【厳選】バンコクのおすすめホテルガイド

【岡山県リゾートバイト】ヒューマニックで洗い場の仕事を体験。瀬戸内海リゾートで楽しいホテル暮らしを満喫してきた。

このページのURLをコピーする

この記事には広告を含む場合があります。広告の場合は、紹介している「商品の購入」「サービスの利用」によって、当サイトに売上の一部が還元されることがあります。

岡山リゾートバイト体験談のアイキャッチ画像

今回、筆者はリゾートバイトの大手派遣会社リゾバ.com / 株式会社ヒューマニックを利用して、岡山県は玉野市にある瀬戸内海沿いのリゾートホテルで、洗い場のリゾートバイトを体験してきました。

この記事では、筆者のリゾートバイト体験をとおして、以下の内容をお伝えします。

この記事でわかること
  • リゾートバイト全体の様子(体験談)
  • 岡山県リゾートバイトで働ける場所
  • 筆者が住んだ「客室寮」の様子
  • 洗い場の仕事内容・口コミ
  • 海沿いリゾバのメリット
  • リゾバ.com(ヒューマニック)を利用してリゾートバイトをするメリット

補足しておきますと、そもそも岡山県にはリゾートバイト案件自体が少ないです(詳細は後述)。

そのため、今回の記事では「岡山リゾバの魅力」というよりは、「海沿いリゾートでリゾバをする魅力」だったり「客室寮のメリット」「リゾバ.comを利用するメリット」が主な内容となります。

岡山リゾートバイトで働いた施設目の前にあるビーチ

夏に海沿いリゾートで働くのは最高に気持ち良い

また、洗い場の仕事内容については写真付きで詳しく紹介しているため、リゾートバイトの職種選びの参考になるでしょう。

記事の最後では、今回のリゾートバイト体験をとおして、ヒューマニックで100%快適な客室寮の求人を探す方法にも触れています。これからリゾバを始めたい人は是非参考に!

岡山県のリゾートバイト事情。募集があるのは3つの地域

岡山駅

岡山駅

岡山は全体的にリゾートバイト案件が少なく、いずれの派遣会社も通年でせいぜい20〜30件くらいの求人しか掲載されていません。

そんな岡山において、リゾートバイト募集が行われている地域は、主に以下の3エリアです。

  • 倉敷(岡山を代表する観光エリア)
  • 宇野港周辺(離島やリゾートがあるエリア。筆者が働いたエリア)
  • 美作市みまさかし(温泉街)

岡山のリゾートバイト募集エリア

県庁所在地である岡山市では、ほぼリゾートバイトは募集されていません。これは他県でも同様ですが、リゾートバイトを募集しなくても必要分の人員が集まるからです。

岡山でのリゾートバイトは面白いのか?

正直、全国各地にある温泉街やリゾート地、沖縄や北海道などの有名リゾートバイト地に比べると見劣りするのは確かでしょう。唯一、倉敷に関しては倉敷美観地区の街並みに風情があるので、非日常は感じられるでしょう。

倉敷美観地区

倉敷美観地区

とは言え、リゾートバイト地で感じられる非日常なんてものは、せいぜい最初の1〜2週間までです。街並みや観光地、ご当地グルメなどにはすぐに慣れます。

そのため、リゾートバイト求人を選ぶ際には、待遇や仕事内容、寮環境をまずは重視しましょう。求人の探し方についてはこちらの記事で解説しています。

岡山リゾバ決定→就労初日の流れ

さて、今回筆者が岡山でリゾートバイトを希望した理由は、実は岡山自体に魅力を感じていたからではありません。以下の待遇条件で働ける場所をリゾバ.comに提示したところ、合致する勤務先がたまたま岡山だったからです。

筆者が出した条件
  • 海沿いのリゾートで働きたい(夏だったので)
  • 客室寮に住みたい
  • 1週間程度の勤務
  • 裏方系の仕事がいい
  • 温泉に無料で入り放題の就労先がいい
  • 時給1,200円以上

相変わらず色々とワガママな条件を提示させて頂きました…。が、さすがはリゾバ業界最大手のリゾバ.comさんです。なんと2〜3日で条件に合う仕事を見つけて頂きました

特に「客室寮」を完備している求人は結構レアです。また、基本的に1〜3ヶ月以上の雇用期間の求人が多いリゾートバイトにおいて、たった1週間の求人がすぐに見つかるのも凄い。

