プラトゥーナムのおすすめホテル。バンコクでショッピングを楽しむのに便利な場所。

ショッピングに便利な4つのホテル

バンコクでショッピングに便利なホテルを探す場合、ホテル探しの条件には以下の項目を必ず含んでおきたいです。

  • ショピングエリアに近い立地である
  • 近くにレートの高い両替所がある
  • 観光やナイトライフも満喫できる立地にある
  • 近くに美味しい料理が食べられるレストランもある
  • 駅から近い
  • 宿泊費用が高くない

以上の条件が整っていれば、ショッピングを含め旅行自体を満喫するのに十分なホテルと言えるでしょう。

宿泊費用に関しては、いくらまでを予算に含めているかによって安い高いは変わりますが、個人的な感覚としては、これだけの条件が整っていて1泊8,000円前後で泊まれたらお得だと感じます。

この8,000円という値段は、4つ星〜5つ星のホテルを対象にした場合です。

3つ星ホテルであれば、1泊3,000円〜5,000円程度で宿泊できれば良い条件と言えます。

 

今回の記事では、バンコクにおけるショッピングエリア、またそのショッピングエリアにある上記条件に当てはまったホテルを紹介します。

バンコク滞在中にショッピングを楽しみたい方に参考にして頂ければと思います。

バンコクのショッピングエリア

プラトゥーナム周辺

バンコクで一番のショッピングスポットは、BTS チットロム(Chit lom)駅とBTS ラチャテウィー(Ratchathewi)駅の近辺一帯であるプラトゥーナム地区(上写真)と呼ばれるエリアです。

プラトゥーナム地区は複数のショッピングモールやマーケットが連なっています。モールやマーケットによって、売られている物の値段や質に違いがあるのが特徴です。

 

例えば「プラチナムファッションモール」というモールでは、タイの物価であるにも関わらず、日本でも使える質の可愛い服やアクセサリー、バッグ、子供服が売られています。

ただ、一般的に高級ブランドと呼ばれるアイテムは少数で、タイオリジナルのブランド服や無名ブランドが多く並んでいます。

プラチナムファッションモールの入り口

(プラチナムファッションモール。詳細についてはプラチナムファッションモールの記事を参考にどうぞ。)

かたや、日本や諸外国でもお馴染みの有名ブランドを中心に扱っている「セントラルワールド」というショッピングモールでは、売られている物の値段が日本で買う場合と大差ありません。

セントラルワールドチットロム

(セントラルワールド。タイの富裕層や外国人に人気)

こうした各々が特色を持った商業施設が並んでいるのがプラトゥーナム地区です。

タイでのショッピングに興味がある人は、まずプラトゥーナム地区を中心に回ってみると自分がのぞむ物に出会える確率が上がるでしょう。

タイでの買い物にのぞむべきは物価の安さ

ただ、多くの人はセントラルワールドのような、日本でも買える物を同等の値段で売っている場所に興味はないかと思います。

タイでショッピングを楽しみたい人の多くは、安く買えて且つ質もそこそこに良い物を扱っているプラチナムファッションモールのような場所で買い物をしたいでしょう。

そこで、ホテルの紹介に入る前に、まずはプラトゥーナム地区において旅行者に本当におすすめできるショッピングモールのみを数軒紹介します。

 

プラトゥーナム地区にあるショッピングモールはおおまかに以下の3種類にわけられます。これから紹介するのは下記の1番に該当するモールです。

  1. プラチナムファッションモールのように安い値段でそこそこ質の良い物が買える場所
  2. セントラルワールドのようにお馴染みのブランドが日本と同等の価格で売られている場所
  3. 安い物は多いが、その辺の露店でも買える特に目新しい物は売っていない場所

上記3種類のモールは外見だけでは見分けがつきにくいため、予めどのモールで良い品物が売っているのかを知っておけば効率よく時間を使えるでしょう。

 

各モールの詳細地図・営業時間については、後述にてホテルと一緒にGoogle Map上に記載しています

プラチナムファッションモール(The Platinum Fahion Mall)

