【結果発表】タイのホテル・ベスト10【2020年版】

博多カオマンガイ万国屋の食レポ。季節限定で味わえる絶品のカオマンガイ専門店は一度は行くべし!

博多カオマンガイ万国屋のアイキャッチ画像

博多カオマンガイ万国屋は、福岡の大名にある季節限定で営業しているカオマンガイの専門店です。

毎年ゴールデンウィーク前から11月くらいまで営業しています。

福岡でカオマンガイの専門店と言えば、パルコにあった「ガイトーン福岡」も有名でしたが、2016年の9月に惜しまれながらも閉店。

福岡の中心部でカオマンガイを専門とした店は、博多カオマンガイ万国屋のみとなりました。

実はこの博多カオマンガイ万国屋、筆者は福岡住まいでありながら恥ずかしくも、なんと大名で2013年頃から営業していることを知りませんでした。

しかもタイ政府公認のレストランなのです。

これは美味しいに違いない…そう思い早速店へと行ってきました。

実際に食べた感想としては、めちゃくちゃ旨い…!特に鶏の出汁がバッチリ効いたお米が極上…。

タイ料理ラバーなら、絶対に一度は足を運ぶべきレストランと言えるでしょう。

以下で店内の様子やメニュー、カオマンガイの詳細をレポートします。

博多カオマンガイ万国屋

博多カオマンガイ万国屋の外観

(店の外観)

博多カオマンガイ万国屋は、とても感じの良い夫婦が経営されているカオマンガイ専門のレストランです。

オーナーさんに話をお伺いしたところ、11月頃からGW前までは「白馬八方尾根スキー場 名木山ゲレンデ」の麓で白馬万国屋というタイ料理レストランを経営しているとのこと。

>>>白馬万国屋のGoogleMap

 

スキー場での書き入れ時を終えるゴールデンウィーク前(4月20日くらいから)から11月頃までは、大名で博多カオマンガイ万国屋を営業しています。

そのため、博多カオマンガイ万国屋は冬季には営業していません。

春〜秋限定のカオマンガイ専門店というわけです。

大名らしい洒落た空間の店内

博多カオマンガイ万国屋の店内

店内は他のタイ料理屋と異なり、物凄く小ぢんまりとしています。

カウンター1席、2人用のテーブル席が1台。

店外に3人掛けのテーブル席が2台あるのみです。

博多カオマンガイ万国屋の店外テーブル席

(店外テーブル席。暖かい日は店外でビールをグイッと飲むと気持ち良い)

他のタイ料理レストランと決定的に違う点は、タイに関する調度品が店内に置かれていないこと。

博多カオマンガイ万国屋の店内2

店内はコンクリート打ちっぱなしでスタイリッシュ。

内装がオシャレな店が多い大名らしさ満開の店内です。一見にはタイ料理屋とは思えません。

そして、この小ぢんまりとした狭さが、また隠れ家的な雰囲気も醸し出していて雰囲気は抜群。

店の雰囲気とは打って変わってオーナーさん夫婦はとてもおっとりしていて感じの良い方々です。

干渉してこない感じですが、こちらが話しかけると気さくに話に乗ってくれます。

躊躇せず一人飯も楽しめる店です。

博多カオマンガイ万国屋の看板犬

(店内には大人しくて可愛い看板犬がいる。名前はニコラちゃん)

絶品のカオマンガイ!

博多カオマンガイ万国屋のメニュー

メニューはシンプル。料理はカオマンガイ(ゆで鶏)か、カオマンガイトート(揚げ鶏)のみです。

その他、シンハビールが600円、生ビール540円。

ソフトドリンク(マンゴー・ライチ・タマリンド)各450円などがあります。

タマリンドソース掛け揚げ卵(カイルーククーイ)をトッピングして食べるべし!

今回、筆者は二人で来店したので、カオマンガイとカオマンガイトートをそれぞれオーダーしました。

また、「タマリンドソース掛け揚げ卵(タイ語名:カイルーククーイ)(1個300円)」があったので、トッピングしてもらいました。

博多カオマンガイ万国屋で食べたカオマンガイ

こちらがカオマンガイ。

見た目からして、これは絶対に旨い…!しかもニンニクが軽く乗ったタマリンドソース掛けの揚げ卵が、また香ばしくてたまらないっ…!

