北バスターミナルの行き方とターミナル内のチケット売り場の場所。

北バスターミナルの正面玄関

北バスターミナル(モーチット・マイとも呼ぶ)は、BTS モーチット(Mo Chit)より車で10分程度の場所にある巨大なバスターミナルです。

タイ北部(チェンマイなど)、東北部(コラートなど)、中部(アユタヤなど)における主要観光都市行きのバスの殆どが、北バスターミナルから発着しています。

また、タイのみならずビエンチャン(ラオス)やプノンペン(カンボジア)等の、国外行きのバスも北バスターミナルから乗ることができます。

バックパッカーなど、頻繁に都市間の移動を行う長期旅行者は、北バスターミナルを利用する機会が必ずあるでしょう。

 

ただ、北バスターミナルは観光都市以外のあらゆる地方都市行きのバスも発着しています。その上、内部には複数のバス会社チケット売り場が多数存在しているため、目的のチケット売り場がどこなのか分かり辛いです。

北バスターミナルの内部

(北バスターミナルの中。ターミナルは3階建てで、チケット売り場は1階と3階。一つのフロアに軽く50を超えるチケットカウンターがある

重い荷物を持ち歩いて目的都市の切符売り場を自力で探すのは、まず無理でしょう。自分も初めて北バスターミナルへ行った時は、30分近く迷ってヘトヘトになりました。

正面玄関の前にあるインフォメーションでチケット売り場を聞くこともできますが、事前にチケット売り場の場所を知っておいた方が早いのは間違いないです。

そこで今回の記事では、北バスターミナルへの安い行き方と、北バスターミナルからのバスでアクセスできる主要都市「アユタヤ」「チェンマイ」「カンチャナブリー」「スコータイ」行きバスの切符売り場の場所を紹介します。

これから北バスターミナルのバスを使って、バンコク以外の都市へのアクセスを考えている人の参考になれば幸いです。

北バスターミナルへの行き方

北バスターミナルへは、BTS モーチット(Mo Chit)もしくはMRT チャトゥチャック・パーク(Chatuchak Park)からアクセスできます。

両駅から北バスターミナルへは歩いて行けないこともないですが、徒歩だと20分以上かかるので現実的ではありません。

両駅から最も安く北バスターミナルへアクセスする方法としては

  1. 路線バス(10バーツ前後)
  2. タクシー(50バーツ前後)
  3. バイクタクシー(50バーツ前後)

の順番となります。

北バスターミナル周辺のMAP

緑色のバスマークが北バスターミナル。

BTS モーチット、MRT チャトゥチャックの両駅は青色の電車マークで記しています。

路線バスで行く

北バスターミナル行きのバス

北バスターミナル行きの路線バス停は、BTS モーチットもしくはMRT チャトゥチャック駅から徒歩1分程度の場所でアクセスできます。

バス停の位置は、上の地図で赤紫のバスマークで記してある場所です。

路線バスはエアコンが効いているので乗り心地は悪くありません。その上、運賃が10バーツ程度と格安なので一番おすすめです。

また、バスの本数が多いため5分も待てば北バスターミナル行きのバスが到着します。使い勝手も良いです。

バス停の場所

バス停へ行くには、BTS モーチットなら4番出口を、MRT チャトゥチャックなら3番出口を出ます。

BTS モーチット4番出口

(BTS モーチットの4番出口。出口階段を降りたらすぐにUターンする)

MRTチャトゥチャック3番出口

(MRTチャトゥチャックの3番出口。エスカレーターがある方を上がる

BTS モーチットからであれば出口階段を降りて即Uターンして直進、MRTチャトゥチャックはエスカレーターのある3番出口を上がって直進します。

150mほど直進すると、陸橋を超えたすぐの場所にバス停がいくつか並んでいます。

モーチットのバス停

北バスターミナル行きのバスは、一番手前のバス停に停まります。

北バスターミナルへ行くバスの番号は、バス停表示に書いてある番号の96、122、134、136、138、145、182、517の8便です。

※2017年9月より、134のバス番号は『B20』に変更されるとのこと。

バス停表示

バスが来たら乗り込んで運賃を支払います。北バスターミナルまでは10分程度で到着します。

タクシーとモーターサイ(バイクタクシー)

