バンコクのチャトゥチャック ウィークエンドマーケット。観光に役立つ情報。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット

バンコクには昼夜関わらず、お土産を買えるスポットがたくさんあります。

ただ、日本の都市に負けないくらいの大都市バンコクで、店の雰囲気も値段も含めて「タイらしい」お土産を買える場所は意外と限られています。

なぜなら、大型ショッピングモールなどの商品は日本で買う値段と大差がないからです。

 

安い衣類やアジアン雑貨をはじめ、タイオリジナルのブランド物…

チャトゥチャックで売られている象の雑貨

こうした、お土産として買うにはベストな商品を取り揃えた店が15,000店以上も連なるのが、タイ最大の市場「チャトゥチャック ウィークエンドマーケット(Chatuchak Weekend Market)」です。

タイでshop巡り #Thailand #Bangkok #タイ #バンコク #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

(マーケット内の様子を見渡せる360度パノラマ写真)

「一度通りすぎた店には再び戻れない」という程大規模な市場ですので、特に探している物がなくても何かに出会ってしまう確率が高いです。

お土産探しでなくとも、観光ついでに立ち寄るのもきっと面白いと思います。

チャトゥチャック ウィークエンドマーケット(Chatuchak Weekend Market)とは?

チャトゥチャックの看板

チャトゥチャックウィークエンドマーケットは1982年に設立されたバンコク最大の市場です。

ローマ字だと「CHATUCHAK」か「JATUJAK」と表記されることが多く、発音も「チャトゥチャック」か「ジャトゥジャック」のどちらかで呼ばれています。

ただ、観光客からは「チャトゥチャック(CHATUCHAK)」がほぼ正式名称として認識されています。

敷地面積も来客数もマンモス級

マーケット自体の敷地は1.13k㎡。東京ドームの2.5倍程あります。

BTS モーチットから見えるチャトゥチャック

(最寄り駅から見えるチャトゥチャック。テント型の店舗が何百と連なっている。)

名前の通り、土日のみ開催されているマーケットですが、週末になるとタイ国内外の多くの観光客が押し寄せてきます。

その数、なんと20〜30万人

その為、週末のチャトゥチャックウィークエンドマーケット周辺は、人気アイドルのライブ会場のごとく、非常に賑やかになります。

チャトゥチャックの露店エリア

(家族連れやカップル、国籍関わらず様々な観光客の姿が。まるでテーマパークのよう)

マーケット内を360度見渡せるパノラマ写真

タイのチャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットを散策してみた♪ #タイ #Thailand #バンコク #Bangkok #チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット #Jatujak-Weekend-Market #?????????????? #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

オールマイティな品揃え。気になったら即買いが鉄則!

チャトゥチャックの通路

そんなに大きなチャトゥチャックですが、何を売っているかと言うと文字通り「何でも」売っています。

イメージとしては、超巨大なドンキホーテと言えばわかりやすいと思います。

 

チャトゥチャックのファッションエリア1

天井まで山のように積まれている衣類やスニーカー。

ブランド物が偽物か本物かはおいといて、価格は安いです。Tシャツは一枚100バーツ〜。

チャトゥチャックのブティック

女性物衣類も豊富。カーティガンは1枚250バーツ〜。日本人女性が好みそうなデザインのショップも多数あり、日本人女性グループをよく見かけます。

 

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの靴屋

スニーカーの種類も選びきれないくらいたくさん。日本でもお馴染みの有名スポーツブランドもあれば、タイで大人気のオニツカタイガーや見たこともないブランドまで。

サイズも大抵の店が男性用・女性用に対応。

チャトゥチャックで購入したアディダスの靴

アディダスの可愛らしいカラフルなスニーカーは500バーツ。

 

