仲居の仕事って実際どう?リゾートバイト経験者が語る仲居の日常。

仲居さん

仲居と言えば旅館の仕事における花形のポジション。

日本の伝統精神である「おもてなし」という心配りで宿泊客を迎え入れる仲居の姿は、まさに日本人女性らしい品格のある振る舞いです。

そんな仲居の仕事に憧れを持ったことがある女性は少なくないと思います。

しかし一方で、仲居の仕事は未経験者にとって、中々気軽に始めることができないレベルの高そうな仕事というイメージが強いでしょう。

仲居の求人募集は公共の職業安定所でも度々見かけますが、未経験の人には中々応募の決心がつきにくいもの。

実際、いざ仲居の仕事を始めると、新卒の若い人なら多少のミスをしても可愛がられますが、これが20代中盤や30代になるとかなり厳しい指摘を受けるという側面も確かにあります。

そのため、本格的に仲居の仕事に飛び込むのが不安な女性の間では、「お試し」感覚で2ヶ月〜3ヶ月程度の短期で仲居の仕事を体験できるリゾートバイトが人気の働き方となっています。

 

リゾートバイトとは2ヶ月〜3ヶ月程度の短期契約を前提に住み込みで働くアルバイトです。

短期であるが故、仕事の範囲は正社員より狭いですが、仲居という仕事がどのようなものかを経験するには十分と言える期間でしょう。

また、リゾートバイトの仲居は、人材不足に悩む地方リゾート地での募集が多いため、基本的に年齢に関わらず未経験でも歓迎しています

仲居の仕事を経験してみたい人は、まずはリゾートバイトで働いてみるのを検討してみてはいかがでしょうか。

 

リゾートバイトを始めるには、リゾート地でのバイト案件を専門的に扱うリゾートバイト派遣会社を通すのが一般的です。

ただ、リゾートバイト派遣会社は複数存在しており、各社様々な特徴を持ち合わせています。

そこで仲居の求人を探す場合は、温泉旅館や仲居の求人を特に専門的に扱うアルファリゾートを利用するのがおすすめです。

>>>温泉旅館や仲居の求人を専門とするリゾートバイト派遣会社【アルファリゾート】
 
アルファリゾートは『リゾートバイトのおすすめ派遣会社』の記事でも記載したように、仲居を含めた旅館系の求人に特化しています。加えて各求人の時給も高く、時給1,100円以上の求人が多数あります。

アルファリゾートの仲居求人

(アルファリゾートの仲居求人例。基本的に時給が高い。着物の形式や温泉入浴可否の記載も分かりやすい場所にある)

アルファリゾートなら自分の理想とする条件の仲居求人が見つかるでしょう。

今回の記事では、これから仲居の仕事をリゾートバイトで経験したい人に向けて

  • 仲居の大変なところ・楽しいところ
  • 仲居の人間関係
  • アルファリゾートで仲居の求人を効率的に探す方法

を記載していきます。

仲居の仕事は大変な部分も多いですが、日本の伝統文化「おもてなし」や品格のある女性らしい立ち振る舞いを学べる有意義な職業です。

是非、仲居に興味がある女性は臆することなく飛び込んでみて欲しいと思います。

仲居の仕事。大変な部分と楽しい部分

仲居のお出迎え

www.jalan.net

大変な部分

仲居の仕事内容は、配膳・お出迎え・お見送り・片付け・客室点検・客室案内・お茶出しなど多岐に渡ります。

宿泊客を包括的にサポートする役割だと考えておくと良いです。

1日の仕事の流れについては、以下が参考になります。

>>>仲居さんの1日。起床から帰宅まで
 
仕事の量と範囲は短期アルバイトであっても決して少なくありませんが、やる事は明確にマニュアル化されているので仕事内容を覚えること自体は難しくないでしょう。

おもてなしの3配り

仲居の仕事で大変だと感じる部分は、おもてなしの大原則とも言われる3配り(目配り・気配り・心配り)といった、明確にマニュアル化されていない部分です。

  • 目配り…相手や周囲を観察すること、相手の立場になって考えること
  • 気配り…場を読む事。先読みして自分は何ができるかを考えること
  • 心配り…思いやりをもつこと。観察して分かったことを行動に移すこと

