サメット島のおすすめホテル。ビーチが目の前で景観良し!極上のリゾート滞在。

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室1

(ル ビーマン コテージ アンド スパの客室)

初めてのサメット島旅行で滞在するエリアは、サイケオビーチ(Saikaew Beach)周辺が最もおすすめです。

サイケオビーチ周辺には、コンビニやレンタルバイク屋、病院、レストラン・バー、マッサージ屋、サメット島上陸時に利用する船着場(ナダン港)など、
旅行者が利用する施設が全て揃っています。

サイケオビーチ周辺

(サイケオビーチ周辺。夜も人通りが多い)

サイケオビーチ周辺はサメット島の中心であると考えて良いです。

サイケオビーチを離れれば離れるほど、人通りや店の数は少なくなります。

 

ただ、一方でサイケオビーチ周辺は中国からの団体客が多いこともあり、うんざりしたと言う声は珍しくありません。

加えて、サイケオビーチ周辺はホテル代が高いです。

サイケオビーチ

(サイケオビーチ。日本の人気ビーチに比べると全然ゴミゴミしていないし、十分綺麗。しかし、確かにサメット島内で団体客は一番多い)

利便性や賑わいを求める人はサイケオビーチ周辺、静けさを求める人は他のエリアに宿泊すると良いです。

今回の記事では、

  • サイケオビーチ周辺のおすすめホテル
  • その他の静かなビーチのおすすめホテル

を紹介します。

いずれのホテルもビーチが近かったり、オーシャンビューの素晴らしい景観を備えていたりで、初めてのサメット島滞在には満足度が高いです。

紹介するホテルの地図

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • ❶,❷,❸ = サイケオビーチのホテル
  • = アオ パイ ビーチ周辺のホテル
  • = サメット島北部の静かなエリア
  • = アオ ウォン ドゥアン ビーチのホテル
  • = アオ プラオ ビーチのホテル
  • 青色のフェリーマーク = サメット島到着場所の船着場

サメット島のホテル価格は非常に高めです。シーズンにもよりますが、バンコクの2倍〜3倍します。

特にサイケオビーチ周辺のホテルは高め。

大抵のホテルに虫除けスプレーや電気蚊取り器を完備していますが、念のため持参しておきたいです。高級ホテルであっても蚊は侵入してきます。

万が一忘れても、コンビニ等で購入は可能です。

サイケオビーチのおすすめホテル

サイケオビーチのフレンドリーバー

サイケオビーチはサメット島の中心部です。

人は多いですが、ビーチにはレストランやお洒落なバーも多く、夜もビーチで遊べます。

良くも悪くも、最も大衆的なビーチ。

以下3軒のホテルは、ホテルを出て目の前がサイケオビーチという便利な立地。

 ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)の入り口

ホテル目の前に、宿泊者が無料で利用できるビーチチェア(通常は50バーツ)が並べてあるホテル。

ホテルの造りはコレと言った特徴のない、地方都市の2つ星と言った雰囲気ですが、シービュールームからの景色は素晴らしいです。

1泊の宿泊料金はシーズンにもよりますが9,000円前後。サイケオビーチ周辺で中級ホテルを探している方におすすめ。

 

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)の客室1

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)の客室2

写真の客室はデラックス シービュールーム(Deluxe Seaview)。広さは28平米。

やや古さを感じる部屋ですが、2人滞在なら十分な広さ。クローゼットやテーブル、椅子もあって、不便は感じません。

 

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)のバルコニー

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)のバルコニーから見える景色

素晴らしかったのがバルコニーから見える景色。

サイケオビーチの青々とした海が望めます。日当たりもそこそこに良いです。気持ちの良い空間。

バルコニーのビーチチェアでまったり昼寝できます。

 

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)のシャワールーム

シャワールーム。アメニティはシャンプー、ボディソープ、石鹸、歯ブラシ完備。

 

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)の朝食会場

ジラワン ホテル (Jirawan Hotel)の朝食

朝食はタイ料理やトーストなどの欧米食のみ。

種類は多くありません。タイ料理6種類 + トーストやウィンナーなど。

6,000円前後でデラックスルームにも宿泊できますが、せっかくなら9,000円前後出してシービュールームに泊まりたいところ。

でないと、普通すぎて面白味がないです。

あと、ホテル内にエレベーターがない(階段のみ)ので、要注意。

欠点もありますが、サイケオビーチ目の前かつ、そこそこの料金でシービューが望めるので満足できるホテルです。

1階にはレストランが併設されているので、食事も便利。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

❷ トンサックリゾート(Tonsak Resort)

