【要注意】137ピラーズ スイーツ&レジデンス。名物の絶景インフィニティプールが使えない罠。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のインフィニティプール

(137 ピラーズ レジデンシズ バンコクのプール)

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)は、BTSプロンポンから距離約1km、徒歩約12分の場所に位置するサービスアパート兼ホテルです。

外観はバンコクにありがちなサービスアパートと言ったところですが、サービスや付属設備が豪華です。

レストランやバー、絶景のインフィニティプール、シュミレーションゴルフもあり、日本人スタッフがいる上にセキュリティ面がしっかりしています。

旅行者からはホテルとして、在住者からはサービスアパートとして人気です。

 

今回、自分は137ピラーズ レジデンスで特に話題となっている「インフィニティプール」を目当てに宿泊してみました。

 

View this post on Instagram

 

137 Pillars Bangkokさん(@137pillarsbangkok)がシェアした投稿

(インスタグラムで見かけて「なんじゃここは!?」と驚いたプール。バンコクの街並みを一望できる。ホテル巡りが趣味の筆者としては泊まらずにはいられない)

Google Mapでホテルの場所を確認してみると、BTSから少々距離があるものの、バンコクに慣れている人であれば許容範囲と言える立地。

しかも、客室にはバルコニーと洗濯乾燥機が完備しているため、使い勝手が良さそう。

というわけで、1泊27,000円もしましたが、2日間くらい泊まってみようとポチッと予約。

 

しかし、結果的に失敗でした…

なんと上記インスタグラムのインフィニティプールが使えなかったのです。

というのは、上インスタグラムのプールはスイート宿泊客のみしか使用できないからです。

後々、予約ページを再確認してみると、筆者が宿泊した「137 ピラーズ レジデンシズ バンコク」とは別で
137 ピラーズ スイーツ バンコク」というスイート専用の予約ページが存在しているのに気付きました。

筆者が宿泊した137 ピラーズ レジデンシズ バンコク↓

上記インフィニティプールを使用できる137 ピラーズ スイーツ バンコク↓

紛らわしいですね。

 

というわけで、今回の記事では筆者が宿泊した137 ピラーズ レジデンシズ バンコクをレポートします。

とは言っても、137 ピラーズ レジデンシズ バンコクにも景色の良いプールが設備されています。

また、プール以外の施設に関しては137 ピラーズ レジデンシズも137 ピラーズ スイーツも同じです。
(建物棟自体は同じ)

スイート宿泊客だけが絶景インフィニティプールがある屋上へ上がれる仕様になっています。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)の外観

(ホテルの外観)

137 ピラーズ レジデンシズ バンコクは、上述したように、BTSプロンポンから距離約1kmの場所に位置しています。

BTSプロンポンから137 ピラーズ レジデンシズ バンコクへの地図

「約1km」と言われると大したことない距離に思えますが、バンコクが初めての人は避けたほうが良い場所です。

なぜなら、ホテル周辺はコンビニやレストランこそありますが人通りが少ないため、夜はタクシーでしか移動できません。

また、年中暑いバンコクで1kmも歩くのは大変です。

バンコクが2回目や3回目の人におすすめのホテル。

つけ麺 フジヤマ55の外観

つけ麺 フジヤマ55のつけ麺

ホテル周辺には「つけ麺」や日本人バーテンダーがいるバーなどがあります。

この辺りは日本人在住者が多いエリアなので、日本人向け施設も多いです。

 

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のエントランス

豪華なエントランス。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクはバタフライピー入りのアイスティー。

 

チェックイン時にパスポートを見せると、日本人女性スタッフの方が対応してくださいました。

ホテル周辺のおすすめレストランや、客室洗濯機の使い方等々丁寧に教えてくれます。

外出時にはメーター稼働してくれるタクシーも捕まえてくれるので助かります。

さすが高級サービスアパートメントのスタッフです。

英語・タイ語が分からない人でも問題ありません。

洗濯機付き!センスある家具に囲まれた広い客室

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のダイニングキッチン

筆者が宿泊した客室タイプは1ベッドルーム(One Bed Room)。間取り1DKで広さは62平米。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のダイニングキッチン2

完全に家族向けの部屋です。めちゃくちゃ広い。

この時は一人で宿泊したため、空間にゆとりこそ感じられましたが、少々寂しい気もしました。

泊まるなら最低でも2人で泊まりたい部屋ですね。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のキッチン

キッチン。サービスアパートなので電子レンジや各種食器類、トースターやコーヒーメーカーなど完備しています。

 