タクシーとバイクタクシーの場合は、両駅から50バーツ程度。所要時間はバスと同じで10分程度です。

駅周辺ではタクシーもバイクタクシーも数多く待機しているので簡単に捕まえられます。

ドンムアン空港からも北バスターミナル行きエアポートバスが出ている

ドンムアン空港 エアポートバス

ドンムアン空港1階の5番出口からは、BTSモーチット経由北バスターミナル行きエアポートバスが7:30〜24:00の間15分〜30分おきに出発しています。乗車運賃は30バーツ。

方向幕に「A1」「A2」と書かれた2種類のバスが存在しますが、北バスターミナル行きは「A1」のバスです。

「A2」のバスは途中でBTS モーチット駅を経由はしますが、最終的にはBTS ビクトリーモニュメントに着きます。北バスターミナルへは向かいません。

A2のバスに乗る場合は、BTS モーチットで一度下車して、上述した路線バスなどに乗り換えて北バスターミナルへ向かいます。

 

ドンムアン空港に到着して早々に北バスターミナルへ向かう人は、エアポートバスを使うのが一番便利です。

エアポートバスの運行時間外にドンムアン空港に到着した人は、タクシーを利用して北バスターミナルへ向かうと良いでしょう。

ドンムアン空港のタクシー乗り場の場所については、以下の記事を参考にどうぞ。

ドンムアン空港到着ゲート
ドンムアン空港からバンコク市内への行き方。おすすめはタクシー。

ドンムアン空港から北バスターミナルまでのタクシー料金は100バーツ〜150バーツ程度です。

北バスターミナル内、主要観光都市のチケット売り場

恐らく旅行者が目的とする都市はアユタヤ、カンチャナブリー、スコータイ、チェンマイが最も多いかと思います。

各チケット売り場はわかりやすい場所にあるので、こちらも参考にして頂ければと思います。

上記3都市も含め全てのチケット売り場の場所は、バスターミナルに入って正面にあるインフォメーションでも教えてもらえるので心配はいりません。

バスターミナル内のインフォメーション

(インフォメーション)

アユタヤ行きのチケット売り場

アユタヤ行きのチケット売り場は、ターミナルの外にあります。

まず、インフォメーションを向かいにして、左へ進みます。

インフォメーションを左へ

そのまま直進すると、突き当たりにフードコートがあります。フードコート奥にある自動ドアから外に出ます。

バスターミナルのフードコート

 

自動ドアを出ると、正面に何台ものバスが停留しているプラットフォームが見えます。

北バスターミナルのプラットフォーム

 

プラットフォームを超えると、たくさんロットゥー乗り場が並んでいるのが見えます。

北バスターミナル ロットゥー乗り場

アユタヤ行きのチケット売り場は、同時にロットゥー乗り場にもなっているため、ここでチケットを買い、そのままロットゥーに乗り込めます。

アユタヤ行きロットゥー乗り場

(アユタヤのチケット売り場の頭上には「AYUTTHAYA」と書かれた黒の看板がある)

アユタヤ行きのチケットは60バーツです。アユタヤ行きロットゥーは、05:00AM〜15:00PMまでの間、20分〜30分おき程度に出発しています。

ロットゥーは、アユタヤのナレースワン通り付近に到着します。

ロットゥー到着場所2

(アユタヤのロットゥー発着場所。戻りのバンコク行きロットゥーもここから出る)

アユタヤのロットゥー到着停留所の詳しい場所については、以下の記事も参考にどうぞ。

ワット ローカヤスッター
アユタヤの日帰り観光。バンコクからの半日ツアーを使わないモデルプラン。

カンチャナブリー行きのチケット売り場

カンチャナブリー行きバスのチケット売り場は、インフォメーションの裏にあります。

トランスポート社のチケット売り場

このカウンターでは、カンチャナブリー以外にもチェンマイやプノンペン行きなどのチケットも扱っています。

カウンターのどこにも「カンチャナブリー」とは書かれていませんが、カウンターで「カンチャナブリー?」と聞けば、次のバス出発時刻を教えてもらえてチケットの購入ができます。

カンチャナブリー行きのバスは06:30〜16:00の間、1時間おき程度に出発しています。

運賃は乗るバスのクラスのよって異なりますが、120バーツ〜281バーツです。

カンチャナブリーの到着バスターミナルの場所については、以下の記事を参考にどうぞ。

戦場に架ける橋01
戦場にかける橋。タイを観光するならカンチャナブリーもおすすめ。

スコータイ行きのチケットも同じ場所で買える

同じカウンターでスコータイ行きのチケットも購入できます。

スコータイ行きのチケットは310バーツ。正確な出発時間は不明ですが、バスの本数は多く、毎日ひっきりなしに出ているので、余程細かい時間配分でスケジュールを組んでいる人でなければ、あまり時間を気にせず向かっても良いでしょう。

