アユタヤの日帰り観光。バンコクからの半日ツアーを使わないモデルプラン。

ワット ローカヤスッター

(ワット ローカヤースッター)

バンコクへ旅行に行く人の中には、日帰りでアユタヤも観光する人が多いです。

アユタヤはバンコクから北へおよそ80km離れた場所に位置していて、車なら約1時間30分でアクセスできます。

 

アユタヤの見所となる遺跡の殆どは、四方をチャオプラヤ川とその支流で囲まれたアユタヤ旧市街に点在しています。

アユタヤ 旧市街

(アユタヤ旧市街。四方を赤の線の川で囲まれている)

アユタヤ旧市街の直径は東西で約4.5km、南北で約2kmです。

それほど広範囲ではないため、アユタヤのレンタルサイクルで自転車を借りれば、半日で十分周れます。

もちろん、郊外の遺跡を含めてアユタヤの見所を全て抑えるのであれば、数日滞在してじっくり観光するのがのぞましいです。

ただ、旅程の都合上、アユタヤに宿泊する時間がない人も多いでしょう。

 

そこで、今回はバンコクからアユタヤへの日帰り観光を予定している人に向けて、アユタヤ日帰り観光のモデルプランを紹介します。

アユタヤで「ここだけは絶対に抑えておくべき」と言えるインパクトのある遺跡のみをピックアップしているので、時間のない人にはピッタリかと思います。

Google Mapを使ってわかりやすく解説しているので、アユタヤ半日観光を予定している人は是非参考にしてみて下さい。

アユタヤ日帰り観光プラン スケジュール

以下はおおまかなスケジュールです。

  • 9:00   バンコク(北バスターミナル)のアユタヤ行きロットゥーに乗る
  • 10:30 アユタヤ到着 レンタルサイクルで自転車を借りて遺跡観光開始
  • 13:30 昼食
  • 14:00 遺跡観光再開
  • 16:00 遺跡観光終了 レンタルサイクルに自転車を返してバンコク行きロットゥーに乗る
  • 17:30 バンコク到着

下記では各スケジュールの詳細を記載しています。

バンコク(北バスターミナル)のアユタヤ行きロットゥーに乗る

アユタヤ行き ロットゥー

(ロットゥー)

バンコクからアユタヤへ行く交通機関には、電車、バス、ロットゥーのいずれかを利用します。

この中で、一番日帰り観光に向いているのがロットゥーと呼ばれるミニバンです。

ロットゥーが日帰り観光に向いている理由は

  • アユタヤでの到着場所近くにレンタルサイクルショップがあり、また周辺に遺跡が密集しているので観光しやすい
  • 時刻表は存在しないが、頻繁に発着しているので時間の予定を立てやすい

という2点です。

 

ロットゥー車内

アユタヤ行きロットゥー 車内

定員は大体13人。上でも述べたように発着の時刻表は存在せず、定員が埋まり次第発車します

ロットゥーでバンコクからアユタヤへ行くタイ人は多いので、チケット購入後遅くても30分以内には発車します。

バンコクのアユタヤ行きロットゥー乗り場

アユタヤ行きのロットゥーは、以前までBTS ビクトリーモニュメントから出ていましたが、現在はBTS モーチット近くの北バスターミナル(モーチット マイ)に統一されています。

 

北バスターミナル(モーチット マイ)は、BTS モーチット(Mo Chit)から車で10分程度の場所にあります。

北バスターミナルの正面玄関

(北バスターミナル)

BTS モーチットから北バスターミナルへのアクセスには、BTS モーチットから出ている路線バスタクシーを使うと便利です。

BTS モーチットから北バスターミナルへの路線バス運賃は10バーツ程度。タクシー料金は60バーツ前後です。

 

北バスターミナルには、多数のチケット売り場があるため、初めて行く人は迷うかもしれません。少々わかりにくいです。乗り場自体は1階にあります。

自分は近くの係員に「アユタヤ?」と聞き、場所を教えてもらいました。北バスターミナルは、規模が大きく広いので、自分で探すより近くの係員に聞く方が早いでしょう。

北バスターミナルのアユタヤ行きロットゥー乗り場

(北バスターミナルのアユタヤ行きロットゥー乗り場)

BTS モーチットから北バスターミナルへ行く方法と、ターミナル内のアユタヤ行きのロットゥーチケット売り場の場所については以下の記事を参考にどうぞ。

北バスターミナルの行き方とターミナル内のチケット売り場の場所。
北バスターミナル(モーチット・マイとも呼ぶ)は、BTS モーチット(Mo Chit)より車で10分程度の場所にある巨大なバスターミナルです。タイ北部(チェンマイなど)、東北部(コラートなど)、中部(アユタヤなど)における主要観光都市行きのバスの殆どが、北バスターミナルか...