「場を読むこと」「思いやりを持つこと」と言われても、説明が抽象的なので最初の内は何をどうすればいいのかわからないことが大半かと思います。

3配りの”在り方”については、考えるよりも”慣れ”で掴めてくる部分が大きいです。

例えば、自分が給仕(男性版の仲居)として旅館で働いていた時のこと。

ある先輩に「お客様をお見送りする時は、お客様が見えなくなるまでだと重いから引き際を考える」と言われました。

しかし、引き際なんて考えてもわからないので、最初の内は先輩が引くタイミングに合わせて自分も一緒に引きます。

また、お客さんに話しかける時も、何でもかんでも個人情報だなんだと言われる時代のせいか、「どこからいらしたんですか?」という会話はNGということもありました。

当たり障りのない範囲で会話を組み立てるコミュニケーション能力が必要です。

こういった明確にマニュアル化されていない部分は、とにかく先輩の言動を参考にしたり見様見真似で実践する必要があるので、最初のうちは気疲れを覚えることが多いでしょう。

ただ、1週間〜2週間もすれば徐々にコツが掴めて、自然な振る舞いができるようになってきます。

着物の着付け

着物の着付けができない人は、「本式着物」の求人は避けた方が良いでしょう。

仲居の着物には「本式着物」「二部式着物」「作務衣(さむえ)」の3種類が存在します。

  • 本式着物…一般的にイメージされている着物
  • 二部式着物…見た目は着物そのものだが、腰のリボンを結ぶだけで着られるよう簡略化してある。誰でも着こなせる
  • 作務衣…居酒屋などの制服でも採用されている和テイストの作業着。男性は作務衣を着る

この中で、二部式着物と作務衣は着物を簡易化したものであるため、着物経験がない初心者でも簡単に着こなすことができます。

しかし、本式着物は教えてもらっても最初の1ヶ月くらいは着付けに1時間くらいは要します

自分(男性)の場合は、作務衣しか選択肢がないので何ともありませんでしたが、本式着物の新人女性仲居の中には、毎日仕事開始時間の1時間30分に出勤して、着物の着付けを頑張っている子もいました。

それでも、先輩仲居から「あわせが雑」「乱れている」と注意を受けて意気消沈していた子もちらほらいました。

着物の着付けに自信がない人は、二部式着物か作務衣を採用している旅館で働くと良いでしょう

冒頭で紹介したアルファリゾートの各求人には、各雇用先で採用している着物の形式も記載されています。

以下の動画は、本式着物の着付けの流れです。動画を見てみて、自分にできそうかどうかを参考にしてみて下さい。

楽しい部分(メリット)

仲居の仕事で楽しい部分は、宿泊客との距離が近いが故に感謝の気持ちをダイレクトに伝えて貰えるところにあります。

感謝の気持ちは言葉だけではなく、時には3,000円〜5,000円くらいの心付け(チップ)で伝えらることもあります。

正直言って、心付けを貰えた時が何より嬉しい瞬間です。旅館の中には、心付けを貰ったら社員に報告することを義務付けている場所もありましたが、実際のところは皆さん黙ってポケットに入れています。

あとはしっかりしたマナーが身につきます。バイト敬語ではなく正しい敬語です。

また、上で着物の着付けは難しいと記載しましたが、慣れてくると新人もベテランも交えて着物や帯の柄や色を合わせて綺麗な組み合わせて盛り上がったり、一緒に着物小物の店へ出かけている人もいました。

