【人気スーツケース】シフレ、ACE、イノベーター、の口コミと評価を全てまとめてみた。

人気スーツケース3種

(左から:シフレ[エスケープ]/エース[パリセイドZ]/イノベーター)

スーツケースは、どのブランドであっても見た目にそれほどの違いはありませんが、耐久性や本体重量、内部構造などに関しては、各ブランドで異なる特徴を兼ね備えています。

「スーツケースなんて転がれば何でもいい」と言えばそれまでですが、決して安くない値段であるが故、少しでも自身の旅行(出張)目的に合う製品を選んでおきたいところ。

旅行や出張の回数が多いヘビーユーザーであれば尚更でしょう。

そこで今回の記事では、「テストするモノ批評」で有名な雑誌「MONOQLO」に掲載されていた人気スーツケース特集の中でも特に検索需要の多い、以下3ブランドのスーツケースの特徴口コミ評価をまとめています。

  • シフレ(Siffler)のエスケープ
  • エース(Ace)のパリセイド Z
  • イノベーター(Innovator)

上記3ブランドのスーツケースに興味を持っている方は多いかと思いますが、スーツケースの特徴や使用感は、ネットに出ている情報だけでは中々掴めないもの。

そこでこの記事では、筆者自身が実際に使用した感じた特徴や使用感に加え、筆者以外の人間の使用経験をもとに評価と口コミも加えています。

現在、上記ブランドのスーツケースの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

なお、以下で紹介しているスーツケースは、60L(4泊〜7泊用)サイズの物を取り上げています。

シフレ(SIffler)/エスケープの口コミと評価

シフレのエスケープ

2001年に創業したバッグメーカー「シフレ」のエスケープ。シフレは定番海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」ともコラボレーション商品を作るほど海外旅行に精通したブランドです。

特徴

最大の特徴は、360度回転が可能のダブルキャスターを搭載している点。

これにより、舗装されていない途上国の道路でも小回りが効く上に、ガタガタの砂利道やあぜ道でも楽に持ち運びが可能です。

キャスターの耐久性度も申し分なく、MONOQLOの検証によれば、「シフレのスーツケースに計10kgの荷物を入れた状態で、高さ5mの場所から垂直に落としてキャスター部に破損がなかった」とのこと。

このテスト内容は、普段の使用では絶対にありえないシチュエーチョンですが、本当に耐久性のあるキャスターを採用しているかを判断するのに有効なポイントとなるでしょう。

 

ボディ素材には、近年開発されているスーツケースの標準スペックとも言える「ABS樹脂」を使用し、更に表面をポリカーボネートでコーティングしています。

そのため、耐衝撃性、耐薬品性、耐熱性、不燃性を含め、総合的な耐久性評価は非常に高いです。

海外の空港職員に荒い扱いをされたくらいで破損する可能性はまずありません。

上述した360度キャスターは海外での使用に役立つので、国内よりも海外旅行(出張者)向けのスーツケースと言えます。

値段が手頃なので、初めてのスーツケースとしては申し分ありません。

<スペック>

  • 留め具の種類: フレーム
  • 三辺合計(㎝):139cm
  • H:67 cm/W:46 cm/D:26 cm
  • 容量: 60L
  • 重量:4.62kilograms
  • TSAロック付き