ロットゥーチケットは一人60バーツです。

ロットゥー乗り場に9:00〜9:15くらいに到着できれば、アユタヤには10:30頃に到着できます。

 

また、ドンムアン空港からは、北バスターミナルに直接行くエアポートバスが出ています。空港から直接北バスターミナルへ行く人は、エアポートバスを使う方が便利です。

ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。おすすめはタクシー。
ドンムアン空港からバンコク市内への距離は約30kmです。空港からバンコク市内へ行くには、以下いずれかの交通機関を利用することになります。各交通機関への乗り場は、いずれも空港1階、到着口のあるフロアにあります。到着口正面に各乗り場へのゲートがずらっと並んでいるとイ...

アユタヤのロットゥー到着場所とレンタルサイクルショップ

北バスターミナルからロットゥーに乗ると、以下地図の青色のバスマークの2箇所いずれかに到着します(旧市街の右端近く)。

 

ロットゥー到着場所1

ロットゥー到着場所1

ロットゥー到着場所2

ロットゥー到着場所2

どちらの場所も、到着場所であると同時にバンコク行きロットゥー乗り場の場所でもあるので覚えておくと良いです。帰りもここに来ます

 

どちらの場所に到着しても、到着場所からそのまま北上するとレンタルサイクルショップ<地図上紫色のバイクマーク>があります。

レンタルサイクルショップ

レンタル自転車は、トニーズプレイス(Tony’s Place)というゲストハウスの前に並んでいます。

レンタル料金は1日50バーツです。

レンタル時には200バーツのデポジットか、パスポート現物を預けます。

自分は200バーツのデポジットを預けました。パスポートを預けるのは「万が一失くされた」場合を考えると不安だったからです。

トゥクトゥクやバイクタクシーをチャーターするのもあり

アユタヤのロットゥー到着場所では、トゥクトゥクやバイクタクシー運転手が「乗せようか?」と話しかけてきます。

トゥクトゥクやバイクタクシーはレンタル自転車より料金は高いですが、体力的にはとても楽なので、予算に余裕のある人は利用するのもありです。

料金の相場は、トゥクトゥクが4時間で700バーツ程度。

バイクタクシーは1時間150バーツ程度です。

交渉次第ではこれ以上安くなることも、もちろんあります。

トゥクトゥクやバイクタクシーを利用する際は、どようなルートで周りたいのかを明確にしておきましょう。

周る遺跡

日帰り観光の場合、時間は限られているので全ての遺跡を周るのは難しいです。

また、ガイドブック等で見所とされている場所でも、歴史を知らない人からしてみれば、中には「?」と思う場所も正直あります。

そこで、ここで紹介するモデルプランでは、歴史などを知らない人でも、見た目のインパクトだけで驚くような遺跡で且つルートに入れて周りやすい場所のみを厳選しています。

周る順番は、上のGoogle Map上の番号1〜9の9箇所です。

アユタヤ半日観光MAP

番号順に周るイメージです。

6箇所目の次はチャオプラヤ川沿いのレストラン(赤紫のフォーク&ナイフマーク)で昼食をとります。

 

上記のスケジュールでは、10:30観光開始で16:00に終了する予定と記載していますが、これはかなり余裕を持った時間設定をしているので、実際にはもっと早く終わるかもしれません。