やはり着物が好きな人ならば、毎日着物を着られるので楽しいのでしょう。

最初の内こそ仕事に気疲れしやすいですが、慣れてくると要領よく手を抜く感覚も掴めてきます。

要領さえ掴めてきたら、仲居の仕事はリゾートバイトの中では時給が良い方なので楽に稼げていると思えてくるでしょう。

時には料理長が新鮮な海鮮料理を少しおすそ分けしてくれたり、また求人によっては無料で温泉に浸かれるので充実したリゾートバイト生活を送れます。

仲居の人間関係

京都の仲居

仲居は基本的に女性だけのポジションなので(稀に自分のように給仕として男性が働いている旅館もあるが)、女性だらけでドロドロしていたりイジメが発生しているようなイメージを持たれがちです。

ただ、実際のところは穏やかな体育会系といった雰囲気で、サバサバした女性が多いです。

「先輩仲居が言うことは絶対にYES」という程ではありませんが、やはり指示されたことに対してハッキリと返事をする、そして先輩が何か作業している時は気を効かせて手伝う心配りが重要です。

先輩から理不尽な指示を出されることはないので大丈夫です。

自分が働いてきた中では、特にイジメもありませんでした。

ただ、仲居の中には「仲居一筋◯十年」という人は珍しくありません。

こういった方々は、仲居という仕事にプライドを持っているので、もし新人のリゾートバイターに「仲居の仕事を軽く見ている」という行動が見られた場合にはキツく当たってきます。

なので、こういった人はいないかと思いますが、短期のリゾートバイトだからと言って「どうせすぐ辞めるし」という気持ちではなく、「先輩仲居達からおもてなしのある振る舞い方をしっかりと得よう」というポジティブな気持ちでのぞむと良いでしょう。

前向きに仕事さえしていれば打ち解けるのは早いですし、早い段階で気の合う友達も作れるでしょう。

仲居リゾートバイト求人の探し方

アルファリゾートの仲居特集

仲居のリゾートバイト求人を探すには、冒頭で紹介したように温泉地や仲居の求人に特化したリゾートバイト派遣会社「アルファリゾート」を利用するのがおすすめです。

>>>温泉旅館や仲居の求人を専門とするリゾートバイト派遣会社【アルファリゾート】
 
アルファリゾートの求人には、着物の形式も記載されているので、本式着物の着付けが不安な人であれば、二部式着物や作務衣の求人に応募すると良いです。

アルファリゾートの仲居求人

仲居の求人募集の多くは温泉旅館を勤務地としています。

温泉旅館でリゾートバイトをするメリットの一つとして「従業員が無料で温泉入浴できる」というものがあります。

ただし、温泉入浴の可否は勤務地によって異なります。

もちろん温泉入浴できる方が疲れを癒せますし、リゾートバイト中の楽しみも増えるでしょう。

そのため、仲居求人を探す際は必ず「温泉入浴の可否」もチェックすることを強くおすすめします

また、アルファリゾートでは登録後に各派遣社員に担当者がつきます。

担当者は各求人先スタッフの年齢層や男女比などを把握しているので、こうした求人広告に載っていない情報も聞いて自分が働きやすそうな職場かどうかを十分にリサーチすると良いでしょう。

 

仲居の仕事は大変な部分もありますが得られることも多く、また仲居という憧れの職種での仕事は、多くの女性にとって充実したリゾートバイト生活をもたらしてくれます。

仲居の仕事が自分の肌に合うようであれな、期間を延長して働き続けるのも良いでしょう。

是非、思い出に残るリゾートバイト生活を送っていただければと思います。

仲居さん

最後までお読みいただきありがとうございました。


いいね!、ツイート、シェアをしていただけるととても嬉しいです。

記事の保存にはオフラインでも閲覧できるPocketはてブがおすすめです。

当ブログの購読には、リアルタイム通知のPush7feedlyが便利です。

ツイッターやってます。タイ好きの方は友達になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です