【厳選10】バンコクの五つ星ホテル特集。1泊1万円前後で贅沢を味わおう。

バンコクの五つ星ホテル まとめ

世界的観光都市であるバンコクには、豪華な五つ星ホテルが多数存在します。

日本で五つ星ホテルといえば「値段が高い」というイメージが先行し、宿泊先の選択肢に入れている人は多くはないでしょう。

しかし、物価の安いタイでは、1万円前後で日本同様にクオリティの高い五つ星ホテルに泊まれます。

二十代の比較的若い層でも、少し奮発すれば非日常的な体験を得ることができるのです。

 

ホテルの良さが旅の全てとは言えませんが、ホテルにうっとりしたり感動を覚えるのも、”良い旅”の重要な要素でしょう。

そこで今回は、そんな感動を与えてくれるホテル10軒を紹介します。

いずれのホテルも立地が良いので、初めてのバンコク滞在でも不便を感じません。

予算や旅行予定に合わせて、気に入ったホテルに滞在してみてはいかがでしょうか。

バンコクのおすすめ五つ星ホテル

❶ ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル (Renaissance Bangkok Ratchaprasong Hotel)

ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル 玄関

>>>ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル

BTS チットロム(Chit Lom)から徒歩5分の場所に位置するルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル。

タイを代表するショッピングモール「セントラルワールド」や「サイアムパラゴン」へ徒歩でアクセスできるので、とことん買い物を楽しみたい人におすすめ。

ホテル内にはサウナルームやマッサージが併設されているので、買い物で疲れた体をじっくりほぐしてもらうこともできます。

 

繁華街に位置しているものの、表通りからは少し奥まったところにあるので、騒音に悩まされる心配がない。

静かで現代的なシティホテルです。

ホテル内にある綺麗な夕日を眺められるバーも是非利用したい。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❷ デュシタニ バンコク ホテル (Dusit Thani Bangkok Hotel)

2015 デュシタニ バンコク ホテル 客室

>>>デュシタニ バンコク ホテル

MRT シーロム(Si Lom)駅目の前にある五つ星ホテル「デュシタニ バンコク ホテル」。

「デュシタニ」という言葉は「天国の街」という意味を持っています。

その名の通り、天国と思わせるような豪華な客室とモダンエレガントなインテリアが特徴です。

また、ホテル一階には世界的に有名なタイの宮廷料理レストラン「ベンジャロン」が併設されています。

 

非日常的な客室と世界にその名を轟かせるタイ料理レストランで、豪華な休日を過ごしたい人におすすめできるホテルです。

タニヤ通りやバッポン通り等のナイトスポットへ徒歩でアクセスできるのも便利です。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❸ シャマ スクンビット (Shama Sukhumvit)

シャマ スクンビット 客室

>>>シャマ スクンビット

家族連れやカップル宿泊客から人気のあるホテル「シャマ スクンビット」。

サービスアパート兼ホテルなので、非日常的なホテルというより高級マンションのような場所に滞在したい人におすすめ。

客室内にはキッチンやダイニングテーブルがあるのでとてもくつろげます。

また、併設されているインフィニティープールは最高に気持ち良く、ロマンチックです。

肩肘張らずに泊まれる雰囲気でいて客質も良いので、家族連れの方が安心して過ごすにはベストなホテルではないでしょうか。

 

個人的に、タイのナチュラル素材コスメブランド「ターン(THANN)」をアメニティに使用しているところも素敵だと思います。

BTS ナナ(NANA)駅から徒歩5分の場所に位置するので繁華街へのアクセスも容易。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❹ ヒルトン スクンビット バンコク (Hilton Sukhumvit Bangkok)

ヒルトン スクンビット バンコク 客室

>>>ヒルトン スクンビット バンコク

言わずと知れたヒルトンのチェーンホテル「ヒルトン バンコク スクンビット」。

BTS プロンポン(Phrom Phong)駅から徒歩5分の場所に位置しています。

ヒルトンホテルなので、”タイらしさ”を求める人よりも”良くも悪くもヒルトン”、欧米風ビジネスホテルが好きな方におすすめです。

 