あくまでもモデルプランなので、変更や途中で切ったりするのもありです。

大体の目安として1観光地の滞在時間が15分程度、各観光地への移動時間を近い場所同士で5分、離れている場所で15〜20分程度と考えています。

モデルプランスケジュール詳細は以下の通りです

  • 10:30 アユタヤ到着。自転車をレンタルして観光開始
  • 11:00 <番号1>ワット・ラーチャブーラナ
  • 11:20 <番号2>ワット・プラ・マハータート
  • 11:40 <番号3>ワット・プラ・ラーム
  • 12:00 <番号4>ワット・プラ・シーサンペット
  • 12:20 <番号5>ワット・ローカヤスッター
  • 12:45 <番号6>アユタヤ・エレファント・キャンプ(象乗り15分コース)
  • 13:30 <赤紫のナイフ&フォークマーク>サイトンリバーレストランで昼食
  • <番号8>ワット・パナン・チューン対岸の渡し舟を使って対岸へ行く(自転車を乗せて)
  • 14:30 <番号7>日本人町跡
  • 15:00 <番号8>ワット・パナン・チューン
  • 15:30 <番号9>ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
  • 16:00 自転車を返却してバンコク行きロットゥー乗り場へ
  • 17:30 バンコク到着

周る場所は以下の9箇所です。

<番号1>ワット・ラーチャブーラナ

ワット・ラーチャブーラナ

アユタヤ遺跡郡の中でも規模の大きい遺跡の一つ。

上写真の四方を大きな壁に囲まれた空間は静けさがあり、まるで映画に出てきそうな迫力のある仏塔が目立つ。

<番号2>ワット・プラ・マハータート

ワット・プラ・マハータート

アユタヤ関連のガイド書籍では必ず紹介される場所。

一番の見所は、木の根に侵食されつつある首だけのブッダ。長い時の流れを感じる。

必見の価値あり。

<番号3>ワット・プラ・ラーム

ワット・プラ・ラーム

大きなクメール様式の仏塔が建つ遺跡。

仏塔には途中まで登ることが可能。上から遺跡全体を見下ろすとその広大さにロマンを感じる。

静けさと遺跡の状態から感じると時の流れがまるでラピュタのような雰囲気を出している。

<番号4>ワット・プラ・シーサンペット

ワット・プラ・シーサンペット

巨大な3つの仏塔が建つ遺跡。

それぞれにアユタヤ時代の3人の王の遺骨が納められている。

<番号5>ワット・ローカヤスッター

ワット ローカヤスッター

巨大な涅槃像がある遺跡。

この遺跡には「ストリートファイター2のサガットのステージモデル」というトリビアがある。

たまに遺跡の前で昇竜拳やタイガーアッパーカットのポーズを決めて写真を撮っている日本人をみかける。

アユタヤにはサガットのステージモデルがある!?アユタヤに関する3つのトリビア。
(アユタヤ遺跡群の一つ、ワット ヤイ チャイ モンコン)アユタヤ遺跡と言えばタイで最も有名な世界遺産です。首都バンコクから近いこともあって、バンコク旅行の際にはついでに行く人が多い場所です。アユタヤのような遺跡群を観光する際には遺跡の歴史を簡単にでも知っておく...

<番号6>アユタヤ・エレファント・キャンプ

アユタヤ・エレファント・キャンプ

象に乗ってワット・プラ・ラーム周辺をトレッキングするツアー。

車が横断する道路を普通に歩いたりして面白い。地元のタイ人は見慣れているので全くびっくりしないが、外国人からは写真を撮られまくる。

30分と15分のコースがあります。象に乗ってるのは意外とバランスをとらなければならなく、やや疲れるので15分のコースがおすすめ。

15分コースの料金は400バーツ。

エレファントキャンプの詳細については以下記事を参考にどうぞ。

アユタヤに来たらエレファントキャンプで象乗り体験を楽しもう。
アユタヤを観光していると、人を乗せた象が道路を歩いている様子を頻繁に目にします。これは、アユタヤの観光名所であるエレファントキャンプの象乗りツアーで、観光客は象使いと一緒に象の背中に乗って周辺を巡ることができます。 タイではあらゆる観光都市で象乗りツア...