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット エスニックなアジアン雑貨の店1

エスニックなアジアン雑貨の店も探さずとも見つかるくらいの店舗数があります。買い付けに来ていると思われる日本人バイヤーの姿も多いです。

こういったエスニック雑貨は、日本で見かけるよりも現地タイで見かけた方が魅力的に映ります。気になった物があれば手に取って見てみましょう。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット エスニックなアジアン雑貨の店2

エスニック柄バッグは一つ250バーツ〜。雑貨類は50バーツ〜。

 

チャトゥチャックで売られているインテリア

照明や壁掛け時計などのインテリアも豊富。ついつい衝動買いしてしまうお洒落な柄のインテリアが多いです。

 

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットのフラワーショップ

歩けば歩くほどおびただしい数の商品が目につきます。フラワーショップやペット用品ショップなど、観光客より地元住民に需要のある物も。

 

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットで売られている仏陀のオブジェ

高級な仏陀のオブジェ。観光客で買う人は中々いませんが、信仰心が強い日本人の中には購入する人もいるそうです。

 

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットで売られていた象の置物

象の安い置物は、タイらしいお土産として人気。一つ500バーツから。

象の置物は風水の効果もあり、仕事机の上に置くとビジネス上の信頼感を得られるようになると言われています。同僚や友達へのお土産にいかがでしょうか。

同ジャンルのお店は多いが、基本は即買いがおすすめ

チャトゥチャックウィークエンドマーケットは、後述するように商品ジャンルごとにエリアが区画分けされています。

その為、例えば衣類系のエリアを歩いていれば、似たような衣類ばかりが目につきます。

しかし、気になった物はその場で即買うことをおすすめします。

理由は、マーケット規模があまりにも大きすぎて、気になった商品を売っているお店に再度辿り着くことができないかもしれないからです。

 

買い物慣れしている人の中には、欲しい商品をできるだけ安く購入したい場合、同ジャンルの店をいくつか回ると思います。

ただ、上記の理由から、チャトゥチャックではそのような上級者の買い物術はおすすめできません。

例外として、I LOVE THAILAND Tシャツなどの、バンコク市内中でも見かけるアイテムに関しては、あまり気にする必要はないかと思います。

チャトゥチャックの地図

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットのMAP

大雑把ではありますが、チャトゥチャックウィークエンドマーケットは上地図のように区画分けされています。

地図を見ながら回る際の目印となるのが、各セクションに設けられているセクションナンバーです。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットのセクションボード

チャトゥチャック内はどの通りも同じ見た目をしているので、適当に歩いていると自分のいる場所が分からなくなってしまいます。

そのため、各区画に掲げられている上写真のセクションナンバーと地図上のセクションナンバーを照らし合わせながら歩けば迷わずに済みます。

グループ旅行で友人とはぐれた際には、各セクションもしくはマーケット中央にある時計塔(Clock Tower)を目印に待ち合わせすると良いでしょう。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの時計塔

(時計塔。チャトゥチャック中央にある。マーケット内で一番高い建物で遠くからでも見えるので目印にしやすい。写真撮影スポットにもなっている)

 

注意点として知っておきたいのが、チャトゥチャックには店舗数が多すぎるため、地図のジャンル分けはあくまで大雑把という点。あてにならない部分もあります。

例えば、服 & アクセサリーのエリアに雑貨屋や装飾品の店があったり、ペット用品エリアに食品店が並んでいることも

初めて行く人は、地図を参考にしながら周るのも良いですが、思い切って適当に歩き周るのも楽しいかもしれません。

あるいは後述するチャトゥチャックの地図アプリを使って、あらかじめ目ぼしい店舗をピックアップしてから回るルートをしっかり作っておくと良いでしょう。

いずれにせよ、ゲートの場所(GATE1〜3)は1番目印になる場所なので、入場時のゲートの番号だけは確認しておきたいです。

電車等の公共交通機関を利用して行った場合、多くの人が地図上の「ゲート2」か「ゲート3」付近から入場することになります。

チャトゥチャックのゲート2

(ゲートの看板にはゲート番号が書かれている。写真はゲート2です)