口コミ

内部に物を詰めれるだけ詰めて運んでみたが、スムーズで安定性があり不安感は全くなし。

若干、鍵をかけにくい(回りにくい)が、軽いし持ち運びに便利なので良いと思う。色は単調だが下品ではなくシックに感じられる。

バー部分が破損したが、補修を頼んだら迅速に対応してもらえた。アフターサービスは悪くないと思う。

他の方人も言っているように、キャスターのスムーズさはピカイチ。

容量60Lなので5日程度の旅行荷物なら余裕で収納可能。私は2週間の旅行にも使っています。

少し表面に埃がつきやすい気もしますが、使い勝手が良いですしこの価格なので概ね満足。4〜5泊程度のスーツケースを探している方にはおすすめです。

評価:☆☆☆☆☆

海外旅行向けスーツケースの中では最も高評価。一番おすすめです。

海外旅行中は、意外にもスーツケースを転がしている時間が長いもの。特に初めての地だと空港のタクシー乗り場の場所が分からなかったりで、歩き疲れしやすいです。

そんな環境でも、キャスターの転がし心地に重点を置いているシフレのエスケープであれば、スムーズに進めるのは大きなメリット。

何より有名ブランドスーツケースの中で、2万円を切る価格はお得感を十分に感じられました。

耐久性が高く、無理な扱いさえしなければ10年は使えるのも大きなポイントと言えます。

また、内部収納にファスナーポケットが多いので、収納嫌いの人でも小物の住み分けが簡単。

エース(Ace)/パリセイド Zの口コミと評価

ACEのパリセイドZ

1940年に日本で創業したブランド「エース(ACE)」のパリセイドというシリース。

静音性の高い双輪キャスターを使用しているので走行中にガタガタ言わないのが特徴。サイズバリエーションが豊富なのも良い。

エースは”カバンのエース”と呼ばれるほど、あらゆる鞄の開発を行っており、パリセイドにもエースならではの使い心地の良さを追求した特徴が随所に現れています。

特徴

パリセイドZの特徴は、他のスーツケースにはない使用者思いな設計である点。

特徴の一つ目に挙げられるのは、上述した静音性の高い双輪キャスター。

ACEのキャスター

パリセイドZの双輪キャスターは始動抵抗が少ないため、道路上でのガタつきや騒音を抑えることができます。

スーツケースのキャスター音に悩んでいる人の中には、自身でDIYショップに行き、キャスターを取り替えたりと苦労をされているでしょう。パリセイドZは最初から静音性キャスターを搭載しているので、騒音の心配がありません。

また、意外と他のスーツケースに搭載されていないもう一つの機能として重宝するのが、使用しない時はフラットになるピックアップハンドル。

エースのピックアップハンドル

ピックアップハンドルがフラットになるので、重ね置きする時に便利。

また、スーツケースの三辺合計が129cmとそう大きくないのに、容量が62Lあるのも良い特徴と言えるでしょう。

不使用時の収納に困らないですし、容量的に1週間前後の旅行(出張)にも十分使えます。

ボディ素材はポリカーボネート。耐久性に問題はないと言って良いでしょう。

<スペック>

  • 表地: ポリカーボネート100%
  • 留め具の種類: ファスナー
  • スーツケースの種類:ハードケース(ファスナー)
  • 三辺合計(㎝):129cm
  • H:60 cm/W:43 cm/D:26 cm
  • 容量: 62L
  • 重量:4kilograms

口コミ

小ぶりで軽量。そのわりには容量が大きく作りもしっかりしている。中国製という点に不信感を抱いていたものの、心配いらないかと。

5泊の実家帰省のため購入したが、衣類は問題なく収納できた。

基本的な使用感に問題はなかったが、唯一3桁のダイヤルロックが面倒だと感じた。まず、商品が届いた時に開け方がわからなかった(外箱にでも開け方を記載しておくべき)。

毎度毎度3桁にダイヤルを合わせるのが面倒。鍵じゃないので失くす心配がないとの声もあるが、個人的には鍵の方がサッと開けられて使いやすいと思う。

使用は鍵だけで十分。

四輪キャスターが静かで快適に使えた。ただ、軽量設計にして余裕がないせいか、本体の上に小バックを重ねると、ハンドルの強度が不安になるような重みを感じた。

内部容量は大きいし普通に使う分には頑丈。見た目に対して中のデッドスペースが少ないのもさすがエースといったところ。

評価:☆☆☆☆

静音性のキャスターやピックアップハンドル、容量スペースには高い評価を付けられますが、自分自身も3桁のダイヤルロックは面倒な部分かと思います(鍵もついていて鍵だけでの使用もできるので、そこまで問題ありませんが)。

もちろん、鍵紛失の恐れがある方や、子供に持たせる用としては逆にダイヤルロックの方が安心できるので、ダイヤルロックの利便性は用途によって異なってくるでしょう。

 

現在、パリセイドZはPCなどを個別に収納できるフロントポケットタイプのモデルが人気。

容量は36Lなので、3泊〜4泊の旅行には十分な大きさです。

パリセイドZ全般に言えるのは、光沢で高級感のあるボディ。年齢や性別を選ばないブランドのスーツケースですね。

イノベーターの口コミと評価

イノベーターのスーツケース

スウェーデン発のブランド「イノベーター(innovator)」のスーツケース。ボディ部分のデザインがスウェーデンの国旗になっているのが大きな特徴。

カラフルな見た目で旅行のワクワク気分を増長させてくれるデザイン。

可愛いトートバッグ(上写真の右上)も付属しているので、使用後の服やサンダルを収納するのに便利。

特徴

大きな特徴は以下3点。

  • カードロック採用。鍵より紛失の心配が少ない
  • デザインが派手なので、空港のターンテーブルで見つけやすい
  • サイレントキャスター仕様
イノベーターのカードキー

