バンコクのおすすめホテルまとめはコチラ

バンコクのおすすめディスペンサリー10軒。店内で喫煙可。駅近で立地も良い大麻カフェ。

バンコクのおすすめ大麻(マリファナ)ショップのアイキャッチ画像

2022年6月に大麻が解禁されて以降、タイの首都バンコクでは物凄い勢いでディスペンサリーショップが増えています。

取り分けカオサン通りやスクンビットエリアの一部に至っては、もはやコンビニより多いのではないか?と思うほどの増加ぶりです。

ナナプラザの中にあるディスペンサリーショップ

(バンコク随一の歓楽街ナナプラザの中にも店がある)

筆者はバンコク滞在中、「せっかくなら色々な店を巡ってみよう」と思い、毎回異なる店に足を運んでいました。

今回の記事では、筆者が巡ったバンコクのディスペンサリーショップの中でも、特におすすめできる店舗10軒を紹介しています。

  • 駅近(立地が良い)
  • 店内喫煙可

という点を重視して、雰囲気の良い店を選んでみました。

注意
※正確にはディスペンサリーショップではない店も含まれていますが、いずれの店でも大麻を販売しています。
店内での喫煙が違法に?

バンコクポストが2022年11月30日に投稿した記事によれば、タイ保健省は店内での大麻喫煙を「違法とする」と発表しています。

>>>Ganja-smoking shops are illegal, ministry warns|BANGKOK POST

本記事にて「店内喫煙可能」と記載している店舗も、今後店内で喫煙できなくなる可能性があります

MEMO
各店で販売されている大麻の値段については、『タイで売られている大麻の値段。ディスペンサリーショップで1g500〜850バーツくらい。』に記載しているとおり、店舗によって若干の金額差はあるものの、大きな違いはない印象です。

紹介する大麻ショップの地図

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • アイコンをクリックすると場所の写真を表示します
  • ❶〜❿ / 紹介するディスペンサリーショップ
  • 青色のアイコン / 最寄りのBTSとMRT

もくじ

↓↓店名をクリックすると、紹介文に飛べます

番号店名最寄り駅店内喫煙可否営業時間
Goja
gallery cafe
BTSプラカノン
  • 12:00〜1:00
  • 定休日 / 火曜日
Fat Bud’s
Weed Shop
BTSエカマイ不可
  • 月水木12:00〜20:00
  • 金土日10:00〜21:00
  • 定休日 / 火曜日
PuffPuffPass
NFTCafe
BTSトンロー毎日12:00〜0:00
Kush HouseBTSプロンポン毎日11:00〜23:00
420 Cafe
x Booze 21
BTSアソーク毎日9:00〜2:00
Best Buds ThailandBTSアソーク毎日12:00〜0:00
Juicy BudsBTSナナ毎日19:00〜0:00
Highland CafeMRTパホンヨーティン毎日16:30〜23:30
The Natural
Leaf
旧市街毎日12:00〜21:00
Plantopiaカオサン通り毎日12:00〜0:00

❶ ゴジャ ギャラリー カフェ(Goja gallery cafe)

ゴジャ ギャラリー カフェ(Goja gallery cafe)の外観1

MEMO
  • 店内喫煙可
  • 深夜まで営業しているDJ Bar
  • 音楽好きにおすすめ
  • 日本人スタッフ常駐

BTSプラカノン(Phrakanong)から徒歩約5分の場所に位置するDJ Bar。

昼間はアートギャラリー兼カフェであり、夜はDJ Barとして営業しています。日本人のDJを中心としたメンバーでオープンさせた店らしく、割と日本人のお客さんが多いです。

筆者が訪れた時は、日本人の他にも若いタイ人のスケーターの子達も遊びに来ていました。

ゴジャ ギャラリー カフェ(Goja gallery cafe)の店内1

ゴジャ ギャラリー カフェ(Goja gallery cafe)の店内2

ゴジャ ギャラリー カフェ(Goja gallery cafe)店内のDJブース

(店内は洒落ていて雰囲気が良い)

DJ Barなだけあって、大麻以外にお酒(ビール、焼酎、カクテル、ウィスキーなど)も売っています。

『音楽 × 大麻 × お酒』が好きな人に最もおすすめの店です。

ゴジャ ギャラリー カフェ(Goja gallery cafe)の大麻メニュー

(高品質な大麻を取り揃えています)