プラチナムファッションモール内の通路

日本でも十分使えるような可愛いアクセサリー、バッグ、服が売られている巨大衣類テナント。

女性物、子供服がモール全体の7割を占めていて、男性物は3割くらい。洋服一着200〜300バーツ程度で買えます。

タイ国内外関わらず女性からの圧倒的な支持を受けている場所です。

モール内にはフードコートもあるので買い物中に小腹が減った時も便利。

パンティッププラザ(Pantip Plaza)

パンティッププラザ

コンピューターやコンピューターの各パーツ、SIMフリースマートフォンなど主にデジタル関係の製品を扱うマニアックな電脳街モール。

“バンコクの秋葉原”とも呼ばれています。日本でも買える物は多いですが、比較的安い値段で購入できるアイテムが多いので、デジタル機器が好きな方は楽しめるでしょう。

掘り出し物に出会えるかも。

ただし、海賊版のCDやDVDも多々売られているので注意。

プラトゥーナム市場(Pratunam Market)

プラトゥーナム市場

プラチナムファッションモールの向かい側にある巨大な衣類品市場。服が中心ですが、石鹸やシャンプー関連の店も多い。

所狭しと服の店舗が並び、その商品の価格はどれも激安。日本、中国、英語圏、アラビア語圏など各国のバイヤーが品定めに来るほどの安さなので、一度は目を通しておきたい場所です。

ただ、野外なのでエアコンが効いていません。飲み水と防暑対策を忘れずに。

バイヨークギャラリー ファッションアリーナ(Baiyoke Gallery Fashion Arena)

バイヨークギャラリー 上から見た様子プラチナムファッションモール同様、女性物の服を中心に扱っている5階建てのモール。

服は一着200バーツ程度から購入可能で、品物の対象年齢は10代〜20代用と比較的若め。

女性物のアクセサリー類も豊富なので、プラチナムファッションモールでめぼしい物が見つからなかった時に足を運びたい。

 

まずは上記4箇所を抑えておけば、短い時間でも十分に買い物を楽しめるかと思います。

プラトゥーナム地区は観光にも便利

バンコクのMAP プラトゥーナム

プラトゥーナム地区は上画像の青色のエリアです。

上画像のその他のエリアは、王宮エリア、チャイナタウン、サイアムエリア、ナナ・アソークエリアなど、いずれもガイドブック等に必ず掲載されているエリアです。

プラトゥーナム地区から一番離れている王宮エリアまではタクシーで30分程度でアクセスできます。

そのため、プラトゥーナム地区は観光にかんしての利便性も高いです。

ショッピングに便利なホテル

下のGoogle Mapでは、プラトゥーナム地区にあるおすすめのホテルと、上記で紹介した各ショッピングモールの場所や最寄り駅を記載しています。

<地図の使い方>

  • 地図を大画面で見るには、右上の「」を押します
  • 地図を縮小・拡大するには、左下の+と−を押します
  • おすすめのホテルは番号1〜4のアイコンです
  • 上記で紹介したショッピングモール茶色のマークです
  • 黄色の¥マークはレートの良い両替所です
  • 緑のマークはタイで一番有名なカオマンガイの食堂です
  • 赤色の丸マークはセントラルワールドです
  • 最寄り駅は紺色の電車マークです

<地図上1>バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel)

バイヨークの外観

バイヨーク スカイ ホテルは、現在タイ国内で2番目に高い高層ビルの中にあるホテルです。

その高さはなんと343.35m(アンテナを入れて)。あの東京タワーより高い(332.6m)ということになります。

遠くから見たバイヨークスカイホテル

(バイヨークスカイホテルの外観。近くで見るとすごいインパクト)

プラトゥーナム地区にはバイヨークスカイホテルほどの高層ビルが他にないため、その存在感は圧倒的で、この辺り一帯のランドマークにもなっています。

日本ではここまでの高層ホテルに泊まれる機会は中々ないため、多くの旅行者からの人気滞在先として知られています。

 

