バンコクのおすすめホテルまとめはコチラ

チェンカーン観光ガイド。ノスタルジックな街並みに幻想的な雲海スポット、スカイウォークもある魅力に溢れた町。

チェンカーン観光ガイドのアイキャッチ画像

チェンカーン(Chiang Khan / เชียงคาน)は、タイ北東部のルーイ県にある観光地です。最北端のメコン川沿いに位置しています。

チェンカーンは町の中心地だけを見て回るだけなら、1日あれば十分なほど小さく、地味な町です。

しかし、タイに何度も来ていてタイ慣れしている人や、タイ在住の日本人には人気の高い旅行先です。

 

チェンマイホアヒンと言った有名観光都市・リゾートに比べると見どころが少ない地味な町に思えますが、実はこのチェンカーンには魅力がいっぱい。

木造家屋が並ぶノスタルジックな町並み、絶景のスカイウォーク、雲海スポット、ラオスとの国境を巡るメコン川ディナークルーズなどなど。

そして町の前を流れるメコン川からは、対岸のラオスと美しいサンセットが望めます。

個人的には、今まで行ったタイ国内のどの都市よりも癒されました。最高の休暇旅行です。

昔ながらのレトロでノスタルジックな町並みが好きな人なら、一度は旅行してみることをおすすめします。

今回の記事では、チェンカーン観光を計画している人に向けて

  • チェンカーンの歩き方
  • チェンカーンのおすすめ観光地6ヶ所
  • チェンカーンのグルメ
  • チェンカーンのおすすめ飲食店、カフェ
  • チェンカーンへの行き方
を詳しく紹介します。

チェンカーンの歩き方

まずは全体図としてチェンカーンの地図をご覧頂ければと思います。

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • 青色の❶〜❻ / おすすめ観光地
  • 紫色の❶,❷ / おすすめ飲食店・カフェ
  • 黒色の❶〜❹ / チェンカーンおすすめホテル
  • 茶色のバスマーク / ルーイ空港行きバス乗り場

上マップにてで記しているチェンカーン・ウォーキングストリート周辺が町の中心部です。

移動はレンタカーが断然おすすめ

のチェンカーン・ウォーキングストリート周辺にはサムロー(トゥクトゥクのような三輪タクシー)が所々で客待ちしています。

しかし、上の地図のとおり、観光スポットは広範囲に点在しています。

離れた観光地へ行くのに、都度サムローを探したり往復チャーターするのは面倒です。

チェンカーンのサムロー

(サムロー。あまり乗り心地は良くない。スピードも遅い)

MEMO
サムローの運賃目安は、のチェンカーン・ウォーキングストリートからのスカイウォークまで片道1人200〜300バーツ。

そのため、個人的にはレンタカーを利用するのがおすすめです。

レンタカー店はルーイ空港にあります。

ルーイ空港のレンタカーショップ

(ルーイ空港内にあるレンタカー店。ミラージュやマーチなどのコンパクトカーを1日800バーツでレンタルできる)

筆者もチェンカーンでの観光はほぼ全て車で回りました。

ちなみに、レンタルバイクもあります。料金は1日250バーツ。

3泊4日もあれば十分

筆者はチェンカーンに7日間滞在しましたが、全ての見どころは3日で回りました。

残りの4日間はホテルでゆったりしていただけです。

チェンカーンの見どころを回るのは3泊4日もあれば十分です。

チェンカーンのおすすめ観光地6ヶ所

  • チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)
  • スカイウォーク(Sky Walk / สกายวอล์คเชียงคาน)
  • ワット プラ プッタバート プー クワーイ グン(Wat Pra Putthabat Phu Kwai Ngoen / วัดพระพุทธบาทภูควายเงิน)
  • ゲーン・クックー(Kaeng Khut Khu / แก่งคุดคู้)
  • プートック(Phu Thok / ภูทอก)
  • メコン川ディナークルーズ(Dinner Cruise)

チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)

チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)1

チェンカーンのメインストリート。

木造家屋の飲食店、雑貨屋、お土産屋、屋台が並ぶノスタルジックな通りです。

メコン川沿いに約1.5km伸びています。

地元民の憩いの場となっている公園や、サイクリングロードも設備されています。

チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)の雑貨屋

雑貨屋

チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)の屋台

屋台。

夕方18〜19時頃は、特に素晴らしいサンセットが望めます。川沿いの広場の雰囲気がとても良いです。

チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)のサイクリングロードから見えるサンセット

夕日の美しさに癒されます。

チェンカーン名物。早朝の托鉢

チェンカーン・ウォーキングストリート(Chiangkhan Walkingstreet)で早朝の托鉢

朝6時頃からは、ウォーキングストリート内で早朝の托鉢が行われます。

托鉢に使用するタンブンのセットは、道端で100バーツ程度売られています。

せっかくなのでタンブンしてみてはいかがでしょうか。朝から気持ちがスッキリしますよ。

スカイウォーク(Sky Walk / สกายวอล์คเชียงคาน)

