バンコクのおすすめホテルまとめはコチラ

チェンマイでノマドにおすすめのWifiカフェ9選。24時間営業の店も紹介。

チェンマイのおすすめノマドカフェアイキャッチ画像

チェンマイには様々なカフェが存在していますが、ノマドワーカーの作業に向かない「観光客向け写真映えカフェ」や「一軒家カフェ」も多々あります。

こうしたカフェは、うるさかったり居心地が悪かったりで長時間の作業には向いていません。

そこでこの記事では、以下4つの条件を満たしているノマドワーカー向けカフェのみを紹介しています

  • 長時間作業できる
  • うるさくない
  • コンセントがある
  • 無料WiFiがある

紹介するカフェは、チェンマイのニマンヘミン通り近くに集中しています。

ニマンヘミン通りは、チェンマイの中でも取り分けてカフェが多いエリアです。

参考ニマンヘミン通りはチェンマイでおすすめの街歩きスポット。雰囲気の良いカフェやホテルを紹介します。

WiFi速度

いずれのカフェも無料WiFiを提供していますが、体感的にWiFiスピードは爆速とは言えません

fast.comで調べたら、スピードは12Mbps前後でした。ブログ記事を作成したりする分には支障ありませんが、重いデータを転送する時などは少々時間がかかる印象です。

閉店に注意

チェンマイはカフェ激戦区だけあって、入れ替わりが激しいです。

ネットの情報を頼りに行ってみると、実際は閉店していた…なんてことは珍しくありません

そのため、各カフェ情報に記載している公式サイト(Facebookページ等)やGoogleMap情報ページも必ず参考にして頂くようお願いします。

店内は寒い

カフェ内はエアコンがガンガンに効いているため、羽織る物を持参した方が良いです。

紹介するカフェの地図

Google Mapの使い方
  • 左上の地図上の全項目をリスト表示します。
  • でお気に入り登録、 で各SNSやメールで共有できます。
  • 右上の拡大地図を表示します。
  • アイコンをクリックすると場所の写真を表示します
  • ❶〜❾ / 紹介するカフェ
  • 24時間営業の店は❾です詳細を見る

❶ ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)

ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)の外観

チェンマイで間違いなく一番おすすめのノマドカフェ。筆者がチェンマイ滞在中に巡った作業カフェの中で一番快適でした。

主な特徴
  • 席数が多い(1人用、2人掛け、4人掛けテーブルあり)
  • カフェの周りに緑がある
  • 他店より安い(コーヒー1杯60バーツ〜)
  • 2021年開業(他カフェより綺麗!)

ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)の店内

店内はとても広々しています。大学の敷地内に位置しているだけあって、お客さんの多くは大学生です。

皆んな静かに作業しています。

ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)の店内2

窓の向こうに緑が広がっていて、目に優しいです。癒されます。

椅子の座り心地、座った時の目線の高さも丁度良し。

筆者は7時間もパソコン作業しましたが、それほど肩や首に疲れを感じませんでした。

ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)の店内3

特に良かったのが、仕切り付きの一人用の席もあること。集中して作業できます。

ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)店外に広がるトウモロコシ畑

屋外席もあります。休憩する時は外の空気を吸って一息つきましょう。

 

チェンマイに存在する多数のノマド向けカフェの中でも、一番作業がはかどるカフェです。

チェンマイでパソコン作業するなら、ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMUに行っておけば間違いないと断言できます。そのくらい良いカフェでした。

ブルーコーヒー アット アグリカルチャー CMU(Blue coffee at Agriculture CMU)のメニュー

コーヒーの価格は1杯60バーツ〜。スターバックスの半額程度の値段!安い!