周囲にはエンポリアム等のショッピングモール、両替屋やマッサージ、飲食店に屋台もあり、なんでも揃う環境は整っています。

この辺りはいわゆる日本人街とも呼ばれるエリアなので、日本人向けの飲食店やバーが多く、海外に慣れていない人でも過ごしやすいです。

ホテルには日本人スタッフの常駐しているので、困り事があれば気兼ねなく相談できるのも嬉しい。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❺ センタラ グランド アット セントラルワールド ホテル (Centara Grand at Central World Hotel)

センタラ グランド アット セントラルワールド ホテル 屋上

>>>センタラ グランド アット セントラルワールド ホテル

20代の若者を中心に人気な五つ星ホテル「センタラ グランド アット セントラルワールド ホテル」。

BTS チットロム(Chit Lom)駅とBTS サイアム(Siam)駅の中間という、ショッピングをするのに便利な環境に位置しています。

このホテルが人気を博している理由は、便利な環境もさることながらホテル屋上に併設されたルーフトップバーの「レッドスカイ」。

大都会バンコクの夜景を55階の高さから一望できるロマンチックなバーで過ごす時間は、まさに贅沢そのもの。

バーの雰囲気に慣れていなくても、腰の低いスタッフが対応してくれるので、英語やタイ語に自信のない人でも心配いりません。

 

「バンコクの中心街でとことん都会的な遊びを楽しみたい」「お洒落な雰囲気を楽しみたい」という若者におすすめのホテル。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❻ ザ スコータイ バンコク(The Sukhothai Bangkok)

ザ スコータイ バンコク 外観

>>>ザ スコータイ バンコク

MRT ルンピニー(Lumphini)駅付近にある五つ星ホテル「ザ スコータイ バンコク」。

ホテル内の所々にあるタイの伝統的様式の仏塔をモチーフにしたオブジェに、”タイらしい気品”を感じられます。

ザ スコータイ バンコクがあるルンピニーというエリアは、バンコクのオフィス街にあたる場所なので、都会の騒々しさから離れて静かに過ごしたい人におすすめできるホテルです。

ホテル内には、蓮の花が浮く美しい池をうっとり眺めながら、本格タイ料理を味わえるレストラン「セラドン」があります。

また、同じくホテル内にある本格イタリア料理レストラン「ラ・スカラ」も足を運ぶ価値あり。

 

タイ独特の気品を感じるホテルに泊まりたい人に向いています。

個人的には、一人だと逆に寂しさを感じるくらい豪華なので、夫婦やカップルでの滞在がおすすめ。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❼ グランド スクンビット ホテル バンコク マネージド バイ アコー (Grand Sukhumvit Hotel Bangkok  Managed by Accor)

グランド スクンビット ホテル バンコク マネージド バイ アコー 客室

>>>グランド スクンビット ホテル バンコク マネージド バイ アコー

今回紹介する五つ星ホテルの中で、一番コストパフォーマンスの高いホテルがグランド スクンビット ホテル バンコク マネージド バイ アコーです。

五つ星ホテルに相応しい広々とした部屋で、ホテル内にはトレーニングジムやサウナ、屋外プールもしっかり設備されている。

時期によっては一万円以下で泊まることも可能なので、五つ星ホテルの中では一番手頃といえます。

BTS ナナ(NANA)駅から徒歩で行ける場所にある為、充実したナイトライフを送ることも可能。

 

ただ、欠点を挙げるとすれば、安さゆえ中国の団体客が多いというところ。そこが気にならない人であればおすすめ。

もちろん、五つ星ホテルなので、スタッフ対応は満足のいくホスピタリティを提供してくれる。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

紹介記事ナナプラザ周辺のおすすめホテル。JF無料だから夜遊びに最適。

❽ ザ ウェスティン グランデ スクンビット ホテル (The Westin Grande Sukhumvit Hotel)