ビルの階層は全85階層となっていて、ホテルが併設されているのはその内22階〜74階です。

75階から85階の間には朝食会場となるレストランやスカイバー、展望台が設備されているため、低層階に宿泊した人でも高層階からの眺めを楽しめる作りになっています。

 

バイヨークスカイホテル。客室のベッド バイヨークスカイホテルの部屋01

客室。ホテルの高さだけが売りではなく、客室が広くて静けさがあるのもバイヨークスカイホテルの特徴です。

 

バイヨークスカイホテル 部屋からの眺め

客室の窓から見える景色。自分が宿泊したのは38階でしたが、客室からは大都会バンコクを一望できました。

高層階にあるスカイバーや展望台からは以下写真のような光景が眺められます。夜に見るバンコクの景色は本当に綺麗なので、是非一度足を運んでみてほしいです。

バイヨークのスカイバー03

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel) ★★★★☆ http://www.agoda.com/ja-jp/baiyoke-sky-hotel/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 blog → https://runbkk.net youtube → https://goo.gl/pTxlGW #BaiyokeSkyHotel #rooftopbar #bangkok #thailand #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


1人〜2人滞在には十分な広さです。朝も夜も客室からは爽快な景色が眺められるので気持ちいいです。

ホテル選びの条件に「景色」を優先させている人であれば、バイヨークスカイホテルが一番おすすめと言えます。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel) ★★★★☆ http://www.agoda.com/ja-jp/baiyoke-sky-hotel/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 blog → https://runbkk.net youtube → https://goo.gl/pTxlGW #BaiyokeSkyHotel #rooftopbar #bangkok #thailand #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


バスルームも高級ホテルらしい広々した設計。

 

バイヨークスカイホテル ファミリーマート

ホテル内のロビー階にはファミリーマートも併設されています。夜間にわざわざ外に出なくて良いので非常に便利。

本当にすごしやすかった。

 

バイヨークの朝食会場02

朝食会場。選びきれないほどメニューが豊富。しかも朝食会場は高層階に併設されているので、朝から良い景色が眺められます。

良い1日の始まり方としては申し分ないです。

 

バイヨークスカイホテルは、インパクト、話題性、利便性においてバンコクで一番のホテルと言っても過言ではありません。また、その上シーズンによっては6,000円代で宿泊できるリーズナブルさも旅行者から人気な理由の一つでしょう。

こうした高層階ホテルに宿泊するのは、物価の安いタイだからこそできる贅沢と言えますね。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel)

 

以下記事ではバイヨークスカイホテルの詳細を確認できるので、合わせて参考にどうぞ。

バンコクのバイヨークスカイ ホテル。宿泊完全レポート。
バイヨーク スカイ ホテル (Baiyoke Sky Hotel)バンコクで一番存在感のある建物といえば、バイヨークスカイ ホテルを挙げる人は多いと思います。バイヨークスカイ ホテルは1998年に建造されたホテルで、建物の高さはアンテナを加えると343.35mに及びます(ちなみに東京タワーは...

<地図上2>ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム (The Berkeley Hotel Pratunam)

バークレイホテルの外観

ザ バークレイ ホテル プラトゥーナムはプラトゥーナム市場のほぼ西真向かいに位置する五つ星ホテルです。

五つ星ホテルと言っても、金額的にそれほど敷居が高くないため(シーズンにもよるが1泊6,000〜7,000円前後)、宿泊費に予算をあまりかけたくないけれども良いホテルに泊まりたい人がよく利用しています。

 

バークレイ バークレイホテルの客室02

ザ バークレイ ホテル プラトゥーナムの特徴は、女性が喜びそうな可愛い作りの客室です。

ベッドの帯や枕のデザイン、またバスルームにも女性受けしそうなデザインが散りばめられています。

女性同士やカップルでの滞在に向いているホテルと言えるでしょう。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム (The Berkeley Hotel Pratunam) ★★★★★ http://www.agoda.com/ja-jp/the-berkeley-hotel-pratunam/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 室内03(Luxury Main Tower) #タイ #バンコク #バークレイ #ホテル #thailand #bangkok #berkeley #hotel #pratunam #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


