バンコクに来たらRUNBKKのTシャツを着てクールにキメよう。

RUNBKKのTシャツ 白と黒

バンコクに何度か滞在したことある方であれば、きっとRUNBKKのTシャツを一度は見かけたことがあるでしょう。

人によってはこのデザインを見てピンと来たと思いますが、RUN BKKのTシャツは言わずと知れた80年代を代表するHIPHOPグループRUN DMCのロゴデザインを、BKK(バンコクの略)に変えたパロディTシャツです。

RUNDMC

(RUN DMC。Wikipedia

 

自分がRUNBKKのTシャツに初めて出会ったのは確か4年ほど前。初めてタイでバックパッカーをした時、このイカしたデザインに一目惚れして衝動買いした記憶があります。

それから4年経った現在、買ったTシャツは既にヨレヨレになっています。そこで新たに買おうとしたものの、当時どこで購入したかを忘れてしまい、バンコクの色々な場所を探し回りましたが見つけられなかったのです。

しかし、今回チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットでやっと再発見しました。

チャトゥチャックのTシャツ

(チャトゥチャックで発見!!!!)

今回の記事では、このRUN BKK Tシャツの魅力と、RUN BKK Tシャツを買える場所を詳しく紹介したいと思います。

タイにしかないオリジナルのTシャツなので、自分用にもお土産にも最適でしょう。

興味が出たら購入してみてはいかがでしょうか。

RUN BKK

route66

(BANGKOK INVADERS。thecapitalofcool.blogspot.jp

RUN BKKのTシャツはバンコク発のDJグループ「BANGKOK INVADERS」が作ったTシャツです。

このBANGKOK INVADESというグループ、調べてみると日本への来日経験もあり、またSNOOP DOGGなどアメリカの有名アーティストとの共演歴もあるようで、クラブ好きにとっては世界的に有名なグループです。

 

RUN BKKのロゴは、タイ人ラッパーのPVでも頻繁に出てきます。

タイ ラッパー

(バーバーショップの兄ちゃんが着ていたり)

タイ レコード

(レコードのレーベルシールにも使われている。youtube

ひと昔前の日本で言うところの「SWAGGER」「NITRAID」「APE」のような存在なのでしょう。

「RUN BKK」が、タイのヒップホップシーンと密接にコミットしていて、タイにおけるヒップホップ文化を構成する要素の一部であることは間違いないようです。

 

実際に街中で着ているタイ人を見かけることは少ないのですが、外国人が着ているのはたまに見かけます。

一度、RUN BKKのTシャツを着てアソーク交差点を歩いていたら、バイクに二人乗りした白人に「ふぉ〜!!RUN BKKーー!!」と叫ばれたことがあります。

タイ人よりも外国人に知名度があるのかもしれません。

バンコクフリークを刺激するデザイン

RUN BKKのTシャツのカラーは白と黒の2種類、デザインは確認できている範囲では6種類ほどあります。

今回自分が購入したのは、以下の2種類です。

RUNBKKのTシャツ 白と黒

 

これ、ロゴの部分をよく見たら結構凝っているデザインであることに気づきます。

RUNBKKのTシャツ RUNBKK Tシャツ 白

「RUN BKK」の文字が、バンコクにある観光名所や地名、ショッピングモールの名前などで構成されています。

しかも殆どが旅行者でも知っている名前です。

 

黒カラーの方は、よく見ると風景がプリントされています。

RUNBKK Tシャツ 黒

バイヨークスカイホテルが見えるのでプラトゥーナム周辺の風景ですね。

 

ヒップホップでは、よく「レペゼン〇〇(地域)」という特定の地域を代表したり愛を示す言葉が使われますが、RUN BKK Tシャツもまさにバンコクを愛し、レペゼンするデザインのTシャツと言えます。

バンコクでこのTシャツを着て歩くのは中々気分が良いです。

チャトチャックでRUN BKKのTシャツを買おう

RUN BKKのTシャツをバンコクで購入するにあたって、Tシャツが売られていた場所は以下の3ヶ所でした。

  • チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット
  • カオサン通り
  • パッポンナイトマーケット

