せたバイクタクシーあるいはソンテウが来るのを待つしかありません(歩いて帰るのは大変。ナーバーン埠頭までの距離は1.5km近くある)。

場合によっては1時間近く客を乗せたバイクタクシーやソンテウが来ないとこもあるので、最初からレンタルバイクを利用するのが無難です。

バイクのレンタルは300バーツ/1日です。レンタルの際に国際免許証の提示・デポジットは求められませんでした。ただ、タイでバイクを運転するには国際免許が必要なので要注意。

 

ナーバーン埠頭2

ナーバーン埠頭周辺はラン島で最も栄えているエリアです。

レストランやセブンイレブン、バーやホテルもあり、この辺り一帯がラン島におけるツーリストエリアと言えます。

ラン島での宿泊を検討している人は、ナーバーン埠頭周辺のホテルが良いでしょう。

ナーバーン埠頭周辺のおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

上から見たタワエンビーチ
ラン島のおすすめホテル。海が目の前!便利な立地の3軒を紹介するよ。

ナーバーン埠頭からも帰りのパタヤ行きフェリーが出航しているので、レンタルバイクを借りた人は返却後そのままパタヤへ帰れます。

ラン島からパタヤへの帰り方

ラン島からパタヤへ帰る時も、フェリーもしくはスピードボートを利用します。

フェリーの料金は同様に30バーツですが、スピードボートは250バーツでした。なぜか行きよりも150バーツ安いです。

パタヤ行きフェリーはナーバーン埠頭、タワエン埠頭のどちらからも出ています。

どちらの埠頭から乗っても、到着地はバリハイ桟橋です。

各埠頭のバリハイ桟橋行きフェリー出航時間

ナーバーン埠頭発タワエン埠頭発
06:30
07:30
09:30
12:00
13:00
14:0014:00
15:0015:00
16:0016:00
17:0017:00
18:00

バリハイ桟橋行きの最終フェリーは、ナーバーン埠頭から出ている18:00の便です。

これを逃すとスピードボートでしか帰れなくなるので気をつけましょう。

タワエン埠頭に停まっているバリハイ桟橋行きフェリー

(バリハイ桟橋行きのフェリーボート。行きのフェリーと見た目は一緒)

 

ちなみに、タワエンビーチからスピードボートに乗る場合はタワエン埠頭まで行く必要はありません。

ビーチ真ん中にある浮き橋を渡ると乗り場に突き当たります。

タワエンビーチのスピードボート乗り場1

タワエンビーチのスピードボート乗り場2

(タワエンビーチのスピードボート乗り場)

泳ぎ疲れてタワエン埠頭まで歩くのが面倒な人は、そのままスピードボートでサクッと帰るのもありでしょう。

ただし、冒頭でも述べたように船酔い注意です。

バンコクから日帰りでラン島観光をするならツアーがおすすめ

バンコクから日帰りでラン島観光を予定している人は、公共交通機関を乗り継いで自力で行くことができます。

行き方はバンコク(バス)→パタヤのバスターミナル(ソンテウ)→バリハイ桟橋(フェリー)→ラン島という順序です。

ただ、公共交通機関で行く場合は、上記のようにバスやソンテウに乗り換える必要があります。旅慣れしていないと、行き帰りの移動だけでクタクタになる人もいるでしょう。

特にタイ旅行に慣れていない人だと、行き帰りの交通手段における不安要素・労力で海を素直に楽しめないこともあるかと思います。

そのため、バンコクから日帰りでラン島を観光する人はツアーを利用するのがおすすめです。

>>>ラン島日帰りツアー【日本語ガイド + ホテル送迎 + シーフード昼食付き】

ツアーであれば、バンコクの宿泊ホテルに送迎車が来て、乗り換えることなく一本でラン島行きフェリー乗り場まで向かってくれます。

何より日本語ガイドが付いているので、海外旅行に慣れていない人にとっては安心できるでしょう。

ただし、ツアーではスピードボートに乗ります。そのため、船酔いが不安な人は予め酔い止めを用意しておきましょう。

トラベルミン
¥462 (2018/08/19 22:14:09時点 Amazon調べ-詳細)

それでは、ラン島での観光やマリンスポーツを存分に楽しんで頂ければと思います。

ラン島で楽しめるマリンスポーツや各ビーチの特徴については、以下の記事を参考にどうぞ。

ラン島の海1
ラン島の人気マリンスポーツと各ビーチの特徴。パタヤから40分で行ける離島の観光。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です