Coffee War @ 331 Station。飛行機をカフェに改造!チョンブリーの新インスタ映えスポット。

Coffee War @ 331 Stationのアイキャッチ画像

「Coffee War @ 331 Station」は、2020年6月にチョンブリー県にてオープンしたカフェです。

現在、チョンブリーでタイ人から最も話題となっているインスタ映えスポットであり、FaceBookはじめ様々なSNSにて注目を集めています。

Coffee War @ 331 Stationが注目を集めている理由、それは何と言っても実際に使用されていた本物の航空機を改造してカフェにしていること。

Coffee War @ 331 Stationのビジネスクラスシート

Coffee War @ 331 Stationのエコノミーシート

Coffee War @ 331 Stationのカフェカウンター

スペースを保つため一部の座席は取り除かれていますが、エコノミー席やビジネスクラス席などの雰囲気はそのまま。

客室以外にも、ギャレー(CAが食事の準備をする部屋)やコクピットなど、殆どの機器・部屋を残したままカフェに改装しています。

なんとも面白い発想。

バンコクにも「飛行機の墓場」や「チャンチュイ」などの引退した航空機が見所となっている名所が存在しますが、チョンブリーではCoffee War @ 331 Stationが初。

そういうわけで、なんと毎日1,000人以上ものタイ人が訪れています。

Coffee War @ 331 Stationで行列を作るタイ人

(筆者が訪れたのは日曜だったのもあり、物凄い数の人だった)

というわけで、筆者も早速訪れてみました。

今回の記事では、

  • Coffee War @ 331 Stationの様子
  • 場所・行き方
  • 営業時間

を詳しく記載しています。

Coffee War @ 331 Stationは、パタヤビーチから車で約40分もの場所に位置している上、タクシー以外の公共交通機関は利用できません。

そのため、自家用車やレンタルバイク等の足がある人におすすめ。

Coffee War @ 331 Station

Coffee War @ 331 StationのエアバスA300

Coffee War @ 331 Stationの名前は、国道331号線に位置していることにちなんで名付けられました。

カフェに使用されている航空機は、もともとタイ国際航空の国内線で使用されていたエアバスA300B(Wiki)です。

オーナーが1000万バーツ以上を出して買い取ったとのこと。

 

Coffee War @ 331 Stationに展示されている攻撃ヘリコプター

Coffee War @ 331 Stationに展示されている軍用機

Coffee War @ 331 Stationに展示されているU.S Armyのオブジェ

Coffee War @ 331 Stationの敷地内には、「U.S Army」と記載された軍用ヘリコプター・軍用車、アメリカ兵の人形も展示されています。

Coffee War @ 331 Stationが位置しているチョンブリー県サタヒップ群は、近くのウタパオ空港がベトナム戦争時にアメリカ軍の重要な作戦基地と利用され発展した歴史があります。

そのため、こうした軍にまつわる展示を行なっている場所は珍しくありません。

Coffee War @ 331 Stationに展示されている米軍のビンテージスクールバス

Coffee War @ 331 Stationに展示されている米軍のビンテージスクールバス内部

第二次世界大戦後のタイ復興時に使用されていた米軍のビンテージスクールバスもある。

Coffee War @ 331 Stationにある解体された飛行機

(解体された飛行機もある。子供の遊び場になっていた)

現在、カフェの他には上記のような展示物が並んでいるだけですが、今後はサバゲーフィールドを設置する計画もあるとのこと。

タイ人のみならず、外国人観光客からの人気も高まるのではないでしょうか。

今後の発展にも期待。

インスタ映え飛行機カフェの内部

Coffee War @ 331 Stationの飛行機カフェのタラップ

カフェの入り口。本物の飛行機同様にタラップを登って搭乗します。

 

Coffee War @ 331 Stationのエコノミーシート2

Coffee War @ 331 Stationのエコノミーシート3

Coffee War @ 331 Stationのエコノミーシート窓

入る前までは「飛行機らしいのは外観だけで、中はがっつりカフェに改装されているんだろうなー」と思っていたものの、いざ入ってみてビックリ。

がっつり飛行機のままです。

上写真だけを見たら、絶対にここがカフェだとは思えません。

Coffee War @ 331 Stationの座席上にある荷物棚

Coffee War @ 331 Stationの機内トイレ

Coffee War @ 331 Stationの機内ギャレー

一部、破損・撤去されている部分もありますが、荷物棚・トイレ・ギャレーも残っています。

 

