オンヌットのおすすめホテル5軒。全て1泊5,000円以下。サービスアパート風で居心地良し。長期滞在にもおすすめ。

オンヌットロード

(オンヌット)

オンヌット(BTS Onnut)周辺はバンコクにおいてのベッドタウンにあたる場所です。

近年は相次ぐコンドミニアムやアパートの建設によって、バンコクへ出稼ぎにきた地方出身者のタイ人や在住外国人向けに発展を続けています。

ショッピングエリアや夜遊びエリアとは異なり、所謂いわゆる下町風情が感じられる為、より一層ローカルな雰囲気を楽しめます。冒険心がくすぐられます。

 

今回は、BTSオンヌット付近のホテルに泊まってきましたので、ホテルとその周辺の様子を合わせて紹介します。

BTS オンヌット(On Nut)周辺の雰囲気

BTSオンヌット

(BTS オンヌット)

オンヌットとは、バンコクを走るスカイトレインの「BTS オンヌット(On Nut)駅」周辺のことを指します。

バンコクの路線図

(ピンク色の四角で囲んである駅がBTS オンヌット)

BTS オンヌットからナナプラザがあるBTS ナナ(NANA)は6駅、バンコク一の繁華街であるBTS チットロム(Chit Lom)は9駅でアクセスできます。所要時間は15分程度なので、繁華街に観光へ行きたい人にとっても不便を感じない場所です。

タクシーでも、渋滞を避ければ20〜25分程度でアクセスできます。

生活に便利な環境が整っている

オンヌット駅前のセンチュリー・ザ・ムービー・プラザ(Century The Movie Plaza Sukhumvit)

(オンヌット駅前のショッピングモール「センチュリー・ザ・ムービー・プラザ」)

ベッドタウンであるオンヌットには、生活に便利な環境が整っています。

例えば、オンヌット駅前にはショッピングモール「センチュリー・ザ・ムービー・プラザ」や、大型スーパーの「テスコ・ロータス」「ビッグC」があります。

また、カフェや屋台もそこそこに多く、生活するにはすこぶる良い環境です。

オンヌット駅前のフードマーケット

(駅前にはフードコートもある。一品30バーツ程度から食べることができる)

 

また、マッサージ屋などの旅行者にとって必要なお店や、食堂が数多く駅周辺に集合しています。

オンヌットが生活に便利な理由は、これらのお店を観光地よりも安い値段で利用できるからです。

オンヌットのマッサージ

(観光地では安くても250バーツはするフットマサージが150バーツ。最近は値上がりしたせいか200バーツの店も増えてきたが、それでも観光地より50バーツ安い)

オンヌット駅周辺

オンヌット駅周辺

(駅近辺にはローカル価格の食堂や屋台が溢れている)

観光客が少ないので、観光地独特の騒がしさがありません。この辺りで見かける外国人の殆どがバンコクに住んでいる人達です。

朝は仕事に出る人達でごった返し、夕方は帰宅する人達でごった返す。仕事前も仕事後も、みんな屋台で食べ物を買っていく。

そんな、何気無いバンコクの日常を垣間見れるのがオンヌットの良さです。

 

派手派手しい観光地から逃れ、静けさや生活感のある環境で過ごすことによって(とは言っても繁華街や観光地にすぐにアクセスできる)、まるでバンコクに移住したかのような気分になれます。

バンコクに移住を予定している人は、1ヶ月くらいオンヌットに滞在してみることによって、だいたいどのくらいの生活費がかかるのか目安を知ることができるでしょう。

オンヌットのおすすめホテル

今回紹介するホテルは、全て下地図に記載しています。

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • A,B,C,D,E は、ホテルの場所です。
  • その他のアイコンは両替屋やフードマーケットなどです。

下記リンクからも、それぞれのホテルの宿泊料金詳細・予約確認が可能です。

オンヌットにあるホテルは、サービスアパート兼ホテルが多いです。客室がサービスアパートと同じなので、ホテルのような豪華さはありませんが、快適度は高いです。

 