スカイウォーク(Sky Walk)1

スカイウォーク(Sky Walk)2

スカイウォーク(Sky Walk)の大仏

2020年に建設されたチェンカーンのランドマーク。

スコータイでよく見かける遊行仏の周りに、長さ約100mのガラス床が敷設されています。

周りにはメコン川や山々、対岸のラオスも見え、圧巻の景色…!

スカイウォーク(Sky Walk)のガラス床

スカイウォーク(Sky Walk)から見えるメコン川とラオス

チェンカーン旅行では絶対に行く価値ありの場所です。

バンコクのマハナコンタワーみたいで面白いです。映えます。

アクセス

スカイウォークへは、麓にある駐車場(GoogleMap)まで行き、ソンテウで頂上まで登ります。

スカイウォーク(Sky Walk)へ登るソンテウ

ソンテウ。

スカイウォーク(Sky Walk)を歩く時に履く専用スリッパ

ソンテウに乗る前に、入場ゲートで入場料20バーツとガラス床を歩く時に履く専用スリッパ代金(30バーツ)を支払います。

開放時間

毎日7:00〜18:00

ワット プラ プッタバート プー クワーイ グン(Wat Pra Putthabat Phu Kwai Ngoen / วัดพระพุทธบาทภูควายเงิน)

ワット プラ プッタバート プー クワーイ グン(Wat Pra Putthabat Phu Kwai Ngoen)

巨大な仏足石があるお堂が安置されている寺院。

視覚的なインパクトは少ないですが、敷地内にウサギが放し飼いされているエリアがあります。

数えきれないほどの大量のウサギ達に餌付けできます。これが中々面白い。

子連れ旅行者なら行ってみると良いです。

ワット プラ プッタバート プー クワーイ グン(Wat Pra Putthabat Phu Kwai Ngoen)に生息するウサギ

境内にて10バーツで餌を購入できます。

餌を撒き始めると、わらわらモフモフとウサギ達が集まってきて面白い。

病気持ちのウサギもいるかもしれないので触るのは遠慮しておきましたが、見ているだけでも可愛いです。

ゲーン・クックー(Kaeng Khut Khu / แก่งคุดคู้)

ゲーン・クックー(Kaeng Khut Khu)1

ゲーン・クックー(Kaeng Khut Khu)2

チェンカーンの景勝地。中々眺めが良い場所です。

チェンカーン・ウォーキングストリートからの距離は5km程度。割と近いので、ウォーキングストリートのホテルから自転車をレンタルしてアクセスする旅行者も多いです。

 

ゲーン・クックー(Kaeng Khut Khu)の食堂

ゲーン・クックー(Kaeng Khut Khu)の食堂で食べたクンテン

川沿いにある食堂では、エビの踊り食い(クンテン / กุ้งเต้น)が食べられます。

「クンテンは不潔だから嫌い」と言うタイ人もいますが、筆者は割と好き。プチプチした食感がたまりません。

景色を楽しむがてら、食堂でクンテンも是非。

プートック(Phu Thok / ภูทอก)

プートック(Phu Thok)1

雲海が望めることで有名なスポット。

ベストシーズンは乾季(11〜2月)。ベストタイムは朝日が昇る6時頃。

筆者が訪れた時は思った以上には雲海が出現していませんでしたが、それでも朝日とのグラデーション美しい景色を堪能できました。

プートック(Phu Thok)2

(撮影スポットもある。景色がとても良い)

ただ、自然が相手のことなので、ベストシーズンであっても必ず綺麗な雲海が見れるとは限りません。

あまり期待値を上げずに訪れた方が良いです。

アクセス方法

プートックへ行くには、まず麓にある専用駐車場(GoogleMap)まで行き、トラックの荷台に乗って山頂へと登ります。

プートック(Phu Thok)の麓で待機しているトラック

  • トラック乗車料金 / 1人25バーツ
  • 駐車場代金 / 1台25バーツ
  • トラック稼働開始時間 / 毎日朝5時〜
筆者は朝5時30分には麓に到着してトラックで山頂へ上がりました。

平日にも関わらず多くのタイ人観光客が訪れています。早めに到着するよう行動した方が良いです。

メコン川ディナークルーズ(Dinner Cruise)