Coffee War @ 331 Stationのカフェカウンター

オーダーと受け取りは、機内中央にあるカフェカウンターにて。

1杯60バーツ〜注文できます。主なメニュー以下の通り。

  • エスプレッソ / 60バーツ
  • カプチーノ / 60バーツ
  • ラテ / 60バーツ
  • キャラメルマキアート / 60バーツ
  • モカ / 60バーツ
  • アメリカーノ / 60バーツ
  • お茶 / 各種60バーツ
  • スムージー / 各種80バーツ

など。観光客向けカフェにしては良心的な値段ではないでしょうか。

ロイヤルシルク(ビジネスクラス席)でまったり

Coffee War @ 331 Stationの機内ビジネスクラス席

筆者はエコノミー席にしか座ったことがありません。

なので「こんな時くらいビジネスクラスに座ってみたい」と思い、真っ先にビジネスクラス席を探しに行きました。タイ国際航空で言うロイヤルシルククラスですね。

Coffee War @ 331 Stationの機内ビジネスクラス席2

ありました!ビジネスクラス席。お初お目にかかります。

Coffee War @ 331 Stationの機内ビジネスクラス席リクライニング用ボタン

稼働はしませんがリクライニング用ボタンも残ってます。

Coffee War @ 331 Stationの機内ビジネスクラス席3

いやあ、まさかこんな所でビジネスクラスの席に座れる機会があるとは…思いもよらなんだ。

カフェ最大のハイライトはコクピット

こういった飛行機の施設で気になるのは、やはりコクピット。

パイロットという職業は、男子なら一度は憧れたことのあるのではないでしょうか。

というわけで、コクピットにも足を運んでみました。

Coffee War @ 331 Stationの機内コクピット

おぉぉぉぉ…

このアナログ計器、所狭しと配置されたスイッチ…

子供の頃に憧れたパイロットの面影がよみがえります。

スイッチに触れることもできますが、筆者が訪れた時はまだ新型コロナウイルスにより緊急事態宣言が解除されていない時期だったので遠慮しておきました。

次来た時は、操縦席に座ってみようかな。

とりあえず、コクピットを見られただけでも大興奮、そして大満足です。

Coffee War @ 331 Stationの場所・行き方

以下は、Coffee War @ 331 Stationの場所を記した地図。

パタヤビーチからの距離は車で約40分(およそ35km)ほど離れています。

結構遠いです。

パタヤビーチ周辺からアクセスする場合、利用できる公共交通機関はタクシーのみ。

そのため、正直に言うとレンタルバイクや自家用車等の足がある人以外にはおすすめできません。

仮に足がない人が行く場合、グラブタクシー (使い方)を利用すると、片道だけで約700バーツもの交通費が発生します。

 

わざわざこのカフェのためだけに片道700バーツもかけて行く価値があるかと聞かれれば…正直ありません。

なので、レンタルバイクや自家用車等の足がある人にのみ訪問をおすすめします。

入場料

筆者が訪れた時は入場料無料でしたが、あまりにも人気なため入場料が必要となりました。

飛行機カフェへの入場 / 1人100バーツ(身長120cm未満の子供は無料)

また、自家用車で来る場合は、別途駐車場料金30バーツが必要です。

営業時間

毎日8:00〜20:00まで。

ただし機内のカフェは8:00〜17:00まで。

詳細はCoffee War @ 331 StationのFaceBookページも参考にどうぞ。

パタヤの新インスタ映えスポット

Coffee War @ 331 Stationのエコノミーシート4

パタヤにはタイガーパークパタヤサンクチュアリ オブ トゥルースチュチュビーチ(Tutu beach)など、他にもインスタ映えスポットが多々ありますが、このCoffee War @ 331 Stationは最も衝撃的。

パタヤビーチから少々遠いのがネックですが、足がある人なら訪れてみて損はありません。

パタヤ旅行の際には是非。

↓↓動画でも様子を詳しく発信しています。こちらも是非!

 

パタヤから車で約30分、ジョムティエンにあるタイ人に人気のインスタ映えカフェ「パパビーチ(Papa Beach)」も写真好きにはおすすめです。

パパビーチ(PapaBeach)のアイキャッチ画像
パパビーチ(PapaBeach)。ジョムティエンにあるバリ風の人気インスタ映えカフェ。

その他、パタヤにある全てのおすすめ観光地については、以下の記事を参考にどうぞ。

パタヤ旅行者必見のスポットをまとめています。

パタヤのおすすめ観光地アイキャッチ画像
パタヤ観光の完全ガイド。女子旅でも楽しめるタイのビーチ【おすすめスポット・地図も解説】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。