カーテンやチェアーも含め、全体的にピンクを基調とした客室。

ここには彼女と宿泊したのですが、やはりこの配色とデザインは気に入ってくれました。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム (The Berkeley Hotel Pratunam) ★★★★★ http://www.agoda.com/ja-jp/the-berkeley-hotel-pratunam/hotel/bangkok-th.html?cid=1728977 浴室01(Luxury Main Tower) #タイ #バンコク #バークレイ #ホテル #thailand #bangkok #berkeley #hotel #pratunam #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

バスルームの窓も可愛いです。また、バスタブが広々としているので、彼女と二人でお風呂に浸かれたのも良かった。

バークレイのバスルーム ザ バークレイ ホテル アメニティ

ブランド品のような感じの良いアメニティも完備されている。

 

ガイトゥーンプラトゥーナム

ザ バークレイ ホテル プラトゥーナムの真向かいには、タイで一番有名なカオマンガイのお店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム(通称:ピンクのカオマンガイ)<地図上緑のマーク>」があります(ブログ記事詳細>>>バンコクでおすすめのカオマンガイ記事

全世界のガイドブックで紹介され、日本の東京と福岡にも店舗を出しているほどの有名店なので、ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム宿泊の際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ピンクのカオマンガイ

カオマンガイは1人前で40バーツ。

 

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム (The Berkeley Hotel Pratunam)

 

以下記事ではザ バークレイ ホテル プラトゥーナムの詳細を確認できるので合わせて参考にどうぞ。

バンコクの安い5つ星ホテル。ザ バークレイ ホテルに泊まってみた。
ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム (The Berkeley Hotel Pratunam)海外で滞在先のホテルを選ぶ際、「グレードの格付け」を意味する「スターレート(星の数)」を参考にする方は多いと思います。スターレートが多ければ多いほど、そのホテルの施設のクオリティや従業員のサー...

<地図上3>センター ポイント プラトゥーナム ホテル (Centre Point Pratunam Hotel)

センターポイントプラトゥーナムホテル 入り口

センター ポイント プラトゥーナム ホテルはパンティッププラザの真向かいに位置する家族連れや複数旅行者向けのホテルです。

客室の面積がとても大きく、ホテル内にはキッズルームなどの子連れ用スペースが併設されているのが特徴です。

センターポイントプラトゥーナムホテル フロアガイド

(ホテルの案内板。レストランやプールも設備されている)

 

センターポイントプラトゥーナムのベッド センターポイントプラトゥーナムホテル 客室内 センター ポイント プラトゥーナム ホテルの部屋

家族連れホテルらしい大きめの客室と、清潔感のあるキッチンが設備されている。

客室面積は47㎡。上記で紹介した2つのホテルでも35㎡ほどなので、非常に広く感じる。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

タイのバンコク、センターポイントプラトゥーナムホテル室内02 #thailand #bangkok #hotel #centerpointpratunam #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


客室はシングルベッドが2つ置いてあるにもかかわらず、スペースが有り余るほどの広さです。

4人での宿泊も可能。リクエストすればエキストラベッドを用意してくれるので小さい子供がいる家族でも利用できます。

センターポイントプラトゥーナムのバスタブバスルームも大きめ。ここも彼女と泊まってストレスなく二人で湯船に浸かれました。

 

センターポイントプラトゥーナムホテル キッズルーム センターポイントプラトゥーナムホテルのプール

キッズルームやプールなどのホテル内施設の完備も良好。子供が駄々をこねないよう上手く利用して頂ければと思います。

 

今回紹介しているホテルの中では、最も家族連れ、複数宿泊者に向いているホテルです。

ショッピングを楽しみながらも家族や同行者を上手く気遣って滞在したい人におすすめといえるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>センター ポイント プラトゥーナム ホテル (Centre Point Pratunam Hotel)