近年では大麻堂とのコラボイベントを開催したり、日本から大物ターンテーブリストDJ KENTAROを招いたりと、面白いイベントを多々開催しています。

クラブカルチャーが好きな人は是非。個人的にはかなり好きな店です。

店舗情報

❷ Fat Bud’s Weed Shop Ekkamai

ファットバッズウィードショップ エカマイの外観

MEMO
  • 店内喫煙不可
  • 他店に比べて比較的安い印象

BTSエカマイ(Ekkamai)から徒歩約6分の場所にある店。

残念ながら店内喫煙は不可。店はあまり高級感はなく、ディスプレイも結構適当な感じ…。

ですが、この店にはよく行っていました。他店に比べて高品質な大麻が割と安い印象なので、結構おすすめです。

ファットバッズウィードショップ エカマイの店内

ファットバッズウィードショップ エカマイの店内2

ファットバッズウィードショップ エカマイで購入した大麻

サティバ種のサワーディーゼル(Sour Diesel)が1g350バーツモビーディックは1g450バーツで販売されていました。周辺の店よりも200バーツくらい安い!

内装や雰囲気に特徴こそありませんが、エカマイ周辺で高品質の大麻をできるだけ安く購入したい人にはかなりおすすめ。

店舗情報

❸ PuffPuffPass NFTCafe CannabisBar

MEMO
  • 店内喫煙可
  • グループでの来店におすすめ
  • 日本人オーナーのお店

BTSトンロー(Thoang Lo)から徒歩約2分の好立地にある店。

4階建ての広々とした店内に、カウンター6席、8人掛けのソファーテーブル席が設置してあります。グループで来店して皆んなでリラックスするのにおすすめ。

また、大麻でリラックスしている時に楽しめるフードメニューやドリンクメニュー(スムージーなど)もあり。

  • 大麻 / 各500〜900バーツ(1g)
  • ソフトドリンク / 各30〜50バーツ
  • スムージー / 各80〜90バーツ
  • 唐揚げ、フライドポテト、ナゲットなどの軽食 / 各150バーツ

友達の家で大麻を吸っているかのように、のんびり過ごせるのがおすすめのポイント。

日本人が運営しているので、店内では日本語が通じます。また、客層も日本人が多め。来店客同士でもコミュニケーションを取りやすいのも良いです。

ヴェポライザーを無料で使わせてくれます。

店舗情報

❹ Kush House

クッシュ ハウス(Kush House)の外観

MEMO
  • 店内喫煙可
  • 大麻はやや高め
    (1g900〜1,000バーツくらい)
  • 広い喫煙スペースあり

BTSプロンポン(Phrom Phong)から徒歩約7分、スクンビット沿いの好立地にある店舗。

正直言って、売られている大麻は他店に比べてやや高いです。ほとんどの商品が1g900〜1,000バーツくらい

ただ、スクンビット通り沿いなので立地はかなり良いです。旅行者にとっては、かなりアクセス利便性が高いと言えるでしょう。

また、店内にゆったりできる喫煙スペースあり。こちらも友達同士で来店してゆったりするのにおすすめ。

店内の雰囲気やディスプレイがお洒落なのも良い。

クッシュ ハウス(Kush House)の店内

クッシュ ハウス(Kush House)の店内2

クッシュ ハウス(Kush House)の店内3

明るくてポップな店内。喫煙スペースはかなり広いです。お店の半分以上が喫煙スペース。

店員さんは皆さん対応が丁寧です。

店舗情報

❺ 420 Cafe x Booze 21

420 Cafe x Booze 21の外観

MEMO
  • 店内喫煙可
  • 大麻はやや高め
    (1g800〜1,000バーツくらい)
  • ソイカウボーイの目の前

BTSアソーク(Asok)から徒歩わずか2分の場所にあるカフェ。

バンコク随一の歓楽街ソイカウボーイのほぼ目の前にあるため、立地の利便性は抜群です。

ただ、売られている大麻は正直言ってやや高めではあります。

420 Cafe x Booze 21の大麻メニュー

大体1g800〜900バーツ。

購入した大麻を店舗2階のカフェスペースで巻いて吸えます。

420 Cafe x Booze 21の喫煙スペース

(喫煙スペース)

