BTS プロンポン周辺の観光情報。バンコク最大の日本人街。

BTS プロンポン

(BTS プロンポン)

BTS プロンポン(Phrom Phong)は、バンコク都内を走る高架鉄道BTSのスクンビット線上にある駅です。

BTS プロンポンがある大きな道路(上写真)は「スクンビット(Sukhumvit)通り」と名付けられています。

このスクンビット通りに沿って西側に進むとBTS アソーク(Asok)、BTS ナナ(NANA)、BTS プルンチット(Phloen Chit)、BTS チットロム(Chit Lom)、BTS サイアム(Siam)という、外国人旅行者が一番多く滞在するエリアに入っていきます。

BTS マップ BTSプロンポン

(ピンクの丸で囲んでいる場所がBTS プロンポン)

BTS プロンポン〜BTS サイアム間は、多くの外国人向けのホテル、レストラン、商業施設が立ち並んでいて、あらゆる場所で国籍豊かな外国人旅行者を見かけます。

バンコクへの旅行が初めてであればBTS プロンポン〜BTS サイアム間のどこかに滞在するのが一番おすすめです。

異国情緒溢れる光景の中、街歩きを楽しめるでしょう。

 

その中でもBTS プロンポン周辺は、子供も楽しめる施設があったり、また日本人の在住者が多く住んでいて安心感もあるため、特に家族連れの方はこの辺りのホテルに滞在する人が多いです。

BTS プロンポン周辺はバンコク最大の日本人街

BTS プロンポン周辺のマッサージ

(BTS プロンポン周辺ではあらゆる場所で日本語を見かける)

BTS プロンポン周辺を歩くと、日本語の看板と日本人が非常に多いことに気づきます。

海外に来たら日本語や日本人を見かけたくないという人も多いと思いますが、語学や海外旅行自体に不安を覚えている人であれば逆に安心感を得られるでしょう。

 

BTS プロンポンで日本人や日本語をよく見かける理由は、この辺りには駐在員が住むマンションが多いためです。

そのため、午前中は駐在妻の方々が道端で井戸端会議している様子をよく見かけます。

日本人が経営している店も少なくありません。

バンコクに在留している日本人の数はおよそ5万人と言われていますが、その殆どがBTS プロンポン周辺に住んでいるのでは?と思えるほど一番日本人を見かけます。

 

ただ、旅行中に何かトラブルがあっても、安易にプロンポン周辺の日本人を信用して助けを求めるのはよくないです。

海外旅行中はトラブルが起きないよう事前に自身でセキュリティとセーフティ対策をしておくべきでしょうし、仮に親身になって相談に乗ってくれる人がいたとしても、自分のせいでその人の時間を奪ってしまいます。

BTS プロンポン周辺の観光

以下では、BTS プロンポン周辺の観光情報を記載しています。

観光と言っても商業施設やレストラン等が中心となるので、街歩きの際に役立つ情報になるかと思います。

 

BTS プロンポン周辺の地図

少々広範囲の地図なので、+で拡大しながら見るのがおすすめです。

各アイコンをクリッックすると各施設の外観を確認できます。

以下では、さらに各施設の詳細を記載しています。

 

エンポリアム(Emporium)<地図上黄色の買い物かごマーク>

エンポリアム

ヴィトンやシャネルなどの外資系高級ブランドの品揃えが強いモール。

こうした高級ブランドは日本で買うのとそれほど値段が変わらないため、ここに行ってもあまり新鮮味はないですが、4Fにはエスニックな雑貨やタイのコスメブランド「ハーン(HARNN)」があります。

お土産を探すなら4Fのみになるかと思います。

エンポリアム 4Fのエスニック雑貨 エンポリアム 4Fのハーン

(上写真:エスニック雑貨。下写真:ハーン「HARNN」の店。共に4Fにある)