しかし、カオサン通りとパッポンナイトマーケットでは、Tシャツの種類自体が少なく、またどれもヨレヨレで状態そのものが悪かったです。

カオサン通り RUNBKK

(カオサン通りで見かけたRUN BKKのTシャツ。ヨレヨレだった)

そのためRUN BKK Tシャツの購入はチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットがおすすめです。

 

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットとは、BTS モーチット(Mo Chit)近くにて土曜日曜限定で開催されているアジア最大規模のマーケットです。

チャトゥチャックウィークエンドマーケット入り口 駅から見えるチャトゥチャック

服、雑貨、インテリア、ペット、アンティーク、アクセサリー、植木、軍隊グッズ、革製品…ありとあらゆる物が揃っているなんでもござれの超巨大マーケット、それがチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットです。

「チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットに無い物はない」と言われる程の場所ですから、RUN BKKのTシャツも簡単に見つけられました。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットへのアクセス方法や概要については、以下の記事を参考にして頂ければと思います。

バンコクのチャトゥチャック ウィークエンドマーケット。観光に役立つ情報。
バンコクには昼夜関わらず、お土産を買えるスポットがたくさんあります。ただ、日本の都市に負けないくらいの大都市バンコクで、店の雰囲気も値段も含めて「タイらしい」お土産を買える場所は意外と限られていま...

RUN BKKのTシャツはセクション12近くの店が一番品揃え良し!

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット内にあるいくつかの店舗でRUN BKKのTシャツを確認できましたが、一番品揃えが良かったのは、セクション12近くにある店舗(店舗名があるのかは不明)でした。

MAP上だと以下の場所です。

セクション12の場所

 

セクション12の看板を見つけましょう。Tシャツが売っている店舗はセクション12看板の近くにあります。

チャトゥチャック セクション12

店舗の写真

RUN BKKのTシャツがある店舗の中

店舗の奥に進むとRUN BKKのTシャツが並べられています。

チャトゥチャックのTシャツ

 

Tシャツ1枚の値段は以下の通りです。

  • Sサイズ = 149バーツ
  • Mサイズ = 159バーツ
  • Lサイズ = 179バーツ
  • XLサイズ = 199バーツ

試着はできませんでしたが、店員さんが肩を合わせてくれるので自分にフィットするサイズを見つけられるでしょう。

ちなみに、自分はMサイズを購入しました。自分の身長は172cmです。平均的な日本人男性であればMサイズ、少し大きめの方であればLサイズ、平均的な女性であればSサイズが良いのではないでしょうか。参考までに。

また、Tシャツ1枚の金額は上に記載した通りですが、2枚以上買ったら少し安くしてくれることもあるので、値切るのを忘れずに。

カジュアルなのでタイに興味がない人へのお土産にも良い

タイの服関連のお土産と言えば、タイパンツなどのエスクニック色が強調された服が多いです。

こうした物はタイ好きならまだしも、タイに興味のない人だと着ることがあまりないです。

実際、自分もタイパンツを友人のお土産にタイパンツを渡したことがありますが、友人が着用しているのを見たことがありません。

しかし、RUN BKK Tシャツであればタイを全面に出しているもののカジュアルな服なので、普段着としても使いやすいでしょう。

お土産として最適ではないかと思います。

自分用としてはもちろん、お土産選びに迷った際も是非購入してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

タイで活動する日本人ラッパーMek Piisuaが最近好き。
(Mek Piisua「BULALI シーロム通り」feat.RAPMANIAC, DJ QTEE. 出典:youtube)ここ最近の日本語ラップシーンは、「高校生ラップ選手権」や「フリースタイルダンジョン」の影響もあり、今までにない盛り上がり...
バンコクのレコード屋とタイファンク。音楽的な歴史を紹介する。
(伝説的なロックバンドブラックサバスをカバーした曲。タイ語の響きがかっこいい。)あなたは現在の音楽シーンに満足していますか?正直、あまり満足していない方がほとんどではないでしょうか。退屈な曲はもう...
バンコクで買い物。センスが良い若者向けの店4店舗を紹介。
(CARNIVALの店舗内)自分は所謂ストリート系の服装が大好きで、外国に行った際は必ずガイドブックには載っていないようなセレクトショップを探しに行っています。今回は、自分がバンコク滞在中に見つけたセンス...
RUNBKKのTシャツ

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です