チャトゥチャックの地図アプリ

チャトゥチャックアプリ1

チャトゥチャックを効率的に回るには、チャトゥチャックのアプリを使うのがベターです。

チャトゥチャックのアプリでは、

  • 全ての店舗の詳細情報確認(場所、雰囲気、扱っている商品)
  • セール情報の確認
  • カテゴリーから気になる店舗を探す
  • チャトゥチャック全体の地図表示
  • トイレ、レストラン、両替所のみをピックアップして検索
  • 気になった店舗をお気に入り登録

を全てアプリ内だけで完結できます。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのアプリ2

(アプリのTOP画面。英語表記のみですが、わかりやすい構造)

個人的に特に便利だと感じるのは、各店舗の詳細情報を確認できる点。

これにより、真剣に買い物を楽しみたい人が、事前に気になる店舗だけをピックアップして効率良くチャトゥチャックを回ることができます。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのアプリ3

地図から気になる店舗の情報詳細をチェック。各店舗の詳細画面では、該当の店舗がマーケット内の住所「Section◯◯のSoi◯◯にある」という情報を確認できます。

マーケット内にあるSECTION数とSOI数の案内板

(セクション内の各通りにはSoi◯◯という数字が割り当てられている。各通り内ではSoi番号を示す案内板が掲げられている)

店舗の住所が分かれば、マーケット内の至る所にあるSectionとSoiの案内板を見て店舗へ行くことが可能です。

 

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのアプリ5

更に各店舗の詳細ページからは、店舗で取り扱っている商品やレビュー、同カテゴリーの他店舗情報も確認できます。

ある程度買いたい物が決まっている人であれば、カテゴリーから店舗をピックアップして、気になる店の場所から事前にマーケット内を回るルートを作っておくのもありです。

チャトゥチャックのアプリはオンラインなので、すでに閉店した店舗や新しい店舗の情報も紙の地図より正確です。

アプリのダウンロードは以下よりどうぞ。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのアプリをダウンロード

App Store

Google Play

チャトゥチャックのおすすめエリア

チャトゥチャックでは様々なジャンルの店舗が並んでいるため、人によって目当てとなるエリアは異なるでしょう。

ただ、マーケット内には観光客の間で共通して有名・人気とされている以下3つの定番エリア・店が存在します。

特に欲しい物はないという方は、まずは以下の定番エリアへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

トレンドファッションエリア(セクション4周辺)

チャトゥチャックのトレンドファッションエリア1

チャトゥチャック内にある服・アクセサリージャンルの中でも、とりわけてハイセンスでファッショナブルな衣類が多いエリア。

タイ人の若手デザイナーの店も多く、日本でも長年普段使いできるような衣類や装飾品が並んでいます。

 

トレンドファッションエリアの装飾品店

お洒落な雑貨やインテリア、装飾品を扱う店。アクセサリーは一つ120バーツ前後。レザーベルト690バーツで売られています。

 

トレンドファッションエリアのブティック1

トレンドファッションエリアのブティック2

アジア系の女性から人気だったブティック。カーディガン1着280バーツ。その他の衣類も1着300バーツ前後で売られています。派手すぎず地味すぎず、日本でも普段使いできる服ばかり。

 

トレンドファッションエリアにあるシティネーム入りTシャツショップ

シティーネーム入りのTシャツが売られている店。

「BANGKOK」の文字が入ったTシャツはバンコク中の露店で見かけますが、この店のTシャツはもっとポップでデザイン性があります。

シティーネーム入りTシャツを買うのであればチャトゥチャックのトレンドファッションエリアが絶対におすすめです。

古着エリア(セクション5,6周辺)