これはリゾートバイトおすすめ派遣会社まとめにも記載しているとおり、業界最大手(求人数ナンバーワン)のリゾバ.comだからこそすぐに見つかったと言えるでしょう。

関連記事1週間の短期リゾートバイト体験談。最短2日もあり!求人の探し方、給料、寮の様子を解説。

就労先までの行き方は担当者が全部案内してくれる

就労が決まると、リゾバ.comの担当者さんがメールにて就労先までの行き方を丁寧に教えてくれます。

リゾバ.com(ヒューマニック)から届いた入職の案内メール1

リゾバ.com(ヒューマニック)から届いた入職の案内メール2

メールには、岡山駅から就労先までのアクセス方法および、アクセスに利用するバスの時刻表、またリゾートバイトに必要な持ち物のチェックリストも添付されています。

リゾバ.com(ヒューマニック)から届いた持ち物チェックリスト

こうしたリゾートバイトを始めるまでの基本的な流れについてはリゾートバイト体験談に詳しく記載していますが、基本的にリゾバを始めるにあたっての疑問点は全て先回りして派遣会社の方が解消してくれると考えていて良いです。

というわけで、添付資料を見ながら就労先まで行ってきました。

岡山駅から就労先へ行くバス

岡山駅からバスに乗り

岡山リゾートバイトで働いたリゾートホテル

就労先に到着!

初日は1時間ほどのオリエンテーションを受け終了

就労先到着後、まずは支配人の方から以下に関するオリエンテーションを受けます。

  • 就労に関するルール(服装、シフト、タイムカードの設定など)
  • 寮内施設の利用方法(温泉、洗濯機、他所へ行くバス、レンタル自転車など)

一通り説明を受けたら、いよいよ客室寮へ案内。就労開始は翌日からになるので、今日はゆっくり寝るだけです。

客室寮で夢のホテル暮らし

客室寮とは、その名のとおりホテル内の客室を寮として利用することを指します。

リゾートバイト未経験の人は、リゾバ寮について様々な噂や情報を聞いたことがあるでしょう。特に「汚い」「虫が出る」などのネガティブな情報は記憶に残りやすく、「リゾバの寮ってヤバいんじゃね?」という印象を持っている人も少なくないはず

実際、およそ人が住むような場所とは言えないヤバい寮は確かに存在します。

関連記事最悪の体験談。リゾートバイトはやめとけ?寮は汚い、虫は出るわ社員の態度は悪いわ…ブラックでリアルな実態と回避方法を大公開!

がしかし…客室寮に関しては、断言しますがめちゃくちゃ快適です!

それもそのはず。なぜなら普段お客様に客室として利用して頂く部屋を寮として使えるからです。

実際に筆者が住んだ客室寮については、以下のYoutube動画も参考にどうぞ↓↓

リゾバで最も快適な寮。それが客室寮である

以下が、今回のリゾートバイトで実際に筆者が住んだ客室寮です。

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイトの客室寮1

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイトの客室寮2

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイトの客室寮3

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイトの客室寮4

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイトの客室寮5

これは凄い…!広さは22平米くらいなので、ビジネスホテルを少し広くした感じです。

とは言え、やはり綺麗…!めちゃくちゃ綺麗!

普通、リゾートバイトの初日は、寮の床を雑巾掛けして、布団をコロコロ(カーペットクリーナー)で綺麗にして、洗面台やバスタブなどの水回りも掃除して、最悪の場合エアコンの埃まで掃除して…

なんていう、仕事なみにクタクタになるくらい部屋の掃除をします。

ところが!客室寮であれば、ご覧のとおり全てがピカピカ。筆者は掃除を一切せず、衣類等の荷物を整理しただけです。

こんな素敵な場所に住めるのか…。なんてありがたいんだ!」と思ったくらいです。

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイトの客室寮6

(冷蔵庫と電子ケトルも完備)

ただ、いくら居心地が良いとは言え、ホテルの部屋なので本来は短期滞在するための構造になっています。

そこで、客室寮に関しては複数の疑問をお持ちのはずでしょう。例えばWifiは使えるのか?洗濯はどうするのか?などなど。

そこで、下記に客室寮に関しての質問と答えをまとめておきます。

客室寮に関するQ&A

注意

下記のQ&Aは、あくまで筆者が住んだ客室寮に関するものです。寮によっては細かい部分で違いあるでしょうから、かならず派遣会社の担当者に事前確認しておきましょう

WiFiは使えますか?

使えます。普通のホテルの部屋と同様です。ちなみに筆者の部屋のWiFiスピードは70Mbpsでした。

洗濯はどこでするのですか?

筆者の寮では、スタッフのみが入れるバックヤードにある洗濯機と乾燥機を使えました。洗剤も無料で使えました。

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイト客室寮の洗濯機と乾燥機

洗濯機と乾燥機

ちなみに男女で使用する洗濯機と乾燥機が別々になっていました。女性は安心ですね。

電子レンジは使えますか?自炊はできますか?

社員の休憩所にある電子レンジを使えます。残念ながらキッチンがないため自炊は不可です。

リゾバ.comで働いた岡山リゾートバイト客室寮の電子レンジ

掃除は誰がするのですか?掃除用具はありますか?

