アソークのおすすめホテルを格安から高級までまとめて紹介していくよ。

ターミナル21

(ターミナル21)

アソーク(Asok)とは

アソーク(Asok)とは、バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)アソーク駅と、MRT(地下鉄)スクンビット駅周辺一帯のエリアを指します。

BTSマップ アソーク/スクンビット

(ピンクの丸で囲まれている部分がアソーク駅とスクンビット駅。両駅は隣り合わせにあるため、BTSとMRTの乗り換え地点になっています)

 

アソークはバンコクへ旅行に来る外国人観光客の滞在先として、非常に人気の高いエリアです。

前述した通り、BTSとMRTというバンコク都内における移動手段の主要となる公共交通機関が走っているのに加え、街中に観光客向けのレストランやホテル、バーが連なっているからです。

 

また、アソーク駅前にある大型商業施設ターミナル21をはじめ、ソイカウボーイなど、エンターテインメント性に長けた、旅行者の興味を引く場所があるのも滞在地としての人気を博している理由です。

ターミナル21の外観

(BTS アソーク駅に直結している大型商業施設ターミナル21

ソイカウボーイ

(ゴーゴーバーがひしめき合うソイカウボーイ

ソイカウボーイは男性向けのスポットですが、最近は女性だけで来ている欧米人女性や日本人のカップル観光客も見かけます(子連れはさすがに見かけない)。

バーによっては男女かかわらず楽しめるポールダンスショーも行われているので、女性だけの旅行でも興味があれば思い切って行ってみるのも面白いです。

 

アソークにはその他に、コンドームをモチーフにしたレストランやコスパの良い高級マッサージなどもあります。町歩きに関しては、現地に着いて予定を決めても十分に楽しめる施設・店が点在しています。

アソークのおすすめレストラン。「ワナカーム」と「ロッサビアン」。
上:ワナカーム(Wanakaam)。下:ロッサビアン(ROSABIENG)アソーク駅周辺を含むスクンビット通り周辺には、外国人向けのレストランやホテル、ショップが数多く並んでいます。以前、同じくアソークにあるキャベジズ アンド コンドームズというエンターテイメント性のある派手...
バンコクのアソークにあるおすすめ高級マッサージ2軒を紹介。
(URBAN RETREAT)日本より物価の安いタイだからこそ普段できない贅沢をしたいと考えた時に、多くの人はマッサージを受けることも思い浮かべると思います。日本のマッサージ料金は3,000円〜4,000円/1h が相場ですが、タイはそのおよそ1/5、200〜300バーツ(約600円〜900円)/1h...

今回紹介するホテルは、上記の施設やスポットを含め、アソーク近辺を包括的に満喫できる立地にあります。

タイトルにもあるとおり、カップルや友達(もちろん男一人でも)、家族連れもバンコクの滞在を楽しむことができます。

アソーク周辺のホテル

紹介するホテルは、下地図の番号1〜37〜11の場所にあります。

<地図の使い方>

  • 地図を大画面で見るには、右上の「」を押します
  • 地図を縮小・拡大するには、左下の+と−を押します
  • BTS アソークはオレンジ色の電車マークです
  • ソイカウボーイは緑色のラインです
  • ターミナル21は赤色の買い物かごマークです
  • その他のアイコンはおすすめのレストラン、マッサージ屋等です。各アイコンをクリックすると詳細を記載している記事へ飛べます

<本記事で紹介するホテル>

下記リンクからも、それぞれのホテルの宿泊料金詳細・予約確認が可能です。

宿泊料金にかんしては、シーズンによって変動するおそれがあるのでご注意下さい。

また、旅行当日に近ければ近いほど、料金が値上がりする傾向があるので、早めに予約する方が良いです。

おすすめの格安ホテル

<番号11>プレーム ホステル (Preme Hostel)

プレームホステルの外観

BTS アソークから400m、徒歩5分程度の格安ホテル。

これと言った特徴はありませんが、シンプルで清潔感のある部屋なので、観光最終日に搭乗時間までの荷物置きとして利用するのも良いでしょう。

 

プレーム ホステル (Preme Hostel)の客室1 プレーム ホステル (Preme Hostel)の客室2 プレーム ホステル (Preme Hostel)の客室3