詳細情報

❷ キャンプ(CAMP Creative and meeting place)

キャンプの外観

ニマンヘミン通り随一の大型ショッピングモール「メーヤー ライフスタイル ショッピングセンター」の5階に入居しているコワーキングカフェ。

チェンマイでは昔からノマドワーカーに利用されている有名なカフェです。

主な特徴
  • 席数が多い(1人用席、グループ用のテーブル席、小上がり席など様々なタイプの席がある)
  • 飲み物1杯の注文で2時間WiFiを利用できる
  • 店内は静か

ショッピングモールの中なので、お腹が空いたらモール内のレストランで食事できるのもGOOD。

キャンプの店内1

キャンプの店内2

キャンプの店内3

様々なタイプの席があるため、自身に合う(座り心地が良くて集中できる)席を見つけられます。

また、店内ではBGMが流れていないため、他のカフェよりも集中できるのが良い点。

ストイックに作業したいしたい人向けです。

キャンプのメニュー

コーヒー1杯65バーツ〜。こちらもスタバの半分くらいの安さ。

 

立地に関してはナンバーワン。ショッピングモール周辺にも飲食店が多数存在するため、作業を終えてそのままご飯を食べに行けます。

詳細情報

❸ スターバックス ブンルアン店(Starbucks Bunrueang)

スターバックス ブンルアン店の外観

チェンマイに複数存在するスターバックスの中でも、一番大きな店舗。

スターバックスはどこも混みやすい印象があるかと思いますが、大型店なので比較的席に座りやすいです。

スターバックスで作業したい人は、このブンルアン店が一番おすすめ。

スターバックス ブンルアン店の店内1

スターバックス ブンルアン店の店内2

スターバックスは世界中どこでも雰囲気は同じです。なのでこのブンルアン店も、日本にあるスターバックスと同じような店舗だと考えてもらって大丈夫です。

ただ、やはり世界のスタバなので、土日祝日はお客さんが多いのがデメリット。また、多くの人がWiFiに同時接続しているためか、たまにWiFiが遅くなります…。

とは言えコーヒーは美味しいですし、椅子の座り心地も抜群。やはり世界のスタバは落ち着いて作業できます。

22時まで営業しているのも嬉しい。

詳細情報

❹ オンブル カフェ no.3(Ombra Caffe no.3)

オンブル カフェ no.3の外観

ノマドワーカーが多いお洒落なカフェ。外観はこぢんまりしていますが、意外と店内は広く席数が多いです。

店頭には喫煙エリアがあります。

作業の休憩がてら店頭でタバコを吸えるので、喫煙者におすすめのカフェです。

オンブル カフェ no.3の店内

オンブル カフェ no.3の店内2

店内はお洒落かつ静か。作業に適しています。

カフェが奥まった通りの中にあるためか、お客さんがそこまで多くないのもおすすめポイント。

長時間居座れます。

オンブル カフェ no.3のメニュー

コーヒー1杯60バーツ程度。安いです。

詳細情報

❺ ザ バーン イータリイ アンド デザイン(The Barn Eatery And Design)

ザ バーン イータリイ アンド デザイン(The Barn Eatery And Design)の外観

大学生に人気のカフェ。土日は若干混みやすいのがデメリットですが、ゆったりとした時間が流れて居心地の良い雰囲気。作業がはかどるカフェです。

ザ バーン イータリイ アンド デザイン(The Barn Eatery And Design)の店内

ザ バーン イータリイ アンド デザイン(The Barn Eatery And Design)の店内2

一軒家カフェのような雰囲気。筆者が訪れた時は、お客さんの8割が大学生らしきタイ人でした。みなさん黙々と勉強にはげんでいました。

ザ バーン イータリイ アンド デザイン(The Barn Eatery And Design)のメニュー

コーヒー1杯45バーツ〜。安いです。

詳細情報

❻ ポー ディー カフェ アンド ビストロ(Por Dee Cafe and Bistro)

ポー ディー カフェ アンド ビストロの外観

チェンマイにおける学生街「サンティタム」エリアにある隠れ家的なカフェ。

サンティタムは観光客が全くこないエリアであるため、カフェ内はとても静かです。筆者が訪れた時は、勉強しているタイ人学生が複数人いただけなので、ゆったりパソコン作業できました。

一軒家カフェのような雰囲気で、敷地内には緑が多いのがポイント。一息つきたい時は外に出て緑を眺めながらゆったりできます。

また、屋外では喫煙可能。喫煙者にもおすすめできるカフェです。

ポー ディー カフェ アンド ビストロの店内

ポー ディー カフェ アンド ビストロの店内2

店内の様子。

ポー ディー カフェ アンド ビストロの屋外席

屋外にはクッションを完備。休憩する時は、クッションの上に横たわり体を伸ばせます。

 