BTS プロンポンから連絡通路が伸びているのでアクセスは楽。

・営業時間 毎日10:30〜22:00

エムクオーティエ(The EmQuatier)<地図上黄色の買い物かごマーク>

エムクオーティエ

こちらもBTS プロンポンから連絡通路が伸びている外資系ブランドに強いショッピングモール。

エンポリアムと同じで新鮮味のある物は少ないですが、3Fには規模の大きい紀伊国屋があります。

プロンポン 紀伊国屋

日本の最新書籍も多く取り揃えているので、日本語の活字に飢えている長期滞在者には需要があるかも。

ちなみに、この記事を書いた当時日本で発売されていた最新の書籍の取り扱いもありました。

ウシジマ

(値段は日本で買うのとほぼ同じだった)

売っている物で旅行者に需要がありそうなのは書籍くらいですが、地下にフードコート、1Fにはカフェが何軒か入っているので街歩きの休憩にも利用できます。

フードコート

(地下のフードコート)

・営業時間 毎日10:00〜22:00

ベンチャシリ公園<地図上緑色のエリア>

ベンチャシリ公園

BTS プロンポン周辺一帯に住む市民の憩いの場となっている大きな公園。

午前中〜夕方にかけては、子連れが多い。

みなさん子供用アスレチックで子供を遊ばせていたり、池沿いの草むらでのんびりしていました。

ベンチャシリ公園 アスレチック ベンチャシリ公園 エアロビ

夕方以降はエアロビに励む人々や、スケーター、ジョギングに勤しむ人などで賑やかになります。

散歩するなら人が少ない午前中が良いかと思います。

イムちゃん(Im-Chan)<地図上赤紫のどんぶりマーク>

イムチャン

BTS プロンポンの真下にある大きめの屋台。料理は全てタイ料理です。

メニューの全てに日本語・英語・タイ語表記があるため親切。

イムチャン メニュー

また、お持ち帰りもできるのでホテルで食べたい人にも便利です。

お腹一杯食べても200バーツ程度で済むので経済的にも優しい。

夕方は仕事帰りのタイ人が多く、夜は日本人のお客さんで一杯になります。

特に夜は賑やかで日本語が飛び交っているので、夜のイムチャンはBTS プロンポン周辺では一際存在感があります。

※営業時間 毎日7:00〜22:00

サン ブックス(Sun Books)<地図上抹茶色の本マーク>

サンブックス

日本語の中古書籍を取り扱っている小さい本屋さん。

「地球の歩き方」や「指差しタイ語会話帳」、また小説や文庫本が多い。子供向けの本もちらほらある。

基本的に中古本ばかりですが、地球の歩き方等のガイドブックは、古いものでも最新版との情報誤差がそれほどないのでそこそこ使えるかと思います。

周辺国も旅行する人などには役に立つでしょう。

他都市へ長距離バス移動するなどの予定がある人も、移動中に読む用の本を適当に一冊買いにいくのもいいかもしれない。

ちなみに買取も行っているので、逆にいらなくなったガイドブック等を売るのも良い。

※営業時間 9:30〜19:30

サスティナ(Sustaina)<地図上赤色のスプーン & フォークのマーク>

サスティナの入り口

BTS プロンポンから徒歩1分の場所にあるオーガニック素材中心の料理を食べられるレストラン。

1Fは無農薬食品やコスメを扱う店で、2Fがレストランになっています。

料理は1品150バーツ前後と安いわけではありませんが味は確か。

マグロと豆腐のソテー

オーガニック素材にこだわりがある人なら行ってみるべきかと思います。

・営業時間:11:00〜20:30。定休日:正月、祝日。

サスティナ(Sustaina)を含め、バンコクにあるオーガニック料理レストランについては以下記事も参考にどうぞ。

バンコクのオーガニックレストラン。自然食にこだわった素敵な場所を3つ紹介。
近年、日本では美容や衣類、食事など様々な場面において、オーガニック製品が関心と注目を集めています。こうしたオーガニック志向は、先進国だけのものかと思っていましたが、タイでもその関心は高まりつつあるようです。スーパーやショッピングモールに行けば、食材はもちろ...