古着エリア1

古着や独特の柔軟剤の香りが漂う中、ややくたびれた感じの衣類が並ぶエリア。

ビンテージ物や掘り出し物も多いようで、バイヤーと思われる日本人の姿もたびたび見かけます。

衣類だけではなく、中古の靴も豊富。

古着なので人を選ぶかとは思いますが、新品に比べて圧倒的に値段は安いので、古着に抵抗のない人は是非足を運んでみましょう。

ブランド物やパチモノ、無名ブランドの洋服まで、幅広いジャンルの古着が並んでいます。

パエリア(セクション8の前)

チャトゥチャックのパエリア店

パエリア(Paella)とは、ジャバニカ米と野菜、魚介類、肉を炊き込んだスペイン料理です。

チャトゥチャックでは、このセクション8前にあるレストランのパエリアが絶品であるとのことから、世界中の観光客の間で人気になっています。

レストランの前ではマスコットである陽気なシェフ(上写真)が、カメラを向けるたびに様々なポーズをしてくれるのも面白いです。

 

チャトゥチャックのパエリア

こちらがパエリア。1皿150バーツ。

パリパリのご飯に肉と野菜の旨味が絶妙にマッチ、香ばしい”おこげ”の部分が更に食欲をそそる絶品です。美味しすぎて5分もしないうちに平らげてしまいました。

レストランは常に満席なので、上写真のように紙皿に盛って食べ歩きすることになるかと思いますが、それがまた観光地気分を盛り上げてくれます。

チャトゥチャックで小腹が空いたら、是非パエリアへ行ってみてはいかがでしょうか。

食べ歩きすることになるので、買い物前に行くのがおすすめです。

チャトゥチャックへ行く前に知っておきたいこと

チャトゥチャックを楽しく周る為に、いくつか知っておきたいことや注意点があります。

マーケット内には両替所がある

チャトゥチャック内の両替所

決してレートが良い訳ではありませんが、各入り口付近には両替所もあるので、万が一タイバーツを持っていなくても心配はいりません。

ただ、チャトゥチャックでは、あまり買い物をする予定でなかった人でも、帰る頃には両手一杯に買い物袋をさげていることが珍しくありません

その為、行く前にはできるだけレートの良い両替所でタイバーツを用意をしておくのがおすすめです。

バンコク市内のレートの良い両替所については、以下の記事を参考にどうぞ。

バンコクの新しい紙幣
バンコクでおすすめの高レート両替所をエリアごとに全て紹介。

小銭や小額紙幣を多く用意しておく

マーケット内でクレジットカードを使える店舗は多くないです。

また、一つ一つの商品は安価な物が多いので、1000バーツなどの高額紙幣を出すと「お釣りがない」と言われることもあります。

なので、小銭や20バーツ100バーツ紙幣を多くもっておくと便利です。

マーケット内は非常に暑い

上記で紹介したように、チャトゥチャックウィークエンドマーケットは、テント型の店舗が連なっている構造になっています。

その為、風通しがあまりよくありません。

非常に湿気が高く、蒸し蒸ししているのでハンドタオルは必需品です

水分補給に関しては、マーケット内の至る所にある屋台でミネラルウォーターを販売しているので心配いらないでしょう。

チャトゥチャック内でドリンク

(飲み物は1本10〜20バーツ程度で売られている。ただ、トイレの設置数は少ないので、飲みすぎには注意。)

早めに回って早めに出たい

詳細は後述していますが、チャトゥチャックウィークエンドマーケットの営業時間は08:00〜18:00頃までです。

多くの人が帰り始める16:00頃からは、周辺は人で一杯で歩きにくく、タクシーを捕まえるのも容易ではありません。

また、電車も通勤ラッシュのJR並みに混むので、時間に都合がつくのであれば、朝早くから行って14〜15時くらいの早い時間に帰る方がいいかもしれません。

チャトゥチャックへの行き方と営業時間

行き方

チャトゥチャックウィークエンドマーケットへは、BTS モーチット駅(Mo Chit)MRT カムペーン・ペッ駅(Kamphaeng Phet)MRT チャトゥチャック・パーク駅(Chatuchak Park)が最寄りとなります。