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のバルコニー

バルコニー。眺望はありませんが、喫煙者にはありがたい空間。

 

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のテレビ

テレビは日本の番組を視聴可能。

NHK、フジ、TBS、日テレ、朝日が映ります。

ふかふかベッドの寝室

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のベッドルーム

ベッドルームだけでも中級ホテルくらいの広さがあります。

しかもベッドルームにもテレビ付き(もちろん日本語のテレビ番組を視聴可能)。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のクローゼット1

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のクローゼット2

クローゼット。

セーフティボックス、ガウン、アイロン、アイロン台、雨天時外出用の傘など完備。

バスルーム。アメニティは全てパンピューリ

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のバスルーム

バスルームも広いです。

ちゃんとシャワーブースが独立しています。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のアメニティ

そして全てのアメニティはタイの高級スパブランド「パンピューリ」で統一されています。

タイの高級ホテルアメニティではお馴染みのブランドです。

固形石鹸やシャンプー、ボディソープ、リンス、ボディローションは全てジャスミンとミントがほのかに香る高級感溢れるアメニティでした。

使い切らなかった分は全て持って帰りました。

 

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のアメニティ2

その他、歯ブラシや綿棒、髭剃りセット、クシ、ソーイングセット、シャワーキャップ、コットンパッド、サニタリー袋など完備。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のウォシュレット

トイレはウォシュレット付き

 

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)の洗濯乾燥機

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)の洗剤と柔軟剤

洗濯乾燥機は日本語の説明書があるので簡単に使えます。

また、洗剤と柔軟剤を毎日補充してくれるのが嬉しいところ。

衣類を少なくして旅行できるので楽です。

景色の良いプールもあるよ

137 ピラーズ レジデンシズの方にも、スイーツほどではありませんが、中々素晴らしいプールが設備されているんです。

それが、こちら

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のプール2

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のプール3

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のインフィニティプール

スイーツに比べると残念に思えますが、そもそも比較対象がなければ十分に「良い!」と思えるプールではないでしょうか。

気持ち良いくらいにバンコクを一望できます。

欲を言えばもう少し広いと尚良いですが、利用者は多くありません。自分が行った時は利用者0でプライベート感覚で泳げました。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のビーチチェア

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のプールサイドにあるレストラン

ビーチチェアやレストランバーもあって良い雰囲気。

最初に絶景インフィニティプール目的で訪れたので、どうしてもガッカリ感はありましたが、いざ泳いでみると、このプールでも気持ち良いです。

景色も他のホテルに比べると十分良いので、なんだかんだで満足できました。

スイートは宿泊料金が1万円近く高くなることを考えると、137 ピラーズ レジデンシズで良いかもしれません。

ゴルフ練習場やフィットネスジムもあり

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のゴルフ練習場1

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のゴルフ練習場2

自分はゴルフをプレーしないので利用しませんでしたが、練習場があります。

いくつかゴルフバッグが置かれていたので、そこそこに利用者はいるようです。

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のフィットネスジム1

137 ピラーズ レジデンシズ バンコク(137 Pillars Residences Bangkok)のフィットネスジム2

マシーンの種類は少ないですが、フィットネスジムもあり

【結論】家族連れには全然おすすめできるホテル

屋上インフィニティプールこそ利用できませんでしたが、客室設備や137 ピラーズ レジデンシズでも利用できるプールを見れば、十分満足できるホテルでした。

確かに立地はバンコク初心者には便利とは言えない場所です。

しかし、であるにも関わらずレビューを見ると、日本人宿泊者からの評価は概ね良好。

基本的にタクシー移動で構わないという方や、バンコクに慣れている人であれば、滞在先として検討しても良いのではないでしょうか。

個人的には、客室があまりにも広いので、やはり家族向けのホテルかなと思います。

一人滞在だと確実に持て余してしまうので。

最低でもカップルや夫婦での滞在かなと言ったところ。

  • 広い客室
  • 眺めの良いプール
  • ウォシュレット付きトイレ
  • 洗濯乾燥機
  • 日本人スタッフ
  • バルコニー
  • 周辺に日本食レストラン

を条件にバンコクのホテルを探している方は、是非宿泊してみてはいかがでしょうか。

絶景インフィニティプールがあるスイート専用の予約ページ↓

筆者が宿泊した137 ピラーズ レジデンシズ バンコク↓

その他、プロンポンにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事も参考にどうぞ。

プロンポンは日本人向けのホテルが多いです。

プロンポンのおすすめホテル アイキャッチ画像
プロンポン周辺のおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介していくよ。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)