まず、大きな特徴として挙げられるのがロックにカードキーを採用しているという点。

見た目がスマートなのも良いですが、何より財布の中に保管しておけるので、鍵で持つより紛失の心配がありません(カードキーは運転免許証と同じくらいのサイズ)。

中高生などに持たせる場合、鍵ロックより安心でしょう。

こうした理由もあってか、イノベーターは留学や修学旅行での使用に人気というのも特徴の一つです。

 

また、ボディのデザインは他ブランドスーツケースより圧倒的に目立つので、空港ターンテーブルで見つけやすいのも良い特徴の一つです。

割と自分のスーツケースを見逃して2周3周してしまう人も多いですが、イノベーターならまず心配はいらないです。

ボディ素材は上述したシフレ同様に、ABS樹脂 + ポリカーボネートなので、耐衝撃性・耐薬品性・耐候性いずれも問題なしと言えます。

キャスターに「HINOMOTO」のパーツを使用している点も見逃せません。

HINOMOTOのキャスターは、中にグリスが入っていて比較的滑りが良く、また静音性です。

ハンズなどの有名メーカーの担当も「キャスターはHINOMOTOじゃなきゃダメ」と言うくらいなので、機能面での信頼性は大いにあると言えるでしょう。

実際、自分もイノベーターのスーツケースを転がしたことがありますが、特に空港内やコンクリート上などではスイスイ進みます。

ガラガラ音も気になる程出なかったので、使用にあたってのストレスは全くないです。

<スペック>

  • 留め具の種類: 金具
  • 原産国:中国
  • 表地: ポリカーボネート+ABS樹脂
  • タテ58cmxヨコ40cmxマチ25cm
  • ポケットの数:3(外側0/内側3)
  • 重量:4000g
  • キャスターを含む全長:タテ66cmxヨコ44cmxマチ26cm

口コミ

子供の海外旅行のために購入しました。少し残念だったのは、キャスターロックがついていない点。滑りが良すぎるのでどこかに転がっていかないか心配です。

その他についてはパーフェクトと言いたいです。60Lで1週間分の持ち物を入れても余裕がありました。

またカードキーロックが便利。失くさずに使用できています。サイレントキャスターも本当に静かです。

まず、欠点を挙げると傷がつきやすいこと(目立ちやすい)。これは他のスーツケースと違ってボディが平だからでしょう。

またグリップ取っ手の長さ調節ボタンが、グリップを持った時に丁度押してしまう位置にあるので、突然取っ手が伸縮する時があってやや面倒。

長さ調整ボタン

サイレントキャスターは確かに静かで気に入ってます。ボディ素材も頑丈で、一度歩道橋の階段から誤って落としてしまいましたが、無傷でした。

デザインもカッコイイですし、全体的に良いスーツケースです。

見た目だけに惚れて購入しましたが、いざ使ってみると機能面も充実しているので大満足です。

内装にポケットが3つもあるので小物の収納に便利。カードキーもスマートだと思います。

友人からも「どこで買ったの?カッコイイね」と言われることが多々あります。この製品は本当に見た目にこだわる方におすすめなのではないでしょうか。

評価:☆☆☆☆

本当は五つ星評価をつけたかったところですが、口コミでも指摘されている取っ手の調整ボタンは自分も気になっていました。

慣れればどうということはありませんが、最初は気をつかいます。

その点以外は、デザイン性も高いしパーフェクトと言えるのではないでしょうか。何よりカードキーロックの採用は、安心感も高めていますし、他のスーツケースにはない優越感も少しながら感じられます。

「カッコイイ」「最先端」のキーワードにひっかかる人には、是非おすすめ。

おすすめスーツケースまとめ

スーツケースのブランドには各社特徴がありますが、今回紹介した3ブランドはいずれも欠点が少ないため、シーンに関わらず使用できる物と言えます。

実はスーツケース選びは旅行や出張において非常に重要で、スーツケースがちゃっちい物で破損などが起こると出先でのテンションは一気にトーンダウンします。

上記スーツケースは、無理なく使えば10年は使用できるので、コストパフォーマンも高いと言えるでしょう。

たかがスーツケース、されどスーツケース。是非、長期的な視点で愛着を持って使用できる物を選択して頂ければと思います。

人気スーツケース3種

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です