バンコク路線図 チャトゥチャック

(赤丸で囲んである3駅が最寄り駅)

どの駅から出ても、すぐ目の前がチャトゥチャックウィークエンドマーケットなので、人の流れに沿って歩けばすぐにたどりつけます。

 

JJマーケットの看板

BTS モーチットとMRT チャトゥチャックパークを出た場合は、上写真看板のある公園を通って行きます。

(看板には「JJ.Market(ジャトゥジャックの略)」と書かれている)

 

カムペーンぺ駅2番出口

MRTカムペーン・ペッ駅から行く場合は2番出口を出れば目の前にマーケットがあります。

営業時間

営業時間定休日
08:00~18:00(土,日のみ)月,火,水,木,金

日曜は16時頃から店じまいが始まるので、早めに行った方が良いです。

夜のチャトゥチャック「JJ グリーン ナイトマーケット」

JJグリーン1

チャトゥチャックウィークエンドマーケットは、週末の日中のみの営業です。

しかし、実はチャトゥチャックの営業終了後、真隣にて「JJ グリーン(Jatujak Green)」という名のナイトマーケットが夜な夜な開催されています。

旅程の関係で日中の間にチャトゥチャックに行けなかった人は、JJ グリーンに足を運んでみるのも良いでしょう。

JJ グリーンは、チャトゥチャックに比べると規模や商品のレパートリーこそ劣りますが、雑貨やファッションアイテムの品揃えは中々多いです。

JJグリーン2

(チャトゥチャックの横にある大きな広場に多数のテント型店舗が並ぶ)

テント型の店舗には、個人所有のアンティークや雑貨が並んでいて雰囲気は良い。

また、タイ人の若者向けの服が安い値段で売られているので、タイファッションに興味がある人にとっても面白いでしょう。

JJグリーン ファッションエリア

JJグリーン ファッションエリア2

若者向けのファッションアイテムが多いということだけあって、客層もタイ人の学生が多いです。

中には、学校が終わってそのまま遊びにきているのか制服のグループもいました。

チャトゥチャックウィークエンドマーケットのように、がっつり何かを買ったり掘り出し物を探すマーケットというより、食べ歩きをしながらお店を冷やかして楽しむマーケットという感じです。

JJグリーン 出店

(車を改造した屋台などもある。買いたい物がなくてもこうしたギミック溢れる店を見ながら歩くのも楽しい)

マーケットの敷地面積自体はかなり広いので迷いやすいですが、夜なのでそこまで暑さを感じません。

JJ グリーンナイトマーケットへの行き方

JJグリーンはチャトゥチャックウィークエンドマーケットのほぼ真隣に位置していますが、アクセス方法はやや異なります。

JJ グリーン周辺の図

JJグリーン周辺の図

最寄り駅からJJ グリーンまでの道のり

最寄り駅からJJグリーンまでの道のり

JJ グリーンへ行くには、BTS モー・チットの1番出口MRT チャトゥチャックパークの1番出口を出ます。

BTS モーチットからだと、1番出口の階段を降りた右手にあるMRT チャトゥチャックパークの1番出口を目指します。

JJグリーンまでの道のり2

MRT チャトゥチャックパークの1番出口

MRTチャトゥチャックパークの1番出口

MRT チャトゥチャックパーク1番出口の脇にある公園入り口に入ります。

公園の入り口

公園に入ると下写真の看板が見えるので、看板から右の道を進みます。左へ進むとチャトゥチャックウィークエンドマーケットの方へ向かうことになってしまうので要注意。

最寄り駅からJJグリーンへの道のり5

公園内を下写真赤の線の通りに反時計回りに進んで、青のライン(カムペーン・ペッ3rdロード)に出ます。

JJグリーンまでの道のり7

カムペーン・ペッ3rdロードに出たら、右方向に直進します。この辺りに来るとJJグリーンを目指す大勢のタイ人がいるので一緒についていくと良いです。

JJグリーンまでの道のり8

(多くのタイ人がJJグリーンに向かって歩いている)

