【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

プルマン バンコク ホテルG宿泊記。全てが真っ白の洒落た部屋!景観抜群の大きな窓も素晴らしい。

プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のアイキャッチ画像

プルマン バンコク ホテルG(Pullman Bangkok Hotel G)は、BTSチョンノンシー(Chong Nonsi)から徒歩約7分(距離約550m)離れたシーロム通り沿いに位置する五つ星ホテルです。

タニヤ通りやパッポン通りがある歓楽街エリアへ近く(約1km、徒歩約11分)、バンコクで一番高い展望台マハナコンタワーへも徒歩7分程度でアクセスできます。

ホテルが位置しているのは大通り沿いなのでタクシーを捕まえやすいです。加えて、周辺にはコンビニや飲食店が多数点在しています。

プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)周辺の飲食店

(ホテル周辺は人通りも交通量も多い)

 

1泊の宿泊料金は10,000円前後(オフシーズンだと7,000円前後になることもある)です。

シーロムエリアの五つ星ホテルと言えば、個人的にはバンコク マリオット スリウォンが新しくて設備もお洒落だったので、プルマン バンコク Gはノーマークでしたが、いざ泊まってみると遜色ない素晴らしいホテルでした。

シーロムエリアで1泊10,000円前後のホテルを探している人におすすめ。

ワーケーションにも最適なホテルです。

今回の記事では、プルマン バンコク ホテルGの様子をインスタグラムの投稿よりも詳しく紹介します。

    MEMO
    • JF無料(連れ込む人のID預け必須。「大人2名」で予約しておきましょう)
    • 全室禁煙(喫煙所は5階のプールと1階のホテル入り口横のみ)

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の外観

    (ホテルの外観)

    ホテルが開業したのは1992年。もともとはソフィテル バンコク シーロムという名前でしたが、2012年4月に改装と共にプルマン バンコク ホテルGに変わりました。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のレセプションロビー

    レセプションロビー。内装は綺麗でした。2012年に改装されているためか、特に経年劣化は見られませんでした。

    五つ星ホテルにしてはやや小さめのロビーですが、シンプルな内装でスッキリしています。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のレセプションロビー2

    写真映えしそうなオブジェもある。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のレセプションロビーにあるバーカウンター

    ロビーにあるバーカウンター。夜になるとライトが灯されて洒落た雰囲気になります。

     

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の1階に併設されている25ディグリーズバーガー

    ホテル1階にはバンコク在住日本人から人気のハンバーガー屋「25 ディグリーズ バーガー」が併設されています。

    日本語対応可能。日本語を話せるタイ人スタッフが一名いる

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)チェックイン時に貰える施設案内

    チェックイン時に渡される施設案内は日本語で記載されています。

    プルマン バンコク ホテル Gは、アゴダはじめホテル予約サイトに記載されているとおり、日本語対応可能のホテルです。

    日本語を話せるタイ人スタッフがいます。ただ、日本語を話せるスタッフは一人しかいないので、日によっては日本語での対応が不可の場合もあります。

    筆者が宿泊した時は、日本語を話せるスタッフは10:00〜18:00まで勤務していると伺いました。

    日本語を話せるスタッフが不在でも、案内書きが全て日本語なので、海外旅行慣れしていない人でも安心して利用できます。

    真っ白で景観が素晴らしいGデラックス ダブルルーム

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルーム1

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルーム2

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルーム3

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルーム4

    ベッド、家具、天井から床まで見事なくらい真っ白な部屋です。

    全てが白色だからか、とても清潔感があるように感じます。清楚です。

    ちなみに、この真っ白な部屋は「Gデラックスダブルルーム」「Gクラブルーム(クラブラウンジが使える部屋)」「Gダブルスイート」のみで、他の部屋タイプの配色は割と普通です。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のエグゼクティブダブルルーム

    (エグゼクティブダブルルーム。景色は良いがありがちなデザイン)

    真っ白な部屋の方が海外のホテルっぽくて非日常感があります。なので、せっかくなら上述した3タイプいずれかの部屋に泊まるのがおすすめです。

     

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームの嵌め込み窓

    特に素晴らしかったのが、大きな嵌め込み窓。開放感たっぷりです。日当たりも良い。

    窓からはシーロムエリアの都会っぷりを一望できます。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームから見える夜景

    部屋から見える夜景。

    筆者が宿泊した部屋は22階。中々の景色でした。シーロム通りがキラキラしています。

    この景色を眺めながらの晩酌は気分が良かったです。なので予約時は「高層階希望」のリクエストを出しておきましょう。

     

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームのミニバー

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームのクローゼット

    ミニバー、バスローブ、セーフティボックスも完備。

     

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の客室テレビ

    客室のテレビでは、NHK、フジ、朝日、日テレを視聴できます。

    バスルーム

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームのバスルーム1

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームのバスルーム2

    バスルームはシャワーブースとバスタブが別れているタイプ。

    バスタブは足を伸ばして湯船に浸かれる大きさです。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のGデラックスダブルルームのアメニティ