<地図上4>アマリ ウォーターゲート ホテル (Amari Watergate Hotel)

アマリウォーターゲートホテル

アマリ ウォーターゲート ホテルは、プラチナムファッションモールとプラトゥーナム市場のほぼ真横に位置している五つ星ホテルです。

アマリ ウォーターゲート ホテルには日本人スタッフも働いていて、またスタッフ全体の対応が非常に柔らかいことからレビューの評価が高いです。

 

今回紹介する4つのホテルの中では一番宿泊料金が高いですが(シーズンにもよるが10,000円前後)、料金に伴いレベルの高いホテル設備やスタッフのホスピタリティーを提供してくれます。

快適さのみならず安心感もあるホテルです。

 

アマリウォーターゲート 客室1 アマリウォーターゲートホテル 客室2

客室はモダンなデザインで、茶色を基調とした配色。茶色には安心感や堅実さをイメージさせる心理効果がありますが、まさにこのホテルにぴったりな色です。

出張者には嬉しいビジネスデスクも完備されています。

 

アマリウォーターゲートホテル バスルーム

バスルームの作りも豪華。鏡が大きめなのが嬉しい。

 

アマリウォーター バルコニー アマリウォーター レストラン

バルコニーから見える景色や併設されているレストランから見える景色も素晴らしく、まさに五つ星ホテルそのもの。

ショッピング以外の時間も快適なホテルライフを送ることができるでしょう。

 

この他にはサウナやスカッシュコート、卓球ルームといったホテル滞在時間中も楽しめる設備が完備されています。

モダンで落ち着きのある雰囲気の中、クオリティの高い設備とホスピタリティで快適な旅行を体験したい人におすすめのホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>アマリ ウォーターゲート ホテル (Amari Watergate Hotel)

プラトゥーナム地区にあるその他のホテル

今回紹介したホテルは、どれもプラトゥーナム地区において1位2位を争うような高級ホテルです。

しかし、予算や旅程の都合によってはもう少し宿泊料金を抑えて滞在したいという人もいるかと思います。

宿泊料金を抑えることができれば、予算をその分ショッピングに回せるので買い物のみをとことん楽しみたいという人はそちらの方が良いでしょう。

そういった方は、以下からプラトゥーナム地区にあるホテル一覧を見ることができるので、是非参考にして頂ければと思います。

>>>プラトゥーナム周辺のホテル一覧

プラトゥーナム地区は、全体的に4つ星〜5つ星ホテルが多いですが、探せば1泊3,000円前後で宿泊できるホテルもあるので、自分の旅行予定にあったホテルを見るけることができるでしょう。

ショッピング旅行はスーツケースのサイズに注意

高さ100cmのスーツケース

ショッピングを中心とした旅行では、スーツケースのサイズを考えずに買い物をしすぎて、帰国前の荷造り時に荷物がスーツケースに入りきらないという現象が起こりやすくなります。

これは、自分も以前何度か経験したことがあり、とりあえず日本から持ってきた不要な物を捨てて荷物をつめるはめになりました。

特に今回紹介したような安い物を大量に扱っているショッピングモールでは、ついつい後先考えずに何かを購入してしまいがちなので、スーツケースのサイズには十分気をつけてほしいと思います。

 

自分を例を出すと、自分が使っているスーツケースは60Lです(上写真オレンジのスーツケース)。

以前、このスーツケースで1週間(6泊7日分)の荷物を詰めて旅行に行ったのですが、お土産も含めてタイで新たに買った物はほとんど詰めることができませんでした

お土産

(スーツケースに新たに詰められた物はこれだけ。お土産だけと考えるなら構わないがショッピング中心の旅行となると十分な容量とは言えない)

ただ、これは1週間分の荷物があったからで、3泊や4泊分の荷物であれば60Lのスーツケースでもショッピング旅行に使えるかと思います

ただ、自分のように1週間も旅行期間がある人は十分注意してほしいです。

出国前の荷造り時点で、必ずスーツケース内にまだ十分なスペースが余っているかを確認していおいた方が良いです。

 