掃除は自身で行います。掃除用具はバックヤードに掃除機や雑巾があります。

シーツ、リネン類の交換、トイレットペーパーやティッシュなどの消耗品はどうしているのですか?

シーツ、トイレットペーパー、ティッシュは総務に言えば新しいものをくれます。ただ、タオルに関しては持参したものしか使えません(ホテルのタオルは利用不可)。

喫煙はできますか?

部屋ではもちろん、バルコニーでも喫煙禁止です。喫煙はホテル内の所定の喫煙所のみで可能です。

ドライヤーはありますか?

あります。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープはありますか?

あります。部屋に設備されているものを使っていいです。

客室寮最大のメリットは、勤務先まで2分でアクセスできること

客室寮は当然ながら勤務先であるホテルの中にある寮です。そのため、勤務場所までは2分3分で行けます。つまりギリギリまで寝ていられるということ。これは客室寮最大のメリットと言えるでしょう。

洗い場の口コミ。超簡単だが決して楽ではない!

寮の次に気になるのが、仕事内容についてでしょう。リゾートバイトのおすすめ職種一覧で紹介しているように、リゾートバイトには15をも超える職種が存在します

今回、筆者が体験したのは「洗い場」。洗い場の主な仕事内容は、ホテルのバイキングでお客様が使用した食器類、料理の調理に使った調理器具等をひたすらに洗っていく仕事です。

流れてくる食器をひたすらに洗う(食洗機に流し込むだけ)仕事なので、はっきり言って超簡単です。

また、黙々と作業するだけなので、コミュニケーション能力は一切必要ありません。コミュ障の人でも問題なくこなせます。

リゾートバイトで働いた洗い場(皿洗い)の職場1

職場の雰囲気はこんな感じ

筆者が働いたのは8月の真夏でしたが、現場には業務用の超強力扇風機とエアコンが完備してあったので、暑さは全く感じませんでした。

 

食洗機

こちらが業務用の食洗機。この中にひたすらに食器類を流し込みます。

洗い場(皿洗い)リゾートバイトの作業着

作業着。防水のエプロンと長靴を履いて作業します。

流れてくる食器類をひたすら食洗機に流す!

基本的に洗い場は3人体制でのぞみます。

  1. 一人目が食器類を軽く洗う(米粒などを取る)
  2. 二人目が現れた食器を食洗機に流し込む
  3. 三人目は、食洗機から出てきた食器をまとめる

どのポジションにつくかは、その日その日で変わります。

イメージとしては、以下写真のような感じ。

洗い場(皿洗い)リゾートバイトの仕事の流れ

もう少し詳しく解説します。

 

リゾートバイト洗い場(皿洗い)の様子1

まず大量の食器類をスポンジでひたすらに洗います。洗うと言っても、普段家で洗うような方法ではなく、あくまで米粒やタレなどの頑固な汚れをさっとスポンジで取るだけです。

食器を食洗機に流す様子

続いて、ある程度綺麗になった食器類をひたすらに食洗機に流し込んでいきます。

綺麗になった食器を重ねる

そして、綺麗になった食器を所定の場所に重ねて並べるだけです。

 

はっきり言ってめちゃ簡単。頭は使いません。2〜3時間も働けば慣れます。そのくらい簡単な仕事です。

洗い場のここが辛い

人によって辛いかは分かれるでしょうが、まず辛い点の一つとして挙げられるのが残飯を触る機会が多いということでしょう。

食器を洗う際、当然ながら大量に残飯がくっついています。それらをスポンジで洗っていくわけですが、シンクの中は当然残飯だらけです。

 

また、手が荒れやすい人にとっても辛いです。洗い場の仕事は基本的にずっと水に触れます。手荒れが酷い人には無理な仕事でしょう。

とは言え、ゴム手袋を着用して仕事してもよいので、手荒れ対処はできます。

 

最後に辛い点としてあげられるのは、仕事が単調すぎること。楽ではあるものの、1ヶ月も働けば飽きます。

幸い、接客業ではないため、手さえちゃんと動かせば喋りながら作業してもOKです。筆者は職場の人とちょこちょこ喋りながら作業していたため、あまり退屈は感じませんでした。

洗い場のここが良い!