チェンカーンのメコン川ディナークルーズ1

個人的にチェンカーン旅行のハイライト。

17時に出発して、約2時間かけてメコン川を西に下っていくディナークルーズです。

ラオスとの国境を巡り、対岸のラオスにもかなり近づきます。

ラオス側の川沿い寺院がしっかり見えるくらい。

夕日が綺麗、料理もまあまあ美味しい、そしてローカル価格。とても楽しいディナークルーズでした。

↓↓ディナークルーズの様子

チェンカーンのディナークルーズで食べたトムヤムプラー

チェンカーンのディナークルーズで飲んだシンハービール

チェンカーンのディナークルーズで食べたピックガイトート

チェンカーンのディナークルーズで食べたソムタム

ディナークルーズで食べた料理。

トムヤムプラー(220バーツ)、ピックガイトート(100バーツ)、ソムタム(50バーツ)などなど。

観光船のディナークルーズにしては、価格がローカル設定なのが嬉しいところ。

ディナークルーズのメニュー

ただ、メニューは全てタイ語表記で写真も付いていないので要注意。

ディナークルーズ開始時間は17時

チェンカーンのディナークルーズ船

ディナークルーズは毎日17時から開始します。終了時間は19時頃です。

ディナークルーズ参加にあたって、席の予約は必要ありません

一応、16時にディナークルーズ乗り場に行けば席の予約はできます。しかし、全く混んでいなかったので席の予約は必要ないでしょう。

筆者達は土曜日の16:50に到着しましたが、席は沢山空いていました。

チェンカーン定番のグルメ。「カオピヤックセン」と「カイガタ」

チェンカーン・ウォーキングストリート沿いの飲食店や、ホテルの朝食で必ず提供されるのが、以下2種類の料理。

  • カオピヤック(ข้าวเปียกเส้น)(ラオスの麺料理)
  • カイガタ(ไข่กระทะ)(イサーンで食される目玉焼き鍋)

チェンカーンで食べたカオピヤックセン

カオピヤックセン。

米が原料の白い麺が、うどんのようなモチっとした食感で美味しい。朝ごはんに最適な味です。

チェンカーンで食べたカイガタ

カイガタ。目玉焼きにひき肉、ネギ、ソーセージなどが乗せられたシンプルな料理。

こちらも朝の腹ごしらえに最適。

カオピヤックセンが美味しい食堂「ラーン メー ガーム イム アロイ(ร้านแม่งาม อิ่มอร่อย)」

チェンカーン滞在中、カオピヤックセンの美味しさにどハマりした筆者。様々な食堂でカオピヤックセンを食しました。

中でも一番美味しかったのが、チェンカーン・ウォーキングストリート内にある食堂「ラーン メー ガーム イム アロイ(GoogleMap)」。

ラーン メー ガーム イム アロイの外観

お店の外観。

ラーン メー ガーム イム アロイで食べたカオピヤックセン

この店のカオピヤックセンは、他店よりも味が濃いめ。どちらかと言えば若者向けの味です。

川沿いにあるのでメコン川が望めるのもGOOD。

他店はマイルドな味付けが多かったですが、濃い味が好きな人ならハマる味です。是非足を運んでみて欲しいです。

チェンカーンのおすすめレストラン、カフェ

ノスタルジックな町並みが特徴のチェンカーンですが、中心部から少し離れた場所には写真映えする洗練されたレストランやカフェもあります。

以下の2店は特徴があって面白かったです。写真好きな人、ちょっと洒落た場所で食事やコーヒーを楽しみたい人は行ってみてはいかがでしょうか。

キャンプ カフェ(BUHOM CAFE’)

チェンカーンのキャンプ カフェ(BUHOM CAFE')

チェンカーンのキャンプ カフェ(BUHOM CAFE')2

テントでコーヒーを飲める面白いカフェ。バンコクでもこうしたカフェが数ヶ所あったり、最近はタイでもグランピングリゾートが流行っていますね。

このキャンプカフェは、コーヒーはデザート等の味は特筆すべき点はありません。しかし、キャンプ風なので雰囲気は中々面白いです。

チェンカーンのキャンプ カフェ(BUHOM CAFE')3

鳥の鳴き声だけが響いていて良い。とても静かです。

写真映えもするので面白いかと思います。カフェ好きな人にはマストなスポット。

営業時間

バーン ティッド ディン(บ้านติดดิน เชียงคาน Baan Tid din)