ダイナソープラネット(Dinasaur Planet)<地図上鹿のマーク>

ダイナソープラネット

2016年にオープンしたばかりのBTS プロンポン近辺では最大のテーマパーク。

名前の通り恐竜にちなんだアトラクションが多い。

観覧車やアクションゲームなどの子供が楽しめるアトラクションが多いので、子連れで旅行にきている人は必ず旅行予定に入れている観光地。

但し、来年2月までの期間限定テーマパークなので、次春にはもうその光景を拝むことはできない。

・営業時間 10:00〜22:00/入場料金 大人600バーツ、子供400バーツ(但し身長90cm未満は無料)

フジスーパー<地図上紫のかごマーク>

フジスーパー

BTS プロンポン周辺に住む日本人のためのスーパー。

日本人の店員さんも何人かいらっしゃって、日本語で「試食いかがですか?」と聞かれるので少し驚く。

店内の陳列は日本にあるスーパーそのもので、お客さんも日本人が多く、ここは日本ではないかと錯覚してしまうほど。

特に目新しい物が売っているわけではありませんが、日本の王道メーカー「花王」「ロリエ」などの生理用品も売っているので、場合によっては役に立つかもしれません。

・営業時間 8:00〜22:00

Naraya プロンポン<地図上茶色のバッグのマーク>

Naraya プロンポン

タイ発の小物やバッグを扱うブランド「Naraya」のプロンポンにある支店。

Naraya好きはここでお土産を。

・営業時間 9:00〜22:30

湯の森温泉(Yunomori Onsen & Spa Bangkok)<地図上温泉マーク>

湯の森温泉

BTS プロンポンから南へ1.5キロほどの場所にある温泉。

規模がそこそこ大きく合計で7種類の浴槽がある。温泉から上がった後は肌がすべすべになって気持ち良い。

また、たっぷり汗を流した後の冷えた飲み物は最高に美味しい。

湯の森温泉 コーヒー

温泉内にはスパやマッサージ等の施設もあるので合わせて楽しむのも良い。

湯の森温泉 メニュー

(マッサージ・スパのメニュー)

24:00まで開いているので、帰国の飛行機搭乗時間前などの時間つぶしにも利用できる。

・営業時間 09:00〜24:00

・料金 入浴料:450バーツ/15歳以下,65歳以上は250バーツ(但し身分証の提示が必要)

その他、マッサージなどは390バーツ〜。

歩いて行くには少々疲れる距離なのでバイクタクシー等を利用すると便利。

バイクタクシーは片道20バーツ。ボッタクられても50バーツ程度。

Soi 33 & Soi 26 マッサージ街<地図上ピンク色のライン>

soi33 soi26

(上:soi 33。下:soi 26)

男性向けマッサージが多い通り。夜専用のフリーガイドブックを配布している店もあるので貰っておくと便利。

シーロー乗り場<地図上薄緑色の車マーク>

シーロー乗り場

BTS プロンポン周辺にある少し大きめのタクシー。

そこまで遠距離の移動はできないですが、1km〜2km程度の距離移動には便利。

料金は一回の乗車で30〜40バーツ程度。但し行き先を店名などで告げると分からない場合があるので、Google map等を参照してsoiの番号で伝えると良い。

ちなみに、上で紹介した湯の森温泉の場所は理解してくれなかった。

 

プロンポン滞在におすすめのホテル

プロンポンは上で述べたように、子連れの旅行者を含め日本人旅行者全般から滞在先として人気のエリアです。

そのため、日本人が満足できるサービスクオリティを提供しているホテルが連なっているのも魅力の一つと言えます。

ここでは、その中でも特におすすめできるホテル2軒を紹介します。

バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール (Bangkok Hotel Lotus Sukhumvit  Managed by Accor)<地図上番号1>

バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール 外観

地図上ピンクのラインSoi 33上にある高級ホテル。

BTS プロンポンからは徒歩5分程度。

スタッフのユニフォームがタイの伝統衣装で統一されていて可愛い。タイに来たなという雰囲気を味わえます。

客室が大きくて部屋から見える景色の眺めが良い。また、シーズンによっては一泊6,000円前後で宿泊できるのも魅力的。

 

 バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール 客室 バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール バスルーム

客室とバスルーム。

客室内にビジネスデスクがあるので、パソコン作業をする人にも便利。

木目調の床とベッドのオレンジ色の帯の相性が良く、とても心が落ち着く。

 

バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール 客室から見える景色

客室からはプロンポンの街並みが一望できる。結構都会です。

 

 バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール ミニバー

ミニバーの種類も豊富。

 

ホテルのクオリティが高い上に安い値段で宿泊できます。

高級ホテルらしい落ち着いた雰囲気の部屋や、愛想の良いスタッフがいる環境で過ごしたい人にはここが一番おすすめです。

エキストラベッドを無料で追加できるので、子連れの宿泊客でも安心かと思います。

景色が良いのでカップルでの宿泊にも良いでしょう。

料金詳細・予約確認は以下より可能です。

>>>バンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコール (Bangkok Hotel Lotus Sukhumvit  Managed by Accor)

BKK ホーム 24 ブティック ホテル (BKK Home 24 Boutique Hotel)<地図上番号2>

BKK ホーム 24 ブティック ホテル

上で紹介したバンコク ホテル ロータス スクンビット マネージド バイ アコールより、もう少し安い料金で綺麗めの部屋に泊まりたい人におすすめのホテル。

1Fが高速WiFi使用可能のカフェになっているので過ごしやすい。

 BKK ホーム 24 ブティック ホテル 1Fのカフェ

 

また、ホテル外観からは想像がつかない程に広めの客室も魅力的。

 

BKK ホーム 24 ブティック ホテル 客室1 BKK ホーム 24 ブティック ホテル 客室2

一人〜二人滞在には十分な広さの部屋。マッサージベッドもあるので、カップルでの宿泊時にマッサージし合うこともできます。

 

BKK ホーム 24 ブティック ホテル クローゼット BKK ホーム 24 ブティック ホテル バスルーム

大きめのクローゼットの中にはセキュリティボックス、バスルームには浴槽がある。

上記ホテル程のホテルライフは楽しめないにせよ、宿泊料金を抑えつつも満足のいくホテルを探したい人にはおすすめ。

ホテル目の前の通りを出るだけでBTS プロンポンにアクセスできる立地も魅力です。

料金詳細・予約確認は以下より可能です。

>>>BKK ホーム 24 ブティック ホテル (BKK Home 24 Boutique Hotel)

 

その他のプロンポン周辺のおすすめホテルについては、以下記事も参考にどうぞ。

プロンポン周辺のおすすめホテルをJF無料から家族連れ、カップル向けまで幅広く紹介。
(プロンポン soi 33/1。日本語名の飲食店が連なる通り)プロンポンのホテルは、繁華街のホテルよりも宿泊費が若干安いです。またプロンポンはナナやアソークといった繁華街から近く、ショッピングモールやレストランも多いので、滞在に便利なエリアです。バンコク旅行の経験が...

観光的な魅力は少ないが利便性は高い

今回紹介した場所はBTS プロンポンのほぼ徒歩圏内(湯の森温泉を除いて)ですが、徒歩圏だけでも旅行滞在者にとっては十分利便性の高い場所だというのがわかっていただけたと思います。

確かに魅力のある観光地は少なく、またお土産などを買える場所も多くはありませんが、日本語に強い施設が多いので、特に海外旅行経験が少ない人や子連れには安心できるエリアと言えます。

 

上記で紹介したホテルはBTS プロンポンから徒歩圏内ですし、また、この辺りはタクシーも多く走っているのでどこへ行くにも便利です。

今後のバンコク旅行の際には、是非滞在先の候補地に入れてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
BTS プロンポン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です