バンコクからホアヒンへの行き方【バスか鉄道が絶対におすすめ】

ホアヒン駅のホーム

(ホアヒン駅のホーム)

バンコクからホアヒンへ行くには、以下3つの方法があります。

  • バス
  • 鉄道
  • ロットゥー(ミニバス)

上記3方法の内、初めてホアヒンへ行く人におすすめの方法はバスか鉄道です。

ロットゥー(ミニバス)は、最も料金が安いのでバックパッカーなどの節約旅行者に好まれていますが、乗り心地が非常に悪いのがデメリット。

ロットゥーの車内

(ロットゥーの車内。席同士が近い上に、ゆったり足を伸ばせるスペースがない。また、天井が低くて圧迫感がある)

ロットゥーは、主に郊外など1時間程度の場所にある観光地へ行く際に利用されています。

1時間程度の乗車であれば何とか耐えられるからです。

しかし、バンコクからホアヒンへの所要時間は約3時間

正直言って、3時間もロットゥーに乗るのはかなりキツイです。

筆者はホアヒンまでロットゥーを利用した経験がありますが、「二度と乗りたくない」と思いました。

 

そこで、今回の記事では「バス」と「鉄道」に絞って、バンコクからホアヒンへの行き方を解説します。

  • 料金
  • 時刻表
  • ホアヒンでの到着場所

も合わせて記載しています。

ホアヒンへの旅行を検討している人の参考になれば幸いです。

バスでホアヒンへ行く

バンコクには、ホアヒンへ行くバス乗り場が以下2ヶ所存在します。

  • スワンナプーム国際空港1階の8番出口
  • ソンバットツアー(MRTパホンヨーティンから約1.5km)

スワンナプーム空港到着後、真っ直ぐホアヒンへ行きたい人は、言わずもがなスワンナプーム空港内にあるバス乗り場がおすすめ。

バンコク市内から行く人は、MRTパホンヨーティン(Phahon Yothin)から近い場所にあるソンバットツアーを利用すると良いです。

スワンナプーム国際空港からホアヒン行きのバスに乗る

スワンナプーム国際空港のホアヒン行きバスは、1階の8番出口付近にあります。

スワンナプーム国際空港のホアヒン行きバスカウンター

(スワンナプーム空港1階8番近くのホアヒン行きバスチケットのカウンター。パタヤ行きバスカウンターと隣り合わせにある)

ホアヒン行きバスの乗車料金と時刻表は、以下の通り。

乗車料金

1人294バーツ

時刻表
7:3013:30
9:0015:00
10:3016:30
12:0018:00

<備考>

  • 搭乗は出発時刻の10分〜15分前に行われます
  • 荷物は頭上の網棚に入る小さな荷物1個と、【幅48cm × 奥行き29cm × 高さ76cmで重さ20kgまで】の荷物1個を持ち込み可能
    サイズと重量が制限を超える場合、追加料金を取られる可能性あり(恐らく100バーツ以内)
    ただ、そこまで正確に重さやサイズを測られることはありません
  • ホアヒンへの所要時間は3時間30分程度

スワンナプーム国際空港のホアヒン行きバス

(ホアヒン行きバス)