バーン ティッド ディン(บ้านติดดิน เชียงคาน Baan Tid din)の外観

バーン ティッド ディン(บ้านติดดิน เชียงคาน Baan Tid din)から見えるメコン川

バーン ティッド ディン(บ้านติดดิน เชียงคาน Baan Tid din)から見えるメコン川2

バーン ティッド ディン(บ้านติดดิน เชียงคาน Baan Tid din)で食べたタイ料理

メコン川を一望できる洗練されたレストラン。

このレストランのリバービューは本当に素敵。とても開放感があります。

料理の味は普通ですが、写真スポットは多数。写真付きなら必ず楽しめるはず。

バーン ティッド ディン(บ้านติดดิน เชียงคาน Baan Tid din)の内装

営業時間

バンコクからチェンカーンへの行き方【飛行機一択】

バンコクからチェンカーンへの距離は、約580km。

モーチットバスターミナルからチェンカーン行きのバスが出ているそうですが、バスでのアクセスはやめておいた方が良いでしょう。

バスでアクセスするなら9〜10時間はかかることを覚悟しておかなければいけません。かなりキツイです。

 

そのため、バンコクからチェンカーンへのアクセスは飛行機一択です。

バンコクのドンムアン空港からエアアジアを利用すれば、飛行機代はせいぜい1,000バーツ前後です(安い時だと800バーツ程度)かなり安いです。

 

バンコクから飛行機を利用してのチェンカーンへのアクセス方法は、以下のとおり。

  1. ドンムアン空港からルーイ空港へ
  2. ルーイ空港からレンタカーを利用するか、チェンカーン行きのタクシー(800バーツ)がある

ルーイ空港

ルーイ空港。空港からチェンカーンまでは、車で約1時間(距離約55km)。

ルーイ空港を出ると、右手にタクシー乗り場とレンタカー店があります。

ルーイ空港のタクシー乗り場とレンタカー店

ここでレンタカーを借りるか、タクシーでチェンカーンへ行きます。

チェンカーンからルーイ空港への帰り方

チェンカーンからルーイ空港へ帰るには、チェンカーンにあるバスターミナル(GoogleMap)からルーイ空港行きのバスに乗れます。

チェンカーンのバスターミナル

ルーイ空港行きのバス時刻表は以下のとおりです。

ルーイ空港行きバス時刻表
6:3014:00
8:0016:00
9:3018:00
12:0021:00

バスの運賃は72バーツです。ルーイ空港までの所要時間は約1時間をみておきましょう。

チェンカーンのホテル

リバーサイド チェンカーン リゾート(Riverside Chiangkhan Resort)の外観

チェンカーンのホテルは、チェンカーン・ウォーキングストリート周辺がおすすめです。

チェンカーン・ウォーキングストリート周辺には、上述したように飲食店や雑貨屋、お土産屋が豊富に並んでいる他、セブンイレブンもあります。

人通りも多いため、治安も良好です。

チェンカーン・ウォーキングストリートから離れれば離れるほど、不便な立地になると考えて良いです。

チェンカーン・ウォーキングストリートにあるホテルの中でも、一押しの宿が「スネタ ホステル チェンカーン(Suneta Hostel Chiangkhan)」です。

以下は、筆者のインスタグラム投稿。

立地抜群。しかもリバービューで雰囲気良し。

チェンカーンらしいノスタルジックな古民家風佇まい。筆者はチェンカーンでは4軒のホテルに宿泊しまたが、「スネタ ホステル チェンカーン」が一番居心地が良かったです。

せっかくチェンカーンを旅行するのであれば、絶対にリバービューのホテルに宿泊したいところ。

    その他、チェンカーンのおすすめホテルについては、以下の記事も参考にどうぞ。格安ゲストハウス、リバービューホテル、家族連れ向けホテルなど様々なホテルを紹介しています。

    チェンカーンのおすすめホテルアイキャッチ画像
    チェンカーンのおすすめホテル4軒。立地抜群!川沿いリバービュー宿やモダンなホテルを紹介します。

    イサーン旅行ならここもおすすめ!メコン川沿いで仏教徒の聖地がある「ナコンパノム」

    プラ・タート パノム(Phra That Phanom)
    ナコンパノム観光の完全ガイド。メコン川が美しいラオスとの国境にある街。

    イサーン最大の都市「コラート」。意外と見どころが多いです。日本人向けのホテルや飲食店も多数。

    ワット・バーンライ(Wat Ban Rai)にある象のお堂1
    コラート観光の完全ガイド。タオスラナリが眠るイサーン最大の都市。

    イサーンの世界自然遺産「カオヤイ」のおすすめ観光地については、以下の記事を参考にどうぞ。

    カオヤイ国立公園のゴーンゲーン自然トレッキングコース1
    カオヤイのおすすめ観光地を全て紹介。国立公園だけじゃないカオヤイの魅力。

    コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
    ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。