荷物のスペースを十分に保つには圧縮袋を利用すると良いでしょう。

衣類系はかさばりやすいですが、圧縮袋に入れおけばコンパクトにまとめられますし、痛むこともないです。

 

もし、まだスーツケース等の旅行バッグを準備していない人は、以下の記事で海外旅行全般に向いているスーツケースの特徴を紹介しているので参考にどうぞ。

長年使える海外旅行用スーツケースはこう選ぶ!5つのポイントを要チェック。
近年開発されているスーツケースは、どれも機能性が良いとの評判があります。そのため、海外旅行に備えてどのようなスーツケースを購入すべきか迷っている方は多いでしょう。実は、実際のところ海外旅行用のスーツケース選びはそれ程難しくありません。破損の恐れや、持ち歩き...

 

【関連記事】

バンコクのおすすめホテルまとめ。旅行者にとって便利なエリアのみに絞って、快適なホテルのみをまとめました。

バンコクで"絶対に"おすすめのホテルとは?エリアごとに人気のホテルを全て紹介。
(バンコクの街並み)バンコクを初めて訪れる旅行者が滞在を楽しめるエリアは、一般的に以下4つのエリアとされています。 高層ビルや日本食レストランが立ち並ぶ利便性の高いスクンビットエリア ショッピングモールが連なり買い物を楽しめるサイアム・プラトゥーナムエリア ...

 

バンコクの原宿と呼ばれるショッピング街「サイアムスクエア」の中にあるおすすめホテル。

サイアムスクエアの中心にあるホテル。ノボテル バンコク オン サイアム スクエア ホテル (Novotel Bangkok On Siam Square Hotel)。
サイアムスクエア(Siam Square)とは、"バンコクの原宿"とも呼ばれるお洒落ファッション街です。BTS サイアム(Siam)の目の前にて、横400m x 縦150mの一区画の中に大小合わせて数百のお店が並んでいます。その様子は、まるで一つの街を形成しているかのよう。(サ...

 

バンコク市内にあるレートの良い両替所の紹介記事。プラトゥーナム地区にある両替所も記載しているので、買い物前に是非知っておきたい。

バンコク市内とスワンナプーム空港内にあるレートの良い両替所8店舗の行き方。
バンコク市内には両替所が至る所にあるので、タイ到着以前に日本円をタイバーツに変えておく必要はありません。ただ、両替所によって両替手数料とレートが異なる為、旅行前には高レートの両替所を知っておくといいでしょう。この手数料やレートの差は意外と大きく、実は安易に...

 

バンコク最大のウィークエンドマーケット「チャトゥチャッックウィークエンドマーケット」の紹介記事。

お土産探しに最適な場所なので、こちらも合わせてどうぞ。

バンコクのチャトゥチャック ウィークエンドマーケット。観光に役立つ情報。
バンコクには昼夜関わらず、お土産を買えるスポットがたくさんあります。ただ、日本の都市に負けないくらいの大都市バンコクで、店の雰囲気も値段も含めて「タイらしい」お土産を買える場所は意外と限られています。なぜなら、大型ショッピングモールなどの商品は日本で買う値...

 

スワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港からバンコク市内への行き方。空港から予約したホテルへの行き方をイメージしておく参考になるかと思います。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方。【タクシーor電車で】
www.flickr.comスワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行くには、基本的に以下3つの内、いずれかの交通機関を利用することになります。 タクシー エアポートレールリンク(電車) 路線バス最も多くの旅行者に利用されているのはタクシーです。行き先(ホテル名など)を...
ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。おすすめはタクシー。
ドンムアン空港からバンコク市内への距離は約30kmです。空港からバンコク市内へ行くには、以下いずれかの交通機関を利用することになります。各交通機関への乗り場は、いずれも空港1階、到着口のあるフロアにあります。到着口正面に各乗り場へのゲートがずらっと並んでいるとイ...
プラトゥーナム周辺

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です