写真の客室はシングルルーム (Single Room)。広さは20㎡です。

ホテル自体は古いですが、清掃が行き届いているので快適に過ごせます。WIfiの速度もこれと言って問題ありませんでした。

安ホテルでありながら、カードキーロックシステムを採用しているので、女性の一人旅でも安心して利用できるでしょう。

 

プレーム ホステル (Preme Hostel)のシャワールーム1 プレーム ホステル (Preme Hostel)のシャワールーム2

シャワールーム。お湯は湯温量共に好調です。

BTS アソークから400mという立地も良いですし、カードロック式セキュリティや清潔感も良いので、下手にわけのわからない安ホテルに泊まるよりかは安心感があるでしょう。

ちなみに、紹介したシングルルームの他に、ドミトリールーム(1泊1,800円程度)もあります。

宿泊費を極限にまで削りたい方は、ドミトリーに泊まるのもありです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>プレーム ホステル (Preme Hostel)

<番号9>レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)

 レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の外観

BTS アソークから徒歩で7分〜8分程度。ほぼBTS プロンポンとの中間地点にある安ホテルです。

こちらも大通りに面していますが、客室自体はホテル敷地の奥側にあるので、特に騒音などはひびきません。

ホテルのクオリティは中級そのものです。

ただ、BTSから少し歩くため、BTS間近の中級ホテルより宿泊費が1,000円程度安いのが魅力。宿泊費を少しでも浮かせたい人向きです。

実際にBTS アソークから歩いてアクセスしてみるとわかりますが、感覚的にはそれほど遠くないです。ストレスは感じません。

それどころか、BTS プロンポンへも徒歩8分程度でアクセスできるので、考えようによっては良い立地です。

 

 レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の客室1

写真はベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)。広さは25㎡です。

シングルベッド2台、もしくはダブルベッド1台への変更が可能です。友達同士での滞在にも使えます。

宿泊料金は、シーズンにもよりますが1泊3,000円程度です。二人で滞在して割り勘したら1,500円程度。

 

ベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)の客室2

作業机、冷蔵庫、クローゼットは完備。

 

ベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)のシャワールーム1 ベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)のシャワールーム2

シャワールーム

 

ベーシック ダブルまたはツインルーム (Basic Double or Twin Room)のプール

小さいながらもプールも完備。都会の中心地ですが、ちょっとしたリゾート気分も味わえます。

 

利便性を求めつつも、料金を抑えたいという人には良い条件のホテルかと思います。

個人的には、友達と割り勘して一部屋を使えば、たったの一人あたり1,500円程度になるので、友達同士で行く方は是非チェックしてみてほしいと思います。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)

<番号8>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の外観

BTS アソークから徒歩5分。大通りに面している格安ホテルです。

宿泊費をできるだけ削減したい方や、寝るだけ・夜遊びに使いたいという方におすすめです(ジョイナーフィーは無料)。

自分が滞在した時には、バックパッカーや、帰国日の搭乗時間までの間に荷物置き場として使っている方もいました。特に不衛生さはなかったので、そういった使い方もありだと思います。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の客室1 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の客室2

写真はスーペリア(窓なし) (Superior With Window)。広さは21㎡です。

リラックスできる空間ではありませんが、安ホテルに慣れている人であれば全く問題ないでしょう。

宿泊料金は、シーズンによっては2,000円代という破格の値段になります。

上述したように、特に不衛生だと感じることはなかったので、アソーク周辺のゲストハウスに泊まるよりは大分まともです。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の収納

クローゼットや小型の冷蔵庫も完備。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のシャワールーム1 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)のシャワールーム

シャワールーム。急に熱くなることがあったので、調整しながらシャワーを浴びました。

 

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の廊下 ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18のエントランス

共用部とエントランス。

 

何と言っても立地が良く、大通りに面しているのに騒音が気にならないのも評価できるポイントです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

おすすめの中級ホテル

<番号3>アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)

アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)の外観

BTS アソークのほぼ真北、400mの場所に位置する中級ホテル。宿泊料金は、シーズンによりますが1泊4,000円〜4,500円ほど。

駅の間近でありながら、小綺麗で使い勝手の良い部屋のため、コストパフォーマンスが高いです。

1人〜2人までなら十分滞在できる部屋なので、カップルでの滞在にもおすすめです。

 

アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)の客室1 アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)の客室2

デラックス (Deluxe)の部屋。広さは22㎡。アイチェック イン スクンビット 19 にあるのは、この部屋タイプ1種類のみ。

コンパクトな作りですが、作業机やソファー、テーブルまで完備されているので過ごしやすいです。

通常、立地条件の良い駅近ホテルは、高い割には狭い部屋が多いので、このグレードならお得感があります。

 

アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)のソファー

ソファー。バゲージラックもあります。

 

アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)のシャワールーム1 アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)のシャワールーム2

シャワールーム。ガウンの備え付けがあるのは嬉しかったです。唯一残念なのはアメニティが無いという点。

ただ、目と鼻の先にコンビニが数軒あるので、石鹸やシャンプーなどは安く揃えられます。

シャワーはお湯の出具合が良く、使用にあたって問題はありませんでした。

 

アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)前の通り

ホテルはBTS アソークの目の前に伸びる通りSoi 19(ターミナル21の脇)の中にあります。

詳しい場所は、上の地図を参考にして頂くとよりわかりやすいと思います。目印となるのは、BTS アソークから見て左側の歩道にあるファミリーマートです。

ファミリーマートの手前を左折すると、アイチェック イン スクンビット 19の看板が見えます。

ホテル周辺は、その他にも格安ホテルや中級ホテルが連なっていて、ちょっとしたホテル街のような雰囲気です。写真にも見える通り、トゥクトゥクやタクシーの通りも多いので、観光にも便利。

近辺のホテルにも宿泊しましたが、WiFi環境が悪かったり、スタッフがろくに掃除をしていないホテルが多かったです。

そのため、この近辺で一番おすすめできるのがアイチェック イン スクンビット 19です。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)

<番号2>ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)

 ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の外観

近代的なお洒落のデザインホテルです。BTS アソーク・BTS ナナの丁度中間という立地のため、カップルや夜遊び目的におすすめ。

ホテルの立地は、ソイカウボーイ・ナナプラザ・テーメーカフェから見て、丁度トライアングルの頂点にあたります。

ガリレア10周辺

(ホテルから真北にテーメーカフェ、東にソイカウボーイ、西にナナプラザ。どこにでも出陣できる)

そのためソイカウボーイ近くのおすすめホテル記事や、ナナプラザ近くのおすすめホテル記事でも、包括してバンコクの夜遊びを楽しみたい人におすすめしています。

ホテルのデザインが若者受けするので、連れてきた女性も喜んでくれます。カップルで宿泊しても面白いです。

 

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの客室1  ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の客室2  ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の客室3

写真の部屋タイプはデラックス(チル) (Deluxe-Chill)。広さは26㎡

壁に大都会のアートが描かれいます。作業机や家具は新しいです。デザインホテルなので、海外に来た!という五感が刺激されて楽しいです。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

ガリレア 10 スクンビットホテル 客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

特別広いというわけではありませんが、2人滞在までなら十分な広さはあります。

 

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)のシャワールーム

シャワールーム。ボディーソープ、シャンプー類は全て完備。

 

シャワールームを360度見渡せるパノラマ写真。

ガリレア 10 スクンビット バスルーム #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

シャワールームの壁にもアートが描かれています。ちなみに、バスタブ付きが良いという方は、一ランク上のプレミア(朝食付き) (Premier With Breakfast)に宿泊するとバスタブ付きです。

値段は少し上がりますが、部屋が4㎡ほど大きくなるため、快適度は増すでしょう。

 

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)のプール ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)のトレーニングジム

プールやトレーニングジムといった施設も充実。

 

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の入り口 ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)の朝食会場

入り口や朝食会場も、まるでSF映画のようにお洒落なデザインでした。若者受けしているようで、日本人の宿泊客が多かったです。

 

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)のウェルカムソフトクリーム

更に驚きだったのが、ウェルカムドリンクならぬ、ウェルカムソフトクリームが出てきたという点。しかも、結構美味しい。

暑い中、空港から到着して突然のソフトクリームは嬉しいサプライズです。

 

これだけのクオリティで、宿泊料金がシーズンによっては4,000円代というのが非常に魅力的。ちなみに、JF(ジョイナーフィー)は無料です

>>>ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)

おすすめの高級ホテル

<番号10>ラディソン ブルー プラザ バンコク (Radisson Blu Plaza Bangkok)

ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)の入り口

BTS アソークから距離450m、徒歩6分程度の場所にある五つ星ホテル。

駅近で格式ある高級ホテルでありながら、宿泊料金が1泊9,000円〜10,000円前後(シーズンにもよる)と手頃な値段なので敷居は高くありません。

「バンコクは日本より物価が安いから、安い値段で高級ホテルに泊まれる」と聞いたことがあるかと思いますが、それを代表するホテルの一つと言えるでしょう。

 

ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)のベッド ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)のソファー ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)の客室

客室のサイズは32㎡。機能的でソファーや書斎などがコンパクトに配置されています。

喫煙・禁煙ルームの選択が可能なので、喫煙者にも嫌煙者とっても過ごしやすいやすいでしょう。

 

radisson-suites-bangkok-sukhumvit-photoのバスルーム1 radisson-suites-bangkok-sukhumvit-photoのバスルーム2

バスルームは、シャワーブースがガラスで仕切られているタイプ。

 

ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)のアメニティ ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)のガウン

アメニティやガウン、アイロン台などの滞在中にあると便利な物も完備されています。

 

ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)の通路 ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)のロビー ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)の喫煙所

ホテル内の共用部。ピンク基調の可愛い通路部、ゴージャスなエントランスや喫煙所なども設備されています。

このホテルが良い理由は、手頃な値段の割に手抜きではない五つ星ホテルのクオリティを味わえる部分にあるかと思います。

BTS アソークから徒歩圏内という立地も素晴らしく、バンコク滞在の拠点としては申し分ないホテルでしょう。

ちなみに、JFは無料です。夜遊び目的での利用にもおすすめです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ラディソン ブルー プラザ バンコク (Radisson Blu Plaza Bangkok)

<番号1>マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の外観

BTS アソークから徒歩5分程度の場所にある高級ホテル。JF(ジョイナーフィー)が無料なので、夜遊びでの滞在にも良いです。

部屋が広めで施設が充実しているので家族連れの滞在にもおすすめです。

バリアフリー設備・車椅子OK、ランドリーやアイロン設備といった便利なサービスが付いています。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の客室1 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の客室2 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のソファー

スタジオスーペリア (Studio Superior)の客室。広さは34㎡。

客室は縦長の形をしています。入り口から手前にソファーがあるリラックススペース、奥にベッドがあります。

小さい子供がいる場合は、無料のエキストラベッドを追加をすると良いです。また、一人旅で利用する方は、ダブルベッド1台に変更することも可能です。

 

客室を360度見渡せるパノラマ写真。

マイトリアホテルスクンビット 客室 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

シンプルな作りと、清潔感を感じるあっさりした色合い。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の収納1 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の収納2

大きめのクローゼットが横並びに設備。家族全員分の荷物を入れられます。セーフティボックス付き。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のバスルーム1 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のバスルーム2

バスルーム。アメニティは完備。

 

バスルームを360度見渡せるパノラマ写真。

マイトリアホテルスクンビット バスルーム360 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

バスタブは足を伸ばして浸かれる広さです。2人で浸かることも可能。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のプール マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のゴルフ

広くはないですが、綺麗めのプールやフィットネスも完備。太陽がさんさんと照っている日は、とても気持ち良いです。

 

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のレストラン1 マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)のレストラン2

ホテル1階にあるレストラン。朝食会場にもなっていて、屋内・屋外のどちらでも食べられます。

屋外で食べる場合は、スタッフが扇風機を持ってきてくれました。

 

全体的に爽やかな印象があり、またスタッフが良く教育されていて対応が良かったです。小さな子供がいても安心して過ごせると思います。

1泊の値段が6,000円〜7,000円とそこまで高くないのも魅力的(シーズンにもよりますが)。

アソーク近辺での宿泊先を探している家族連れに、是非ともおすすめしたいホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>マイトリア ホテル スクンビット 18 (Maitria Hotel Sukhumvit 18)

<番号7>ジャスミン シティ ホテル (Jasmine City Hotel)

ジャスミンシティホテルの入り口

BTS アソークから徒歩3分。大通り沿いにある大型高級ホテル。

ホテル1階にスターバックスなどのチェーン店、またラーメン屋などの日本食レストランが併設されています。タイ旅行が初めての人でも抵抗なく滞在できる場所です。

シーズンにもよりますが、宿泊費が1泊7,000円代というのも魅力的。

 

