タイでスマホを使う方法。プリペイドSIMカードとレンタルWiFi。

true-moveのsimカード

(true moveのSIMカード)

タイ旅行中にスマホを使う

タイ旅行中にスマホを使うには、主に以下4つの方法が挙げられます。

  1. ホテルやレストラン等のFree Wi-fiを使う
  2. プリペイドSIMカードを挿入して使う
  3. レンタルWi-fiを使う
  4. 国際ローミングを使用する

⑷の国際ローミングは一番馴染みのある言葉だと思いますが、高額な使用料発生の可能性があります。

ドコモ・au・ソフトバンクといった、大手3大キャリアの国際ローミングのパケホ定額料は¥2,980/日。

通話も行えば、この定額量に加え国際通話料金も発生します(通話はLINEやSkype等の無料通話アプリを使用する人が多いとは思いますが)。

そこで、場所が限定される⑴を除いて、タイ旅行中のスマートフォン使用方法において最もポピュラーな⑵⑶(プリペイドSIMカードとレンタルWi-fi)の使用について述べていきたいと思います。

この方法でタイ旅行中にスマホが使えるようになれば、Google Map等のアプリやインターネット検索がいつでも可能になり、旅行中の情報集めが楽になります。

タイのプリペイドSIMカード

プリペイドSIMカードを挿入すると、予め決められた料金の範囲内での通話・インターネット使用が可能になります。

ただ、SIMフリー端末のスマートフォンでなければ、プリペイドSIMカードを使用できません。

基本的に日本国内でドコモやソフトバンクなどのキャリアが販売するスマホやタブレットは、そのキャリアでしか使えないようSIMにロックがかかってます。ドコモのSIMをソフトバンクに差しても使えないし逆も然り。

各キャリアはSIMにロックをかけることでユーザーが他のキャリアに移ることを防いでいます。せっかく実質0円などのキャンペーンで囲い込んだユーザーを簡単に手放すわけにはいかないですからね。つまりキャリアの制限があることをSIMロック、制限がないことをSIMフリーというわけです。

iPhoneでいうとソフトバンクやドコモなどのキャリアで販売している「SIMロック版iPhone」とApple Storeなどで販売している「SIMフリー版iPhone」があるってことです。(・ε・)ミタメハオナジダYo!

海外なんかじゃSIMフリーが一般的なのですが、ここ日本でも徐々に要望が高まりiPhoneをはじめ国内で利用可能なSIMフリー端末がじゃんじゃん増えています。

www.survive-m.com

SIMロック状態にある端末をSIMフリーにするには、各キャリアにてSIMロックの解除をする必要があります(料金は店舗で行えば3,000円程度)。

ただ、契約期間や使用端末によってはSIMロック解除できない場合もあるので、各キャリアにお問い合わせ下さい。

SIMロック解除が難しい場合は、後述するレンタルwifiの利用がおすすめです。

 

タイでは、空港やショッピングモール内にて、旅行者用のプリペイドカードを販売している携帯電話ショップがあります(ちなみに空港の携帯ショップは24時間営業)。

ショップはカオサン通り含め、バンコク市内の至る場所にあるので、旅行者の多い場所に行けば探すのに苦労はしないでしょう。

スワンナプーム空港内のdtacのshop

(スワンナプーム空港内の携帯電話ショップ。ちなみに2階の7番出口付近にある)

ドンムアン空港内のtrue

(ドンムアン空港の到着ロビーにもTrue等のキャリアショップがある)

ショップでは、スマートフォンとパスポートを出すだけで、プリペイドSIMカードの挿入と設定を行ってもらえ、スマートフォンをすぐに使える状態にしてくれます。

また、セブンイレブン等のコンビニ内でも旅行者用のプリペイドカードを販売していますが、設定は自分で行う必要があります。

APNセッティング

(プリペイドSIMカードに付属してあるセッティング方法。2016年現在日本語表記はなし。また、iOSデパイスの説明記載のみである)

特にセッティングをせずに挿入するだけで使える時もありましたが、基本はセッティングが必要と考えておいた方が良いでしょう。

種類

販売しているプリペイドSIMカードは、以下3つの事業者のものです。

  • dtac
  • true move
  • AIS

これら3事業者は、日本でいうドコモ・au・ソフトバンクと同じで、タイを代表する携帯会社です。

3社のプリペイドSIMプランに大きな違いはありませんが、参考にそれぞれのプラン内容を紹介していきます。

dtac

ハッピーツーリストSIM 599/299

dtacには、299バーツと599バーツの2種類のプリペイドがあります。

詳細:dtac(英語サイト)

299バーツSIMの内容

dtac299バーツのSIMカード

  • 7日間無制限でインターネットの使用が可能(1.5GBを超えると速度が遅くなります)
  • 発信/受信通話料金は0.99バーツ/分
  • 無料通話が100バーツ分ついている
  • 35日間利用可能
599バーツSIMの内容

dtacの599SIM

  • 15日間無制限でインターネットの使用が可能(4GBを超えると速度が遅くなる)
  • 発信/受信通話料は0.99バーツ/分
  • 無料通話が100バーツ分ついている
  • 35日間利用可能

true move

truemoveのSIMカード

使用日数ごとに、3日用、10日用、15日用、30日用と、短期〜長期旅行に対応したプランが用意されています(7日用プランはdtacの299バーツSIMとほぼ同じ内容)。

