アユタヤに来たらエレファントキャンプで象乗り体験を楽しもう。

ポーズを決めているエレファントキャンプの象

アユタヤを観光していると、人を乗せた象が道路を歩いている様子を頻繁に目にします。

これは、アユタヤの観光名所であるエレファントキャンプの象乗りツアーで、観光客は象使いと一緒に象の背中に乗って周辺を巡ることができます。

 

タイではあらゆる観光都市で象乗りツアーが開催されています。

通常、ほとんどの観光都市の象乗りツアーは、ジャングルのようなコースをトレッキングします。

しかし、アユタヤの象乗りは少し違っていて、アユタヤならではのコースを歩きます。ジャングルのような場所ではなく、街中を歩くのです。

アユタヤの遺跡は街中に点在しているので、象の背中からはアユタヤ遺跡を眺めることができます。

高い視点から見る遺跡は、通常の視点とは異なった見え方がして面白いです。

 

また、普通に車や自転車が走っている道路も歩いてくれるので新鮮です。

アユタヤのエレファントキャンプ2

地上を歩いている他の観光客は、恐る恐る避けたり近づいたり写真を撮ったりします。

こうした体験ができるのもアユタヤの象乗りツアーならではです。

 

今回は、アユタヤの象乗りの料金や感想を含めてレポートをしているので、興味がわいた方はアユタヤに行った際、是非象乗りを体験してみてはいかがでしょうか。

アユタヤと象

象の囲いにいた象

ところで、アユタヤではたくさんの象を見かけますが、どうしてアユタヤで象が飼育されているのでしょうか。

実はアユタヤでは、アユタヤが王国として機能していた時代より、タイ北部からたくさんの象を捕獲していました。

なぜかというと、当時の時代は、象の力が戦争の際に欠かせないものだったからです。

当時のアユタヤは、領土拡張や外敵からの領土防衛のために、常に戦争を起こしていました。

象は昔の戦争において、現代で言う戦車のような役割を果たしていたのです。

象の囲いにある銅像

確かに象のような巨体が迫ってきたら歩兵の槍くらいでは歯が立たないでしょう。

 

戦象はアユタヤだけではなく、東南アジアやインドではポピュラーな存在だったようです。

ただ、火器の発展に伴い、象が標的にされやすくなったことから、徐々に戦争で使われることはなくなりました。

火器がさらに発達すると、戦象はその大きさのために標的になりやすく、積極的に使用するものはいなくなった。最後まで戦象を使用したのはタイ王国であり、20世紀初頭まで小型の大砲を背中に乗せて使用し、また悪路を走破できる自動車が実用化・普及するまで密林のパトロール用に用いた。

Wikipedia

 

アユタヤの旧市街北部に行くと、当時たくさんの象を捕獲しておくために使っていた囲いを今でも見ることができます。

象の囲い1

(象の囲い「Elephant Kraal」)

象の囲い2

この囲いにおいて象を捕獲する際は、アユタヤの王自らが指揮を取っていたとのこと。

詳しい方法は定かではありませんが、調教されていないたくさんの野生象を1カ所にまとめるのは相当大変だったのではないかと思われます。

 

昔は戦車の代わりとして、そして現在では観光の人気動物として、今も昔も象は使役用として飼育されています。

そして現在、アユタヤでエレファントキャンプのような場所が作られた背景には、野生象の生息域の減少観光客相手の象乗りツアー等でしか象の需要がなくなったなどの理由が挙げられます。

エレファントキャンプ。アユタヤで象乗り体験できる場所

アユタヤで象乗り体験ができる場所は、四方を川で囲まれたアユタヤ旧市街の中心地付近に1カ所。

そして旧市街の外、アユタヤ駅よりさらに東に、水上マーケットと同じ場所に併設されているエレファントヴィレッジの合計2ヶ所があります。

下地図で言うと、茶色の象マーク紫の象マークの場所です。

 

<茶色の象マーク>エレファントキャンプ

エレファントキャンプの様子

 

<紫の象マーク>水上マーケットに隣接しているエレファントビレッジ

アユタヤエレファントビレッジ

 

どちらでも象乗り体験はできますが、茶色のマーク「エレファントキャンプ」の方が旧市街に点在するアユタヤ遺跡と近いこともあり、観光のルートに入れやすいかと思います。

自分自信、数日アユタヤに滞在しましたが、エレファントキャンプの方がアクセスしやすかったため、エレファントキャンプでしか象乗りは体験していません。

そのため、今回の記事ではエレファントキャンプの象乗りのみを紹介しています。

アユタヤ・エレファントキャンプの象乗り体験の内容

エレファントキャンプの象乗りツアー1

エレファントキャンプでは、近くにある遺跡「ワット・プラ・ラーム」周辺を周ります。

 

入り口にあるチケット売り場。最初にここでチケットを購入する。

エレファントキャンプのチケット売り場

(チケット売り場の横の自動販売機のディスプレイにも象の絵が書かれている)