    アメニティ
    • 歯ブラシ
    • 髭剃りキット
    • ボディローション
    • 固形石鹸
    • くし
    • 綿棒
    • コットンパッド

    など

    眺めが良いプール

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のプール1

    プールは5階にあります。

    そこまで広くはありませんが、寝転がれるクッションやビーチチェアが十分に配置されていて、ゆったりくつろげるプールです。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のプール2

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のプール3

    プールからはマハナコンタワーはじめ、シーロムエリアのビル群が見えます。

    広くはないですし、高層階にあるわけでもありません。ですが、それでも眺望を重視した設計でのんびりと過ごせます。

    冒頭に記載したように、喫煙所がプールエリアと1階のみだったので、滞在中は何度もプールエリアに足を運びました(筆者は喫煙者)。

    日当たりも良く、朝も夕方も良い景色が望めて良いプールだったと思います。

    欲を言えばもう少し広いプールだったら最高でしたが。

    とは言え、他に利用者がいても気にならない程度の広さはあります。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)のフィットネスジム

    フィットネスジムも5階にあります。

    朝食

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の朝食ビュッフェ1

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の朝食ビュッフェ2

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の朝食ビュッフェ3

    朝食はビュッフェ形式で、タイ料理4.5:欧米食4.5:日本食1くらいの割合。

    一応、日本食もあります。と言っても、味噌汁、寿司巻き、納豆だけで本当にわずかですが。

    タイ料理はお馴染みのカオパット(炒飯)はじめ、パッタイやグリーンカレーなどの定番料理が中心。

    欧米食はパン類の他、卵料理(オムレツや目玉焼き)をその場で作ってくれるカウンターがあります。

    プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)で食べた朝食

    個人的には、他のホテル紹介記事でも何度も記載していますが、味噌汁があるのは本当にありがたいです。

    シーロムという立地のホテルを選んだのは、やはりタニヤやパッポンで飲むことを目的としているからであり、飲んだ翌朝は味噌汁を飲んでスッキリしたいものです。

    飲んだ翌朝のタイ料理や欧米食は個人的には少々重く、日本食が少しでもあると助かります。

    この時も朝から味噌汁を飲んで気持ちを復活させ、清々しい気持ちで観光へと繰り出せました。

    プルマン バンコク ホテル Gの場所

    上述したとおり、場所はBTSチョンノンシー(Chong Nonsi)から、徒歩わずか7分(距離約550m)程度。

    また、BTSサラデーン(Sala Daeng)やMRTシーロム(Silom)からも徒歩10分程度です。かなりの好立地。

    空港からホテルへのアクセス方法

    スワンナプーム、ドンムアンからホテルまで利用できる移動手段については、以下の記事を参考にどうぞ。

    荷物を持っての移動は面倒なので基本的にはタクシーを推奨していますが、スワンナプーム空港からのアクセスであれば、エアポートレールリンクとBTSを乗り継いでBTSチョンノシーまで行くのもありですね。

    ホテルの住所

    タクシー等で行く場合、「プルマン バンコク シーロム」あるいは「プルマン バンコク ホテルG」と言えば大抵は伝わります。

    万が一伝わらなかった場合は、以下の住所をドライバーに見せましょう。

    英語
    • Pullman Bangkok Hotel G
    • 188 Silom Road, Bangrak , Silom, Bangkok, Thailand, 10500
    タイ語
    • โรงแรมพูลแมน จี กรุงเทพ
    • 188 ถนนสีลม, เขตบางรัก, สีลม, กรุงเทพ, ประเทศไทย, 10500

    バンコクには、プルマン バンコク ホテルG以外にもプルマン バンコク グランデ スクンビットなど、プルマン ブランドのホテルが複数存在します。

    なので、ドライバーに口頭で場所を伝える際は、「シーロムのプルマン」である旨を強調した方が良いです。

    こんな人におすすめ

    • シーロムに滞在したい
    • ワーケーションで利用したい
    • 予算7,000〜10,000円前後
    • 景色の良いホテル
    • 非日常なデザインの部屋が好き
    • タニヤやパッポンで飲みたい
    • 日本語対応可能のホテルが良い

    上記に当てはまる人には強くおすすめできるホテルです。

    リピーターはもちろん、タイ旅行が初めての人にとっても利便性が高いです。

      その他、シーロムにある全てのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。プルマン バンコク ホテルGを含め、格安〜高級までまとめて紹介しています。

      プルマン バンコク ホテル G(Pullman Bangkok Hotel G)の客室3
      シーロムのおすすめホテル。格安〜高級まで健全旅行者向けに紹介します。

      バンコクの全エリアにあるおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

      バンコク マリオットホテル スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)のラウンジ
      バンコクで絶対におすすめのホテル。人気の7エリアから利便性が高いホテルだけを紹介。

      コメントを残す

      メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
      ※コメントは管理者が承認後、掲載されます。