トンサックリゾート(Tonsak Resort)の敷地内

ロッジ風のデザインで、各部屋が独立したヴィラスタイルのホテル。

客室はゲストハウスと同等レベル。中庭に植物が多いため蚊が発生しやすいのが欠点ですが、雰囲気は良いです。

また、サイケオビーチ目の前でありながら、1泊の宿泊料金が5,500円程度とリーズナブルなのが魅力。

客室前にはテーブルと椅子があるので、夜はビールでも飲みながらくつろげます。

トンサックリゾート(Tonsak Resort)の客室前にあるテーブルと椅子

(客室前にあるテーブルと椅子。くつろぐ際は虫除け必須)

 

トンサックリゾート(Tonsak Resort)の客室1

トンサックリゾート(Tonsak Resort)の客室2

写真の客室はスタンダードルーム(Standard Room)。広さは20平米です。

設備はゲストハウスそのものなので、大きな期待はできません。「寝るだけ」と言った印象。

ただ、清掃は行き届いているようで、清潔感はありました。

無料の水ボトル2本やコーヒー類は完備されています。

 

トンサックリゾート(Tonsak Resort)のシャワールーム

シャワールーム。シャンプー、ボディソープ、石鹸は完備。ドライヤーもあります。

 

トンサックリゾート(Tonsak Resort)で飲んだビール

ゲストハウスと同等なので、部屋自体にリゾート感は皆無です。

しかし、中庭の雰囲気や、ビーチが目の前という立地はやはり良かったです。こういったバンガロータイプの客室に抵抗がない方であれば、満足に過ごせるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

 サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)の入り口

サイケオビーチ周辺では洗練されているホテル。

施設内はどこも綺麗。客室にはバルコニーもあり、手入れされた中庭が見えます。

特に、ホテル内にある海が見えるレストランが素敵です。

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)のオーシャンビューレストラン1

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)のオーシャンビューレストラン2

サイケオビーチの洗練されたホテルで、のんびりと過ごしたい人におすすめ。

1泊の宿泊料金は13,000円前後

 

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)の客室

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)の客室バルコニー

写真の客室はデラックス ルーム(Deluxe Room)。広さは26平米。

ベッド脇に電気蚊取り器が備えられていたのがありがたかったです。また、広めのバルコニーも完備。

バルコニーの椅子に座って、中庭を眺めながらのんびりできます。

上記で紹介した2軒のホテルと比べると、安っぽさが皆無です。都心のホテルみたくモダンな雰囲気です。平均的な感覚を持つ日本人なら不満は一切感じないでしょう。

 

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)のクローゼット

クローゼットやセーフティボックスなど、ホテル滞在に必要な物は全て完備。

 

サメッド グランドビュー リゾート(Samed Grandview Resort)の中庭

ホテルの中庭。綺麗に手入れされているため、早朝に散歩すると気持ちが良かったです。

サイケオビーチに滞在したいけど、安っぽい部屋はちょっと…という方におすすめのホテルです。

宿泊料金に見合ったホテルなので、かなり満足度は高め。

アオパイビーチ周辺のおすすめホテル

アオパイビーチのレストラン

アオパイビーチは、小ぢんまりとしたビーチです。

サイケオビーチから比較的近いだけあって、レストランやバーはそこそこにあります。

サイケオビーチへは歩いてアクセスできます。静か且つ便利なので、家族連れが多いエリア。

周辺には、名前のない小さなビーチもいくつか存在します。人がいない時はプライベートビーチのような感覚で使えるのが嬉しいポイント。

以下では、アオパイビーチ周辺にあるお洒落なホテルを1軒紹介します。

❶ アバンタラ リゾート(Avatara Resort)

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)の中庭

サイケオビーチとアオパイビーチの丁度中間に位置するホテル。

ホテル目の前にも名前のない小さなビーチがあり、ビーチはホテル専用の朝食会場、レストランとして利用されています。

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)目の前のビーチ

この小さなビーチがとても良いです。

ビーチチェアは設置されていませんが、ホテル宿泊者以外はビーチに殆ど来ない上に、木陰が多いです。

いつでもレストランで飲み物等を注文できるのも便利。

 

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)の客室1

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)の客室2

写真の客室はデラックス ツインルーム(Deluxe Twin Room)。広さは32平米です。

白基調の清潔感ある部屋。作業できるテーブルと椅子もあって、サメット島のホテルの中ではとても使い勝手の良いホテルです。

さらに、シーズンによっては1泊8,500円前後で泊まれるという安さも魅力。

 