宿泊料金にかんしては、シーズンによって変動するおそれがあるのでご注意下さい。

また、旅行当日に近ければ近いほど、料金が値上がりする傾向があるので、早めに予約する方が良いです。

【A】X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の外観

2017年に開業した中級ホテル。BTSオンヌットから徒歩わずか5分(距離400m)。

比較的新しいホテルだけあって全体的に綺麗。それでいて、1泊の宿泊料金は4,000円前後という安さ。

プールやジム設備もしっかり完備しています。ホテル敷地内にはコンランドリーもあり。

お値打ちとしか言いようがないホテル。個人的にオンヌットでは最もおすすめです。

唯一欠点を挙げるとすれば、中国人の団体客宿泊が多い点。個人旅行者ではなくツアーバスで乗り付けてくる団体客なので、タイミングが悪いとチェックイン・チェックアウト時、朝食時に混み合います。

とは言え、ホテル設備と立地を考慮すれば、それでも文句は言えないほどお得。

 

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のレセプションロビー

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の朝食会場

レセプションと朝食会場。筆者が宿泊した時は、幸いにも団体客は少なかったです。

通路やエレベーターで何度か遭遇した程度。

 

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の客室1

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の客室2

今回、筆者が宿泊した客室タイプはスイート(Suite)。ベッドルームとリビングルームに分かれているタイプで、広さは40平米。

1泊の宿泊料金は5,500円ほど。

バルコニーがないのが少々残念でしたが、それにしてもこれだけ綺麗で広さがあって1泊5,500円は安い。

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の客室リビングルーム1

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の客室リビングルーム2

リビングルームだけでも広さ20平米はあります。

ゆったりしたソファー、作業用の机があってくつろげます。サービスアパートのような雰囲気なので、安心して過ごせました。

 

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のシャワールーム1

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のシャワールーム2

シャワールーム

 

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のプール

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のプールサイドバー

大きくはないですがプール設備もあり。ローカルエリアのホテルなので殺風景なプールを想像していたのですが、プールサイドバーもあって小洒落ています。

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のフィットネスジム

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)の温泉設備

さらに驚いてた点は、フィットネスジム。なんと更衣室に大浴場が併設されています。

そんなに大きくはありませんが、部屋にバスタブがないので有難い存在。フィットネスジムで汗を流した後、大浴場でゆったりと体を温めます。

 

オンヌットに存在するホテルの中では、間違いなく料金・施設・立地のバランスが取れたホテルです。

【B】ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の外観

2016年に開業した比較的新しいサービスアパート風のホテル。1泊の宿泊料金は4,000円前後。

スクンビットエリアでこの価格だと、間違いなく狭い格安ホテル。しかし、ココテル バンコク スクンビット50の客室は、広さ30平米でリビングルームとベッドルームに分かれています。

おまけにバルコニー付き。

格安ホテルにしては、とても居心地が良いです。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室1

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室2

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室3

写真の客室タイプはスタンダード ツイン(Standard Twin)。はっきり言って、家具は安っぽいです。

しかし、リビングとベッドルームに分かれているせいか、普通の格安ホテルより広く感じます。

このレベルの格安ホテルは、大抵は窮屈に感じる部屋が多いもの。しかし、ご覧の通り広いとは言わないまでもゆったりとはしています。

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)の客室バルコニー

喫煙はバルコニーで可能です。

 

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のシャワールーム1

ココテル バンコク スクンビット 50(Kokotel Bangkok Sukhumvit 50)のシャワールーム2

加えて嬉しかったのは水周りも綺麗なこと。

格安ホテルの水周りなんて、タイでは汚いのが当たり前。しかし、2016年に開業しただけあって綺麗です。

お湯もバッチリ出ますし文句なし。

 

X2 バイブ バンコク スクンビット(X2 Vibe Bangkok Sukhumvit)のコンランドリー

安ホテルで長期滞在する人にとって必要不可欠なのが洗濯機。ご安心を。

ココテル バンコク スクンビット 50での滞在中は、コインランドリーを利用できます。

ホテルの向かいには上述したX2 バイブ バンコク スクンビットがありまして、駐車場の中にコインランドリーがあります。

コインランドリーは宿泊者以外でも利用できます。滞在中の洗濯はX2 バイブ バンコク スクンビットで済ませましょう。

 