象乗り体験には15分コースと25分コースがあります。

料金は、15分コースが400バーツ25分コースが500バーツです(いずれも1人の料金)。

どちらのコースにするかですが、個人的には15分コースで十分楽しめるのではないかと思います。

というのは、象に乗るのは意外と揺れが激しくバランスをとるために体のどこかに常に力が入ります。

そのため、たかが15分象に乗るだけでも少々疲れます。

すでに象乗りの体験者であれば、勝手がわかっているので25分コースも良いですが、初めての人であれば15分コースの方がそこまで疲れないので良いのではないでしょうか。

象に乗るときの注意点

エレファントキャンプの注意事項1

注意事項にもバランスを取って座るように書かれています。

また、ハイヒールは脱いでスタッフに預けます。

その他に象使いにカメラ撮影を頼んではいけないという旨や、象乗り中はカメラ撮影をしないようにということが書かれています。

ただ、自分で撮影する分には特に問題はありませんでした。もちろんカメラを誤って落とすなどして破損した場合は自己責任です。

その他、象使いにチップは不要ということも書かれています。

注意書きは全て日本語で書かれているので、象に乗る前にさらっと目を通しておくと良いでしょう。

いよいよ象乗り体験

エレファントキャンプの象乗り場

象乗り場

初めて乗る人は緊張すると思います。

 

エレファントキャンプの象乗り3

ただ、いざ乗ると意外とすぐに慣れます。

思ったより上下に揺れますが。

 

エレファントキャンプ 象乗り エレファントキャンプ 象乗り5

周辺は遺跡やお堀があるので眺めは良いです。

周囲で車や自転車が普通に走っているのも面白い。

 

象の皮膚

象の皮膚。ガサガサしていて硬い毛がちょこちょこ生えている。

 

乗った象の名前

ちなみに、象使いの首にかけられているネームプレートには、乗っている象の名前が書かれています。

自分が乗った象はMAYUREE(マユリー)という名前。20歳の雌だそうです。

未婚です。

 

エレファントキャンプ 象の背中から見える景色

象の背中の上から見えるアユタヤ遺跡。

当時のアユタヤ王国に住んでいた人達もこうして同じような景色を見ていたのでしょうか。

 

エレファントキャンプ 終了

一通り周辺の遺跡を巡り、写真も十分に撮ったところで象乗りツアー終了。

エレファントキャンプへ戻ります。感覚としてはちょうど良い頃合いでした。

やっぱり15分くらいが丁度良いかな。

チップは不要だけど求められます

上の注意書きに書いてあるように象使いへのチップは不要です。

しかし、象乗り終了後「チップ!」と言われます。

あげたくない人はもちろんあげなくて良いですが、象乗り場らしいちょっとしたパフォーマンスを見せてくれるので、あげても気分は悪くないです。

 

エレファントキャンプ チップ

象さんの鼻にチップを差し出します。

 

エレファントキャンプ チップ2

華麗にキャッチ

 

エレファントキャンプ 象使いへのチップ

そして象使いにしっかりとチップを渡します。賢いですね。

 

ポーズを決めているエレファントキャンプの象

最後は象がポーズを決めて間近で写真を撮らせてくれました。

ここまでしてくれるのであれば、チップをあげても良いなと思わせてくれたので満足です。

餌やり体験もできる

エレファントキャンプ 餌やり体験

エレファントキャンプ内には象用の餌も売っています。

50バーツで購入して自分で手渡しで象に餌をあげることもできるので、象が好きになった方は体験してみましょう。

エレファントキャンプ 餌やりばの象

餌やりばの象さん。物欲しそうな顔でこちらを見つめてくる。

アユタヤエレファントキャンプの営業時間

毎日 8:30〜16:30

バンコクからツアーを利用して象乗り体験

アユタヤの象乗り体験は、この記事で紹介したように象に乗って遺跡を見ることができるという、アユタヤならではな観光です。

タイでは様々な都市で象乗りを体験できますが、アユタヤでしか体験できないエレファントキャンプはタイに来たら是非一度足を運んでみたいものです。

もちろん、アユタヤでは象乗り以外にも、アユタヤ内に点在する壮大な遺跡群の観光も楽しむべきでしょう。

現在、バンコクからはアユタヤのへの日本語ガイド + ホテル送迎付きのツアーがいくつか出ています。

これらのツアーでは象乗り体験はもちろん、アユタヤでメインとなる有名な遺跡群を日帰りで周ることができます。

旅程の都合上、バンコクから日帰りでアユタヤを観光したい人などはこれらのツアーを利用するのも一つの手です。

以下よりバンコク発の日帰りアユタヤツアーを確認できるので、興味がある人は利用してみてはいかがでしょうか。

>>>バンコク発。アユタヤ日帰り観光ツアーの一覧。日本語ガイド + ホテル送迎付き

 

バンコクから自力でのアユタヤ日帰り観光を予定している人は、以下の記事も参考にどうぞ。

アユタヤの日帰り観光。バンコクからの半日ツアーを使わないモデルプラン。
(ワット ローカヤースッター)バンコクへ旅行に行く人の中には、日帰りでアユタヤも観光する人が多いです。アユタヤはバンコクから北へおよそ80km離れた場所に位置していて、車なら約1時間30分でアクセスできま...

 

ゆっくりとアユタヤに滞在して観光を楽しみたい人は、ホテルやゲストハウス探しに以下の記事も参考にどうぞ。

アユタヤのおすすめホテル。観光に便利な立地のホテル4軒を紹介!
アユタヤのホテルは、多くのアユタヤの遺跡群が点在する旧市街の中と、旧市街の外にも数軒建っています。観光に便利な滞在地は旧市街の中にあるホテルです。遺跡との距離が近いので、自転車でアユタヤ遺跡を巡る...
アユタヤでおすすめのゲストハウス3軒を紹介。日本人バックパッカーにも人気!
ザ パーク ゲストハウス (The Park Guesthouse)の部屋アユタヤのゲストハウスアユタヤにはバンコクからたくさんのバックパッカーが流れてきます。そのため、ゲストハウスの数がバンコク近郊のその他の都市より多...
ポーズを決めているエレファントキャンプの象

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です