仕事内容があまりにも簡単で、楽なのは大きなメリットと言えるでしょう。筆者が以前働いた調理補助のリゾートバイトは、あまりにも覚えることが多くて大変でした。しかし、洗い場は誰でもできます。

多分小学生でもできるんじゃないかな…?そのくらい簡単です。

 

次に、早く終わらせれば早く帰れること!これは活力になります。

ホテル側で用意されている皿や食器の量は、当然ながら限られています。全てを洗い終われば、もう仕事はないわけですから、さっさと帰れます。

とは言え、中々終わりそうにないほどの半端ない量の皿があるわけですが…。しかし、「あと少し!」というラストスパートになると気合いが入り、活力がみなぎります。

洗い場はこんな人に向いている

総括すると、洗い場という仕事は、以下に当てはまる人に向いているでしょう。

  • 簡単な仕事がいい
  • 単純作業が好き
  • 人とコミュニケーションを取りたくない
    (取ろうと思えば取れる)
  • 接客が嫌い
  • 仕事をせかされたくない
    (流れ作業なので「早くしろ!」などと急かされることはありません)

その他、リゾートバイトの仕事内容一覧については、以下の記事を参考にどうぞ。

休日はビーチで海の風を感じながら散歩。温泉も入り放題!

瀬戸内海沿いのビーチ

ホテル目の前のビーチを散歩

海沿いのリゾートでリゾバをするメリットは、なんと言ってもいつでも海に出られること。

夏は海からの風がとても気持ちよく、散歩をするだけで気分が晴れます。筆者のように都会に住んでいる人間にとっては、これだけで非日常を感じられます。

今回筆者は泳ぎませんでしたが、もちろん海で泳いだりシュノーケリングやジェットスキーも楽しめます。

友達と来ていたら、さらに楽しいこと間違いなしです。

リゾートバイト就労先近くにある水族館

海沿いなので近くには水族館もありました。

リゾバで仲良くなった同僚(女の子)と水族館へ…!楽しい時間でした。(残念ながらその後の進展はありませんでしたが…。)

関連記事出会い目的でリゾートバイトを始める人必見!出会える場所・職種とリゾバでモテる方法を解説します。

極め付けは温泉!心も体もリフレッシュ

リゾートバイト就労先にて無料で入浴できた温泉

筆者は他のリゾバ記事でもいつも言っていますが、夏だろうと冬だろうと温泉に無料で入れる求人に応募することを強くおすすめします

なんだかんだリゾートバイトの仕事は肉体的に疲れます。そんな時、仕事終わりに温泉に入りビールを飲む瞬間はたまりません。本当に心も体もリフレッシュします。

リゾバ.comは上述したようにリゾートバイト業界で最も求人件数が多いため、温泉入浴可能な求人もすぐに探してくれます。

せっかくなのでリゾートバイト中は温泉にも毎日入って、リフレッシュしましょう。

リゾバ.com(ヒューマニック)がおすすめの理由

リゾバ.com(ヒューマニック)のTOPページ

今回、筆者は約1年ぶりにリゾバ.com(ヒューマニック)を利用してリゾートバイトを体験しましたが、改めてリゾバをするならヒューマニックがおすすめだと思いました。

大きな理由としては、やはり「求人数がどの派遣会社よりも多い」こと。

求人数が多いということは、つまり筆者のように待遇条件等にワガママをつけても、仕事が見つかるんです。

これが他の派遣会社だと「ちょっとその条件の仕事は現在募集していなくて〜…」なんて言われることが多々あります。

  • 場所
  • 時給
  • 職種
  • 温泉有無
  • 寮のタイプ

基本的にリゾートバイトにおいては上記の5項目が最も大事であり、上記5項目においての条件を派遣会社側に伝え仕事を探してもらうわけですが、ヒューマニックならある程度の条件をつけても見つかる可能性が他の派遣会社より高いです。

客室寮に住みたい?それならヒューマニック一択

また、現在ヒューマニックでは「ホテル ルートイン」の求人に力を入れています。

このホテル ルートイン、なにが凄いかと言うと、求人のほとんどが客室寮なんです

リゾバ.com(ヒューマニック)のホテルルートイン求人特集

リゾバ.com(ヒューマニック)のホテルルートイン求人特集

リゾバ.com(ヒューマニック)のホテルルートイン求人特集2

寮は全て「客室寮」

筆者のように快適なホテル暮らしを実現させたいなら、リゾートバイト選びはヒューマニック一択と言えるでしょう。

もちろん、客室寮にこだわらない人でも、求人案件の多さから言って、まずはヒューマニックで仕事を探すのがおすすめ。

逆に言えばヒューマニックで見つからないなら、他の派遣会社でも中々見つからないじゃないかな…?

そのくらい求人が多い派遣会社です。

これからリゾートバイトを始める人は、ぜひヒューマニックを利用してみてはいかがでしょうか。

>>>リゾバ.com / 株式会社ヒューマニック

筆者がヒューマニックを利用して、群馬の秘境温泉宿で働いた時の体験談については、以下の記事を参考にどうぞ。田舎でリゾバをするメリットも解説しています。

1ヶ月のリゾートバイト体験談。登録から就業〜離任までの詳しい流れや内容については、以下の記事も参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です