席数が少ないため、土日祝日は混む可能性があります。行くなら平日がおすすめです。

観光客がいないローカルな雰囲気の中、ゆったり作業したい人は是非。

詳細情報

❼ フレッシュ カフェ(.fresh Cafe)

フレッシュ カフェの外観

席数わずか5席の小さなカフェ。外観も内装もとてもスタイリッシュ。モダンです。

ちょっと洒落たカフェで作業したい人におすすめ。全席にコンセントを完備しています。

フレッシュ カフェの店内1

フレッシュ カフェの店内2

フレッシュ カフェの店内3

内装が物凄くシンプルなので、余計な情報が視界に入ってきません。集中して作業できます。

特に写真映えするわけではないので、便利な立地にありながらも観光客の姿は皆無。ストイックに作業するためだけに作られたようなカフェです。

席数が少ないのが残念な点…。しかし、長時間の作業は可能です。筆者は6時間ほど作業していました。

フレッシュ カフェのメニュー

コーヒー1杯70バーツ〜。その他、スムージーや野菜ジュースなどのメニューもあります。

詳細情報

❽ ナインワンコーヒー(Nine One Coffee)

ナインワンコーヒーの外観

上述したフレッシュコーヒーから徒歩わずか3分(距離約240m)の場所に位置しているカフェ。

このナインワンコーヒーもかなり小ぢんまりしています。

筆者はよく、上記のフレッシュコーヒーで作業した後に、気分転換にナインワンコーヒーへ移り再び作業…というようにホッピングしながら利用しています。

ナインワンコーヒーの店内1

ナインワンコーヒーの店内2

カウンター席に電源タップを備えています。

ナインワンコーヒーの屋外席

屋外席あり。喫煙できるので、休憩時は外で一服できます。

ただ、こちらも小さいカフェなので、休日は混む可能性があります。平日の訪問がおすすめです。

詳細情報

❾ 24時間営業!ウェイクアップ コーヒー(Wake Up Coffee @ B2 Riverside Colonial)

ウェイクアップ コーヒーの外観

コロナ禍以降のチェンマイにおいて、数少ない24時間営業しているWiFiカフェ。

筆者は割と夜型人間なので、夜中に活動したくなった時は、このウェイクアップコーヒーを利用しています。

立地はリバーサイドです。正直、あまり良い立地ではありませんが、旧市街やニマンヘミン通りからそれほど遠くはありません(グラブバイクで50バーツ程度)。

夜中、眠れない時に利用してみてはいかがでしょうか。

ウェイクアップ コーヒーの店内1

ウェイクアップ コーヒーの店内2

椅子はちょっと硬め。座り心地はそこまで良くないです…。ただ、作業するのにそこまで支障はなし。

コンセントは各席に備えられています。

ウェイクアップ コーヒーのメニュー

コーヒーは1杯55バーツ〜。

 

24時間営業している点以外は至って普通のカフェです。

普通のカフェとは言え、現時点ではチェンマイの数少ない24時間営業カフェなので、これからも潰れず営業してくれることを願います。

眠れない夜に是非訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

 

ノマドワーカーやバックパッカー必見。チェンマイのおすすめ格安ホテル・ゲストハウスについては、以下の記事を参考にどうぞ。

チェンマイのおすすめゲストハウスアイキャッチ画像
チェンマイのおすすめゲストハウス6軒。便利な立地で日本人からの評価が高いものを厳選。

チェンマイで絶対に行くべきおすすめ観光地については、以下の記事を参考にどうぞ。

ドイステープ寺院の仏塔1
チェンマイのおすすめ観光地15選。絶対行きたい鉄板スポット【初めての旅行向け】

チェンマイのおすすめ大麻カフェについては、以下の記事を参考にどうぞ。CBD製品やTHCバッズを堪能できる雰囲気の良いカフェです。

チェンマイのおすすめ大麻カフェアイキャッチ画像
【タイ】チェンマイの素敵な大麻カフェ5軒を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。