カオマンガイに揚げ卵のトッピング。ありそうで無かったアイデアではないでしょうか。少なくとも筆者はタイで見たことがありません。

博多カオマンガイ万国屋で食べたタマリンドソース掛けの揚げ卵

こちらが揚げ卵(カイルーククーイ)。

とろっとした半熟卵にタマリンドソースがかかっていて、これが意外にもカオマンガイとの相性が抜群。

タマリンドソースは若干の酸味が効いているものの、甘味も強いです。

だからでしょうか、ご飯が進む進む。勢いよくバクバクとカオマンガイを食べてしまいます。

博多カオマンガイ万国屋で食べたカオマンガイのお米

ちょっとパサつきがあり、鶏の出汁がしっかりと効いた米も最高…!言うことなし。

いやあ、これですよこれ。これぞカオマンガイ!と言いたくなる素晴らしい味。

筆者は本場タイのバンコクで有名なカオマンガイ食堂にはほとんど足を運びました。

ピンクのカオマンガイ
バンコクの美味しいカオマンガイおすすめ8選!人気の食堂を全て紹介します。

断言しますが、博多カオマンガイバンコクのカオマンガイは、上記事に記載している「本場の味」にも全く引けを取りません

もしもバンコクに博多カオマンガイ万国屋が存在していたら、間違いなく有名店になっているでしょう。そのくらい美味しいカオマンガイでした。

肉のモニュッとした感覚もGOOD。ピンクのカオマンガイでお馴染みのゴーアン カオマンガイ プラトゥーナムに負けない柔らか〜い肉でした。

博多カオマンガイ万国屋で飲んだスープ

本場と同じようにスープも付いてきます。

ただ、正直なところスープに関しては味はイマイチ。かなりの薄味です。

もう少し塩っ気があっても良かったかなと思います。

 

博多カオマンガイ万国屋で食べたカオマンガイトート

カオマンガイトート(揚げ鶏)も文句なしの旨さ。

外はカリカリ、中はモニュっとした肉です。カオマンガイ同様に本場タイで食べるカオマンガイトートと比べて遜色なし。

いや、タマリンドソース掛けの揚げ卵と一緒に食べれば本場以上の旨さ。

カオマンガイ、カオマンガイトート共に強くおすすめできる料理です。

どちらも堪能したい人は、ハーフ&ハーフで注文するのもおすすめです。

博多カオマンガイ万国屋の場所

場所は国体道路から大名に入って徒歩1分程度。

西小姓にしこしょう町通り沿いにあります。店が小さいので少々分かりにくいですが、GoogleMapどおりに行けば簡単に辿り着けました。

天神西通りからも近いです。徒歩4分程度。

天神周辺に買い物目的で来た人もついでに寄ってみてはいかがでしょうか。

営業時間

  • 毎年ゴールデンウィーク前から11月頃まで営業
  • 11:30〜21:00まで
  • 定休日 / 水曜
  • ただし無くなり次第営業終了
  • 夕方から夜にかけて無くなるかと思うので早めの来店がおすすめ
  • 公式Facebook

福岡でカオマンガイを食べるなら是非

博多カオマンガイ万国屋で食べたカオマンガイとカオマンガイトート

まさか福岡にここまで美味しいカオマンガイの専門店があるとは!という驚きと嬉しさを感じられた店でした。

小ぢんまりとはしていますがお洒落な店内も良し。気さくなオーナー夫婦の人柄も良し。

そして何より抜群のカオマンガイとカオマンガイトート。

文句なしの五つ星のお店です。福岡でカオマンガイが食べたくなったら是非。

 

その他、福岡にある全てのおすすめタイ料理レストランについては、以下の記事も参考にどうぞ。

福岡のおすすめタイ料理レストランまとめアイキャッチ画像
福岡のおすすめタイ料理店8店舗を全て紹介します【タイ国政府認定・タイセレクト】

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(未入力でもコメントできます。)
※コメントは管理者が承認後、掲載されます。