この店に関しては、とにかく立地が良いの一言に尽きるかなと思います。

深夜2時まで営業しているため、ソイカウボーイへ遊びに行く前に一服するのも良し。

昼間ならターミナル21で買い物や食事する前後に立ち寄るも良し。

大麻が少々高いのはネックですが、立地の良さを考慮したらこんなものなのかなと思います。

店舗情報

❻ ベスト バッズ タイランド(Best Buds Thailand)

ベスト バッズ タイランド(Best Buds Thailand)の外観

MEMO
  • 店内喫煙可
    (しかし喫煙スペースは狭い)
  • コリアタウンの3階

BTSアソーク(ASOK)から徒歩約4分。韓国系の飲食店が連なるスクンビットプラザ(通称「コリア タウン」)の3階にあります。

12〜13種類の大麻を扱っていて、周辺の店に比べると価格がややリーズナブルのがおすすめポイント。

ベスト バッズ タイランド(Best Buds Thailand)の店内1

ベスト バッズ タイランド(Best Buds Thailand)の店内2

ベスト バッズ タイランド(Best Buds Thailand)の店内3

販売している大麻の価格は1g550〜700バーツくらい。

アソーク〜ナナエリアにある大麻店の中では比較的安いです。

店員さんの対応も丁寧で好感が持てるお店でした。

喫煙スペースは上述したように狭いため、ここでの喫煙は期待しない方が良いかと思います。

アソーク、ナナ界隈で高品質の大麻を安く購入したい人におすすめの店です。

店舗情報

❼ Juicy Buds

Juicy Budsの店内

MEMO
  • 店内喫煙可
  • クラブに大麻販売店が設置されている感じ
  • 選曲はHIPHOP中心
  • 大麻と音楽好きにおすすめ
  • グループでの来店がおすすめ

BTSナナ(NANA)から徒歩約4分の場所に位置するクラブ。

クラブの中に大麻販売店があり、購入した大麻を中で吸えます。

店内にはラッパー2pacのグラフィティが描かれていたり、選曲が90年代のHIPHOPやRnB中心なので、30代以上のブラックミュージック好きにはかなり刺さる店でしょう。

Juicy Budsの店内2

店内にはテーブル席があり、椅子に座りながらゆったり大麻を吸えます。

もちろん大麻の他にお酒もあり。

販売している大麻は14〜15種類くらい。

価格は1g700〜1,000バーツ。気持ち若干高めかなと言ったところ。

Juicy Budsの大麻メニュー

BTSナナ周辺でお酒と大麻と音楽を楽しみたいならマストなお店です。

店舗情報

❽ ハイランド カフェ(Highland Cafe Bangkok)

ハイランド カフェ(Highland Cafe Bangkok)の外観

MEMO
  • 店内喫煙可
  • レストランカフェ
  • タイ産の大麻のみを扱っている

MRTパホンヨーティン(Phahon Yothin)から徒歩約1分の場所にあるレストラン・カフェ。

2階建てで、1階に大麻販売カウンターがあり、2階がレストランカフェになっています。

2階で軽食を食べながら大麻を吸えます。

ハイランド カフェ(Highland Cafe Bangkok)2階の飲食スペース

ハイランド カフェ(Highland Cafe Bangkok)で食べたパスタ

2階の飲食スペース。フードメニューはパスタやハンバーガー、フライドポテトなどの洋食が中心。

1品50〜150バーツくらい。そこまで高くありません。

 

ハイランド カフェ(Highland Cafe Bangkok)の大麻メニュー

販売しているのは、タイ産の大麻のみ。価格は1g450〜650バーツ。

インポート物の大麻と比べても品質にそこまで見劣りない印象。

 

立地的に旅行者の方にはあまり需要がない店舗かもしれません。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットに近いので、買い物後に寄るといった利用が良いかもしれませんね。