旅行期間に合わせて幅広くプランを選べるので、一番使い勝手が良いです。

true-moveのプラン一覧

(TRUE MOVEのプラン一覧。左は30日用のSIMカード)

詳細:true move(英語サイト)

3日プランSIM(200バーツ)の内容
  • 3日間無制限でインターネットの使用が可能(1GBを超えると速度が遅くなる)
  • 発信/受信通話料金は0.99バーツ/分
  • 無料通話が50バーツ分ついている
7日プランSIM(299バーツ)の内容

truewifi299シム

  • 7日間無制限でインターネットの使用が可能(1.5GBを超えると速度が遅くなる)
  • 発信/受信通話料金は0.99バーツ/分
  • 無料通話が100バーツ分ついている
10日プランSIM(450バーツ)の内容
  • 10日間無制限でインターネットの使用が可能(1.5GBを超えると速度が遅くなる)
  • 発信/受信通話料金は0.99バーツ/分
  • 無料通話が100バーツ分ついている
15日プランSIM(600バーツ)の内容
  • 15日間無制限でインターネットの使用が可能(4GBを超えると速度が遅くなる)
  • 発信/受信通話料金は0.99バーツ/分
  • 無料通話が100バーツ分ついている
30日プランSIM(850バーツ)の内容
  • 30日間無制限でインターネットの使用が可能(9GBを超えると速度が遅くなる)
  • 発信/受信通話料金は0.99バーツ/分
  • 無料通話が50バーツ分ついている

AIS

AISのプリペイドSIMカード

459バーツSIM、299バーツSIM、199バーツSIMの3種類があります。グループ旅行者向けのSIMカードです。

詳細:AIS(英語サイト)

459バーツSIM

ais459sim

SIMカードが3枚入ってます。この3枚間の間なら通話料が7日間無料です。インターネットも7日間使い放題ですが、容量が3GBを超えると速度が遅くなります。

299バーツSIM

ais299sim

  • 7日間無制限でインターネットの使用が可能(1.5GBを超えると速度が遅くなる)
  • 無料通話が100バーツ分ついている(30日間使用可能)
  • 通話料金は1バーツ/分
199バーツSIM

ais199sim

  • 7日間無制限でインターネットの使用が可能(500MBを超えると速度が遅くなる)
  • 同じAISのSIMカードを使っている人への通話は無料(7日間)
  • 30日間使用可能の無料通話が15バーツ分ついている

プリペイドSIMカードを使うメリット

プリペイドSIMカードを使うメリットは、スマホ料金を一番安く抑えられることです。

後述するレンタルWi-fiと比べてもその差は歴然で、4日間で1,000円以上も安くなります。

また、インターネットのみではなく通話も使える為、タイ旅行ではプリペイドSIMカードの利用を一番おすすめします。

SIMカード入れ替え後、LINE等のアカウント使用型アプリも入れ替え前と同様に使えるので、不便を感じることはありません。

レンタルWi-fi

グローバルWiFiタイ

(タイ国内使用専用のグローバルWiFi

プリペイドSIMカードの登場によって影が薄くなっているレンタルWi-fiですが、国内で全て手続きを済ませて使用できる為、英語でのコミュニケーションに自信のない人には、まだまだ需要があります。

レンタルWi-Fiも、使用方法は至ってシンプルです。

国内で借りたWi-Fiをタイ国内でスマートフォンに接続し、持ち歩くだけです。

グローバルwifiのセット

(レンタルWiFiは上写真のように、充電器・充電プラグを含めた一式をレンタルできます。使用前に自分で用意しておくべきものは何もありません。)

また、紛失の際の保証があり、現地から連絡をすれば日本語サポートを受けれるのも心強いです

 

下写真のようにレンタルWi-Fiカウンターのある空港では、出国前と帰国後に、その場で受け取りと返却が可能です。

福岡空港のレンタルwifiカウンター

(福岡空港のレンタルwifiカウンター)

種類

タイで使える安価なレンタルWifiは以下3種類です。それぞれ料金やインターネット使用可能量にやや違いがあります。

ただ、どのレンタルwifiも紛失故障時の安心補償に入っておけば、万が一失くしても負担額は0円です。

海外旅行中に何かを紛失してしまうのは珍しくないので、管理に自信がある方以外は入っておいた方がいいです。

エクスモバイル(X Mobile)

x-mobile

xmobile

3GWiFiか4GWiFiの選択が可能。

レンタルWiFIの中では一番料金が安いです。短期〜長期間旅行者向け。渡航国がタイのみの場合は、こちらの方がおすすめです。

<受け取り/返却が可能な空港>

成田・羽田・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港・新千葉空港。

その他のエリアでは、自宅への配送受け取りが可能。(一律540円)

【使用料金】

  • 3G ¥650/日(容量:200MB/日)
  • 4G ¥850/日(容量:300MB/日)
  • 安心補償料金:レンタル代の10%
  • 予備バッテリー:500円/個