カムペーン・ペッ3rdロードを200mほど直進すると左手にJJグリーンの入り口が見えます。

JJグリーンの入り口

Google Mapを使える環境にしておくと便利

JJグリーンへ行く時に限ったことではありませんが、タイ旅行中に観光地へアクセスする際は常にGoogle Mapを使える状態にしておくと便利です。

実際、自分もあらゆる観光地へ行く際は、Google Mapを見ながら道に迷わないよう注意を払って歩いています。

滞在期間が短かければ短いほど、道に迷うことは時間のロスでありストレスにもなります。

もちろん、タイ人は優しい人が多いので道を尋ねたら教えてくれますが、英語が得意な人は少ないので大体の方角くらいしか聞けないこともしばしば。

そのため、タイ旅行時はスマートフォンのネット環境を使えようにしていつでもGoogle Mapを開ける状態にしておくことを強くおすすめします。

タイ旅行中にスマートフォンを使う方法は、以下記事を参考にどうぞ。

true-moveのsimカード
タイでスマホを使う方法。プリペイドSIMカードとレンタルWiFi。
営業時間定休日
18:00~25:00月,火,水

チャトゥチャック近くの格安ホテル

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の外観

>>>G9 バンコク ホテル

チャトゥチャック周辺はホテルが少ないエリアですが、G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)はチャトゥチャックから徒歩でアクセスできる唯一のホテルです。

チャトゥチャックからのアクセスは、徒歩にして9分程度。マーケット周辺に滞在したい人にはうってつけの立地です。

紫色の星マークがG9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の場所です。チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットは、赤色で囲んでいる部分。

ホテルは、BTS モーチットがあるパポンヨーティン通りの1本裏側にあります。

 

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の客室1

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の客室3

写真の客室はスタンダード キングベッド (Standard King Bed)。広さは20㎡です。

高級ホテルのように豪華な設備があるわけではありません。立地を重視して寝るだけとして使いたい方に向いています。

 

シャワールーム

 

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の通路

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)のレセプション

通路とレセプション。ホテルは全体的に清潔でした。

 

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の周辺

周辺にはセブンイレブンがあるので特に不便は感じません。夜は閑散としていますが、タクシーの通りは多く、またモーターサイ(バイクタクシー)の待機所があるので、近場移動の足に困ることもありません。

昼間は商店や屋台が並んでいるので、ローカルフードを楽しめます。

 

ホテルからはBTSでバンコクの市内中へアクセスできますし、ドンムアン空港や北バスターミナルへのアクセスにも便利な立地です。

シーズンにもよりますが、1泊3,000円と安い料金で泊まれるので、チャトゥチャック周辺に滞在したい人にはおすすめ。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

ホテルの詳細については以下の記事も参考にどうぞ。

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の外観
BTS モーチット近くのおすすめホテル。チャトゥチャックでの買い物にも便利。

まとめ

チャトゥチャックはバンコク一の大きさを誇る巨大市場なので、普通の買い物客だけでなくバイヤーなども訪れるそうです。

自分が初めて行った時は、あまりの大きさに迷子になってしまったという思いでがあるくらい巨大市場ですので、行ってみて何もなかったということは絶対にないと思います

なので、きっと思っていなかった掘り出し物と巡り会えるでしょう。

アクセスも容易ですので、バンコクに訪れた際は是非行ってみて下さい。

それでは、素敵な旅を!!

【関連記事】

バンコクに来たら絶対行くべき有名観光地のまとめ。

ワット・プラケオの写真1
バンコクのおすすめ観光地30選。市内・郊外・日帰り観光できる周辺の人気都市まで全て紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です