大麻と食事を楽しみたい人は是非。

店舗情報

❾ The Natural Leaf

The Natural Leafの店内

MEMO
  • 店内喫煙可
  • 屋上の喫煙スペースからワット・サケットが見える

バンコク旧市街で一番おすすめのディスペンサリーショップ。

販売している大麻は1g600〜900バーツくらい。バッズの他にCBD食品やCBD製品、エディブルの取り扱いもあります。

The Natural Leafの店内2

店内は清潔感があって、カフェのような雰囲気。

ごく普通のディスペンサリーショップに思えますが、この店が素晴らしいのは何と言っても3階にある喫煙スペース。

The Natural Leaf3階の喫煙スペースから見えるワットサケット

なんと3階の喫煙スペースからは、バンコク旧市街の定番観光スポット「ワット・サケット」が望めます。

これは素晴らしい…!バンコク旧市街ならではの景色です。上記で紹介してきたスクンビットエリアにあるディスペンサリーにはない要素。

バンコク旧市街の観光ついでに寄るならマストなショップです。

ワットサケットの階段
バンコク旧市街の散策で行くべき寺院8軒。タイの歴史が詰まるラタナコーシン島の魅力。

店舗詳細

❿ Plantopia – Weed City

Plantopiaの入口

MEMO
  • 喫煙可
  • カオサンで一番大きな大麻ショップ複合施設

最後に紹介するのは、バンコクで全ての旅行者が必ず行くべきエリア「カオサン通り」にある大麻ショップの複合施設。

この施設の中には、10店舗近くの大麻販売ショップが軒を連ねています。

各店で購入した大麻は、中央にある喫煙スペースで吸えます。

Plantopiaの中

扱っている大麻の価格は、概ね1g350〜900バーツ。

カオサンで大麻を吸うなら一番ゆったりできるエリアです。店が多いので大麻の選択肢が多いのもおすすめできるポイント。

カオサン通りに行く人はマストです。

カオサンへの行き方については、以下の記事を参考にどうぞ。

カオサン通りへの行き方アイキャッチ画像
カオサン通りへの行き方。市内や空港からの簡単なアクセス方法を全て解説【電車、水上バス、タクシー、路線バス】

店舗情報

 

バンコクにある大麻ショップの探し方

本記事で紹介した店舗以外にも、バンコクには無数の大麻ショップが存在します。

スクンビットエリアやカオサン通り付近などの旅行者が多い場所では、探さずとも見つかるくらいに大麻ショップがあります。

他エリアで大麻ショップを探す場合は、GoogleMapで「cannabis」もしくは「weed」などの言葉で検索をかけてみましょう。

バンコクの大麻ショップ(GoogleMap)

すると、恐ろしいくらいの数の大麻ショップが表示されます。

各店舗の口コミ等を見て店を選ぶのもありです。

タイ全土の大麻ショップを検索できる「WEED IN THAILAND」

ウィード・イン・タイランドのTOPページ

WEED IN THAILANDはタイ全土のディスペンサリーショップを検索できるサイトです。

>>>WEED IN THAILAND

バンコクに限らず、チェンマイ・パタヤ・プーケットなど全ての都市からディスペンサリーショップを検索できます。

各ショップの営業時間はもちろん、店内の写真や口コミも確認できる便利なサイトです。

ウィード・イン・タイランドの地図検索画面

地図からも検索できる

ウィード・イン・タイランドの店舗情報画面

店舗の写真も閲覧可能。

便利なサイトなので、タイ大麻旅行の際は、こちらのサイトも是非活用してみてください。

 

チェンマイへ行く人は、以下の記事も参考にどうぞ。チェンマイのおすすめ大麻カフェ。

チェンマイのおすすめ大麻カフェアイキャッチ画像
【タイ】チェンマイの素敵な大麻カフェ5軒を紹介します。

初めてのバンコク旅行で行きたいおすすめ観光地まとめ。

ワットアルンの本堂
初めてのバンコクにおすすめの観光地まとめ。市内・郊外どちらも紹介。

バンコクのおすすめホテル。エリアごとにコスパの高いホテルを紹介しています。

バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のラウンジ
バンコクで絶対におすすめのホテル。人気の7エリアから利便性が高いホテルだけを紹介。

購入した大麻をホテルで吸いたい人は、以下の記事も参考にどうぞ。喫煙可能ホテル、バルコニー付きホテルを紹介しています。

バンコクの喫煙可能ホテルアイキャッチ画像
バンコクの喫煙可能ホテル10選。バルコニー付き!1泊5,000円〜1万円。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。