ジャスミンシティホテルの客室1 ジャスミンシティホテルの客室2

写真はスーペリア スタジオ (Superior Studio)。広さは34㎡。

家具などを含め全体的に上品さがありました。宿泊客は一人旅、カップル、家族連れと幅広かったのが印象的でした。

時間帯によっては日本人のスタッフがいるので、海外旅行に慣れていない人でも安心して泊まれます。

 

ジャスミンシティホテル 客室4 ジャスミンシティホテル 客室3

客室の構成は、入り口から手前に冷蔵庫やキッチン、奥にベッドルームがあります。

ベッドルームからは良い景色が眺められるので、予約の際は高層階希望にチェックを入れておくのがおすすめです。

ジャスミンシティホテル 客室8

(客室から見える景色。BTSも見える)

 

ジャスミンシティホテル 客室6 ジャスミンシティホテル 客室5

ソファーや談話スペースもあるのでリラックスできます。

 

ジャスミンシティホテル シャワールーム1 ジャスミンシティホテル シャワールーム2

バスルーム。バスタブはジャグジー付き

 

日本人スタッフがいる点や、滞在者を選ばないシックな作りが特徴です。BTS アソークから近くて、利便性が非常に高いので、タイ旅行に慣れていない人にも使いやすいホテルです。

個人的には、夜遊びに使うのもおすすめです。

ソイカウボーイで働く女の子達の間では、憧れのホテルかのように人気があるので、連れてきたら喜んでくれます。JF(ジョイナーフィー)は無料です。

WiFiの感度は良好ですし、朝食はバラエティーに富んでいました。非の打ち所がないホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ジャスミン シティ ホテル (Jasmine City Hotel)

アソーク近辺のその他のホテル

上述したように、アソーク近辺には外国人向けのホテルが多く連なっています。

ホテルが多いだけに、もし上で紹介した3つのホテルの立地や予算が都合に合わなくても、自分に合ったホテルを探すのは容易です。

以下よりアソーク駅近辺のホテル一覧を確認できるので、この辺りに滞在する予定の人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>>BTS アソーク(Asok)近辺のホテル一覧

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)<夜遊び向け>

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の外観

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の入り口

バンコクでの夜遊びに全力を尽くしたい人は、BTS アソークとBTS ナナの中間にある、ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)に滞在してみるのも面白いです。

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)は、冒頭に載せた地図上の青色のグラスマークテーメーカフェと記載している場所にある中級ホテルです。

テーメーカフェとは、いわゆる出会い喫茶のことで、バンコクではゴーゴーバーやカラオケに次いで人気の夜遊びスポットです。テーメーカフェがあるのは建物の地下で、2F以降がホテルになっています。

丁度ソイカウボーイとナナプラザの中間に位置しています。スクンビット通り上にあるため、夜遊びに関しての利便性はバンコクで一番と言えます。

夜になると出会い喫茶利用の外国人がホテル周辺に集まるため、カップルや家族連れにはおすすめできません。あくまで夜遊び目的の男性旅行者向けです。

実際に泊まってみたのですが、フットワークの軽さが素晴らしかったです。スクンビット通りの夜の光景が好きな自分にはたまらないホテルでした。

もちろん、JF(ジョイナーフィー)は無料です。

1泊3,000円〜4,000円程度で宿泊できるので、1日くらい滞在先に組み込んでみてはいかがでしょう。

 

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の客室1 ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の客室2

デラックスルーム (Deluxe Room)。部屋の広さは23㎡。

ホテルの作り自体はやや古いです。ただ、きちんと清掃しているようなので寝るのに問題はないです。

宿泊料金が安い割には、湯沸かしポットやコップの備え付けがあるのは良い点でした。

 

スタジオルーム (Studio Room)のシャワールーム1 スタジオルーム (Studio Room)のシャワールーム2

シャワールーム。ちなみに、お湯はきちんと出ました。

ドライヤーはありませんが、男の一人旅ならさほど問題ないかとは思います。

 

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)の通路

通路。時間利用の客が多いですが、通路ですれ違うことはありませんでした。

ごく普通のホテルのような感覚で利用できます。

 

ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)のエントランス

利用客の殆どは男性でしたが、中には出張で来ているであろう人や、バックパッカーもいました。

 

このホテルはまだ一度しか利用していませんが、日が暮れてからのワクワク感を今でも思い出せるくらいバンコクの夜を堪能できたので、また利用しようと思います。

バンコクの夜遊び好きにとっては良い経験になるのではないでしょうか。是非、男性旅行者には宿泊してみて欲しいと思います。

部屋のグレードはデラックスルーム (Deluxe Room)以上が良いです。それ以下の部屋は、500円〜最大1,000円ほど安くなりますが、広さが15㎡ほどしかないです(ゲストハウスと同じ程度)。

デラックスルームであれば、値段の割には広々としているので、お得な気分を味わえます。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>ルアムチット プラザ ホテル (Ruamchitt Plaza Hotel)

紹介したホテルのまとめ

今回紹介したホテルのまとめです。

・<地図上番号10>ラディソン ブルー プラザ バンコク (Radisson Blu Plaza Bangkok)

ラディソン スイーツ バンコク スクンビット (Radisson Suites Bangkok Sukhumvit)のベッド
  • BTS アソークから450m、徒歩5分程度の場所にある5つ星ホテル
  • 宿泊料金が1泊9,000円〜10,000円前後とお手頃
  • 客室も共用部分も五つ星らしいエレガントな雰囲気が出ている

・<地図上番号3>アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)

アイチェック イン スクンビット 19 (iCheck inn Sukhumvit 19)の客室2
  • BTS アソーク駅周辺の中では安定した中級ホテル
  • 価格の割には、客室内にソファーや作業机などのリラックススペースが完備されている
  • 一人旅やカップルでの宿泊におすすめ

・<地図上番号2>ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ (Galleria 10 Sukhumvit by Compass Hospitality)

ガレリア 10 スクンビット バイ コンパス ホスピタリティの客室1
  • お洒落なデザインホテル
  • カップルや夜遊び向け。日本人の旅行者も多い
  • ナナプラザとソイカウボーイの中間という立地が魅力

・<地図上番号1>マイトリア ホテル スクンビット 18 (Maitria Hotel Sukhumvit 18)

マイトリア ホテル スクンビット 18(Maitria Hotel Sukhumvit 18)の客室1
  • 清潔感のある高級ホテル
  • 家族連れ向け。夜遊びに使うのも良い
  • プールやレストランといったホテル内の施設も充実している

・<地図上番号7>ジャスミン シティ ホテル (Jasmine City Hotel)

ジャスミンシティホテルの外観
  • アソークを代表する大型高級ホテル
  • 海外が初めての人でも安心して利用できる
  • シーズンにもよるが、1泊7,000円代という宿泊料金が魅力

・<地図上番号8>ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18 (White House Asoke Sukhumvit 18)

ホワイト ハウス アソーク スクンビット 18の外観
  • 駅近の格安ホテル
  • 寝るだけなら十分の使い心地。JF無料なので夜遊びにも使える
  • 帰国日に搭乗時間までの荷物置き場として使うのも良い

・<地図上番号9>レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)

レトロアシス ホテル (RetrOasis Hotel)の客室1
  • BTS アソークとBTS プロンポンの中間にある安ホテル
  • BTS アソークからは徒歩7分〜8分だが、その分宿泊料金が安いのが魅力
  • 友達同士でシェアして使うのがおすすめ

・<地図上番号11>プレーム ホステル (Preme Hostel)

プレーム ホステル (Preme Hostel)の外観
  • BTS アソークから距離400mの格安ホテル
  • カードキーロックシステムを採用しているので女性でも安心して泊まれる
  • ドミトリールームもある

【関連記事】

バンコクのおすすめホテルまとめ。旅行者にとって便利なエリアに絞って、快適なホテルをまとめました。

バンコクで"絶対に"おすすめのホテルとは?エリアごとに人気のホテルを全て紹介。
(バンコクの街並み)バンコクを初めて訪れる旅行者が滞在を楽しめるエリアは、一般的に以下4つのエリアとされています。 高層ビルや日本食レストランが立ち並ぶ利便性の高いスクンビットエリア ショッピングモールが連なり買い物を楽しめるサイアム・プラトゥーナムエリア ...
ターミナル21

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です