ザ ウェスティン グランデ スクンビット ホテル バルコニー

>>>ザ ウェスティン グランデ スクンビット ホテル

BTS アソーク(Asok)駅目の前にある五つ星ホテル「ザ ウェスティン グランデ スクンビット ホテル」。

アソークを代表するショッピングモール「ターミナル21」や、バンコクのゴーゴーバー街「ソイカウボーイ」が目の前なので、買い物もナイトライフも楽しみたい人におすすめ。

ホテル自体は”タイらしさ”よりも欧米客層を狙った全世界チェーンホテルのようなオールマイティな作り。

ホテル内に敷かれているフカフカのカーペットが心地よい。

 

日本人の女性スタッフがいるので、海外自体に慣れていない人にとって安心できるホテルです。

立地、スタッフ、周辺の環境、全てにおいて安定したホテルを求める人に向いています。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

❾ ルブア アット ステート タワー (lebua at State Tower)

ルブア アット ステート タワー バー

>>>ルブア アット ステート タワー

かの有名な映画「ハングオーバー2」のロケ地として使われたスカイバー「シロッコ」が併設されているホテル「ルブア アット ステート タワー」。

シロッコは世界で一番高い場所にあるバーとして知られており、その高さはなんと247メートル。東京都庁第一本庁舎よりも高い場所にあります。

シロッコ(Sirocco)
バンコクのスカイバー。ハングオーバー2に出てきたロケ地を紹介。

そこから眺めるバンコクの夜景はまさに絶景。

また、客室が豪華なのはもちろん、ホテル内をドレスを着て歩いている人がいたりと視覚的にも雰囲気的にもゴージャスなホテルです。

 

周辺にはアジアティーク ザ リバーフロントなどバンコクで一番話題のナイトマーケットもあるので、観光にも退屈しません。

BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅から徒歩圏内という立地も便利。

インパクトも話題性もあるホテルに泊まりたい人にはおすすめです。

ホテルの宿泊レポート、設備サービスなどの詳細は以下の記事より確認可能です。

タワークラブアットルブアの外観
ルブア アット ステートタワー。バンコクで最高の景色が眺められる高層ホテル。

10. シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)

シャングリラ ホテル バンコク 外観

>>>シャングリラ ホテル バンコク

バンコクの歴史を語る上で避けることのできないチャオプラヤー川沿いにあるリバーサイドホテル「シャングリラ ホテル バンコク」。

ホテルから見えるチャオプラヤー川の眺めは、思わず魅入ってしまうほど美しいです。

ホテル内のプールは南国の雰囲気が出ていて、バンコクなのにビーチリゾートかと勘違いしてしまうほど。

都会でリゾートステイを味わいたい人におすすめです。

 

併設されているスパも豪華そのもので、マッサージ中についついウトウトしてしまう気持ちよさ。

海外にきたけどホテルから出たくないと思えるほどの快適さを味わえる場所です。

BTS サパーンタクシン(Saphan Taksin)駅と直結しているのでアクセスも便利。

宿泊料金の詳細・予約確認は以下リンクより可能です。

ホテルの宿泊レポート、設備サービスなどの詳細は以下の記事より確認可能です。

シャングリラ ホテル バンコク (Shangri-La Hotel, Bangkok)の夜のプール
シャングリラ ホテル バンコク。ホライゾンクルーズも楽しめるリバーサイドの高級ホテル。

まとめ

いかがでしたか。

個人的に、ホテルを100%楽しむ必要はなく、やはり旅行は観光や現地の文化を知ることがメインだと思っています。

しかし、ホテルは感動的な旅行を演出する重要な舞台であるとも同時に思っています。

上記のような豪華なホテルに宿泊する機会は普通は中々ありません。

是非、バンコクへ行くことを機会に、小出しにしない贅沢を味わってみてはいかがでしょうか。

言葉では表現できない本物の感動を体験できるでしょう。

 

初めてバンコクへ行く人が知っておきたいおすすめのホテルとホテルエリアのまとめ。

バンコク
バンコクで”絶対に”おすすめのホテルとは?エリアごとに人気のホテルを全て紹介。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
入力されたメールアドレスは公開されません。