バンコクおすすめホテルガイド

ココテル バンコク スクンビット50宿泊記。立地抜群、洗濯機あり。オンヌット拠点に最適なホテル。

このページのURLをコピーする

この記事には広告を含む場合があります。広告の場合は、紹介している「商品の購入」「サービスの利用」によって、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のアイキャッチ画像

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)は、BTSオンヌット(On nut)から徒歩5分の場所に位置する、1泊4,000〜5,000円前後の中級ホテルです。

屋上含め8階建て、全65部屋の小ぢんまりとしたホテルであり、フィットネスやプールといったファシリティは設備されていません。

どこにでもありそうな中級ホテルといったところですが、立地の利便性が抜群。かつ快適に過ごせる綺麗な部屋と洗濯乾燥機を完備しているため、オンヌットを拠点にしているバンコク旅行リピーターには割と人気なホテルです。

最近はオンヌット周辺でも円安も相まってホテル価格が高騰している中、1泊4,000円にしては中々満足度の高いクオリティを保っているため、オンヌット周辺でホテルを探している人にはおすすめできます。

今回、筆者はココテル バンコク スクンビット50に3泊滞在してきたので、部屋の様子や朝食内容、周辺環境を詳しくレポートします。オンヌットに滞在予定の人は是非。

MEMO
  • 全館禁煙。客室バルコニーでも禁煙です。
  • 喫煙は屋上か1階外にある喫煙所でのみ可能
  • チェックイン開始時間 / 14:00
  • チェックアウト最終時間 / 12:00

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の外観

ホテルの外観は、周辺に立つコンドミニアムやサービスアパートのような見た目。一見にはホテルらしくない雰囲気です。1階には喫煙所、コイン式の洗濯乾燥機、駐車場を完備しています。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)1階の喫煙所

1階の喫煙所。緑が多くて明るい印象。朝はここでコーヒーを飲みながら一服していました。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の1階にあるコイン式の洗濯機と乾燥機

1階に完備しているコイン式の洗濯機と乾燥機。1回30バーツで利用できます。乾燥機も完備しているのはありがたい。1週間以上の中長期旅行を予定している人は、洗濯する前提で衣類を少なめにして荷物を準備できます。

ちなみに、コインは10バーツ硬貨しか利用できませんが、ホテルレセプションで両替してくれます。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のレセプションロビー

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のレセプションロビー2

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のレセプションロビーにある羊のオブジュ

小ぢんまりとしたレセプションロビー。ココテルホテルのマスコットキャラクターである羊のオブジェがあります。

このホテルで印象的だったのは、レセプションロビースタッフの対応の良さ。外出時やホテルに帰って来た時にはいつも笑顔で挨拶してくれました。また、割とどのスタッフも英語が堪能です。安心して宿泊できるホテルだった印象。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のエレベーター

エレベーターはキーカードをかざさないとボタンを押せないシステム。防犯面も安心。

また、今回筆者は一人滞在だったにも関わらずカードキーを2枚くれました。これは嬉しい。1枚は部屋の電源口に差し込んだままにできるので、エアコンを付けっぱなしで外出できます。部屋に帰った時もきんきんに冷えていて快適。

割と中級ホテルの中にはケチってカードキーを1枚しか渡さないホテルもありますが、ココテルは2枚くれるので優良です。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のホテル内通路

ホテル内通路。ちなみにココテルの部屋には無料の水が完備されていません。その代わり、上写真にあるウォーターサーバーで水もしくは熱湯を好きなだけ貰えます。

客室レビュー:キングルーム(King Room)

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のキングルーム1

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のキングルーム2

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のキングルーム3

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のキングルーム4

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のキングルーム5

写真の客室タイプはキングルーム(King Room)。アゴダでは広さ24平米と記載されていますが、体感的にはもっと広いです。35平米はあるのではないでしょうか。

仕切りはありませんが、ベッドルーム側とリビング側にスペースが分かれているためか、ゆったり広々した部屋に感じます。

客室内には傘2本、セーフティボックス、バゲージラック、ハンガーを完備。禁煙ではありますがバルコニーがあるのも嬉しい。開放感があります。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)客室の作業用テーブル

リビング側には食事用テーブルがある他、ベッド横にはパソコン作業できる机もあります。

決して広くはない部屋ですが、うまく家具家電を配置していて、使い心地も居心地も非常に良かったです。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室テレビ

あと地味に嬉しかったのが、部屋のテレビでYoutubeを視聴できること。高級ホテルだと割と標準化されてきていますが、中級ホテルのテレビでYoutubeを視聴できるのはまだ珍しいかも。Youtubeは今の時代必須の娯楽ですから、これは助かります。

 