バスの到着場所とホテルへの行き方

スワナンプーム国際空港を出たバスは、ホアヒン空港目の前にある「RRC BUS STATION」という場所に到着します。

多くのホテルが集中するホアヒン中心街からは約7km離れています。

そのため、到着場所からはミニバスに乗ってホテルへ向かいます。

ホテルへのシャトルバスカウンター

ホテルへ向かうミニバスのチケットカウンターは、バス到着場所のオフィス内にあります。

ミニバスの料金は一律100バーツです。

日本語ガイド付きの送迎サービスもある

スワンナプーム国際空港からは日本語ガイド付きの送迎サービスも利用できます。

深夜の到着予定の人や、小さい子供や年配の方と同伴でこうした公共交通機関の利用が不安な人は、貸切の送迎サービスを使うのがおすすめです。

>>>【24時間】日本語ガイド付き。スワンナプーム空港⇒ホアヒン市内ホテルまでの送迎サービス

タイ到着早々に、矢継ぎ早に公共バスに乗って移動するのは疲れるものです。貸切の送迎サービスであれば指定したホテルまでピンポイントで向かってくれます。

心身的に余裕を持って移動したいという人は、上記サービスの利用がおすすめです。

ソンバットツアー(Sombat Tour)のバスでホアヒンへ行く

ソンバットツアーの外観

ソンバットツアー(Sombat Tour)とは、MRTパホンヨーティン(Phahon Yothin)から約1.5kmの場所にあるバスターミナルです。

バンコクにあるホアヒン行きバスが出ているバスターミナルとしては、最もアクセスしやすい場所に位置しています。

以下はソンバットツアーの場所を記したGoogle Map

ソンバットツアーのバスターミナル内に入り、右手にあるカウンターにてホアヒン行きのバスチケットを買えます。

ソンバットツアーのホアヒン行きバスチケットカウンター

ホアヒン行きバスの乗車料金と時刻表は、以下の通り。

乗車料金

1人263バーツ

時刻表
6:00
8:20
14:20
18:30

<補足>

ソンバットツアーは外国人だけでなく多くのタイ人も利用しています。

そのため、年末年始やソンクラーンなど、多くのタイ人が移動する時期は当日バスに乗れる確証がありません。

筆者は問題なく当日バスに乗れましたが、不安な方は前日に自身で足を運びカウンターで予約しておくことをおすすめします。

ちなみに、ソンバットツアーのホームページからもネット予約可能ですが、残念ながらネット予約はタイ語ページでしか受け付けていません(2019年5月現在)。

自身で前日に足を運ぶか、ホテルのフロントスタッフ等に電話して予約してもらいましょう。

バスの到着場所とホテルへの行き方

ソンバットツアーを出たバスは、ホアヒン中心街の南側にあるソンバットツアー・ホアヒンに到着します。

ホアヒン マリオット リゾート アンド スパ等のホテル近くです。

ソンバットツアー・ホアヒンには各ホテルへのミニバスサービスは存在しませんが、バスターミナル前にトゥクトゥクが客待ちしています。

バスターミナルから宿泊ホテルまでの距離がある人は、客待ちしているトゥクトゥクを利用しましょう。

バンコク宿泊ホテルからホアヒン宿泊ホテルまでの送迎サービスもある(※英語ドライバー)

わざわざソンバットツアーまで足を運ぶのが面倒という方は、バンコク宿泊ホテル⇒ホアヒン宿泊ホテルまでの送迎サービスを利用する手もあり。

>>>【24時間】バンコク宿泊ホテル⇒ホアヒン宿泊ホテルまでの送迎サービス

上記サービスは24時間利用可能な上に、バンコクの宿泊ホテルからダイレクトにホアヒン宿泊ホテルまで送迎してくれるので楽です。

ドライバーは基礎的な英語は話せるので、タイ語が分からない人でも安心です。

ちなみに、上記サービスではドンムアン空港からホアヒン宿泊ホテルまでの送迎もあります。

鉄道でホアヒンへ行く

バンコクの国鉄フアランポーン駅(Hua Lamphong)からホアヒン駅までの鉄道は、乗り換えなし1本でアクセスできます。

ホアヒン駅周辺はホアヒン市街の中心でもあるため、便利な立地です。

ホアヒン駅周辺にはゲストハウスはじめ、安宿〜高級ホテルまであらゆるランクのホテルが連なっています。

鉄道の旅を楽しみたい人は、フアランポーン駅から鉄道に乗ると良いです。

国鉄ファランポーン駅は、MRTフアランポーン駅に接続しています。

バンコク路線図 MRTフアラムポーン

(ピンクの四角で囲んでいるのがMRTフアランポーン駅。2番出口から国鉄フアランポーン駅に接続している)

国鉄フアラムポーン駅

(国鉄フアランポーン駅)

フアランポーン駅⇒ホアヒン駅行き列車への時刻表・料金の確認方法

フアランポーン駅からホアヒン駅行き列車の時刻表は、以下サイトより確認できます。

>>>時刻表確認サイト

上記サイトの「Origin」に”Bangkok”、「Destination」に”Huahin”を入力して、「Check」をクリックすると、時刻表を確認できます。

バンコクからホアヒンの時刻表1

ホアヒンの時刻表2

「Fares」欄の「check」をクリックすると、各列車の料金を確認できます。

年末年始やソンクラーンの時期は事前に足を運んで予約するのがベター

ソンバットツアーのバス同様に、フアランポーン駅からの列車は外国人のみならず多くのタイ人も利用します。

そのため、上記時期に列車でホアヒンへ行く予定の人は、事前に足を運んで予約しておきましょう。

列車の到着場所

列車の到着場所は、ホアヒン市街の中心にあるホアヒン駅です。

ホアヒン駅周辺は客待ちしているタクシーやトゥクトゥクが多いため、ホテルへの交通手段は簡単に捕まります。

最もホテルが多いエリアでもあるので、宿泊ホテルによっては列車で行く方が便利です。

 

ホアヒンで絶対に行くべき場所」「おすすめ観光地」については、以下のまとめ記事を参考にどうぞ。

ホアヒンおすすめ観光地のアイキャッチ画像
ホアヒンに初めて行く人が知っておくべき観光地を全て紹介するよ。

ホアヒンのおすすめホテルについては、以下の記事を参考にどうぞ。格安〜高級まで予算ごとに紹介しています。

ホアヒンのおすすめホテル アイキャッチ画像
ホアヒンのおすすめホテル。格安から高級ホテルまで便利な立地のホテルを全て紹介。

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。
(未入力でもコメントできます。)