昼食 <赤紫のナイフ&フォークマーク>サイトンリバーレストラン

サイトンリバーレストラン

少し遅い昼ごはんですが、雰囲気の良い川沿いのレストランでチャオプラヤー川を眺めながら昼食。

1品150バーツ程度から注文可能です。

サイトンリバーレストラン 食事 サイトンリバーレストラン 食事2

<番号7>日本人町跡

日本人町跡

遺跡ではありませんが、かつて1,500人もの日本人が住んでいた痕跡や、山田長政というアユタヤに貢献した日本人の軌跡を見ることができます。

日本人にとっては興味深い場所なので、時間に余裕があれば是非。

<番号8>ワット・パナン・チューン

 ワット・パナン・チューン

主に中国系タイ人(華人)に信仰されているお寺。本堂の中には高さ19mの黄金のブッダがある。

中々の迫力。

華人に信仰されているだけあって漢字での注意書きが多い。

<番号9>ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

ワット ヤイ チャイ モンコン

高さ62mもある巨大な仏塔がある遺跡。

遺跡のメイン通路左右にあるブッダの像も迫力がある。

遺跡観光終了。レンタルサイクルを返却してバンコク行きロットゥーへ乗る

観光が終了したら、自転車を元の場所へ返却。

この時、預けたデポジットもしくはパスポートを返却してもらうのを忘れないようにしましょう。

 

バンコクへ帰るには到着場所1と2のいずれかよりロットゥーに乗ります。

ロットゥーの料金は60バーツ

どちらから乗ってもバンコクへ帰れます

半日ツアー利用のメリット

今回紹介したのはバンコクから自力で行く日帰り観光のモデルプランです。

自力で行くと、交通費を含めた予算が1,000バーツもあれば十分という格安で抑えられるのがメリットです。

こうして考えると、料金が高いイメージの強いツアーよりも、自力で行く方が絶対に良いと思われがちですが、ツアーにはツアーならではのメリットもあります

まず、多くのツアーには日本語ガイドがつきます。

アユタヤのような遺跡群は見た目のインパクトだけでも楽しめると言えば楽しめますが、やはり遺跡が建てられた背景や遺跡に関する予備知識を知っている方が、より大きな感動を得られます。

日本語ガイドがいると遺跡に関する情報を余すことなく教えてもらえます。

そのため、予備知識なしで遺跡を見るのとガイド付きで見るのとでは、遺跡に対するイメージが大きく異なります。

どちらがよりアユタヤを楽しめるかと言われたらガイド付きの方が楽しいです。

また、ツアー商品によってはバンコクのホテルからの送迎も含まれています

わざわざ北バスターミナルまで行かなくて良いので楽です。

こうしたツアーは高額と思われがちですが、商品によっては1,000バーツ〜2,000バーツ程度で参加することができます。

こうして考えると、自転車でアユタヤを周るのに体力の自信がない方や、思いつきで急遽タイ旅行が決まってあまり下調べができていない方などは、自力で行くよりツアーを利用する方が良いでしょう。

また、ツアーの中には1日でアユタヤとバンコク市内の二つを行う商品もあります。

旅程の都合上、タイトなスケージュールを組んでいる方もツアーの利用の方がおすすめです。

いずれのツアーも、大抵は上で紹介したインパクトのある遺跡も必ず観光コースに含まれているので、視覚的にも楽しめることは間違いありません。

アユタヤの半日ツアーの一覧は以下より確認可能です。

>>>アユタヤのツアー。バンコクからの送迎付き + 日本語ガイド付き

 

ゆっくりとアユタヤに滞在して観光を余すことなく楽しみたい人は、ホテルやゲストハウス探しに以下の記事も参考にどうぞ。

アユタヤのおすすめホテル。観光に便利な立地のホテル4軒を紹介!
アユタヤのホテルは、多くのアユタヤの遺跡群が点在する旧市街の中と、旧市街の外にも数軒建っています。観光に便利な滞在地は旧市街の中にあるホテルです。遺跡との距離が近いので、自転車でアユタヤ遺跡を巡ることができます。宿泊ホテルが旧市街から離れるほど、遺跡観光に...
アユタヤでおすすめのゲストハウス3軒を紹介。日本人バックパッカーにも人気!
ザ パーク ゲストハウス (The Park Guesthouse)の部屋アユタヤのゲストハウスアユタヤにはバンコクからたくさんのバックパッカーが流れてきます。そのため、ゲストハウスの数がバンコク近郊のその他の都市より多いです。また、アユタヤの多くのゲストハウスは、遺跡が密集して...
最後までお読みいただきありがとうございました。

各SNSボタンよりいいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しく思います。

記事の保存にはワンクリックでお気に入り登録できるはてブ」「Pocket」が便利です。

当ブログの更新は不定期ですので、自動で更新情報を通知してくれるfeedly」かリアルタイムでプッシュ通知してくれるPush7」で
のがおすすめです。

タイ好きの方はぜひ友達になりましょう。フォローしていただけると喜びます。
ワット ローカヤスッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です