長期旅行者用に7・14・30日プランもあります。

30日プランだと4日分のレンタル代が無料になるなど、使用期間が長いほど割引が適用されます。

>>>xmobileの詳細

グローバルWiFi(GLOBAL WiFi)

グローバルwifi

グローバルWiFi

エクスモバイルより1日に使えるネット容量がやや大きいです。

200以上の国で使用可能という特性を活かした東南アジア周遊・世界周遊プランがあるので、タイ以外の国にも行くバックパッカーにおすすめです。

<受け取り/返却が可能な空港>

成田・羽田・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港・新千葉空港・新潟・小松・伊丹・那覇・博多湾。

その他エリアでは、自宅への配送受け取りが可能。(一律500円)

【使用料金】

  • 3G ¥670/日(250MB/日)
  • 4G ¥970/日(250MB/日)
  • 3G大容量 ¥970(500MB/日)
  • 安心補償:1日300円〜
  • 予備バッテリー:200円/日

上記のxmobileより少しだけ高い料金で、少しだけ容量の大きいwifiを使いたい方におすすめです。

タイ以外にもカンボジアやベトナムを周遊する人用の東南アジア周遊プランもあります。料金は¥970〜¥1,480/日です。

世界周遊プラン料金は、¥1,680〜¥2,480/日です。

>>>グローバルWiFiの詳細

イモトのWifi

イモトのwifi

イモトのWiFi

上記2種類のwifiに比べ、通常のレンタル定額料金は高いですが、30日パックプラン世界周遊プラン断トツで安い。

タイのみに長期滞在する人や、世界旅行をする予定の人にはおすすめのWifi。

<受け取り/返却が可能な空港>

成田国際第一・第二ターミナル・羽田・関西・中部・福岡

その他のエリアでは、自宅での配送受け取りが可能(一律500円)。

【使用料金】

  • 3G ¥680/日(500MB/日)
  • LTE ¥1,280/日 (500MB/日)
  • 30日パックプラン ¥14,200 (500MB/日)
  • 世界周遊プラン ¥1,580/日 (133MB/日)

イモトWifiの強みは何と言っても1日に使える容量の大きさです。

他会社では、大容量パック等のオプションに加入しなければ200〜300MB程度しか使えないところ、イモトWifiでは標準で500MB使えます。

これは、本来1日133MBしか使えないのですが、現在キャンペーン中で大容量オプションが無料になっている為です。

キャンペーンといってもしばらくの間続けていくそうなので、容量の大きいWifiを使いたい人であれば、間違いなくイモトが良いでしょう。

 

ただ、残念なのが世界周遊プランについては1日133MBしか使えないという点。

世界周遊プランの料金は他会社に比べて安いですが、容量の大きさを求めるのあればグローバルWifiの方が良いです(グローバルWifiの世界周遊プランは1日に250MB使える)。

下記でネット通信料の目安を記載しているので、自身の使用容量を想像した上で検討すると良いでしょう。

>>>イモトのWiFiの詳細

バッテリー対策

レンタルwifiのバッテリーは、消耗が非常に速いです。

頻繁に使っていないにも関わらず、4〜5時間ほどでバッテリーが切れてしまいます。

上記3社ともオプションで予備バッテリーを借りることができるので、合わせてレンタルをおすすめします。

ただ、グローバルWiFiの予備バッテリーレンタル料は1日200円なので、渡航期間が長い人はレンタルより購入してしまった方が安上がりです。

低価格でコスパの高いモバイルバッテリー。20,000hAmと超大容量なので、海外旅行に最適です。

詳細は以下の記事も参考にどうぞ。

AUKEYのモバイルバッテリー1
海外旅行に必要なモバイルバッテリー。おすすめのモデルはAUKEYのPB-N15。

ネット使用量の目安

SIMカードもレンタルWiFiのどちらも、1日に使える容量に制限があります。

制限容量を超えてしまうとスピードが極端に遅くなるので、余裕を持って使用したいです。

下画像は、スマートフォンの主な通信使用量の例です。

ネット使用量の目安

実際にSIMカードもレンタルWiFiも使ってみた感触としては、動画の閲覧やLINE等での長電話など、容量の大きい動作を極力ホテルやゲストハウスのWiFiを使用しておけば、容量超えをすることはありませんでした。

アプリなどのアップグレードも容量を大きく使用してしまいますので、自動アップデートするアプリは設定をOFFにしておくか、ホテル等のWiFiでアップデートを行いましょう。

雑感

海外旅行中は意外にもSNSの更新や、日本にいる友人や家族とのやり取りが多くなってしまいます。

自分自身、最初はホテルやレストランだけのWiFiの使用だけで旅行をしていましたが、やはり何かと不便を感じていました。

冷静に考えてみたら、これだけスマホを肌身離さず使用している現代人が、海外で突然使用を制限するなんて無理に等しいのかもしれません。

スマートフォンはタイ旅行においても必須と言えるアイテムなので、タイ旅行をもっと楽しむ為に、プリペイドSIMカードかレンタルWiFiの使用を是非検討してみてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です