1泊4,000円台で予算を考えている人には最もおすすめのホテルです。

安くて綺麗、そして広い部屋を探している人は是非。

【C】ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)の外観

BTSオンヌット駅前にあるBig C裏手にある小さなホテル。

1泊2,500円前後(シーズンによっては1,700円前後)という超格安の料金で宿泊できます。ただ、さすがに超格安だけあって客室のサイズは小さめ。

しかしながら、入り口には24時間ドアマンがいて、1階にはカフェが併設されています。ゲストハウス並の宿泊料金ですが、設備は確実にゲストハウスより格上。

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)のエントランスロビー

エントランスロビー。無料で飲める水とジュースがあります。

安ホテルですがレセプションの女性は英語が通じます。そして笑顔で対応してくれる、感じの良いスタッフでした。

ロビーから客室へ続く階段にはドアがあり、カードキーをかさざないと先には進めないシステムです。防犯面も安心。

 

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)の客室1

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)の客室2

写真の客室タイプはスーペリア ダブルベッド(Superior Double Bed)。広さは20平米。

感想は「普通のビジネスホテル」と言ったところでしょうか。しかし、バルコニーがあるだけ有難い。

また、最近のバンコクのホテルには珍しく喫煙部屋があります。

清掃は行き届いていますが、特別綺麗というわけでもないかな。しかし、不快感はありません。1泊2,000円台なら十分納得できるレベル。

 

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)のシャワールーム1

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)のアメニティ

シャワールーム。アメニティはシャンプー・リンス・歯ブラシ・シャワーキャップのみ。

 

ザ ベッドルームス ブティック ホテル(The Bedrooms Boutique Hotel)のフィットネスジム

ホテルには一応フィットネスジムもあります(小さいですが)。

ビジネスホテルレベルとは言え、このご時世バンコクで2,000円台でそれなりに綺麗なホテルに泊まれるのは本当に有難いかぎり。

若者・節約旅行者の一人旅にはもってこいのホテルでしょう。Big Cの裏に位置しているので、何か必要な物はすぐに購入できるのも良い。

オンヌット付近でとにかく安くて「まともな」ホテルを探している人は是非。

【D】アット マインド エクゼクティブ スイーツ(At Mind Executive Suites)

アットマインドエグゼクティブスイーツホテルの外観

BTS オンヌットから徒歩10分。スクンビット Soi85にあるサービスアパート兼ホテルです。

1泊の宿泊料金は3,000円前後。サービスアパートだけあって、ベランダにキッチンや、部屋に電子レンジを完備しています。

バンコク移住を検討している人が、よりリアルにバンコクでの生活をイメージできるようなホテル。

しかし、ちょっとBTSオンヌットから距離があるのが個人的には残念。徒歩10分は、年中暑いバンコクでは少々こたえる距離。

 

アットマインド ベッド

アットマインドエグゼクティブスイートの室内にあるテレビと書斎

部屋にはDVDプレイヤーや化粧台も完備されています。

 

アットマインドのセキュリティボックス

アットマインドエグゼクティブスイート。室内の冷蔵庫

大きめの冷蔵庫と電子レンジ。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

タイのパタヤ、アット マインド エクゼクティブ スイーツ 02 #アット #マインド #エクゼクティブ #スイーツ #ホテル #タイ #バンコク #At #Mind #Executive #Suites #hotel #thailand #bangkok #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

サービスアパートゆえシンプルで簡素な作りです。借りたばかりのマンションの一室のようで落ち着きます。

 

アットマインドのトイレ

アットマインドのシャワー

シャワールーム。アメニティ付き。

 

シャワールームを360度見渡せるパノラマ写真。

タイのバンコク、アット マインド エクゼクティブ スイーツ #アット #マインド #エクゼクティブ #スイーツ #ホテル #タイ #バンコク #At #Mind #Executive #Suites #hotel #thailand #bangkok #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

コンパクトな作りです。

 

アットマインド エントランス

アットマインド ロビー

エントランスとロビー。

決して広くはないが、色合いがお洒落なソファーがあって雰囲気は良い。

 