自分も時間を気にせずバスターミナルへ向かい、チケットを買って40分後にはバスに乗れました。

スコータイ行きのバス

(スコータイ行きのバス。この時はプラットフォーム112から乗った)

スコータイの到着バスターミナルの場所については、以下の記事を参考にどうぞ。

ワット・シーチュムの仏像
スコータイ観光の完全ガイド。遺跡とロイクラトンが美しいタイ北部の世界遺産。

チェンマイ行きのチケット売り場

チェンマイ行きのバスチケットは、上に記載したカンチャナブリー行きのチケット売り場でも買えます。

チェンマイ行きのバスは6:30〜22:00の間、同じく1時間おき程度で出発しています。

料金はバスのクラスや乗る時間によって異なりますが、488バーツ〜759バーツ程度です。

また、上に記載したカウンターとは異なる別のバス会社のカウンターが、バスターミナル正面玄関前に複数存在します。

チェンマイ行きチケット売り場

チケットはどちらでも買えます。バスのグレードは会社やクラスによってやや異なりますが、どの会社のバスに乗っていても長距離だと多少は辛いし、近距離ならあっという間なので、個人的にはそこまで気にしなくても良いかなとは思います。

ただ、クラスはできるだけVIPなどの良いクラスに乗った方が良いです。席がゆったりしていたり毛布を出されるので、多少なりとも快適にすごせます。

チェンマイの到着バスターミナルについては、以下の記事を参考にどうぞ。

ドイステープ
チェンマイ観光の完全ガイド。北方のバラと呼ばれるタイ第二の都市。

北バスターミナルから地方都市へ移動する前日の滞在に便利なホテル

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の外観

BTS モーチットから徒歩で9分程度の場所にあるG9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)は、北バスターミナルを利用して地方都市等へ移動する前日の滞在に便利なホテルです。

ホテルはBTS モーチットがあるパポンヨーティン通りの1本裏に位置しています(上のGoogle Map上紫色の星マーク)。

早朝に北バスターミナルへ向かう予定の人は、このホテルに滞在しておけば遅れることはないでしょう。

ホテルの前にはモーターサイ(バイクタクシー)の待機所があり、タクシーの通りも多いので、北バスターミナルへ向かう足は容易に確保できます。

 

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の客室1

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の客室3

写真のルームタイプはスタンダード キングベッド (Standard King Bed)。広さは20㎡です。

清潔感があるので寝るだけなら十分な客室です。

 

シャワールーム

 

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の通路

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)のレセプション

共用部やエントランスも清潔で、スタッフの対応も感じが良かったです。

 

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の周辺

ホテル周辺は閑散としていますが、セブンイレブンや商店、屋台が連なっています。利便性は良いです。

 

宿泊料金はシーズンにもよりますが、1泊2,500円〜2,800円程度です。バックパッカーなどの節約旅行者は、宿泊費を1,000円台に押さえられるドミトリータイプに泊まるのも良いでしょう。

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel) 男女共用ドミトリー

男女共用のドミトリールーム(Mixed Dormitory Shared Bathroom)。バスルームは共用です。

女性専用のドミトリールームもあります。

 

宿泊が土曜日・日曜日であればチャトゥチャック・ウィークエンドマーケットを観光できます。

観光にも移動にも色々と便利なホテルです。

宿泊料金・予約確認は以下より可能です。

>>>G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)

 

G9 バンコク ホテルについては、以下の記事にも詳細を記載しているので是非参考にどうぞ。

G9 バンコク ホテル (G9 Bangkok Hotel)の外観
BTS モーチット近くのおすすめホテル。チャトゥチャックでの買い物にも便利。

長距離バスに乗るときは薄手の上着と耳栓があると便利

タイの長距離バスですが、場合によってはびっくりするくらい冷房を効かせていることがあります。

また、バスによっては乗客を楽しませるためか映画や音楽を大音量でかけていることがあり、ありがた迷惑を感じることも珍しくありません。

ゆっくり寝たい時に寝られないのは辛いものがありますので、長距離バスに乗る時は、薄手の上着と耳栓を用意しておくと便利です。

それでは、素敵な旅を楽しんで下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です