バンコクでシュプリームなどのストリートブランドを安く買える場所ってないの?←あるよ。

バンコクのストリートブランド店

バンコクで買い物を楽しみたいと考えている人の中には、若者向けのストリートブランドを目当てにしている人も多いかと思います。

バンコクには、日本でもよく見かける外資系のストリートブランドを扱っている店や、タイのオリジナルブランドを扱っている店が多く存在しています。

バンコクで買い物。センスが良い若者向けの店4店舗を紹介。
(CARNIVALの店舗内)自分は所謂ストリート系の服装が大好きで、外国に行った際は必ずガイドブックには載っていないようなセレクトショップを探しに行っています。今回は、自分がバンコク滞在中に見つけたセンスの良い若者向けの店4店舗を「サイアムスクエア」「チットロム」「...

ただ、物価が安いタイといえど、外資系のブランド物の値段は日本と変わりません

もちろん高級ブランドにかんしては、円安の影響で日本で扱うブランド品が値上げ→「海外で買うと安い!」ということがなきにしもあらずです。

しかし、ストリートブランドで、「安い!」と思えるほどの値段の違いを目の当たりにしたことはありません。

 

むしろ「タイは物価が安い」という先入観を持って行くと「思ったより高いじゃん」という感想だけを持つことになるでしょう。

実際、上の記事では、シュプリーム、HUF、X-largeを扱っている店を紹介していますが、Tシャツは一枚4,000円近く、帽子は一個5,000円近くです(amp bkksneaka villaなどタイのオリジナルブランドはさすがに安いが)。

日本で買うのと全く変わらない値段ですよね。

なので、自分もそんなものかと思っていたのですが、なんと上記ブランドのTシャツがありえない安さで売っている店を3店舗発見したので、紹介したいと思います。

ただ、本物かコピーかは不明ですので、購入する方は自己責任でお願いします。

ストリートブランドを安く売っている店

今回紹介する店は、全て同じエリアに固まっているので、一回で3店舗とも回ることができます。

まず、店がある地図を載せておきます。

地図上のA,B,Cのマークが今回紹介する店です。重ねっているので見えにくいかと思いますが、3店舗ともそれほど近距離にあります。

バンコクの土地勘がない人であれば、地図だけ見てもどこなのかがわからないと思うので、上記店舗がある場所までの行き方を説明します。

 

まず、BTS チットロム(Chit Lom)駅の1,6番出口を降ります。

BTSのMAP

(黒丸で囲んであるのがBTS チットロム)

チットロム1、6番出口

(1,6番出口)

駅を降りたら、セントラルワールドやビッグCが見えるラチャダムリ通りを直進します。

ラチャダムリ通りのビッグC

(ラチャダムリ通り。左側の歩道を進むと良い)

ラチャダムリ通りを直進するとプラトゥーナム市場にぶつかるので、さらに直進を続けます。

プラトゥーナム 通路

(プラトゥーナム市場内を抜けていく)

市場を抜けると、左手にINDRA REGENT HOTELの看板があるので、看板の手前を左折します。

INDRA REGENT HOTEL 看板

左折後はさらに直進します。

バイヨークの近く

突き当たりを右折すると、真正面にバイヨークスカイホテルが見えます。

バイヨークの外観

(バイヨークスカイホテル)

バイヨークスカイホテルの手前を左折すると、今回紹介する3店舗が並んでいます。

3店舗とも、外観が派手なのですぐに見分けがつくと思います。

 

以下が3店舗の外観です。

NY SHOP BKK

ny-shop-bkk

SERI SIAM

SERI SIAM

U.S.A

u-s-a

どんな物が売っているのか

上記3店舗で売られている物ですが、外観からわかる通りド派手な服が多いです。

ひと昔前で言うB系(死語?)に近いといえばわかりやすいかもしれません。かなり若年層向けです

20代より上の人には少しきついかもしれません

 

ただ、その中にシュプリームやHUF等のストリートブランドがポツポツ紛れ込んでいるのです。

HUF1 SUPREME and HUF SUPREME and HUF2 シュプリーム パンツ

特に、シュプリームのフットボールトップ 85シリーズ系のTシャツが多かったです。

その他には、ジョーカー(JOKER)やロカウェア(ROCA WEAR)などの懐かしのヒップホップブランドの服が多少並んでいます。

 

気になる値段ですが、なんと全て一枚300バーツとのことです。

激安ですね。

ちなみに、帽子なども多く取り揃えていました。こちらも全て300バーツとのことです。

NY SHOP BKK 帽子

帽子も派手で若年層向けの物が多いです。

ただ、服も帽子も種類は豊富なので、好みによっては合わせられる物が紛れ込んでいるかもしれません。

「掘り出し物があればいいな」という気持ちで寄ってみるのがいいかもしれません。

雑感

個人的には、上でも述べたように「なんか良い物があったらいいな」という気持ちで行くのがいいと思います。

値段は恐ろしく安いので、気にいるものが見つかれば得した気分にはなります。

もちろん、こうした系統の服が好きな方であれば、思い切り買い物を楽しめるのではないでしょうか。

 

ただ、20代以降の人が着るようなストリートブランドを買うのであれば、やはり以前紹介した記事の店に行く方がいいかなと思いました。

バンコクで買い物。センスが良い若者向けの店4店舗を紹介。
(CARNIVALの店舗内)自分は所謂ストリート系の服装が大好きで、外国に行った際は必ずガイドブックには載っていないようなセレクトショップを探しに行っています。今回は、自分がバンコク滞在中に見つけたセンスの良い若者向けの店4店舗を「サイアムスクエア」「チットロム」「...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
SUPREME and HUF2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です