オンヌット駅周辺で、低価格のサービスアパートに滞在したい人におすすめの場所です。

電子レンジや大きめの冷蔵庫も完備してあるので長期滞在も可能です。

しかし、やはりBTSへの距離があるため、個人的に優先順位は低め。あくまで他に選択肢がない場合におすすめするホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下リンクより可能です。

【E】キウ ホテル スクンビット(Qiu Hotel Sukhumvit)

グリーンベルズホステルの外観

BTS オンヌット(On Nut)から徒歩5分の場所にあるホテル。オンヌット周辺では数少ないホテルらしいホテルです。

ちゃんとベルボーイがいて、荷物を客室まで運んでくれます。

1泊の宿泊料金は3,000円〜4,000円程度。2009年に開業したホテルなのでそこまで新しくはありません。

ただ、中庭のプールの雰囲気が素敵なので、人によっては結構気にいるホテルです。

客室にはバスタブが完備しているのも良い点。予算が合う人であれば、宿泊先候補として検討してみてはいかがでしょうか。

 

グリーンベルズ ベッド

グリーンベルズ テレビと冷蔵庫

グリーンベルズ 客室1

写真の客室はスーペリアルーム(Superior Room)。広さは30平米。

シンプルな絨毯張り床の客室。ちょっと広いビジネスホテルと言ったところでしょうか。悪くはないです。すこぶる素晴らしいわけでもありませんが。

ただ、シーズンによっては1泊3,000円程度になります。3,000円程度なら満足できる内容です。

ベッドが広いのも個人的には嬉しい点。

 

グリーンベルズ バスルーム1

グリーンベルズ バスルーム2

特筆すべきはバスタブ。足を伸ばせる広さの快適なバスタブを完備しています。この料金でバスタブ付きのホテルは、中々ありません。

 

グリーンベルズ ホテル内

グリーンベルズ 通路1

ホテルの形状は真中のプールを囲むように、四角形になっています。

プールには観賞植物が植えられているのでリゾート感があります。中級ホテルとは思えないゴージャスな雰囲気です。

 

グリーンベルズ プール

プールはホテルの壁で囲まれているので、外から覗かれることはありません。

外の音がシャットダウンされるので、別世界のように平穏な時間が流れています。横になって読書をするのに最適でした。

 

駅近、部屋が広い、バスタブ付き、落ち着けるプール。欠点のない設備のホテルです。

また、上地図にも記載しているように、近辺にはレートの良い両替所やフードマーケットも徒歩圏内にあります。

オンヌットにあるホテルではX2バイブ スクンビットに次いでバランスが取れているといえるでしょう。

宿泊料金・予約確認は以下リンクより可能です。

その他のホテル

旅行予定や予算によっては、今回紹介したホテル以外の方が合うという方もいるかもしれません。

オンヌットにはその他にも多数ホテルが点在しているので、自分に合った滞在場所を探してみるのも良いでしょう。

以下のリンクより、オンヌットのホテル一覧を確認できるので、是非参考にして下さい。

BTS オンヌット駅周辺にあるすべてのホテルの詳細については、以下の各ホテル予約サイトから検索できます。

雑感

オンヌットという場所は、観光にも、宿泊費を抑えながら快適に長期滞在するのにも便利な場所です。

自分のようにタイ移住を検討している人が疑似移住体験をするにも向いている場所ですので、是非滞在先の候補地に入れてみてほしいと思います。

あえて普通に生活してみるという旅も面白いものです。他に旅行者を見かけないので、干渉されるような気分になることもありません。

これまでカオサンや他のゲストハウス街のみで外こもりしていた人も、一度はオンヌットのホテルで新鮮な体験を味わってみて下さい。

何か新しい発見があるかもしれません。

 

その他、スクンビットやシーロム、カオサンなど日本人旅行者に人気のエリアに限定したおすすめホテルについては、以下のまとめ記事を参考にどうぞ。

バンコクのおすすめホテル記事アイキャッチ画像
バンコクで絶対におすすめのホテル。人気の7エリアから利便性が高いホテルだけを厳選!

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)