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)のシャワールーム1

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)のシャワールーム2

シャワールーム。化粧台を完備。シャワーブースは独立しているタイプです。

この宿泊料金で、ここまできちんとした造りなので、上述したサイケオビーチ周辺のホテルよりコスパが高いと思えます。

アメニティはシャンプー、ボディソープ、石鹸、シャワーキャップ、綿棒、歯ブラシを完備。ドライヤーもあります。

 

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)の朝食会場

アバンタラ リゾート(Avatara Resort)の朝食

朝食会場。

料理の種類は多くはないですが、味は良し。オムレツを作ってくれるブースもあります。

 

非の打ち所がないホテルですが、唯一の欠点を挙げるとするならば、エレベーターがない点です。

自分が宿泊した部屋は3階だったので、さすがに毎回階段を上り下りするのが怠かったです。

なので、予約の際は低層階の部屋をリクエストしておきましょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

※ チェックイン時にデポジット3,000バーツを預ける必要があります。
ホテルから徒歩200mの場所にレンタルバイク屋あり(1日300バーツ)

サメット島北部の静かなエリアにあるホテル

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)のプライベートビーチ

鑑賞用ビーチ(岩が多くて泳げないビーチ)が連なるエリア。

鑑賞用なので泳いでいる人は皆無。海水浴はサイケオビーチへ行きます。

サイケオビーチからは1.5kmほどあるので、宿泊するならレンタルバイク必須のエリアです。

どちらかと言うと、海水浴はほどほどに海辺でのんびりと過ごしたい人向けの場所と言えるでしょう。

食事はホテル併設のレストランを利用します。

団体客は皆無です。静かにのんびりと、波の音を聴きながらリラックスできます。

 バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の外観

静かな場所にあるコテージ風のホテル。

ホテル敷地内にオーシャンビューのレストラン・バー、プール、プライベートビーチ(鑑賞用)、マッサージがあるのでくつろげます。

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)のオーシャンビューレストラン

(オーシャンビューレストラン)

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)のプール

(小さいがプールもある)

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)のマッサージ

(海辺でマッサージを受けられる)

ホテル客室が階段を登った丘上にあるため、客室から海が見えるのが良い点(ただし、シーサイドビューのみ)。

常時、波の音がかすかに聞こえて気持ちの良いホテルでした。

ホテルにてバイクレンタル(1日400バーツ)もあり。

 

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の客室1

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の客室2

写真の客室はシーサイドビュー(Seaside view)。広さは30平米です。

1泊の宿泊料金は10,000円前後

小上がりの座敷のような場所にベッドマットが置いてあるのが特徴。やや日本風の造りです。

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)のシャワールーム1

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)のシャワールーム2

シャワールーム。ガウンや各アメニティ、ドライヤー完備。

 

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の客室入り口

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の客室から見える景色

客室からは海が望めます。

 

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の朝食会場

バー アンド ベッド リゾート(Bar and Bed Resort)の朝食

朝食の種類は少ないです。

タイ料理6種類 + トーストなどの欧米系朝食のみ。

まあ、離島のリゾートで中級ホテルとなれば、朝食はどこもこの程度。「あるだけマシ」と思っておいた方が良いです。

朝食会場からも海がバッチリ見えるのは素敵でした。

鑑賞用ビーチしかありませんが、静かなのでのんびりできるホテルです。

チェックイン時にデポジット1,000バーツ必要

アオウォンドゥアンビーチのおすすめホテル

アオウォンドゥアンビーチ

アオウォンドゥアンビーチは、サイケオビーチに次いで2番目に大きなビーチです。

ビーチ内にコンビニ(ミニマート。22時で閉まる)やレストラン、バーがあり、雰囲気はサイケオビーチに似ていますが、サイケオほど団体客は多くありません。

なぜなら、サイケオビーチ周辺ほどホテルの数が多くないからです。

人の多さはやかましくない程度。良いとこ取りなビーチです。

アオウォンドゥアンビーチのレストラン

(ビーチ沿いで営業しているレストラン。雰囲気は賑やかだけどうるさくはない。丁度良いビーチ)

 サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)の外観

藁葺き屋根で南国チックな雰囲気が出ているロッジ風ホテル。

客室内の設備は格安ホテルと言ったところ。

ホテル敷地がプライベートビーチに直結していて、目の前にミニマートとレストランがあって便利。

プールも完備しています。

 