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室に完備してある無料のコーヒー類

無料のスティックコーヒーやリプトンティーも完備。ちなみに水が必要な時は、上写真後ろ側にあるビンに、上述したウォーターサーバーで水を注ぎます。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室バルコニー

バルコニーも完備していますが、残念ながら禁煙です。愛煙家の筆者としては本当に残念。最近、バンコクではバルコニーでも禁煙のホテルが増えてきましたね…。

 

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室シャワールーム

シャワールーム。結構綺麗です。お湯の出具合もバッチリ。ドライヤーも完備しています。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室シャワールームに備え付けのシャンプー類

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のアメニティ

ちなみにアメニティはシャワーキャップと綿棒のみ。まあ中級ホテルなので最初から期待はしていませんが…。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは備え付けのボトルを使います。

屋上テラスで清々しい朝食

朝食会場は屋上にあります。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の屋上テラス1

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の屋上テラス2

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の屋上テラス3

屋上テラス。緑が多くて良い雰囲気。

 

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の朝食会場

朝食会場。

朝食の内容は期待しない方がいいです。ありがちな中級ホテルの朝食といったところ。

一応食べましたが、別に朝食はつけなくて良いでしょう。後述するホテル周辺にあるスーパーのフードコートやファーストフード店でいくらでも食事できます。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の朝食ビュッフェ1

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の朝食ビュッフェ2

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の朝食

トースト類、サラダ、メインのタイ料理が4種類ほど、その他にソーセージやハム類、オムレツや目玉焼きも作ってもらえます。

まあごく普通の朝食ビュッフェですね。屋上テラスの雰囲気が良いこと以外には特に言及することはないかなといった印象です。

ホテルの周辺環境

周辺環境はオンヌットを知っている人であれば、抜群と言えるでしょう。

まず、ホテルから徒歩2分の場所にセブンイレブンがあります。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の近くにあるセブンイレブン

上述したように、BTSオンヌット(On nut)までは徒歩5分程度。BTS周辺は夕方から屋台などが出て賑やかになります。

BTSオンヌット

BTSオンヌット

BTSオンヌットから歓楽街があるアソークやナナまでは、たったの5〜6駅程度。スワンナプーム空港へもタクシーで30分程度でアクセスできます。

実はオンヌット周辺は、バンコクに慣れている人にとってはかなり便利な立地なのです。

餃子・和生の外観

また、オンヌット周辺は在住日本人が多いだけあって、日本食の店も多いです。タイ料理が苦手な人でも食に関しての心配は不要です。

オンヌット周辺の日本食については、以下の記事を参考にどうぞ。

高レート両替所で有名な「K79 エクスチェンジ」も近く。

K79エクスチェンジ (K79 exchange)の外観

ココテル バンコク スクンビット 50への行き方・住所

以下はココテル バンコク スクンビット 50の場所を記したGoogleMap

上述したように、最寄り駅はBTSオンヌットです。

バンコクの路線図(BTSオンヌット)

(ピンク色の四角で囲んでいる駅がBTSオンヌット)

ホテルへの行き方

まず、BTSオンヌットの4番出口方面を出ます。

BTSオンヌットの4番出口

4番出口を出たら、そのまま直進。連結通路を進み、突き当たり右側の階段を降ります。

階段を降りたら即Uターン。

BTSオンヌットの4番出口2

階段を降り、100mも直進すると、右手に「Soi52」と書かれた看板があります。ここを右折。

スクンビットSoi52の看板

右折後、約200m直進すると、右手に「Kokotel」と書かれた看板が見えます。ここを右折しましょう。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の看板

右折後、約80m直進すると右手にホテルがあります。

バンコクの空港「スワンナプーム」「ドンムアン」から公共交通機関を利用してアクセスする方法については、以下の記事を参考にどうぞ。

ホテルの住所

  • 英語 / 11 Soi Sukhumvit 50, Pharakanon, klongtoei, Sukhumvit, Bangkok, Thailand, 10110
  • タイ語 / 11 ซ.สุขุมวิท 50, พระโขนง คลองเตย กรุงเทพฯ 10110

なかなかコスパが高いホテルだと思った

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室ベッド

今回はオンシーズンだったので1泊5,000円くらいでしたが、オフシーズンであればタイミングによっては4,000円を下回ることもあるのではないでしょうか。だとしたらかなりコスパが高いと感じられるでしょう。

1泊5,000円でも全然良いホテルです。部屋は清潔だし、ベッドはふかふかだし、立地は良いし。オンヌットに滞在予定ならまず候補にいれて良いホテルです。

その他、オンヌットにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。エリアごとの特徴解説とあわせてコスパの高いホテルを厳選して紹介しています。

バンコク観光の完全ガイド。初めての旅行で行きたいマストスポットをまとめて紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です