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)の客室1

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)の客室2

写真の客室はスーペリア(Superior)。広さは25平米です。

1泊の宿泊料金は8,500円前後

客室設備自体に特徴はありません。やや広めで小綺麗なゲストハウスと言った雰囲気。荷物置きのソファーがあるのは良かったです。

室内は清潔。

ちょっと残念だったのはシャワーの水圧が弱かった点。

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)のシャワールーム

(シャワールーム。ブースはカーテンで仕切られているタイプ)

お湯はしっかり出ますが、水圧が弱くて、いつもの1.5倍くらいの時間をシャワーに費やしました。

シャワーの水圧を除けば概ね満足できるホテルでした。

 

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)の朝食会場

朝食の種類は多くないです。タイ料理6種類程度 + トーストなどの欧米食。

サメット島の一般的な中級ホテルの朝食です。

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)のプール

ホテルのプール

 

サメット カバナ リゾート (Samed Cabana Resort)のプライベートビーチ

ホテルのプライベートビーチ。ホテル宿泊者はビーチチェア利用が無料です。

ホテルに豪華さはありませんが、プライベートビーチやミニマートなど、施設全てを総合すると料金に見合ったホテルでしょう。

個人的には南国チックなロッジの見た目も好きです。

穴場なホテルでした。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

アオプラオビーチのおすすめホテル

昼間のアオプラオビーチ

アオプラオビーチは上品でハイソな雰囲気のビーチです。

山々に囲まれているため景観良し。また、ビーチには清掃員がいるため、清潔に保たれています。

アオプラオビーチの歩道

(植物が手入れされていて雰囲気も良い)

ビーチにコンビニや安食堂は存在しません(ホテル併設のイタリアンレストランやタイ料理レストランがある)。

大衆的な雰囲気は一切ありません。

予算がある人はアオプラオビーチでの滞在がおすすめ。サメット島で極上のリゾート体験ができます。

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のエントランスロビー

アオプラオビーチの中心にある全室ヴィラタイプの高級ホテル。

ホテル敷地内のどこを見ても植物が手入れされていて気持ち良いです。

また、スタッフが多くて、海水浴中にタオルを持ってきてくれたり、ビーチチェアに料理のメニューを持ってきてくれたり対応が良いです。

サメット島で一番素晴らしい滞在になりました。

 

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室入り口

各客室のテラスにはテーブルと椅子に加えて、物干しスタンドも完備。

客室は日当たりが良いです。使用済みの水着等がすぐに乾きます。

 

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室1

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室2

写真の客室はデラックスコテージ ヒルサイド(Deluxe Cottage Hillside)。広さは45平米です。

1泊の宿泊料金は25,000円前後

客室からは熱帯植物が見えます。リゾート感満載。

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の客室屋根

細い竹が埋め込まれている天井。お洒落です。

 

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のプール1

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)のプール2

ビーチリゾートにあるホテルですが、プールも見逃せないくらい素敵です。

若干インフィニティのような造りになっていて、奥には水平線が見えます。

プール周りもヤシの木などの熱帯植物や山々に囲まれていて、南国気分が高まる造り。

1日目は殆ど海で遊んだものの、このエキゾチックさに惹かれて2日目はプールにいる時間の方が長かったです。

 

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の朝食会場

ル ビーマン コテージ アンド スパ(Le Vimarn Cottages and Spa)の朝食

朝食内容は、タイ料理約10種類 + トーストやウィンナーなどの欧米食です。

これまで泊まったサメット島のホテルの中では一番種類が多かったです。

朝食会場も、南国チックな藁葺き屋根で海が見えるので良い雰囲気。

 

レセプションやビーチ、プールや朝食会場など、どこでもスタッフが五つ星ホテル並みのテキパキとした対応をしてくれるホテルでした。

とても大満足な滞在。

ホテル前のビーチには監視員もいるので安心できます。子供を海やプールで遊ばせて、大人はのんびりしたいという家族連れにも最適なホテルでしょう。

サメット島では間違いなくトップクラスのホテルです。

サメット島にある全てのホテル検索

その他、サメット島にある全てのホテルについては、以下より日付を入力して検索可能です。

 

サメット島のおすすめビーチや絶景スポットなど、知っておきたい観光情報については、以下の記事を参考にどうぞ。

昼間のアオプラオビーチ
サメット島を100倍楽しむ観光ガイド。5ヶ所のおすすめビーチと絶景夕日スポット。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。